2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.06.15 (Wed)

RYUMEI・LIVE@RR~若い熱気と湿気でムンムン

早いもので、もう6月のマンスリーライブがやってまいりました。
今度はRYUMEIさんと松添昭市朗さんのツーマンライブです。
セッションもありますよー。

6月11日(土)
open: 19:00 start:19:30 \3000+D
池尻大橋 RockerRoom

雨はきっとライブの前にやむでしょう!

*****************

帰ってきました。
雨はちゃんとライブの前までにやみました。実力派晴れ男です。
今日もセッションありで盛りだくさんでした。
ライブってみんなで作るモノなんだなあと実感。
濃密な時間をありがとうございました。

レポはなるべく早く、と思っております。

*****************

何とか出来ましたー。
今回もあれこれ盛りだくさんです。
もう一度聴きたいあの音あの声。

よっしゃー今夜はゆっくり酒でも呑むぞー!
(飲むと眠くなって書けなくなるからガマンしてたw)

【More・・・】

今日は何が嬉しいって、
いこいこさんがついに参加してくれることになったのです。
いやー、脈があると踏んでから、押したり引いたり(笑)
しつこく誘いまくって、ようやく来ていただきました。
嬉しいよう~。
今日来たことは、絶対に後悔させませんから。
せっかくなので少し前に待ち合わせして
大阪のKazuhiさんと3人で、PRONTで腹ごしらえしてから行きました。
コメントでこれまで何度か話をしている方だと、
初対面でも初めてのような気がしませんね。
話しやすくって最初から盛り上がってしまいました。

201106111901000.jpg

今日も前回に引き続き、松添さんがRRに参戦。
ツーマンライブです。
RRの今日の出演者を見ると、
ヤマンゲロさんのほかにパーカッションの方も加わるようです。おおっ。
今日はいつもよりもお客さんの出足が早いみたい。
人数も多めで会場内のざわめく感じが嬉しい。

ステージにはもう全ての楽器がセッティングしてあるようだ。
パーカッションはコンガ(だよな)も置いてあるし、
プレスリーの袖のビラビラみたいな鳴りモノもあるw

最初ステージに上がったのは松添さんだけ。
まだ暗い中、ギターをセッティングしている時に、
ふと目があったら松添さんは嬉しそうな顔をした。
ちゃんと覚えていてくれて私も嬉しいぞ。

1曲目は前回と同様のカバー曲。
コレもう一度聴きたかったので嬉しい。
ギターは前はエレキっぽかったけど、今日のはアコギ、だよね?
前のギターよりは音がはっきりしたようだが、
それでもやっぱり松添さんのギターは、なんとも言えず艶っぽい。
ヴォーカルの空気感のある甘い声もいいんだよね。

2曲目からはギターのヤマンゲロさんと、
パーカッションのタカさんを加えて。
オリジナルやカバー曲を。
前に聴いた曲も、パーカッションが入ることでぐっと雰囲気が固まって
より魅力的になるようだ。
パーカッションのタカさんは見た目があまりにも可愛らしくて、
ガッコの帰りですか?と聞きたくなるような雰囲気なんですが(笑)

前回聴いた時の印象が、また蘇る。
やっぱりヤマンゲロさんのギターは、暖かい響きだなあ。
そしてやはり、淡々とベース的に弾く音が気持ちいい。

松添さんが言うには、
ヤマンゲロさんの暖かなギターと
本人の性格とのギャップがすごいらしいです。
どんなだよ。

松添さんのギターや声、ヤマンゲロさんのギターも
私にはとても心地いい音だ。
最初の印象って間違ってなかったな。
2回目になる耳には、まだいろいろと新鮮に響きつつ、
最初に聴いた時に感じたことを、
意識していなくても同じようになぞって行く。

何も知らずに聴いていた最初の段階から、
私は一番大事なところを捉えてたなと再確認。

ツーマンの相手で、ここまで好みの音に出会えるとは思わなかったよ。

今日のカバーの一つ。
→ 秦 基博 / アイ@YouTube
選ぶカバーに好みの傾向が見えて面白い。
松添さんも、リューメイさんと同様、
まったりとしてメロディーの素敵な曲を選んでくる。
「いい曲だなー」としみじみ聴ける。
そして歌詞がことさら邪魔をしないのもちょうどいい。
松添さんはじっくりとヴォーカルに集中し、
空気を含んで柔らかく広がる声が、
ライブハウスいっぱいに反響して、
まるく包まれるようだった。

松添さん、カバーをもっとやってみたいらしい。
自分の好きなシンガーソングライター、自分の好きな曲。
今日やった曲も、そんなアーチストの中から選んだもの。
そこで一瞬、リューメイさんの名前が出るのかな?と
頭をよぎったがそれはなく(笑)
まあここでリューメイさんの曲をカバーしてどうする、
とココロで突っ込みつつ聴いていた。

そして歌う額からは大粒の汗が。
前もそうだったけど、汗をかきやすい体質なのだろうか(笑)
汗が目に入って涙が出そうになった、なんて言ってたし。
バンダナでもしますか。(イケメンが台無し)

そして今日も松添さんは、
お客さんたちをちゃんと見ながら歌う。
時に意識的にアクションを加えつつ、
女子のハートを鷲掴み。
私の位置からは、ちょうどヤマンゲロさんのギターを弾く手が両方見えるので、
視線はわりとギターの方へ向かってしまいつつ、
時に松添さんの視線を受けてみたり(笑)
すみませんねえ、オバチャン相手に。
ライブの特権。眼福眼福。

トークの間もなんか独特で面白いのだ。
途中、言葉がたどたどしくカタコトになったりすると
風貌と合わせて、異国の血が入ってるのかと思ったりするがw
れっきとした九州男児なんだそうです。

まったりとしたカバーやオリジナルを続けてやって、
最後は元気に盛り上がって終わりたい、で
今日も「Night & Day」という曲で〆ます。
はつらつとした曲と強いヴォーカルも魅力的で楽しい。
ライブハウスの空気もどんどん熱気を帯びて、
大いに盛り上がって最初のライブが終了した。

さて、次はリューメイさんです。
すでに会場内に入ってたみたい。
あっ、ピンクのパンツだ!(笑)
あっ、帽子かぶってない!めずらしー。

今日は椅子の向きのおかげで、ギターを弾く両手がしっかりと見える。
この動きを見ながら音を聴くと、発見がいろいろ増えるのだ。

「ハメルーン」

ゆっくりとしたリズムと、マキちゃんのピアノの音色。
最初はフォークで始まった。
いきなり、ツヤのあるヴォーカルです。
うんうん、いいですねー。
さっきまでの熱い空気がそのままに、
リューメイさんもいいイメージで入ってるみたい。
くっきりとしたギターの音と、強くて甘いヴォーカル。
やっぱリューメイさんはイイ!たまらないなー。
ピアノは落ち着いた雰囲気で。

MC
「だいたいツーマンの時は上で待っているんだけど、
今日は昭ちゃんなので聴いてみました。
すてきね~~~」
嬉しそうな笑顔のリューメイさんです。
「そのままの流れで入ってみました」
うんうん、そんな感じだった。
空気を引き継いだ感じ。まさにライブ。

「今日は晴れましたね。(←自信たっぷり)」
大丈夫、信じてたから。
松添さんは雨男なのだそうだ。
やはり年季の差だろうか(笑)
でも来生さんにも最近よく勝っているので、力の差か?
話しながらマキちゃんのツッコミが入って、リューメイさん
「あっ、北村真紀ちゃんです!」
あっ、て言うなw

「花粉」
ガットです。最近はギター2本持ってきてくれて嬉しい。
またまたまたスーパーメロウな立ち上がり。
フリーな動きを見せるオープニング。
マキちゃんの雨粒のようなピアノがイイのだ。
ピアノが入ってからヴォーカルははっきりと甘く。
ガットもガットなりにメリハリのある音が面白い。
私はリューメイさんの「はじまりの季節に」の「は」が好きだなあと気が付く。
鼻に抜けるような空気感のある甘い「は」

「ヒグラシ」
ボサっぽいリズムが心地よいバージョン。
ガットと、マキちゃんはキーボードの音に。
オープニングのアレンジがとても素敵だ。
滑り出しのヴォーカルもイイ!
と思ったらちょっと詰まった!
あっ(涙)
これでこの1曲もきっと日の目を見ないんだわ。残念っ!!
マキちゃんのキーボードはベース的に低く響く。
「焼けた土の匂いは」からは少し音を高めに変化。
でもあくまでもまったりしたソロ。なかなか素敵。
ヴォーカルがとにかくシビレル。
カッコいい!!!!男前!!
湿気のせいでツヤのある声が出るのかなあ。

どのタイミングだったか。
リューメイさんが「暑いね!!」って。
「湿気が凄くない?」
「あ、それ僕の熱気です」と客席にまじっている松添さんw
「そのもやもやの頭から熱気が放出されてくるの?
そんなマンガありそうだよね!」
空調によって暑いと感じる時もあるけれど、
今日は、というか前回もちょっと感じたけど、湿気が凄いです。
ライブの雰囲気も変えていくように思う。

前回もやった新曲を。
カクロウさんが詞を書いた後、隅っこにほっておいたものだったのを
思いだして引っ張り出してみたら、
さくさくと出来てしまったとか。さくさく。
もう一つもらっていた歌詞も、一緒にさくさく。
こちらはまだ歌詞が1番までしかないので、今度は逆にカクロウさんに宿題がw

アイランドキッチン、ってフツーに建築の中の言葉だったのね。
自分の家を持とうとしてる人、持ってる人には常識なのかもしれませんね。
賃貸団地妻(私じゃ)にその単語はまったく未知のものでした。
こういうところにカクロウさんの日々の仕事が出てくるあたりも面白い。

聴くのは2回目。ギターはガット。
ヴォーカルはまったりと甘く。
そういえばカクロウさんはもう聴いたのだろうか?
サビの裏声になるメロディーのところでゾクゾクしてしまう。
味わいのあるギターソロにも唸る。
イメージはさらに自分の中で形が見えてくる。
白とグレーが基調になった輪郭の淡い全体像の中の
赤いリンゴのアクセント。
カクロウさんの書く男性は可愛くていいなあ。
このメロウなメロディーがついたことで、ぐっと深まる印象。
素晴らしい~。

「FULLMOON」
ガットのまったり甘いバージョン。
シンプルを極めたギターとピアノ。
ここでもヴォーカルの存在感。
甘いんだけど、きちっとキレのあるヴォーカルが素晴らしい。
今日のヴォーカル、本当にすごい~。
リューメイさんはイイ声だなあああああ(涙)
曲が進むごとに、頭の中では同じ思いがそのたびにあふれてくる。
今日も会場はまったりとメロメロの渦にのまれていく。

まったりコーナーはここでオシマイ。
ギターはフォークへチェンジする。
最近はまったりした曲ばかりだけど、
別に作れないわけじゃない。
あ、前のやればいいんだ、ってことに気がついて、
23,4のころに作った曲を改めて掘り出してきているようで。
マキちゃん、その映像見たらしいです。
いいなーいいなー!
「歌い方が違いますよね。語尾が違う。キュ!とあげたりして」
「ヤダネーーーー」
そのころは自分の声がすごくイヤだったというリューメイさん。

そんなギリギリの時代の曲を。
前回もお披露目してくれた
「OH! ROSIE」
あ、また聴けるんだ♪
フォークのジャカジャカとした太い音が、ニュアンスたっぷりに響く。
う~~ん気持ちいい~。
ピアノもギターのジャカジャカに合わせて元気よくポップ。
はじけるヴォーカルが楽しい!
リューメイさんも楽しそう!

「LOVE」
最初から、低いギターの音にシビレル。
やっぱりリューメイさんのギターが私には合ってるなあ。
ヴォーカルも良いんだけど、今はギターの方を耳が追う。
そして途中からグッとヴォーカルがトップギアに。
最近、リューメイさんは、
素手で塊をつかむような歌い方を見せるよな。
一つ踏み込んで、目の前に素材が迫るような声。
この声で歌うLOVEは凄味があって好きだ。
ライブであることを一番実感する曲。

「ここでお知らせがあります!って何だっけ?」
ありますって言っておいてすぐ何だっけ、ってそのテンポ!!(爆笑)
7月10日(日)
渋谷DUOにて、RockerRoom主催の大きなイベントに参加します。
「今まで見たことのないLOVEをお見せします!」
わあ、そんなすごいこと言うなんてっ。
チケットは今日この場所から発売開始。
「チケットにサインもしますよ!」
気合い入ってます!
私ですか?まだ保留です!スマン!!
7月はあれやこれやと忙しく調整が難しいのだ。
リューメイさんの出番は後ろから2番目、
30分くらいやる、という情報もあり。
たくさんのアーチストが集まって、
開始は16:30と早く、終了も22:00くらいとか。

さて続いて
「昔の曲を引っ張り出してみようコーナー」
リトルバッハ時代、ライブでは20曲くらいやっていても
CDになっていない曲もたくさんあるとか。
もったいないので、そんな曲をこれからちょこちょこ紹介していくつもりです、と。
おおー当時のファンにとっては嬉しい企画ですねー。
私にとっては新曲ですし。うふふ。

今日はその中から
「トラヴェリン・マン」

ジャカジャカのフォークと、厚みのあるピアノの演奏。
元気が良くて明るくて、前向きな歌詞と、
でもどこかせつないメロディーがほのかに見えて面白い。
まさにリューメイさんだ。
どこに比重を置くかで、いかようにも変化しそうなタフな曲。
リューメイさんの作る曲は柔軟なのだ。

「マルコとポーロ」
キレのあるキリリとしたギター。
細やかに尖がる音が冴えてる。
今日はなんだか音が重くてどっしりした力強さを感じるなあ。
こんなマルコも珍しい感じ。
いつもはもっとはじけて楽しむのだけど、
じっくりと聴いてしまうじゃないか。うおー。
間奏の掛け合いは、何故か最後に空白が!!
顔を見合わせる二人の表情は、これが仕組んだものではないと言ってるようだ。
ネタか?天然か?

「最後の1曲です」
ええ~~~、と某番組のように入る声に
「うれすいぃ~~~」と満面の笑みのリューメイさん。
「じゃああと15曲!!って終電なくなっちゃうよ!」
今日は終始ご機嫌でフワフワした感じのリューメイさんですw
ライブって面白い。
リューメイさんも、
今日のような、楽しい空気が場を変化させていく感じがとてもイイと。
ニコニコ笑顔でご満悦。
お互いがいい雰囲気を交換し合って高揚していく、
今日はとてもそれを感じる。
いつもリューメイさんのライブはあったかくて全体が包まれるような感じなんだけど
今日はさらに熱気をもって、場の一体感も上がるみたいだ。

「願い」
熱い空気の余韻の中で、
シンプルなヴォーカルが力強く響いて行く。
静かなバラードで染み込ませる声ではなく、
エネルギーに満ちた強い声が伝えていく願い。
演奏はシンプルに、声を際立たせる。
大きな流れが体に満ちていく。


アンコール、拍手を受けてリューメイさんがリズムに合わせて首を揺らす(笑)
腕を振って盛り上げたあとでライトが再びともる。
今日も楽しいセッションが待っている!

松添さんが再びステージへ。
二人で話をしながら、松添さんがさらっと鳴らすギターの音が
またぐっと艶のある色があってねえ。
空気を揺らすような音がして。
ちょっと間を置いてまた聴くと、その持ち味が鮮やかに見える。
面白いなあ~~。

ここで言ってたのか怪しいんですが、
松添さんのステージの時「僕の好きなアーチスト」って言った時、
リューメイさん「俺の名前が出なかった」と拗ねる。
「あっ」焦る松添さん。
にやにやしながら「うーそーうーそー」
リューメイさんにいじられ可愛がられております。

どうも松添さん、前回のセッションに納得していないとかで(笑)
そうか?すごく素敵だったと思ったけど。
今日もリベンジということで、
もう一度聴けるのは嬉しい。

「More Than Words」
松添さんはギターを、リューメイさんは今日もヴォーカルオンリー。
前回よりも楽しげに見える松添さん(笑)
ギターの音も艶っぽく、どうしてこんなに違う音がするのか不思議。
リューメイさんのヴォーカルも甘いだけではなく強めに響く。
声が合わさると、両方の味が際立ってさらに面白い。
なんとなく、バタバタしたようにも見えるのはご愛敬か。
二人で声を合わせながら、
最後間を取って「You~~~」と伸ばすところでは
二人の息が全く合わず(爆笑)
なんとか最後までたどり着きましたがリベンジ出来たのかどうか怪しいです。
「前のが良かったんじゃん?」とはリューメイさんw

今日ももう1曲セッション!
前回やったのがとても楽しかったので、
味をしめて「またやろうよ」ってことになったのだとか。ワーイ。
出演者が全員ステージ上に揃っての
「IMAGINE-RYUMEIバージョン」
リューメイさんはフォーク、松添さんは鳴りモノ、
ヤマンゲロさんが松添さんのギターを。
リューメイさんと松添さんのヴォーカルの色合いがまったく違うのが面白い。
リューメイさんはポップにキレよく元気なヴォーカルで
松添さんはマターリとしたたるーんとしたヴォーカル。
パーカッションが入って雰囲気がグッと盛り上がる。
最後はマキちゃん、ヤマンゲロさん、タカさんと
それぞれソロの聴かせどころ。
ヤマンゲロさんの弾くギターソロが、
艶やかな音を出していて、ドキッとしてしまう。
あれーさっきとまた違う感じの音だよー。
ギターによって違うのか、テクニックによるのか、私の耳がいい加減なのか、
そのところはまったく分からないのだけど、
この音もいいな!というのだけは分かる。
タカさんのソロはマキちゃんのピアノがサポートしつつ、
徐々にガーッとテンションが上がって行くのも楽しい。
もう一度最後、全員で合わせる頃には、雰囲気も最高潮で
皆が思い思いのアドリブを入れていく。
タカさんのコンガ(だよな)も、
そんなに叩きまくって大丈夫か?と思うくらい腹にズシンと振動が。
ステージの熱気が部屋全体を包んで、最高に楽しかった!!!
こんな感じでバンド形式でやったら面白いかもなあ。

終わったのが22:15くらいかな?
こりゃ気を付けないとすぐ帰りの時間になっちゃうぞー。
リューメイさんが来てくれて、いこいこさんにご挨拶。
「ようこそいらっしゃいましたー」

残っている人も多く、出演者も多く、スタッフもいろいろ忙しく(笑)
ステージの熱気がそのまままだ残っているような空気。
いこいこさんがリトルバッハ時代のテレカにサインをもらったり
(本人も思わずビックリw)
私もリストにサインをもらったり、
タカさんを捕まえて良かったねー!と伝えたり、
気が付くと久々にカクロウさんが来てたので、
アイランドキッチンの感想を聞いたり。
「なるほど~」だそうです。うんうん、そんな感じよね。
向こうではリューメイさんがチケットの売り子をしてるようだ。
ばたばたしてる間に時間はもう22:30になろうとしている。
名残惜しいがエイヤで腰を上げ、もう一度リューメイさんに挨拶に行く。
松添さんとヤマンゲロさんが揃っていたのでご挨拶。
「二人のギターがそれぞれ違う音がして良いですねー」
と言ったら
「ギター、分かるんですか?」
なんて嬉しそうに言われてしまいドッと冷汗が。いやいやいや。
「分からないですけど、
私はリューメイさんのギターが好きで聴くようになったから。
先月の二人のギターがとても素敵だったので、
こうやって3人3様のギターがまとめて聴けるとお得です」と伝えました。
二人とも嬉しそうで私も嬉しい。
また機会があったら、一緒にやってほしいよ。

リューメイさんにご挨拶。
まだDUOに行くかどうかは分からないのだー。
7月のマンスリーライブはDUOに変わるらしい。
8月のライブハウスの場所はアメリカ村にあるのだと。
そうか、これで宿の絞り込みができるな。
8月は福岡、大阪の前に東京でもその前の平日にやるらしいです。へー。
うーん、さすがに大阪行くから東京の方は行けないよな~。
で、サントリーホールは、ちゃんと参加です。
一応、確認のために聞いてみました。
「席は○列目、月子さんのおかげだよー!」と言ったら
あまりに良い席なのでリューメイさんも笑っておりました。

な感じで、バタバタと色々な人と話をしながら、
なんとか気持を引きはがして、ライブハウスをあとにしました。
いやー今日のスペシャルなライブを、
いこいこさんにも聴いてもらえて本当に良かった!!
いつもいつも、もっとたくさんの人に聴いてもらいたい、もったいない!
とKazuhiさんと言いながら帰るのだ。
何度も家を開けるわけにはいかないでしょうが、
また機会があったら是非是非、遊びに来てくださいませ。

私が次にリューメイさんに会うのはサントリーホールです。
あのホールで、リューメイさんのギターがどんな音を響かせるのか
楽しみでしょうがない。
あ、もちろん御大の天使の声も期待してますよ。
なんつってツアーからだいぶ空いちゃったけど、
コンディションちゃんと整えてるかなー。

DUOでのイベントについてはこちらをどうぞ
→ ROCKER ROOM
メニューschedule から、最初に出てくる画面の赤いロゴをぽちっとしてください。
スポンサーサイト

タグ : RYUMEI 小田木隆明 北村真紀

14:10  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

Comment

今夜初参戦します。なんか緊張します~ライブがっていうより、実はのもんさんにお初にお目にかかるのが……よろしくお願い致しますっm(_ _)m
いこいこ |  2011.06.11(土) 12:51 | URL |  【編集】

行って参りました

のもんさんとkazuhiさんに連れられ、行って参りましたw
こんな遅い時間に渋谷から電車に乗るなんて、何年ぶり!?
いや~よかったです、RYUMEIさんの声が存分に聴けて(^O^)
いこいこ |  2011.06.11(土) 23:13 | URL |  【編集】

いこいこさん

今日はありがとうございました!
あの空間を一緒に楽しむことが出来て、
本当にうれしかったです!
いきなり遅くまでお付き合いさせてスミマセン(汗)
また機会を作って、ぜひ遊びにいらしてください。

レポがんばります。
感想もお待ちしております。
お先にいつでもどうぞー。


あ、いそぎこれだけ、ここをご覧の方々へ。
サントリーホール、
RYUMEIさんもちゃんと参加ですよー。
のもん |  2011.06.12(日) 01:01 | URL |  【編集】

楽しかった~♪

のもんさん、いこいこさん、
昨日はありがとうございました。
本当に楽しかったですね!
あの素晴らしいライブをお二人とご一緒する事が
出来てとても嬉しいです。

またご一緒出来るのを楽しみにしています!
kazuhi |  2011.06.12(日) 16:44 | URL |  【編集】

Kazuhiさんもいつもいつも
大阪からありがとうございますー。
松添さんにステージから「お久しぶりです」とか言われてて笑ってしまった。
のもん |  2011.06.13(月) 22:09 | URL |  【編集】

いつもながら早々にのもんさんのライブレポは
完成していたのに、遅々のコメントになってしまい
ました。。。

松添さんのヴォーカル&ギターいいですよね~。
ほんといい声です♪
>トークの間もなんか独特で面白いのだ。
そうなんですよ、なんか聞いててクスクス(いや、
ニヤニヤかな?)って笑ってしまうんです。
お人柄が出ていてすごく好感が持てますよね!
RYUMEIさんのブログに「昭ちゃんとはまた
やるつもり」とあったので喜んでいたんです。
嬉しいな~、ぜひお願いします!
>松添さんにステージから「お久しぶりです」とか言われてて笑ってしまった。
これには感激しました、覚えててくれたなんて
めっちゃ嬉しい!!ウフッ♪

RYUMEIさんは一体いつから松添さんのステージを
見ていたんでしょうね?
全然気付きませんでした。。。
帽子をかぶっていないRYUMEIさん久々でしたね。
去年の10月の『CD発売記念ライブ』以来ですよ、
確か。。。
久々といえば、確郎さんもですよね。
確郎さんも去年の10月の『CD発売記念ライブ』
以来ですよね。
少しですけどお話しできて良かったです!
元気そうでしたし。。。

RYUMEIさんのライブはやっぱりいいですね~。
やっぱり素晴らしい!
いつもは譜面台でRYUMEIさんの左手が全く
見えないんですが、この日は珍しくよく見えたんです。
楽しみ倍増って感じでした(笑)
よくあんなに動きますよねぇ、スゴいです。。。
さすがRYUMEIさん!ですね。

7/10(日)の渋谷DUOのライブは行けないので
8月の大阪(アメリカ村)のライブまでお預けです(涙)
サントリーホールも行かないし。。。
来生さん、夏に大阪でライブはしないんですかね?
去年は9月に神戸でありましたけど。
RYUMEIさんに聞けばよかった。。。
のもんさんは渋谷DUOは考え中ですか?

いこいこさん

写真ありがとうございました。
のもんさんから転送していただきました。
とっても嬉しいです!
お礼が遅くなり、すみません。
最近帰宅時間が遅く、メールやインターネットが
なかなかチェックできなくて。。。

のもんさんのライブレポ&写真で、あの素晴らしかった
ライブが思い出されてうっとりと余韻に浸ってます(笑)
またご一緒できる日を楽しみにしています!
その時は『夢の途中』を忘れずに持って
行きますので!
kazuhi |  2011.06.19(日) 15:49 | URL |  【編集】

Kazuhiさん

コメントありがとうございます~。
お仕事忙しそうですね。
今回はギターを弾く指が見れましたか。
目で確認できると音がいつもよりもたくさん聴こえるような気がしますよね。
カクロウさんも久々でした。

来生さんのライブはどうでしょう。
ぽつっと熊本が出てきたりしてるので、
これからまた増えないかなと思ってるんですが。
ツアーの冠ついてますからね。
ソロかなあ?

DUOは考え中です。
というか本当に7月は出かける予定がいろいろあるので、どうなるか。
あと8月には大阪行きますからねー。
さすがに多少切り詰めないといかんなあと。

いこいこさん、もうだいぶたっちゃいましたけど、
ライブの感想など聞かせてくれると嬉しいです。
お待ちしてますよん。
のもん |  2011.06.21(火) 18:37 | URL |  【編集】

れいさんのところでRYUMEIさんの話題がもりあがっていましたね・・・・・って、もう、明日はサントリーホールですね!!
Kazuhiさん、ありがとうございます。また次、ライブに行けたらなあと思っています。そのときはよろしくお願い致します。
いこいこ |  2011.06.30(木) 15:38 | URL |  【編集】

いこいこさんだー!
と思ったら、いやにそっけない(寂)
またライブ見に来てくださいねー!
のもん |  2011.06.30(木) 23:30 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1851-ac9b0078

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |