2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.03.03 (Wed)

RYUMEI・LIVE@RockerRoom?その場限りがライブの醍醐味

1カ月ぶりのRockerRoomです。
前回から間はないのですが、
前回聴いてまた聴きたいカバーや新曲があるので、
待ち遠しい感じでした。
今回は久々に名古屋のHさんも来てくれたので、
待ち時間や終わってからの時間もいろいろ話して盛り上がりました?。

髪の毛を切ったリューメイさん、
めっちゃ可愛いです。
可愛いなんて失礼?
いやでも前より若くなって可愛くなったぞ。
私が初めてリューメイさんをライブで見た時が、こんな感じだった。
あー、あの時から、こんなところまで来てしまいました。

怒涛のライブレポはゆっくりと。
今回はなかなか興味深い話もたくさん聞けて、
目からウロコの面白さでした。
いろいろあったけど、今回もやっぱり大満足!!
ありがとうリューメイさん&バンドの素敵な面々!

*****************

えーい、あともう少しだっ。
見直しの段階に入っておりますが、
もう自分でも追いきれません。

*****************

できました。
あちこち余談をまじえつつ、終わりの見えぬライブレポ。
時間のある時にお読みください。

【More・・・】

今日は名古屋のHさんが来るので早めに到着しました。
「東京は寒いねえ!!」
いや昨日までは結構あったかかったのよね。
今日は雨がやんだと思ったら寒さがぐっと。
雨はリューメイさんが蹴散らしましたw
やはり誰か一緒にいると待ち時間を過ごすのが楽しいです。

バンドメンバーが入ってきて、最後にリューメイさん登場。
うおおおおおおお。
髪がっ髪がっっっ。
か わ い す ぎ る 。
やっべー、ツボ入った。
声に出せないがとなりのHさんに口パクで訴える。ツボツボ。
最初にステージで見た時、こんなだった。
好きなんだよなあ、こういうゆるふわヘア。
着てるジャケットが、春先の少し軽めのワークシャツみたいで、
カーキ色が作業着チックなんだけどカッコ良くて、
中に着てるインが明るいエンジで、
少年ぽくもサマになってるのですよ。
全面的にのもん好みでどうしましょうなファッションです。参るわ。

1曲目のイントロは、
ん?これは、どっちだ?
前回の「FULLMOON」バージョンか、それとも「IMAGINE」??
正解は『IMAGINE リューメイバージョン』でした。
いきなりガッとキレよく入るリューメイさんのギターがカッコいい。
いつものリズムなんだけど、とんがった音色がアクセントになって
ちょっとクールな印象も。
リューメイさんのギターは力強く響いて気持ちいいのだ。

『風をあつめて』:はっぴいえんど
あ、久々。大好きだからまた聴けて嬉しい。
これもリューメイさんのキリリとしたギターの音。
シューヘイさんのギターがないからかな?
1曲目と同じように鋭さを感じますな。
で、間奏のギターソロがカッコ良かった!!!
メロディックで細やかで、ツンとして甘いリューメイさんの音。
来生さんのライブで聴けるのはココだけだもんなあ。
ほんの短い間のアドリブの聴いた音。
もっと長く聴きたくなる。
ヴォーカルも気持ちよさそうに響いてます。

ご挨拶。
今日はエレキのシューヘイさんが別のライブに出ているそうで、
5人編成です。
「ベース弾いてるらしいよ。しかもベースの方が上手いらしい」
とナカガワさん。そうなんだ。謎だなw

『砂のバベル』
マキさんのピアノがするりと気持ちよく曲に入らせてくれる。
ハマるんだよなあー。
何だか今日は全体にまろやかな感じがする。
暖かいような馴染んだ音。
カクロウさんのコーラスも欠かせない要素。
「おろかなる?」からのメロディーが気持ちいいんだよね。

「前回サクサク進んだので、今日は少ししゃべります」
今回はシューヘイさんがいないので、リハの時もちょっと静かだったそうですw
じーっとみんなでオリンピックを見たりして。
で、今回始めてスケートを見たんだけど、凄いですね。
くるくる回るのが。
「ちょっとやってみたんだけど、1回転半くらいしかできないですよ!」
ってやったんだ(爆笑)
しかも少し回ってみせようとする仕草。うはははははは。
キム・ヨナは完ぺきだったよね。
あと真央ちゃんの聴いてる曲が気になったらしい。何聞いてんだろ?
回りの雑音が入らないようにして気持ちを上げる曲だから、
なんだろパンクとかかな?
でもそうしたら頭の動きはこうだよね?(で頭をガクガクするw)
美姫ちゃんは、いつも少し残念だよね。あの衣装はないよなあ。
子供にじゃまされながらもずーっと真剣に見たそうです。

ヨナ3
バ?ン!

ちなみに、
のもん家のダーリンはこのキム・ヨナのポーズを見て
「おれもキム・ヨナに撃たれたい」
とつぶやいていた。
ハチの巣にでもしてもらえ。
このバージョン違いに
「おれも真矢みきに怒られたい」
「おれも蓮舫に仕分けされたい」がある。

『ヒグラシ』
これももうすっかりと馴染んで、キレイに角が取れて丸くなったような音。
くたっと柔らかくなったコットンのような雰囲気がする。
ここぞというところで入る伴さんのスパパーンスパパーンというドラムが
めちゃくちゃ心地いいのだ。
どんどんオリジナルも「ここ聴きたい」のポイントが増えていく。

『花粉』
今日はたるーんとしたバージョン。
暖かいマキさんのピアノの音。
ちょうど今の季節の歌ですね。
気持ちよく聴いてると、意識しなかった歌詞が不意に飛び込んできたりして。
またくすりと面白い。

CDは順調に進んでいるそうです。
リューメイさんは歌詞を書くのが苦手で、
そのせいで曲が出来なかったりと負のループに入っていたんですが
カクロウさんが詞を書いてくれるので、ラクになったみたいです。
CDも半分以上カクロウさんの詞だとか。
今回の新曲『はじめまして、さようなら』もカクロウさんの詞で、
本人が語るところによると「詐欺師の歌」
女を騙す男の歌だね。救いはない。
カクロウさんがこんなに話すの初めて聞いた(笑)
「いいよね、やっぱ斜に構えたところが欲しいよね」
で少し角度を変えて斜めに立つリューメイさんお茶目。
じゃあ今日は歌詞も意識して聴こう。

『はじめまして、さようなら』
なるほどなるほど。
あー面白いかも。
でも曲の面白さも楽しみたくて、
まだまだいろいろ忙しい。
聴くのは2回目だけど、リューメイさんらしさがあちこちに散りばめられてて
耳が喜んでしまう。
ジャカジャカいうギターがカッコいいんだよね。
今日のファッションにもぴたりとハマる。

今日は「Time is a River」の歌詞をかいてくれた友人が来てくれていて、
ハワイ出身のその方にこの歌詞をもらった時、
広いライブ会場でお客さんがライターの炎を揺らせているようなイメージが浮かんで
そういう広がりのある曲にしようと思って作ったらしい。
今までにない大きな曲をつくるきっかけにもなったと。
そしてこのCDをかけていた店で、たまたまナカガワさんが聴いていて、
一緒にやるきっかけにもなった曲なのだとか。
リューメイさんにとってエポックメイキングな1曲ですね。

「今日はスライドギターの名手、シューヘイさんがいないので、
CDと同じ雰囲気が出るかどうか分かりませんが、
アコースティックに行きます」
『Time is a river』
静かなギターに静かなヴォーカルで始まって、
徐々に力強く気持ちを込めた演奏とヴォーカルに転じていく。
おお?今日は実にパワフルだ。
思い入れが入って、届けるように歌っているのがすんばらしい。
心にしみる歌声。
あーいいもん聴かせてもらいましたっ!
歌詞をかいてくれた方にも感謝感謝。

どのへんだったか怪しいが、MCをひとつ。

「髪を切りましたー」
ずっと髪留めで縛っていたんですが、
抜けるんですよね。
ガーン(笑)
それはデリケートな問題だ。
髪に悪いんじゃないかと思って、切りました。
癖がきつくて、これで天然そのままなんです。
というその髪は、何もしないでそれなら
フツーにお洒落でイイじゃないかと思うヘアスタイルで。
しつこいようだが、私はこーゆーの好きなのだ。
長さがとてもいい感じなのよね。似合う似合う。
私の好きなアルメイダやマティ・フェルナンデスやペロッティを思い出す。

参考:ペロッティ
【私しか嬉しくない参考画像:Diego Perotti】

「ゴローちゃんみたい、って言われてへこみました」
ゴローちゃんはないよなあ・・・。
水嶋ヒロでも言い過ぎではないぞw
今気がついたが、カクロウさんは違う髪質みたいだなあ。
まっすぐサラサラ、伸ばしてるのかな?

前回やって好評だったので、今日もやります。
『This masquerade』:George Benson
絶対聴けると思って来たもんね。
今日はもう最初からワクワク度全開で耳を乗り出す(笑)
あーこれマキさんのピアノと、伴さんのドラムがなかったら成り立たないんだ。
スパーンスパーンと入るドラムがカッコ良過ぎんだよなあ。
リューメイさんのヴォーカルも男らしくも色気があって、
とにかくキマってる。
曲の間はずっとヴォーカルをメインにして、
最後だけギターでキュキュッと締めて美味しいどこ取り!?
この楽曲だけはバンドバージョンでなければ聴けませぬ。

『Listen to what the man said』:Paul McCartney
邦題は「彼女におせっかい」
と言ったらミョーにマキさんが受けていた。
いきなりアップテンポで力強いギターで始まった!
うわあ凄いっ。
あーこれは聴いたことあるなあ。
メロディックで、高い音が可愛らしく響く。
ポップで元気いっぱいでカッコいいっ。
今日は何かトバしてるなーリューメイさん。
今Youtubeで探して聴いていて、
オサリバン的にも聴こえ。
どーりで私が好きなメロディライン。

今日の席からは、両方の指が良く見えたので、
右手の動きをしげしげ見ながら聴こえてくる音を追って、
ああこの音がこれかーと思いつつ楽しんだ。
コードを押さえる指がまた長くて細くてねー。
キレイな指をしてるんですよ。

このへんだったかな。
「今一番気になるものがあります。ワールドカップ!」
おおお、そうですか。思わずニヤリ。
「岡田ジャパン、大丈夫なんですかね。
勝てると思いますか?」
私?思わないよ。
私の予想:(ここで書いてもしょうがないがw)
初戦・カメルーン相手にキレイな形で攻撃しつつ得点できないまま
後半エトーの個人技に沈む。
第2戦・初戦で星を落としたオランダが(←デンマークに負けると思っている私)
本気で勝ちを狙いに来るのでボコられる。
第3戦・消化試合ながらも手を抜かないデンマークに歯が立たず。
いいとこドローではないだろうか。
我ながら酷い予想。当たらぬことを願う。
でもカメルーン戦に照準合わせて勝てばちょっと面白くなるよ、
とはセルちゃんの意見。同意同意。
グループ1抜けはデンマークです。
予想オワリ。
「大久保と玉田ってのはどうなんだと。柳沢呼べとはいいませんけどね」
そうでした。リューメイさんは柳沢スキーだったのだ。
「今からでも監督替えれば間に合うと思うんですよね。
ヒディングも空いてたんだし」
トルコに取られちゃったよね?。
個人的にいつか実現してほしいのはマガトジャパンです。
「メッシが帰化しないかな??」
ははははははは。リューメイさんはスペイン優勝予想かしらん。
しかしこの話題、どこまで通じてるんだ?

『ハメルーン』
お、今日はここで。
というか、何も考えないで聴いてたので、
何をやってないか頭の中になかった。
不意に出てくるのがまた楽しい。
すっかり馴染みの楽曲だけど、何度聴いてもまだまだ新鮮。

何というか、今日は最初からアットホームなイイ雰囲気だったなあ。
最初、室内の暖房が暑かったのもあるのかな。
お馴染みのオリジナルも、より一層温かみを持って聴こえた気がする。
前回が新しいものをドドっと一気にお皿に盛ってくれて、
強烈な刺激をたっぷり吸収したのの反動か?
新旧おりまぜた今回の編成は、ホッと和むような感じを受ける。
ホント、ライブと言うのは来なければ分からないなあ。

『嵐の前に』
カクロウさんが何本か詞をかいたのをリューメイさんに渡し、
じゃあこれやってみようかな、でピアノの前に座って、
ものの10分もしないで「できたあ?」
ラーメンじゃないんだから!と自ら突っ込む早業。
でもいい曲ってのは早くできるんです!

最初ゆるっと始まったイントロから、
元気のいいリズムへと展開。
歌詞を聞いてると、なんだか可愛くて優しい男性が見えてくる。
いいなあこんな雰囲気。
リューメイさんの曲は幅が広い。

「これは、春のイメージだよね?」
「いや、むしろ夏・・・」カクロウさん
「春から初夏にかけて、ってことでいいかw」
お互いのイメージの間に若干ズレがあるようで。はは。

このあたりだったかな。
「指がつりました」
コードを押さえる左手がつったらしい。
リハやりすぎたのかなあ。
この指だけが、外側に行きたがるんですよ。内側にしたいのに。
で手をぶらぶらさせたり指をそらして伸ばしたり。
「えーその間にメンバー紹介します!」
Ba ナカガワケイスケ
Key 北村真紀
Dr 伴慶充
Gt Cho 小田木確郎

まだ不安げな指を見つめるリューメイさんに、
ナカガワさんが「かしてみ」で手のひらを即席マッサージ。
「ここのツボを押さえるといいんだよ」
ほほえましいシーンなのだろうが、
街頭で怪しい勧誘の人につかまっている人のようにも見え。ゴメン。

『LOVE』
イントロの弦の音、気持ちナカガワさんのベースが強く響く。
おおっ。粋な心遣い。
今までずっと右の手を追っていたけど、
さすがに左の手が気になってしまう。
リューメイさんも気になりながらの演奏で、歌も歌わなくちゃで
なかなか心中は穏やかならないのかもしれない。
今日はシューヘイさんもいなくて、いつもより弦が少ないのもあるし。
そういや中盤はかなり飛ばしてる印象があったなあ。
なんてハラハラしてしまう。
サッカーでも攻守に走りまくって選手が足をつってしまうシーンはたまにあって、
その頑張りには結構グッときてしまうのだ。
リューメイさんも気合いでギターをガシガシ弾いて、
オトコらしいLOVEを聴かせてくれました。

このMCいつだったか覚えてないんだけど。

「月一ソロライブを始めて、もう1年半くらい?なるのかな。
ちょっと意地になってやってるところもありますが(笑)
いつまでやれるのか分かりませんが」
なこと言われると寂しいじゃん。まだまだ聴けると思っているのに。
隣のHさんも「えー続けて続けてー」とつぶやいている。
ホラホラいつか行くから、なんて言ってるとあとで泣きを見るかもよ?。
興味があったら早くおいでおいで。
来月はもう決まってて、ピアノのマキさんと二人、
あとはカクロウさんが入って3人か、そんな感じで。
ピアノでしか出来ないものをやろうと、
自分のルーツになるようなものも入れて、
多分そのとき限りの曲もあると思います。
カバーを多めに、ギターも入れて。
その次はまだ決まってないんですが、
4月の終わりかゴールデンウィークあたりに。
その時にはCDが出来てると良いなーと。
おおおもうそんな射程圏内なのか。ドキドキしてきたー!
いつも同じ楽曲ですが、編成を考えたり工夫してやってるんですけどね。
なんて言うと、毎日同じライブをやってるアーチストはどうなんだ、
ってことになりますが(笑)
あらら、珍しくちょっと弱気発言ぎみだったけど、
いつも同じなんてこと、一度もないよ!!
いつだって「来てよかった!」って思いでいっぱいになって帰るんだから。

『マルコとポーロ』
うわっ、そうだ。これまだやってなかった。
大丈夫か!
でも気合いのイントロ、今度はカクロウさんの弦も力強く、
3人、目いっぱいの弾きっぷりでガンガン入る。
うおおお(涙)
始まっちゃえば私はもう嬉しくて、この曲にすっかり入り込んでしまう。
そしてあの間奏も、どんだけキツイのか分かんないけど、
ズババーンと決める。マキさんの強く響くピアノもアクセント。
あーたまらん。

『願い』
むしろこれはヴォーカルに専念でもOKな楽曲。
マキさんのピアノが静かに響いて、
後ろで伴さんのパーカッションがイイ感じに寄り添うのだ。
ギターに手をかけつつ、弾くような弾かないような。
リューメイさんもまだ気持ちが揺らいでいるのかな、
と思う隙が、時折チラリと見えるヴォーカルだったりしつつ。
だけど今日のここの雰囲気を思うと、
大丈夫だよリューメイさん、なんて思ったりして。
バックのメンバーの音にも、支える気持ちが取り巻いているような。
ああライブって生モノだなあ?。
としみじみ思った。

本編終了。
ああ何のかんの言っても、やっぱりいいライブだよリューメイさん。
拍手して、アンコールの手拍子に替えて、
でも少しでも休みを長くしたいなあ、と思いながら手を叩く。

再びライトがつく。

最後まで持つかどうか、押さえられないコードがあるんですよねー。
と言いながら
『FULLMOON』
うわっ。
そうだ。
まだやってないじゃん。
しかもこれはギターなしには始まらないだろ。

考えたら、私は今までリューメイさんが調子悪い時って聴いてない。
まあライブの時にはそんな風に見せないだろうけど、
風邪ひいてるときとか今まであったよな。
でもこれはまた違うハプニングだよなあ。わー。

なーんて心配顔で聴いてるのも、なんだか申し訳ないなあと。

始まったイントロのギターは、さすがに気持ち、か細くて、
同じスイッチで動いているのか、合わせているのか、
ヴォーカルも少し小さめで、
バックの音も、合わせるように控えめで、
これがねえ。
聴いてるとまた面白いもんで。
儚げな二人が寄り添うようなイメージになってね。
へー、なんて味わってみたり。
リューメイさんが時折見せる厳しげな表情も、
これもまたライブだなあなどと観賞してみたり。
拾うものは拾って帰るのもんさんです。Sなのかもしれん。
その場限り、2度とないのがライブです。

『Let's stay together』:Al Green
本当に最後の1曲。
しっとりした楽曲のあとは、元気のいい曲で締める。
マキさんのピアノも増量。
リューメイさんは最初まだ気にしつつも、
どんどんヴォーカルに入って行く。
最後はもうふっ切ったようにも見えて、
全部出し切っちゃうかのようなヴォーカルにドキドキ。
あーカッコいいなあ?。

あっという間のライブだった。
ハプニングもあったけど、そんなのもひっくるめて
いろいろなものが見れた時間。
リューメイさん的には納得いかない所もあるのかな。
やれやれ、な表情もチラリと。
「今日もカッコ良かったよ!」

まだまだ時間が早いので、Hさんとしばらく話す。
ピアノのマキさんがすぐ近くにいたので、
声をかけて話をした。
その中で凄く印象的だったのが、見せてもらった楽譜。
なんで楽譜を見ることにんなったのかと言うと、
一度リューメイさんが来てしばらく話をして、
また別のお客さんのところに移動して行ったあとで、
リストをもらってないことに気がついて、
マキさんのはどうかな?と「リストありますか?」と聞いてみたのです。
見せてもらったリストにはメモがあれこれ書いてあったので、
これはもらえないなーと。
そのファイルに楽譜がたくさん一緒に入っていた。
なんだけど、
最初は楽譜と気がつかなかったのよね。
確かに五線譜に書いてあるんだけど、記号ばかり。
もしかしてコード?
「これで弾くんですか!?」
これじゃメロディー分かんないじゃん。
「音源はもらってるんで、それをずーっと繰り返し聴いてます。
身体に取りこんでイメージが出来るまで」
へ??。
「ここだけはこの音を出してね、っていうのだけ、音符で指定してあるんですよ」
確かに一部、音符が書かれてるのもあるけど、ほんっとうに一部です。
ささっと三つ四つ。
「あとはイメージで、アドリブもありで」
ひょえー。
こういう風な楽譜って多いんですか?
「クラシックやポップスとかだとちゃんと音符で決まって書いてあるけど、
セッションバンドの演奏やジャズの演奏などだと、こんな感じですよ」
でちょこちょこマキさんによるメモ書きがしてあって、
「ここはこんな感じでってリューメイさんから言われるんですよ。
”雲海のような”とか。でもそれでイメージがずっと分かりやすくなるんです」
おおお、それじゃ私が雰囲気で感想書いてるのも当たらずとも遠からず?(言い過ぎ)
「あ、もしかしてこれ企業秘密かな?」マキさん
「見ても盗めないから大丈夫です」
「これなんて私自分で楽譜起こしたんですよ。ないから」
えっ?
「リューメイさん、楽譜かけないの」
えええええ?(驚)
それにしたって、こういう楽譜で、音源もらって、という状態で
メンバーと合わせるのが2,3回ってのは少なくないですか?
「このテのライブでこの回数は少ないですよ!(笑)」
マキさんはここ最近このメンバーに加わったので、
既にもう出来あがっている中に入るのが大変だと言ってましたね。
他のメンバーは何度も同じ曲を演奏していて、ある程度の形が出来ているから。
そーかー。
それはかなり度胸がつきそう。
「今日ももともとシューヘイさんがいないのでピアノ多めと言われてたんだけど、
指をつったあと、もっと多めって言われたw」
はははは。でも十分対応できそう。
というか、聴いていてそんな風になってたなんてまったく分からないほど
リューメイさんの曲にハマってましたよー。スゴイスゴイ。
音楽を自分でやらない私とHさんは終始驚きっぱなし。
なんか色々なことが面白い。
それと手の大きさの話を。
Hさんに、「マキさんの手、小さいんだよ」と言ったら、
彼女も見ていて驚いていたようで、
「私の手大きいの。広げると20センチなんだよ」と広げてみせて、
マキさんが「えっ、ちょっと待って!!」で自分の手をその幅に合わせてみたら
両サイド、鍵盤何本入るんだ?なスペースがあって
「小さああああいいい!」で3人で大笑いしてしまった。

リューメイさんともかなり長めに話が出来ました。
今日はテーブルの隣に座ってくれて。マキさんと4人で。
その中からいくつか拾うと。

指の様子を聞いたら「リハやりすぎたのかなあ」ってマキさんに聞いてた。
リハは通してやるんですか?
「通しはないです。気になったところを中心に。
同じ曲を何度もやることもあるし」

マスカレードは絶対聴けると思ってきた!
「これは反応が良かったんで。活躍したから2部から昇格しました(笑)
しばらくは聴く機会ありますよ」

3月のライブについて。
さっきマキさんが候補曲18曲もらって大変だと言ってましたよ?
「これから絞るけどね。ピアノでしかやれない曲をやろうとおもって。
自分のルーツになる曲とか。カバーを多めにして。
多分、1回きりになる曲もたくさんありますよ」
ピアノと、ギターで?
「まだ何も決まってなくて。ピアノ二つ並べて弾いちゃおっか。連弾とかw」
まだまだ方向が固まるには早いみたいですね。
ワクワク感があって嬉しそうなリューメイさんです。

来生さんはどうなんでしょう?
「ないみたいですねー、12月までなかったりして!」
え?それは困る。秋ぐらいでもいいから予定してくれないかな。
うーん、でもそしたらゆっくりワールドカップ見れますね。
「いや、そういう問題じゃないから」
わはは。ごもっとも。
来生さんてマイペースだから、
自分の中で「やりたい気持ち」が来ないとどーにもならない気がする。
早くその気になってリューメイさん呼んで何かやってくれい。

髪の毛、切ったのはいつごろ?
「1週間くらい前ですね。」
リューメイさんを初めて見た時が、こんな感じでしたよ。
来生さんの10月のソロで。いきなりステージに若くてカッコいい人がいて驚いた。
(→ マンスリーソロ・心あたたまる10月の巻
あの時から、今こんな風にしてるなんてねえ。
「そうですよねー」
毎回ライブで1回はしみじみする私とリューメイさんです。

見た感じはゆるっとした天然パーマな状態なんだけど、
「細くて癖が強いんで、もっと短いと昔の小野伸二みたいにチリチリになりますよ」
ひえええ?!そ、想像できないっ!!
じゃあ長かった時はかなりぎゅっと縛ってたんだ?
「そう、それで気がつくと抜ける毛の量が増えてて!
これは髪に良くないんじゃないか!と焦って」
ヤバイってんで切ったようです。
それじゃ、今度プレゼントで髪にいい何か持ってこようか?
「えっ、こんなのですか?(で頭を叩くような仕草w)
それはちょっと??」
あまりにもリアルすぎて引くわね。わははは。
みなさん、間違っても育毛剤や育毛シャンプーなどの
現実的な差し入れをしないようにw

指は普通にしてるとそうでもないんだけど、
弾くとやっぱり分かるのだと。
こんなこと無かったみたいですね。
どの曲あたりから怪しかったんだろう?
「いつぐらいかなあ。言わなくても良かったんですけどね」
思い出すと、弾かずにヴォーカルに集中してる楽曲もあったけど、
それは別に指とは関係なかったのかもしれないしなあ。
「で、指を気にしていたら、終わりの方は足までつった!」
そりゃ大変だー。
変に力が入るから別のところに影響が出るんだね。
「FULLMOON、弾けて良かった?」
ほんとにねー、アンコールで残してたものね。
でもメンバーもサポートしてる感じが強くあったなあ。
私サッカー選手でよく足つってる選手とか見ると、
ああ?頑張ってるなあ?って結構キュ?ンとしたりしますよ。
「いや、そこでキュンとされても!!」
弾いてる方は必死ですね。ゴメンゴメン。
なんか今日はツッコミ入れつつの会話でした。
楽しかったなあ。お付き合いありがとうございました。

最初話してばかりで忘れてたんだけど、
途中でまた近くに戻ってきた時につかまえて
「リスト貰っていい?」でもらいました。
今回は今までに聴いた曲が多かったので、
気合いを入れれば思い出せそうだったけど、
他に思い出さねばならぬことが山盛りあるので、
やっぱりここはラクをさせてもらいました。
いつもいつもスミマセン。
リストを見ながら、オリジナルが多くなったなあと。
毎回、構成とか悩むらしいです。どの順番で歌うかとか。カバーどうしようとか。
いつも新鮮なライブにしようと、自分でも飽きないように。
そんなことMCでも言ってたけど、
でも同じと言っても来るたび毎回違うし、
いつも来てよかったと思って帰るんだよリューメイさん。

19:30から2時間くらいかな?
ちょうどいいボリュームで、終わってあれこれ話す時間もありつつ
帰る時間もわりと早めで良かったです。
一緒に見る人がいるとお楽しみも増えて嬉しい。
名古屋のHさん、遠いところ足を運んでくれてありがとう。
もっと近ければ毎回来れるのにね。
そのうち関西遠征とか計画しませんかね。

今回も破格に長いレポになりました。
すでに一気読みできる量ではないですな。
携帯で見ている人のことをまるで配慮しておりません。すまぬ。
無駄に長くて申し訳ない。

ライブはその場限りです。
今回はより一層、その思いが強くなりました。
次の3月22日(月・祝)ライブは、また新機軸です!
その日限りのプレミアムなライブになると思われますので、
ご都合のつく方は是非。
ピアノ&ギターの編成は来生ファンにもなじみやすいんじゃないでしょうか。
詳細はリューメイさんのマイスペで!(mixiもありますよ)
スポンサーサイト

タグ : 小田木隆明 RYUMEI

00:11  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(17)

Comment

盛りだくさん!

詳細なレポート、ありがとうございました。
RYUMEIくんの声が、聴こえてくるようなご報告でした。(嬉)
笑いのツボがあちこちにあって、楽しいレポでした。ありがとね♪

オリジナル多めだったようで、、、ドンドン増えているんだなぁー
CDが、楽しみ楽しみ。

髪、クセ毛だったんだ~
ということは、NHKに出た時の長い髪は、ストレートパーマだったのね。
あれは髪傷むそうだから、もうやめた方がいいでしょう。
抜け毛が気になるなんて、、、心配だわ。。。(笑)

そーなんだよね、マキさんのピアノとのコラボ、
心惹かれるのよね。。。

月子 |  2010.03.03(水) 16:05 | URL |  【編集】

長々と読むほうも大変でしょう。
さっそくのコメントありがとうございます。
毎回、今度はあまり書けないだろうな、と思いつつ、
終わってみるとこんな感じなのよね。

オリジナルも気がつくと、11曲!!
今数えて驚いた。
だけどどれも個性的でイイんだよなー。
凄いね。
CD楽しみだな。

ピアノコラボ、面白そうでございますよ。(悪魔のささやき)
のもん |  2010.03.03(水) 20:37 | URL |  【編集】

魅力。。。

のもんさま

今回も臨場感溢れるレポ、楽しく拝読いたしました。

甘いレポを読みながら~R君ライヴ、皆さん何を飲みながら楽しんでいるのかしら?と会場の雰囲気もイイ感じなのが伝わって来ました。

一番気になったのは、アクシデント(?)で、押さえられるかどうか~のコードは何だったのだろう?と。
小指が攣ったのなら。。。とかw。
ギターやベース、どちらかといえばコードを押さえる左手の動きの方がご贔屓な私。
表現が難しいのですが。。。より男の色気が出るというか(苦笑)。勿論、「指」の動きならば右手も捨てがたいですが~ってどうでも良いですね(汗)。

RYUMEI君の譜面書きの話、ギターから入った方には結構いらっしゃると想います(大御所にも)。
コードや口ずさんだメロを他の人に楽譜(音符)に起こしてもらうというのも結構ある様ですね。
来生さんが20歳でピアノを始めたのには、この辺りの訳もあるのかなと。ご自身が想い描いたメロディーをより完成したものにするためには、やはり鍵盤での作曲が必然だったのでしょうね。

RYUMEIライヴ大使wのレポより、ソロのステージ、ピアノマンに徹するのかな?来生さん~とかアレコレ想像も出来ましたし、ありがとうございました。

次回の鍵盤も楽しみですね。

ルーツの曲も興味深い。。。
悪魔のささやきにハートが揺れつつ。。。
バ~ンと心臓に一撃されて「やられた~」ってなっちゃったら困るしな~(笑)。

失礼しました~。




鉄線花 |  2010.03.04(木) 13:20 | URL |  【編集】

「ハチの巣にでもしてもらえ。」アハハハハ

でも本当のとこ、のもんさんのご主人みたく言って貰えると気が楽だよね。無言でゴクリ、とかやられた日にはもうね…

>来生さんの10月のソロで

「音楽夢くらぶ」で、のもんさんがカバちゃんて言ってた人、今までリューメイさんだと思ってました。違うのね。

ギターといえば、リューメイさんがギターを抱える姿、イロケありますよね。来生さんはピアノの時はあるのに何でギターでは無くなるのか??
れい |  2010.03.04(木) 19:53 | URL |  【編集】

笑いのツボ

レポートもおもしろいけど、コメントもおもしろい。(笑)
そうそう、のもんさんのダンナさんて、おもしろいというか、カワイイよね~
あのキム・ヨナは、女性から見てもカッコよかった。
19才とは思えぬ色気、素顔はまだ幼いのにね。
(キム・ヨナを、ついキム・ソナと言ってしまう私はオバサンだな~と、思った)

鉄線花さんは、(前から感じていたけど)、ギター萌え、と言うか、ギタリストがご贔屓なのかしらん。

れいさん、カバちゃん・・・違うぅー
RYUMEIさんは、水嶋ヒロタイプだよーん。王子さま♪
最後の2行、、、笑いがとまらない。。。(確かに・・・)
月子 |  2010.03.04(木) 20:19 | URL |  【編集】

コメント代筆&お返事

名古屋のHさんからメールをもらって、
ちょっと嬉しかったので、許可をもらって載せます。

「早々にライブレポありがとうございます。
読み始めたらドド~っとLiveリューメイさんの世界へまっしぐら。
次々と映像が流れ、あれこれ思い出しています。
やっぱり参加することに勝るものはないですね。
素晴らしいLiveでした!
なが~いライブレポも楽しくてアッという間です。
気がつくと、こんなに時間が経っている・・・って感じです」

あー嬉しいです。ありがとうございますぅ~(涙)
Hさんはいつも携帯で見てくれてるんですよ。スミマセン(汗)
それからHさんからのタレコミで、
真央ちゃんが聴いてたのは
浜崎あゆみの「ブルーバード」だそうですよ、リューメイさん。

鉄さん

おお、私としたことが!!
指は小指ではありませんでした。人差し指?中指?
ああ抜かったわ。
今回めずらしく指が見えたので、音を確認しながらしげしげ眺めていました。
次は機会があれば左手も見よう。わかんないけど。
大きくて長くて細い指なので鉄さんにも見ていただきたいですわ。

>ご自身が想い描いたメロディーをより完成したものにするためには、やはり鍵盤での作曲が必然だったのでしょうね。

あ、鋭いですね!それはありそう。
実際おこしてくれる人がいなければどうしようもないですしね。

>悪魔のささやきにハートが揺れつつ。。。

揺らしてます。ゆさゆさ。
いえホント、聴きに来ませんか?
ワタクシご案内しますよ。
いつもと趣向も違うし、先入観なしで楽しめるかもしれません。
気が向いたらいつでも鍵コメでもメールフォームでもお気軽に。

れいさん

のもん家は「仮面夫婦」ならぬ「お面夫婦」なので
バカなことばかりやっています。

>カバちゃん

しどい。ぜんぜんちゃいます。

>ギターといえば、リューメイさんがギターを抱える姿、イロケありますよね。来生さんはピアノの時はあるのに何でギターでは無くなるのか??

あーそうですねえ。いいですねえ。(しみじみ)
来生さんのギターは色気より少年ぽさを感じます。
言いながらちょっとムリがあるか・・・。
いや20年以上前はそうでした。
座るとやっぱいろいろね、苦しげに目につくところがありますので。
ギターは横向いて弾かないのも原因かも。
鉄さんがよく「ギターをスタンディングで!」というのは
言外にそういう意味が含まれていると思われ。

月子さん

キム・ヨナは色気がありますからね。
やっぱ差がありますね。
エキシビション見て真央ちゃんより高橋クンのが色気あるじゃん、と思った次第。
ムリしないで可愛い路線でイイと思うんだが。

>鉄線花さんは、(前から感じていたけど)、ギター萌え、と言うか、ギタリストがご贔屓なのかしらん。

そうですね。だから危険を感じて近寄らないのか?(笑)
のもん |  2010.03.05(金) 00:07 | URL |  【編集】

痺れ具合。。。

来生さんのギター姿、私好きですよ(汗)。
結構、色んなところで言ってます、ご本人にも(笑)。
勿論、スキル・テクニックでは無く、姿がです(失敬)。

れいさま
のもんさんの仰るとおり、ギター少年のまんまの佇まい(無理をも通す)。
若い頃の正面攻め、ギターのテクニックはさて置き、それとは別にリズムの刻み方やクイック感に充分色気はあったのです。。。弾く指の骨筋や節々にドキリとしたことも~ね?皆さん(笑)。

印象として来生さん自身、ギターは好きだけど「極め」の精進は敢えてされていないのかも、ステージではお馴染みの(お気に入り?)ギターが数本登場する位で。曲調で大まかに引き分けている感じですものね(違ったら来生さんへ陳謝)。
雰囲気からするとベースも似合う?ご自身も弾けると仰ってたし。たまに、スタンドマイク歌唱での間奏でエアベースされてますしね(笑)。

月子さま
ギター贔屓は、既に公言の域です(笑)。
でもギター好きではありますが、弾き手(ギタリスト)は好みで分かれます、勿論、普段聴いてる範囲でなので狭い了見ですし、知識を伴わない全くの素人の偏見です、あしからずw。
ハッとする好みの弾き手のギターは、ネックや弦や音色をも女の様に扱ってる感じ。。。ん?変な空気になってますか?(汗)。私にとっては萌え~と言うよりそんな「痺れ」具合がとても重要ですw。

のもんさま
RYUMEI君はギターを女の様に扱っていましたら。。。それは仰るとおり鉄印には危険地帯かも(大笑)。

>実際おこしてくれる人がいなければどうしようもないですしね。

今はMac(PC)で♪を載せてくれるし、アレンジも含めてスコアが作成可能ですものね。
来生さんも場面場面で駆使(操作は誰?w)されていることでしょう。
ヒュー・グラント主演の映画「ラブソングが出来るまで」の中に、作曲の風景があり楽しめます。そう言えば、この映画の軸となる歌の「歌詞」の中で「片隅」という言葉が重要に扱われていて、「片隅に一人」を思い出しながら観た記憶が。

逸れます(汗)。。。
先日の「SONGS」がバービーボーイズ~。
昨年?民放で一夜限りの再結成の時以来、やっぱり、一夜限りではいられなかったのね、な感じで懐かしかった~(昔ライヴ行ってます)。
今回、ライヴリハの映像場面で、セットリストの順番をメンバーで試行錯誤する姿や、観客の心理を読んでの変更理由等が興味深く、また紙一枚の中にソンナコンナが詰まっているのね~と改めて感じたり。来生さんも今頃、試行錯誤されてる?既に固められたかな?(笑)。
貴重なRYUMEIライヴのセットリスト保有者w、のもんさん、お宝ですね。
(また好き勝手書いてしまいました、すみません)
鉄線花 |  2010.03.05(金) 10:51 | URL |  【編集】

バービーボーイズといえば

初めて「avantage」を見た時、ビートルズ…ではなくて「バービーボーイズのアルバムに似てる!」って思いました。やっぱりまっ白でね、白抜きの文字が入ったカバーのがあるんです。

逸れついでにすみません
ギターをぶら下げる斉藤和義、ナマで見ると足があり得ないくらい長い~(羨ましい)で、あの足でギターを持つともの凄ーくカッコイイ。ふと、周りの沢山の女の子たち、彼の足がもしこの2/3のだったら、果して何割がココにいるだろか…なんて思いました。

ちなみに10回以上ギターを取っ換え引っ換えしてました。前の方にはピックが飛ぶそうです。ただし、歌はともかくギターの音はぜんぜん覚えてない。ドラムのタマダさん(どうも玉田豊夢さんというほとんど無名の方らしい)にはあんなにシビレたのに。好みじゃなかったんかなあ、ギターの方は。星勝の場合は歌はともかくギターにはしびれる♪

女の様に扱う…奥が深い…
この方々がその範疇にあるのかは分りませんが私の好み…
高中さんはNGで香津美さんはOKOK~
大逸れ失礼(汗)
れい |  2010.03.05(金) 20:11 | URL |  【編集】

鉄さん

来生さんのギターを弾く姿は私も好きですよ。
まあ今は腹周りがね、あと足の長さが比較対象が隣にいるとキツイとか。
ただライブでも、来生さんが弾いてる音がよく分からない。
旋律を奏でる感じの手の動きじゃないので余計にね。

最近はギターの音を、来生さんにとどまらず、耳にした時は意識してみるのですが、
やっぱリューメイさんの音は私好みなんだと思います。飾りの付け方も含めて。

あと色気の話ね(笑)
前のコメントの時もふと思い出したんだけど、
チェロなんかは「女性を扱うようにみえて色気がある」なことを聞いたことがありますね。
言われてみればあのフォルムとボリュームは、まさに女性的な雰囲気を持っています。
それに比べればギターは小ぶりだけど、両腕で抱える感じは近いものがあるのかも。
と危ない領域に入ってまいりました。
久々にギターを弾く動画など、リンクしときます。
→ http://takoashiattack.blog8.fc2.com/blog-entry-1209.html
(もしやRYUMEIさんではございませんか)

あと作曲については
以前オサリバンがBSの番組で、
当時まだ録音機器がなくて、寝ていて浮かんだフレーズを紙に書き留めても、
次の日にはまったく覚えてない、な話をしてませんでしたっけ。
その時、残しようがない時代の作曲ってものに気づかされました。

& れいさん

バービーボーイズ、懐かしいですね。
ちゃんとは聴いた覚えがないが、でも何かしら聴いていた曲の数々。
でも最近読んだオーケンの本に
杏子さんがUMA(未確認動物)にハマってて・・・な話があって、
イメージが強制的に曲がりました。
のもん |  2010.03.06(土) 10:21 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.03.10(水) 20:54 |  |  【編集】

突然すみません。

はじめまして。kazuhiと申します。突然すみません。

ブログを読ませて頂きました。とても詳しく解説して頂き、本当にRYUMEIさんのLIVEに行ったような気がしました。といっても、まだLIVEに行った事が無く(笑)、
3/22のLIVEに初めて行くのですが・・・とても参考になりました。ありがとうございます。

ところで、ひとつ気になった事があったのですが・・・。
フィギアスケートの話題の最後に、「子供にじゃまされながら、ずーっと真剣に見たそうです」とありましたが、この「子供」というのはRYUMEIさんの子供ですか?
RYUMEIさんに子供がいるという事ですか?
子供がいるという事は、結婚されているという事ですか?

すみません。一気に質問をしてしまいました(汗)。
すごく気になって、昨日は眠れませんでした(笑)。

返事をお待ちしています。よろしくお願いします。
kazuhi |  2010.03.10(水) 21:12 | URL |  【編集】

kazuhiさん

はじめまして。
コメントありがとうございます!
ライブレポ、お役に立てましたか?
えーとメールの方も見ましたが、こちらでお返事させていただきます!

リューメイさん、お子さんいるようですよ。奥様も。
以前そのような話をちらりと耳にいたしました(笑)
なので「子供」は多分、リューメイさんのお子さんだと思われ。
昨夜は眠れない夜を過ごされたようで、すっきりしていただけましたか?
ちなみにどっちなのかまでは存じ上げませぬ。

22日のライブにいらっしゃるんですね!!
今度はまた違うパターンのライブになりそうなので、
とても楽しみです。
ぜったい損はさせませんよー(笑)
のもん |  2010.03.10(水) 21:30 | URL |  【編集】

のもんさん、さっそく返事を頂きありがとうございます。

思い切ってコメントを投稿して良かったです。
今夜ははぐっすり眠れそうです(笑)。

メールも届いてたんですね。届いていないと思い、コメントも送ってしまいました。あっちこっちで失礼しました。

22日のLIVE、私もとても楽しみです!
のもんさんも行かれるのでしょう?
お会いできたら嬉しいです。
ちなみに私は大阪から1人で行きます!
無事に到着出来るか少し不安ですが・・・。
でも、がんばって行きます!

本当にありがとうございました。

kazuhi |  2010.03.10(水) 22:18 | URL |  【編集】

大阪からいらっしゃるんですか!
リューメイさんのファンは遠くからでも見に来てくれるなあ。
きっとリューメイさん喜びますよ~!

22日行きます。お会いできたらいいですね。
メールもお返事出しましたのでチェックしてください。
のもん |  2010.03.11(木) 09:59 | URL |  【編集】

メールありがとうございます。

のもんさん、こんばんは。
返事遅くなって、すみません。

先程メールを送ったのですが、届きましたでしょうか?エラーになってしまいましたので、もし届いていない場合は連絡をいただけますか?もう一度お送りしますので・・・。

よろしくお願いします。
kazuhi |  2010.03.11(木) 20:49 | URL |  【編集】

とりいそぎ。

kazuhiさん、メール届いてます!
当日はお付き合いよろしくお願いします!
またあとでお返事は書きますので、
もうしばらくお待ちください。

リューメイさん、来生ファン一人お連れしま~す♪
のもん |  2010.03.11(木) 21:49 | URL |  【編集】

のもんさん、こちらこそよろしくお願いします!

メール届いていて良かったです(笑)。
返事は全然急ぎませんので、いつでもOKです!

それでは、おやすみなさい(笑)。
kazuhi |  2010.03.11(木) 22:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1474-c6ae2ea6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |