2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.07.04 (Sun)

文句なし!決勝T ドイツ対アルゼンチン

イングランド戦を上回る完璧な試合運び。
4年ぶりに熱狂できるドイツが戻ってきてこんなに嬉しいことはない。

開始3分のいきなりの先制点には、
自分でも驚くような嬉しい悲鳴が出たよ。

バランス良くピッチに散らばったドイツ代表のポジショニングの良さ。
前線からのプレスで相手のミスを誘い、
ミスが出たところを人数かけて確実に奪っていく容赦のなさ。
スペースでパスを受けるだけでなく、ツヴァイカンプもガッツリ勝負。
高い位置でボールを奪って攻撃にすぐ入っていき、
アルゼンチンの強力3トップにボールが渡る機会を潰していった。

それでもドイツの左サイドはしつこく狙われてたし、
前半は流れをキープしながら追加点が取れないことが不安だった。
あのミロのゴールが入ってれば、なんてことになったらヤだなあと。
エジルがちょっと消えているのも気になった。
追加点が奪えないままハーフタイムに入って、
試合の流れがこの後ガラッと変わるのなんて、
つい昨日も見たばっかりだし。

後半最初はアルゼンチンの方がボールを拾って
ドイツを自陣に押し込んでいたが、
ドイツは相手にくさびとなるようなパスを出させない集中した守備で
決定的なチャンスを作らせず、
打たせたシュートは全てマヌが正面でがっちりとキャッチした。
ペナ内でも慌てずに相手とマッチアップし球際に集中した。
クリアボールはなかなか自陣から出なかったが、
カウンターのチャンスをずっとずっと狙っていた。

徐々に敵陣にボールを運ぶことが出来るようになったが、
最後にパスを出す前に囲まれてボールを奪われたり、
パスの精度が低く相手に渡してしまったりと
せっかくのチャンスをなかなか広げられずやきもきした。
このへんからようやくエジルがいい仕事を見せ始めてくる。

ミュラーが倒れながらも残りの足でスルーパスを出したのが決定的だった。
あれでアルゼンチンの守備が一瞬固まった。
王子が繋いでミロへパス。今度は確実に決めた。
3点目はシュバの強引なドリブルが突破口を開き、
ペナ内にいたアルネが泥臭く押し込んだ。
つか、なぜそこにいたのだアルネ!
その後一斉にゴール内に駆け込んだ図体のデカイの4人にも驚いた。
こんだけの人数が攻撃となれば入ってくるんだな、と改めて感じたよ。
そして完封できるかなとドキドキしていた終了間際、
イングランド戦で見せたカウンターがやっと出た!
王子のドリブル、エジルの落ち着いたループのパスは
アルゼンチンの選手の頭上を越えてピタリとミロの下へ。
ミロのダメ押しの4点が入った瞬間はもうわけもわからず、
頭がまっしろになるくらい感動してしまった。

最後の最後まで、ドイツは集中を切らさずに、
大量得点していることをまったく意識していないようにプレーした。
そしてアルゼンチンにまともなシュート一つ打たせないで
完封で試合を終えた。

チームの力でしっかりとつかんだ勝利。
なんて誇らしい。
どの選手も最後まで守備に攻撃によく走った。
何より、この内容で勝ったのが嬉しいのよ!
アルゼンチンの猛攻を自陣に引きまくって壁を作って跳ね返したのとはわけが違う。
アルゼンチンのストロングポイントを押さえながら、
敵陣で自分たちのリズムの中から確実にゴールを積み上げた。
運や事故が絡む隙もほとんどないゴールだった。

面白い内容の試合をやって、
大量得点を取って、
相手を完封したのだ。
ドイツの方が。
想像もしなかったよ!

双方守備陣に不安があり、攻撃にはタレントを擁していて、
これは打ち合いのバカ試合になるんじゃないかと思ってた。
ドイツの若い子たちも状況が悪くなったら
気持から崩れて行くんじゃないかと思ってたし。

なのにさー。
驚かさないでよ。
アルネ、どんどん守備が良くなってないか?
ヘルタにいたのと別の人だろ?
膠着した試合も誰かがムリをして状況を打開する、
なんて技まで見せてくれたし。
どんどん成長しているではないか。


ああ頭がそろそろ働かなくなってきました。
これ民放はTBSだったんだよね。
アルゼンチン側についてるだろうことは想像に難くない。
一体どんな空気が流れていたのかしら。
ドイツのサッカーの面白さに寝返るような雰囲気はあったのだろうか。

あ。スカパの実況は「ブンデスのレベルの高さ」なことを何度か言ってたが
それはまた別のような気がするw
このドイツ代表は、クラブチームとあまりリンクしてなくて、
まったく独立した別物のチームなのだ。
これはレブが作ったチームなんだよ。
レブの戦術に見合って、文句を言わない選手が集められて出来ているのだ。
それでもまあ、これを機会にブンデスに興味を持つ人が増えるのなら嬉しいことだ。
同じようなプレーはバイヤーで見れますので。おすすめしときます。

まとまりなくダラダラ書いてしまった。
次はどうなるか分からないが、
今日のこの試合が見れて私は満足。
こんなにすんなりと屈託なく
ドイツ代表が好きだー!」と言える気持ちにまたなれるなんて、
本当に幸せだよ。

あ、思い出した!!
バラック!バラック!
心中はめっちゃ複雑だろうが、はじける笑顔と
穏やかで苦味も含んだ味わいのある表情にグッときた。
バラックの力もきっと代表の背中を押していたはず!
あなたの目の前で、こんなに良い試合を見せられて良かったよ。
スポンサーサイト

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

タグ : ワールドカップ南アフリカ大会 ドイツ代表 アルゼンチン代表

02:19  |  ドイツ代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1590-42eed370

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |