2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.06.28 (Mon)

オマエ、追いつけてないやん

決勝トーナメント メキシコ対アルゼンチン

ドキドキワクワクの好カードだったのに、
またも強力な力でねじ曲がった判定。
恐るべしジャブラニ!(無関係)
恐るべし高地!(ちょっと関係あり?)
線審追いつけてないやん。
その位置でテベスのオフサイド見えるのかよっ。

ボールは高性能になり、選手たちのフィジカルも以前より上がっている。
そうでなくても選手個人はそんな端から端まで走らんけど。
線審の体力向上も大きな課題なのかも。
FIFAもハイテク入れたくないんなら、
ヨーロッパリーグで試験的に導入した5人体勢にするしかないんじゃね?
これだって折衷案でしかないけどさあ。

でもあの線審の誤審を待つまでもなく、
メキシコは序盤の決定機3つをきっちり決めておけば、
こんな面倒な事にはならなかったんだよな。
サルシドの強烈ミドル、グアルダードの際どいシュート、
エルナンデスの突破からのシュート、
どれか一つでも入れとけっての。
攻撃のリズムも連動した動きも魅力的なのに、フィニッシュだけが決まらない。
だからここまで苦しんできたのに。

なので、
アルゼンチンに失点した時は、ほらみろ(涙)という感じもあった。
でもああいう形での失点は、納得できない。
追い打ちをかけるように、立て直せない微妙な雰囲気の中で
オソリオがコントロールを誤ってミスから追加点。
いただけない。

メキシコの組織だった落ち着いたプレーはすっかり見れなくなっちゃった。
あまりにも残念すぎる。
ミスも多いし、攻撃時も消極的なプレーが増えた。
それじゃ点取れないだろ。
遠目からのシュートを狙ってはいたが、
時間がたつごとに誤差がでかくなっていった。

2失点を受けて、これ以上アルゼンチンを勢いづかせないように、
これ以上傷を広げないように、とビクビクしながら前半を折り返す。
後半、あのテベスの見事すぎるゴールでさすがに死んだ。
あんなの決められたら唸るしかない。

国でテベスの方が人気あるの当たり前じゃないか。
あんなに走って体張ってがむしゃらで
守りにも駆け付けるし攻撃でも食らいついていく。
倒れても這い上がって武骨に頑張る選手を見てて
自国のサポは愛さずにはいられないだろう。
表情だって豊かでかなりキュートですよ。

悔しいけどテベスのあのゴールだから仕方ない。
とムリヤリ自分を納得させる。
オフサイドのゴールなんて思い出したくない。

メキシコはバレーラの投入で流れを少し修正し、
エルナンデスが意地でなんとか1点返して、
まだ20分残ってたからこっから猛攻だ!と思ったが
なかなかそうは行かなくてもどかしい。
付け入る隙はありそうなんだが、
メキシコの方も突破する力やアイディアに欠ける。

もう後はこれ以上アルゼンチンが点をいれないことを祈るのみ。
そしてメッシにだけは決められたくないっ。
今か今かと待ち構えてるメディアを喜ばせるのだけはゴメンだよっ。

という思いで90分が終了。
4年前のような熱くシビレルぶつかり合いのゲームを期待していたというのに
酷い落差に落ち込みまくり。

ドイツの誤審は叩かれそうだけど
アルゼンチンの誤審はどう扱われるのかしらね。
私がドイツ目線でメキシコ目線なだけなのかもしれないけど、
メキシコはあの1点で、かなり試合展開に影響したと思う。

4年前のドイツ大会は退場者が凄く多かった印象があるんだが、
今大会は紙以外に判定の面でスッキリしない試合が多すぎるような気がする。
まあ大舞台で22人の選手と戦わなきゃいけない審判団も
大変なんだろうと思うけどさー。
でも際どくもなんともない誤診が、
ノックアウトラウンドで2試合連続となると、
ちょっと何とかならんのかと言いたくもなるよ。


これでドイツの相手はアルゼンチンに決まった。
ドイツの守備陣にメッシを抑えられる気がしないんですけど(汗)
今回は頑張ったけど、さすがに次は厳しかろう。
ノイアーの大活躍を祈るのみです。
マヌならできる!!信じてる!
スポンサーサイト

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

タグ : ワールドカップ南アフリカ大会 メキシコ代表 アルゼンチン代表

11:57  |  2010WC  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1584-6763aaf6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |