2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.02.19 (Sat)

1011-2BL#23 ボーフム対フォルトナ・デュッセルドルフ

とりあえず、勝ちました。
2?0の完封。
前半にすごく怪しいPKと、
後半、膠着した(ボーフム内で)プレーの中から突然決まったミドルシュートで2点目。
今公式ティッカー見たら
WAHNSINNIGE TOOOOOOOOOOOOOOORRRR
だと。クレイジーなゴール。上手い言葉が見つからないが。
PKは何度リプレイをみても、もらったのがラッキーとしか言いようがない。
アイディンのユニは確かに引っ張られた。エリアの外で。
ちょっと間があってから、ラインの中で倒れた。
キッカーがマルだったのも「無理じゃねえ?」な条件が揃ってるみたいだったし。
でもちゃんと決まった。鈍感なのかしら・・・。
これが決まったんだったら、ぜったい後から帳尻合わせてくるだろうなと思ったが
最後までそういうことは無かった。
え?次に持ち越し?(冷や汗)

2点を決めて、ようやくボーフムには連勝していた時のプレーが
出てくるようになりました。

ホントにさ、
ここに来るまで、あまりにも委縮したプレーの連続で
前節直前で勝ちを逃したことがめっさ影響してます、な
不景気な下向きプレーばかりで
ちっとも面白くなかったんだよ!
いかにも「ここからボクたち、失速するかも」って雰囲気が漂いまくっていた。
あれから1週間たってるだろうが!
自信が無くなると一気にここまで下がるんだからヤンなっちゃう。
やろうとしていることやパスのコースに間違いはないのに、
体が固まってるから動きだしが遅かったり、プレーに勢いがなく
それがパスミスや相手に隙を見せる結果になって
テンポが出ないのなんの。
まだ相手の方もそこまで調子が良いわけではないので
大ピンチに直結することは無かったが、
どう見ても時間の問題だった。

後半に入っても依然として縮こまったプレーが続くので
スタジアムもため息が混じるようになってきたが、
そんな中で「しっかりやれ!」とばかりに力強い歌声が始まった時は
ちょっと驚いてしまった。
他のエリアはがらがらでも、ゴール裏だけはいつも満員のサポがいるボーフム
この応援がブーイングとフラストレーションに変わらないうちに何とか立て直せ!

得点はまったく突然だった。
まーたアイディンのやつ一人でこねくり回して取られてよう、と思ってたら
拾ったコップリンがデディッチに繋いで、
デディッチのパスからコルクマツが少し動かしてフリーで落ち着いてシュート。
少し前目に出ていたGKの左上隅にゴールが決まった。
何の匂いもしなかったのに、いきなり生まれた追加点。
何なんだ。

1011-2-23-3.jpg

よろこび団子。
ミムンは最初にコルクマツに飛びついて行ったので、
そのあと上から次々乗られて、下で苦しそうです(笑)

その後はようやく落ち着いたプレーが全体に広がって行ったボーフム
最終ラインの守備がコップリンあたりから落ち着きはじめ、
そこからじわじわ全体に、以前のプレーを思い出していった感じだった。

こんな風にチームの雰囲気が変化するのを、
監督はどうやって指導したらいいのか分かんないだろうなあ。
上手い人は、勝手に下向きになる選手のネガティブな方向性を
修正することが出来るのかもしれないが。
でもたかだか最下位相手にアウエーで、終了まぎわに追いつかれたというだけなのだ。
連勝は止まったが、負けたわけではないし、順位だって落ちてはいない。
ここまで連勝できた方がよっぽど奇跡なのに。
どお?して、あんなにしょげた雰囲気が立ち上がりから漂ってるんだ!

点が入らないと自信は戻らないんだが、
その点が入るまでに、どんな手を打てばいいのか。
私が見ていなかった半年のあいだ、
やっぱり何も変わってないボーフムのプレーをみて
もし来季上に上がっても、また同じことの繰り返しなんじゃないかと不安になったよ。

ダブロの不在というのも大きかったのかも。
ヨハンソン、フォクツ、ミムンが入れ替わりながら
このポジションでプレーしていたが、
どいつもどしりとした安定感がないんだよね。
ちょっと後ろからつっかけられると
前を向くことはおろか、簡単に取られてしまう。
ミムンも最初から使われた割には、勢いのあるプレーを見せていない。
言いたかないが、ミムンってホント、調子がイイのって最初の方だけなんだよねえ(汗)
復帰を果たして3試合は及第点のプレーだったのに、
前節ベンチスタートのあと、今回と、なんだかもうフレッシュさが消えて
いつものちょっと持ちすぎて、ちょっと油断して、なプレーが見えるようになっちゃって
1回は、ボランチの位置でヨユーぶっこいてキープしてたら
アッというまに襲われて奪われ、
慌ててうしろからファウルで行って止めて、
そこからセットプレー&コーナーと危ないシーンにそのまま突入してしまって
反省してないだろ?な流れにはがっくりきてしまった。
失点しなくてほんっとうに良かったよ!(大汗)
まだまだファンたちはミムンを完全に信用したわけではないと思う。
少しでも以前のような集中を欠いたプレーを見せれば
「やっぱりな」と評価はガクンと下がるだろう。
まだ執行猶予段階だと思って頑張ってよミムン。
その後は、やっと集中力が再び上がって、
随所で落ち着いたいいプレーを見せるようになったけどね。

デディッチは久々のスタメンでしたが
気合いにプレーがついて行ってない感じだったなあ。
ポストプレーがしっかりできないし、
足もとでボールがキープできずに奪われることも多かった。
あとパスが正確でないので、せっかくワンツーや反転して前に仕掛けようというプレーが
不発に終わることが多かった。
判断が遅れて自ら狭い場所に突っ込んで行き、そのまま通りもしないシュートを打って、
二人に挟まれて足をぐねって痛めた時はどうしようかと思ったよ。
テセが入って左にポジションを移してからは、ようやくいい感じのプレーが増えてきたけど。
でも88分くらいまで出場したことで、
試合勘を戻して、今後に繋がるならいいが。
あとアイディンもいい加減持ちすぎだ。
ペナ付近で二人を前にして、くるくる切り返しながらコースを探すのは
これまでもチャンスにつながったので構わないけど
フリーで持っているのにいきなり立ち止まって反転して相手に追いつかれたり、
くるくる回るべきでないセンターライン近くでも切り返してこねくりまわし
奪われて行ったのには目眩が。
シンプルにずっと行くのに持ちこたえられないのか。
まあ時と場所を考えずに、自分のいつものプレーをするのはボーフムの選手にありがちだ。
プレーの幅が狭いだけなのかも。

そして相変わらずプレーエリアは右に偏る。
左のフリーの選手がいても見えてないか、蹴れないか。
何なんだろうね。
今日も左に出した方がずっとフリーでチャンスになるのに、
すぐ近くの、敵にも近い場所にいる選手に渡して、
案の定カットされるかミスをするシーンが山ほど。
これはでも指導で何とかしてくれないかねえ。

まとまりなくダラダラ書いてしまったが、
最後にデュッセルドルフにいた20番のフォワードに目が行ってしまいました。
クルクルとした髪、やんちゃそうな面構え。
金髪のエルマンデルといった風情。

1011-2-23-2.jpg

前半はかなり怖い存在でした。
後半は消えてるシーンが多かったけど。
デンマークの選手らしい。
キッカーの選手ページ見たら可愛い写真が。

デュッセルドルフの可愛こちゃん

今年の冬に加入したみたい。
まだ5試合しか出場してないが、初ホームになった2部のフランクフルト戦では
ハットトリックを決めるなど、なかなか面白そうな選手です。
24歳Ken Ilsö 覚えておこう。

たいして見直してないが、
時間もないのでこのままアップ。
今週はCLが再開し、水曜はハンブルクのダービーで2時起き、
木曜はバイヤーのUELで1時起き、
金曜はこの試合で2時起き、と、
一応前後に眠ってはいるが、ちゃんと休まないと体がもたんぞ。
レポも書きたいけどそこまで回らない?。
いい加減寝ます。もう5時じゃん!!

すぐ上のアウグスブルクもすぐ下のフュルトも同じスコアで勝ったので
順位は変わらず。
次の試合は日曜日。
アウエーでフュルトと直接対決じゃあ(汗)
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム デュッセルドルフ

05:06  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

Comment

昨日はさすがに疲労でダウンしてしまい見られませんでした。詳細なレポート参考になります。
実は私もこの試合は失速の第一歩になるのではないかとすごく心配していたのですが、
結果が出せてよかったです。点の入り方は気にしないことにします。
しかし、ボーフム、私は1点のリードだとリードしている感じがしないのですが・・・。
最低2点リードしないと安心できないなんて心配しすぎでしょうか。

欧州のサッカー見ていると生活サイクルが狂ってしまいますよね。
体調を崩したりしないように気をつけてくださいね。

reis |  2011.02.19(土) 11:51 | URL |  【編集】

うーん、のもんさんと違い、自分の中では今シーズン1、2を争う?ナイスゲームでした(笑)。1.ゲーム全般にパスがつながり2.サイドからのクロスだけでなく、アズアクやアイディンのようなドリブルできる選手が出場し3.守備も危機らしい危機がなかったこと、などがその要因に挙げられるかと。でも一番は選手全員から伝わってくる「アグレッシブさ」を感じたからです。1点ビハインドで残り10分のときのような攻めの姿勢を感じました。
のもんさんは前節の引き分けを引きずり、萎縮していると見、自分は最下位との引き分けで気を引き締め直し、気合充分で臨んでいると見た。うーん、先入観?思い込み?か分かりませんが、主観が違うとこうも違うのかと、少々面白かったです。そして恐らく、のもんさんが今シーズンの前半戦を見てないのも大きいのかとも思います。
PKの場面で(自分は)PKを貰って喜び、リプレイを見て苦笑し、「デディッチかアズアクが蹴るのかなー」と思って見てたらマ、マルトリッツ?!らしき面影の人物がボールを置いて蹴ろうとしてることに我が目を疑い、「なんとか無事にゴールが決まってくれ!」と祈り、ゴールが決まって安堵と同時に喜び勇みました。っていうかマルトリッツさん、案外冷静に決めてましたね(笑)。で時々ヘマをする人のいいマルトリッツを皆が祝福してるのを見て「ええ場面やなー」と思って見てました。最後のほう(87分あたり)で自陣までボールを下げた場面でブーイングが起こったのは「もう1点獲れるだろー」っていうファンからの声だったのでしょうか。いずれにせよお客さんが結構入ってくれててよかったです。
デディッチに関してはのもんさんの仰るとおりです。個人的には好きな選手なので昨シーズン終盤のような活躍を期待してるのですが。
デディッチが先発でテセやサグリッチがサブなのは、フンケルはよりチームに献身的でハードワークのできる選手を優先させているのかな、とも思います。
しかし、いくらパスがつながりだしたとはいえ、最後の最後では個人技に頼りがちなボーフム、やはり選手同士の「連携」で切り崩していく場面を見たいものです。
長々と拙い文章を主観たっぷりで書いてしまいました。ではでは、この辺で失礼します。
masa |  2011.02.19(土) 20:42 | URL |  【編集】

reisさん

金曜のこの時間というのも微妙ですよね。
私もここから失速するんじゃないかとヒヤヒヤしてました。
ホームで完封勝利で、また軌道修正していくといいですね。

同じ試合でもmasaさんが見るとまた違う印象があるようです。
そちらのコメントもご参考に♪

>しかし、ボーフム、私は1点のリードだとリードしている感じがしないのですが・・・。

いえ、私も心配で心配で。
ギリギリまで何が起こるか分からないから、
笛が鳴るまで毎回死にそうです。

お気づかいありがとうございます。
頑丈にできているので(今のところ)
少しでも寝ればだいたい何とかなるのですが、
連日こまぎれ睡眠はやっぱやりすぎですね。
ほどほどに、と思ってはいるのですが誘惑には勝てず。

masaさん

コメントありがとうございます!!
すごい、私と印象がぜんぜん違って面白い!
委縮と気合い十分じゃまったく逆方向ですよねー。
チームに対して先入観はなるべく持たないようにとは思っているんですが、
その前まで見ていた他の試合の残像が
影響することはあるように思います(汗)
心理状態が違うと、もっと他の場面が見えたりしますしね。

試合の良さで行くと私はアウエ戦かなあ。
選手たちの動き出しの一歩が早かった印象がありますね。
今回はそこが少し遅くてつまらないミスをしていたように感じました。
そして一番の要因、としていたアグレッシブさについては、
なんかピンとこなくて(笑)
でもスタジアムの雰囲気の良さや、
RevierSportの採点が、
のきなみ良いことなどを見ると、
私の方が見えてないのかもしれません。
もっと危機迫ってるゲームを思い出してしまうので。

前半戦の雰囲気は、まったく分からないんですよ。
ミムンと一緒に離脱していたので。はは。
いずれボーフムTV契約の折に、
勝った試合から見ていこかなと思っています。
テセのプレーをちゃんと見たいんですよねー。

>やはり選手同士の「連携」で切り崩していく場面を見たいものです。

そうですよね。
目立ったスターがいなくても、
チームとして頑張って崩していく方が見ていて楽しいです。

蛸足は長さ無制限です。
同じ試合を違う観点でいろいろと話すのは楽しいですよ!
また気にせず遊びに来てください!
のもん |  2011.02.20(日) 02:17 | URL |  【編集】

あ、自分も全ゲーム観てるわけではありませんし、基本、チームが勝てば満足する人間ですので、「真の部分」を見る眼はないかと思います。
RevierSport、見に行ってきましたが、アイディンの評価が低かったのは自分としては意外であったと共に、のもんさんの見る眼が確かなものであることを認識しました(ついでに2点に投票してきました/笑)。
今シーズンの前半戦は一気に3部落ちを心配してしまうぐらい「ひどかった」です(主観ですが)。テセやサグリッチなど決定力の高い「ストライカー」が数少ないチャンスをものにして(PK,FK含む)なんとか持ちこたえていた、というのが自分の印象です。それでも序々に順位を上げて行くのですが、内容が供わっていない感じがありました。
それが昨日の試合でやっと順位相応の闘いを見せてくれて自分も少しホッとしているところです(強引にまとめ)。
masa |  2011.02.20(日) 20:35 | URL |  【編集】

masaさん

「真の部分」なんてあるのかどうか(笑)
いろいろ見方があった方が面白いですよね。

RevierSportの採点については、
私はミムンが2で驚きました。
そうか、ファンはミムンが頑張ってると思ってくれてるんだ。ありがたい(涙)
私は気持ちが近すぎて辛口になってしまいます。

シーズン前半戦はスコアと順位くらいしか見ていなくて、
でも2部にいるのになかなか勝てないのだから
きっと試合内容は悲しくなるようなものだったんでしょうね。
今はむしろ前の位置までようやく戻ってきたというところなんでしょうか。

ボーフムは2年続けて2部にいたことはないそうです。
ここからどういう展開が待っているのか。
どきどきですね。
のもん |  2011.02.22(火) 00:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1767-c1ce4555

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |