2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.08.14 (Sun)

1112-2BL#4 ボーフム対ザンクト・パウリ

起きてネットで見てました。
今日も実況を探して、並行して追ってたが
異様に伸びが早くて笑った。
乾選手って生でチェックしようと思う熱心なファンがいっぱいいるんだねえ。

前節の壊滅的な内容に比べたら
前半の最初の飛ばし具合といい、その後のバタつき加減といい
まあボーフムね、な見慣れた試合展開でしたが、
結果だけ見れば前節のがマシってのがサッカーの怖いところ。

スタメンを前触れなしにいじってくるのはフンケルの十八番だが
今日もキッカーの予想なんて軽く無視して、我が道を行きます。
でもコプリンとオスチョレクがスタメン復帰、
ベルガーが初戦の退場以来のチャンス、
何故かクラマーがスタメン大抜擢、は
前節の異様なまでのボールロストぶりが目立ったヨハンソンを
さすがに使えなかったという理由かもしれませんが。
そして日本のファンが待ちに待った乾のスタメン。

立ち上がりのスピード感、テンポの良さにドキドキ。
まったくボーフムというチームは蓋を開けなければ何も分からない。
今日は良い日じゃん、と思う間もなく
乾の縦パス、フライヤーのヒール、ダブロの気合いのツッコミから早々にゴール。
(オフサイドくさかったが)
そういえばボーフムは開始15分までに点を取ることが多いのだ。取る時は。
ま、それを持ちこたえられないのもいつものことなのだが。
乾のプレーについては、これなら起点と申しても差し支えないレベル。

そこに至るまでも、乾選手は何度かトップ下の位置から縦パスを狙うなど
前節には全くなかったプレーを見せ、
スタジアムのファンの心にかすかな期待を呼び起こしたのではないかしらん。

ファンと言えば
今日は随分スタジアム盛り上がってんなーと思ったが
歌いまくっているのはパウリのファンばかりであった。
開幕戦は不安になるほどにガ~ラガラだったのに
パウリからどんだけ来てるのか分からんが
結構そこそこ埋まっていた。ありがたいことだ。
月曜より金曜の方が入りやすいのかな。
パウリサポのおかげでボーフムのファンたちも張りあうように歌っていたし。

乾選手に戻ると、
立ち上がりの期待感、小さな体でドリブルを試みる勢い、気の効いたパス、
どれもミムンのことを思い出すようなプレーばかりだった。
これでミドルシュートを狙ってくれば、本当に彼の代役って感じだなあ。
そしていつの間にか、ボールを大事にし過ぎて持ちすぎて囲まれたり
軽くボールを失ってみたり、味方に通じないパスを出したり、
そんなところまで一緒でなくてもいいのに、なプレーも。
守備面ではまだまともに衝突することはなかったが
自分の周りで交通事故のにように吹っ飛びまくる屈強な男たちを見ていて
どう感じたのかなと。
いずれ洗礼を受ける日がくるでしょうから、フィジカル鍛えておいてください。
フンケルの指示なのか、割と前に残っていることが多く、
アイディンがよく動いて下がって触ってたと思う。
フリーになることが多く、パスを受けて出すタイミングも早めなお陰で
無駄に相手に体当たりされることもない。
ボールが届かなくなった前半途中からちょっと存在感が薄れてきたので、
70分あたりで交代かと思ったんですが、
ダブロの前半での負傷退場もあって、フル出場となったのかなと。
もし枠が残っていたらフンケルはフェデリコを入れてると思う。
後半さすがに息切れし始めて、
集中力も続かなくなってきたかなと思ったところで大チャンス。
フライヤーが長距離を単独ドリブル突破し、
3人を引き連れたところでフリーの乾へパスをしたシーンは、
確実に決めてほしかった。
ここで決めたたら「プチカガワ」「ミニカガワ」とも言われなくなったかもしれない。
いや彼自身のことだけでなく、
ボーフムにとっても決定的なシーンだっただけに。

だいたいが、こんだけ90分を通してキレキレのフライヤーってのも珍しいのだ。
次に彼がこのパフォーマンスを見せる保証はない。
そしてこんなチャンスも、ボーフムはそうそう作れない。

結局、ここで入れないことで、後半残りわずかのところで逆転されることに。
見慣れた光景だが、慣れることはない。
ここまで起きててこれかと、いつものようにやりきれない。
集中していた時間に決めないで、70分過ぎから失速し、
場当たり的なやっつけ守備で、逃げ切れないのは毎度のこと。
気の毒なのはルーテ。

しかしコプリンはどうしちゃったのっ。
上がってくるのは良いけど、
ああまでクロスの質が下がるってどうなのよー。
別に今までもそんな良いクロス上げてるわけじゃなかったけど
今回はヒドすぎ(涙)
マティアスも最初は攻撃に絡んで面白かったのに、
あとは軽くぶっちぎられるシーンばかりで。
ベルガーは気持に体がついてってない印象だったなあ。
交代で入ったトスキも調子悪かったし、
ギンチェクも存在感がなかった。
せっかくフェデリコよりも優先して使ってもらえたってのに。

力強かったダブロが早々に負傷交代したのが
この試合、一番大きかったと思います。
今日の彼は、ボランチの位置でしっかりと跳ね返し、
攻撃にも機を見て加わる視野の広さがあったんだけどなあ。
フォクツはまだまだそこまでじゃないのだ。
今日のダブロと今日のフライヤーがずっとピッチに立っていたら
もうちっとマシな結果が出てたと思うよ。

まあ相手のパウリが思いのほか良いチームだったというのもある。
昨シーズン、早々に降格を決めて、監督も交代しているのだが、
組織的なプレーが目立って、もはや荒いだけのネタチームとは言えないような感じ。
思ったよりもスマートで、パウリじゃないみたい。
どこまでこの状態を保って行けるか、ちょっと気になります。
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ボーフム ザンクト・パウリ 乾貴士

01:06  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

"一人のヤパナがボーフムに新風を吹き込んだ"
"勝ち点得られず・だがそれ以上のものを得た試合"
"暗闇の中をひた走っていたボーフムに一筋の光明"...新聞の見出し風に云えば、大きくはこんな感想を持った試合です(我ながら全然うまくない)。
乾への期待、人気チームとの対戦、ということもあってか、私の心配とはよそにお客さんも予想以上に入ってて、スタジアムはいい雰囲気に整ってましたね。
最初の数分のプレーでワクワクさせられ、ボーフムではあまり見覚えのないような崩しから得点が入った時は普通の得点時以上の興奮を覚え、「今日はもう2、3点は堅い」と「確信」したのですが・・・。1点リードするとなぜか下手になる現象は未だに続いているようですね(苦笑)。とは云え、(自分的に)今後に希望が持てる試合であったことは間違いありません。
やはりうまい選手のプレーは見てて面白いです。ボールを持ったらワクワクさせられます。乾選手のヒールでスタンドが軽くどよめいたシーンは気持ち良かったです。
フライアーは乾ととても息が合っているように見え、乾のスキルに触発され、まるで昔の自分を取り戻したかのように活き活きとプレーしてたのが印象的でした。ただファウル狙いの「過剰」なダイブは顰蹙を買いかねないので正直やめてほしい、と願っています。逆にコップリンは「下手」なのでレフェリーから笛を吹いてもらえませんでしたね(苦笑)。
コップリンのパフォーマンスはよくなかったですね。クロスやパスの精度も悪かったですし、肝心の動きにキレがなく、全体的に元気がなかったように見えました。まあ贔屓目に見て今回は「病み上がり」、ということで大目に見ましょう(えっ/そんな選手にギリギリ間に合わないところにパスを出しダッシュさせるマルトリッツが憎い)。今のコップリンは少し焦りながらクロスをあげたりプレーしてるように見えるので、攻撃参加で上がってくるのなら、精度を上げるなり、ボールキープ力?などを身に着けてもらいたいです(「生」言ってすみません)。これは左のオスチョレック、引いてはチーム全体にも云えることですが。
途中出場のトスキもFKを任せられてたわりにはキックの精度が低かったですね。、確かアズアク選手のインタビューで「チームで一番才能がある」とかなんとか褒められてた気がしたのですが(独語が読めないうえに、うろ覚えで、間違ってたらすみません)。
これからは乾選手を中心としたチームになると思います。乾選手にはアイディンよりテセやデディッチのほうが合ってたりするのではないかと思う今日この頃です・・・
デゲデン!!(これまた言いっ放しな、文脈もない文章ですみません)。
masa |  2011.08.14(日) 07:38 | URL |  【編集】

パウリについてのコメントに反応(^^)
そーですか、組織的なサッカーが垣間見えましたか。
うふふふ。
もっと時間がかかるかと思っていたけど、シューベルト監督さすが。

パダボーンでも彼はかなり組織を構築するのがうまかったので、パウリがどんな風に変わっていくか、この先、すごく興味があります。
試合見てみなくちゃね。
kamecave |  2011.08.14(日) 19:08 | URL |  【編集】

masaさん

>1点リードするとなぜか下手になる現象は未だに続いているようですね(苦笑)。

爆笑してしまいました。
確かに。下手になる・・・なぜ。

フライヤー、良かったですよね。
乾とのコンビネーションも期待したくなります。
次も調子が良ければですが。
ペナ内で倒されたシーンは、ちょっと飛びすぎちゃって、心象悪いと思います。
スローで見たらPKでも良いと思いましたが~。

トスキは確かミムンが「こういうフリーキッカーになりたい」で名前を上げてた選手ですよね。
期待したんだけどなあ。
何度も蹴ってるわりに、イイとこなかったですね。うーん。
初戦は良かったと思ったんだけど。
やっぱフンケルは「その日のコンディション」を見る目がないのかもなあ。

乾選手は最初でこれだけ見せてくれたので、
今後コミュニケーションが取れ出したら面白くなりそうです。

スタジアムの雰囲気は今までで一番でしたね。
パウリファンありがとう。

kamecaveさん

あっ、そうかー!
開幕前から太鼓判押してた監督ですよね。
パウリ、良かったですよ。
ガッツのあるところに連動した動きが加わって、上手いなと感じました。
すごい、こんなにすぐ効果を出せる監督なんだー。うらやますい~。
のもん |  2011.08.14(日) 21:57 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1899-85aa11dd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |