2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.04.11 (Sun)

ミヒャ、無事に任務完了&記者会見

ミヒャの復帰戦は、ドリッテリーガのSV Sandhausen 対 Holstein Kiel。
ボディガードを伴って会場入りしたようです。
警察は彼に対するネガティブなバナーやプラカードなどを撤去するために待機。
観衆は1370人。子ども連れの家族などで牧歌的な雰囲気だったそう。
スコアは1?1のドロー。

昨日の試合が終わった後、
ゲッティにギャラリーがあった時はさすがに吹きました。
今日になって記者会見での写真も追加されてます。
→ " DEU: SV Sandhausen v Holstein Kiel - 3. Liga "

記者会見と試合でのミヒャについては、
Sport.ARDに動画が上がっています。
→ Schiedsrichter Kempter wieder im Einsatz
記者会見単独の動画はeye.P.TVにあります。
→ Michael Kempter ist wieder zurück

関連記事はあちこちあって、同じ内容のものもあるけどいくつか。
→ Erster Auftritt seit Affäre Amerell@RevierSport
→ Souveränes Kempter-Comeback mit Bodyguards@WELT?ONLINE
→ Kempter feiert Comeback@Kicker
その日起こったことを時系列で書いてるBildの記事。
→ Schiri Kempter kam mit Bodyguard
彼は自分の白いアウディで、自宅から直接スタジアムに入ったそうだ。

試合後のインタビューの記事はDFB公式をどうぞ。(RevierSportにも同じものがあります)
→ Michael Kempter: "Der Druck war brutal"
時間があったら訳をアップする予定です。

ミヒャ復帰5

会場入りしてピッチの確認中。
まだまだ緊張が隠せません。

ミヒャ復帰4

若干、腰回りが太くなったかな?

ミヒャ復帰3

いつもの彼らしくない、ちょっと大人しいアクションです。

写真を見ただけだと、うつむき加減で、表情も暗い感じのものが多いのですが、
動画を見たらいつもの笑顔も見せてくれてるし、
落ち着いて笛も吹いてる様子が分かって安心しました。
ARDの動画では、ピッチに入る時の映像があって
観客たちが拍手で彼を迎えていました。
試合で入ってくる選手のためかもしれないけど、
きっとそれだけではないと思う。
試合終了後はアシスタントたちと笑顔をかわし、
無事に終わったことを喜んでいるようでした。
記者会見での受け答えも、はきはきとテンポよく、
ミヒャらしい対応でした。
一時切ってしまった髪もまた伸び始めて、
トレードマークのつんつんヘアに成長する兆しを見せています。良かった。

ミヒャ復帰2

また近いうちに、ツヴァイテやエアステで笛を吹く日が来ると良いのですが。

ミヒャ復帰1

とりあえず、今日の復帰戦、彼は無事に終えることが出来ました。
長かったしんどい日々もようやく終わりますね。
胸に輝くFIFAエンブレム。
これからまだまだミヒャには大きな舞台が待っているぞ。
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミヒャエル・ケンプター

21:39  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

ホントに長い道のりでした。。
まずは復帰第1号おめでとう、ミヒャ!
かなりプレッシャーがかかってたみたいですが、難なくクリア!

次はツヴァイテ、できたら今シーズン少なくとも1回エアステの試合を吹いてほしいです!
がんばれ~!
しょーちゃん |  2010.04.12(月) 01:02 | URL |  【編集】

わあああんしょーちゃあああん(涙)
やっとやっとここまで来ましたよ!
ミヒャもこの試合が始まるまでは
不安でいっぱいだったろうけど、
結果的にはとてもいい形で、戻ってくることが出来たと思います。
すべてが一気に解決したわけではないでしょうが、
少なくともこれ以上悪い方向へ進むことはないでしょう。
もう本当に苦しかった(涙)

ARDのビデオに、DFBの会合で「JA」の札を上げてるシーンがありますよね。
これって金曜のゲームにミヒャが復帰することに対する採択だったのかな?

終盤戦に入って、笛を吹くのも難しい試合が増えて行きますが、
ミヒャには少なくともシーズン中に1回、
エアステで主審を務めてほしいと思います。
それでやっと一区切りがつくような気がします。
のもん |  2010.04.12(月) 01:19 | URL |  【編集】

試合終了後に1370人の観客が自発的に審判を拍手で送ったとkickerの記事でした。審判ってBooで送るものじゃなかったっけ?(笑)これを読んでちょっと感動したのもつかの間、アウグスブルクの裁判で、ツバンチィガーがじぃさんに負けたニュースでまた気分が悪くなりました。どういう主張が通ったというのだろう?DFBがちゃんとミヒャ(とそのほかの被害者)を守る姿勢を示している分だけ泥仕合の程度がエスカレートの様子。まだまだ胸糞の悪い話を読むことになりそうです。せっかくの良いニュースに水を注してごめんなさい。
サンドハウゼンの ドイツの良心に拍手!
NEKO |  2010.04.15(木) 04:46 | URL |  【編集】

NEKOさんは、もしかしてドイツのNEKOさんですか?
嬉しい~!!いらっしゃいませー!

私もツヴァンツィガーがあのエロオヤジに負けたとの記事をちらっと見て、
まだまだどうなるか分かんないなと肝を冷やしております。
詳細までは読めてないですが、
相手が図に乗るような流れをつくらないでほしいと思いますよ。

ミヒャの出場を、この裁判の前に決めてくれて本当に良かったと思います。
でないとまた変な影響を受けて、復帰が先延ばしにされてたかも。

>審判ってBooで送るものじゃなかったっけ?(笑)

ふふ。ホントそうですよね(笑)
ミヒャもこれにはとても感動したみたいですね。
いい試合を担当させてもらったと思います。
こんな良心的な観客ばかりではないでしょうが、
一つ大きな山を越えたんじゃないかな。

コメントありがとうございました!
またいらしてくださいませ~。
のもん |  2010.04.15(木) 12:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1511-a0d52fbf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |