2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.05.06 (Fri)

書くほどのことが無くなってるなあ

ミムンが元気でいると私も元気になるんだが。

サカ関係の記事が減ってますね。
だって書きたい、って気分にならないんだもん。

団地の外壁工事、震災、実家の心配ごと、まあいろいろあって
3月下旬ごろからサカへの集中力は日々下がっている。
しかも追い打ちをかけるようなことばかりが、
終盤に入って次々起こるので、一向に気持ちが盛り上がらない。
録画でかなり遅くなってからでないと見れない試合も多くて、
ニュースもチェックできず、
何が今起こってるのやらどんどん分からなくなってるし。

さっきフジでやってた内田対マンUの2戦目を流し見していたが、
ノイアーに対する興味がものすごい勢いで無くなっているのを実感してる。
志の小さい男なんてもーどーでもいいもんね。

バイヤーもなんかねえ。
2位なんて最近の中でも一番の成績なんだけど、
やっぱハインケスの来季の就職先との対戦を見たあとで
さらにラインダービーで勝手に追い打ちをかけられて
こちらもものすごい勢いでどうでもよくなっている。
良かったこと、イマイチなこと、試合についてあれこれ考えるのがもう面倒。
早く来季にならないかなあ。

あ、でもこれだけは言っておく。
今季、現段階で2位にいるのは、センターバックも含め、
ローテーションで選手の疲労を分散させた結果だと思う。
私がここ数シーズン不満だったのは終盤の失速で、
今季それが改善されたことは大いに評価したいです。
この点は、シーズン当初からずっと思っていたことだ。
まあ選手や他のファンたちは不満もあっただろうが。

スパーズも、元に戻ってるんだか戻ってないんだか
かなりこちらはまだ気持を入れて見ているんだが
2位のチームにライン超えてないのに同点ゴールにされたり
オフサイドなのに逆転ゴールにされたりした日には
もうどうしたらいいのやら。
CL圏内とか、まだ言ってて大丈夫なのか不安になる。

サッカーを見るって、
良いことも悪いこともひっくるめて楽しむものなんだと分かっているけれど、
今はちょっと疲れて、そうしたネタを中心に上がったり下がったりする余力がない。

ミムンのいるボーフムだけだな。
一番真剣に見ているのは。
それだって上がっても下がっても構わない、と私が思っているからだろう。
何が何でも昇格してくれ、という切羽詰まった気持ちはない。
怪我さえしなければ、それだけでいい。


だからって別に、日々ダラダラ無為に過ごしてるわけではなく。
旅行行って飲んだくれたり、
作りたいバッグのことをあれこれ考えてたり、
久々に橋本治の「窯変源氏物語」をじっくり読んでたり(面白すぎる)
格闘系エクササイズで暴れたり。
サカだけではない生活を楽しんで、気持ちを穏やかにしているのです。

今季は最後までこんなペースなのかなあ。
それも寂しいが。
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン

23:04  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

どうやらアズアク選手、欠場のようですね。苦戦を覚悟しなければいけないようです。そしてのもんさんのサッカー熱がますます下がるのかと思うと、こちらも寂しいものがあります。
私のほうはバリバリ応援しますよ!!(空元気)。"♪Unten auf dem Rasen!~"
masa |  2011.05.08(日) 15:19 | URL |  【編集】

masaさん

いやーさすがに残り2試合ですし、
2部の方はあまり知っているチームがないので、
もやもやせずに純粋に応援して見れました(笑)
ミムンは欠場でしたが。残念。

ボーフムはまたよく分からないノリでロスタイムに勝ちましたね~。
あまりにも最初から各会場で動きがあるので、
どうなることかと思いましたが。
最終節、ホームでビシッと、決めたいですね。
まあビシッとでなくてもいいです。贅沢言いません。
のもん |  2011.05.09(月) 00:11 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1830-e2199bde

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |