2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.02.28 (Mon)

久々に憤りを感じるドロー

ブレーメン対バイヤー。
ボーフムの後に少しでも寝て、生で見たが。

もう寝ないといけないのに
ムカついて寝れそうもない。

バイヤー土壇場で相手にドローの隙を見せる。
2?2で、ロスタイムに勝利を逃す。
馬鹿じゃないの。

今日のハインケスの采配は裏目に出たと思う。
2点を取った後に、サムを下げたこと。
そして、自陣に引いて守らせたこと。

それが、相手を自陣に呼び込むことになって、
バタバタした守りに繋がり、
危険な場所に飛び込んでいくヴィダルが割を食って
イエロー2枚で退場になる。
最後のカウンターの場面でも、レナトではなくサムだったら
落ち着いてかわして決めたかもしれない。

残り15分になるまで、
バイヤーは高いラインをキープし、
選手たちが連動して動くことで、ミスを最小限にカバーして
相手にボールが移っても、ゴール前まで持って行かれる前に
囲い込んで取り返した。
そうでなくても相手がパスミスすることで、
バイヤーにボールが転がり込んでくるシーンも多かった。
自陣ゴール前から離れた場所でやっていたから、
守備に入っても余裕があったのだ。
それをわざわざ相手を自分のところに招き寄せて
1発のパスがピンチに直結するような距離で
やたら人数入って渋滞させて事故の起こる確率を増やすってのはどうなんだ。
ペナルティライン上に、
しかもゴール前に4人も5人も並んでたって意味ないだろ。
それでいてオフサイドも取れないし。マークはついてないし。
馬鹿か。

ヴィダルはピッチのあらゆる場所で、
攻守に何かが起りそうな時に必ず顔を出してきた。
受けて繋いで攻撃の流れを呼び、
危ない時は体を入れてファウルをもらって相手の動きを止めた。
凄い運動量だよ。
モドリッチの動きがダブるくらい、素晴らしいプレーを地道に続けてた。
彼が次節使えなくて、どうやってバイヤーは中盤を抑えるんだろう。
入場口で切なそうに悔しそうにピッチを見るヴィダルに泣きそうだった。
オマエらがゴール前でサボってるから、
ヴィダルが一人で最初に守備に行かなきゃなんないんだよ!
分かってんのかよ!!!

バラックは2点入るのを待っていたかのように投入されたが
前節同様、何かをやったようには見えなかった。

せっかくバイエルンに土がついたのに。
慣れない引きこもりなんてやって自滅した。
バイヤーはそこまで、前線からの守備でしっかり守れていたのに。
馬鹿げてるよ。

シャーフの首は繋がったかもしれない。
彼の戦術はもう耐用年数を過ぎていると思うが、
器用な選手がいないのも事実。
最後ハントのほっとしたような笑顔を見たら
切なくなってしまった。

いい加減寝よう。
レポはまた後日、かも。
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン ブレーメン

03:50  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1776-46a7835d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |