2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.03.08 (Tue)

35th Anniversary Tour 初日・坂戸~40年の時を経て

いよいよ来生たかお35周年ツアーが始まります。
おめでたい年なので、今回は全国を回ります。
初日は坂戸。
以前は初日目当てに行ったもんですが、さて今回はどうなりますか。

はるばる行ってくるよ。
天気が良くて何よりだ。

レポはちょっと時間かかると思います。
感想はお好きにいつでもいくらでも。

***********************

帰ってまいりました。
行きは爆睡していて早く感じたのに、
帰りは乗り換え忘れそうなくらい長かったなあ(笑)

初日、素敵でしたよ。
行って良かったです。
駅からもそんな遠くなかったし。

あっ、行く前に売り子さん出没情報を追加するの忘れてた!!
本日も売り子さんの前には行列ができておりました。
感謝感謝。
来生さんも今回はちゃんと「シンガーソングライターのRYUMEI
って言ってくれてた(笑)
売り子さんはこのあとの会場でも毎回出没するようです。
新しくフライヤー(チラシ)も作って一緒に入ってますよ!

レポはまたあとでゆっくりと。
週末は試合てんこもり&明日はテレビ買いに行く予定なのだ。

1曲タイトルが分かんないのがあるんだよなあ。
メンバー紹介のあとの1曲目。誰かこっそり教えてビッテ。
 ↓
解決しました。鍵コメさん、鉄さん、ありがとう!

***********************

ようやく完成です。
ネタバレOKな方はお入りください。

【More・・・】

SONGSで弾みをつけて、ツアーは坂戸からスタートです。
駅についたら正面に、来生さんのポスターが4枚並べて貼ってありました。
近づいてみたらこんな文字が。

凱旋ポスター

中退だけどな(笑)

会場までの道のりはほぼまっすぐ。
途中でちょっと路地のような場所に入ると、
楽屋口の方に出ました。
山崎さんと来生さんの車があったわ。

回り込んでいくと、たくさんのお客さんが入場している最中。
凄いなあ、盛況じゃないの。
私チケット買ったのかなり遅かったんだけど
その時点で8列目だったのよ。
だからちょっと心配だったんですが、
一人分だけうまく空いてたのかもしれません。
座ってみると、思った通り、
リューメイさんがスコーンと真正面に見えるベストポジションです。
良い席空いてたよなあホント。

小津の音楽がバックに流れる中、
もうすぐ開始のアナウンス。
そしてスピーカーからは鼓動のようなベース音がしはじめる。
連動してこちらの胸もドキドキ高揚するようだ。
粋な演出だなあ!

幕が上がると、
すでにステージには全員が揃って、
すぐに1曲目が始まる。

「坂道の天使」

おおおおお、1発目にこれが。
オリジナルよりも、ドラムの音がはっきりとリズムを刻んでる。
ん?タケさんじゃないのか?
リューメイさんはギターを2本。
今弾いているのはフォークじゃないなあ。
ギターの真横からのアングルなので、厚さしかまだ分からない。
エレキ?
でも音はアコギっぽい音がする。
「期待していた」はコーラスも入れてくれちゃった。
複雑な音程を来生さんはしっかりと危なげなく歌ってる。
スコンとおさまると気持ちのいいメロディーなんだよね。
リューメイさんのソロがいきなり面白い。
音はまるっとした響き。エレキ・・・じゃなさそう。
ドラムの音がちょっと強いなあ。
多分、ここから調節してくるだろうけど。

2曲目。
高いピアノの音がとても印象的なイントロ。
なんだろう。

「蟠り」

わあ!!蟠りだよ!分かんなかった!
いいアレンジじゃ~ん(涙)
声も甘くて素敵だよー。
体に染み込んでいく。
「すーーーべぇぇてはぁ~」
あ、このメロディーの取り方、すっごくイイ!
ギターの音も効いてるし。
途中からは声に寄り添うように。
「いーーーーまぁぁではぁ~」
あーいいなーーココのところ!シビレル。ヨジレル。
このほんの変化で来生さんの声の味わいがぐっと増す。
最初の静かなピアノソロの立ち上がりから
最後は軽快に、ドラムも弾むようなリズムで。
そして最後のソロのギターがまた素晴らしい。
これで終わりかと思ったら、「ダァダダダ~」と来生さんがまだ続けて。
余韻を楽しむような終わり方。
これはもう一度聴きたい。

MC

ここで前を向く来生さん。
あっ、SONGSで着てたタートルネック!
あっ、来生さんっ!!前留めてないっ!
それだと、腹の丸みが分かっちゃうでしょ!!!!
惜しい!誰か教えてあげなさいよ(涙)

「僕は40年前ですかね、ここに毎日通っていた時期がありまして、
城西大に行ってたんです」
そこで「おお~っ」とどよめきが。
やっぱ地元に関係すると分かると嬉しいよねえ。
「マージャンばっかりやってたんですけどね。
大学は今年45周年らしくて、僕はだから立ち上がりのころに行ったんですね」
ホールには城西大からのお花が二つ、届いておりました。

ステージには、クリコンの時に使用した扉。
「ひたすらに」のジャケットと同じように。
間にはしぼを入れた細い柱のようなものが。上には小さなライト付き。
これはクリコンときあったっけ?

「まなざしの彼方」

リューメイさんのギター、ガットなのかもな。
ギターソロから入って、山崎さんのピアノが加わる。
そして歌に入って、来生さんのピアノだけが響く。
「ほんの心残り」の「のこころのこ」のオの音が連続するところが
このメロディーの中では一番好きなところ。
今日も気持ち良く痺れさせてくれる。
「そっと 海へ 返す」から始まるソロギターがたまらない。
そこに行くまで少し上がっていたテンポを、またゆっくりと落としていく。
今日のメロディーは、またいつもと違う感じで弾いてるのかな、と思わせる音。
そしてまた初めのゆっくりとしたテンポに戻っていく。
「忘れ物がいくつか」、「ふたりー」と続くあたりは
また徐々にテンポをはっきりさせてくるのよ。
ああ面白いな、こんなアレンジ。
ステージには白い靄が立ち込めて、
この歌詞のイメージにぴったりだ。
最後は「かーーーえーーーーすーーーー」と少し重めのヴォーカルで締めくくる。
ドラマチックだった。

リューメイさんはギターを替える。
今度はいつものフォーク。
ガット・・・だろうな今まで弾いてた方は。
でもあんなデザインだったっけ。

「ローマン・ホリディ」

あっ。
この曲やると、リューメイさんのおっかけコーラスが入る♪
「なーがめーのかぁみをー」
「切ったばかりだね♪」と高く合わせるリューメイさんの後ろに
ぐっと低く少し濁った声が混じっているんですが。
き、来生さん、そこ歌わなくていいから。
しかしなんでこの低い声で、ちょっとがらっぽくなるの!?
オリジナルもここ、二人同時に歌ってたっけ?
このメロディーのところ以外は、リューメイさん単独の声が聞えるんだけど、
やっぱりまたここに戻ってくると、低い声が少し合わなくて。
来生さんの声なんだけど(汗)

この曲ねえ、フォークの艶やかな音がめっちゃイイの!!
遊びがたくさんあって、嬉しくなるメロディー。
今日初めてのフォークでの曲というのもあって、
耳にピンと張りのある音がはっきりと届いてくる。
心地よいギターの響き。
ああやっぱリューメイギターはイイ!

これ、終演後にリューメイさんに言ったの。
「ローマン・ホリディのギター、すっごくカッコよかった!」
「あれ良いですよね」
って答えたんだよね。
てことは、来生さんのアイディアであのメロディーなんだろうか。

ハードなイントロ。
山崎さんのキーボードが低くてカッコいい音を出す。
うわああ何が始まるんだろう!!
ここから怒涛のハードナンバー連続、とかになったら良いんだけどなあ。

「出会えてよかった」

うそっ。えええ~!!それが始まるか!
まったくの予想外!
フォークが力強く響いてくる。
ノリノリで弾くリューメイさん。カッコいい!!
途中のキラキラ高いキーボードの音はちょっと派手派手しいが、
イントロの低い音と男前なメロディーには参ってしまう。
うーん、こんなハードなアレンジをキメてくるのなら
別の曲でもいいじゃないか~。
でもオサリバンが歌う「WHAT A WAY」はわりとロックな感じだったから
これもありか?

MC

今年、還暦です、と言われるとやはり会場がどよめく。
誕生日はさすがに重い気分だったと。
先日、新聞の取材を受けて、記事に、
来生たかお(60)かっころくじゅうって書いてあってドキッとしました。
最近は年を取ったなと実感することが多々ありますね。
「それでね」
と言った時の来生さんが、ちょっと可愛かった(笑)
家にいて、炬燵から立ち上がる時とかに「ヨイショ」って言ってて、
「ヨイショ」なんて若いころから言ってたかなあと、
最近になって言い出したんじゃないだろうか、と。
そんなことを考えているようです。
先日もWOWOWでアカデミー賞を見ていた時に、
やっぱり追悼のシーンにジーンとしてしまいますね。

「もっと暗い話になりますと」え~(笑)

「父が11年前に亡くなったんですが」
命日や月命日などに、家から近い場所にあるお墓にお参りに行くそうです。
煙草を吸う方だったということで、一緒に煙草を供えるのだとか。
墓石の隣に立石があって、そこに父親の名前が書いてあって、
いずれここに自分の名前が刻まれて、
それを子供たちが来て墓石に同じように水をかけたりするのかな、なんて。
僕の年代だと、そんなことを考えるのかなと。

「楽しいことも、もちろんあるんですけど」

そして流れはいつものあの座右の銘に。

2月23日に発売になった新譜のご紹介。
そしてそこから7曲を一気に歌いますと、
来生さんはピアノを離れ、スツールに移動。

「ひたすらに」

MCの後の第一声は、いつものようにバッチリだ。
何だろう、いい感じにリラックスするんでしょうか。
甘くて空気を含んで広がるヴォーカル。
色っぽい~。
リューメイさんのギターはガットで、丸く甘い音を響かせる。
いいなあいいなあ。
山崎さんのピアノも柔らかくて丸い音。

リューメイさんはギターをチェンジ。今度はフォーク。
中央の扉の後ろの幕がスーッと上がって、グリーンの背景が現れる。

「思い出の種」

山崎さんのキーボードから高い音がするのか、
来生さんなのか、仕込みなのか、判然としない。
山崎さんの指は見えるんだけど、なかなか音がどれなのか分からないのだ。
ギターは控えめな感じだな。

リューメイさん、今度はカポつけた。
ステージは茜色のライト。

「そしてほのかに夏は行く」

ゆっくりと穏やかなアレンジ。
来生さんの声はぐっと低くなる。
低めの声になると少し濁ったように聴こえてしまうなあ。

やっぱりこれはまったく別の曲だなあ。

そしてやはり胸は騒がなかったりする。
でもこれがイイって人もいるから、それはそれで正解なのだ。

ギターはここも少し控えめな感じ。
私の席からは、リューメイさんのギターがちょうど真横のアングルで見えるので、
弦に接する右手の動きが良く見える。
なので音をずっと拾いやすい。
わずかに漏れ聞こえてくる音と、指の動きを見ていると
ここで弾いているメロディーをもっとはっきり聴きたいなあともどかしい。

来生さんが最後のメロをピアノソロで歌っている間に、
リューメイさんはカポを外し、
チューニングを合わせる。
忙しそうだ。
この時間内に次の曲の準備をしなくちゃならない。
音が合ったら、終わった楽譜を1枚落として完了!
ふー間に合った!

「夢の肌」

ライトは赤く。
来生さんのヴォーカルは余裕たっぷりだ。
マドマゼール♪は相変わらずだけどw
ギターのつま弾く音が耳をかすめる。
ああもっとちゃんと聴きたい。
間奏では赤いライトに白いライトが加わって
何やらショートケーキのような色合い。

7曲かあ、今もう4?5?
あれ、やるよね。やらないってことはないはずだが。

来生さんはスタンドマイクへ移動する。

リューメイさんのコーラスが流れてくる。
やたっっ!!!
上からリューメイさんの生声が力強くかぶさっていく。
ギターはフォークのままで、
アレンジも力強く厚みのあるサウンド。
カッコいい!!
来生さんはたゆたうように、歌い始める。

腹が!腹がっ!(涙)

いかん、正視できん。
つかこの曲はリューメイさんを見ないといかんだろ。
で悪いが、来生さんは視界から消えた。
1回だけちらっと見た時、
とても嬉しそうにノリノリで歌っているのが一瞬見えた。
うん、お客さんたちはこの堂々と楽しそうな来生さんを見つめて
一緒に幸せになれるはずだ。
リューメイさんのギターを弾くアクションにも気持がこもって
コーラスは隙あらば!CDには入ってないスペシャルなメロディーで!
曲が進むごとにどんどんとノっていくコーラス。
複雑な彩のある声が響き渡る。
ああなんてカッコいいんだ。
もう頭の中は「わーーーーーん、りゅーめいさあああああんん(涙)」状態。
クリコンの時と同じように、
「軽くウエーブさせた」「いとしげにながめてる」は一緒に歌いながら
さらに盛り上がるコーラス。
えっコーラスの話ばっかすんなって?
何おっしゃいますか、この曲は
ライブでしか聴けないこの声、このギターを聴くためにあるんですッ。
泣きそうになりながらたっぷりと味わいつくす。

「針の雨」

来生さんはスツールに腰掛ける。
リューメイさんはここもフォーク。
ツンとなまめいて響く甘い音。
来生さんのヴォーカルは力強く。
やっぱり生の声は良いな。
ライブで聴いてるんだなあと、しみじみ染みるヴォーカルだ。
NHKでもラストに歌ったこの曲を、
会場のお客さんも聴いた人もいるかもしれない。
生で聴く迫力を感じてくれているだろうか。
アレンジは最後に向かってジーンと盛り上がっていく。
華やかなバラード。
リューメイさんはその前の曲を終えた高揚感がまだ残っているような感じで
ギターを強く思いを込めて弾く。
体もメロディーにたゆたうようで。
熱いけどクールでカッコいいのだ。

「恋人の領分」

サポートメンバーが静かに下がっていく。
ゴージャスなバラードの後で、熱を帯びた空気が徐々に丸くなっていく。
来生さんはスツールに座って、心をこめて歌う。
甘くて柔らかなヴォーカル。
これくらいの高さが気持ちいい。
ライトは昼下がりの柔らかな日差しのようで、
暖かくて穏やかな雰囲気。
最後歌い終わった後、来生さんは目を閉じたままじっと下を向いている。
何かやればいいのに。
ここで笑ったら素敵なのにネ。

MC

ライトが再びともる前から、来生さんが曲紹介。
「新譜はロビーにありますので、

   ( 間 )

  買っていただければ至極の喜びです」
↑ここでエヘ、と笑う来生さんがキュートです。

人間には感動で心を動かされる経験があると思いますが、
僕にとって強烈に響いたものが3つあります。
一つは小津の映画を見た時、
二つ目はオサリバンの曲を聴いた時、
三つ目は岸田秀氏の本を読んだ時。

そして今日はこの岸田さんの思想に絡んで、
来生さんが日ごろ思うことを話してくれました。

割愛でいいでしょうか。

お馴染みの哲学的なお話ですが、
これせっかく「凱旋ライブ」なんだから
もうちょっと地元サービスしたトークでもすると
好感度アップするんじゃないかと思ったりするんですけど。
ホントに麻雀しかしてなかったのかしら。

「岸田氏とは実は対談をしていまして、
HPにも載っていて本にもなったんですが」

あれっ。
今もうそれ無くない?

そう思うとすごくもったいないなあ。
麻雀、将棋、岸田秀、となかなか内容は濃くて、
来生さんの人柄が垣間見えるいい対談ばかりだったので
これはもう一度、新しいオフィシャルサイトの方にも連れてきてほしいですね。

「真面目っぽい話ですみません、面白い話できなくて」

いいんですよ。来生たかおですから。

トークは続いて、自分が影響を受けた音楽たちについて。
60年代、70年代の音楽シーンをリアルタイムで経験できたことも大きいんですが、
日本の流行歌、昭和歌謡もまた大きな影響を受けています、と。
そして一つ前に出したアルバム「余韻」から2曲をご紹介。

「あいつ」

ステージ上空からは、桃色のおぼろ昆布が下がってまいりました。
色合いが柔らかくていい雰囲気です。
柔らかく甘いヴォーカルがここでも。
いいなあ、この曲はカバーの中で一番好きだ。
しみじみとした来生さんの声が、ゆっくりと全身に染みていく。

久々に聴くとなんだか新鮮。

「今日でお別れ」

カバーの中では一番メジャーな曲。
これなら知っている人も多いでしょう。
来生さんが改めて歌うことで、
思いだしたり懐かしくなったりする人もいるはず。
「余韻」も買ってくれるといいなあ。

メンバーが戻ってくる。
リューメイさんはフォークをセットしカポを付ける。
来生さんがここでメンバー紹介を。
ドラムの方はお初の方ですね。佐藤唯史さんです。
検索してたら偶然、ツイッター見つけちゃいました。
今はみんな始めてるなあ。
→ http://twitter.com/azuca4
これを読むと、この後の福岡でも出演されるようですね。

キーボードは山崎教昌さん。お久です~。

そしてリューメイさんの時、
来生さん、アルバムを作る時に、彼がいなかったら出来なかった、と
そんな話をしてくれました。
そしてちゃんと「シンガーソングライターのRYUMEIって言ってくれたんですよ。
新しいCDについても丁寧に触れてくれて
ヴォーカル、アレンジ、演奏、すべてを一人でやって、
どれもセンスがすごくいいものなので、って
しみじみと言ってくれるのが実に説得力がありました(涙)
「僕のCDと一緒に置いてあるので、よろしかったら手に取ってください」
ってそこまできちんと宣伝してくれて
最初、背筋を正して聞いていたリューメイさんも、
さすがに照れたような笑顔でふにゃっとなっておりました。カワイイ。

山崎さんのキラキラしたピアノの音。
って山崎さんだよね?
このへん、すごく怪しいの。すまん。

「海沿いの町で」

最初、あーなんだっけ~、海沿いの町で良かったかなあと、自信なくて。
このへんのほのぼの系は、タイトルまできちんと覚えているのが少ない。
(帰りの電車の中で鉄のマダムにメールで聞いたりしたw)
リューメイさんはガットで丸くプルっとした音。
来生さんのヴォーカルは少し低くて、
こうなるとちょっと濁り気味に聴こえるんだよねえ。
山崎さんのピアノがエレガントで優しく響く。
間奏に入って、最初はシンプルなガットのソロ、
これがそのままヴォーカルと寄り添うように続いていく。
シメの方の間奏は甘くきらめいてイイ感じだ。

オケっぽいイントロが始まる。
ああ~懐かしいなこれ。

「まなざしの時間」

そうか、山崎さんの曲だよなーこれは。
今日のラインナップは月子さんが喜びそうだ。
ギターはフォークで。
ツンと甘く強く響かせる。
柔らかな山崎さんのピアノとともに、アクセントになるようなギターの音。

いかんな、私ずーっとこのへんギターの音しか聴いてないじゃん。

来生さん、スツールから下りる。
あ、ウォーキングの準備か?

「セカンドラブ」

お練り~。
気持ちよさそうに歌う来生さん。
ギターが遊びがたくさん入ってて耳に心地よい。
いいなーもっとこれ聴きたい!!
どんな細やかなアイディアが隠れているんだろう。
指の動きとツンと聴こえる音だけでもゾクゾクする。
来生さんは堂々としたヴォーカル。
歌いながらちょっと体を揺らせてみたり。
スターですよ、スター。

「シルエットロマンス」

続けて、ここもお練りで。
テンポが早めでいいんじゃないの~。
これくらい軽い方が、ぐっと華やかになるもんね。
ドラムがくっきりとしたテンポを刻む。
フォークが甘く、強く響く。
これぞリューメイギター。
来生さんが思いを込めて歌い、移動するので、
ちらっと目に入ってしまったのだが、
ドラムセットのなんの機材だかわからないのですが、
上にグリーンのカゴがのっかっていて、
ちょっとステージ上で違和感がありました(笑)
次は下に置くとか、見えない所に置くと良いと思います。

来生さんがとても気持ちよさそうで、
堂々と名曲を歌っているので、
少しはそっちも見たいんですが、
ギターの甘くツンとした音が、私の耳をつまんで引っ張っていくんです。

今日一番の拍手が響く。

そしてもちろん次に始まるのは

「夢の途中」

ライトは青から始まって赤にチェンジ、
「夢の途中」は赤いライト、が定番だけど
なかなか青い色が印象的な構成でした。

ここはぐっと力強いフォーク!
はっきりとジャカジャカいう少年のような音が響く。
ああこの音も好きなんだよおお~。
安心して聴いていられる定番の1曲は、
やはり気が付くとギターを弾く指と、一緒に聴こえる音を追って、
そのバックで間違いのない来生さんの声と元気なサウンドを聴いているという
完全になにか逆転した状態。
いや、このへんの定番曲だと
「この曲のココ!を聴かねば」ってこだわりの個所が特にないので(汗)
この瞬間に表れて消えていく音を必死に拾うのに集中してしまっている。
コーラスも、もちろん耳ダンボで聴く。

大きな拍手で終了。

「最後の1曲になります」

「Goodbye day」

今日はアコギのリューメイさんだけなので、
隅から隅まで拾わなくては。
私にとってリューメイさんのギターに開眼した、
ターニングポイントになる1曲なのだ。
来生さん、ここでもいい声出てるなあ。
色気さえ感じる。

リューメイさんのコーラスがまたねえ(涙)
「グーーーーッバァァァ~イデェェ~イ」
って揺らすの
「ワンモーアデーーーイ」
こっちはストレートでね、好きなんだよねえ。たまんない。
そしてもちろん、ギターソロ。
今日はどんな音を聴かせてくれるんだろうと、全身で聴く。
大事な1曲。

目いっぱい堪能して終わってしまった。

来生さんはステージのメンバーをもう一度、手を広げて拍手を促し、
お辞儀をしてすっと袖に下がった。
拍手はすぐにアンコールの拍手に変わった。

来生さんが再び出てきて、
ピアノの前の椅子に座るだけでも、
お客さんからは、その仕草ひとつが可愛いらしくて笑い声が出てしまう。

「先日、テレビに出まして、
自分の姿が、やだなーーって・・・」

いや、あれだいぶ素敵に撮ってもらってますって(笑)

「静けさのメニュー」

ああいいな、この選曲。
CDの始まりの曲を、ライブのラストで聴くって、
結構ドキドキして好きなんだよね。
透明な声が素晴らしい。
染みる~~(涙)

そしてふと、
途中で気が付く。

これ、クリコンで大ネタかましたやつではないか。

そうなるといきなり、あの時の記憶が頭をよぎる。

何も失敗したやつをやることはないんじゃないの(汗)
せっかくイイ気持ちで聴きはじめたのに、
途端に落ち着かなくなってくる。
そうそう、ここまで順調でさあ、
この次の音程で失敗しちゃったんだよなあ。



・・・・・大丈夫だ。

はあああああ~~ (安堵のため息)

なんで最後の最後に、こんな緊張させんだよっ!

来生さんはほんわか笑顔。
ほっとしたかのような表情にも見える。
そしていつものようにふわりと帰っていく。


いや、これで取り返したってことなのかもしらんけど
もうあれはあれで、過ぎたことにしてくれてよかったのに。
やりたかったのかな。
よく分からない。



とはいえ、
初日の緊張感、初日のバタバタ感は特になく、
スタンダードに至っては余裕すら感じる歌唱で、
こちらも安心して聴き入ってしまった。

飛びあがるほど嬉しい選曲は無かったけれど、
「またかよ」と気持ちの下がる馴染み曲が前半戦で顔を出すこともなく、
また聴きたいなと思うアレンジ、ギター、コーラス、と
早くも横浜が楽しみになってきた。
横浜に戻るころには、今日聴いた曲も、
熟成されて新たな味わいを見せてくれるんじゃないかしらん。


今日もリューメイさんは売り子をするのだ。
ライブ前にメールで聞いてたのだ。
アンケートは外で書くことにして、早々に出てみると
リューメイさんはすでに接客の真っ最中。
アンコールの時にもう準備して入ってたのかもしれないな。
今日もリューメイさんのCDを目当てに並んでいる方がたくさんいるようだ。
クリスマスで買った人ばかりじゃないんだなあ。
へー、と思いつつ嬉しくなる。

アンケートを手短に記入し、
リューメイさんがいるブースの目の前にちょうど椅子があるので
そこに座ってにやにや高みの見物。
私が座ってるのに気づいてくれたので手を振ってみる。

次々と来るお客さんといろいろ話をしたり握手をしたり。
どんなことを話してんだろうなあと毎度気になる。
CD聴いて、来生さんのライブで配るように作られたフライヤーの力強い言葉を読んで、
本人を前にしたときの感動を思い出したら、
ライブに足を運ぶ人も増えるかなあ。

となりでは来生さんのCDがいろいろ並べてあって、
ライブ盤CDを流しながら、
テーブルの上には曲に合わせてうごめくモアイのぬいぐるみ・・・・・・・。

じ、じみすぎる。

グレー一色だし。かわいいのかどうか微妙だし。
せめて熊とか兎とかガチャピンとか、そういう方が良くないっすか?(汗)
どなたの趣味なのかよく分かりませんが。

なものを観察しつつ、
ようやくリューメイさんが空いたので、
近づいてって挨拶する。
売れたCDの数をカウントしたりとまだ忙しそうだったので
「外で待ってますか?」と聞いたら
「いやまだバタバタしてるんで、ここで大丈夫ですよ」と言ってくれたので、
少し落ち着いてからしばらく話をした。

「初日、よかったね!」
「初日なんで、バタバタしてます」
リューメイさんはまだ始まったばかりのツアーで、慌ただしそうだ。
「チラシ、新しいのを作ったんですね。最初分からなかった」
「そうなんですよ、オレまだ見てないんです」
え、そうなんだ。
「こんなですよー」ってもらったものを出して見せた。
「おお~」驚いてるしw
そこにはすでに3月4月5月の、ライブスケジュールが載っている。
あと4月は3日にも、隈さんとDJイベントを計画しているらしい。
場所はいつものロッカールーム。ライブとはまた違う雰囲気になりそうだ。
「4月はじゃあ3日と、23日とあと16日だね。横浜。
4月は3回リューメイさんに会いに来るんだねえ」と言ったら
リューメイさんなんか照れたような顔で笑ってたよ。

「ギター、変えたの分かりました?」
「あっ、やっぱり。ガットだよね?
最初横からだったからよく見えなくて、エレキかな?と思ったんだけど。
音がアコギっぽいから」
やっぱり違うガットだったんだ。
何度か見たのと違うデザインだったもんね。
よしよし、このテストは正解でございます。

で、さっきも書いたけど「ローマン・ホリディ」のギターがカッコよかったこととか
「あなたのポートレート」が今日もすごかったとかいろいろと。
「ポートレートの時は、もう自分でも何だか分かんなかくなってました」
そうだったんだ(笑)
いやもうノリノリでコーラスもギターも凄くて泣きそうだったよワタシは。

来週は仙台。
ここからあちこち回るツアーが続く。
「風邪は大丈夫そう?」
「大丈夫です、ひいてる暇ないんで」
ひいたら治してる暇もないよね。
「マージャンは?大丈夫そう?」
「大丈夫です!」
以前、御大から「今度教える」と言われていたリューメイさん。
今のところ、そういう状況にはなっていないようで何よりです。
まあツアー中にマージャンやってるような体力も
そろそろ無いんじゃないかと思うしな(笑)
明日に響くような遊びは控えてくださいませ。

な話をして満足したので帰ることに。
リューメイさんが握手の手をくれて、
さすがに忙しかったせいか汗ばんでおりました。おっ(照)
「帰り、気を付けてくださいね」
なんて言ってもらうと嬉しくなっちゃう。
「ありがとー♪」と上機嫌で会場を後にし、
にこにこしながら駅まで歩いて帰りました。

電車乗ってからが遠かったなあ~(苦笑)

でも行って良かったですよ。
1ヶ月後の横浜は、自分のレポ読んで復習して
ポイントしっかり再確認して聴きに行こうと思います。
スポンサーサイト

タグ : 来生たかお 小田木隆明 RYUMEI

00:19  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(33)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.03.06(日) 00:50 |  |  【編集】

正解。。。

正解:海沿いの町で
「Day by day」から2曲でしたね。

のもんさんほぼ正解でした、街が町ってとこだけ。
さすがです、私は題名出ずで、歌詞のキーワードだけメモ。

リベンジ?「静けさのメニュー」も良かったですね。
あの間奏部分、ゆっくり丁寧に弾き終えたとき小さく拍手をしてしまいました。初日は数曲の曲中でも小さな拍手とニンマリ顔が多かった鉄でした。

(地元の飲みの席で大きな土産話がw、今日とったメモを見ていて来生さんの話題になったら、なんと飲み友の一人が一番上のお兄さんは(保谷市)◎◎小学校と◎◎◎◎◎◎中学校とで来生くん(彼がそう言ってたので:汗)の同級生だって!!!そこから暫し、来生談義(笑)、コンサートに続き、ちょっと興奮してしまった鉄でした。縁ってなんだか不思議だなと。
アルコール注入の果て帰宅のため、清めてから出直します。

鉄線花 |  2011.03.06(日) 02:29 | URL |  【編集】

訂正。。。

上のコメントで訂正があります。

×「Day by day」から2曲でしたね。←これは誤記入です。
「Day by day」からは1曲でした。スミマセンでした。

鉄線花 |  2011.03.06(日) 02:46 | URL |  【編集】

遅くなってます

コメントのお返事、各記事にて大幅に遅れております。
来生カテの返事は簡単には返せないものばかり!
今日こそはと思ったのですが、時間切れ。
スミマセンがもうしばらくお待ちください!
そしてライブレポの記事へのコメントも、
引き続きお待ちしております!
のもん |  2011.03.08(火) 00:37 | URL |  【編集】

至福

のもんさん、怒ってないとのことなので、きっと私とはだいぶ違ったレポなんだろうなあと、読むのがすごく楽しみです。色々と準備をして(ソレ用に時間を作って、お茶の支度もバッチリして…)PCの前で正座して臨みたいと思います。

来生さんのライブの前の様な緊張感。ライブの至福のあとにもう一つの至福の時間です、ドキドキしてます~。また後ほどおじゃまさせていただきますね。
れい |  2011.03.08(火) 08:04 | URL |  【編集】

初日。。。

のもんさん
いつものコトながら、微細なレポに感服&感謝。
私は情けなくも飲みの後、醒めて清めたら記憶までが薄まってしまってました(汗)。
今週末もある~とちょっと気を休めすぎてしまいましたが、個人的に数点。(Gt演奏については入る余地無し:笑:なので割愛)

オープニング前からのリズムの刻みは一曲目への流れと想像はしたけれど「坂道の天使」か~と意外。
正直、今宵のドラムスは“はりきり系か~”と案じるの巻。

「蟠り」はアルバムでよく聴いた曲、前奏のはじめのGtが被さる音尻でこの曲と気付き、小さくがッツポーズw。この日のテンポだともっとジャジーなアレンジでも素敵に変身かも、と想いながらもゆっくり目にまだまだ艶が乗り切れてない低い声が、不思議とマッチしていて平気、というより良いな~と改めての印象。

「ローマン・ホリディ」
アルバム「ROMANTIC CINEMATIC」は来生メロディーのほとんどに優れたコーラスが施されている1枚で好きなアルバム。コーラスもその道でのスペシャリストが多数、編成を変えて組んでの参戦、そしてプレーヤーも当時の達郎組の錚々たる面々で。その中から、掛け合い?のある、この選曲は、来生さんがR君とのそれを試してみたかったのねwと勝手に予想。とってもR君の声もきれいに伸びていて◎。そうなると、もちっと欲が出る鉄印。高音がほんの少し柔らかめに出ると最高です。

「ひたすらに」メドレーはCDで聴くより、割り増して“生”の歌唱の方が◎。情感が唄っている姿から滲み出て、間合いや仕草込みでその楽曲になっている様で。
個人的に何故か「ひたすらに」の前奏で、映画「砂の器」(加藤剛主演の古いモノ)のワンシーンが過る~何故かは?。

「海沿いの町で」
意外な選曲。私も出だしとキーワードメモして、宿題お持ち帰り。正直、そんなに原曲聴いてなに群の1曲でした。常連の楽曲ではないためか、初日ではまだ来生さんのヴォーカルに馴染んでいない感じもあり(勿論私感)、これからの数ヶ所を経て、ツアー終盤でちょい化けするやもの1曲。

「まなざしの時間」
今回は“Wまなざし”~行方と時間w。
個人的にはあまり選んでは聴かない曲だったけれど、登場人物の男性が来生さん本人を思わせる歌詞に、ご贔屓のファンがいらっしゃるのかな~とちょっとリラックスしながら聴いたら、なんだか好印象の1曲。

「静けさのメニュー」
リベンジといってしまえば簡単ですが、やはりステージの最後の1曲(アンコール)としてこの曲を選んだ想いが年を越してもなお、生きた~というコトなのでしょう。間奏のスロースロー感、私も祈る想いでしたが、柔らかく丁寧な鍵盤の音に小さな拍手を送って、短めの1曲を聴き終えました。

初日を聴き終えて、アルバム名を付けてのツアーではあるけれど、気負わずな感じの“来生たかお”の印象が
気持ち良い感覚にしてくれました。勿論、このツアーで、この曲なのね?と想う場面もありましたが。
今回、席の関係かドラムスが元気良く、ちょっとドデスカな感じで響いてきてたので気になったのですが、日程によっては新しい方を加えての編成、それでもなおリズム隊として充実のサウンドを奏でてくれた佐藤氏に感謝。

番外編
今回、座席がGtポジショニング目の前なのね(汗)とはチケット届いた時点で把握して臨みましたが。。。大将のお練りのかみ手立ち居地が真正面とは、「セカンドラブ」で歩み始めた時点ではじめて「すゎ!」と気付く。
眺め放題で羨ましい?!と思われる方、ゴメンナサイ。
たまに開く瞼の奥の瞳と遭遇しないように、鉄はあろうことかR君の弦捌きの指遣いを指定避難所にしてました。きっと、お練2曲中、のもんさんの次位に眺めていたかもw。でも、よくよくご尊顔すると(結局見てる)、かみ手滞在中(1番歌唱中)何度も瞼を開かれ(笑)、客席の後ろ、中ごろ、前、左右。。と順々に視線を送られてました~さすがです。今回、お練り行脚、しも手へ行かれた後姿に「あっ行っちゃった~」と不覚にも名残惜しさが。次回は、しも手でお待ちしていますw。

来生先生“感動”3講義の内、今回は「岸田秀氏」。このご講義の際も、スツールからかみ手客席をちょいちょい見られては“うなずき”を示唆。。。鉄印はところどころ小首傾げての無駄な?抵抗はなはだしい聴講生。先生!@仙台では別の講義が聴きたいです。できれば大明神のお話を。
鉄線花 |  2011.03.08(火) 20:34 | URL |  【編集】

良かった。。。

早速読ませて頂きました。
「時間がかかるかも…」という事でしたが
早かったですね~。

『あなたのポートレート』、あったんですね!
良かった。。。本当に嬉しいです♪

今回もCDをたくさんの方に買って頂けたようで、
良かったですね。
売り子さんは大変だったようですが。。。
でも「たくさんのお客様とお話ができて、笑顔が見れて嬉しかった」とブログでも言われてますし、
本当に良かった良かった。。。

4/3に隈さんとの『DJイベント』があるんですか!?
計画中という事で決定ではないんでしょうか?
でも『ロッカールーム』でという事ですし、決定と思って
いいんですかね?
時間もいつものライブと変わりないですよね?
すみません、質問ばっかりで(汗)
のもんさんにも分かんないですよね(笑)
日曜日か~でも行きたいなぁ。
時間的には大丈夫なので(昨年末に保証済みです…笑)多分、行くと思います。。。
前から隈さんとのライブには一度行ってみたいと思ってましたし。
のもんさんも行かれるんですよね?
kazuhi |  2011.03.08(火) 23:02 | URL |  【編集】

祝初日ご盛況

どーもです。
土曜の夜にのもんさんから「月子さんにはたまんないと思うよ」とメールいただき、
私の好みのメニューらしいな~と、ワクワクソワソワしてましたよ。
ツアーメニューは、待ちきれずにすぐにでも知りたい私。
れいさんのとこで、一足先に情報GET、ありがと~確かに好み~たまらない。(笑)

まず、私も大好きなアルバム「ロマ・シネ」から『ローマン・ホリディ』
早速聴いてみた~これはRYUMEIくんとのコーラスが楽しみな楽曲。
RYUMEIくんが参加するようになってから、コーラスが映える曲を選んでるように感じる。

『海沿いの町で』も大好きな曲。
私にとってはCD聴いても思わず涙してしまう曲なのだ。
我が地元のあの辺の情景が思い浮かぶし、詞もメロディーもいい。
シンプルなメロディーだけど、アレンジが深い。
特に後半の間奏のギターの音色を聴かせたあとに続く、
「海沿いの町には僕は似合うだろうか」~この言葉がツボ。
そして遠くから聴こえるような弦の音~哀愁を感じるキーボードの音色に涙誘われるのだ。
これをまたライブで聴けるなんて、すっごいうれしい。
鉄線花さんおっしゃるように、この曲きっとライブで映える曲だと思う。
白っぽい明るい照明が似合うな~とか、あれこれ想像してしまう。
演奏する山崎さんやRYUMEIくんも、きっと心地よさを感じるんじゃないかしらん。

『まなざしの時間』…あぁ~これもまたライブで聴けるなんて夢みたい!(感涙)
この曲聴けるだけでも横浜に行くことにしてよかったぁ~としみじみ思った!

しかし関内、遅くにチケット取ったので、今までこんな後ろで来生さん見たことあったっけ?
というような、後ろの席です。こんなことなら、迷わずさっさと取りゃぁよかった。

でも、娘の卒業式が3月5日だったでしょ、
入学式が毎年4月のその辺の土曜日、関内無理かもと言ってたよね、クリコンの時。
しかし今年は平日になったそうです。もっと早くに知っておれば・・・
でも、しょうがないよねぇー(号泣) もうこんな席しか無いとすれば、完売になるかも。

ポスターの写真、ありがとね♪
「凱旋公演」という手書きの文字がいいなぁ~
坂戸市民の皆さん、ありがとうございました。城西大学見学に行きたかったです。(笑)

たゆたうような腹を想像してしまった。。。 ブルブルっ いや~ん(泣)

MCも来生さんらしいし、盛況でなによりでした。
遠くまで行った甲斐がありましたね。

土曜夜のメールでのもんさんに言ったんだけど、パソコンが壊れて急遽買い換えました。
もうまもなく寿命かなと覚悟はしてましたが、この1年ほど調子悪くて音は聞こえないし
バックアップも取れない状態でいました。
だったらアドレスなど紙に落としておけばよかったよね、と今頃気づいてももう遅い。
お心あたりの方、私に空メールで構いませんのでメールください。
不慣れなパソコン(7)で、不自由してます。

先月は携帯が壊れて買い換えて、先々月は洗濯機が壊れて買い換えて、
もうちょいさかのぼれば、11月末には仕事部屋の私専用TVが壊れたので、
思い切って、HDDとブルーレイの3つがビシッとそろった一体型TV買ったんですが、
出費もさることながら、それぞれにマニュアルを読みこなせないというか、
使い方がまだかなり不慣れで困っています。
今年は、厄年かな。。。
月子 |  2011.03.09(水) 21:01 | URL |  【編集】

月子さん 地震は大丈夫でしたか。今回はかなり広範囲に揺れたようで、我市も震度1でした。気付かなかったけど。NZのこともあるし怖いですねぇ。


今年のツアー初日レポは のもんさんとれいさんがチョッピリ入れ替わったみたいになってて面白かったです。ライブ初心者にとっては嬉しい選曲が多いです~。楽しみ~。「まなざしの時間」が特に。去年の「水の抱擁」みたいに場所によって差し替えなんてことにならないでいただきたい。

来生さんの声ですけどね…。
確かに低くなってるんでしょうが、必要以上に曲のキーを下げすぎなんじゃないかなぁって感じていまして…。低すぎて苦しそうに聞こえたり、声が割れると言うか ダミッ(ダミッてw)とするというか、兎に角 せっかくの声の良さが発揮されなくてもったいないなぁと思うわけです。ライブでは「マイ・ラグ」の♪イン・ザ・ナーイト♪がちゃんと出てましたよね(SONGSでは首をねじってちょっと苦しそうにも見えたけど、でも出てたし)。もうちょっと高めのキーで voice world(?)を堪能させていただきたいなぁと思いマス。

のもんさんは関内も行かれますか。RYUMEIさんのライブ重視かな?いずれにしても また深いレポを楽しみにしています。あ、「Good Bye Day」RYUMEIさんのソロで聴いてみたいです。

長々と ごめんなさい。

カノン |  2011.03.10(木) 01:19 | URL |  【編集】

つぶやき。。。

Dr藤唯史さん(@坂戸)のつぶやきを見て、当日感じた自分自身の?に納得。ご自身の馴染みのセットではなく、なおかつサイズも小ぶりだったのね。。。と。仙台では来生サウンドに拘って揃えられたセットをその拘りの主、タケさんの演奏で楽しんで来ます。違った刻みで2通りの楽しみが出来るのですものね。

つぶやきといえば、終演後直に会館を後にしたため、民族大移動の人の流れに乗って駅方向へ~と思いきや5分位後にその大きな流れは広い駐車場へ(汗)。ほとんどの方々が車でいらしてた様で、地元率が高かったのを伺えます。その大移動の中で「来生さんはいい声でなおかつ聴きやすいね~」「お洒落過ぎずあの位の感じが落ち着いて聴いてられるな~」「横になりながら聴けるから病気してても聴けるのよ」「知ってる歌聴けて良かった」とか、コアなファンや永年ファンの方では決してない感じのご夫妻やオジサマ同士、ご婦人同士がつぶやかれていることが、来生さんの本質の魅力を衝いている様で嬉しかったです。
ステージの度に「ほんの少しでも気に入っていただければ~」の言葉はちゃんと届いているのですね。「あいつ」「今日でお別れ」もそんな辺りを考えさせられる選曲カナ(濃口ファンにとっては、もうソロソロ・・・の感ですが・・・)。

「Goodbye day」
SONGSでの渡辺氏のアレンジの後、時間を置かず‘生’でまた違ったあのアレンジ(前奏が鍵盤単音から入る)が聴けるのは本当に贅沢なことです。このアレンジ、好きですし。
で、
>「グーーーーッバァァァ~イデェェ~イ」
のもんさんの大好物のこの揺れ具合、実は、鉄には引っかかりが残ります(汗)。この時R君のコーラスの方が前面に出る感じは別に良いのです、キーの高さや声質に因るトコでしょうから。よは来生さんも揺れちゃってるってトコです。このアレンジの時ならばR君コーラスとセットなので致し方ない、なのですがSONGSでの同曲でもこの部分、揺れてるのです。その前に流れる若かりし頃の映像での「Goodbye day~」の歌唱は、彼の特徴のノン・ビブのストレートな感じが◎。そこがもう生で聴けないの?と愁いてしまっただけなのですが。
勿論、結果“好み”のレベルなのですがね(笑)~と長めのつぶやき。
鉄線花 |  2011.03.10(木) 10:14 | URL |  【編集】

カノンさん、ありがとうございます。
海に面した我が市ではありますが、わたしんチは山の上で(汗)
津波の心配もなく、今のところ大丈夫です。
でも、最近続いているので、怖いですよね。
私、首都圏に行く度に、今大地震が来たらどうしようかと不安に思います。

昨夜、おねーさんのご主人からも、地震を心配するお電話をいただきました。
ありがたいです。
ついでに、SONGSの話題~(お手紙でお知らせしておいた)
「よかったです、声が楽にのびやかに出ているのが素晴らしい。再放送も見ました」
私も翌日の再放送も、つい見てしまった、録画してあるのに。

昨夜のひろ子ちゃんも素敵でした。
あの当時のひろ子ちゃんの映画、もらさず見ていた私、CD欲しいなと思った。
来生さんのSONGSをご覧になった方達も、CD買おうとかコンサート行こうと思ったことでしょうね。
月子 |  2011.03.10(木) 17:17 | URL |  【編集】

月子さん 被害がないということで安堵しました。東北地方で頻発しますねぇ。大きいのが来るくると言われて久しい我が地方はあまり揺れず、逆に不気味です。

稲沢公演からひと月をおかずにSONGSの放送があったので、この地方ではきっと 懐かしく思い出したり 初めて「いいな」と思った人がたくさんいたことと思います。で 稲沢圏内の新星堂へリサーチに行って参りました。ベスト盤と「余韻」が3枚づつ、新譜はなし。・・・う、売れたと解釈しよう・・・。
稲沢での観客の反応はすこぶる良かったので、気を良くして東海地方にも来ていただけると信じています よ 来生さん。

昨夜のSONGSは見られなかったですが、日曜日の「堂本兄弟」で「セーラー服と機関銃」を聴けました。ひろ子ちゃん ほかにもたくさんヒット曲があるのにこれを選んでくれて嬉しかったです(映画「わさお」の主題歌とともに)。♪このまま何時間でも~温めたいたいけど♪がイントロの前に入ってからワンコーラスでした。新鮮で良かった。
カノン |  2011.03.10(木) 18:33 | URL |  【編集】

間に合うかな?

カノンさ~ん!
今夜1:30から、昨夜のSONGS再放送がありますよ。
あのハーモニカの西脇さんがまた参加なさっていたので、カノンさんぜひ。

その堂本兄弟も見ました~ホントTVっ子な私。(笑)
いつも見ている番組ではないのですが、息子が教えてくれたので、つい見ちゃった。
月子 |  2011.03.10(木) 20:42 | URL |  【編集】

ありがとうございます!

録画予約しました!昼間一人になれる時にゆっくり観ます。
カノン |  2011.03.11(金) 00:43 | URL |  【編集】

ようやくお返事

鉄さん

ライブ帰りに突撃質問メールでスミマセンでした(笑)
「知恵袋に」と返信されて、
電車内で爆笑しそうになりましたよ。

「思い出の種」もどうだったか不安で、
やはりこの系列に弱いなあ~。

>来生くん

へえ~。どんなウラ話が聞けたのやら。
まだ煙草吸う前ですね。

鉄さんは仙台行かれるんですよね。
メニューを知った上で短い期間にもう一度聴くと
きっとまた何か面白いものが見つかるでしょう。
ドラムが変わるしね。

>今宵のドラムスは“はりきり系か~”

私も1曲目のドラムはちょっと気になったなあ。
元気良すぎて来生さんの声が消えちゃって。
でもだいたいすぐに来生さんの声って修正されるので、
(エコーのかかり具合とかね)
今日も最初だけだろうなと、
そこからはあまり気にしてませんでした。

というか、やはり「あ、タケさんじゃない」と思った瞬間に、
耳はよりギターに集中というか。
そこまでドラムに対して聴き分けとか出来ないので、
特に意識しないでずーっと聴いてしまったかなあ。
タケさんの音は耳馴染んでるのか、
好きな音がするんです。

ローマンホリディのコーラスについては
オリジナルは結構はっきり聴こえるので、
ライブでもそれくらいボリューム上げてくれたらいいのになーと思ってます。
個人的意見。

仙台レポ楽しみにしてますよ。
場所作ろうかなと思ったけど、
話の流れ的にここに繋がってた方がいいかなと。
なので、このままコチラで待ってます。

終演後のお客さんの声って、結構気になりますよね~。
表情とか、足取りとか(笑)
坂戸は地元密着なホールのようですね。
ある意味、耳が肥えているやも!?
「今日でお別れ」はキャッチーな曲だと思うので、
ベスト盤を買った後におすすめ、ってことで良いんじゃないですかね(笑)

GBDの御大の歌唱に付いて、
私はまっっったく頓着していなかったので、
改めてSONGSを見てみました。
ああ本当だ、RYUMEIさんと同じような感じで歌ってるんですね。
今はそういう気分なのかなあ。
それともそうしないと歌いきれないのか。
アフター行徳の私としては、
「意味の繋がらない所で息継ぎしなきゃいいか」
くらいになってます。
それも何やら寂しいw

れいさん

私も、れいさんちにコメントしにいこう、と思いつつ毎度時間切れで。
今回は真逆でしたね。
いや、真逆の方が多いのかも。

Kazuhiさん

CD、来生さんの宣伝の効果もあったのか?
たくさんの方が手に取ってましたよ。
嬉しいことです!
フライヤーもちゃんと見てくれたかなあ。

DJイベントの詳細はまだ分かりませんが、
リューメイさんがワクワクしてるのだけは分かってます。
それだけで十分に「良い時間」が約束されたようなモノです。
そのうちスケジュールにアップされるかと。
私も今のところは行く予定でいます。

月子さん

「海沿いの町で」も好みであれば、
さらにお得感が出た選曲じゃないですか~。
私は何もない状態ではメロディーも浮かんでこない(苦笑)
今度もうちょっと真剣に聴いてみます。
こういう話をするたびに、来生さんの楽曲の豊かさ、幅の広さを実感するなあ。

横浜チケットは、場所が行きやすいのもあって、早くはけてるのかも。
でも自分の予定がわかってからでも手に入れられるのはありがたいよ。

「凱旋公演」いいでしょ。
思わず素通りできずに、
「ぷ」と笑いつつケータイで撮ってしまった。
そうそう、歩いて行く途中に「オラシオン」ってカフェもあったよ。
せっかくなんだから、もっと地元時代の話とかすればいいのにね。

パソを急遽買い替える、なんてとんだ災難ですね。
仕事の方が大変だよねえ。
それぞれ別々の時期に買っているはずなのに、
なぜか同じ時期に壊れるのね。

私は昨日、初の液晶テレビが来ましたが、
DVDに録画しておいたアナログの標準画像の試合が、
えらい見にくくてちょっとガクリとしています。
疲れそう。
来生さんのSONGSは、すごく美しくて驚いた。
ジャケットの格子模様がくっきり見えて、
こんな映像だったのかと(笑)

来生さんの再放送、BS2であります!
3月15日(火)17:30~17:59
たくさんのリクエストが届いたそうでございますよ!!

地震、そっちの方だったんですね。
私はちょうど職場で食事中で、
目眩のように長く揺れていて焦ったなあ。

カノンさん

れいさんと私の感想、合わせ鏡をしたように、
細かなところも逆の反応が出て面白かったです。

冷静に考えると、
私が今回甘いのは、リューメイさんがいるからかもしれないっす。
耳がそっちをメインに聴いているので。
ソロライブだったら気がつくような部分もあったのかもしれないしね~。

キー下げ過ぎですよねえ。
下げると同時にゆっくりにするでしょう。
どーしても暗くなりますよね。
現時点でどっちが出しやすいのか、
ってことなのかもしれないけど、
低いからキレイに発声出来てる、というものでもないので(悲)
多少キツくても、高めの声を出してほしいなあ。
そっちの方が素敵なんですけどね。
若返るし。

関内、行きますよー。
買ったのは一般発売になってからですが、
見やすそうな席をゲットしてあります。
リューメイさんのライブは、
それとはまた別に、ちゃんと行きます(笑)
カノンさんが関内レポを読むのは、
千秋楽が終わってからでしょう。
そちらのレポは頼みました。
楽しみにしてますよー。

稲沢、SONGS、坂戸、と
新譜の営業としては十分ですよね。
(次どうしよう)

SONGSも好評だったようだし、
来生さんも、またヤル気になってくれたかなあ。
あらためてこの機会にもう一度、
色々な人に手に取ってもらえるといいですね。
もちろんベスト盤じゃ無いやつをね。
のもん |  2011.03.11(金) 01:14 | URL |  【編集】

ふさわしい。。。

仙台、地震(仙台でも微震に未だに要注意)等による交通機関にトラブルがなければ出かけてきます。

今回もメモはポイントポイントしか書けない座席(どんな座席?)。。。そんな感じでよろしければ、お言葉に甘えてお邪魔いたします(照)。

「SONGS」
再々放送、良かったですね。リクエスト多数の中にはファンの方は勿論、この放送でファンになった方々もいらっしゃることでしょう。こういうの、来生さん嬉しいだろうな~。

マイ・スペでもRYUMEI君、@坂戸のこと&売り子宣言をされてて(笑)~その中でも

>記念の年にふさわしい素晴らしいライヴ

というコメントに頼もしさを感じます~よろしくです。
あ、RYUMEI君、今度は仙台ではくれぐれもタクシーにはご用心w。良い印象での仙台をエンジョイ!してくださいませ。

番外編
>へえ~。どんなウラ話が聞けたのやら。

5歳以上離れた長兄の同級生とのことで、リアルタイムの来生君と本人が遊んだりしていたわけでは無いようです。根掘り葉掘り聞いた訳でもないですヨ(汗)。ただえつこさんのお名前が久々に。談義内容は純粋に来生作品について~CDを買うようにオジサン軍団に営業かけておきました。本当に懐かしがっていて、ひろ子ちゃんのファンクラブ会員だった人が6人中2名も、そこでまた一盛り上がり、教えてあげたSONGS情報も携帯メモに入れる七三ワケの男達w。

鉄線花 |  2011.03.11(金) 10:01 | URL |  【編集】

福島で土砂崩れ、仙台空港浸水・・・。大変なことになってますが 月子さん、鉄線花さん ご無事ですか、大丈夫ですか。
関東でも随分な被害が…。あぁ皆さんご無事でしょうか。
カノン |  2011.03.11(金) 16:43 | URL |  【編集】

いわきもかなり揺れました。
私はたまたま市の中心部で、仕事の勉強会中でした。
かなり揺れて机の下に隠れて、でもその机も動き出したので机の脚を握って
椅子に置いたバックの中から、携帯をつかみだしました。
何かあったらこれが命綱になるかもと。
揺れが収まって外に出ると、皆 顔が引きつっていました。
もちろん会議は中止。「これから大変だ」と言いながら解散。

車を運転していても揺れるし、携帯も通じず、
ワンセグで映像確認すると大変なことになっているし、
焦りながらも家に戻ると、幸いCDラックや棚の物が落ちている程度で、
休日だった子供たちも無事で、一緒に片付けを済ませたところです。
家具などは固定してあるので、無事でした。建物も今のところ大丈夫です。
しかし、余震がひどくて怖いです。今のところ電気は点いていますが、
水道が不安定。これからどうなるのか、不安です。

TVで見ると、各地ひどいですね。
当市の小名浜港も津波でかなり浸水しているようですし、
夫が今帰宅して言うには倒壊している建物もあったし、
屋根や塀が壊れている家がたくさんあったとのこと。

明日は来生さん仙台ですよね?
新幹線も止まっているようですし、高速道路も通行止め。
どうなるのでしょうか。
鉄線花さんは、まだ東京にいるのでしょうか。

東京や神奈川も大変なようですね。九段会館も倒壊したとか? 
こんな揺れは、私は初めてです。本当に怖いです。
とり急ぎ、私は元気です。皆さんもお気をつけて。
月子 |  2011.03.11(金) 17:52 | URL |  【編集】

月子さん御無事なんですね、良かった。
こっちもかなり揺れたから福島はもっとだろうし、でもTVでは皆目わからずで心配してました。やっとここを思い出して来てみたら、正解でした~。

私は駅前の高層ビルにいて(私がいたのは2階)地震が起きた時はフロアーに50人くらいいたかな。こんなに大きな地震は初めてで、皆、無言ながらどうしたら…という感じでした。幸い近くに1メートルくらいはある大きな柱があったのでずっとその横にいました。

エレベーター、エスカレーターはすぐにストップして、緊急連絡の放送が。階段もまだ危ないので使わないで下さいと。長かったなあ。その間気になるのは家にいるはずの子供2人。AUは電話通じず…ダメじゃん。ちなみにdocomoは大丈夫だったようですよ。

速攻で買い物を済ませ帰宅。スーパーでは棚から落ちたらしきブルドックソースやお茶の葉が床に。本屋さんでは半分近く落ちた本を棚に戻してる最中でした。家がちゃんと建ってるのを確認した時はほっとしました。が、すぐに視界がゆらゆらと船に乗ってるようになり、余震だ~と、踏ん張って家に帰り着きました。途中、外に出てきた近所の人に「頑張って~」と言われた(汗)

子供その1は外出中、その2は出勤の準備中でした。もしかして家の中はグチャグチャ…との心配も杞憂に終わり、特に倒れているものもなくひと安心でした。

ハマボウル…横浜市民なら一度は行ったことがあると思う有名な複合施設です。気が付いたらあったので相当古い建物だと思いますが、そんなとこの天井が落ちるなんて、ショック。

しかし余震がすごい。東北がどうなってるかはっきり分かるまでには時間がかかりますね。来生さんの仙台もどうなるんでしょうねほんと。鉄線花さん、行かれる時は気を付けてくださいね。

のもんさん、レポまだ読めないでいます。うっ…
週末にはゆっくり拝見させていただきたいと思います。
れい |  2011.03.11(金) 18:47 | URL |  【編集】

月子さん れいさんご無事で安堵しました、よかった…。国内過去最大だったそうですねぇ。時間を追うごとに亡くなられた方や怪我人の数が増えて 胸の詰まる思いです。鉄線花さんはご実家が仙台なんでしょうか。ご無事でしょうか。のもんさん お住まいはどこでしょうか、ご無事でしょうか。
北海道もかなり被害があったようですから、明日からの東北・北海道ツアーは難しいのでは。東京も交通機関がマヒしているようですし。
あー津波がひどい…、どうか皆さんご無事で、ご無事で。
カノン |  2011.03.11(金) 19:23 | URL |  【編集】

とりいそぎ

船橋在住のもん元気です。
仕事中に凄い揺れてほんと怖かったよ。
古いビルなので、絶対つぶれる!と。

旦那がちょうど風邪ひいて家で休んでいたので、
車で迎えに来てもらいました。

月子さんご無事でしたか。良かったです。
鉄さんも今頃心配でしょうね・・・。
どなたさまも何もありませんように。

またあとで顔出します。
のもん |  2011.03.11(金) 20:06 | URL |  【編集】

みなさん、ご無事で本当に良かったです!
すごい事になっていて本当に驚いています。。。
大阪でもわりと揺れたのですが、東北~関東地方に
比べたら全然比べ物にならない程度の地震でした。
余震も続いているようですし、気を付けてくださいね。

明日の来生さんの仙台ライブはどうなるんでしょう、
心配ですね。

のもんさん
4/3、やっぱり行く事にしました(笑)
行かないと絶対後悔すると思うので。。。
“RYUMEIさんがワクワクしていて
十分に「良い時間」が約束されたようなモノ”
という事なのでとても楽しみです!
今からワクワクしています!
kazuhi |  2011.03.11(金) 20:56 | URL |  【編集】

仙台公演は中止です。
公式HPでもUPされましたね。
残念ですが、いたしかたなし。

皆さんも各地での余震にお気をつけ下さい。

仙台エリア、まだNTT回線制御の様です。新幹線復旧すれば目的は一つ減ったのですが、仙台へ行ってきます。

取り急ぎ、ご案じいただきありがとうございます。
鉄線花 |  2011.03.11(金) 22:30 | URL |  【編集】

不要不急のネットはしないでおこうと、
昨日は早々に電源落としました。
電力足りないみたいなんで。
テレビだけ見てて、その間も余震が絶え間なく。
寝ている間も緊急エリアメールが4回ほど。
他の地域でも大きな地震が起こっているとのこと。
なんだか怖いです。
情報が欲しくても得られない状況の人の不安は計りしれませんよね。
被害がなるべく少なく収まるように祈るだけです。

私の仕事先のビルは古くて、
でかいのあったら1発で潰れそうなので、
ほんと怖かったですよ。
後ろのドアを開けてしゃがんでました。
電車は動いていなかったけど、
幸い旦那が家にいたので車で帰れて助かりました。
ガスは復旧したら動いたので安堵。
同じ階段のお宅に、旦那が出向いて復旧してた(笑)
旦那はガス関係のお仕事してるのだ。
家ではいろいろ小さなものが落ちたようですが、
被害はコップが一つヒビいったくらいでした。
でも油断してちゃダメですね・・・。

仙台公演中止ですね。
そんな場合じゃないよー。

鉄さん、地元ですよね。
お気をつけて。
コメント入れてくれてありがとうございました。
のもん |  2011.03.12(土) 10:26 | URL |  【編集】

本当に凄い事態になっていて言葉になりません。

こんな大変な時に「4/3…」というような軽率な
コメントをしてしまい深く反省しています。

大規模な余震が続いていますが
みなさん、本当に気を付けてください。
これ以上被害が大きくならないよう願っています
kazuhi |  2011.03.12(土) 18:47 | URL |  【編集】

取り急ぎ。。。

皆さま怖い思いをされながらもご無事でよかった。

仙台はやっと何らかの手段で安否確認(ごくごく近い人間まで)でき始めてます。
実家の家族も無事避難できていました。
家屋は大丈夫でも屋内がドノ家も。。。これは仕方ない、私も何十年か前に1度経験。しかし、今回の規模はやはり言葉になりません。

皆さまのお知り合いなどまだご確認叶わない場合もおありでしたら恐縮ですが、ご案じ頂いた皆さまに取り急ぎご報告。

千葉も福島も茨城も自然災害以外の様々な二次災害が出現していますが、ご無事ならなにより。

のもんさん、電力節電のお知らせありがとう、こんな時間にスミマセン。では。
鉄線花 |  2011.03.12(土) 19:11 | URL |  【編集】

鉄線花さん ご家族の皆様がご無事ということ 本当に良かったです、安堵しました。これから長くながく大変な日々が続くことと思われますが、どうか体調を崩されませんように。もうこれ以上被害が広がらないことを祈るばかりです。
カノン |  2011.03.12(土) 20:36 | URL |  【編集】

れいさん家にも書かせていただきましたが、関西電力・中部電力が東京電力に送電を始めたそうです。近畿・東海地方の皆様節電につとめましょう。
カノン |  2011.03.12(土) 21:31 | URL |  【編集】

お久しぶりです。

さっきまで停電、断水でした。
この場で福島県浜通りの方って確か月子さんでしたよね。御無事で何よりです。

いやー、今回の地震の揺れにはにはびっくりしました。これは初めて体験しました。
宮城や岩手、福島は浜通り地方、もっと大変なんだなといろいろ思っております。

SONGSの感想も書かずにすいません。m(__)m
ただ「夢の途中」よりも翌週の「セーラー服と機関銃」のほうが正直自然に観れました。今回はそれだけを書いておこうと思います。

まだ地震が来ているので油断禁物ですね。
皆さん、お気を付け下さい!
Ordinary |  2011.03.12(土) 22:07 | URL |  【編集】

鉄さん、ご報告ありがとうございます。
少しほっと出来ましたね。
Kazuhiさん、気にしないでくださいね。
Ordinaryさん、ご無事で何よりです!
私の住まいよりも北の方だったと思ったので案じておりました。
カノンさん、私もさっきダンナに言われて「節電メール」送ったクチです。
節電、小さなことですが、
震災にかかわらずやって悪いことではありませんよね。
思わず土鍋でご飯を炊いてしまった・・・。

さっき月子さんからメールもらいました。
高台の家は無事のようですが、
車で5分の妹さんの家が大変らしく避難してきているようです。
電話・メール・ネット、ほとんど繋がらないようですが、
今は元気です、とのこと。
なんかもう言葉もありません。
まだまだしんどい日々が続きますが、
どなた様もお気をつけて。

れいさんちでそうざさんの消息も分かりました。
20キロを歩いて。はあ~・・・すごい経験。
無事に辿りついて何よりです。
のもん |  2011.03.12(土) 23:41 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.03.13(日) 10:10 |  |  【編集】

月子さんより

鍵コメさん

了解です。ご連絡ありがとうございました!


先ほど、月子さんからメールをいただきました。

元気で家で食事も出来ているとのこと、
皆さんにお伝えくださいと。
ただネットも繋がらないし、
携帯もメールもたまにしか繋がらない状況が続いているそうです。
原発の状態も不安があるようです。
月子さんは地元で仕事をしているので、
お客さんの中には、
震災の酷い地域にいる方もいるようです。
まだまだ辛い思いをすることが待っているのかなと思うと、
なんともやりきれない思いです。
「今後私たちはかなり多忙になると覚悟しています」
と月子さんの言葉です。
自分や家族が助かったことのあとに、
大なり小なり辛い思いをすることが
これからまだあるのだと思います。
支え合って頑張って、と
なんだか空々しい言葉しか出てこないのが本当に苦しいです。
でもメールを読んだ限りでは、
大丈夫!と言っているような感じがしました(涙)

来生さんの公式では、
御大はじめスタッフなどの皆様も無事との記述が追加されています。
問い合わせちゃう人が多かったみたいですね・・・。
気持は分からなくでもないですが、
公式の最初の「仙台公演中止」の記事の段階で、
あえて何も書いていないのだから、
むしろ大丈夫だったのだと思うくらいの余裕が欲しいかなと思ったりします。
最初から書いておけばいい、という意見もあるかもしれませんけど。
いくらなんでも来生たかおに何かあったらネタになってると思いますよ。

被害の範囲が広いことで、
誰にとっても何かしら関係するようなことがあるかもしれません。
冷静かつ真摯な態度で、
現実的に出来ることをやるしかないかなと思います。
希望を与えたい、頑張って、可愛そう、
そんな言葉の一つ一つにも、
繊細な神経一つを張り巡らせたいなと思っています。
自分はやっぱり当事者じゃないので、
考えた末に発した言葉だと思っても、
力になるのかならないのか、
呑気な傍観者の自己満足でしかないのかもしれません。

すみませんね、ぐちゃぐちゃと。
また月子さんからのメールがあったら、
ここで近況など報告させていただきまーす。
のもん |  2011.03.13(日) 20:15 | URL |  【編集】

のもんさん ありがとうございました。
被災地の状態を見るにつけ 住民の皆様の辛さ・悲しみ・ご苦労等を思い 胸の潰れる思いです。本当にかける言葉も出来ることもない、ただただ祈るのみです。月子さんご一家は食べておられるのか 水のご苦労が大変だろう等案じていました。お元気ということでひとまずは安堵しましたが、この先長くながく大変な日々が続くことや、お仕事柄とんでもなくお忙しくなるであろうことなど 思うだに、どうか体調を崩されませんようにと やはり祈るのみです。
鉄線花さんのご実家の皆様は避難をされておられるとのことで、やはりご苦労は計り知れないと思います。どうかどうかもうこれ以上被害が広がりませんように。祈ることしかできず歯痒いですねぇ。
関東一円も停電など不自由な生活だと思われますが、どうぞ体調に気を付けてなんとか乗り切られることを祈ります。
カノン |  2011.03.13(日) 23:31 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1781-39c6eeb0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |