2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.06.28 (Mon)

決勝トーナメント:ドイツ対イングランド

文句ないでしょう。

ガーナ相手の時は、こいつらこの期に及んで相手を見てんのか?
と思うようなヤル気の感じられない試合だったが、
イングランドなら俄然はりきるらしい。

ミロの調子が素晴らしく良いのがガンガン伝わってくる。
マヌの1発のロングフィードから生まれた先制点は最高の出だし。
相手がいようがなんだろうが、
足先まで神経を集中させて押し込んだ泥臭い1点は
まさにミロのものだった。
2点目もミュラーのランニングとラストパスも良かったけど、
これはその前に出したミロのパスのたまものです。
ライン際からワンタッチで、
絶妙なコースへとミュラーを走らすセンスの良さ。
唸ったね。
そして冷静にジェームズの股間を抜いた王子のゴール。
ポルディはもうクラブに帰らないで、
次のユーロのウクライナだっけ?そこで待ってた方がいいんじゃない?

その後のイングランドの1点目は、伏線があったようなゴールで、
あああの上のコース狙ってきたかと。
そして続けざまの猛攻と、同じコースを狙ったランパードのシュート。
思いっきりラインを越えてましたね。
その後ドイツがすぐさま鋭いカウンターを仕掛けシュートを放ったが
惜しくも枠の外。
これ入ってたらまたどんな騒ぎになってたか。

しかしなー、うーん・・・・・・。
こんな幻のゴールがあると、
ここまでドイツが見せていた組織的なプレーのことなんて
全く触れられなくなっちゃうんだよな。
オーストラリア戦は相手が何もしなかったから自由にやれてただけだが、
今日のドイツはポゼッションの数字も意味のある場所でキープ出来てたし、
連動した動き、攻撃に転じた時の一斉に仕掛けていく感じが気持ちいいほどで、
実にいいドイツなのだ。
でも話題は全てこのゴールに持って行かれてしまう。
そんなのヤだ。
ドイツはだから「あのゴールがあったって、ドイツ勝ってたじゃん?」なくらい
ゴールを入れなきゃいけない。

実況がいつまでもいつまでもこのゴールの話ばかりするのを苦々しく思いつつ、
ピッチ上のマヌは失点のことなんてまるで引きずらず、
際どいシュートを防ぎまくって、
イングランドもスイッチが入ってピリッとしたプレーをするようになり、
五分の状態の見ごたえのある内容になってきた。

でもなんかイングランドよりもドイツの方が、
ポジショニングも良いし、動き出しも良い。
ピッチ全体を使って、休まず動いて、大きなパスでリズムを作って
奪って前が広がったら、それを合図に一斉に攻撃に転ずるあの一瞬の空気。
これはドイツに今までの古い印象しかもっていない人に対しても
十分にアピールできる内容のプレーなんじゃないか。
なんでこんなにイングランドの選手がボールの後ろを追いかけているんだ?
一人一人をよく見れば、誰もが知ってる有名選手のはずなのに、
ドイツの動きの良さだけが際立つ。
サッカーに対して「美しい」といういい方は好きじゃないんだが、
今日のドイツはただ結果だけ勝っている、内容が酷くてもミスが多くても大味でも、
とりあえず見ないことにして勝ったことだけを一番とするドイツじゃない。
しかも一人だけが目立って他が下働きになっているようなチームでもなく、
全員が同じ意識で、休まず動いて集中し続けたうえで結果を出しているドイツだ。
同じ勝つならこういう方がずっとずっと良いと思わない?

3点目、4点目がどういうきっかけから入ったのか、もう思い出せないが、
4点目が入った時に、
「よし、これでさっきのノーゴールはチャラね」と思った。
このゴールを思い出す時には、一緒にドイツが見事な形で4得点したことも
思い出さなくてはならない。
そりゃ2?1と2?2では、その後の試合展開に大きく影響するのは承知の上だ。
だから、3?1じゃなくて、4?1以上で勝ちたかったの。

まあ若いチームなのでノリノリの時は止まらない、ってのもあると思う。
でもイングランド相手にノリノリになんて、そうそうなれない。
セルビア戦やガーナ戦のような、悪条件の時ややりにくい相手の時は
どうにも怪しい不安定さがずーっと漂ってるのも確かだ。
次に続く試合がどうなるか分からないけど、
でもこれだけできると分かったんだから、
選手たちは次もやってくれるんじゃないかと思う。

最後に。
マヌの安定したセービングが素晴らしかったです。
失点した前後は前に出過ぎて上を狙われるシーンが多く、
ここから崩されそうな雰囲気があったんだけど、
その時間を過ぎてからは、指先でのセーブや横っとびからがっちりキャッチや
密集した中で身体を投げ出す勇気のあるプレーや、
頼もしいところを見せてくれました。
PKまで持ち込まずに、先制点のアシストとセーブで見せ場を作ったのだから嬉しいわ。

次の相手はメキシコかアルゼンチンか。
私としてはメキシコに上がってきてほしい。
そしてドイツを苦しめるような、見ごたえのある試合になればいい。
今日の試合を見た後なら、
ドイツでもメキシコでもどちらが上がっても文句はない。
アルゼンチンなら文句のひとつやふたつ言いまくるがw

次も良いもの見せてくれよなー。
スポンサーサイト

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

タグ : ワールドカップ南アフリカ大会 ドイツ代表 イングランド代表

01:51  |  ドイツ代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1583-e1c1b3aa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |