2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.06.14 (Mon)

2010WC ドイツ対オーストラリア

今回のドイツ代表については、
怪我人(ロルフェス・バラック・トレッシュ・ハイコ)の方に
見たい選手が集中していたので
モチベががくーーんと落ちまくっていたのと、
マヌがファーストチョイスに決まったこととキースとトロが残ったことに安堵して、
ニュースはほとんどチェックしてない状態でした。

ミロ、スタメンにはびっくりしたなあ。
でも改めてフォワードのメンツ見ると、
クローゼを選ぶのは妥当なのかも。
王子もスタメンだったけど、こちらも早い時間でのゴールにビックリ。
もう君は所属チームを代表オンリーにして、昔のおすもうさんのように
年に数回試合に出る方がいいのでは。

エジルが面白かったですね。
彼は去年くらいからグンと伸びた気がするが、
今まだ21なら頷ける。
これからどんどんカラーが出て、安定感も出て、
このポジションでの存在感を出していくんじゃないかな。
彼はこれまでドイツ代表のメインの選手ではなかったと思うが、
この大舞台で冷静で落ち着いたプレーを見せているのが不思議。
肝が据わってますな。

ミュラーはなんか捉えどころがない。
でもあのひょろひょろした手足をグネ?と伸ばしてのゴールを見てると
クラウチを思い出す。
若いからこれから筋肉がついて行くのかもしれないが、
このまま柔らかい感じで育った方が面白い選手になるような気がする。
でも見た目ジミだよね?。

シュバとケディラもこれからフィジカルの強さをどかどか身に付けないといけないなと。
シュバは顔面的には十分に、潰し役として相応しい面構えなので
フリのようなゴリゴリしたプレーが出来るようになれば使い勝手が増えて
選手寿命も延びるでしょう。
あーでも早くここにはロルに戻ってきてほしい。

センターバックはあまり仕事らしい仕事がなかったのでよく分かりません。
あ、後ろに張り付いてたバドナントカもね。
でもこの辺はつつけばボロが出そうな気がするので、
オーストラリアにはもう少しガツガツしかけて来てほしかった気がしますね。
4点取った後、ドイツが調子こいて次々敵陣に入り込み、
気がつくと最終ラインがセンターまで上がってた時、ちょっと待てと思った。
もう点は取らなくたっていいんだから、
完封することを考えろよと。
残り時間は十分あったし、マヌケな1発で失点ってのもありがち。
まあその後はそれほど前にかかるシーンがなかったので良かったが。

マヌも最初の山場をのりきって、後は落ち着いてさばけたし、
チームも大量得点で完封で、いい感じで次また行けるんじゃないだろうか。
ちょこんと立った寝癖がキュートでした。

ラームは攻撃のセンスが良いのは認めます。(偉そう)
でも守備面で飛び抜けているとも思わないのでワールドクラスかどうかは分からん。
彼が守備陣の中で一人だけ点数が良いのは点を取るからです。
一人場所を空けて前に行っちゃっても、
他の人がカバーに入ってるから大丈夫なだけで。
なんかずるーい、と私は思う。

ドイツ代表と距離を置いた後、試合をいきなり見ると、
レブはとりあえず自分がやりたいようにやったな、という印象ですね。
これまで試合に出ていた選手と、調子のいい選手が上手く目立ってた。
カカウの投入もバッチリだったし。
その後、4点取った後のプレッシャーのかからない状態で、
かつての女房役だったカカウのいるピッチに、
「点取って調子を掴んでこい」と送り出されたゴメっちゃんが
ちっとも存在感を見せられなかったのが誤算と言えば誤算。
あとヨギとハンジの衣装は青空球児・好児かと(←古いにもほどがある)

オーストラリアは1点取られた後、
自陣でボールを回覧するだけのドイツを、
見てるだけで何もしなかったのが気になります。
追いかければ体力を消耗するだけなのは分かるが、
ボールの出所くらいはプレスをかけないと、好きにやられてしまう。
クローゼのヘッドのアシストになったラームのクロスは確かに素晴らしかったが
誰もなーんも圧力かけてなかったもん。
ケイヒルのレッドについては運が悪かったとしか言いようがない。
あれはイエローが妥当なんじゃないのか。
せっかく後半になって前から守備を始めたオーストラリアが
今まで楽してたドイツの最終ラインをバタバタさせ初めて
面白くなってきたと思った矢先の退場。
残念すぎる。
ワールドカップの怖いところは、主審のレベルもワールドワイドだということだ。

今回の試合は海抜0メートルなんだっけ?
ボールの動きを特に意識するようなシーンは思い当たらなかったので、
やっぱり高地の影響ってあるんだなあと。
あとドイツは確かに公式球のジャブラニ使ってるチームもあるけど、
自分とこのスポンサーのボールを使ってるチームもあったような気がする。
全員がこのボールに慣れているわけではないと思うんだけどな。

ブブゼラはなんかもう耳慣れているというか、
耳が無視しているんだが、
絶え間なく続くあの音が妙に眠気を誘う、気がする。
私の体調が今一つで疲れているのもあるんだが、
ここまでの試合、90分覚醒して全て見終わったものが一つもない。
どっかしらで気を失ってるんだよな。

あとやっぱりチャンスが来た時の、
スタジアムが波立つようなざわめきが聞えないのは残念だ。
良いプレーをした時の観客のどよめきや、
試合の流れを察知して、自然にわき立つ応援の声など、
観客がプレーを変えていく音が選手に届かないのはつまらないよね。
ブブゼラにいちいちイラつかないように耳のどこかを鈍感にさせているが、
気がつくと、今まで存在していた効果的な音の存在まで忘れてしまってた。

せめて大会が進む中で、
試合状況に応じた、ブブゼラの効果的な鳴らし方でも
自然発生すればいいのに。
スポンサーサイト

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

タグ : ワールドカップ南アフリカ大会 ドイツ代表 ブブゼラ

14:16  |  ドイツ代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1564-36586e9f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |