2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.12.02 (Thu)

RYUMEI・LIVE@RR~スローライブ

リューメイさん、恒例のマンスリーライブの日です。
今日はお天気も上々。
ずっとCDで聴いていた曲を今日は生で聴くのです。
いつもと逆な状況で、どんな風に響くのか楽しみです!

レポはゆるゆる参ります。
明日も午前中にエクササイズで暴れてきますので。

********************

帰ってきました~。
今日も名残惜しい気持ちを抱えつつ、いつもの時間まで長っちり。
晩秋らしいまったりライブは微細な音を楽しむ感じで、
じっくりと堪能させていただきました。

レポは気長にお待ちください。

********************

なんかAERAの中吊りみたいなイタタなタイトルになってきたな(苦笑)

なかなかまとめて書いてる時間が無くて
ずるずるとこんなにかかってしまいました。
なことやってる間に、御大の新譜情報も、チラ見せ段階から
少しサービスショットが出てきたようで。

銀さんと並んで編曲者に名前を連ねているRYUMEIさんは、
ソロでこんな活動もしておりますの。
この機会に合わせてチェックしてもらえると嬉しいです。

ではどうぞ、ごゆっくり。

【More・・・】

今月はMAKOさんとのツーマンライブ。
リューメイさんの出番は後半ですが、
せっかくなので最初から聴くことに。
今日も大阪からKazuhiさんが来てくれました~。

小柄ながらも芯のありそうなMAKOさんは
歌声もソウルフルで魂の入ったヴォーカリストでした。
最初のジャズ、その後のオリジナル、続いて熱いカバーの数々と
聴きごたえたっぷりでした。
オリジナルは温かで甘いメッセージソングで、
私の好みとしてはカバー曲「PEACE」(偶然街で耳にしたアーチストの楽曲だとか)と
ゴスペル風「Let it be」に痺れましたね。
正面からエネルギーの塊がどかんどかんと繰りだされてくる感じで
聴いてる方も体力がいるなと思った次第。
姐御肌の魅力のある女性でした。
ファンが多いのも頷けます。

終了したのは遅くて、8時45分くらいだったかも。
リューメイさんがその後準備して入ってきた。
おおっ、今日はシックなスウェード調のジャケットにジーンズです。
秋らしい装い。グレーのハットもオサレ。
そしてギターを弾いている時に気がついた靴下はドクロ柄。素敵。

パワフルなMAKOさんのステージの後で、
ゆっくりと始まったイントロは、

「ハメルーン」

いつものライブよりもずっとゆっくりなリズム。
ピアノの音がキラキラと響く。
こちらもアレンジに遊びが加わっていい雰囲気。
前回は突然の故障で弾ける範囲も制約がかかっちゃいましたからね。
今日はリューメイさんの両方の指が見える位置で、
ゆっくりな音と指の動きを確かめつつ見る。
シンプルなギターの音が気持ち良い。

「Close to you」

久しぶりに聴くかも。
このRアレンジはアーバンな雰囲気なんだけど、
リズムは意識しているかのようにゆっくりだ。まったり~。
シンプルなピアノとギターの構成は、
音を捉えやすい。
細かなニュアンスも聴きとれるようだ。
耳が慣れているせいかもしれない。
ギターの音の響きが甘くて気持ちいい。撫でられてるみたいで。
後半のギターとピアノの二つの低い音が重なりあうところでグッときた。

今回初お披露目のカバーがここで。

「My Cherie Amour」Stevie Wonder

あーこれは聴いたことある。
曲名とアーチストまでは分からない。
リューメイさんが紹介した時の声がボソと小さくて聞きとれなかった。
↑ライブ後に教えてもらいました。

ここまでの2曲から、さらにもう一段ゆっくりになったような印象だ。
まったりもどこまで行くんだ!(笑)
アレンジもシンプルに、音もさらに少なくなったような気がするギター。
囁くような甘いヴォーカルが際立つ。
弦を一つ一つ弾く指の動きに視線が集中してしまう。
弾くそばから重なっていく音が豊かに響く。

弾き終わってリューメイさんは
「まあ最初にやる時はこんなもんです」
と少々不完全燃焼気味?そう?

リューメイさんはいつもマイペース。
ツーマンの相手に頓着せずに、まったりと我が道を進む。
今回はCDを発売した直後のライブになる。
「CDとライブのアレンジは似て非なるもので、
ライブを聴きに来てくれた人には、ライブならではのものを聴かせようと。
たとえて言うなら唐揚げのムネ肉とモモ肉のような微妙な感じなんですが。
え?分からない?」
いや、まあ「微妙だ」というイメージはよく分かるけど。
「唐揚げって・・・唐揚げに例えるところで間違ってませんか」
マキちゃんのナイス突っ込みw
「あ、キーボード、紹介します。北村真紀ちゃんです!
「あっ」って言っちゃった。思い出した、みたいじゃん。
そんなことないですよ、ちゃんと紹介しようと思って
・・・・忘れてたんですが」
今日もリューメイさんはノリノリですw

「マキちゃんとやるようになってもう1年以上経つんですが、
いつも当日リハとかそんな感じで、
先日久しぶりにリハをやったんだよね」(←バンドは除く)
「人生2度目のリハでした」
改めてじっくりやると、今まで気がつかなかったことがお互い見えたりして
良かったようですよ。
「せっかく人生2度目のリハをやったのに、3曲目違ってましたよね!」
「えっ、オレ間違えてた!?」
「そうじゃなくて、リハの時はもっと元気だった」
「ああ~、今日はまったりやろうと思って」
その時の気分で流されているリューメイさんw
確かにまったり度が徐々に上がって行ってたもんなー。
「声も低いしw」とマキちゃん。
「今日はリューメイさん眠いんですよね」
「待ち時間が3時間くらいあったからね。上で待ってて寒くて寒くて
ヒーターの近くであったまってたら今度は眠くなって」
「寝ていい?って聞いてましたもんね、10分前に」
「10分前はさすがになーって、やめたけど」
「いつものお昼寝してないからですよね」
「そういうこと言わないの」(←本気で恥ずかしがっている)
リューメイさんはしゃべるのを聞くまで、
今日どういうモードなのかわかんない(笑)
まあいつも天然なんだけど。

「じゃあ眠気覚ましに、次は『花粉』」
「なるのかな?」苦笑いのマキちゃん。
始まったイントロがまたぼわ~んんん、としたピアノの音で、
さらに眠気を誘うよう。これじゃ目覚めないよ!
とても柔らかいのだ。
リズムも今日はとことんまったり。
リューメイさんも弾きながら眠れそうなほど。
それでも「物憂い僕の街~」からはぐっとテンションが上がって
甘いヴォイスを響かせてくれました。
そして脳内では一緒に入るであろうコーラスが再生されてます。

「次は『Full moon』をやるんですけど、CDはアルバムバージョンとして
まったく別のものになってます。
ライブではアコースティックなんだけど。
他の楽曲は以前から持ってる機材で作っているんですが、
この曲だけは新しい機材でやっているので、
他の曲と音色(おんしょく)が少し違うんですよ。
そこだけちょっと腑に落ちないというか・・・」
あ、そうなんだ。
さすがにアレンジの違いは分かっても、
機材で変わる音の感触までは分からない~。
「だからといって前のをそのまま収録するのも癪なので、
やっぱり新しいものを聴かせたいじゃないですか」
うん。ここまで劇的に変わったヴァージョンを聴けるのって
単純に嬉しいです。

「最初聴いた時は、なんだこれ!って思いましたよ」とマキちゃん。
「ライブの時は雲海っぽいイメージで弾いてるんだけど。
これは街っぽい。街を上から見てるみたい」
「いいこと言うね。
海じゃねえ!とも言われたしw
アダルトな感じ?     ・・・アダルト?
俺なんかおかしい?」
おかしいw

なMCのあと始まったのは
お馴染みのアコースティックバージョンながら
ギターのツンと甘く冴えた音は久々で(新しいCD聴きまくってるから)
やっぱリューメイさんのギターって良いわ♪でメロメロしてしまう。
マキちゃんのピアノを聴いていると、
なんだか水の泡のようなイメージで、
海の中から海面越しに空を見ているような絵が浮かぶ。
一つ一つの音がとても大切なモノに聴こえる。

「I Saw the Light」:Todd Rundgren

うーん、これも素晴らしくまったり。
ギターとピアノだけなのに音がとても豊かに響いてる。
このところずっとCDを聴いていて、しかも傍らにただ流すというよりも
ヘッドホンで音量高めにして、パソ作業をしつつも、
深く侵入するような聴き方をしているので、
今日のライブを聴いていても、
前よりも細かな音を拾える率が高くなってるような気がする。
修練の成果でしょうか(笑)

「LOVE」

強くて、男前なギター。
なのにとても味わいが深くて広がりのある音。
ライブってやっぱり体に響く音の波を実感することだよなあと。
ヴォーカルは2番に入ってグッと崩しを入れていく。
そういうのが似合う楽曲。
ギターもピアノもシンプルなようでいて、
なのにグーッと盛り上がっていくのだ。
塊のようなLOVE。
なんてカッコいいんだろう。
後でマキちゃんに聞いてみたら、
いつもはオルガンの音色(おんしょく)で弾いているのだけど、
今日はピアノの音で弾いてみたのだそう。
あーだからいつもよりも固い質感があったのかな。
いつもはカクロウさんと3人でやっていたが、
リューメイさんと二人での演奏は初めてとのこと。
ああそうだっけ。
そんな少しずつの違いも、その時のライブ感を強くするんだな。

ここで告知など。
来月は26日(日)にマキちゃんと一緒にワンマンライブ。
その前の25日(土)はRockerRoomの忘年会で、
隈さんのPOUSSE-CAFE'ライブと
あとはリューメイさんたちゲストがいろいろ乱入してセッションなどをやるだろうと。
「何も予定のないマキちゃんも25日は来るんだよね」
「そうです。そこは言わなくてもいいのに(涙)」
「あ、(リューメイさん、手で口を覆ってごにょごにょいう仕草)
みんな、今のは聞かなかったことに。


えー何の予定もないマキちゃんは・・・」
「繰り返した(涙)」

26日はまだ何も決まっていないけど、
今日の音合わせでマキちゃんが何気なく弾いたラテン風ハメルーンが
とても面白かったらしい。
ボサっぽい感じでちょっと力強くラテンな弾き方をやってみたら
リューメイさんが合わせて歌ったのだと。
「これいいね!」って。面白いなあ。
ハメルーンならそんなアレンジも凄く合いそう。
「もうマキちゃん全面アレンジで、俺がそれに合わせて歌うんでもいいや~」
さて一体この思いつきの中から、実際に姿を現すのは何だろう?
なんだか次も面白そうだなあ~。

いやね、自分の中では「行こうかなあ」って気分にもうなっちゃってるんですよね。
月末けっこうギリギリまで働くし、いいじゃんよーって。

あともう2曲です、って言われて
えっもう!!と。
なんでこんなにあっという間に過ぎてしまうんだ。


「マルコとポーロ」

うおおお~、今日は何だかソリッドな感じ。
ってこの表現が合っているのか怪しいけど、自分の中ではそのイメージ。
エッジが効いてる、よりももっとゴツっとした肌合い。
最初はそんな硬派な音で攻めつつ、サビに入るとゆるっと弾いて甘さを出す。
あーたまんないです。
リューメイさんの音は他には無い!

「僕の曲は、楽しむって感じじゃないんですが。
・・・
聴いてくれて、ありがとうございます」
ペコリと頭を下げた。
「楽しむ」という言い方をしたけれど、
ニュアンスとして言いたいことは伝わった。
リューメイさんの楽曲はじっくり聴くことが出来るもの。
それぞれが思い思いにゆっくりと味わうことができる。
手っ取り早く共感で繋がるような楽曲とはタイプが違う。
それが良いんだけどなあ。
私もなんだかもどかしい。

「願い」
この曲、マキちゃんのピアノが世界をぐーっと広げてくれるのだ。
一筋のギターの音の周りを、清廉な音で彩っていく。
ヴォーカルは伸びやかに、届くように。
メッセージの含有量はこれくらいがちょうどいい。
語るまでもなく、心の中にイメージは自ずと生まれてくるのだ。
他の人が違う物を見ていても、それが何の問題になる?

暗転、のち少し明るくなり、終わるのかなと思ったが
まだ二人はステージに残っているので、
拍手をアンコールに続ける。
リューメイさんは足でパタンパタンと拍子を取るように(笑)

「Song for you」
二人の定番バラードですね。
リューメイさんはヴォーカルのみに。
マキちゃんのピアノが今日も炸裂。
ドラマチックで華やかな迫力のピアノ。
弾いている本人もぐーっと世界に入っていてカッコいい。
バチバチと火花が散るようなセッションは今日もズシリと響いてくる。
集中しなけりゃ出てこない声と音。
さんざ緊張感を高めておいて、
終盤に入ってふっとヴォーカルを緩めに流すあたりが、またニクイ。
そしてまたぐっと締めに入るんだからヤんなる(嬉)
ボリュームのある楽曲で、今日のライブも大満足で終わる。

終わって明かりが再びともって、
背中から
「オオオオオオオオ~~~~」
と朗々とした男性の声が響いてきて、
何事?隈さんいたっけ?と振り返ると
リューメイさんが
「選曲、間違えてるでしょ!」

何そのオチ!!
こういうギャグのセンスは好きだ。(←狙ってないから)
しばらくしてフツーのポップスがかかった。
最後にこんな笑かすか!


今日はなんだかあっという間だったなー。
それでも、まったりとシンプルながら音をじっくりと楽しんだ気がする。
前よりも、小さな音にも敏感になれたんじゃないかなあ。
CD聴いた効果がこんなところにも。
リズムはまったりしてたけど、
声は今日も素敵に伸びて、甘くも男前にも変化をみせてくれました。
リューメイさんの声は独特の味がある。

さて今日もKazuhiさんがいるので、
リューメイさんが来るのを待ってる時間もずっとおしゃべり。
途中でマキちゃんもテーブルに呼んで、
ピアノを仕事にするきっかけなんかを聞きだしたりw
「ハメルーン」のラテンバージョンも楽しみだねーなんて話で盛り上がる。
今日はピアノも直っているので、
マキちゃんも前回の分を取り戻すように弾いていたと。
アドリブ的な音もたくさん聴こえたような気がする。
「席が近すぎて音がぼわーんてなりませんか?」って聞かれたけど、
どうなんだろう?もっと後ろで聴くと違う音に聴こえるのかなあ。
以前、リューメイさんのソロの時、後ろで聴いていたら、
天井から声が降りてくるような感じがしたけど。

リューメイさんは今日のライブはあまりしゃべらず、
じっくり聴かせたかったみたい。
MCの声が低かったのはそのせいなのか!?
今日は待ってる時間が長かったと。
RockerRoomの楽屋は2階にあるのだけど、
モニターがあるわけではないようで。
地下の様子が分かんないのは辛いかもね。
MAKOさんもちょっと長めだったしなあ。

あと今日はとても空気が乾燥していたと言ってた。
空調はあったかくなったり涼しくなったりとちょこちょこ変わってたようだけど。
ギターの弦は問題ないんだけど
歌うの時に乾燥がキツいみたいだった。
ちょっとしたコンディションの差と思っても、
実際やっている方は大変なんだろう。

今日も二人の最後のマッチアップが
バチバチしてて良かったね!と伝える。
マキちゃんもリューメイさんに「良かったですか?」って聞くと、
リューメイさんもサムアップ。
「また進化してたよね」とセッションに満足げ。
いいなあ、こういうのライブの醍醐味だよね。

と、話は尽きないのですが、
今回は来生さんのCD発売やライブも近いので、
ちょっと探ってきました。
ここで書いても良いかな?なことをおすそ分け。

CDはもう録音まで終わっている状態だけど、
mixには立ち会えなかったので、
まだ出来上がりを聴いていないのだそう。
mixの作業によって、楽曲のイメージというのは
本当に大きく変わってしまうらしく、
そこはちょっと不安げな感じでした。
自分のアレンジ2曲以外にも、そこそこ全ての曲にかかわっているし。
そうは言ってもプロデュースを任されたわけでもない。
なかなか難しい立ち位置だったのかもしれませんね。

ちょうど自分のCDも出して、
これは隅から隅までリューメイさんの意識を届かせて作ったものだから
余計に自分がタッチできない部分のもどかしさや不安があるんだろうな。

まあでも最終的には来生さんのセンスがキーになるし、
二人であれこれやった作業の過程があるから、
大丈夫、だとは思うんだけどね。
そのへんは発売後にいずれ裏話で聞いてみよう。

来年のライブツアーについても確認する。
「千葉、来ないんですか?」
「いつもはありますよね。でも今回はなさそうな感じです」
「うるさいのがいるから行かないんだ!」チクショー。
実は前回のライブの時に「名古屋もあるみたい」と聞いていたのだが、
後から出てきたのが例のイベントのようなものだったので
「名古屋のライブ、ってきっとコレですよね。リューメイさんは参加するんですか?」
「いや、多分ソロじゃないですか?」とのことです。
今そろっているのは9か所。
「これ以上は出なそうですかね?」
「うーん、そうかもしれないですね」
千葉はともかく、東京で1か所くらいやらんのかな。
とかいって武蔵野の方だとちょっと遠いけど。
今のままだと行けるの横浜くらいじゃないの。
それまでおあずけってのはいくらなんでも。

来週は釧路のディナーショー。
前泊して、ライブの翌日に帰るらしい。
とりあえず無事に行って戻ってこれるのか心配してました。
強力雨男と一緒だもんねえ。
何事もないことを祈ります。

クリスマスのライブは、来生さんもなんかちょっと考えてるっぽいです。
何かは聞かなかったけど。
クリコン用の作業もきっとリューメイさんが任されるものが
いろいろあるんでしょうね。
ライブまで短い期間だけど頑張ってくださいませ。

そうそう、私はご褒美席がゲットできたので
「ステージから見つけてくださいね」と言っておいたw
このへん、と教えたら
「目の前じゃないですか。当たりですか?」「当たりです!」
(最前列じゃないっす。リューメイサイドなだけで)

12月26日のワンマンライブについては
「一応、来るつもりでいます」と伝えました。やっぱ来たいもん~。
Kazuhiさんは日曜なので無理そうだと。

「いつも、これが最後だ、と思ってやってるんです」
ってリューメイさんが言った。
ああ、
そうなんだろうなあ。
改めて言われるとズシリと来る。
でもそれくらいの気構えで、
毎回クオリティの高いものを見せてくれるんだ。
私も毎回「今日も来れて良かったなあ」って思ってるんですよ。
いつ何時、何があるか分かんないしな、と。
行ける時は行かないと。
いつでも行ける、また次にしよう、なんて、そんなものではないのです。

いつもより少し遅い時間に外に出て、
電車でKazuhiさんと話している間にも
すでにKazuhiさんの心は揺れているようでしたw
「年末の挨拶もしちゃったけどー」
まあ私も軽々しく「おいでよー」なんて言えませんけど、
(逆の立場だったら、とてもこんな足しげく通えないよ)
ゆっくり考えてくださいませ。

来生さんネタを求めてここを覗いている皆様も、
少しでも興味を持ったら
ライブハウスに思い切って足を延ばしてくださいませ。
来生たかおのライブで見せる、あるいは来生たかおのライブでは見れない、
独特のRYUMEIワールドを、今、楽しんでほしいと心から思います。

さてそろそろクドくなってきたので、この辺でアップ。
御拝読ありがとうございました。
スポンサーサイト

タグ : 小田木隆明 RYUMEI

01:42  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

拝読。。。

朝からお邪魔して、拝読w。
いつも同様、楽しく読ませて頂きました。

まだR君の新しいお皿入手していないので、のもんさんの(きっと冷静ながらLOVE満載のw)アルバムレビューも我慢の果てのスルー状態(涙)。

たかおさんのクリコンで入手しちゃおっか?。。。と思っておりますが(「ひたすらに~」もいい感じで聴き重ねがひと段落する頃でしょうし~~先ずはステージでの演奏&コーラス、サポートよろしく!と期待しています。因みに私も、ブロックで言えば弦弾き班サイド席(笑)。プレーもじっくり楽しませていただきますね。
クリコンですから、何か楽しい仕掛けがあるかもと期待しつつ、(なかったとしても)ステージのみなさんも客席のみなさんも会場全体で“来生lovers”で盛り上がりましょう!!
鉄線花 |  2010.12.02(木) 10:21 | URL |  【編集】

決めました!

さっそく読ませて頂きました♪
まだ5日しか経っていないのにすごく月日が経っているような気がします。なんか思い出しではボーっとしています(笑)。良かったですよね~この日のライブも。

私は特に『LOVE』が印象に残っています。今回はいつもに増してかっこ良かったです!

>「いつものお昼寝してないからですよね」
「そういうこと言わないの」(←本気で恥ずかしがっている)

この時のRYUMEIさん可愛かったですよね(笑)。少し顔が赤くなっていたように思います(ウフフ)。

>「いつも、これが最後だ、と思ってやってるんです」
ってリューメイさんが言った。

この言葉には驚きというか衝撃を受けました。でもそれだけいつも真剣勝負をされているって事ですよね。
私も「来れる時は絶対来たい!!」って改めて思いました。なので12月26日は行くことに決めました!今年最後のライブですもんね。RYUMEIさんにお会いしたいですし。。。「最初は2時間くらい遅刻をして出勤すればいいか」って考えていましたが、大急ぎで支度をしたらなんとか定時に出勤出来ると思います。29日から休みに入るので2日間がんばります!張り切ってもう新幹線&高速バスのチケットも取りました(笑)。
という事ですので、のもんさんまたよろしくお願いします。(のもんさん行かれるんですよね?)←もう決め付けています(笑)。
kazuhi |  2010.12.02(木) 21:05 | URL |  【編集】

鉄さん

あっ、アルバムレビュー、まだ封印してるのね!
ちょっと嬉しいです。
ぜひ我慢して、聴いてから読んでみてください!
先入観なしで聴いてほしいわー。

12日以降に来生さんの新譜が手に入るなら、
クリコンまで十分に予習出来そうですよね。
イイ感じに気持ちを高めて、
ファンも準備できるんじゃないかな。

クリコンの後で、気持ちが揺れたらリューメイさんのCDもゲットしてみてください。

Kazuhiさん

どもども。
『LOVE』が良かったという感想は
ライブの後でも言ってましたもんねー。
今回のはまた違うカッコ良さがありましたよね。ホント不思議。

>少し顔が赤くなっていたように思います(ウフフ)。

なってました。素でしたねえ。

あっ、なんか書き忘れてると思ったんだよ!!

ライブ後のおしゃべりの中で、
「今日のライブは、マイクを通じて出る声も生っぽい感じで」って言ってたなあ。
ああどう言ったのかちゃんと覚えてない!
でも「素のまんま」と言うか、「そのままな声が流れてるようだった」、
なニュアンスだったなあ。
むき出しと言うか、セキララというか。
見せようと思って、じゃなくて、
図らずも出てしまって、ちょっと戸惑ってる、というような感じ。
聴いている分にはそんな風には思わなかったけど、
やっている方の感覚として、あったみたいですね。

>この言葉には驚きというか衝撃を受けました。

そうだよね。
私も以前、そんな発言を聞いて、
いろいろと考えてしまいました。
何事も当たり前のことと思ってちゃいけないんですよ。(思ってないけど)

26日、いらっしゃいますか?
私も頑張って行こうと思っています。
まだなーんも言ってませんけど。
定時出勤ですか!気を付けてくださいね!
まあ残り2日乗りきればいいと思えば、なんとかね(笑)
のもん |  2010.12.03(金) 01:10 | URL |  【編集】

のもんさん

RYUMEIさんのライブは本当にその時その時でいろんなRYUMEIさんが見れて嬉しいですよね~。
これがライブの醍醐味ですね。

>でも「素のまんま」と言うか、「そのままな声が流れてるようだった」、
なニュアンスだったなあ。

確かに言ってましたね。私もあんまり覚えていませんが(笑)、すごく恥ずかしいとか言っていたような気が・・・。私ったらどんだけボーっとしてたんでしょう!?

>26日、いらっしゃいますか?

はい!行きます!!
のもんさん、いっしょに頑張りましょう♪
ありがとうございます。2日間なんとか頑張りまっす。なんかもう完全にRYUMEI病もしくは
RYUMEI中毒に侵されています。それもかなりの重症ですね(笑)。
これは永遠に治らないでしょう。。。
kazuhi |  2010.12.04(土) 00:29 | URL |  【編集】

ラジオ。。。

先程ROCKER ROOMのHPをチェックしたら、
ROCKER ROOM RADIO JYE! JYE! JYE!の第二回がUPされていたので、さっそく聴きました!

和気あいあいとしていて楽しかったですよ♪
ゲストも豪華でしたが、やっぱり何と言ってもRYUMEIさんのお話(お声)が聴けるのがサイコーです!
嬉しいです!

第三回も近々UPされるという事なので、楽しみです!
kazuhi |  2010.12.05(日) 15:52 | URL |  【編集】

素早い情報ありがとうございます~。
ラジオ、アップされたんですね。
まだ聴いてる暇がないのだけど、
楽しみですー。
のもん |  2010.12.07(火) 00:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1691-4494bcb5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |