2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.07.18 (Sun)

浜離宮特設会場

御大のソロライブ・プレミアムバージョン浜離宮、
&千秋楽大宮のために、
特設会場を儲けさせていただきました。
遊びまわっている不良主婦はおとなしく自宅待機ですので、
この場で報告が上がってくるのをお待ちしております。

ぼやきまくった行徳の記憶はもう彼方に。
回数を重ねるごとにクオリティも上がっているのが
風の噂で伝わってまいります。
いよいよ浜離宮、感動のフィナーレは大宮で。
「なんでのもんさん行かなかったの?」
と言われて悔しがるようなステージを!

コメント欄にて客観的でいて濃密な珠玉のレポ満載です。
瞬間瞬間に感動したことに対して、
これだけ豊かな言葉をもって表現できる来生ファンの皆様は本当にスゴイ!
感謝感謝感謝です!!

スポンサーサイト

タグ : 来生たかお

10:45  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(32)

Comment

揺らぎ。。。

のもんさま

ご無沙汰しておりました(汗)。
6月半ばから先日まで、ヤヤあって何故かクラッシック(それもオペラ)に浸かっておりましたので(とは言っても踝くらいまで)頭が飽和状態。
お察しの通り、クラッシック畑とは軽く〝袖振り合うも~〟の関係、文字通り他生の縁位の関係でしたので、シンドカッタですが(笑)。そちら関係へ素人なりのレヴューを載せろと奇特指示があり来生ワールドを断っての(気が付けばですけどねw)数日間でした。
前置き&言い訳長ッ。

さて@浜離宮、そんなこんなからの開放感で昨晩は飲んで飲んで~でしたので本日、身体も脳もむくみ状態で臨んで参ります。数週間前までは臨戦のアレコレを楽しんでいたのに(笑)、もういいんです(苦笑)。
私のところにも近況の来生さん情報がポチポチと。
それもあって、なんだか今回楽しい予感。

外は梅雨明けの猛暑、ライヴの時間だけでも、キリリと冷やしたシャンパン程にはじけて欲しいし、鉄もハジケて来たいと思います(むくみもすっきりにw)。
のもんさん宅にせっかく矢倉(櫓)を組んで頂いたのに、行く前から頭がウニ~状態な私。きっとレポもままならず~ですので、皆さまの臨場感溢れる素敵なレポに便乗させていただきます。’のもん不動産のR君邸は別棟がさらに建つ勢い(笑)、そちらのレポも是非楽しみにしています。)

来生さん!夏ライヴですから磐石さよりもチョッと遊び心で揺れる感じ位を期待しています(勿論、演奏は磐石体制で;失敬w)。
鉄線花 |  2010.07.19(月) 05:10 | URL |  【編集】

鉄線花さん

今頃、ライブの真っ最中で、美しい音色を堪能されているころでしょうか。
クラシック、しかもオペラってのが、なんか鉄さんの姿と妙に似合いますね。

鉄さんもきっと来生系のアンテナに、
手ごたえありな噂が引っかかっているでしょう。
実際に目で見て耳で聴いて、全身で感じた感想の切れはしばかりでも、
ここで明かしてもらえると嬉しいです。

リューメイさんの方は9月にまたドカンとやりますので、
よろしかったら紛れてのご参加でもお待ちしておりますよ。
のもん |  2010.07.19(月) 17:08 | URL |  【編集】

優音。。。

のもんさん

口惜しがって下さいませ(笑)。
本日のステージ、沁みたな~。

一言でいうと。。。来生さんの演奏と歌声が本当にクリアに響き、それにピアノが応えてくれて、そのピアノの音色に来生さんが応える。。。の純粋であって重厚な循環のひとときでした。

楽曲は行徳とほぼ?同じで、アンコール一曲目に「振り向くならせめて」が追加。ラストの「Goodbye day」も私にとっては一味も二味も違って◎。演奏も丁寧で、ブレスの感じが今までと違う感覚で聴こえるところもあるのだけれど(裏声とはちょっと違った翻った感じの発声)それも込みで、ちょっと失礼になっちゃうけれど本当に、あの日と同じ来生さん??と想うほどの出来栄えと感じてしまったのです。

変な例えだけれど~楽曲がそれぞれ水、アルコール、コーヒー等の様々な液体だとしたら、不純物があまり含まれてなくろ過されずもそのまま身体に沁み込んで来て、細胞が微々として刺激されながら柔らぐ~そんな感覚。

これはホールの功績?いやいや、やはり〝来生たかお〟恐るべしでした。(でもこのホール本当にスバラシかった!アンコールへの拍手の音も一塊に聞こえる感じで)きっと行徳は。。。影武者・だったかなも(失敬)。

のもんさんがこのホールでの「水の抱擁」を聴かれたら、贔屓曲であること度外視で涙だったかも。
因みに鉄印はとある2曲でウルッときました。純粋に、演奏に絆された(使い方間違ってるかも;汗))感の不意打ちでした。

嬉しい告知です。(人によってはちょっと!かもw)
12月22日(水・平日w)
@中野サンプラザ クリスマスコンサート
7月30日まで浜離宮の観客先行様式でのチラシ有り~詳細必要でしたらメールいたしますので。
サンプラリターンズ(笑)。やはり、願いは〝想い、語っていればw〟叶いますね。
そうそう、新譜へのリクエストのくだりで他の人に書いた提供曲からも数曲と仰っていました。大穴が当るかも。でもそうなると~2枚組み?新曲減??w。


さて、本日がMAXな感は否めないのですが、また大宮にも行ってみようと想います。

先のコメで〝磐石さよりもチョッと遊び心で~〟と書いた私。良い気分に揺れたのは恥ずかしながら私の方でした。実はまたまたアルコール注入しながらですのでちょっと頭をろ過してから、気ままにまたお邪魔します。あ、R君の新築物件も覗いて帰りま~す(笑)。

鉄線花 |  2010.07.19(月) 21:44 | URL |  【編集】

追い打ち

のもんさん、なんで行かなかったの?(笑)

は~
至福でした
今回は鉄線花さんと月子さんがいるし、と
メモも取らずにただただ聴き入って楽しんでまいりました。

正解だったかも
すごすぎてどこが凄いのかわからんです
来生さんのボーカルは想像はできても予想がつきません。
アレは一体どこから来るんでしょう

お二人のレポ楽しみにしています。
(鉄線花さんの感想かぶる所が多そうです。)
れい |  2010.07.20(火) 07:15 | URL |  【編集】

のもんさん、なんで行かなかったの?

そのままズバリのタイトルです。(爆笑)
すっごい良かったです。
れいさんがおっしゃる通り、ソロ最高のライブだったかも。

ホールが素晴らしい。
私の予想通り、音も見た目も美しくて、そういう環境だと、
観客もアーティストも、ボルテージが上がると思うのね。
客層もいつもと違ったような?
年齢層高めのご夫婦や男性が多かったように思う。
朝日の度重なるお知らせの効果かな。バルコニー席まで埋まっていました。
ロビーでは、生ビールも販売してましたよん。もちろん飲んだ。(笑)
お墓参りしてたら、2時の待ち合わせにも大幅遅刻で、お昼食べる暇も無かったの。
浜離宮庭園のベンチで、サンドイッチを急いで食べたのが、3時過ぎだった。
ビールは、うれしかったなぁ~トイレが心配になったけど、大丈夫でした。(笑)

で、来生さんは声も良く出ていたし、一語一音、とにかく丁寧に、
プレミアムな音楽を聴かせてくださった。
このソロツアー、今まであれこれミスやハプニングがあったようだけど、
今回は、完璧だったんじゃないかな。すごく集中してたように感じた。

MCは、久しぶりの来生哲学。『死生観』
とても丁寧にお話してくださって、なるほどと共感したり、私は違うなとか、
「この声がいいんだよな~」とうっとりしながら、心に留めつつ真剣に伺いました。
おねーさんのお墓参りをして来たので、余計に心に染みたのかもしれません。
私、来生さんと男女交際したいとは思わないけど(爆)
あれこれレクチャー受けたりおしゃべりしてみたいなと、思う。(笑)

私、一曲目『君の選択』から、随所で涙が出るほど感動しました。
いつもは涙するのは、その時々の、ある楽曲自体なのに、
今回は、曲の、部分部分でのメロディー・詞・声に、ピンポイント的に
「ここ好き」「いいなぁ~」とか、ジワンジワンとこみ上げる感じ。
こんな経験は初めてだった。来生さんの楽曲と声の良さに感動したというか。
涙が出なかったのは、ピアノとボーカルに圧倒されて聴き入った『密度』と、
その前の『振り向くならせめて』がすっごく良くて余韻に浸っちゃってて、
上の空で聴いたような『Goodbye Day』のみ。(いつもは泣く曲なのに)
好きな曲が次々登場したことも、うれしかった。
今回のマイベスト3は『君の選択』『P.Sメモリー』『気配』かな。
『裸足で散歩』と『水の抱擁』のアレンジが、新鮮でした。この2曲もよかった。
『マイ・ラグ』しばたさんへの哀悼の言葉も含めて、しみじみと聴きました。
本当に名曲だと思う。

「やっぱりいいな、来生さん」・・・一言で言えばそんな感じ。(笑)

気になったのは、確か『涙嫌い』と『恋ひとつ』と『振り向くならせめて』の
3曲だったかな? 声が違ったように感じた。
声がかれたのかな?と、先の2曲で思ったけど、『マイラグ』では戻ったし、
『振り向くなら・・・』でまたそうなったので、発声を変えたのかな?と。
ナチュラルな声、素声のような作っていない声?(なんと表現すればいいのか?)
キーを変えたのかな?(この辺疎いのだけど)
私は、こんな来生さんの声もいいなと思った。
同行のオネーサンに尋ねてみたら、やはりいつもと違うと思ったそうだ。
でも、オネーサンはいつもの歌声の方が良いって。

顔もお腹も締まってきたように見えた。
ワンちゃんと一緒に歩いたり走ったりしないのかな?
足腰鍛錬のためにも、一緒に歩けば良いのに。

髪は、ますます白くなり(特に前髪)、ボサボサ伸びてて、
バサーッとかき上げる仕草が、いつもの来生さんだな~と。
ノッてる時の来生さんのクセなのかな?

衣装はですね、、、
またもうるさいようだけど、ジャケット、きつそうだった。
前ボタンの辺りがシワになってたし、シャツの袖が出過ぎてたし、
ジャケットに対して、ネクタイがエレガント過ぎたし、、、
いつもこんなことばかり言ってると、嫌われそうだけど。(汗)
いっそ、いつも着ている白い綿シャツだけの方が、スッキリすると思う。
黒革のアームバンドをワンポイントにしたりして、シンプルに。

次回は、クリスマスのサンプラですかね。
いただいたチラシで「サンプラだ!」と思わず歓声。
やはりクリスマスは中野ですよ~うれしい。平日だけど。
月子 |  2010.07.20(火) 16:39 | URL |  【編集】

アルバムは

今まで発表した曲をリメイクしたものと、提供曲と新曲だそうです。

月子 |  2010.07.20(火) 17:49 | URL |  【編集】

@浜離宮前半戦。。。

のもんさま

今回も駄文が長々とです、すみません。皆さんのスキッとした鋭いコメントのついでにお読みください。
なんとこんなにダラダラ書いてますのに長~いMCマデの分です(爆汗)。鉄印発のB級級グルメ前半戦で満腹となった際はイエローカードを示して下さいませ。MCからの後半戦、出場停止でも止む無しですので(汗)。

木目の様式美と機能美に包まれた美しいホール。退屈せずにその空間を楽しんで開演を待ちました。本日もBGMは小津映画から。
定刻をほんの少し回ったところで照明が絞られ(ただし他のホールほど暗くならず)来生さんさんが登場。拍手に迎えられ、くびれの美しいスタインウェイのブラックに迎えられw、静かに座られていよいよ頼もしい裏切りのステージへ(笑)。

1曲目の前奏での音色に、おうっ?!。そうです、早すぎると自分でも分かっていながら曲頭の5音へ入る前にジャブを受けてしまいました。

「君の選択」
前にも書いたのだけれど、この楽曲の魅力は前奏から入る頭の部分の5音(と想う)。
この楽曲のメロディーはココを活かす為にあるのだと想いながらも、今回はその先のメロディーも実にゆったりと丁寧に奏でられ間奏やエンディングでも聴き応えの1曲。声も伸びやか。。。ん~そうも表現したいけど今回は〝クリア〟透明感ではなく澄んだ感じの印象。
低音も然り!それも驚きの要因の一つ。

ご挨拶MC
ホールの紹介、ソロが今日で9日中8日目(回ではなく日で表現するとこが面白い)。
「暑くてなって~え~~ホント、辛いっすね(笑)」こんな感じで笑いを誘っていました。千秋楽は大宮。あとは行徳と同じで「最初から最後まで1人っきりなので、静かな感じで続くと思います、皆さんもシンドイでしょうが少しでも心に残ってくれたらと思います(一字一句は書き留めてません;悪しからず)」

「PS.メモリー」
横浜のエピソードを聴いていたので、なぜかドキドキ(笑)。そんなの大きなお世話サマーな感じで、伴奏の緩急、強弱も冴えてちょっと発音も抑えた低音の魅力が出ていて◎。鉄の好みの交わりからは結構外側の楽曲でしたが、今回は「うつ~しだ~すぅ↑」の後のPfの伴奏の連打が重なりながらもモタモタしてなくて厚みのある伴奏に仕上がっていて聴き入ってしまいました(メモにピアノが効いてる!と)。「PS」のSが凄く普通で、行徳の違和感が払拭されてスッキリw。

「めぐり逢い」
「with」
今回次の楽曲へ行くタイミングについて、来生さんの拘りかなと感じる箇所がこの後2箇所訪れるのですが、その他の曲間はいたってゆったりと余裕さえ感じさせる間合いでした。それが功を奏しているのか、2曲ともピアノとの呼吸が絶妙で、ちょっとジェラシーが~くびれと艶やかさにも(笑)。「with」は「めぐり逢い」に比べ伴奏がスクエアな印象だったのですが、今回は感じが違っていた様な。ただ来生さんの間合いで伸びる歌詞と縮める歌詞があって「?」とこちらの呼吸とは違う箇所があったのが気になったかな。

MC
メジャー系のハートウォーミングなバラードで始まり、次がマイナーなちょっぴり悲しげな曲を続けて3曲~。
ほぼ行徳と同じ感じです。

「気配」
前奏は最初三拍子のワルツ調と思いきや5小節目?から変則的に変化し、また唄入りからは三角形の強弱。メモに歌いだしチョッとズラシ?ズレタ?と書いていて、よ~く想い出せなくて(汗)、一音位間があったような??まあ、ココまで魅せられるともう微細なことになってしまってますがw。

「はぐれそうな天使」
緩やかバージョンは賛否両論ありますが、MCでのマイナーの悲しげ系が3曲続きますと括ったワケがソコにある様で、私の頭の中ではちゃんと「不器用な天使が慌ててる図」が浮かびましたしw。
聴いた中で、一番位に前奏を溜めながら弾かれていたけれど、違和感が無かった、不覚にも今回の「はぐ天」は絶品では?とメモしてました。
寄り道
カウントを刻む足(靴)の音がパチパチと響いていたのが印象的。クラッシック使用のステージではPfのペダルを踏むのは当たり前だけれど、床をあれほど打つのは珍しいかも。その音までもがチャンと響いて伝わる音響の妙。

「いとしいあした」
2010ソロライヴでもメンバーインのこの曲。来生さん、ホント好きなんだな~とつくずく感じる程。出だしが「あ~~なたの~」とメモに。?、伸ばしていたのが気になったのか?注釈書くのも惜しいくらい聴き入っていたということで。こちらのレモンは「ルゥレモン」になってまいた(どこぞで発音が話題でしたねw)。

そして「おおっ~」の声色が!「てのひらで~」の後のブレスの段階で吸った息がツヤっとした変化球の声色となって、音にすると難しい??ですが西城秀樹の「ハッゥ」をとっても上品にわざとらしからぬ大人の色気な感じで。。。違うか?ん?どなたかフォローを(汗)。
このご褒美的なウエーブが「かまわな~い」の前のブレスでもあろうことか再び押し寄せて参りました。メモに「凄い、うらがえりとはちがうひるがえり?秀樹?」とワケのわからぬ事を記しておりました(恥)。

10yeas様、鉄印は特典CDはこのナンバーでお願いします(笑)。

今回の歌唱の底力を目の当たりにして、正直、来生さん、もしやボイトレされたかな?とも感じた次第です。
そうでなくても、物凄いプロ意識に痺れるの巻でした。

ココから長~~いMC。本題は「死生観」ですが、前座の話としてサッカーワールドカップネタというか御年のネタを一つ。「オランダのロッペン、見るからにオヤジで、はるかに自分より年上に見えるがでも僕のほうが倍くらい年が上で愕然とするわけで~」(こんな感じだったと)。って、それならさ~あれだけ動ける?走れる?と誰か問いかけてあげて下さい。デパートの4階限界宣言から「死生観」へのたかおの扉が開いて。。。(笑)。
まずはココまでで一旦退散いたします。ハーフタイム後の出番は監督のお許し次第で(汗)。では~。

鉄線花 |  2010.07.20(火) 19:32 | URL |  【編集】

記憶

月子さん、鉄線花さん、お二人のレポ読ませていただきました。
楽しいですね、こういうの。

来生さんのライブを聴くのはもちろんだけどその後もお楽しみがあるのは贅沢だなあ。ありがとうございました。おかげで記憶が次々とよみがえってきましたよ。昨日メモを取らず正解、などと書きましたが、う~ん、どうだろう。聴いてる時は集中できるし、何よりも周りの人に気を遣わなくていい。どうしても隣の人はこちらがメモなんぞしてたら気になって内心ムカついてるんじゃないかな~と思ってしまってほんと、遠慮しいしいですが、それでもカキカキするので、それをしなくていいのはすっきり、なんだけど。

反面、終わってみれば記憶はすでに曖昧で。いつもはメモ見ながらライブレポを書いているうちにその記憶がよみがえってくるんですよね。どっちがいいか悩みます。今回もいままでなんだかもや~とした全体像の記憶だったのが、お二人のレポでところどころ思い出す事ができました。

月子さんのマイベストの『君の選択』『P.Sメモリー』、これ私は3回目なんだけど、今回はほ~~、と聞き入ってました。もう初めからベストの状態での『君の選択』そして、『P.Sメモリー』はそれはそれは丁寧で、鉄線花さんが書かれている「うつ~しだ~すぅ↑」の所、これはすごく印象的でした。今までもこんな「貯め」ありましたっけ!

「すぅ」の次の『間』と、ピアノのダーン!が絶妙のタイミング。全体的にもリズムの取り方も大人~な感じで、ビートルズじゃなくなってました。(これが気に入った理由かも)

他にも鉄線花さんとはやっぱり好みがかなりかぶってますね。迂闊の拙いレポを読んでいただいた方は、ああ、と思われたと思いますが、苦手なアダルト版「はぐれそうな天使」と、それほど好きという訳じゃなかった「いとしいあした」にヤラレました。特に「いとしいあした」は、良く来生さんの歌声に涙する、と聞くけど私には無縁だわ、と思ってたのに、あろうことか、うるうるしてしまいましたよ。冗談でなく、のもんさんにも聴かせたかったなあ。
れい |  2010.07.21(水) 07:32 | URL |  【編集】

月子さま

楽しくレポ拝見いたしました!。
ご贔屓曲以外のが楽曲でも「おっ!」「ふ~ん」「デヘヘ」と内心に留められず、顔面も相当動いていた客席の鉄印。でも本当に「改めて」の感が強かったステージでしたね。

もしかすると私の勘違いかも?ですが、「密度」の前は「いとしいあした」だったかもです。
「振り向くならせめて」はアンコールで流れてきて「へ~」と想ったので。まあ、そんなことも気にならない、もっと気持ちが誘われる先が随所にあった、そんなライヴ。大宮、会場設備は違うけれどモチベーションは崩さず千秋楽を成功させて欲しいですね。


れいさん
先のコメントでも好み(来生ベクトルの方向)は近い辺りを通っていて~と言っていただいていて、今回もまたそのようですねw。
実はれいさん宅、レポUP前(至福の時~の一文有り)に訪れてはいたのですが、その後は辛抱して訪れ時を延ばしています(汗)。レポの切れ味に圧倒されて報告レポさえも書く自身が萎えぬようにw。そろそろ訪問させていただくのを楽しみにしています。

今回の席は、中央よりやや左、、、ということは〝来生たかおP弾き語り〟のベストポジションであったともいえ、贅沢な限りです。おまけで、前方に空席(結構良席でしたのでご都合叶わなかった方なのか)有りで、眺めも良好でした(あくまで眺めです:失敬)。

知人から、えつこさん客席にいらして、最後の最後まで拍手を送っていた~とのこと。えつこさんにとっても感慨無量であったのでしょうね。




鉄線花 |  2010.07.21(水) 18:13 | URL |  【編集】

追加

『君の選択』のイントロのピアノの音が、とても綺麗だったんですよね。
で、「ピアノいいじゃん!」と思った次の瞬間に ♪いつもよりぃっ♪
ちょっと伸びたと言うか跳ねたこの語尾がさらに「ボーカルもいいじゃん!」
で、のっけから涙ポロリ。(笑)
こんな見守ってくれる男性像が、えつこさんならでは。
“慰められる詞”ですね。
来生さんの楽曲に、ずーっと励まされてたなぁ~と、過去を振り返りシミジミしてしまった。
『恋ひとつ』もそう。淋しい人生だったかなぁ~(爆笑)
でも大丈夫、私には来生さんの歌があったから!(さらに淋しい?)

>もしかすると私の勘違いかも?ですが、「密度」の前は「いとしいあした」だったかもです。
>「振り向くならせめて」はアンコールで流れてきて

わかりづらかったかも、すみませ~ん!
「その前の」意味は、「『Goodbye Day』の前」のことです。
『振り向くなら・・・』は、めずらしかったですね。
だから余計に、心に残り過ぎてしまったようで、
聴き慣れた『Goodbye Day』が、すっかり意識から飛んでしまってて、
エンディングが好きなので、そこにきてあわてて「聴かなきゃ」と、
ハッと我に返った状態。(笑)  ご心配おかけしました。(汗)

私も、ボイストレーニングしてるのかな(したのかな)と思った!
滑舌も良く、発声がキレイに聴こえたのは、音響のせいだけではないはず。

先日、徹子の部屋にさださんがご出演。
声を維持するために「努力してるんですよ~」と。
やはりそうなんだな~と思いました。
番組で新曲が紹介されて、とても気に入って、アルバムを買ってしまったのですが、
忙しくてブックレットを見る暇もなく、とりあえずキッチンや車中で聴いていて、
アレンジが良いな~誰かな?と気になりつつ、数日経ってやっと見たら、
すべてあの渡辺俊幸氏でした。
そういえば、さださんといえば渡辺さんだったと、やっと気がついた次第。
あぁ~さださんもいいなぁ~と、本日2枚ほど追加注文。
相変わらず気が多くて、すみません。

ワンちゃんのお散歩の件。
犬の散歩ぐらいでは、痩せないのかな~と、クリコンで会った時に、
のもんさんと話したよね。
で、犬の散歩は、深夜に森に行きリードを離していると聞いて、
だから太るんだ!と納得。
犬を離している間、一緒に歩いたり走ったりしているのだろうか?
「煙草吸って、待ってるんじゃないの?」と、オネーサンと爆笑。
鍛えましょう。
私、この暑さの中でも、犬のために=自分のために、がんばって歩いています。
でないと、車移動が日常の地方では、足が鈍ってしまいます。
しかし、朝も夕方も暑い! 来生さんのように深夜? いや、私は怖い。(笑)
東京の人がスマートで長生きな人が多いのは、地下鉄や電車・デパートと、
歩く機会が多いからだと思うのですよ。

れいさん、そうなんですよ。
ライブの後の、記憶の確認や感想のおしゃべりが、また楽しいんだよね♪
月子 |  2010.07.21(水) 20:12 | URL |  【編集】

ようやくお返事

みなさん、あたたかいツッコミをありがとう(汗)
じゃなくてレポありがとう~!!

来生さんの底力を引き出したという面で、
このホールの音響には感謝します。

ミスや文句の一つもいいたくなるような出来事が何もない、
ただただその瞬間の素晴らしさだけを記述するだけで
このボリュームになるというのが本っ当に嬉しいです。
しかも表現の多様さときたら!
各人の楽しみ方が集まって、
自分の感覚をもう一度再確認したり、別角度からの面白さを発見したり。
コンサート後はかくあるべし、ですね!!!

私が行徳レポで書いた愛憎半ばな複雑レポも、
ちったあ効果があったと思いたい。
自分的には、あの日のライブがかなり今回の足止めの要因になっているだけに、
それを全てひっくり返すような内容のライブを
来生さんが見せてくれたことを
純粋に喜んでいますよ。
この点に関しては、行徳も体験されて、
それなりの反応を持っていた鉄さんが、
今回書いてくれたレポで、しっかりとウラが取れたと思います。
いえ、ホールの力を思えば(音響的にもビジュアル的にも)
表現者として気持ちが上がらずにはいられない場所だと思います。
そしてファンの過分な期待をはるかに超えるようなパフォーマンス。
来生たかおの意地でしょうかね。
それまで場数を踏んで、手ごたえを掴んだ中で、
いよいよこのホール、というのもタイミングとして良かったのかもしれません。

多分、私は実際に行った人よりも、
ホールの持つ力を過剰に評価していると思います。
だってそうでなきゃ、行徳の客は納得できないもん(苦笑)

さて、個別に気になるポイントにレスです。

鉄さん

毎度毎度、素早いレポをありがとうございます!!!
しかも鉄さんからの太鼓判がいきなり!
もうこれだけで行った者勝ちなステージだったことが分かります。
続きも楽しみにしてるんで、
どうぞ余韻の冷めぬ間に、おすそわけお願いしますよ~。

>あの日と同じ来生さん??

いやもう、ほんとうにそれが見れただけで、
ファンとしては深く安堵のため息ですね。
まだ期待しちゃうけどいいよね?と。
特に今回、続くライブでのやりなおしがあったりと、
ヒヤヒヤさせるものがありましたからね・・・。

楽器への艶やかな視線は鉄さんぽいですね(笑)
きっと来生さんも甘く取り込まれたんだと思います。

>透明感ではなく澄んだ感じの印象

この辺の機微をしっかり嗅ぎ分けて表現する鉄さんて素敵。
読むほうも「じゃあこんな感じか?」と妄想の幅が広がります。
聴いてないけど、誘われて聴こえない音を聴くような感じがします。

「はぐ天」のいよいよ化けた感じには、
鉄さんのみならず、来生聴きの皆様に共通の感想で、
れいさんも自宅で言ってたけど、
来生さんの方がよっぽどしぶといというか(笑)
根競べでは到底かなわない相手だということが良く分かるエピソードですね。
これ今度のCD入るんじゃないの?リメイクで~。

>ロッベン

ぶははははは!!さすがに決勝戦まで残ると気になるあの風貌。
まあ癌治療の影響、という面もあるのですが、
ベンチに座っていればトレーナーかと思い、
飛行機で移動するシーンでは機長と見まごう風貌は
なかなかインパクト大です(笑)

あと、えつこさんのエピソード、ありがとうございますー!!
えつこさんにとっても、35周年であるわけで、
普段以上の意気込みが必要となる状況なわけですよね。
この素晴らしいホールで、
それにきちんと対峙できる来生たかおの底力を目の当たりにして、
きっと大きなエネルギーと刺激をもらったんじゃないかと思います。
楽曲は来生さんの曲にえつこさんの詞があってこそ。
ファンの期待値は無責任に高いですが、
変わらぬ曲、変わらぬ詞を、
今の形でありのままに届けてほしいと心から思います。

れいさん

メモってない、とか言う割に、
ブログでの気持ちの高まりそのままのような熱い文章に、
ステージが尋常なくクオリティが高かったことを感じました。
ええ正直、行かなかったことを後悔させられましたよ(笑)
ホールのせいだと思いたくないファン心理の複雑さも、とてもリアルです。

ライブ後のお楽しみについては、
やはり来生さんのパフォーマンスが高かったからこその
盛り上がりだと思います。
儚く消えていく記憶を、補完し合うことで、
もう一度取り戻したり、鮮やかさを増したり。
ポジティブでありながら、一つとして重ならない感想は、
それぞれのリアリティがあって
他の誰にも書けないものだと唸りまくっております。
「素晴らしかった」の中にどれだけ豊かな多様性が秘められているのか、
同じ時間を共有しながら、それぞれが自分だけが拾う物を拾っている。

もし来生さん(や周りの人が)ここを見ていてくれているなら、
これだけの感性で受け止めて、
それを自分以外の人に伝えられるだけの言葉をもっている人がいることに、
感謝していると思います。
そうだよね?

ライブでしか味わえない醍醐味があると知ってはいても、
やはり自分に訪れた瞬間は何とも言えない体験ですよね。
れいさんが、大阪のカノンさん同様に「はぐ天」で驚かされたり、
「いとしいあした」でグッときてしまった、
なんてエピソードをきくと、思わずニヤリとしてしまいます。

メモって取り出すとキリが無くなるんだけど、
でも何も取らない状態ってかなりもったいない。
こないだちょっとリューメイさんで、
初めて曲目以外のメモを取りながら見てたんだけど、
記憶の蘇る早さが違うし、その時の自分の気持ちに一番近いところまで寄れるんだよね。
書くことに気を取られてしまうのは本末転倒なんだけど、
でも残せるものなら残したい、という気持ちの方が今は強いです。


月子さん

ようやくの参戦でしたね。
ここまであった数多くのエピソードを過去の実体験で具体的に予習したうえで、
この高評価はもうそれだけで不動の太鼓判です。

違ったように感じた声、はかなり気になりますね。
どんなだったんだろう!?
意識的なものか、自然に生まれたものなのか、
いずれにしてもまた違う味わい方が増えたような気がして興味津々です。

ファッションチェックもありがとうございます。
ここは月子さん、目線が冷静だからな(笑)

>ジャケットに対して、ネクタイがエレガント過ぎたし、、、

あまり抜き出して強調するのも申し訳ないが、
爆笑してしまいました。
ネクタイネクタイ、って一時期のタキシード祭りの時みたいで、
ほんとのところはどうなんだ?と思ってたんだよね。
私は目線が月子さんに近いので、
きっと見たら同じような印象を受けるかも。
ネクタイだけ買ったのか、と思ってしまうじゃないか・・・。

>黒革のアームバンドをワンポイントにしたりして、シンプルに。

うん、これはかなりイイ線。
目線が締まるし、アクセントになるよね。
シンプルでお洒落だし。
要ご検討ですぞ。

気になるのは鉄さんも指摘していたボイストレーニング。
ホールのせいでカツゼツは良くならないと思う。
やっぱりなんかやってるんだろうか。
体が声を出すだけのキレと体力を取り戻したのかもしれないしね。
運動はミミの散歩だけでは無理だと思うなー。
マルのような大型犬なら連れて歩くだけでも違うかもしんないけど。
どうなんだろ。

これからレコーディングもあるし、
コンディションとしてもいい状態を整えられたんじゃないかな。


新CDについて、
時折出てくる2枚組?な期待。
そんな想像が出る余地ってありましたっけ?
なんか私の中では「1枚」ってどこかで限定されてたような記憶があるんだけど。
その中でリメイクもあり、提供曲もあり、な配分となると、
リクエストの通る確率は相当に低いと思われます。
まあ言わなければ、参加もできないわけですけどね。



えー、そんな感じで、
私が読みながら感じたことは、押さえられただろうか(汗)

このライブの感想、感想に触発された感想、など
続きもお待ちしております。

また、ここまで書いておいてなんですが、
他にも参加された方の感想も熱烈歓迎中です。
タダ読むだけなんてずるくなーい?(笑)
のもん |  2010.07.22(木) 00:59 | URL |  【編集】

のっけから

すごいモンを聴かせてくれる来生さんを見ながら、こりゃとても私のキャパでは表現できないと悟り、もうその時点であっさりと感想は放棄してしまいました。

鉄線花さんが必ずや鋭いつっこみで分析してくれるだろうと、安心して聴くことに専念した次第。迂闊のレポは素敵!良かった!満載の超ゆる~いものです~(笑)想像しうる一線を越えられると、それしか言えないんですよねえ。鉄線花さんの次楽しみだなあ。また何か思い出すといいな。

来生さんのシルエット、確かにすっきりとしてましたね。神奈川の時は上半身に比べてフトモモのモコッが気になってたんですが、今回はなかった。前回と比べるとあんまりふんぞり返ってなかったからそう見えたんだろうか?ジャケットは前のボタンが後ろに引っ張られていたのが、私も気になりました。もう一回り大きなサイズのほうがいいのに。それともあのジャケットに体を合わせようという意気込みなのか?

それから、こんなにいい事だらけだと、マイナス思考の考えも浮かびます。水を差すのもなんだから控えてますが、聞きたい?(笑)
れい |  2010.07.22(木) 09:07 | URL |  【編集】

良いことだらけの時にマイナス思考になるなんて
まるで来生たかおではないですか。
私は彼のそういうところだけは分からない(苦笑)
多分、一緒に話をしていたら、そこで躓くと思う。

>聞きたい?(笑)

そこまで言ったのなら、言ってくれないと困るじゃん。
れいさんが思っていたのではないかもしれないマイナスなことを
自分の中であれこれ想像している時点でもう影響でてますよー。
のもん |  2010.07.22(木) 10:21 | URL |  【編集】

@浜離宮後半戦。。。

お言葉に甘えて。。。
のもんさんからお許しが出たと、勝手に解釈し後半戦を載せさせて頂きます。すみません、長いです(汗汗)

そういえば、来生さんが「どんなに自身のコンデションが良くても、リハーサルでそのホールのPfを弾いた時点で、その日の演奏の明暗(?出来)が決まる」と以前話されてましたね。
きっと演奏の部分を大部鍛錬されて臨まれたのでしょうが、ひょっとすると声の調整をPfの音に合わせてされたのかな?ん~どうだろう。月子さんのコメントの通り、話し声が聞き易かったですね。あの癖も気にならなかった程。全体的に低音がくぐもって無く、滑舌よろしく、若々しい響きでしたね。
月子さんやれいさんの「ソロライヴ№1かも」に頷ける位、ある意味今までのソロの音質・声質とは素人耳にも違いがあって届いて来たし。でも、「唯一無二なソロライヴ」は個人的に別のが有るので、ここは〝貴重なライヴだったで賞〟ということでw。確かに客席で「ニンマリ」「ニヤリ」した回数が一番多いライヴではありました。

「密度」
直前のMCから演奏準備にタオルで顔を一拭きし、喉の調整に咳払い?を一つ、あの伴奏が来るのは分かっていても良い緊張感でスタンバイ!のっけからffでチョッとターボがかかった左手は暴れすぎず、右の和音を引き立てて、右手も頑張る頑張る。逸る音階を微妙に調整しながら、今回はズレもそれ程感じず伸ばすところのブレスも気にならず。ちょっと甘い声にチェンジして、マイクヘッドから口元がお出かけもせず、通して歌詞もクリアに届き◎。こちらの「レモン」は「レモン」で「冷蔵庫」が「ルゥイ蔵庫」と聴こえてましたw。エンディングが少しスローになりながら、エンドはスッと切り上げてスマートに。そして拍手が4~5拍位のところを遮るように。。。鍵盤に手が~

「裸足で散歩」
この楽曲の前奏に突入!前曲のマイナーハード系の夜の感じから眩しい昼のシャイニングな曲調へメリハリをつけてスライドした感じ。今回はこの手法がとっても自然に映えていました。高音で、いつもの来生さんのちょっとつぶした感じで発声するのが聴けましたし、エンディングの伴奏もノーミス!?とメモにありました(笑)。

ここで長めのMC
「死生観」につては、あちこちで講話されてるので、割愛で(笑)。また「私生活」についてというお話も回り道ながら「幽霊・霊は信じず」に繋がるので割愛。ただ、来生さんの信じる柱みたいなものが岸田秀氏の存在同様、彼を不安から解き放ってくれているのなら、ある意味自信や意志の強さの基になっているのならそれで良いということ~そう感じます。
個人的には、昔観た映画(スペインモノ?)の中に「人はこの世に生まれた瞬間から余命を彷徨うのだから」という台詞があって、映画自体はさっぱり憶えていないのにその台詞が思い出されました。

「水の抱擁」
とても穏やかに、されど想いの強さを感じる鍵盤捌き。小節の一音一音に強弱が掛かるとても贅沢な繊細な伴奏。伸ばしの多い楽曲ですが、そのどれもがとても大切に唄われていて、ところどころで囁くように唄われて。文字通りメロディーに「抱擁」された感じの、ん~素晴らしい演奏だったな~。

「涙嫌い」
この曲への入りも「密度」から「裸足で散歩」同様に、拍手を遮りながら突入~とてもサラリとした「涙嫌い」(勿論個人的感想)。軽くというかポップに唄われている感じで、こんなのもいいな~。「きぃ~みにぃ、あぁ~げるぅよ~きぃっと~」は勿論健在(笑)。この曲でもほとんどノーミスで演奏では?鉄印のメモには気になるマーク★が無かったのでw。

「恋ひとつ」
スローテンポバージョンの前奏から「るぇんが」は健在でしたが「からま~る」が違和感無く◎。「涙嫌い」同様、来生節(安来節にあらず)が随所に出てきた様な記憶が。歌詞を大切に唄われているのは、音符に詞(ことば)がチャンと載っかっていたとの印象が強かったからかもです。

MC
故しばたはつみさん、マイラグの話

「マイ・ラグジュアリー・ナイト」
はつみさんは小顔であごも小さかった方だった割に、頬高でほっぺがプックリされていたせいか、また若い頃から洋楽を歌われていたので、語尾が内側に入る感じの発音が多く、それが彼女の魅力だったな~と想い出しながら、来生さんのストレートに伸びるノンビブの声の美しさに魅了された1曲。はつみさんの事とは別に、この美しい旋律と演奏と来生さんの甘くも切ない声に、ウルッときました。エンディングではお馴染みのセルフコーラスのエコーが重なり文字通り贅沢な仕上がりに。

「美しい女」
ソロではこの楽曲の伴奏にハラハラされていたファンの方、結構多いのでは(汗)。前奏、エンディングと右手が高音の和音を押さえる箇所で「惜しいッ」という場面に何度か(何度も?)遭遇した記憶が。今回はチョイスロー気味にされて回避されていてホッ。この楽曲もスタメン級。歌唱に目立ってむらが無く、気負わずに唄われている来生さん。ちょっと格好良く見えたかも~いや見えたんですからしょうがない(照)。

「涼しい影」
うそ~でしょう?!(笑)とってもとってもと~ても美しかった~(ため息)。今回の音色と声質に正にマッチした1曲。鉄印の本日の一押しはこの楽曲です。この楽曲の新たな魅力に、この浜離宮でめぐり逢えたのでした。演奏も歌声も来生たかおもホールの空気感も、その全てが澄み切って、そして時に切なく時に軽やかに。最大の魅力は、なんだか来生さん、気持ち良さそうに演奏してたな~。聴いてる私は「このまま終わらないで~」と「せめて今夜」の想い。個人的に好きな間奏のアレンジ部分でチョッとウルッとね、それはそれは大切に弾かれているな~と感じたら。控えめにセルフコーラスのエコーが掛かって(ん?幻聴?今回も聴こえたのでしたが)最後は前奏とは打って変わっての力強い感じでエンディングとなり無常にも曲は終わってしまったのだけれどでも不思議と笑顔で拍手している自分が居ました。

アンコールを待つ拍手は、客席のシンパシーを一つにし、またホールの威力が加味され一塊に。そして再登場と同時に拍手の残響がスッと消える感じ、この音の鳴り・止みに美しさを感じたのってとても新鮮でした。

「振り向くならせめて」
個人的には触発される楽曲ではないのですが(汗)。本編終わりで、いい意味での緊張感と達成感から開放されたのか、リラックスされた感じで。冷静に考えて、本編をアレだけ上等に仕上げた場合、疲弊された身体(腕や指)やメンタルをグット持ち直しておくのは大変なことなんだ、当たり前のことを気付かされ感が。
月子さんが書かれていた「素の来生さん」の表出はその辺りなのかな?とも。

「Goodbye day」
全編のエンディングでのこの楽曲の魅力を正直久しく忘れかけていたことに気付かされるほど堪能しました。物凄く素敵!というのとはチョッと違って、このライヴを通して「はっ!」とさせられたメロディーや音や声の、それぞれへの興奮や余韻を静かにまとめ仕舞い込んでくれる役割(風呂敷?)の1曲としてその存在感を再認識したわけです。勿論、余韻に酔いしれるナンバーには持って来いですが、この曲に関しては部屋で酔いしれる派の鉄なので(笑)。

ライヴ開始前に出したサンキューカードに「新鮮な〝未知〟がまだまだ来生さんのライヴには潜んでいる」といったことを書き添えたので、なんだかその想いとリンクした幸せなひとときでした。「よかったね~」の思い出で終わらない「あそこがたまらなかったな~」の記憶の小部屋で保存の2時間でした。客席では、全体が明らかに引き寄せられている感じを終始(除MC時)漂い、心地良い空気感。

>きっと来生さんも甘く取り込まれたんだと思います。

のもんさん、うまいこと言うな~。そう、そのピアノに嫉妬している間にこちらもピアノの虜に。
このライヴ、来生さん相当自分にプレッシャーというか何か付加を掛けながら準備なさった様に感じました。ココでのライヴがご本人にとってもよい刺激となり、先へのポジティブ要素になったのなら、ファンとして嬉しい限り。そうそう、「映画(音楽)などどれが1番いうのは無い、人それぞれの好み・センス~ココに来てくれている皆さんは自分と同じセンスだと想う、そう想うと嬉しいです、ありがとうございます。」と仰ってましたね。また活動が出来る、ライヴが出来る。。。しみじみありがたいとも。これはファンとそして長年支えてくれているスタッフにも宛てたメッセージなんだろうな~と頷きながら聴いていました。

照明も素敵でしたがやはり割愛です。ただ、行徳での西洋の教会の供花の様な味気ない花に「なくていいのに~」と思っていたら、今回はひまわりのちょっと贅沢なアレンジ。その花は今回照明効果を引き出す役割としてしつらえてあった様に感じました。これが楽曲のライティングの色彩によって変化します。でもやっぱりピアノが美しすぎたから花は無くてもいいかな~。

さて、週末は大宮~使用前、使用後の逆バージョンの結構リラックスモードに戻っているユルユルの来生さんだったりして(笑)。その姿すら今となってはなんだか懐かしい。

のもんさんがご指摘の通り、来生たかおは一筋縄ではいかないのですよね(笑)。きっと、のもんさんはじめ古参ファンの想いが届いているはずなのです。それで発奮したわけではないでしょうが、そのエネルギーがそのしぶとさが彼のプライドの核となり、今後の予定される数々の成果に結びついたなら嬉しいですね。
叱られちゃうけれど、このライヴレポ、のもんさんの目線、筆力で表現されたら、もっともっと豊かなアレコレがこぼれてくるんだろうにな~と。スミマセン(汗)たられば定食はなしですよね。
鉄線花 |  2010.07.22(木) 10:37 | URL |  【編集】

子守歌

のもんさん、惑わせてしまってごめんなさい。
ネガティブな思考というのは私自身の問題なんですね。ボーカルも演奏も本当に素晴らしかったです。だから来生さんには全く責任がない事を初めにお断りしておきます。

実はですね、あの素晴らし~時の中では些細なことと思いあえて書かなかったんですが、すみません、途中気持ちよーくウトウトしてしまったのです。ほんとあり得ないですよね(汗)

今まで、周りの人が船漕いでたりするのを見る度、信じらんなーいと思っていたのに。今まで微塵もそんな事なかったのに。しかもどの曲も、悪いところが見当たらない。ボーカルも心がこもり、力強く、程良いところで止められていて、ピアノも危なげなく、と、言うところなしなのに。

もしかして私は、全ての曲が安心して聴けるグレードの高い、完ぺきなライブよりも、多少のミスはあっても、ハラハラドキドキしながら、え、ココこーんなにのばしちゃうの、ウハッ!な、何が出てくるか分らないところや、ミステリアスで、多少荒っぽさのある来生さんのライブが好きなのかな。

で、それがなんでネガティブなのか。
あの来生さんの最高のステージが、「当日のあのホールあってこそ」なんだったら、なんの問題もないんだけど、皆さん言われるようにですね、もしも、もしも「ボイストレーニング」などの成果だったりしたら…

今後はあのボーカルにシフトしてゆくという事??もしそうなら、いつもあの「ご馳走」ならば
そうしたら、1年に1度か2度も聴けば良いかなあ…なーんて思ってしまったのでした。本来喜ばしいはずなのにねえ、何てヤツでしょう。まあ、ほんと全て妄想です。というかチラシのうらです、失礼しました。

あと、今回トークがボケてなくてそこは残念だったなあ。あの微妙に笑える「間」が好きなんですけどね。観客の反応もあんまり良くなかったから来生さんもつまらなそうでした。行徳のお客さんは良かったですね。

ついでにここから失礼します。
リューメイさんの今回のライブレポ、クスクスしながら読ませていただきました。拍手、あれだけなんてヘンですね。面白いのにー。
れい |  2010.07.23(金) 05:58 | URL |  【編集】

複雑。。。

鉄線花さん、さすがのレポートです。
鉄印メモ★印、、、閻魔帳か?と、笑ってしまった。

しかし、ホント皆さん、深く聴いて観ている。
来生さんも、がんばった甲斐があったというもの。
行徳の報告を聴いたときに、やはり(↓)と、正直思いましたもん。
そのメニューと内容出来次第によって、横浜行こうかなどうしようかなと
思案していた所に浜離宮のお知らせがあったので、ここしかいい!と即決。
私の判断は、結果的に大成功だったようです。(そう何度もは行けないので)
だけど、ハラハラの来生さんも楽しいかも? ファンの心理は複雑?
やはり、恐るべし来生たかおですな。

そう、『涙嫌い』サラリとしてましたね。
それが私が感じた「いつもと違う声」だったのかな。

れいさん、寝ちゃったのですか。
いえ、いいんですよ、あの心地良い声で眠りに誘われたら至福かも。
♪君の寝息のリズム数えている♪・・・理想だな~数えられてみたい。(爆笑)

あのネクタイは、どなたかからのプレゼントだったりして。
ジャケットは、サイズと質感が大事ですからね。
ちゃんと試着して新調するなり、オーダーするなりして欲しいなぁー
ジャケットやスーツに期待するのは、もうやめようと思うの。
シンプル&カジュアル路線で行きましょうよ。

今回はステージが狭かったからかもだけど、いきなり突然ヌっと現れた感があり、
それでも思わず「キャァっ」と叫んでしまった、ケナゲな乙女ファンの私(爆笑)
で、ピアノに数歩歩む間に、すばやく全身のファッションチェック。(習性です)
(やっぱ七五三みたいだなぁ)と“微笑ましく”思いました。(苦笑)

とかなんとか、こうるさいことばかり言ってるようですが、
久しぶりの来生さんは、その存在自体に、やはり癒される。
還暦を間近に、歳に関する自虐ネタを振ってくるので、ついツッコミますが、
充分素敵ですよ。どうぞいつまでもお元気で、私達を楽しませてください。
ピッタリ2時間のソロライブでしたね、以前はソロは90分位だったように思う。
一人でピアノをあれだけしっかり演奏して、
あれだけグレードの高い歌唱を聴かせてくれて、
しかも最後の最後まで、素晴らしかった。体力も気力も充分な還暦世代!
(れいさんも鉄線花さんも絶賛の『Goodbye Day』でしたのね、
 私エンディングのピアノしか記憶に無いのが、悔しい)

鉄線花さま、
大宮の来生さんの様子も、しっかり☆★でチェックお願いいたします。

神戸は、アコースティックライブ~トリオのようですね。
RYUMEIくんと山崎さんに、スケジュールがアップされました。
行きたいぃ~でも 思い出だけじゃなく遠過ぎる。
のもんさんが、この夏神戸に旅するというので、
ワッ、ついにRYUMEIくん追っかけて神戸へ行くのか?かと思ったら、
時期が違いましたね。ここは、カノンさんが行ってくれるので、うれしいわん。

早朝の犬の散歩を終えましたが、今日も暑そう。。。
皆さま、ご自愛くださいませ。
私、昨日に引き続き、保冷剤を首に巻き胸に入れ頭に載せて、庭掃除をする予定。
人には見せられませんが、快適です。この後のシャワーとビールが快感(笑)
月子 |  2010.07.23(金) 09:22 | URL |  【編集】

変幻。。。

れいさま

れいさんの愛あればこその愁いを拝読し、そして、きっと「心配ないさ~!」と叫んでみましたw。

>いつもあの「ご馳走」ならばそうしたら、1年に1度か2度も聴けば良いかなあ…~。

そうですよね、なんだか「ないものねだりの子守唄~」なんて唄があったな~と思いながら、あくまで私心を吐露すると~正直、今回の「会場」の優秀さは大いにその演奏や唄の聴こえ方に良い影響を及ぼしてくれたのであって、行徳の(まだ言う?!;謝)来生さんをそのまま板にのせたらそうはいかなかったことでしょう。

来生さんご本人のコンディション&モチベーションに加え、何時、どこで、誰と(客席)で同じセットリストでも大部違いが出るのは、皆さんが体現済みなので、一目・一聴瞭然だと。また今回は素人感としてもピアノが優れていてメンテナンスも完璧だったのでは。マイクも違ったのかなと想う場面もあったり。
いつもより、響いた、高い、澄んだ、音質で聴こえてきたのもクラッシックホール特有のことなのでしょう。
都内のクラッシックホールでも2階席でも音響良好でSS席やS席が2階席にもあるというのは常識の様です。
(日傘か何かが倒れた時の音が「キコン」と渇いた感じだったのを憶えています。)そんなことを含め来生さんの状態と3Wが巧く合致しての浜離宮だったと感じます。なので今までも色々な色合いで楽しませてくれていた〝来生たかお〟の新たな一面が体現できたんだと喜べる自分が居ます。
そこで来生さんご本人。。。滑舌、発音、ブレスの全てにくたびれ感がなかったのは、やっぱり何か修練されたと感じます。パチンコを3日に1回にするとかでもw。トレーナーについてというのは到底考えにくいので、唄い込んだ~とか、弾き込んだ~とかの結晶。でも本当は「な~んにもしてないさ」だったら凄すぎてコワッw。

>今後はあのボーカルにシフトしてゆくという事??

根拠がなく、とても無責任なのですが、鉄印はそんなことはないのだろうな~と想っています。勿論、ポジティブにCD製作や9月以降のコンサートに備え、万全で行かれるでしょうが、「生」での来生さん特有のあの変幻さで(笑)これからもステージをハラハラドキドキ、もしくはズッキーンとさせてくれるでしょう。

あと、MCのくだり、れいさんは優しい人だな~と。
辛口スーパードライな鉄印は、きっと15分以上話されているのだから、もう少し削って削って1曲追加位の心意気を見せて下さい!と想ってしますのです。とはいえ前半から後半への来生さん自身の整え方の重要Pでしょうから「持して待つのみ」の座禅の様なひと時(痺れる~)。

「録音!」については、今回に限らず、ライヴは音源を録音されていると想うので、新譜の特典にこのライヴが切張りされるのでは?と願望も込めての予想をしてみたりしています~さてどうなりますやら。

月子さま

いつもながらのファッションチェック、参考になります。
今回は登場時点で見覚えのある風のジャケットとパンツだったので、スタイリングを記憶脳の扉が締まってましたw。まだ改善の余地はあります、クリコンは想い入れも強い@サンプラですから、是非女性スタッフ&男性スタッフの意見を上手にミックスして取り入れてみて下さいね、ご担当者さま。

大宮は手ぶらで行きます!なので☆★は記憶の小部屋のみが頼りです。きっとちょっとゆる気味に戻っている来生さんじゃないかしらと勝手に予想し大いに楽しみたいと想います~レポは今回想定外で臨みます。
我が街も猛暑真っ只中、のわりに蝉が鳴かない?R君の街では既にせみ時雨が聴かれる様ですが、時間差かしら?こんなシーズンはビールもいいですね。鉄のおススメはグラス満タンのカキ氷に白ワイン!これが旨いのなんの!!なんの話やねんw失礼しました。
鉄線花 |  2010.07.23(金) 17:06 | URL |  【編集】

どうも、既にボケが始まってるれいでございます。あーんなにすてきだった来生さんをケガシテしまって申し訳ありません。

月子さん、さすがに寝るまではいきませんでした。目はしっかりと開いてたんですが、どうにも眠気が迫ってきて、それでも抗いながら何とか聴いてました。どのあたりかというとですね、えーホラ、曲目だけで濁してるあの辺とか~この辺とかw

>あのネクタイは、どなたかからのプレゼントだったりして。

私も初めて見たときそんな気がしました☆

鉄線花さん、明日の千秋楽を前に、お騒がせしまして…&ありがとうございます~

>〝来生たかお〟の新たな一面

そうですよね、あくまでも「一面」なんですね。
どこから切っても金太郎、みたいないつも同じ来生さんなんて、あるはずないですよね。まさに経験者は語る!の説得力です。
いやー、おかげ様で何だかすっきりです!

>今回に限らず、ライヴは音源を録音されていると想うので

ほんとですか!わーい。

鉄線花さん、明日また新たな来生さんに出会った感想を楽しみにしてます。
れい |  2010.07.23(金) 20:43 | URL |  【編集】

たぶん。。。

録音の真相は「たぶん。。。」が多分に入ってまして(汗)。

昔~松田さんがライヴの模様を自主的にビデオをで録ってらして、公演後にメンバーで暫し反省会?が催されていた~と会報に載っていましたが、その時に、音源だけでは反省点が判りづらいので~という理由だったかと。なのでライヴの音源は資料用かどうか?ですが録っているものだと思っていました。CD特典楽曲の録音が蔵出し大放出(それはそれで貴重?)だったとしたら予想ハズレでゴメンナサイです(汗)。
鉄線花 |  2010.07.24(土) 07:45 | URL |  【編集】

語るネタは尽きず

鉄さんのコメントを読んで、思わず笑ってしまった。
ライブ直後の月子さんからのメールにも
「ノーミス」
という言葉があったのです。
今後のキーワードは「ノーミス」か!?

浅田真央ちゃんばりに、来生さんも「ノーミスをして」、
ずらり居並んだ採点官たちから、次々と高得点をゲットしたようですね。

得点方式は減点式か?と思うほど、
浜離宮にいたる前までは、
何かしらのアクシデントが採点に影響してしまい、
思ったほど得点を伸ばすことができませんでしたが、
今回は舞台も整い、気合いも十分、納得のゴールドメダルでしょう。


鉄さん

後半戦、待ってました!
たっぷりのボリューム、ぐいぐい読んでしまいました。

「密度」かなり進化しているようですね。
頑張りだけが目立つピアノでなく、歌唱とのバランスも良さそうで、
もともと好きな曲なので、これならのめり込んで聴けそうだ♪
また間をおかずにどこかのライブで聴かせてほしいですね。

「涼しい影」も、鉄さんにそこまで言わせるとは。
あのホールでベストなコンディションでこれを歌ったら、
さぞかし、と妄想も留まるところをしらず広がります。
あー素晴らしいものを聴きましたね。
数あるバラードの中でも、私はやっぱ「涼しい影」がイイ。

「Goodbye day」も、
またこんな場所で突然新たな聴きどころに気がつかされる、この意外性。
本当に何があるか分からないからライブって止められないです!

今回のライブ、やはり相当な意気込みがあったんでしょうか。
それぞれの場所でやりながら試行錯誤や感触を確かめつつ、
良いタイミングで良い場所でやることができたのかも。
アーチストのライブにとどまらず、
もっと広いジャンルの耳の肥えた客を満足させるために、
機材のコンディション等、スタッフが細心の注意を払って、
双方に気持ちの良い空間を作るために頑張っているんでしょうね。

大宮はどうぞゆっくり楽しんできてください。
来生さんも肩の力が抜けて、良い意味でリラックスして、
遊びの余地のある演奏や歌声を聴かせてくれるかも。
報告楽しみにしています。

グラス満タンのカキ氷に白ワイン・・・・うまそう。

れいさん

おー、ネガティブはご自身に向けてのものだったのですね(大汗)
気持ちよくウトウトって別に悪かないと思いますよ。
もったいないだけで。
音の響き具合も体に心地良かったのかもしれませんね。

ミスありハラハラありライブの方が好きかも、と思うのは、
きっと今はそれが無い方が少ないからだと思われ。
むしろそれを楽しめる要素にするのは、
今後の対策としてはアリかもしれませんが、
私はやっぱそんなのヤです~。
カンペキとは言わないが、ちゃんとしたものを見たい。
ボーカルだってトレーニングでもなんでも出来る範囲でしてもらって、
それなりのレベルを保ってほしい。
歌い方が若干変わっていくこともあるのかもしれないけど、
きっとそれも来生さんの声として耳になじんでいくのかなと。
まあこの点については、ライブで聴いていないので憶測の域を出ません。
ライブに数足を運べる人にとっては、
次でモトをとればいいものだけど、
人によっては年に1度か2度のかけがえのないイベントであるわけで、
それがハズレだったりしたら泣くに泣けませんもん。

月子さん

長く聴いてるので、月子さんてカンが冴えてますよね。
今回以外にも、おお、と思うことが何度もw

ネクタイプレゼント説!!!!

あああああなるほどおおおおおお。
ありかも(涙)
だれか次はスーツをあつらえてやってください。
ってそれは前にも言ったような。
シンプル&カジュアルは良いと思う。
アラン模様の凝ったセーターとか似合うしね。
薄手のシャツの下はちゃんとオシャレなアンダーを着用してください。
(やっぱうるさい)

神戸は山崎さんも参加なのね。
トリオだとまた色々幅が広がるし、
そのころには新譜からのお披露目もあるでしょうね。
カノンさん、Kazuhiさんの報告待ってます。
名古屋のHさんも行くんだよねー。感想メール待ってます(笑)

夏の神戸は単にバスの発着場所という感じでございます。
明石焼きだけはしっかり食べるよ!
あ、行こうと思えばそれで行けるって?


連日の猛暑。
みなさんお体には十分お気を付けください。
雨男の本領発揮で、暑い地面を少し湿らせてほしいくらいですね。
のもん |  2010.07.24(土) 11:11 | URL |  【編集】

かいつまんで。。。

大宮から先ほど帰宅し、待ってました!とばかりにクラッシュアイスオンザシャブリ!を飲んじゃったので、かいつまんで~いうか、もう長々鉄レポは興醒めの向きもおありの皆さま、すみません(先に陳謝です)。

れいさま

愛ある愁い。。。もう既にご心配ご無用かとw。
そうです~あのいつもの、慣れ親しんだホールでのリラックスモード来生さんに戻ってました(汗)詳細はポロポロありますが、また長くなるので、チョボチョボと。

みなさま

音響も、あ、聴きなれた感じ~。そしてやはり通常ホールでは照明の妙が楽しめました。楽曲によってのライティングで客席の右側面の壁に弾き語りのガリバーたかおのシルエットや、ステージ奥の幕?ボ-ド?に映るシルエット、これは@浜離宮では叶わなかった。座席も、バックショット承知で臨んだら、なんと横顔やら鍵盤やら右手の奥に左手やら、勿論指の動きもバッチリば良席でした。実は、行徳、浜離宮、大宮とも偶然にも前方は空席だったのです。これは止む無く来れなかった方には申し訳ないのですが、本当に、どの会場もスコーンと来生さんに視線が届いたのでした。

さてさて、正直戻りの早さに少々意表を衝かれ気味の鉄印でしたが、「へ~」もいくつか。

締め切り迫る
どこぞで既に仰っていたのか「リクエストの締め切りは今月一杯なんですけどね~、みなさんも是非。」とのこと。悩みすぎてまだの方はお気をつけ下さいませ。

現金取引(笑)
終演後、なんと@中野サンプラザでのクリコンの直接現金ヤリトリ申し込みブース?いえ机2客での対応w。
申し込み書と領収書が上下になっていて、領収すると真ん中から切り取って領収書受理のシステム。
もしかしたら初めて遭遇したかもです、私。
既に@浜離宮優先先行予約で手続き済みでしたが、薄い印刷文字のその申込書、お土産で持ち帰りましたw。結構、皆さん現金ヤリトリがなにか優待性を帯びているかのように群がってらっしゃいました(その点は申し込みの仕方の違いだけであって、特典等の有無ではなさそうです:漏れ聞いただけですが)。でも配布のチラシにはチャンと@大宮優先先行予約も入っていたんですけどね。先ずは先行含め実数把握の策でしょうか、ちょっと不思議。

物販ブース
今回はミドルヤングの男女2名でお店番。
そこに「Times Go by」の購入を検討されてるファンの方が~で女性の係の方が色々説明されていて、ちょっと話に加わってwみたら、月に何件かは売れていて、在庫がもうそんなにないとのこと。ボーナストラックの貴重性や冊子の貴重性もあるので、きっとそのファン方、ご購入されると願ってます。
そしてそのCD物販の前面に「余韻」の物販チラシ(B5版カラー)のラジオブースの来生さん版が何枚も張られていて。。。皆さんはもうお手許にあるのかもでうが、鉄印は持っていなかったので、男子の係の方に「使いまわし?」と聴いたら「あ、新しいのあります!」と1枚頂けましたw、この辺りも馴染みのホールならではのヤリトリ。。。かな?(爆)
そして「Try to remember」を手に取るマダム。でこっちのマダムが買いもしないのに「これいいですよ~、ライブ版で貴重な楽曲も入っていて」(図々しいの極みMAX)そうしたら「そうなの、今日もウットリしちゃって~娘も感化されて『追っかけする~』なんて言っていて!!!鉄印、今日一番のオドロキ!当のお嬢さんにはお会いできなかった(化粧室へ)のですが、十代後半か二十代前半。。。おぉぉ~来生たかお 恐るべし!!ですよね。そんな新たなファンも驚くような新譜、期待しています。
そいて物販係の方々に「35周年はポスターか何か、固定数は必ず購入するのだから是非!」とお願いを。一応係の方が「いろいろ難しい点もあるようですが(どんな点??)、事務所の方にお伝えしておきますね」と。
社交辞令で返されるけど、、こういうやり取りは草の根運動(信)。今日はアンケート用紙も入っていたし、また「パンフレット冊子」のリクエストを書き続けます。アクションをし続けると叶うことがありますから。

MCは総括へと(爆&汗)
今日もどっぷりと「死生観」の講義かな?と思いきや来生教授の今日のテーマは「MC総括」でした。
3つのテーマでソロライヴの話をして来た、①刑事コロンボからの煙草の話②政治と金③「死」について
と掻い摘んで、それぞれのテーマを復習。この話の時が来生さん緩みっぱなしで、会場も笑いがところどころでリンクして、まあ、来生さんに温かい聴講生達。
そして、予想外の(笑)「今日は最後なので、①についてもう少し付け加えて。。。」もう、鉄印は内心で笑いのツボに。あ~あの本、謹呈しておけば良かったかな~とか。@浜離宮でも全館禁煙で、お外の「吸いたきゃ吸え!」の設えの灰皿一つの喫煙場所で感じた憤りや情けなさがきっと再び「喫煙家」の叫びを呼び起こされたようです(私心)。孤軍奮闘みたいに語る来生さんへ、やっぱりあの本、謹呈しようかしら(笑)。

千秋楽を観賞し、@浜離宮はリラックスした来生さんらしさが表出したのとはちょっと違って、状態の良い緊張感の中で維持の賜物だったのでは?と改めて。千秋楽から帰宅したら強風&遠雷、皆さまの地域もお気をつけ下さいませ。

あ~、また楽曲の感想そっちのけで結果かいつまんでも無く、長々すみません(汗)。ではでは。
鉄線花 |  2010.07.24(土) 22:21 | URL |  【編集】

戻りましたか。。。

鉄線花さん、貴重なレポートをありがとうございました。
幾たびも笑いがこみ上げ、こういう実況レポート、好きです私(笑)

笑いのドツボは「固定数は必ず購入するのだから是非!」
この「固定数」というとこですな・・・確かに。(爆笑)
しかし、この親子連れさんのように、
新しいファンが増えていることも事実だということは、ネット上でも明らか。

草の根運動もだいじですね~ その鉄さんの一言で、CDが一枚余計に売れたかも!

私、思い出しました。
初めて地元で玉置さんライブを聴いて、CDコーナーへ直行。
売り子のオニイサンに「今日歌った♪おやすみおやすみ♪って、何と言う曲ですか!?」
「『夢のポケット』ですね」「入ってるアルバム、ありますか?」
「えーと・・・」探し始めたオニイサン、
「これですね!」私の隣りにいた美女ファンが、サっと差し出してくれた。
「ありがとうございます!」・・・さすが玉置さんファンは親切&美しいなと、
混雑してたので、内容確認もせずに買ってきてしまったが! 
お目当ての曲は、入っていなかったしぃ~ あとでネットで探して買った。(笑)
コンサート後には「今日の記念にCDの1枚でも買おう」という気持ちにもなるし、
チケットも、興奮覚めやらぬ内にさっさと買わせてしまおうという、
それって、グッドアイデアかも。(笑)

MC総括というのも、おもしろいね。
来生さんも、無事千秋楽を迎えて、リラックスしてたのでしょうか。
そう、浜離宮では、緊張を感じました。
格式高いホールに緊張してたのかな?と思いましたが、
思うように煙草吸えなかったから、イライラしてたの?(笑)

いろんな表情の来生さんを見ることが出来た鉄さん、れいさん、
いろんな様子を伝えてくださって、ありがとうございました。
楽しかったですよ♪
月子 |  2010.07.25(日) 15:08 | URL |  【編集】

戻ってましたw

我慢できずに急遽当日の朝思い立ってノコノコと大宮まで行ってしまいました。

タイトルの通りです。あ、でも行徳に戻ったわけではなく、のもんさんにも、もう充分、楽しんでいただけたステージだったと思いますよ。スペシャルサービスの「シルエット」もあった事だしね。あれ、気に入っちゃいました。一人でキョロキョロと来生さんの影を追っていたのは私です~

鉄線花さん、おもしろすぎですw
ぜひ来生さんにレクチャーしてあげてください。

ぼやいてましたね、タバコ~(笑)
今までの話の中で一番理解されなかったようで、って、そりゃねえ。私もちーっとも理解できません。だって煙いんだもん。

お上が余計なお世話までしてうるさい!というのは、ああ、あるなー、そういうの、と思いました。

現金取引!
し、知らなかったーーーっ
郵便局は面倒だから買いたかったなあ。
それとも、ぴあにするか。う~ん、悩むところです。
サンプラは2階席が遠いから~というのを聞いたんですが、そうなんでしょうか。前の方が絶対にイイなら、申し込みしようかと思うんですが。

月子さん、浜離宮でタバコを吸える唯一の場所が
「吸いたきゃ吸え~」な所だったと語ってた来生さんは、すんごい苦々しい顔してました。すんごいイヤそうな声も(笑)

ともあれ、私はすごーく満足しました、大宮。良かったなあ~
でも鉄線花さんの感想とは全然違うと予想(笑)
れい |  2010.07.25(日) 16:44 | URL |  【編集】

パ・ン・ダ。。。

のもんさま

大宮に出かける前に、ココの「水の抱擁」ののもんさんレヴューを繰る繰るしている内に、あれもコレもと再読していたら、知らず知らず時は流れ~(汗)。
今回の「水の抱擁」も良かったです、先日とは響き方は違って耳に届きましたがどちらも◎。のもんさんのお好きな短い間奏の部分も大切に大切に弾かれていて。。。ん?このメロ、注力して聞き返すとなんだか昔のドラマの中でこんなフレーズを。。。あ~と思い出したのが「愛していると言ってくれ」の挿入メロ。勿論、雰囲気だけで言ってます(汗)。切なくもそれだけではない雰囲気を醸しだすメロの豊富さは、来生ワールドの醍醐味ですよね。充分、楽しんで来ました。

月子さん

アルコール注入の後、忘れる前にとエピソードだけでもコメントしたのですが、楽しんでいただいて良かったです。安全地帯の物販ブースでのお話、受けちゃいました(笑)でも鉄印も気をつけないと、お節介モード全開になりかねない(困)。来生さん以外のライヴやコンサートに出かけると、来生さんの良さの再確認と共に、他ではこんな作戦企ててんのね~と感心させられることも、多いですよね。勿論、来生さんサイドは小物の物販なんてことにエネルギーを費やさずに、本当に5年後、10年後~に残して欲しい〝ソレ〟の製作に勤しんで欲しいのですがね。

れいさま

まあ、いらしていたんですね。
ホント、ご自身で確認されたのなら、それが一番!!
そうそう、@浜離宮での軽いZzzについて書かれていらっしゃいましたが、今回の大宮では鉄印の両脇の御婦人、「PS.メモリー」時点で軽いZzzされてました「めぐり逢い」辺りまで~。きっと早めの開演時刻や外との気温差に加えて、ヒーリング効果大の旋律と演奏だったのでしょうね(双方とも開演前、お連れと来生さん話に花が咲いてて熱心なファンの方の様でしたし)。

サンプラの2階席は経験がないので、なんとも言えないのですが。。。優先予約でも「あら?」と想う席の場合もあれば、一般発売席でもとても音響に恵まれる場合もあり、これは『席運』に多分に左右されそうです。サンプラは前方はナンバー〝0〟というエリアが数列ありますが個人的にこのエリアの後、列ナンバーが1~のエリアの方がステージ全体と音バランス良く楽しめるかなと想っています。なにより、サンプラでクリコン!ということも加味されて、よほどの「げげっ」っという席でなければ。。。でも音に拘りがある皆さまには参考にならないかも(汗)。
@大宮、私もさして不満は・・・(汗)確かに先日の様に涙腺は緩みませんでしたが「涼しい影」今回も良かったですし、間奏部分では指の動きを一層凝視出来たし(嬉)。なので、れいさんのご感想楽しみに『迂闊』にも飛んでお邪魔しま~す。

もう一個、こぼれだま。
CD物販ブースで「Try to remember」を流してくれていたのだれど、そのスピーカーが。。。ぬいぐるみに内臓のヤツで(汗)~身長30㎝位の立ち座り(?)のパ・ン・ダ(笑)。「セカンド・ラブ」辺りを胴体と口元を度々くねくねさせて唄っておりました。あ~「心のゆくえ」をこのパンダに唄われる前にその場を去ったのでしたw。こういうゆる~い物販、嫌いじゃないし、結構、売り上げに貢献していたみたい。ただ、私のイメージではKさんはペンギン君なのでしたがw。

鉄線花 |  2010.07.26(月) 08:44 | URL |  【編集】

物販

いえいえ、鉄線花さん、お節介なんてことは、まったく無いと思いますよ。
私だって、玉置さん=アウェイ、未知な所で親切にしていただいてうれしかったし。
来生ファンは親切と思って貰えれば、来生さんへの好感度も上がるというもの。
それに、初心者に鉄線花さんのお薦めCDは、◎だったと思います。

その玉置さんの物販コーナーで、どんな物があるのかなと眺めてたら、
携帯ストラップがあって、ちょうど私のストラップが傷んでいたので、つい手に取ったの。
そしたらベージュのスエード素材に“K・T”と書かれただけのシンプルな物で、
“T・K”に似てるからいいかなぁ~と、つい買ってしまったという。。。(違)

グッズで驚いたのは、小田さんです。
お店を持ってて、ウェアからキッチングッズまでサンリオショップ並に(おおげさ)
多種のグッズがあるのは、妹がコレクターだから知っていましたが、
ツアーには、ツアー限定グッズが、たくさん出る。
で、入場制限するほどに人が群がるのですが、私もマグカップ・Tシャツは、都度購入。
だって、小田さんキャラがかわいいんだもん~素材もしっかりしてるし、長く愛用してます。
で、横浜でだったかな、隣りに居たナイスなオジサマ、
長ーいテーブルの上を左右に指差して「全種ください」
ゲゲッ! 一体いくらになるんだ?
色違い物まですべて購入したとすれば、万円では済まないのでは?
しかし、ファン心理とすればすべて欲しいだろうなぁー
総額を見届けたい気持ちはあったけど、
混雑してたので自分の買い物済ませて場を離れました。
ちなみに、カードも使えるようなので、幾らになっても大丈夫ですよ。(笑)

来生さん30周年の切手シートは、まだ未使用のままです。もったいなくて使えないよねぇー
35周年は、やはり冊子がいいですね。

のもんさん、携帯アドレス送ってね!(と、ついでにここでお願いします)
月子 |  2010.07.26(月) 16:35 | URL |  【編集】

喫煙所

れいさん、

>月子さん、浜離宮でタバコを吸える唯一の場所が
「吸いたきゃ吸え~」な所だったと語ってた

どこだったんだろう?
いつもは喫煙コーナーを探すのですが、
浜離宮ではビールに気を取られて(笑)行かなかった。
行ったら、会えたのかな? グフッ
喫煙コーナーに行くと、えつこさんをお見かけすることがあります。
いつもオシャレでお綺麗だな~と思います。

月子 |  2010.07.26(月) 16:50 | URL |  【編集】

鉄線花さん、ありがとうございます。
サンプラ~

まだ来生さんのライブに行くようになる前に、どこで覚えたのか定かでないんですが、
来生さん=サンプラ の公式が出来上がってたようで
クリスマスライブが厚生年金会館と聞いた時は
え~ サンプラじゃないの、と何だか拍子抜けしたんですよね。
中野サンプラザの文字が輝いて見えるー

音響は気にした事がないので、(わからないとも言う)
見え方だけなんですけどね。
その0番というの確認したら、前の方に固まってあるんですね。
なるほどその後ろの席の方が良さそうですね。
そんなに前でなくて良いので、でも、はじっこはいやだなあとか。
そんな事言ってるからいつも店頭で買うんですけど。
でも今回も浜離宮も、前の人の頭でほとんど見えず。
運に任せるのも良いかもしれないですね。

あ~パンダ~(笑)
今度心のゆくえを聴いたら、くるくる回るパンダが
頭をクルクル~とするかも~~

先の鉄線花さんのコメントで強風&遠雷とありましたが、
帰りの電車、宇都宮線が落雷のトラブルで運行中止になったとかで
宇都宮で急きょ折り返し運転にシフトされることに。
直通のはずがここで全員下ろされ、次の電車を待つはめになったんです。
おまけに、途中で到着ホーム変更のアナウンスが。

みんなして民族大移動。私も階段を駆け上がった。
何年振りだろう?何十年ぶりだったりして。
そのせいか、帰りにスイカを見たら俄然食べたくなって
ビールとスイカ買いました。
ライブの帰りにすいか一玉かかえて帰った(笑)
最近は三角に切らないで、スーパーで売ってるみたいに四角く切って
イラッとする種もきれいに取ってパクパクするのが、マイブームです。

月子さん、唯一の喫煙所は、ソト、と言ってましたよ~
「ポツンと。えぇ~、あれが。」って、アレって(笑)
奥さんと、ほら、あれが~あれあれ。
なーんて話してるんだろうなあと思ってしまった。

今回の大宮は予定外だったけど、
浜離宮も最初は予定してなかったんですよね。
神奈川があるからそれだけでいいやと思ってた。
でも月子さんがあんまりいい会場だーいい会場だーと言うんで
段々その気になったんですよ。
ほんと、ありがとうございました~。

のもんさん、5年物の携帯だったんですね。それはすごい。
私のもそんなこと言えない位古いけど。
なにより分厚い!
今時のケータイの2倍以上あるよ。重い。でもすごい頑丈。
ボカボカと落とすのに一向に壊れない。
壊れないと買いかえる気にならないなあ。
でも買い替えるのも面倒ですね。
れい |  2010.07.27(火) 07:00 | URL |  【編集】

4F。。。

 先日、帰省土産に母の夏物衣服を求めにデパートへ。。。はたと気付いた時には4階で降りていました。そうです、我が家ご用達のデパートは4階がミセス婦人服コーナー(笑)。近くの別の店も確か~。メンズ館が別棟になっているところも有るので一概には言えませんが、老舗系はこの会は婦人階。来生さんの心臓破りの4階というキーワードの影に実は美談が潜んでいたのかもw。

照明
今回の大宮では、照明の移り変わりを楽しめました。
のもんさんがレポに照明を詳細に再現されていて、それも演奏レポ同様綿密であったりして凄い!と想っていたので楽曲毎の色彩(今回はモチーフスクリーンはなし)に頷いたり、へ~と持ったり。
今までもあったのでしょが、ソデから上向きに2筋のライトが~というシンプルなものから、ステージ上に設えられた2体のスタンド(球体ではなく上部が無いスクエア形(立方体?))にのみ色が灯る演出まで。
今更ながら「はぐれそうな天使」は赤なんだ~とか、歌詞に「ピンク」が登場するけど「密度」は薄いグリーンで、醒めかけのオトコゴコロはこの色なの?とか。れいさんがキョロキョロwされたシルエットは、記憶では「裸足で散歩」「水の抱擁」「涙嫌い」(途中から?)「涼しい影」で右手(客席から見て)の壁に現れましたね、はじめの「裸足の散歩」では壁の凹凸の関係か上半身は映っていない、スワッ!怪奇現象なシルエットで驚いたけれどw。個人的には「気配」の琥珀色のライトがピアノの蓋の金縁に反映し◎。ただこのライト、来生さんの白髪をなまめかしく、というより目立たせる(汗)ライトでもありました。そして「マイ・ラグジュアリー・ナイト」~赤からオレンジまでの色彩の印象だったのが、今回はブルー(実験室のブルーのビーカーの色似)。2体のスタンドに灯り。。。今までも寒色での演出があったのかもですが(気付いていない;汗)特別な演出にも感じられ印象に残りました。照明以外でも、今回しっとりと身をゆだねて聞き入ったナンバーではこの曲を挙げたいと想います。「答えて~」のところで、来生さんがゆっくり首を傾げる姿に、声が優しく響き、そしてその後は力強さを感じる「愛しい人~」へと。この感じは「涼しい影」でもチョクチョク拝見でき、何れも優しく囁く感じの歌詞の場面で~たっぷりと想いを込めて唄ってくださっているのが嬉しい!

大宮では前奏、間奏、後奏、、、それに加えて曲中でも伴奏のパターンが変る辺り(メロデー伴奏から和音へ等)にはスローダウンしながら確認しながら間合いを取っていた、そんな印象を受けました。それも含め、やはり@浜離宮での演奏は。。。録音仕様???(勝手な勝手な無責任推測です)
「密度」の〝言いきかせ~〟の直前の伴奏もちょっと違った音が聞こえた様な聴こえなかった様な?でもゴリッっと推し進めての来生マジック、佳境のエンディングへといざなわれるの巻でしたw。

あ~スミマセンまた長いッ(汗汗)。
振り返れば、夏の匂いや色を感じる楽曲が適度に選曲されていて「2010Stand Alone」時に「Premium meets Premium」満足感がジワジワと湧いて来ます。
大宮での最後のご挨拶、とても丁寧に口角をちょっと上げられて礼をされていました。「にべもない」(煙草ネタより)はずない(笑)来生さんでした。
鉄線花 |  2010.07.28(水) 08:43 | URL |  【編集】

遅ればせながらお返事

鉄さん、れいさん、大宮の報告もありがとうございます~。
戻ってました、って。
夢から覚めたようなコメントに爆笑。
いえ、いつものいい時の来生さんだったようで何よりです。

こっからいよいよCD制作ですね。
リクエストの締め切りまであとわずか!
迷ってる間に出せずに終わる、なんてことのないように、
まず参加することが大事です!
ってもうみなさんリクエスト済みでしょうか。

鉄さん

絶品の浜離宮から間をおかずのライブでしたが、
記憶が新しい中でもちゃんと楽しめる内容だったようで嬉しいです。
ってどこから目線だよ!!

サンプラの現金取引があったのですね。
せめてスタジアムのように大雑把にでも席が選べれば。
メインスタンド、左鍵盤サイド、右弦サイド、2階席ってね。
まあ版元の先行分は全部ひっくるめて抽選でしょうねえ。
私もサンプラの2階席の経験はありませんが、
あまり行きたいと思わないなあ。
私が選ぶのは前後ではなく左右なので悩ましいところです。

物販ブースでの草の根活動、いつもご苦労様です!
考えたら直接スタッフに声を届けられる可能性が高い場所ですもんね。
35周年、ピントのずれたグッズを安上がりに作るのではなく、
紙モノの復活が一番嬉しいかも。
ついでの裏話も聞けてありがたいことです。
娘さんの追っかけ発言、いいですね。
来生さんもうら若い女性が来たらビビるかもw

踊るパンダ、踊るペンギン・・・私もペンギン説に1票。

MC総括はちょっと(汗)
しかし浜離宮の喫煙場所には驚きますね。
煙草を吸う、というだけでそこまでの扱いをしてもいいのだろうか~。
人に危害の及ぶ影響と確率で言ったら、
酒や車のほうがずっと大きいと思うんだけど。

れいさん

行こうと思ったその気持ちを、
すぐ行動に移せるところが来生さんのライブの良いところです。
居てもたってもいられない感じがイイですね。
しかし調べてる流れで行ってしまうとは、驚きました。
今回のツアーはかなりの回数足を運んだことになりますね。
来生さんも喜んでいると思います!!

そうか、れいさんサンプラの時は行ってないのかー。
音響は私も実のところよく分かんないです。
ライブの最中にPAの方で調節してるなー?と感じる時はあります。
(来生さんの声の調子に合わせてるのかも)
さすがに端っこのスピーカーの前はド迫力だった記憶が。
席ばっかりは運に左右されるので何とも言えないですよね。

初代ケータイ、5年ものです。
あの時だってホントは持ちたくなかったんだけど、
いい加減仕方なく、という感じで。
小さいの!軽いの!海外で使えるの!の3点に絞って買いました。
今回買ったのも大きさ軽さが同じようなタイプで
機能もシンプルで私向きで良かったです。
通称バカボン携帯(笑)

月子さん

物販ブースでのファンのアドバイスって結構あるんですね(笑)
玉置さんのCDがハズレだったのは愛敬だけど。
ライブ後にCD販売コーナーが賑わっているのは嬉しいですよねー。

小田さんは凄いですね。
ファンの多さ、年齢層の広さがあるから、
グッズの種類が豊富に出せるんでしょうね。
しかしツアー限定グッズ、ってファン心理をうまく利用されてますねー。
コレクション癖のある人なら、個々の内容うんぬんよりも
まず全て揃えることが最重要だから、
ライブ1回で出費もえらいこっちゃですね~。はあ。
というかライブ前に山ほどあるグッズを選んで買う時間が必要だし、
買った後の大量の荷物はどうするの?と心配になるし、
人が多いとトイレに並ぶのも大変だなあ、などといろいろ考えちゃいますね。
ああ来生さんで良かった・・・。
のもん |  2010.07.28(水) 09:39 | URL |  【編集】

ニアミス

鉄さん、どうもー!コメありがとう!!

照明の件、楽しんで来られたようで。
言われて初めて、ああ私のレポは照明に関する言及が多いかな?と。
多分、照明を意識したのはずーっと以前に衛星TBSでやった
スタジオライブかもしれません。
どうだろ。もう分かんない(笑)
というか、ステージ構成がシンプルなので、
光の演出にかかる比重っておのずと大きいのかなとも。
単にイメージを広げるような色合いが好き、というのもあるし。

シルエットは来生さんの場合、
パンフやグッズなどでも象徴的に使われてるし、
ファンにも思い入れの強い演出ですよね。

ピアノの技については、ソロという部分で、
思いついたアドリブなんかも混ぜられる余裕があったのかな?
数やるごとにアイディアが増えていったりしてたのかもしれないですね。
リューメイさんの時も思うんだけど、
それ以外の音が聴こえない状態って、
ファンにとっても多くの発見があるし、
やる方の緊張度は想像以上に高いでしょうねー。

秋口からライブが再開(つかクリスマスに至るまでの新情報がまだないですがw)しますし、
また季節に合わせて一新したラインナップで
プレミアムなライブを見せてほしいですね。
トリオ、神戸のあとの場所、早く決めてきてよお~。
のもん |  2010.07.28(水) 09:56 | URL |  【編集】

感謝。。。

のもんさま

特設会場設営、ありがとうございました。
長々ウダウダ、相変わらずの駄文に恐縮至極でございますが(汗)コメントさせていただいて嬉しく想います。

みなさま

これから猛暑の東京を離れる数日間(数週間といかないところが;涙)。避暑地にも陽炎が揺らめきそうな天候ですが、皆さまも素敵な〝夏〟を満喫してください!夏女様も大好きなシーズン・・・でも今夏は新譜の追い込みでお忙しいかしら?だとしても太陽と海のエネルギーを浴びて素敵な詞〝ことば〟を綴って欲しい。

桑田さんのニュースに驚きながらも、来生さんの音楽活動のペース・活躍に改めて有り難さが込み上げます~親方様。。。案外タフ。。。感謝。

ジグザグでもお馴染みのデヴィッド・フォスター来日ですね、平日でチケ代も高~いし行けないな~w。10月はSSW来生たかお誕生月ですし、ライヴスケジュールが入ってきそうな予感(あくまで勘)。。。お財布の紐、締めとかないと(汗)。
鉄線花 |  2010.07.29(木) 16:23 | URL |  【編集】

鉄さん

いやーここまで濃い話で盛り上がるとは、
当初の予想をはるかに超えました!!
それもこれも皆様方のお陰でございます。
ありがとうございます!!
そしてポジティブな話題ばかりで埋まるようなライブをやってくれた
御大のお陰ですね。

桑田さんのニュース、あちこちで大きく取り上げられていますね。
早期の発見だったということですし、
ゆっくり治療に専念して一日も早い回復を願っています。
待ってるファンもたくさんいるしね~。

鉄さんもそろそろ避暑のシーズンですか。
もうすぐ8月だもんねー。
私も考えたら旅行ももうすぐなんだな。
帰ってきたらサカシーズン開幕か~。
1年ホントあっという間。
のもん |  2010.07.29(木) 22:28 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1608-e7ad4e46

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |