2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.05.16 (Sun)

RYUMEI・LIVE@RR??突撃となりのカクロウさん

こっから延長戦に突入です。
ライブレポについてはこちらを参照してください。
→ RYUMEI・LIVE@RR??池尻大橋のパワースポット

ライブが終わり、リューメイさんはあちこちでご挨拶。
来生組は後ろで話をしながらやってくるのを待ちます。

【More・・・】

馬場雄一さんが即席アンケートを持ってやってきました。
「良かったら書いてください」
アンケートを見ると、「今日のライブで良かった曲」「感想を何でも」のほかに
「今度40代50代の方の前で歌う機会があるのですが、
やったらいいと思うカバー曲を教えてください」という項目があったので
「おお?私たち向けの質問じゃん。3人で来生さんの曲でも書くか?」と笑ってしまった。
ええもちろん「夢の途中」と書いてきましたよ。
シルロマやGBDは多分キャラと合わないと思ったのでw

リューメイさん、また髪を切ったようです。
前回結構量が増えていたので、どうしたかなと思ってたのだ。
「昨日切りました」というその髪は、
私好みの遊びの入ったくるくるヘア。
う?んやっぱり可愛い。

今日は濃かったね!と最初の感想。
いつも凄いんだけど、今日はまた凄かった。
リューメイさんからなんかが今日は出てたよ。
うわーって。マイナスイオンとか!
なんだろう、パワースポットみたいな感じ。
「そう、池尻大橋のパワースポットです」なんて笑うリューメイさん。

これもいつも言うんだけど、
ギター1本なのに色々な音が聴こえるねって。
言うたびいつもリューメイさんは「そうかな?」な笑顔をする。
私の言う感じが、自分ではあまり感覚として分からないみたいだ。
ギターを弾いている人間には当たり前のことだと思っているのかもしれないし、
ただ照れてるだけかもしれないが。

「でも一人だから、アレンジとか思いついたままに入れられるんで。
一人だと気楽でいいですよ」
じゃあいつもよりも即興的な部分は多めに入ってたのかもしれないな。
この一瞬だけで通り過ぎてしまうのがもったいないほどの細かな仕掛けが
途切れることなく入っていたように聴こえたもの。

「最初にイマジンを持ってきて、ジャブを仕掛けてきたなって思ったよ」
今日は初めてのお客さんも多いので、
ベスト盤的なライブにしたのだと。
リューメイはこんな感じですよ、って挨拶的な1発目のイマジン。

『上を向いて歩こう』はずっと聴きたかったので聴けて嬉しかったと話す。
Hさんも同様に思っていたみたい。
日記のコメントなどで、かなり好評だったのを知っていたので気になっていたのだと。
「でもきっと今日のは前とまた違うんですよね」
「そうですね。楽器も他に入ってたし、もっとさっぱりしてたかも」
「今日のアレンジは凄く素敵だった。闇の中から声だけが降りてくるような感じで」
「ちょっと気合い入れました」

「次もう決まったんですね。13日」
「そう、今度も今日と同じ馬場君と2マンです」
名古屋のHさんも大阪のKazuhiさんも「日曜か?」で残念そう。
今度の順番はどうするの?とHさんが聞いていた。
「まだ決まってません。最初でもいいかなあと思った」
「最初だったら日帰りできるかも。新幹線間に合うかな?」あれこれ考えているHさん。
Kazuhiさんはもう「無理だあ」で諦めているようです。
「13日ってもうワールドカップはじまってますよね」
と私は私の都合で聞いてみた。
「あっ、忘れてた!いつからでしたっけ!」
「12日。だからまだ2日目だから、それで決めたのかと思ったけど違うんですか?」
「全然。その日って何がある日ですか?」
「二日目だからグループBですね。ドイツかな?」
「あっ、じゃあ早にしよ!!」
「してください!そしたら私も聴いたらすぐ帰って見れるし」
談合成立です。良かった。6月は来れないと諦めてたからな。

「カクロウさんと話したことがないんですよ」と言ったら、
リューメイさん連れて来てくれました。おおお。
そして自分は別方面へ挨拶回り。
「いつもありがとうございます」って話す感じはとても自然で。
今日は珍しくジーンズ姿でカジュアルなカクロウさん。
このあと延々と3人でカクロウさんとおしゃべりしました。
今までも、そして前回なんてアンコールの時はめちゃくちゃ至近距離にいたのに、
ちょっと話しかけにくくてどーしよーと思うだけで結局話さなかったのだ。
「これでもシャイなんで」
と言ったら両脇からもれなくツッコミが入りましたが、
私だってリューメイさんに初めて話しかける時はえらい緊張して
ビール半分空けるまで踏ん切りがつかなかったんだかんな。
今はこんなだけど。

あ、話は前後するが、だいぶたってから、
馬場さんがギターを背負って立っていたので、
帰る前にアンケート渡さなきゃ!で渡しに行った。
「途中から入ってすみませんでした?」
そしてつい「来月も決まったんですよね」とぽろっと。
嬉しそうな優しそうな笑顔で「また来月もやるんで是非聴いてください」
席に戻って
「やっちまった…来月は終わったらソッコー帰るのに」
「あーあ」
その後もまたやっぱり帰る前に挨拶に来てくれて、
やっぱり「また来月聴いてくださいね」と言われて(当たり前だ)
ニコニコしてさよならしたけど、
ごめんね来月は、終わったらリューメイさんに挨拶してばっくれるからワタシ。
こんな素直でまっすぐな男性を騙すなんて罪な女。
しかも1カ月前に時限爆弾をセットしているという非情さ。すまぬ。

えーと以下順不同で。
蛸足プレゼンツ・小田木確郎スペシャルでございます。

CDは今はもう曲も出来てる、音源も出来てる、
で出来てないのがジャケットなのだと。
自分が担当なんですが、仕事が忙しくてなかなか進まなくて。
と笑ってました。
わははは、もうその段階まで進んでたのか!
建築の設計をやっているカクロウさんは、
もちろん立派に社会人として仕事をしながら
リューメイさんとのbieNの活動もやってるわけで、
あれこれアイディアはあるけどまとまらないような感じでした。
ちゃんとしたものを作りたい、って意気込みが伝わってきます。

カクロウさんの歌詞は面白いので、歌詞カード付けますか?と聞いたら
「付けますよ」
ワーイ。
さっきもやっと分かった歌詞とかあったからなあ。
ライブで聴いていると、歌詞は聞いていても断片的に入ってくるので
まとめて読んでみたいんだよね。
「よく読むと結構ひねくれてるんですよ。自分はちゃんとしたものが書けない」
いやそれが良いんですよ。
「あのメモ、付ければいいのに」
「ギターの練習メモですか?」
二人のエピソードとしては良いと思うなー。
なんて私の頭の中には06W杯のドイツ代表映画DVDの初回特典についていた
「レーマンのPKメモ」が浮かんでいたのだけど。

レーマンメモ

↑アルゼンチン戦が延長PKにまでもつれこんだ時に備えて、
相手の傾向をコーチが分析したメモ。ホテルのメモ紙に書いてあるのだ。
実際試合中にこれを見ながらレーマンはPK戦を制した。
DVDのオマケにこれが入ってたのだw

「みなさんはどんな曲が好きなんですか?」
とカクロウさんが聞いてきたので、
「マルコとポーロ」
と言ったら、驚いていた。
「あとヒグラシ!」
「ヒグラシってどんなのだっけ、あっあれか!」
元気でポップなのがいきなり出てきたので、ビックリしたみたい。
まあ我ながらこれは標準じゃないと思うけどw
でも好きな人は多いはず。
「へえ?、もっと『LOVE』とか『願い』とか、そういうのがいいのかなと思ってました」
「私はね、FULLMOON」とHさん。
「毎回聴くたびにいろいろアレンジは違うんだけどやっぱりどれも良いの!」
うんうん、これも良いよね。

CDにする段階で、選曲も入れる順番もあれこれ悩んだらしい。
「今までのライブでやっている順番とかも参考になるんじゃないですか?
でもオリジナルばかりだとそうもいかないのか」
「それとやっぱり(リューメイさんを指さして)作り込むタイプなんで、
ライブの音とはまた違うんですよ」
あーーーそうかあ!!
「CDはライブでやれないことをやれるもんね」
「そうなんです」
なこと聴くと、また一層CDが楽しみになる。
ライブとはまた違う顔を見せてくれそう。
「出来たらカクロウさんにもサインもらうから練習しといてね」
「漢字できちっと書くんでいいですか?(笑)」

「私たちは来生さんのファンで、それでリューメイさんにハマって
見に来てるんですよ」と言ったら
「来生さん、父が好きなんですよ。だから小さいころから聴いてましたよ」
えええええええ!!そうだったのかあああ!
私はてっきり明菜ちゃんへの提供曲をメインにして聴いてきたのかなと思ってたんだけど、
そうか、昔からオリジナルを耳にしてたんだー。
「昔だから、カセットテープでね」
すごいすごい、嬉しいぞ!
そういえばお父様は以前、来生さんに
「くめ納豆」100個送ったとかリューメイさん言ってたんだよなw
そういう家庭環境だったとは。

中の弟さんのことも聞いてみました。
「中の兄がまたイイ感じなんですよ。「まあまあ」って間に入ってくるような。
彼のおかげで兄弟で喧嘩しないで上手くもっているんです」
その方も音楽をやるそうで、
「ゴスペル歌ってるんですよ。結構うまいです」
なんと!
ここまで特に話に出てこなかったので、
まったく違うことをやってる人なのかと思ってた。
「じゃあ3人でいずれ、なんて面白いんじゃないですか?」
「やれたらいいですよねー。ただ兄は地元にいるんでなかなか一緒にやれないんですよ」
なるほど。
でもいつかそんなのが実現したらすごく楽しいなあ!
カクロウさんと話をしていると、ほんとリューメイさんとよっく似てる。
ステージにいる時はあまりしゃべらずクールな印象だったのだけど
緊張していただけだったのかも。
前回一瞬だけ見た中のお兄さんも、リューメイさんそっくりだったし、
3人並べてシャッフルしたら分かんなくなっちゃうかも?。

「ところでカクロウさんは髪質違うんですか?
今日はちょっとクセがあるっぽい髪型だけれど」
「くせっ毛です。伸びてたのはあれは恥ずかしいんですが
忙しくて切りに行ってる暇がなかっただけで」
あ、そうだったのか。重さで伸びていたのね(笑)

あと話の流れで聞いてみた。
「あのー直球で聞いてみますが、カクロウさんはおひとりですか?」
「一人です」
いや別に、気になって仕方がなかった!というわけではなく、
聞いてどうこうしようという話でもなく、
でも何も関連のないところで聞くのもおかしいので、
なんとなく聞いてみましたが、
一応トップシークレットにしときます。
「いや大丈夫ですけど(笑)」
いいの?
なわけでカクロウさんはお一人の状態です。
フリーかどうかまでは聞いてません。
後は常識と節度の範囲で。ご参考までに。

「ギターはずっと弾いてたんですか?
それともリューメイさんの活動でまたやるようになったとか?」
「一応、続けてはいたんですけど、
ちゃんとまたやるようになったのはライブを初めてからです」
「最初のころよりやること凄く増えてないですか?」
「増えてますよ。最初はちょっと手伝わない?だったのに。
でも自分以外はみんなプロの方だから、足引っ張らないかと緊張します」
そうだよね。
でもMCでリューメイさんが「カクロウ君はプロじゃないから」って言ってて
「あっ、そうだった」って思うような感じなんだよね。
ホント、最初はコーラスとギターで数曲だったのが、
いつの間にかコーラスも量が増えて、
こないだなんて、ちょっとだけどメインヴォーカルまでやっちゃったものね。
「今度またビートルズ縛りでやったらいいのにね」
「うん、面白そうですよね」
カクロウさんもこの企画はやってみたそうな感触でした。

「そういえば最初のころはビデオ撮っていましたよね?
あれはどこかにアップしないんですか?」
「ああ、ユーチューブとか」
「うん、マイスペにも動画の項目があるから」
「やってみようかなあ」
「今度のCDに一緒に付ければいいじゃないDVDも」とHさん。
わっはっは、それはいいね!
「じゃあいろいろつけてボックスで25,000円くらいで」カクロウさんもノリが良い。

「CD作ったら来生さんのツアーの時に置かせてもらうと良いね」
「あ、いいですね。それっていつからですか?」
「来年から」
「あ、じゃあまだ時間あるな(笑)」
「ないない!」

「CD出来たら大阪ライブもやりましょうよ」
「そうよ大阪なら名古屋から近いし、来て来て?」
「大阪かあ。いいですねー」
カクロウさんて、なんかいろいろと素直に前向きで面白い。

しばらくしてリューメイさんが戻ってくる。
気がつくと他のお客さんたちは全て帰っていて、
残っているのは私たちだけだった。
驚いた。
「カクロウさんといろいろ決めましたから。
CDはDVD付きのボックスで出しますよ!」
「なんですかそれ」
動画のことも確認しました。
「さっきずっとライブを撮っていた人がいたんですけど、
アップしないんですか?」
どうもリューメイさんが知ってて撮っていたわけではないらしく、
カクロウさんの知り合いらしい方でした。
「だからユーチューブにアップしていいかって言ってたのか。
いつもはカウンターのあの場所で自分で録画してるんですけど
今日はやってないんですよ。
あ、じゃあその人が撮ったものでもいいのか」
これはいつか近いうちにユーチューブなりマイスペなりで
ライブ映像が見られるかもしれませんよ。

リューメイさんとカクロウさん、二人の雰囲気がとっても良くって、
カメラを持ってくればよかったなあと後悔しきりでした。
今日はそんなゆっくり話をする時間もないかもと思ってたしね。
なんて思った以上にゆっくりしまくってしまって、
カクロウさんにはさんざん付き合ってもらっちゃって、
もう罰当たりなくらい楽しんでしまいました。
時間は10時半より前でしたが、そろそろ引き上げることに。
また来月来るねー、そんでちゃんと挨拶はしていくからね、と。

3人で駅に向かいながらも、にやにやしっぱなし。
「カクロウさん、ファンになっちゃいましたよ!」
とKazuhiさんも嬉しそう。
ライブの感想やらおしゃべりの楽しかったことなんかを話しながら駅まで。
駅でHさんは宿に帰るので、またそこで立って名残惜しく話をしていたら、
カクロウさんもちょうど駅までやってきたところで、
声をかけてくれました。
まーだあんなところで話してるw、とか思ったに違いないよ。
「どっち方面ですか?」
抜け目なく聞く自分がコワイ。
渋谷とは反対方面だったので、もう一度そこでさよならしました。
同じ方向だったら当然ついて行きましたが。まだやるか。

3人で、また機会があったら一緒に楽しみましょう、と
Hさんとはそこで別れ、Kazuhiさんとは夜行バスの発車する渋谷で別れました。
お二人とも、遠いところ愛の力でお越しくださいまして、
本当にありがとうございます。
今日こんなに楽しい時間が過ごせたのも、
お二人が一緒にいてくれたおかげです!!

さてさて
今回初の2部構成となりましたが、
長々とお付き合い、ありがとうございました。
カクロウさんを通じて、また驚きの事実や裏話などを聞くことができ、
なんともお得なライブになりました。

いえ、延長オプション部分の他に、基本となるライブの素晴らしさがあってこその
この充実した時間でございます。
リューメイさん、カクロウさん、本当にありがとうございました!!

しかしCDめちゃくちゃ楽しみだ!!
私たちがあーだこーだ言ったおかげで、
カクロウさんはまたイメージがやたらに膨らんでしまって
収拾がつかなくなってしまったかもしれないが、
期待して待っているので頑張ってくださいませ!

あーホントはこんな早くアップなんてしないで、
もう少し書きながら余韻に浸っていたい?。
スポンサーサイト

タグ : 小田木隆明 RYUMEI

23:30  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

はじめまして

検索してたら辿りつきました

昨日の池尻大橋ライブでRYUMEIさんを
初めて知りました(ごめんなさい)

そしてこちらのブログを拝見させていただいて
また思い出しました~

RYUMEIさんの素敵な声を。。。はぁと(笑)

とても心地良いというか、気持ち良くしてくださる歌い方?声?って感じがしました。

来月もまたライブで聴けると思うと
今からワクワクしてます~

☆私も写真を撮りたかったのですが、面識ないし、いきなり失礼かなと思い、やめました。

来月は・・・撮らせていただいても大丈夫なんでしょうか??(笑)

詳しい楽しい昨夜のブログありがとうございました
kei |  2010.05.17(月) 03:22 | URL |  【編集】

keiさん

馬場雄一さんのファンの方でしょうか?
はじめまして。ようこそいらっしゃいました。
いきなり謝らなくてもいいんですよ~。
私も今回のライブで馬場雄一さんを知りましたので(汗)

>とても心地良いというか、気持ち良くしてくださる歌い方?声?って感じがしました。

リューメイさんの声っていいですよね。
今回は特にシンプルなライブだったので、
良さが際立ったと思います。
今思い出しても凄すぎる歌声でした。はあ~。
来月も楽しみにしてください!!

写真は私は自分で撮ったことはないんですけど、
ライブ中の撮影は、おそらく本人に了解を得たうえでやっているのだと思います。
終演後に、友人と一緒にお願いした時は、
こころよく応じてくれましたよ。

ライブレポも楽しんでいただけたようで嬉しいです。
こちらこそ、ありがとうございます!
リューメイさんのライブも、来月のみならず、
これを機会にいらしてくれたら嬉しいです。
リューメイさんも喜びますよ~。
のもん |  2010.05.17(月) 14:31 | URL |  【編集】

新緑。。。

今回も超充実のライブレポート!
随所に「おぉ~」っと歓声をあげてしまうような超レア情報も満載。
素晴らしい~ありがとう♪

報告メールをいただいた時は、温泉宿で酔っぱらってた汚れた年長者。(汗)
新録ならぬ(笑)新緑の米沢~『流れる・・・』の舞台かも?の会津に行ってきました。
山頂にはまだ雪、桜もまだ残っていてお天気も良かったし、最高の季節。
そっか~今日はRYUMEIくんライブだったな~と、レポート楽しみに待ってましたよ。

>あーホントはこんな早くアップなんてしないで、
>もう少し書きながら余韻に浸っていたい~

もうどれほど楽しかったのか!(笑)
遠くからでも駆けつけたくなるよねー
私? 来月のその時もお出かけ予定が・・・(多忙)

馬場さんの日記も見てきた。
お互いにいい刺激を受けたみたいで、
のもんさんのレポートからは、
カクロウくんも含めて、ポジティブな3人の若者の、
キラキラした新緑のような輝き&清々しさ&美しさが伝わってきましたよ。
CDが、本当に楽しみ。それから動画もぜひ!
月子 |  2010.05.17(月) 19:41 | URL |  【編集】

月子さん

シンプルな返事だったので忙しいのかと思ってたら
酔っぱらってたのね(笑)
それなら許す。

ギター1本の弾き語りは、
以前邦楽カバー縛りの時に聴いてるけど、
オリジナルをメインにしてこれだけたっぷり聴くのは無かった気がする。
(私はだけどね)
声も凄かったけど、やっぱりギターの音がねえ、
もう一度聴きたいよ!
でもきっとあの時しか聴けないものだったんだと思う。

カクロウさんもリューメイさん同様、
素敵に素直な雰囲気を持ってる方で、
初めてなのにやたらめったらしゃべってしまいました。

CDはカクロウさんの話をきいて
さらに楽しみが増えたよね。
動画もぜひぜひ。アップしてほしいものです。
のもん |  2010.05.18(火) 08:21 | URL |  【編集】

素敵。。。

のもんさん、名古屋のHさん、ご一緒して頂いてありがとうございました!本当に楽しかったです!!
RYUMEIさんのライブはやっぱり最高ですね!!
ワンマンに比べると、少し時間が短く、曲数も少なかったですが、本当に中身が濃く、大満足です。

前回は一番前の席で、すごく緊張しながらのライブでしたが、今回は後ろの席で、リラックスして見ることが出来ました(笑)。


ところで・・・

>後ろの足長スツール席にどうやらリューメイさんとカクロウさんが座っていて、気がついて手を振ってくれました。ワーイ。

私、全然知りませんでした。。。
確郎さんが座っているのは知っていましたが、RYUMEIさんも座っていたとは・・・びっくりです!!!

確郎さんといえば・・・本当にたくさんお話が出来てとってもうれしかったです!
すごくやさしくて、気さくで、感じが良くて、素敵な方でした!!
私、本当に確郎さんの大ファンになりました!!!


のもんさん、Hさん、次の6月13日のライブは行けませんが、またご一緒してくださいね♪

kazuhi |  2010.05.18(火) 21:09 | URL |  【編集】

Kazuhiさん、お付き合いありがとうございました。
本当に楽しい時間でしたね。

確かに最前列よりは、今回の席の方がリラックスできるかもw
あ、前の席にいたリューメイさんには気がつきませんでしたか?
ちょうどカウンターで注文してる時だったからかな?

カクロウさん、私もこれだけ通っていながら、
今回初めてお話ししたんですけど、
相手をリラックスさせるような雰囲気のある方でしたよね。
リューメイさんといい、なんともいえない魅力があります。

また機会があったらご一緒しましょう!
のもん |  2010.05.19(水) 00:07 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1548-6fc219dc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |