2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.07.12 (Mon)

W杯名物:3位決定戦 ドイツ対ウルグアイ(ドイツ編)

決勝も見終わってぼやーんとしております。
このままぼやーんとなし崩しに終わってしまいそうなので、
一応区切りと言うか、きちんとレポして終わりましょう。

で。
FC2の構造上、カテを複数指定できないので、
とりあえずドイツ編とウルグアイ編に分けます。
うーん、やっぱドイツ代表も大会ごとのカテにしといた方がいいのかなあ。

さて、
この日はジャンルカもチェックせず早寝したので、
あんなにスタメン入れ替わってるとは知りませんでした。

スタメンにブットってアンタ 

そりゃ3決は出番のなかった選手たちにも陽の目を、とは言ったけど。
キーパーは替えなくてもいいでしょう。
まだヴィーゼならバカ試合の予感にワクワクもしたが。
こんな時に限って怪我でしたっけ?運がないわね。
カーンが出るほどの大きな意味がブットには無いと思います。
ええ昔めちゃくちゃお世話になったバイヤーサポの言葉かよと思いますが、
でもねえ。

とはいえ、
病気の人のおかげで回ってきたシュバのキャプテン姿ってのも
「そうそう、君がいずれ代表を背負わないでどうする!」
と気持ちがちょっと上がりました。
(シーズン始まる前まで限定だと思われるがw)

始まってすぐ、
どーしてこれを前の試合でやらないんだ!と悲しくなりましたね。
相手を研究した結果?
苦手意識?
負けたくない心理?
何のための、経験値の低い若いチームなのだ!
こういう時こそ「だってそんなの知らないもん」で
目の前にぶら下がった目標に気持ちを高ぶらせて、
無謀にも仕掛けて行けばよかったのだ。
それで返り討にあうならあうで納得もできるでしょう。
3位なんてなんのプレッシャーもない試合でなければ
のびのび出来ないおぼっちゃまたちでは、とても上には行けませんよ。
といいつつそのおぼっちゃまたちでも、
4年後に「膨れ上がった自信」で殿様サッカーをする可能性があるからな。
(つまらなかった08ユーロのことをいまだに根に持つ私)
それこそ相手のスカウティングを目の前で覆すような今回の新生ドイツの方が、
よっぽど優勝に近い位置にいたと思う。

まいいや。

蛸のパウルの後押しを受けて、勝つための試合は最初から双方動きがあって
見ていて面白かった。
チャンスも早々に生まれていたし。
でも攻撃面だけでなく、守備面でも十分に見ごたえのある内容だった。
ああこういう攻守バランス良く見れて面白い試合って
またしばらく見られなくなるんだなあと。
リーグが始まったら、攻撃はともかく、
守備で怪しい試合の確率は格段に増えるだろう。
自分がそういう内容に耐えられるのか、本当に不安。

うーん、ちゃんと書こうと思ったが、
時間がたったのと、それなりに面白かったのもあって
頭の中にあまり残ってない。

あえて特筆すべきはキースかな。
出場機会は「そんなもん?」だったが、
入り方はとてもよかった。
彼の動き出し方、受けた後のもらうためのランニングの流れの良さ、
抜け目なく打つ印象的なシュート、
このドイツ代表の中にすんなりと入れるスタイルで
短いながらも十分にアピール出来たと思うよ。
どこにいたらいいのか分からずに他の選手とかぶっているゴメっちゃんより
よっぽど試合に入ってたもん。

あとアルネの仕事っぷりが上がっていったのは、
次の職場が決まったことも大きいのかな、と思ったり。
前季1年かけてじっくりとどん底まで失っていった自信だったが、
この大会で一気に吹っ切れたんじゃないすかね。
おかげで私ですら、シャルケに来るのはこっちの方が良かったなあなんて思う始末。
年を重ね、以前よりもヨゴレた感じの面構えで、
だいぶ私も「これならカッコいいと言われるのも分かる、かも?」
くらいにまでなったアルネだが、
でもやっぱアップになると目が何考えてんだかよく分かんないんだよなー。
嬉しいの?悲しいの?悔しいの?おなかすいてんの?

あ。ブットのセービングも素晴らしかったです。
ゴール前はウルグアイ目線なのでかなりイラっとしましたが。
うーん、これでFCくいだおれ太郎が「来季もブットで全然オッケーじゃん?」
と思ってくれることを切に願います。
物欲しそうな目でこっち見ないでください。

次はユーロへ向けての準備が早くも始まります。
06W杯もそうだったんだけど、
今大会もここまで来れた原動力は、
ひたむきさとフレッシュさだと思っているので、
次にそれを上手くつなげられるのかは分かりません。
ただやりたいことははっきり見えるサッカーなので、
楽しみと言えば楽しみ。
もしヨギが続投するのであれば、
今後の人選についてはあまり突っ込んで考えないようにしたいです。
結局「短期間に結果を出すためのメンバー」なわけで、
うるさ方が多い中で、注文を断れるもの、断れないもの色々あるんだろうが、
私が振り回されててもしょーがないしバカバカしいので、
選ばれた者と、その結果を見るだけだなと。
自分の揺れ幅については自覚があるので、
今後も手放しでドイツ代表は何があってもポジティブに応援する!
とは言いませんが、
今大会で見せてくれた楽しくてワクワクするドイツ代表の上に
新しいものを加えて行ってほしいです。
断ち切るべきは考えすぎのチキン采配と、
根拠のないショウシャノメンタリティーだと思います。

あーでも今回は楽しかったな、ドイツ代表
本音です。信じて。
スポンサーサイト

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

タグ : ワールドカップ南アフリカ大会 ドイツ代表

18:33  |  ドイツ代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1600-c65fc2ad

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |