2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.07.08 (Thu)

メンタル?スカウティングの結果?

とりあえず。
準決勝 スペイン対ドイツ。

勝つに値しない試合をやって、本当に勝たなかった。
ビビリプレーの連続にうんざり。
こんな試合なら起きてみる価値はない。

相手のスペインに負けたんじゃない。
自分たちがやることやらずに負けたのが悔しいんだよ!
勇気も抵抗も意地も見えなかった。
これまでやっていたことを、今回もしぶとくやっていれば
今のスペインには十分に勝てた。

シュバの頑張りだけが最後まで目立っていた。
最後、悔しそうな表情でずっと一人でいるのを見て、
どうして誰も来ないんだろうと思った。

キャプテンて何をする人?
コイントスやってインタビューに答えるのが仕事じゃないでしょ?

後から試合後のオシムの言葉を聞いてたら
監督はしっかりスカウティングをやっているはず、
あの試合の入り方は指示があったと考える。
というようなことを言っていた。

確かにな。そういうのもあるのかも。

なことをぐるぐる考えつつ、
またあとで色々書きます。

3位決定戦はキース出せよ。
どうせもう何もないんだ。

スポンサーサイト

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

タグ : ワールドカップ南アフリカ大会 ドイツ代表

08:32  |  ドイツ代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

ドイツが「やるべきことをやって」快勝するには、前半に先制することが必要なのです。
この負け方は、セルビア戦、2年前EMでのクロアチア戦の負け方と同じ。
試合がうまく流れないと、どんどん動きが固まっていってしまう。
きちんと聞かないでしまったのだけど、試合後に、ノイアーがインタビューで、「前半に点が取れなかったので、Selbstvertrauenが十分持てなかった」というようなことを言ってました。
うまく点が取れない、ボールを奪われる、ということが続くと、自信が揺らいで動きが鈍くなる。やっぱりドイツは「(根拠の無い)自信ドーピング」で勝つチームなのでしょうか。

スペインの方は、快勝のときのドイツのような「Leidenschaft」は感じられないものの、守り、攻めすべてにおいてプレイが丁寧で上手いな、と思いました。
特に、中盤でのプレスのかけ方。体をぐいぐい寄せて当たってくるわけではないのに、敵を前へと進ませない。
ドイツは、スペインにプレイさせているように見えましたが、実際はスペインの動きには無駄が少なく、ドイツの方が無駄に走らされていたように思います。
決勝点が、スタンダードからのプジョルのヘッド、というのも興味深い。
スタンダードの高さ勝負は、まさにドイツが絶対にスペインよりも上、と自信があるところ。
最近、特にドイツでは「若い才能」ばかりが誉めそやされて、ベテランの価値について語る人が殆どいない、というような空気を感じています。
試合を分ける1点、それを決めたのが、ベテランのプジョル、というのが私は嬉しい。
試合後、うずくまっているシュバインシュタイガーに声をかけ、肩に手を置いたのもプジョルでしたね。

今回のドイツで、若い選手中心のチームは人々を魅了し、成功を収めることもできるけれど、マイスターになるのは難しいのかもしれない、と思いました。
MOGUNCIANA |  2010.07.08(木) 19:45 | URL |  【編集】

「調子の悪い時に立て直せない」状況の試合になっちゃいましたね。
スペインその他の国が、
自分たちの本来やりたいベストの状態になくても、
それなりにごまかしつつも、レベルを落とさずやってこれているのは、
経験の高さがあるからだと思います。

ドイツには、苦しい時に、
自分のプレーで味方を鼓舞するタイプの選手がいないのが痛いなと。
でもこの試合のシュバインシュタイガーを見てたら、
ここから大きくメンタル面で強くなりそうだな、と思いました。
自分のことだけでなく、全体のことを考えられる選手になるんじゃないかなあ。

マイスターになるには「(根拠のない)自信ドーピング」も必要なのかもしれませんが、
そういうドイツって見てるとハラ立つんですよねw
今回のプレーにプラスそれがあるなら良いと思うけど。

3決はのびのびやってほしいです。
のもん |  2010.07.09(金) 00:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1597-417f85e2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |