2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.06.24 (Thu)

四の五の言わずに黙って走れ

どうなるかさっぱり分からないグループC。

昨夜はスロベニア対イングランド戦を生で見た。
クラッキーとボヤッキーのダレた実況を聞きつつ、
腰の引けたようなイングランドのプレーを見ていた。
ハーフタイムを過ぎて、
ウラのアルジェリア対アメリカでは
かなりオープンな試合が繰り広げられているらしい情報が入った。

今はこんなでも、イングランドはここから調子を上げてくんだろうなあ、
この試合に限ってなら
スロベニアが勝っちゃうのも面白いかもしれないが
先を考えた場合やっぱイングランドに残ってもらわないとつまらんなあ、
しかし酒飲んで見なくてよかったな、寝ちゃうよこれじゃ、
スロベニアはなんか時間使ってるみたいだがいいのかそれで?
自分たちだけで終わらせても相手があることなんだけどな。
シュタルクがロスタイムを3分吹いて、
まだその時はイングランドとスロベニアが勝ち抜けていた。
まだもう片方の試合は終わっていない。

ロスタイムに、アメリカが先制点を入れたという衝撃の情報が入る。
「ドノバンです!!!」
ぶははははははは。
さすがだよ、さすがドノバンだよーーーっ!!

で。
結果を知りつつも、試合としては熱そうだったので
今日になって録画したものを片手間に見ていた。
前半から双方飛ばしまくりで攻守の切り替えが早く、
シュートで終わるシーンも多く、
キーパーが神セーブしまくるシーンも多く、
後半の途中から、腰を落ち着けて見始めたら
とにかく決定機の雨あられ。
枠を捉えなかったりバーを直撃したり
キーパーがはじいたり、がっちりキャッチしたりと、
点は入りそうでいつまでも入らないので、
休む暇もなく選手が右に左に走り続けている。
オープンだけど点が入っていないので大味なゲームにはならず、
ビリビリした緊張が続く。
実らなかった攻撃も、つまらないミスというよりも、
相手の気迫でのセーブの方が多く、
「ここまでやってるのにまだだめなのか!」
な時間が延々と流れる。
選手たちの必死の形相が鬼気迫る。

昨日見ていたもう片方のゲームでは、
ジャブラニが使いにくいだの何だの
この選手はもうアジャストしたみたいですねだのなんだの、
甘っちょろいことをいつまでも話していたが、
イングランドの皆様にはこの試合を見てみろと言いたいね。
ビクビク小さいパスなんてまどろっこしいもん蹴ってる場合じゃないのだ、
とにかく前に大きくでもサイドに大きくでも味方を鬼パスで走らせても
ドカンドカンとスケールのでかいプレーを次々繰り出していく。
その中にジャブラニが引き起こすミスや変化があったかもしれないが、
もしかしたら単に自分たちのプレーが拙かったせいかもしれないだろ、
四の五の言うまにまずボール取りに行けよ!
な有無を言わさぬ空気があった。
実況も解説も、喉をからして叫び続けなければ
試合について行けない熱さがあった。

ロスタイムまで動かないと分かっていても、
ロスタイムにドノバンが決めると分かっていても、
ハイライト映像にぜんぶ使いたくなるようなシーンの連続に
引き込まれた。

ロスタイムは4分。
アルジェリアの決定機(何度となくあった)が防がれ、
アメリカのカウンター(何度となくあった)が
またもアルジェリアのキーパーに跳ね返され、
そのこぼれ球を目指して瞬く間にドノバンがゴール前に疾走し、
力強いキックでゴールに突き刺した時、
涙が一気に流れ出た。

感動するってこういうことかと。

ドノバンのしぶとさは本物だ。
ドノバンのいるアメリカは、諦めることをしないのだ。

スロベニアの皆さんは、ラクして次のステージに上がろうとしたようだが
相手を信用せず自分たちの力だけを信じて90分走りまくったチームに
目の前でかっさらわれた。
とりあえず国に帰って反省しなさい。


D組の1位になったドイツは、C組の2位になったイングランドと当たる。
この試合を見たら、そっちの方が良かったんじゃないかと思えてきたよ。
スポンサーサイト

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

タグ : ワールドカップ南アフリカ大会 イングランド代表 スロベニア代表 アメリカ代表 ランドン・ドノバン

19:31  |  2010WC  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

まったく同感です。昨日のこれまでの試合を見る限りドイツにとってはイングランドが相手でよかったと思います。
reis |  2010.06.24(木) 22:49 | URL |  【編集】

reisさん、どうもです!
アメリカもアルジェリアも熱かったですよね。
アルジェリアがあそこまでやるとは正直思いませんでした。

アメリカの方がよっぽどゲルマン魂を持ってますよ。
あちらの場合はフロンティアスピリッツなのかしら。
ドイツの若い子ちゃんたちに
アメリカのような試合はできないなと思います。
身を持って体験してほしい気もするけどね。

まあ名前だけなら優勝争いです。
名前に負けない内容を期待しましょう。(←心があまりこもってない)
のもん |  2010.06.26(土) 11:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1578-16e17ef8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |