2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.02.17 (Thu)

1011BL#22 HSV対ザンクト・パウリ

2時半起きして見ましたよ!
ヘタするといつまた見れるか分からないブンデスでのハンブルクダービー。
HSVホームの雰囲気は最高。パウリの茶色いフラッグもたくさん振られてる。
パウリの試合はほとんど見ていないんだが、
今の順位を考えると、実際は差のある試合になるんじゃないかなと思ってた。
甘かった。
最初から凄いスピードとテンションでぶつかり合う両者。
しかも驚くべきことにプレーの精度が高い。
驚くところじゃないかもしれないが、ブンデスでここまで両方の力が拮抗して
高いレベルで攻守に激しく展開する試合って、
ものすごく久々に見ると思う。
前節のケルン対バイエルンのように片方がパッとしない(言わずもがなだが)試合なら
今季もちょこちょこあっただろうが、
この試合はパススピードもパスの鋭さも選手の動きのキレの良さも
どこに出しても恥ずかしくないレベルだ。
少し前に見たプレミアのローカルダービー、
ニューカッスル対サンダーランドを思い出す激しさ。
こんな熱いダービーが見れるんなら、ずっとパウリ1部にいてくれよと思う。

HSVのヤロリームはこういう試合向き。
下手すると頭に血が上って暴れまくってしまうが、
もう彼もいい年だし、年季の入ったタフなプレーにほれぼれ。
ゼ・ロベルトも同様に、火事場にあって冷静で渋いプレーを連発。
二人とも体が小さいんだけど、キュッと絞れた筋肉質で無駄のない肉体が
素晴らしくカッコいい。
剥き身にして観賞したいわ。
パウリはアサモアくらいしか分からなくて、
キーパーも今まで見てたフレブ似の可愛こちゃんじゃなくなってたが
1番背負ってるってことはもともと彼が正キーパーなのかな?
そして気が付くとDFのザンブラーノが大暴れ。
なんか聞いたことのある名前なんだが、どこかにいたっけ。
気合いの守備でHSVの選手を次々倒す。いやボールには行ってるんだが。
とにかく守備の時にかならず腕が出てくる(笑)
この試合ロシアのユーロスポーツで見てたんだが、
実況も「彼はパウリのガットゥーゾですね」と解説と二人で笑ってた。旬の話題。

しかしこんな激しい試合やってたら、
アサモアまた怪我しちゃうんじゃないかと心配になった。
ニステルも吠えまくってるし。
でも見てても選手たちはどっか楽しそうなんだよな。
殺伐とした感じがなくて、荒いし汚いプレーもあるんだけど
どっか清々しい。
CLミラン対スパーズの時のミランのような
ジメッとした狡猾な汚さじゃないんだよね。
テレビでちゃんと見ると違うのかなあ。
選手たちも気持ちだけが先走っているんじゃなくて、
ちゃんとそこにフィジカルと技術がついてきて、
いつも以上の力を両方が発揮しているようだ。
ああこういう試合こそ、フジは放送するべきなのに!!
自分たちの都合のいい思惑ばかり優先してロクにデータも調べないから、
結果的にしょっぱいチーム状況のジミな対戦なんて
放送する羽目になるんだよ。

と文句たれつつ、気が付くとあっという間に前半終了。
さすがに飛ばしまくって後半に入ったら失速するかなと思いきや、
依然として拮抗した緊張感のある試合が続く。
このままゼロゼロでしのぎを削り合う状況を楽しみたい気もする。
点だけがやたらと入るバカ試合よりも、ずっとずっと見ごたえがあるよ!
ファイトだけじゃなく、精度の高いプレーの数々にシビレル。
ホントにこれドイツのリーグ戦か?(苦笑)

そしてアサモアのゴールで均衡が崩れた!
コーナーキックから、ニアでそれたボールに対しアサモアが飛び込んできた。
ヘッドでボールを、ショルダーでゼ・ロベルトをふっ飛ばし、
ボールとゼの両方をゴールに叩きこんだ。
ゼの分も合わせて2点上げたいくらいだよ!
ここまでの展開に相応しい豪快で力強いゴールだった!
しかもパウリは選手交代した直後のプレーで得点なんて、
最高にいい流れ!
いやあああああ起きてて良かったああああ(涙)

ハイコもさすがに表情に焦りが。
パウリはアサモア、HSVはハイコがキャプテンなんだよ。
ポジション的にも二人がマッチアップするシーンが幾度もあって
ちょっと複雑な気分になったよ。
今度はハイコがイイとこ見せないと!
私は彼がボールを蹴る時に、
クッと肩が入るアクションがたまらなく好きなのだ。
HSVはゲレーロとペトロイパを入れて流れを変えようとする。
ゲレーロはわりとすぐに試合に入っていたけど
ペトロイパはあまりボールに触れてない。
やっぱこの中に入るには彼のプレーはリズムが違いすぎるかも。
好きな選手なんだけどなあ。
一度はパウリに追加点の決定的チャンスが来るも、
ロシュトがスーパーセーブ!
ハイコもかなり上がってくるようになって、一度カウンターでハイコ不在を襲われたが
ここはマタイセンが対応して守りきってくれた。あああああぶねえ?。
ペトリッチのカウンターにはパウリの選手がいきなりゴール前で倒れて
足がつったと試合を止める。
だんだん姑息になってきました(笑)
審判ボールで再開するも、結局パスミスでチャンスを台無しにするHSV
だんだんタックルも危ない感じになってきた。
ハイコも両腕使ってカウンターを阻止。
パウリの選手は今度は肩が痛いと訴えて、これには実況も失笑。
ロスタイムも4分と長く、本当に最初から最後までブンデスの試合じゃないみたい。
このままパウリが逃げ切ったら、1部に上がった一番大きな成果だよなー。
たとえ今シーズン、降格したとしても、その後2度と上がれなくても
この勝利だけでサポはずっと生きていけそうな気がする。
なんて思ってる間に、試合終了。
勝っちゃいました、ザンクト・パウリ!!!
すげえええええええ!!
荒れるぞハンブルクの街!捕まるぞ大量のサポ!!

負けたHSVの選手たちもみんな辛そうな表情なんだが
それがまたみんな良い顔なんだよー(涙)
試合が終わった直後の映像がリプレイで流れる。
パウリのキーパーが、数回、天に向かって矢を放つ真似をして
「ざまあ!!」な表情で笑ってた。
ああペトリッチをからかってるわけね。
以前ロシュトもトニに向かってやってたなあ。
両手で耳のあたりで手のひらを回すあのパフォ。
声こそ聞えないけれど、「バーカバーカ」と言ってるようにしか見えなかった(笑)
ダービー勝利を祝う茶色のTシャツを着たパウリのキーパー、
背中に大きなバナナの絵がプリントしてあったけど
これは一体どういう意味!?
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ HSV ザンクト・パウリ

23:08  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

ということは、ハイコが裸で罰ゲーム?
かめ。 |  2011.02.18(金) 00:23 | URL |  【編集】

それ元のソース知らないんですが
ホントにやるのかな。
ハイコとゼとヤロリン。考えただけでヨダレが。
トロにも参加して欲しい♪(試合出てないのに)
のもん |  2011.02.18(金) 02:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1766-7d1f409b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |