2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.07.19 (Tue)

1112-2BL#1 フォルトナ・デュッセルドルフ対ボーフム

いよいよ、というよりもあっという間に
ボーフムの新シーズンが始まりました。
ツヴァイテリーガ開幕戦の最後の試合です。
いきなり3:00起きだよー。

ミムンは足首の怪我が長引いており、
どーもちゃんとした原因も分からないようで、
また検査しないといけないかも、な記事がありました。うう心配。
とりあえず、無理して悪化させることなく、
私が行くまでに間に合わせてくれればいいです。頼みます。

さて。
選手インタが日々更新される中、
ぽつんと「ヤヒアさん、サウジアラビアへ移籍」な記事が。
ええええええええええ~~~!!!!
ヤヒアさんは守備は、まちょっとアレですが、
ボーフムの中では貴重な男前枠、だったのに(微妙に過去形)
というか、
また一人私が見始めた時期からいた選手がいなくなっちゃうのかーと
寂しい思いが強いです。
日本にも来たのになあ。
新しい場所での活躍を祈っております。は~。

では本題です。
新しい選手と、今までいた選手を上手くミックスした新生ボーフム。
テストシュピールは何故か全勝。
最後は派手に20点ものスコアを叩きだしてます。それってサッカーの試合なの?

なので、雰囲気はきっとすこぶる良いのだと思われます。

ボーフム公式より拝借。
Luthe - Kopplin, Maltritz, Sinkiewicz, Ostrzolek - Toski (70. Ginczek), Johansson (76. Kramer), Dabrowski - Freier (82. Federico), Aydin, Berger

立ち上がりはなかなかテンポも良く、ポジショニングもバランス良く、
選手の動きも良いし落ち着いてるし、いい雰囲気だなあと。
ヨハンソンの存在力が前より増してる気がします。
そして気付くとまた攻撃が右に偏っているのは何で何だろう。
まあフライヤの調子がとても良さそうなので、そのせいかなとも思うんだけど。
充実しているのか、表情も自信に満ちているフライヤ。
いつもの不景気な顔じゃないぞ。
こんな雰囲気の試合がずっと続くのなら、
今季は期待しちゃうなあーなんて早々と思ってしまったり。

でもなんかね。
セットプレーの守りの時とか怪しいんだよね。
最初の際どいシュートの時とか、マーク付き切れてないんだもん。
で、そんな風に見ていると、
守りに入った時に、人数はいるし、戻りの位置もラインを揃えたり
ちゃんと組織的に動いているとは思うんだけど、
なんでそこでクロス上がっちゃうの?とか
その位置で相手の邪魔になってんの?とか、
素朴に思ったり。
仕掛けの部分では(主に右からでも)サイドからクロスを入れ、
トップのアイディンがポストになり、時にはフライヤーがドリブルで切れ込んだり、と
それなりに形は出来ていて、可能性がありそう。
スピードとテンポを保っていて、普通に見ていられるレベル。
が、
それも長く見ていると、どうも怖さが感じられない。
回してるし、走ってるし、クロスも入れてるんだけど、
場を乱すような意表を突くプレーはないし、
悪くはないけど、でも危険な香りもあまりしない。
うーむ。
点取れるのか、それで?
そしてミスもやはり少なからずある。
ヨハンソンのミスから生まれたピンチをカバーするために
ベルガーが相手選手に正面からスライディングした守備から黄色をもらう。
そんなに悪質なモノではないと思ったんだが。
でも結果的に紙をもらってしまったのだから、つまらないミスはしないに限る。

前半で惜しかったのはトスキのフリーキック。
ゴールを直接狙ったがバーを叩いてしまった。
後半開始すぐの攻撃では、
ダブロの半端なクロスを追いかけてベルガーが流れ、
マティアスが前線に顔を出して、ボールを受けてクロス。
アイディンが飛び込みながらヒールで流し込むがキーパーがキャッチした。
後半になってしばらくはボーフムの圧している時間が続くも、
相手の寄せが早くて決めきれない。
カウンターのチャンスから、右も左も真ん中も同時にオーバーラップする中で
ベルガーが選んだのは縦のスルーパスで、強すぎて味方に渡らず
せっかくのチャンスも不発。

で、やっぱ決めとかないから、やられてしまう。
65分。
コプリンの寄せが甘く、クロスを楽に上げさせてしまい、
中のシンキも飛んだけどまるでかすらず、
後ろにいた相手選手がオーバーヘッドでゴールに突き刺した。
スーパーなゴールだった。
普通、ああいうものは入らないんだが。

反撃に出たボーフム。
後方からのパスをベルガーが上手くトラップで収められず
跳ね返って逃げたボールを慌てて追いかけて相手選手と交錯。
これがイエローを取られてしまう。
ツヴァイテデビューの新人ベルガー、初戦で退場です。あーあ。
2枚とも、悪気があったわけではない。
味方のミスや、やさしくないパスから、自分のミスが誘発されてしまっただけ。
でも結果的には、相手に対して余裕のない状態で飛び込むプレーになってしまう。

一気に厳しい状況に追い込まれたボーフム。
フンケルは、ギンチェク、クラマー、フェデリコを投入。
トスキ、ヨハンソン、フライヤーが下がる。
うーむ、テストシュピールを見ていないので、どうしたいのかイマイチ見えないが。
というか、あんなに前半勢いのあったフライヤーが、後半パタリと消えてた。
いつ交代したのかも分かんなかった。
あとで調べたら、思ったよりも長くピッチにいたのがわかって余計にビックリだよ。

ボーフムは攻めて、クロスも何本も放り込んでいるんだが、
ただ放り込んでいるだけなので、ちっともチャンスに繋がらない。
勝負できないボールを追って、無駄に時間がかかる。
気持は前がかりになっているので、余計に雑なプレーからカウンターを食らいそうだ。

87分、さらに失点。
攻めてる時間に決めきれず、自陣に戻ったらやられてしまった。
マルがぼさっと後ろに残ってるからオフサイドも取れないんだよ!
ボーフムの右から相手の打ったシュートは、力なく転がって、
ゴールの隅に入って行った。あああああ。

ボーフムはまた相手ゴールまで攻め込んでいったようだが、
ミートしない気の抜けたシュートをキーパーがキャッチしたと思ったら
打っていたのはフェデリコだった。
新シーズンになっても、彼のシュートはちゃんとミートしないんだな。
選手たちのフラストレーションがどんどんと溜まっていくのが目に見えて分かる。
だってキミたちが正確性のない攻撃ばっかりしてんのがいけないんじゃん。


2-0で負けて、退場者も出した。
ボーフムの開幕戦は、身も蓋もない結果で終わった。
インゴルシュタットと同スコアで、仲良く2チーム最下位からスタート。
テストシュピールを一つも見ていないので何とも言えないのだが、
このチームはどういう風に勝ってきたんだろうか。

今日の試合のボーフムは、一見すると大丈夫そうなんだが
基本的な機能がなっていない100円ショップの商品みたいだった。

でも守りの約束事、攻撃時の精度、
それだけでも十分に修正は可能はレベルだと思う。
ここまで作ってきた新しいチームの方向は間違ってないはず。
あまり落ち込み過ぎずに、次の試合で立て直してほしい。
スポンサーサイト

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフムフォルトナ・デュッセルドルフ

23:16  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

どうしてボーフムは平日の試合が多いのか。というわけで(え)早速コメントしてしまいます(笑)。
今季のボーフムには昨季のヘルタみたいに開幕から最後まで首位を独走してもらって、少しは楽な気持ちで見ていたいなーと思ってたのですが、やはりそれは淡い望みだったようです。まあ、「出来の悪い子ほど可愛い」といいますから、今季もあれこれ振りまわされつつも見守っていきたいと思います。因みに小野伸二選手「率いる」エスパルスも際どくも勝ちを拾う試合が続いててこちらを応援するのも疲れます(笑)。
今季の個人的に期待する選手はやはりコップリンですね。キビキビしててハードワークできてスローが飛んで(笑)性格もまじめ(そう)と。内田や長友などの日本人選手と相通じるものがありますが、彼も代表に選ばれるぐらいに成長して行ってほしいと思います。
さて、今節は試合が観れない悔しさ、負けた悔しさ、スーパーゴールを決められた悔しさ、放射能のモヤモヤ(え)などでなんだかモヤモヤしてますが、負けた時はきれいサッパリ忘れるに限りますね。逆に勝ったときはyoutubeに挙がった映像などを観てその週は余韻に浸れるのですが(笑)。幸いにも次の試合までが近いので(笑)、ホーム開幕戦を勝ってもらってそこから昨季みたいに負けなしを続けて行ってほしいです(まだ淡い期待を抱いている)。
masa |  2011.07.20(水) 20:03 | URL |  【編集】

こんにちは。私は試合の時間の関係で見られなかったのですが、どんな様子かわかりました。有難うございます。
なんだか、右に偏った攻撃とか、単調にクロスをあげるだけで1トップが孤立とか、集中力が途切れての失点とか昨シーズンの前半を思い出してしまいます。
フォルトゥナの得点シーンだけはYou Tubeで見ました。1点目は仕方ないとして2点目はガクッときました。なんだか課題は昨シーズンと同じみたいですね。
reis |  2011.07.20(水) 21:02 | URL |  【編集】

今シーズンもよろしくお願いします。

masaさん
さっそくありがとうございます。
今季もどうぞよろしくお願いします。
小野さん、元気ですか。

ボーフムは今季の初めの方ってずーっと平日試合なんですよね。
ついて行けるかなあ。

この試合、最初はいい感じに見えたんですよね。
多分、あまりボーフムの試合を見てない人なら、
組織だってて落ち着いてていいんじゃない、って思うかもしれない。
でも細かく見てると、どーも内実を伴ってないというか。
2試合目から変わるのか、同じなのか、どうなりますかね。

コップリンは体も大きくなって顔つきも大人びた気がしますね。
あれでクロスの精度をもっと上げれば、
めざといところからチェックが入っちゃうかもです。

終わったなーなんてのんびりしてたら
もう明日試合じゃないですか。
やっぱしんどいな2部。

reisさん

どうもです、今季もよろしくお願いします。
ってやっぱり早いですよね。

昨シーズンの前半ってこんな感じだったんですか。
がっかりする情報ですねえ(苦笑)
テストシュピールで何を確かめたのかなあ。

今季は特に準備期間が短いのもあるでしょうが、
昇格できなかったことの反省や修正はどうなってるんでしょうね。
来週はまたテストシュピールやるみたいだし。
課題は一つ一つクリアして行きたいですね。
のもん |  2011.07.21(木) 22:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1873-20ea4b80

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |