2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.02.03 (Wed)

0910BL#20 ヘルタ・ベルリン対ボーフム

もうだいぶ時間たっちゃいました。
小野さんがいなくなってしまったので、
公式の日本語版も18節を最後にアップされておりません。
実に趣のある日本語レポだったのに残念。

スタメンと人の動き
Heerwagen
- Concha, Maltritz, Mavraj, Fuchs
- Dabrowski, Maric
- Prokoph (74. Dedic), Azaouagh (66. Freier)
- Sestak (84. Hashemian), Epallé

試合前にすでにBildにピンクユニの記事が出ていて
怖くて読まないでいたのですが、
ネットの中継をようやく見つけた時、
彼らはやっぱり全身ピンクでピッチを走っておりました。
もう2度と着ないと思ったのに。
スポンサーに怒られたんでしょうか。売れないじゃん、って。
フクスは「勝てば欲しがられるかも」なんてヤケクソ気味のコメント。
まあピンクも2試合目ともなるとさすがに見慣れますが、
見慣れたところで似合ってないもんな。
スタニくらいですよ。しっくりくるのは。
首元に白のタートルのアンダーをコーディネートしてるので
無難な着こなしになってます。

試合の話をしますか。
スタメンは当初は前節と同じものをティッカーで表示してましたが
30分前くらいにはデディッチからミムンに変わってました。
でもホント、直前に変わることが多々あったので試合映像見るまでは信用できず。
ネットで確認した後、ボーフムTVで翌日フルでチェックです。

ミムンは右に入り、ドリブルで大きく左にサイドチェンジのパス。
1分にはもうミドルシュートを狙う。
最初からボールをよく触って顔を出してる。
調子は良さそうだ。よしよし。
その後もフクスのクロスからの攻撃が流れたボールを受けて、
再びミドル。
引っかけて落ちるようなシュートは
ドロブニーにキャッチされてしまったが惜しかった!
ミムンの対面にはコビー。
頭ボサボサなんだけど、やっぱイイ男なのだ。
コビも決して大きくはないのだが、ミムンの方がもっと華奢。
この二人のマッチアップはなかなか見ごたえがありました。

5810_1.jpg


他にもミムンはスタニとワンツーやら、
エパレを走らせる浮きダマのパスやら
コーナーではゴール前に飛び込んだり。
ボールを持って考える感じもあるが、
フリーの状態の時に考えて落ち着いて出しているので大丈夫だろう。

ボーフムは前線からの守備に集中して詰めていく。
ヘルタが後ろで回す横パスを狙って寄せる。
マリッチがボランチに入るととても落ち着く。
彼のいいところは一人で時間が作れる所。
相手に寄せられてもボールを取られず身体でカバーしながらキープし、
味方が受けやすい体勢のときに渡す。
それも無理なら相手のファウルをもらう。
小野さんはワンタッチで味方に落としたりするパスが結構あって
リズムとしてはそれでいいのかもしれないが、
受ける方の準備が出来ていなくて逆にピンチになる、
というシーンが印象に残ってるんだけど、
マリッチはそのへん、ちゃんと落ち着いて、無理をせず確実に渡す。
彼が後ろに下がり過ぎていても、あまり不安を感じさせない。
ボーフムのようなチームには、ハッとするようなリズムやパスよりも、
落ち着けるプレーの方がありがたいのだ。
たとえそれが面白くなくてもね。
お陰でダブロが焦らなくなって、いらないファウルも減って、
セットプレーのピンチも少なくなった。良いことだ。
マリッチが受け、エパレないしミムンに送り、さらにサイドへ、という動きで
ボーフムはシンプルに攻撃をつくる。
惜しむらくはサイドからのクロスの精度が悪いことだ。
毎度のこととはいえ無駄にするボールが多くてやりきれない。
ミムンも何度もクロスを上げるシーンがあったのだが、
可能性を広げるようなボールはほとんどなくて残念だった。
一番惜しかったのは、右から打つと見せかけて一人をかわして
(ミムンが良く見せるキックフェイント!!)
味方を走らせる縦パスを出したシーン。
受けたコンチャのクロスはゴール前でカットされたが
ボールはミムンのもとに流れ、
狙ってシュートを打つが相手に当たってコーナーになってしまった。
この一連の流れの中で決めたかったなあああ。

しかしヘルタが調子の悪い流れから今だ抜け出せない感が強かった。
ゴール前に迫る動きは悪くないのに、
シュートが枠に飛ばないやら(あまり惜しくもないのだ)
シュートしてもミートできないやら。
その中で単純なパスミスやトラップミス。
他人事とは思えない数々のプレー。
ラファエルの精彩のなさには驚くくらいだ。
ボーフムは前半の早いうちはチャンスが着ていたが決めきれず、
そのうちヘルタがボーフム陣内に入る時間が増えたが、
今度は落ち着いてカットし、クリアも闇雲に蹴るのではなく
ぎりぎりまで粘って耐えてしのいだ。
ヘルタのお客さんの方が徐々にじれてため息やブーイング。
ボーフムは前半に1点取っておきたいような内容。
でも取れない。最後が甘い。シュート10本も打ってるのに。

後半開始。
ヘルタの動きがさすがにタイトになって、
ボーフムは余裕を持てなくなってきた。
接触も増えて選手たちが転がるシーンも増えてきた。
この寒さの中で怪我だけはしたくない。
ぴりっとしないながらも状況は五分。
丁寧さを最後に見せた方が勝つだろうな。
ボーフムは奪って中央で裁いてサイドからクロス、という攻撃が続くが
最後のクロスがどうにも勝負できないボールが多い。
ヘアリッヒもちょっとイラついてきてる。
ヘルタの決定機。
ゴール前のごちゃごちゃしたところから、
シセロが落ち着いてボールをよく見て反転してシュート。
ヘアヴァーゲンに当たって外に出た。
続くコーナーからの攻撃もなんとかしのいだが危なかった。
またボーフムの攻撃の流れになり始め、
プロコフがインターセプトしたボールを、ドリブルしながら左へ流れ
ゴール前のスタニへ絶好のクロスを出し、
スタニもタイミングよく飛び込んだのだがミートできなかった。
あああああ、これは決めるべきボールだった!!

ミムンは65分にフライヤと交代。
監督も背中を叩いて労い、ミムンもベンチに戻って他の選手たちとタッチをかわす。
やることはやったという感じかな。
フライヤはやっぱりジョーカー的な役割の方が力を発揮すると思う。
バイヤーにいた時と一緒だ。

ボーフムは中盤がそこそこいい仕事をしているのだが
前が繋がらない。
後ろの頑張りにこたえてくれよー!
ヘルタは雑なロングフィード1発にかけるようなプレーが増え始めたが、
強引にそこからチャンスをねじ込んできそうで怖い。
プロコフに替えてデディッチ。ここの交代は少し遅いくらいだったか。
ボーフムのカウンター。
フライヤとダブロのワンツー。
なんとフライヤにダブロがヒールでパスしてたぞ!!
受けたフライヤはフリーだったのに、シュートを大きくふかす。おいっ(泣)

ヘルタはゲカスに変わってヴィヒニャーレック。
スタジアムからは凄いブーイングが起こった。ええええ。

試合はまったく面白い内容ではないが、
ボーフムは我慢強く耐えている。
ヘルタの攻撃に決定的なものはなくても
怖いものは怖い。
スタニを下げてハシェミアンを入れる。
スタニは今日もトップで一人身体を張って粘った。
一人でやれるだけのことはやったと思うが、
決定的なあのシュートは決めなきゃいけなかったよ。

終盤にヘルタに決定的なチャンス。
ボールを持ったヘルタの選手に3人も寄って行ってしまい、
右でフリーの選手をつくってしまう。
ボールはその選手にわたりシュートを打たれるが
ヘアヴァーゲンが落ち着いてセーブ!
危なかった!!助かった!!
ボーフムはなかなか攻撃まで持って行けないが
とにかく相手の好きにさせずにしつこく寄せて邪魔をする。
ロスタイム3分。
ヘルタのファンがマフラーを掲げて歌を歌う。
この状況でのファンのこの行動にはちょっと感動した。
ボーフムセットプレーのチャンス。
マリッチがボールをセットしキックしたボールは壁を抜けてポストに!
手前でジャンプしたダブロも僅かに触れず!惜しいいいいい!!

結局試合はスコアレスドロー。
マリッチがぶっ倒れて腿裏を伸ばしてる。
お疲れ様!!しんどい仕事を最後までありがとう!
ヘルタのキーパー、ドロブニが一人膝を抱えて座り込んでいるのが胸に来る。
アルネがゆっくりと声をかけに行く。
コビも険しい表情。
アルネと二人で真剣に言葉を交わす。
コビはアルネを上手く支えているように見える。

ヘルタにとっては大きな痛手。
でもボーフムも内容的には前半で1点は取れてもおかしくなかった。
相手に潰されたのではなく、
自分たちの丁寧さが欠けていたせいなのが悔しい。
他のゲームは、ボーフムのすぐ上にいるチームが勝って間を開け始めている。
シュツットガルトはあっというまに一桁順位直前まで逃げ出すのに成功している。
まだまだ気を抜いていい状況ではなく、
でもむしろその方がいいのかもとも思ったりする。
次はホームで首位レバークーゼンが相手。
フライブルク相手に(勝手に)難渋しながらも快勝スコアで勝ったバイヤー。
少し気を抜いてきてくれると助かるんだけどな。

ただここへきて、マリッチがAdduktorenprobleme・・・ってどこだか分からんが
ちょっと傷んで次難しいかもな記事が。
防波堤の彼がいない状態でバイヤーとやるのはあまりにも危険な気がする。
ううううう。間に合ってくれえ。
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム ヘルタ・ベルリン

23:30  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1447-1ecf2dd0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |