2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.07.31 (Sat)

1011ケンプターズ通信:ドリッテ2節

一体何がどうなってんだかな展開。
うるさいオヤジは誰で、
どこを押さえたら上手くことが進むのやらよう分かりません。

ミヒャは次節、3部の試合で笛を吹く予定だったみたいです。
が、なんかしらん横ヤリが入って、また白紙に戻されたようです。
担当すると思われた SV Sandhausen 対 Kickers Offenbach、
DFBのサイトには別の審判の名前が入っています。

記事だけがーっとリンクします。
RevierSport:Wirbel um den Referee
SPIEGEL:Kempter erst angesetzt und dann zurückgepfiffen
RP.ONLINE:DFB pfeift auf Kempter
WELD.ONLINE:DFB setzt Schiedsrichter Kempter nicht mehr an
Kicker:Offiziell: Zwanziger kandidiert wieder
FR.ONLINE:Kempter darf in Sandhausen nicht pfeifen
FR.ONLINE:Kempter darf in Sandhausen nicht pfeifen
(↑一つ上と同タイトルですが若干内容違います。
FR.ONLINEが記事の件数も含め、一番ミヒャの件を詳しく取り上げてる気がする。)
1asport:DFB setzt Kempter vorerst nicht mehr ein
も、このへんでいいか・・・。

DFBは彼をどうしたいの!?
私も復帰してほしい気持ちは山々だが、
いらずらに期待させて落とされるのはもうたくさん。
「彼の主審としての人間的な資質に疑問ないとは言えず、
これからもう一度教育しながら経過を見守り、再度チャンスを与えます」
という方向性が確認されて、
あとは時期を見ながら静かに、彼のまわりの環境を整えつつ、
経験を踏ませていくのだと思ってた。

南アフリカから戻ったDFB副社長(と翻訳に出てくる)ロルフ・ホッケの一言が
どれだけの重みを持っているのか、
私にはさっぱり分かんない。
「彼がもう3部の主審にノミネートされてるとは信じがたい!
南アフリカでも彼の件は話題に上がっていた」
なニュアンスの発言が出ているけど、
これでまた復帰の目途が遠のいていくのだろうか。
ツヴァンツィガー氏の今後の動向、なんて話も並行してあって
もうこのへんになると、誰のどんな思惑が絡んでいるのか分からない。

頼むから、ミヒャのことをちゃんと考えてくれ。

急ぐ必要なんてない。まだシーズン始まったばっかりだし。
彼とじっくり話し合うなりなんなり、
お互いしっかり意識の確認をしたうえで、
どんな牽制が入ろうが退けて、
確実にピッチに戻ってこれるようにしてほしい。
「こうするつもりだったんだけど、やっぱやめた。
だってこういう問題がまだあるみたいだしー」
ってそんなふうにかき回すの、いい加減止めてくんないかな。
これじゃまたミヒャが不安でおかしくなってしまう。

たく長いシーズンオフの間に何やってたんだよっ。

記事を翻訳する前に目に飛び込んでくる単語が、いちいち刺激が強くて困る。
nicht mehr ansetzen に vorerst があるかないかで大違いだ(涙)
気安くKarriere-Endeとか書くのも止めてくれッ。

今日はこんなふうにネットに時間を取られるつもりじゃなかったんだが。ううう。
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミヒャエル・ケンプター

09:51  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1617-720c376d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |