2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.08.23 (Mon)

1011BL開幕戦 BVB対バイヤー

いよいよバイヤーの新シーズンが始まります。
今季も変わらず、蛸足で一番チームとして応援しているのはバイヤーです。
そう見えないかもしれないが。
ま、ニュースチェックまではほとんどしないけどな。
試合見てなんぼなんだよバイヤーは。

人の出入りについても、ちゃんとチェックしておりません。
ハンノが最初のころ戻ってくるのを知って、
ハノーファーでキャプテン交代させられちゃったし、
古巣のバイヤーがあって良かったね、と思ってたら
同じポジションの大物バラックが戻ってきちゃってさあ。
「バラックが来るなら、ここには来なかったよ!」と怒ってるだろうなと。
あとはクロースが帰るのは既定路線だったので、
特に今言うことはありません。
バイエルン戦で運よく出番が回って来てたので、
まあ頑張って隙間を見つけてガンガン伸びてスタメン奪っちゃえばと。

という前提で。
以下とりとめなく。

マヌーが外れていたのはどういう理由なんでしょうか。
フジだとぜーんぜん触れないからね。
でもライナーツを抜擢するくらいだから、万全の状態じゃないのかな。
アップしてるの見て、ベンチに入ってるのだけようやく分かりました。
ネット繋いでなかったから全然分かんなくって。
センターバックを試合の途中で交代する、
というのはよっぽどのことがなければしないものなので、
今回出番がなくてもあまり気にしていませんが。

結果的にはヒーピア一人で大丈夫だったけど。
ドルトムントがやってた4?2?3?1って
1がほんっとうに強くないと使えないシステムなんだよね。
ジダンやバルデスやクバのようなちょこまかうるさい味方のバックアップ無しに
バリオス一人に任せても、そこだけ押さえちゃえば問題ないな、と。
特にヒーピアが正面向いての勝負は完璧だったのでは。
前に飛び出してのインターセプトなど、判断早く確実だったし、
放り込まれてくるボールもしっかり前に処理。
その前段階から他のバイヤーの選手たちも人数かけて囲んで押さえこんでたしな。
セットプレーはまだ不安があるけど、守備面は概ね安心して見れました。

香川はプレーをちゃんと見たことがなかったので、
素早くするする入り込んで、球離れよくアイディアのあるパスも出すし、
もちろん自分でもどんどん仕掛けるし、
フィジカル面でも、ドルらしい後ろからのやらしいつっかけ守備をちゃんとやってたし
クロッポに十分アピールできるポイントを持ってるなと思いました。
ヒーピアをかわしてレネと1:1のシーンはやられたと思った。
ドイツ的にもこういうタイプって好きだと思う。
カメラが意識的に抜くシーンも多かった。
ただ時間がたつごとに、特に目立って効果的な仕事は減って行ったように思う。
疲れたようには見えなかったが、バイヤーの守備に対応されちゃってた感じ。
フジの日本人寄り実況については今更だが、
(このままパスが通ってたら)カガワーーーッ!って叫ぶのヤメテくんないかしら。
絡んでないのに紛らわしいので。
今日の試合が見れるのは、香川さんのおかげです、
と分かってはいても、限界ってものが。

それでもっ。
風まより、ぜんっぜんマシですよ!!!!
そりゃ双方のチーム力の差と言われればそれまでですが、
ボーフムの時なんて、小野さん意外、敵も味方もみんなヘタクソですからね。
弱点だらけだし。
今回の実況は、プレマッチの金子よりもマシでした。
なんて言っても、今シーズン、当事者となったファンの人にとって、
このレベルでも耐えがたいものであることは想像に難くありません。
何がいやって、その後で追い打ちをかけるように、
ブンデスを初めて見る人にああだこうだと勝手に言われるのがヤです。
まそんなのも含めて、私はもう前季までさんざんイヤ?な思いをして耐えていたので、
ここは一つ、「副音声希望」「現地音声のみでも可」のメールをフジに出しましょう。

戻ります。

バイヤーの立ち上がりを見ていて、
じわじわと気が付いていく。
もしかして、君たちフィジカル強くなってない?
若い若いと思っていても、
やはり順当に彼らも年を重ねて戦う体になっているんだなと。
前季までのバイヤーはドルとかバイエルンとか、
ボールが離れた後に後ろから身体で当たってくるような守備をするチームを
とてもイヤがってたように見えた。
思うようにパスを回せないのもあるし、
執拗にファウルにならない程度に少し引っかけていくプレーをずっと続けられると
ストレスがたまって動きがどんどん萎えていくような感じがあった。

なんだけど、
今回、そういう守備を受けているのは変わらないのだが、
以前よりも気にしなくなっているように見えた。
チームの雰囲気は特にそのせいでささくれだって行くようには見えず、
その中でゴリゴリと突破口を探しているようだった。
前半の続けざまの2点。
ドルトムントの守備に囲まれながら、足が次々飛んでくる中をドリブルで突き進み
二人が固まって入っていくことでボールをとにかく繋ぎ、
ゴールまで持って行ったのはお見事だった。
19分、バルネッタが一瞬持つ時間があったが、きちんと押し込んだ。
22分、レナトは勢いを殺さずそのまま流し込んだ。
素晴らしい。

レナトTOR

ヘルメスは今回、怪我でアウトだったが、
プレマッチでもいい仕上がりを見せてたし、
レナトも2シーズン前の調子の良さをもう一度見せてくれそうな予感を感じた。
二人とも、昨シーズンは怪我のせいでスタメンを確保できず、
これといった結果も残せなかったが、
今シーズンは仕切り直しでまたあの好調時のプレーを見せてくれるんじゃないだろうか!

バラックも開幕からスタメンで出場。
キャプテンがヒーピアだったのにはちょっと驚いたが。
こちらもヴィダルと二人、いい関係だったように見えた。
ヴィダルが広範囲を動いて体を張った最初の守備を見せ、
バラックはその後でのフォローで、こちらも体を張ることをいとわない。
ゴリゴリのボランチが中を締めるって、いいじゃないか。
ヴィダルは今シーズン、さらに良くなりそうな気配がガンガンします。
バラックの今の状態がどうなのか分からないが、
今日の試合を見ていると、「バラックありき」なチームにはならないような気がする。
ま、そこは私の希望でもあるが。
この先、試合が続いて困った時、しんどくなった時、
彼の存在が大きく力を発揮するような状況ならいいな。
バイヤーの良いところは、押さえどころが掴みにくいところだと思うので、
誰かに頼ったチームにはなってほしくない。
(だからクロースが抜けても、バイヤー的には何の問題もない、と思っている)

話は前後するが、
ヴィダルを下げて、ハンノを使ったハインケスにちょっと感動。
しかも後半残り3分くらいのところだったが、
ハンノがちゃんと試合に入れていてさらに感動する。
そこが若造とは違うのだ。
贅沢なことだが、バイヤーのボランチは今一番の激戦区。
でもソフト&ゴリゴリの多様なパターンのボランチがいて、
何だかとってもこの先楽しみ。
ヨーロッパリーグもあるんだから、組み合わせが増えるのは良いことだよ。

キースは今季も耐えて耐えて耐えてポストの仕事が続くだろうが、
とにかく頑張ってくれー!と応援しまくるのみ。
今日も何度も何度も何度も後ろから削られて倒されていたが、
それでも踏ん張って変わらぬプレーを続けたキースに涙。
あなたがまず最初に相手の攻撃を背中で受けてくれるから、
他の味方が活路を見出すことが出来るんです。
得点を取るだけじゃない仕事がキースの真骨頂。
だからせめてデルディヨクはキースが体当たりでつないだチャンスを
もっと丁寧に、きちんと決めてくれ。

前半2点のリードで折り返し、
後半になって多少押し込まれるシーンも増えたが、
むしろドルトムントの方が「いつもの通りやってるのに」で
焦ってるような感じがしましたね。
ボールが出せない。出したら取られる。ミスも増える。
点が取りたいから後ろを削って前を増やしているがチャンスは思ったほど増えない。
バイヤー、守れそうだな、と思いました。
まあ事故はいつでも起こるものなので、気は抜けませんでしたが。

バイヤーはでも追加点を取るべきだったと思う。
集中していれば十分に取れる状況だった。
守備は人数をかけて囲い込んで奪っていたし、
最後のヒーピアがキレていたので不安はなかった。
相手が攻めあぐんでいるのだから、
しっかりと隙をついて引き離すべきだった。
でも前半ほどの緊張感はなかなか取り戻せず、
決めるだけのチャンスはそれなりにあったのだが、
結局これ以上試合を動かすことが出来なかった。
ここから先のことを考えると、こういう時に点を取れるチームにならないと
上に上がるのは難しいかなと。

なんて1試合だけであれこれ言うのは早計ですが。


マーカス、怪我してるのかい。
最初18歳の知らないおこちゃまが入っててガッと頭に血が上ったんですが、
後半、スタジアムで観戦しているのが抜かれましたね。
彼女と笑顔で話してはいるけれど、
ちょっと懐かしい、少し緊張した感じのマーカス。
今年もまた残り数分しかチャンスはもらえないのかな。

最近はどのチームも若手をどんどん起用していってるけど、
27,8の脂ののった選手たちが出番をもらえないのは、
あんまりだと思う。
経験を積んで体も出来上がっている選手は、一朝一夕には生まれない。
心身ともに充実して大きな成果を残せるはずの年代の選手たちを
もっと大事にしてほしいよ。

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン ドルトムント

21:41  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1634-d0324836

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |