2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.06.18 (Fri)

いそぎフランス対メキシコ(追記あり)

韓国戦の途中でもう眠くてたまらなくなり、
仮眠に突入、メキシコ戦を生で見る。

メキシコの小気味いいパス回しと選手の動きが素晴らしい。
スペインのような相手をじわじわ取り囲むんで
喉元に迫るようなパス回しでなくて、
ゴールへ向かう攻撃の糸口になるパスが縦横無尽に続いて行く感じ。
たとえ自陣のペナ近くでも、
落ち着いてパスをしっかり繋いでいく緊張感が凄い。
ここぞで前に仕掛ける時に一気に人数かけて上がっていくのにゾクゾクする。
チームとしての力の強さを感じるのだ。
足りないのはフィニッシュの精度以外で、
フランスも勝ちを狙って厳しく強く早く攻めてくるので
油断が出来ない。
マルダもリベリもトゥラランも怖いのなんの。
でもメキシコは慌てないよなー。
押し込まれても自分たちのリズムを変えずに、
焦らず慌てずもう一度流れを取り返しに行く。

あれはでも動き回っているからこそできるんだよな。
少しでも出だしにブレーキがかかってしまったら
そこでテンポが崩れてしまう。

ジオバンニの運動量がとにかく凄い!!
攻撃でも守備でも、前に中央に後ろに、
スピードを落とさず、柔らかい身のこなしでガチで相手と球際で競り合う。
至近距離でボールを奪う技もあるし、
裏を取ってスペースから攻撃を展開する力もある。
90分、最後まで、前向きな彼のプレーは変わらなかった。
うーん、ここまでやる選手とは思ってなかった。

ベラの怪我が心配です。
腿裏をおさえてて、大事ないのか分からないけど、
まだ先は長いからなー。
戻ってくるのを待ってるぞ。

後半はフランスの方が優勢で、こりゃ難しいかと思ったけど、
ブランコ入れたらホントに流れがまた変わるんだから
メキシコって面白いなあ。
交代で入った選手が3人とも良い働きをして、采配も大当たり。
逆にフランスの交代は効果が見られず、
むしろ使わなかった選手の方に視線が集中して下手に勘ぐられてしまうのでは。

いやもうメキシコの選手はみんないいよ!!
どのポジションでの仕事も、前向きで力強くて清々しいったら。
面構えもバリエーション豊かで楽しい楽しい。
3戦目は勝ち点で並ぶウルグアイ。
大人の事情で勝ち点を分けあったとしても私は気にしなーい。

【追記】

ニュースその他でこの試合のハイライトを見ると、
ぎりぎりオフサイドの先制点とPKの2点目くらいしか取り上げられず、
メキシコがどれだけ素晴らしいパスと運動量と冷静な気合いを見せていたのかが
さっぱりちっとも伝わらない。
あれではまるで弱いチームが格上相手に辛抱して
点だけ取ったみたいではないかっ!
メキシコ舐めんなよ?(涙)

あと。
最終戦、勝ち点を分けあうと双方幸せだが、
次の相手を考えた時、1位抜けが必須であるということに気がつきました。
誰だってアルゼンチンと当たりたくはないだろ。
なのできっと双方真剣勝負をする、でございましょう。
スポンサーサイト

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

タグ : ワールドカップ南アフリカ大会 メキシコ フランス ジョバンニ・ドス・サントス

08:21  |  2010WC  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1570-5745e9d9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |