2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.10.07 (Fri)

RYUMEI・LIVE on Birthday@RR~RYUMEIは1日にして成らず

Herzlichen Glückwunsch zum Geburtstag, und alles Gute RYUMEI!

本日はこれっ!(ぽちっとすると大きくなります)

バースデーライブ

誕生日に行われるスペシャルライブ!
またとない素敵な時間をお約束します!
何が起こるかまったく予想つきません。
そしてあの人との競演は・・・。

レポは気長にお待ちください。
感想随時受け付けております。
お気軽にどぞー。

**************************

帰ってきました。
次から次へといろいろなことがてんこ盛りあった至福の2時間+1時間でした!
この倍くらい時間が欲しい~!
ぎゅうぎゅうに濃縮されたスペシャルなライブでした。
御大が歌う姿を、あんな至近距離で見たのは初めてでございます。
レポは頑張って早くアップしたい~。出来るのか~!
これから見る試合もDVDにぎゅうぎゅう詰めだ~!

**************************

ス、スミマセン。
まだあともうちょっとです。
サッカーの記事はアップするクセに、って突っ込まないでください。

**************************

できました。
いろいろなことがあり過ぎて収拾ついてるのかもう把握できませんが、
ゆっくりじっくり読んで楽しんでくださいませ。
何か一言でも残してくれたら、頑張って書いた甲斐があります。

2011-10-01.jpg

【More・・・】

10月1日はRYUMEIさんの誕生日です。
御年39歳におなりです。見えねー!
私が最初にRYUMEIさんをライブで見た時は35歳くらいだったよなあー。
月日のたつのは早いもの。

そして、
RYUMEIさんがマンスリーライブの活動を初めて、
3年がたちました。
途中抜けている月がないこともないですが、
ほぼ毎月、自身のライブを行っています。
これって凄いことですよ。
毎回毎回、そのたびに変わるライブ。
一つ一つ積み重ねて、9月でまる3年。
私も同じくらい、その活動を見てってるんだなあー。

記念のライブはお客さんの出足も早いので
いつもよりも早めに店に行きました。
駅でKazuhiさんといこいこさんと待ち合わせ、
名古屋のHさんとRockerRoomで合流。
少し前に来生さん、車でいらしたそうです。
道案内もかねて、助手席にRYUMEIさんが乗ってたと(笑)

開場し、下に降りたらさすがに今日は所狭しと椅子が並んでました。
いつもの最前列のその前に、丸椅子が並んでるし。
ただでさえ距離が近いのに、さらに前!
まるで砂被り席。触れちゃうんじゃないの?
通路になるような場所にも丸い椅子が埋められてるし。
普段はライブとBDパーティは別にやっていたのが
今日は一緒なので、人の入りも普段以上のようでございます。
いつももっとライブを見に来ればいいのにー。

目の前にキーボード。
ギター用に二つのマイク。
来生さんは歌うだけだろうなあ。ピアノはまさかねえ。
多分あっちのマイクの方に座るんじゃないの?
なんて話しながら待つ。

会場のライトが落とされて、
BGMは聞き覚えのある曲。「Peach Window」だ。
扉から今日の出演者がそーっと入ってきたようだ。
わーホントに来生さんがいるー!!!
そしてしばらくしてRYUMEIさんとマキちゃんが入場。
今日はピンクパンツです。
シャツも薄いピンク色で、ボタンも二つくらい外して、これがカッコいい。
マキちゃんは白い乙女なチュニックに
ウエーブのかかった明るいブラウンの髪がカワイイ~。
2曲目のBGMはこれまた聴き覚えがあるぞ。
今日はRYUMEIさんがこれまでカバーした曲が意識的にかかってるんだなー。

「SO MUCH IN LOVE」

カバーですね。元はTHE TYMESで、色々な人がカバーしてるようです(←調べたまま)
耳になじんでるのはどのバージョンなのやら。
鳴らした指に合わせてお客さんも拍手。
リューメイさん、ギターはセットしてても添えるだけで
アカペラで歌う。
バックにはオケが。
スウィンギーなリズムで心地よい音。
リューメイさんの声は腰の据わった感じ。
以前と歌い方が変わってきてるような気がするなー。

「ハメルーン」

しっとり大人のアレンジ。
ゆったりとして最近はこれがスタンダード。
質感のある声だよなー。
刻むギターが低く心地よく響く。
マキちゃんも加わって完成度高く。

MC

「バースデーボーイのRYUMEIです!」

「バースデーボーイの、RYUMEIです!」
わかったわかったw

最初の曲を説明。
みんなでやりたかったけど、
思い立ってオケを作って自分で全部やったのだと。
そうか!!!
そうだよなー、リューメイさんがただカラオケ流すわけないじゃん!
サウンドも多重コーラスも、全部作ったんだ。
分かってたらもっとコーラスとか丁寧に聴いたのにー。

マンスリーライブも今年で3周年。
しかも誕生日がちょうど土曜日に当たっているということで、
この日に記念のライブと誕生日パーティを一緒にやっちゃえ!で
豪華ゲストを呼んで盛大にやりたいと。
「パーティ付きの、あ軽食付きの~」豪華ライブ(笑)
今日は2部構成なのでサクサクやらねばいけないらしい。サクサク。

最初のゲストは松添昭市朗さん。本気の男前です。
ぐるっと客席を見て、今までのライブにも来ていたお客さんに気付くと、
「見覚えのある顔が」って軽く挨拶してくれます。
こげな男前に覚えていてもらうと嬉しいものでございます。

話題はやはり天然パーマのことに。
以前の蛸足ライブレポを読んでいた方は覚えているかもしれないが、
松添さんはかなり気合いの入った天然パーマです。
「髪の毛にばっかりお金かけて!ってよく言われるんですが、
天然なんです」
「そのまま伸ばしたらどうなんの?ぶわーってなるの?」
バッハみたいになりますよ」

バッハ
バッハて。

ニューヨークにいた時は、伸ばしてそんな状態だったらしいです。
日本にそのまま戻ってきたら、
道でよくポリスに止められるようになったので(いわゆる職質)
短く東京バージョンにしたのだそう。
「俺も天パーだけど、その上を行くよね」

3度目の正直。カバーで。
「More Than Words」
リューメイさんは歌に集中。
松添さんはギターとヴォーカルで。
あーこの音だよ~、松添さんのギター。
ほんのシンプルに響かせるだけなのに、やたらと色っぽいんだよねえ。
リューメイさんの歌声は空気感があって熱い。
松添さんは柔らかく寄り添う感じ。
魅惑の流し目は、今日はすべてリューメイさんへと注がれる(笑)
タイミングを合わせながら今日はイイ感じに終わったんじゃないかな。

私の位置からだと、松添さんの弾いてるギターが見えないのだけど、
最後下がる時にギターをリューメイさんに返したんだよね。
自分のギターじゃないんだ。
やっぱ弾く人で音って変わるんだなあ~。へ~。
1曲で終りなのがもったいないけど、
まだまだ次が山盛り控えています。
またツーマンで来てねえ。

リューメイさん、ピアノへ移動します。
おおっ。
ピアノに座ると、ほんと私のすぐ目の前になるんだよねー。
リューメイさんすでに緊張でにやにやしてます。
「久々にピアノ弾いちゃいます」
何をやろうかと考えたけど、やはり自分の原点になるビートルズを。

「The Long and Winding Road」

シンプルなピアノに、
ソウルフルなヴォーカルはナマっぽさが際立つ。
緊張気味の指先にヴォーカルも締まった感じ。
リューメイさん、肩ががちがちだなあ(笑)

「緊張で指が震えました」
それでもたまにピアノなリューメイさんが見れるのは嬉しい。
またチャレンジしてねー。

「すぐギターに戻ります」
今度は北村真紀ちゃんと、弟・小田木確郎さんがステージに。
カクロウさんは久しぶり~~。

「どうですか?」リューメイさん。
ぱちくりなマキちゃん。
(↑二人ともセッティングしてて、どっちに聞かれたのか分かってないと思われ)
「マキちゃんと一緒にやるようになってどれくらいだ?」
「かれこれ2年?3年?」
マキちゃん、ちらっと私の方見るしw うーん、2年くらいか?
「毎回リューメイさんのライブは当日リハ、前日に連絡が普通で
いつもスリリングなんですけど、
最近はそれを楽しめるようになりましたね。
当日1回やって、じゃそれで行こうって、
上手くいったり、上手くいかなかったりw」とマキちゃん。
「上手くいかなくてもそのセッション的なところが面白いんだよね」

「最近はリューメイさんのメカニズムが分かってきました」
「メカか俺は!」
「メカニズム、っていうか性格とか。
今日は調子いいなとか、今はしゃべらないほうがいいかな、とか」
「今日も昼に「リューメイさん今日は声の調子良さそうですね」って言ってたもんね。
(↑嬉しそう)
そーゆーのが分かるようになってきたか」

話はカクロウさんへ。
「カクロウ君とは本当に長い付き合いで(笑)
僕が生まれた時・・・はまだ生まれてないですけど。
仲の良い友達って感じだよね。
よく男の兄弟は殴り合いのけんかをするっていうけど、
僕たちはそんなことはぜんぜんなくて。
僕とカクロウの間にもう一人弟がいて、彼がいいバランサーになってる」
「上下があさっての方向いてるからね」
「あさってか!?」
「じゃあ明日くらい」
で、カクロウさんが歌詞を書いて、
ジャケットのデザインもやってくれて、な話をしてる時、

バーーーーーーーン!!

マキちゃんからピアノの音が。

「スミマセン」
「なんだよ!せっかくいい話してるのに!Dの音だし!」
話してる時にマキちゃん、
譜面台に置いたファイルをごそごそ探ってたんだよね。
それが倒れて音が出たらしい。
もう死ぬほど笑ったよ!!

「砂のバベル」

カクロウさんはフォーク、リューメイさんはガットで。
テンポはいつもよりも早く軽やかな印象。
淡いピンクのライティングがまた雰囲気にあっていて、
ポップで可愛らしい感じになる。
ピアノの音が効いてるなあ~。
ツンと響くカクロウさんのフォークを上手く活かすリューメイさんのガット。
二つのギターの味わいが面白い。
そして、最近は脳内コーラスだったカクロウさんの生声が久々に。
おーコレですよ、これ!

「Fullmoon」

これもフォークとガットの競演。
二つのギターの音色の重なりが面白い。
アレンジはぐっとシンプルな、最初のアルバムバージョン。
リューメイさんのガットはサブ的に響く。
低く、なだらかに。
カクロウさんのフォークの方がメインになっているようだ。
あとでこのことをカクロウさんに言ったら、
自分は自由にやって、リューメイさんの方がそれを受けて弾いていたのだと。
確かにリューメイさんはカクロウさんの動きを
嬉しげに追いながら弾いて歌ってたなあ。
一方のカクロウさんは目線を動かすようなことはせず、
ギターを集中して真剣に弾いてました。
リューメイさんの歌声は、強くて熱い。
やわやわとしたアレンジとは少し違う色合い。
そしてこの曲もカクロウさんのコーラス♪
マキちゃんのピアノはいつも寄り添うように控えめなのだけど、
今日はさらにあるかなきかの音色で。
最後はお客さんたちのため息が聞えるようだった。

「さっき、ファイル見てたら(それでピアノが鳴ったw)
最初にリューメイさんとやったの2009年の11月ですね」
「最初に俺が(他の人のライブで一緒になった時に)ナンパして、
その後恋が芽生えて、ってことは全くなく
「そんな全否定しなくても」
「えっ俺のこと好きだったの?」
「いや、既婚者は・・・」
「残念」(←カクロウさんw)

「そろそろまた何か新しいことを始めないとね。
今後の目標は?」リューメイさんが聞く。
「歌付きの曲を作って・・・って去年も同じことを言ってた気がする」
言ってた。
「じゃあ今年も「曲を作るー!」(←マキちゃんの真似)てことで」

「マルコとポーロ」

今度は2本のフォークギターで!
ぐっと厚みと迫力をもった演奏!
ピアノもカツゼツのいい小気味イイ音で
いつもよりも華やかでメロディックな感じがする。
いつもはもっと男前な感じなんだよね。
(忘れっぽい上にその時のイメージでガッと思ってしまうので
実はいろいろ違うかもしれませんが)
元気のいい楽曲にお客さんも手拍子でノリノリ。
間奏のソロパートはマキちゃんとカクロウさんのそれぞれの見せどころ。
カクロウさんのギターは激しいけれどバンジョーのような音で面白かった!!

続けて
「トラヴェリン・マン」
最近のジャカジャカ元気のいい曲の定番に入ってます♪
元気がイイだけでなく、もちろんリューメイさんの曲だから
複雑なのに味わいどころがぎっしり詰まったコードの面白さが満載。
すみずみまで気持ちよく楽しい。
軽快なフォークの力強い音が2本分!
低く響いて気持がイイのだ!
カクロウさんはこの曲やるの初めてだよな?
仕事が忙しいのに、こんなに楽しい演奏&コーラスで嬉しい!

ボリュームたっぷりの二人のパートはここでオシマイ。
マキちゃん今日も良かったよ~~!
カクロウさん、またいつステージに立ってくれるかなー。

次はリトルバッハコーナーです。
去年2周年ライブに来てくれたキーボードのSATOさんと、
今回やっと来てくれたベースのRYOさんのお二人。
リトルバッハのファンの方には2年続けてたまらないライブになりましたねー。
私にとっては初めてのRYOさんです。

ホントはさっきやった「トラヴェリン・マン」を3人でやろうと思ってたのに
二人とも覚えてなかったらしいです。わはは。
RYOさんもかなり久しぶりらしく、
「さっきリハやったときRYOちゃんぐだぐだだったよね。
それでデビューしてたの?ってくらい」
リューメイさんがそんな突っ込みをいれつつ、
RYOさんはシンケンにチューニング中w
リューメイさんに応えるRYOさんに
「マイクに向かってしゃべってね」
RYOさんて穏やかなのだけど不思議な雰囲気で、味があり過ぎです。

な話をしているところへ、
クロベエの写真をスタッフの方がステージに持ってきた。
わーーーーー、これは何かこう感慨深いのではないでしょうか(涙)
「どこ置く?ここに置いたらバタって倒れるよね!」
リューメイさんも何だか楽しそうで。
「リーダーは昔からいじられキャラだったよねー。
RYOちゃん何か思い出話はない?」
「俺リーダーにお金返してなくてさ。5万」
「そういう重たい話はステージじゃなくて楽屋で言ってくれない?」
「気になっちゃって」
「他に楽しい思い出はないの?
 
  ないんだ。じゃあ最近は何をやってるの?」
「うん、ベースを弾いたり・・・洗濯したり、・・掃除したり」
「洗濯は、大事だよね」
もうどういう会話なんだ!
リューメイさんは昔から、RYOさんと話をしてるとにこにこしちゃうらしい。
「今度ユニット組もうよ!なんかやろうよ!」
この後も洗濯の話題で何やら盛り上がるw
デリケート洗いとか、蓋が上についてるとか横についてるとか。
散々話したところでRYOさんが
「そんな話、どうでもいいよ」と言うのでさらに爆笑。

「楽園」

ここは柔らかくて甘い歌声。
わーたまんないなー。
広がりのある、包み込むようなヴォーカル。
やさしく強いフォークの音。
聴くのは2回目になるのかな?
スケール感のあるバラード。
RYOさんの弾くベースは私の位置からだと楽譜に隠れて見えないんだよね。
2番にはいったところでRYOさん、何やらにやにやしてる。
ベースの音も柔らかくてイイ感じだなあ。
リューメイさんの声は、最高潮だなー。
SATOさんの指ほっそー。

「できた」RYUMEIさん。
「できてた?」RYOさん。
「RYOちゃん、コーラス何で入れなかったの?
電話で、この曲コーラスあったよね、コーラスやるやる!って言ってたじゃん」
「ビビったんだよね」
淡々としたリズムで話すのがやたらオカシイ。
「リハと違うよね?ブレイクの仕方(←と言ってた気がする)」RYOさん。
「違わないよ、CDと一緒だよ」
一緒にうなづくSATOさん。
「えっ」
「リハの時もすでにそうだったんだけど、言わなかった」RYUMEIさん。
リューメイさんはRYOさんとこうやって話をしてるのが嬉しいのが分かる。
「久しぶりで楽しいでーす。
バースデーボーイ、楽しいでーーす!
わかったわかった。

リューメイさんを後ろから見てたSATOさんは
「大きくなったねー。
RYUMEIくん、ハタチだったもんね」
しみじみ語るねえさん。
「SATOちゃんはないの、クロベエとのいい話は」
キーボードのSATOさんは重くて大きな機材が必要で、
いつもクロベエさんが車で迎えに来て運んでくれたらしいです。
そして助手席にはいつもジョージア・エメラルドマウンテン。
「え、ふたり付き合ってたの!?」
「付き合ってない!」

「そういえばリーダーの車を借りて海に釣りに行ったよね。
RYOちゃんと二人で。
俺は犬を飼ってたから一緒に連れて。
それで車のドアで竿を挟んで折って」
「・・・あったねえ」
「魚は釣れずに、竿だけ折って帰ってきた」
何やら楽しげな当時の話題が次々。

せっかくだから、もう1曲。

「恋のクラクション」

早いビートでリューメイさんのギターが元気に響く!
印象的なピアノのメロディーがいいんだよねー。
ベースもノリノリです。
指が見えたらもっといいのになあー。
この早いテンポでも、細やかなメロディーの変化が山盛りあって
一つだって聴き逃せない!
ホント、リューメイさんの作る曲は音が豊かだよなー。
この曲はサビの前でお客さんがハンドクラップするのだ。
今回は私も2回目なのでかなり上手く入れたと思うw
終わりの方のハンドクラップの部分でリューメイさんはトークを入れる。
「そこ叩いてないよー!」とか。
「ずーっとこのままでいいかなあ」なんて。
当時もこうやってお客さんをいじりながら、
レスポンスを楽しんでたんだろうな。
次へ大きく弾ける前の、低いベースの助走。
「どうやって入るの?」
なんていいつつ、ちょっと小技な千鳥足メロを入れるRYOさん。
「そんなんしなくていいから!(笑)」突っ込むRYUMEIさん。おかしすぎる。
そして最後のサビにドーンとなだれ込んで盛り上がる!
最高に楽しかったよー!

リトルバッハのパートはここで終了。
ありがとうございました~~~。
残るゲストはあと一人。

「ずっとお世話になっている俺の師匠です。来生たかおさん!」
大きな拍手とともに、御大登場。
部屋の奥からステージまでの通り道はまさに花道。
ペチペチ叩きたくなる衝動w
のしのしとゆっくり歩いてくる来生さん。
本物だーーーー!!
となりでいこいこさんがぼそっと「白鵬みたい」
おいっ。

来生さんはステージのリューメイさんの前を過ぎ、
キーボードの端に、持ってきた缶コーヒーを置く(BOSS贅沢微糖)
そしてキーボードの席に座った。
フー、と一つ息を吐く。(どうなのよ)


ち、ち、近すぎる!!!!!!


真正面に御大。
私と御大との間には丸テーブルと、キーボードがあるばかり。
来生さんはにこやかで楽しそうな表情。
この距離感と、ライブハウスという密な空間にやっぱり照れているようでもあり。
胸元にはセブンスターがちらりと見える。

「今回の、誕生日のライブをやることになって、
師匠を呼んでしまおうかと思って電話をかけたんです。
イヤダと言わせないように畳みかけるように。
こんどライブやるんですけどでてくれませんかありがとうございますー!
な感じで」
「快諾しました」
来生さん、嬉しそうな笑顔。
「今日がちょうど誕生日なんだよね、おめでとうございます。
しかし、歌、うまいねェーー。
完璧だよね」
この時、来生さんはしみじみと頷くように心から言ってるようだった。
リューメイさん、照れる照れる。

「僕とリューメイとは、もう10年くらいの付き合いで、
ライブのサポートの他にも、新曲が出来るとパソコンで打ち込みとかね、
いろいろとやってもらってるんです。
年齢の話をすると、ふた回りくらい、違うのかな。
もうすぐ不惑だよね?」(←嬉しそう)
「そうですね。ギリギリ30代です!」
「僕なんか、もう来月61ですよ」
リューメイさんはやっぱりどこか居住まいを正すような感じで(笑)
若干、緊張しているようにも見え。

でも目の前の来生さんは、肌の艶もよろしくて、
髪もちょうどいいボリュームで、
わりとすっきりした感じに見えたなあ。
来生さんは目をあけて顔を上げる時は、
ほとんどリューメイさんの方を見ていて、
あまりお客さん方には目線をくれませんw

ここで来生さん、また年齢のネタを話していくのですが、
多分、今後ライブのMCでも話すんじゃないのかなーと思うので
割愛させていただきます。
ただそんな話を聞きながら、リューメイさんが突っ込んでいくのがオカシイの。
「それじゃおじいちゃんの入口にさしかかってるみたいですよ!」とか。
そんで、さっきまでステージから客席の方を向いていたリューメイさん、
御大と話す時は、体の向きがおのずと変わる。
「もうオレこっち向いてますからね」
って自ら突っ込んでました。
こういう雰囲気で、二人で仕事部屋で話したりしてんのかなあ、なんて。

年齢トークに入った段階で、
最前列の来生組はある程度の予想があって、
それが予想通りに進んでいくのを、やっぱりという思いで見守っていた。
来生さん、話すの止まらないんじゃないかなあと。
一応、今日はこの後もあるし、サクサク進めないといけないわけで。
でも来生さんの話し方が、ゆっくりなんだけど、
途中で口をはさめるような隙間がないのよね(笑)
するするするーっと次の展開へ進んでしまう。
ライブと一緒だなあ、マイペースだよなあ、どうすんのかなあ、なんて思ってたら
「で、歌うんですけどね」←いきなり
えっ。

「何をやろうかって、考えてて。
リューメイに、この曲やろうかって電話して、
いいですよ!って。
で、何日かしてやっぱりこれにしよう、って。
分かりました!
でまたしばらくして、やっぱり、って」
「結局4回くらい、変わりましたよね!
で決まったのは今日です!!」

今日って、さっき来たばっかでしょ!

「10月1日は、僕にとってはデビューした日でもあって、
デビューして36年目になるんですよね」


あ。

あああああああああああああああああ
そうでしたああああああああああああ!!!!!

鉄さんだったら、当然のように、すぐに思い出すであろう日付。
私は、今の今まで、本人が言わなければ、まったく気づきもしなかったよ!
そうじゃん、
今日って、すごく特別な日じゃないか!!!
うーーーわーーーーーー。
ほんと、こういうのにうと過ぎるぞ自分。

そしていきなり弾きはじめたのは
「浅い夢」

なんて凄いシチュエーションなのであろう。
来生たかおのデビューした日に、目の前で歌われるデビュー曲。

リューメイさんは、ガットで。
来生さんのピアノをそっとサポートするような音。

最前も「ライブ、2カ月やってないからね」って言いつつ。
来生さんの声は徐々にあったまっていくようで。

目の前で、歌ってるのが信じられない。
目の前にいるのは、今のカンレキの来生たかおなんだけど、
この歌声と歌う顔をじっと見つめていて
歌う時の癖のある表情に、ふとかつての来生さんの姿が重なって来て、
まぎれもなく、この人は
私がずーっと好きで聴き続けてきた来生たかおなんだなあと思ったら
グッと来てしまった。

しみじみとして終わり、
リューメイさんが「1曲だけじゃあ、なんですから。ね、もう1曲くらい」
お客さんたちもワーーー!!と催促の大拍手。
嬉しそうな御大。
「うーん・・・何やろうかな」

そしてまた、唐突に、ピアノを弾きはじめる。
あ。
これ。

「心のゆくえ」

わーーーーー、これが聴けるとは!!!!
来生さんは、すでに歌の中に入っている。
隣のリューメイさんは、来生さんの方を見ながら、
緊張した面持ちでガットでゆっくりと入っていく。
来生さんの声、さっきよりもまたグンと良くなる。
そういえば、以前この曲リューメイさんライブでやったんだよなあ。
あの時はキーボードの調子が悪くて未完に終わったんだった。
なんて聴いてて途中で気付く。
コーラス!!!!!
そうだあああああ、この曲コーラスがあるじゃん!
来生さん、分かって選んだのかな?
控えめなガットと、来生さんの声に寄り添うコーラス。
嬉しいいいいいいい。
来生さんのライブに立つリューメイさんを知らない人にとっては
こういう姿や声もかなり新鮮だったんじゃないかなあ。
しかし、リューメイさんの様子を見ていると、
この曲が今日の話の中で出ていたのかどうか分からなくなる。
出てないんじゃないかー?(笑)

来生さんの歌声と、美しいメロディーと、
柔らかなコーラスとガット。
リューメイさんは来生さんの方に体を向けて弾くので、
私からは真正面向きになる。うーん素敵素敵。
なんて贅沢な時間。

来生さんの出演はここでおわり。
そうそう、12月には何本かライブがある、と言ってました。
リューメイさんも「良かったら聴きに来てくださーい」と宣伝。

盛大な拍手に送られて、御大はまた支度部屋の奥へと下がっていく。
リューメイさんが私たちの方に向かって
「いい席で見れましたね」
うんうんうんと激しく首を上下に振る私たちw
「すごい、うなずいてる(笑)」

次々登場したゲストとの楽しい競演も全て終わり。
「もう最後の曲です」
ええええええー。そんななの?早いなあああ。
もう一度、マキちゃんがステージに。

「僕はこれからも歌い続けて行くつもりで…
歌い続けて行きます。
でもみんなの応援がないと続けられないので、
これからもずっと、
好きでいてくださいね」

いるよーいるよー(涙)

次のライブはまだちゃんとした日付が決まっていないようです。
11月、って言ってたけど。
また詳細はいずれアップされるのでお待ちください。

「最後の曲です。
 LOVE。
皆さんに、捧げます」

力強く、音が何倍にもなったような、フォークの響き!!!
低く、彩のある音の波が寄せてくる。
さまざまな表情を持った音が、たったひとつのギターから
大迫力であふれ出る。
最初はギターのみで、2番からマキちゃんのキーボードの音が入ってくる。
リューメイさんのヴォーカルは魂がこもってて、
体が吸い込まれていきそうだ。
スケールの大きさ、エネルギーの強さ。
リューメイさんの思いが、ストレートに飛び込んでくる。
たまらない。

音の余韻に浸りながら、
大きな拍手はアンコールの拍手へ。
「オ・ダ・ギ!オ・ダ・ギ!」
「オダギはやめろ!!」

再び明るくなる。

名古屋のHさんが花束を渡す。
リューメイさん、嬉しそうに受け取って。
絵になるんだーこれが。
「素敵な演出、ありがとうございます♪」にっこり。

「早く終わらせろって言われてるんですけどね、
終わってるんだかないんだか分かんないんですけど。
最後の曲は、どうしよう・・・」

「願い」

ここへきて、ぐっと柔らかく力の抜けたヴォーカルが。
ああこの声もまたリューメイさんだ。
そして徐々に、強さを帯びて行く。
柔らかく、力強く、芯があって、それでいて甘い声が
全身にそそがれる。
マキちゃんの、とてもやわやわと儚げなピアノがたまらない。


今日もまた、ライブでなければ味わうことのできない
たくさんの音を全身で感じて、
いっぱいに満たされた。


「この後はパーティになりまーす。
時間のある人は残って、飲みましょう!」
そしてまたBGMは、聴き覚えのある曲。
リューメイさんがカバーしてきたたくさんの曲が、次々かかってた。

時間は2時間くらいか。
いつもならもっとトークがあったりして、
気付くと2時間半とかそんなになってたかも。
今日はこれからパーティだもんねー。
とりあえず帰るまで1時間弱あるわけだな。

松添さんがステージに来て、
おもむろにハッピーバースデーの歌を歌う。
おおっ。
そして「Dear・・・・」で間をおいて、
周りが気がついて「リューメーイ!!」の合唱。
リューメイさんは
「歌われるの慣れてないからどうしたらいーのか」と照れて挙動不審。

来生さんはどうしたかな、と後ろを振り返ると、
さっきまでいたのにもういない。
あららっ。
しばらくしてリューメイさんの姿も無かったので、
これはお見送りだな。
先にHさんといこいこさんが上がって、
私もやっぱ挨拶してこよっかな、で遅れて上に。
もう車に乗ってる来生さん。
私も少しだけ挨拶して「素敵でした!!新宿いきまーす」と。
「はぁい」とにこやかな笑顔で手を振って、
来生さんはお帰りになりました。
来生さーん!ライブに参加してくれてありがとう~。


大阪の時と同じように、スタッフが機材を片づけて、
テーブルをセッティングし直した。
しばらくして料理が運ばれてきたみたい。
じゃあ酒でも追加してこよう。

カウンターに行ったら隈さんがいた。
「よおーさいとおー」(←本名)
良かった。覚えてくれてたようです。
「何飲むんださいとー」
「生ビールお願いしまーす」
「ビールかさいとー。本当はリューメイがビール係なんだけど俺が入れてやるさいとー」
「ありがとうございますー」
「さいとー飲めさいとー」
連呼。

各テーブル、食事を始めたあたりで
リューメイさんの友人と松添さんがステージに来て、
今度はリューメイさんへケーキが。
再びみんなでハッピーバースデーを歌う。
なんかカワイイですね。39の男性の誕生日に。

「この後、モニターでリトルバッハ時代の映像を流しまーす!
リューメイさん、ステージを動きまわってギター回しまくって凄いですよー」
なにっ。
あーそういえば以前、そんなテープが出てきたって言ってたなあ。
それをついにこのタイミングで公開!!
みんなモニターに大注目。
ライブでリューメイさんが中央でギターを弾きながら歌っている映像。
いや、歌ってる時はギターはほとんど弾いてなくてぶら下げてるだけだが。
ステージ全体をほぼ固定で映している映像なので
細かいところまではよくわからない。
ヘアスタイル、着ている衣装、持ってるギターのデザイン、
オールスタンディングでジャンプするお客さんたち。
こういうことをしてたのか、と(笑)
そしてステージ上をアクションをつけながら移動するリューメイさんの映像に
今日のお客さん大爆笑。
いや当時は笑ってみるモノではなかったはずだが。
音が小さいのが残念だなー。
(後の方でいきなりでかい音が出るらしいので、音を抑えてるらしい)
とても貴重な映像です~。
この時代、私は全くしらないからね。
ビデオもだいぶ流れたところで、
ステージのメンバーがそれぞれアップになるシーンに、
向こうから「ぎゃあ!」と叫ぶSATOさんの悲鳴が(爆笑)

テーブルに来たリューメイさんに、
来生さんがやろうとしていた別の曲について聞いた。
「夢の途中」とか「Goodbyeday」とかわりと定番でした。
あ、でも今思えばGBDだったら
超至近距離でリューメイさんの間奏のソロが聴けたんじゃないの。うおー。
「2曲目の「心のゆくえ」は? 
話しで出てきてたんですか?」
「ないです。来生さんが歌い始めたから、慌てて。忘れちゃってたし」
そうなのか。当日リハより上じゃないか。
来生さん、マイペースすぎだわ。

マキちゃんやカクロウさんや松添さんともちょこちょこ話しながら
用意されたオイシイものをちょこちょこつまんで、
Kazuhiさん、Hさん、いこいこさんと大いに話して笑って、
そろそろ時間が危ないぞーで、なんとかライブハウスをあとにしました。
時計を見てなかったらいつまでもいてしまいそう。

今日も大いに盛り上がったライブでした。
ゲストによっていろいろなリューメイさんの面が見えて、
2時間たっぷりどこを取ってもスペシャル。
リューメイさんも終始楽しそうだったなー。
3周年、そして39歳の誕生日、おめでとうございます。

こっから4年目に入りますね。
どんな趣向、どんな展開があるのか、まだまだ目が離せません。

普段よりもずっとお客さんが詰めかけた今回のライブ。
特別な日だけじゃなく、
マンスリーのライブももっと見に来てほしいなー。
リューメイさんのライブはいつでもその時限りのスペシャル。
変化し進化するリューメイさんの声と演奏を、
たくさんの方に、味わっていただきたいです。
スポンサーサイト

タグ : 小田木隆明 RYUMEI 来生たかお 北村真紀

00:46  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(29)

Comment

帰宅しました

とりあえず一言。楽しかった~~大笑いしてきました!来生さんの歌声も、肉声が聞こえるくらいの距離で感動してしまいました。のもんさん、kazuhiさん、Hさん、お疲れさまですm(_ _)m
いこいこ |  2011.10.02(日) 00:20 | URL |  【編集】

いこいこさーん

さっそくのコメントありがとうございますー!
私のレポは気にせずに、どんどん感想待ってますよー。
あの時間を一緒に堪能できて本当に良かったです。
のもん |  2011.10.02(日) 01:46 | URL |  【編集】

Ryumeiさんがろうそくを4本立てたケーキを食べていたであろう日に、来生さんはデビューしたんですねぇ。誕生日とデビューの日が同じって、なんかご縁を感じますね。Ryumeiさんの存在は来生さんに刺激を与えてくれてますよね。これからもずーっとサポートしていただきたいです(前にも同じこと言った気がするw)

のもんさんのレポを読むといつも、Ryumeiさんのライブは、お客さんとの気持ちの距離がすごく近いなぁと感じます。あったかい空気が伝わってきます。Ryumeiさんのお人柄も大きいんでしょうね。10月生まれの男の人は、穏やかで温かい と経験上勝手に思っています。40台を目前にして益々のご活躍をお祈りします(かたっ!w)  ところでセカンドアルバムの予定はありませんか?出たら買うよん。 
カノン |  2011.10.07(金) 18:21 | URL |  【編集】

カノンさん

わーい、コメントどもども~。
リューメイさんのライブは、いつもまったりあったかいです。
でも曲に入ればしっかりとしたクオリティ。
やる方も見る方も、楽しんでいるのが分かるライブですよ。

セカンドアルバムはまだまだ先でしょうねー。
3曲CDのあと、フルCDが出るまで4年かかってるしねえ。
まず新曲作んなきゃ。

そしてCDになった1曲1曲の手の込みようを考えると、
曲が出来てから作品として完成するまでに
また期間が必要でしょうね。
のもん |  2011.10.07(金) 22:04 | URL |  【編集】

そっか、来生さんの2曲目は「心のゆくえ」だったんですね。じゃあ、いちばんはじめの曲といちばん新しい曲を、デビュー記念日に聞かせてもらえたってことなんですよね~~感慨深いです(T_T)しかもあんな至近距離で…
いこいこ |  2011.10.08(土) 17:29 | URL |  【編集】

一番新しい曲・・・ってそうか、「ひたすらに」に入ってるんですね。
それにしてもあの距離はすごかったですよねー。
本当にテレビで見ているような大きさでした。
のもん |  2011.10.09(日) 12:31 | URL |  【編集】

Hさんからのコメント

名古屋のHさんからライブの感想いただきましたー。
了承を得て、こちらにご紹介!

*******************

早速 長~いライブレポをありがとうございます。
どんどん引き込まれていきあの日のあの時に戻っていくようでした。
どんなに想像を膨らませても参加するという現実に勝るものはないといつも思います。
貴重な時間を皆さんと一緒に過ごせたことを大変嬉しく思っています。
ありがとうございました。

今回は 記憶に残った言葉をあげてみますね。

リトルバッハの時。
リューメイさんが「楽しいで~す」と。
ほんと―に楽しそうで見てるほうも嬉しくなりました。

スペシャルゲスト来生さんの時。
来生さんが「誕生日おめでとう」とボソッ…
「相変わらず歌うまいね―」と。照れるリューメイさんが可愛いかったです。

来生さんが信じられないほど近い!ホント目の前です。こんなに近くで聴けることは この先にもないと思うので嬉しかったです。
しばし来生ワールドへ…。

個人的には 花束をプレゼントしたときに「素敵な演出をありがとう」と言って貰ったこと。嬉しくてドキドキでした。

とどめの一言は。これ!
「ずっと好きでいてくださいね」と。チョット照れぎみ…可愛すぎ!
うん、うん、ずっと好きで応援するからねv-238と心の中で…みんながそう思ったよね~。

こんな幸せな日って そうそうあるものじゃないですよね。
リューメイさんに感謝します。本当にありがとうございました。m(__)m

****************

いつもいつも感動の伝わってくるコメントをありがとうございます~。
RYUMEIさんも喜ぶよー。
時間がたってもレポを糸口に、
あの時味わったいろいろなことを思い出してくれたら嬉しいです。
またRYUMEIさんのライブでお会いしましょう~。
のもん |  2011.10.10(月) 19:14 | URL |  【編集】

10月1日

そうか、デビューの日だったんだ! 
忘れてたというよりも覚えてない。しかもうち去年どうしたっけと今見たら、昔の男(←布施明)の記事書いてました。ひどい。

リューメイさん来年は40ですか。いい年頃ですねー、ヒゲが似合いそうだなあ、何となく。見てみたいな。年を取るほどいい男になりそうですね。

そうか「心のゆくえ」だったんですか。良い曲で良かった~。しかしいつもそんなマイペースなんでしょうかね。マイペースというよりもかみ合わないというか…いや最近昔のTV(VTR)とかラジオ録音とかを聴いてると、そこはかとないこのかみ合わなさが随所に(笑)

来生さん→白鵬ってほめ言葉ですよね。
れい |  2011.10.10(月) 20:34 | URL |  【編集】

本当にほんっとうに楽しかったですね!
素晴らしいライブ&パーティでした♪

いつも以上に近くで見れて緊張しました…(笑)

RYUMEIさんは本当に嬉しそう&楽しそうでしたね。
いきなり「バースデーボーイのRYUMEIです!」
には大爆笑ですよ。

RYUMEIさんはもちろんですが確郎さんファンの
私としては久々に確郎さんのギター&コーラスが
と~っても嬉しかったです!
『マルコとポーロ』のソロ、カッコ良かったですよね。
「キャー確郎さん、ステキステキ♪」って心の中で
叫んでました。うふ。。。
ライブ後にお話しをした時も思わず確郎さんに
「カッコ良かった!」って言ってしまいました(照)
でもまだまだ本業が忙しいという事なので、ライブに
参加されるのはしばらくはお預けですかね…(涙)
帰る前にごあいさつに行った時にも「またライブに出て欲しいな」って伝えました(しつこい私…汗)
握手もしてもらって嬉しかったです!!

松添さんは相変わらず男前でしたね~。
でもなんか近寄りやすい男前ですよね(笑)
気さくというか、親しみやすいというか、やはりお人柄
ですよね。。。なんかおもしろいし。。。
松添さんにも帰る前にちゃっかり握手をしてもらって、
「ツーマンライブまたして下さいね」ってお願いしておきました。

元リトルバッハのSATOさんは去年もお会いしましたが
やっぱりきれいですよね~。
RYUMEIさんにとってはお姉さん的存在だったのでしょうか!? 
頼れそうな感じですよね。
RYOさんは独特の雰囲気でおもしろかったです。
喋り方がお笑いの“フットボールアワーの岩尾”に
そっくりだったので笑いそうになりました。
RYUMEIさんもRYOさんとはまた何かしたいという事
だったので楽しみですね♪

そして…いよいよ来生さんの登場にはやっぱり
緊張しましたね。
いつもの感じでゆーっくり登場されたので笑ってしまった。。。
あんな近くで、いつもはステージ上の遠い人なのに
あんな近くで見れる、歌が聴けるなんて信じられない
って思いました。
RYUMEIさんが唄っている姿は恥ずかしくて見れないんですが、
来生さんはしっかり見れましたよ、何故か。
缶コーヒーを飲みながら唄っていたのには笑いましたけど、
やっぱり好きなんですねぇ。
胸ポケットにたばこが入っていたそうですが、
それには気付きませんでした。

RYUMEIさんと来生さんのやりとりも見れて嬉しかったです。
けっこうRYUMEIさんズバズバ言うのでビックリです。

本当にあの楽しい時間をみなさんと過ごせて嬉しかったし幸せでした。
のもんさん、Hさん、いこいこさん、ありがとうございました。
またご一緒できるのを楽しみにしています。
kazuhi |  2011.10.10(月) 21:54 | URL |  【編集】

kazuhi さんの感想楽しく読ませていただきました。いつもながら熱いですねえ。今回は二人分でいつもより以上に熱かったと思うのは気のせいじゃないですよね、ねw

その中で思い出した事が。本当はいこいこさんにいただいたレポの時に、あ、と思ったんだけど携帯からだったので後でPCでと思って忘れてしまったのですが、ちょうどいいのでここに書かせていただこう。

ついこの間財津さんとのTV番組のことを書いたんですが、その後に出演したらしきこれまた財津和夫さんのラジオ番組で来生さん、「缶コーヒーを持ってフラッと入って」(財津証言)来たらしいです。他のラジオ番組でもそんな事聞いたような。飲みながら歌ってたってのは初めて聞きました(笑)
れい |  2011.10.11(火) 09:47 | URL |  【編集】

カクロウさんの出演は初めて拝聴しましたが、コーラスもギターも素敵でしたね~。曲に深みが出て、RYUMEIさんの声がより際立って、聞き応えありました。カクロウさんの譜面台に乗っていた紙に音譜はなく、文字のみ。それであんなふうに3人で合わせて演奏できちゃうんだからすごいなあ~(トークを聞いていると打合せもリハーサルもあまりしてない風ですが)。
ところでカクロウさんって「確郎」さんでしたっけ?「隆明」さんにしても、音読みの響きがなんだか時代を超えた響き。もうひとりのご兄弟はどんなお名前なのかしら?と興味が湧きます。
いこいこ |  2011.10.12(水) 09:47 | URL |  【編集】

モリモリ。。。

RYUMEIさん、お誕生日おめでとうございます!&のもんさん、おかえりなさいませ。(タイミング遅すぎやしないか・・・ですね;何故か俄か忙しい時期ですて;汗)

のもんさん、いつにも増して、情熱と冷静の合わせ技レポ、てんこモリモリで大いに楽しませて頂きました。

>「ずっと好きでいてくださいね」

これ・・・凄くイイ!!
のもんさんにだからこそだろうけど、このフレーズは自信がないとなかなか出ないぞ。それに加え、いかした男からだと最強のパンチ力~効いちゃいますよね(笑)。
恐縮ながら来生さんのデビュー日で鉄印のこと思い出して下さりw恐縮です。ホント、こんな大切な日に限って、朝から小人の運動会に続いて夜中まで大人の運動会を遂行していた鉄印(汗)・・・。でもちゃんと耳にはイヤホン装備で、アルバムの「浅い夢」他を聴いて独り祝いを敢行していた優良ファンな私w。

LIVE、盛況でなにより。R君と繋がっているいる音楽人がそれぞれの祝い方で花を添えたLIVE、それはそれはR君にとっても幸せな時間であり、お誕生日だったことでしょうね。きっと、Gtの音色も歌声もこの時、この瞬間の刹那の響きでさらに豊かな音楽になっているんだろうから~羨ましいw。
「浅い夢」&「心のゆくえ」・・・来生さんたらニクイ選曲を。鉄印としたことがご贔屓曲を聞き逃すなんてねw。「心のゆくえ」はR君も好きな曲でしたよね。音楽的に、歌詞的に・・・どんなところに魅力を感じるか今度機会があったら話してくださいね。そんでもって、あの前奏にアレンジしたイキサツ(ココが聞き肝!)。
今後、このお二人で激しい系も聴いてみたいし、来生さんも、小さなキャパでの弾き語りLIVEやってくれたなら嬉しいかな、ぼぶでィランみたいに。数年前の青山でのライヴが強烈な印象として残っているので「空色の渚」も「風と共に去りぬ」もピアノ弾き語りバージョンが今でも№1なのです。

のもんさんからのネットワークも広がって、益々みんながR君のこと「ずーーっと好きで」ありますように。
kazuhiさん、Hさん、いこいこさん、ありがとうございます!!

逸れ道
月子さんからの映画&挿入歌情報拝見。
こちらも凄いレポw。ありがとうございます。
スクリーンでは見ないかもですが、きっといつかチェックします!大石静は来生さんと同年くらいなので、案外プロデューサー辺りが「はぐれそうな天使」ドンピシャ世代なのかな・・・と。クレジット有だし来生サイドは承知のスケでしょう。アクセスも増すでしょうし今こそ公式HPに載せれば良いのにね。そうそう、何はともあれまずは話題になれ~~(笑)。
でもこういうのって予期せぬ嬉しさを感じますね。
鉄線花 |  2011.10.12(水) 11:53 | URL |  【編集】

お返事どーん

たくさんのコメントありがとうございます~。
これで月子さんのも加わったら金取れるクオリティです(笑)

れいさん

リューメイさんもこれからどういう風に変わっていきますかねー。
ヒゲはもうちょっと年を重ねたら似合うかも。
いままで伸ばしたこととかあるのかな。

「心のゆくえ」はなぜそれを選んだのか分かりませんが、
いい曲だし、きっと来生さんのファンでなくても
気に入ってくれたんじゃないかなあ。

白鵬は褒め言葉でしょう。横綱だもん(違)

ライブの時にピアノの横やスツールの横に
コーヒーがセッティングしてあるのは見ていても、
ダイレクトに市販の缶コーヒーを持ってくるってのは
想定外で驚きました。
出番最後の方だったのに、まだ中身入ってんのかな、
なんて小さいことが気になったりw

コーヒー好き→ブラックと勝手に連想してたので、
だいぶ後になってからそれが缶コーヒーだと知った時は、
正直ショックでしたねー。

Kazuhiさん

いつも以上に熱いコメントをありがとうございます!
kazuhiさんも来生さんのファンだったというのを改めて思い出しました(笑)

SATOさん、今回もキレイでした。お姉さん的な感じもいいですよね。

>フットボールアワーの岩尾

しゃべり方が、ね。
うーん、言われてみれば・・・・ちょっと入ってるかも?
顔はぜんぜん違います。念のため。

松添さん、あんな顔して気さくでノリがいいですからね。
モテるでしょうねえ呑む席なんかでも。

来生さん、私も同じでしげしげ見ちゃいました。
きっと来生さんは顔を上げないだろうな、というのもあったかも。

>けっこうRYUMEIさんズバズバ言うのでビックリです。

あれくらいのノリが来生さんも好きなんでしょうね。
RYUMEIさんがちょっと緊張気味だったのは
時間が気になってたんだろうなあ。

いこいこさん

カクロウさん、さすが兄弟だけあってコーラスが合ってるでしょ。
でも声が合ってるだけで、ああは出来ないですよね。
ギターにしても面白かったし、忙しいのに凄いなーと。
カクロウさんは確朗さんですね。
あれっ、違うな確郎さんだな。
最近目が見えなくなってきてよう・・・(涙)
確かに次男さんの名前が気になるなあ(笑)

鉄線花さん

どもども、お久しぶりです!
お母さんは忙しいよねー。
運動会もお疲れさまでした。
来生さんの選曲に「鉄さん向けのセレクトなのになあ」と
もったいなく思っておりました。
青山でのサロンライブは私は行ってないのだけど、
鉄さんかなりお気に入りのライブだったはず。
この距離感はどうだろう?とも。

来生さんもどう感じましたかね。
またこんなのもいいかな、なんて思ってくれたでしょうか。
私はピアノよりもむしろギターデュオを期待してます。
ライブのワンコーナーでもいいけど~。

>「ずっと好きでいてくださいね」

これはね~、ちょっと間があって、照れた感じもあってね。
あの場にいた女子はみんなフワーと倒れたはずですw
誰もが言えるセリフじゃござんせん。

はぐれそうな天使については、
月子さんが呼ばれたとしか思えませんね。
封切り直後は蛸足もかなりのヒット数。便乗。
ここ最近はさすがにもうネタが広がったのか、落ち着いてきています。
中には鋭い考察をする方なんかもいて面白いなあと。
映画のエンディングでちゃんとかければよかったのにね。
その後でくーちゃんでもなんでもいいからさ。

あ、ドラマ版は11月4日深夜から、
総合テレビで再放送するそうですぞ。
思いだしたついでに、
NHKでは坂本龍一氏のスコラの第2段が始まってるようです。
今DVDがぎっちぎちで録画する隙間もないよ。
私は忘れたころにやるであろう再放送を期待しよう。
のもん |  2011.10.12(水) 22:29 | URL |  【編集】

コーヒー

え、いつも缶コーヒーなの!
そうかあ、確かミルクと砂糖も入ってるんだよね(笑)

以前 キーコーヒーが一番好き♪ とかどこかで聞いて、相変わらず庶民的でいいなあ~と思いながら、スーパーでキーコーヒーの1Lボトルなんかを見かけるたんびにこれかな…と思わず足が止まってしまうんだわ。

あと関係ないけど

>フットボールアワーの岩尾

って、めちゃくちゃ好みだv-238
れい |  2011.10.13(木) 08:54 | URL |  【編集】

遅くなりました。(汗)
また忙しくしてました。
仕事も忙しかったけれど、
小田さんコンサート、軽井沢に日帰りバスツアー(北関東道開通で近くなった)
など、お遊びも多忙。(汗)

軽井沢は、在京時に仕事で行ってて、もう一度行きたいと願って、30年以上ぶり。
ジョン・レノンが滞在していた頃で、自転車で駆け抜ける姿を何度か見かけたり、
仕事とはいえ、思い出深い軽井沢。
今回は短時間とはいえ、万平ホテル、森の中の小径、聖パウロ教会とか、
ジャム屋パン屋便箋屋さんなど、当時の思い出をたどって歩き、懐かしかった。

RYUMEIくんバースデーライブ、おめでとう♪(遅っ)
充実のレポート、それからHさん kazuhiさんのコメントも、
ワクワクと読ませていただきました。
楽しすぎ&うらやましすぎるライブ~いいな、いいな。

「これからも好きでいてくださいね」…キャァ~♪
こういう言葉が、似合うRYUMEIくん。
しかし、来生さんの口から「誕生日おめでとう」って、似合わなくない?(笑)
ボソッと言うのが、わかる。(笑)
『浅い夢』と、予定外の『心のゆくえ』、とまらぬお話、
来生さんもいつもと違う雰囲気のライブが、楽しかったんでしょうね。(拍手)
来生組がお見送りしたというのも、微笑ましい。(笑)

一口に3年といっても、12×3。
すごいよねぇ~今までに何曲歌ったんだろう。
私がSATOさんと会ったのがもう1年も前? つい昨日のことのよう、
月日の流れの速さをあらためて感じました。

SATOさんは、その後もダイエット進んだのでしょうか。(笑)
充分にお美しく痩せてると思ってましたが、LB時代の映像、見たかったです。


小田さんは、64歳とは思えぬ歌声と脚力で(笑)
広いドームを駆け回り、歌いまくり、素晴らしかった!

冒頭の挨拶で「日々被災地の事を思っています」
最後にも「いつかきっと来るその日まで、僕もがんばるから
皆もがんばって元気でいてください」

この『どーもどーも』ツアーのサブタイトルは『その日が来るまで』
「いつか笑顔で会えるその日が来るように、元気を届けたい!」
という小田さんからのメッセージが、選曲からも伝わってきて、
最初から最後まで、小田さんありがとう~という思いで泣きじゃくりながら聴いてた。
今も思い出して涙が出る。春には東北に来てくれるそうです、うれしい。

小田さんは、3年前より声も体力もパワーアップしたと感じた。
花道近くのアリーナ席だったので、すぐ近くに何度も来てくれた。
スリムでぜい肉ゼロだし!
やはり鍛えることが大事、私も何とかせねばと、ついにジムに通い始めた秋。(笑)

鉄線花さま、お久しぶりです。
セカバは、わざわざ映画館に行かなくてもいいですから。(笑)
きっとTV放映するでしょから、その時にでも。

再放送情報、ありがとう。
TV版をもう一度見たいと思っていました。全録画します。

こうさん役の長谷川君のドラマが昨夜始まりました。
『家政婦のみた』 テーマ曲が、斉藤和義くんですよ、れいさん。

9月に、福島県内各地で復興支援ライブが行われて、
斉藤くんや福山くん、西田敏行さんとかたくさん来てくれて、
私もそうだけど、県民は皆不安なんだと思うのね。
福島産の花火や橋まで拒否されたり、
福島ナンバーの車も嫌がられたりといったニュースなど聞くたびに落ち込みます。
だから、こういう励まし、来てくれるということだけでも、涙が出るほどうれしいのです。
月子 |  2011.10.13(木) 17:25 | URL |  【編集】

アニキ。。。

>この距離感はどうだろう?とも。

RRでのステージと客席(特等席w)の近さは、キャパからしたらLIVEハウス的には普通なのかもですが、正直最前列の特等席は「近っ!」の印象。きっと、ハートの近さも関係せているんだわ、きっとw。
ただ、RYUMEI君は勿論のこと、来生さんもデビュー前にはそんなハコで演奏されてたんでしょうから案外その距離感は平気なのではと。

来生さんのリラックス度もレポから伺え、客席を埋めているのがRYUMEI君ファンであってガチンコの来生ファンではなかった点がいい意味で軽やかさが出たのかなと。そういえば、青山でのライヴも半分はファン以外の方々だったためか、とってもラフな来生さんに逢えましたw。それと、RYUMEI君は師匠と呼んでたけど、歳の話は置いといて~アニキ気分の来生さんとの信頼関係が客席との近さをも気にせずいられたのかもですね。・・・現実では不動の姉様の弟ポジションなだけに。

>もったいなく思っておりました。
ありがとうございます。もったいない位が、楽しみが持続するかなと信じておりますw。逢えない時間が~♪(笑)←古っ!
れいさんのコメントに財津氏が登場したので・・・ここ数年彼のライヴはトーク&ライヴと銘打っていて・・・話たいことが盛りだくさんなのか、2時間半を歌&演奏だけでは難しいのか・・・ん~そんなスタイルもこの世代には有りなんだと想いながらも、これからもシンガー来生たかおには、大いに唄って唄って唄い続けていて欲しいのでした。


月子さん、30年ぶりの軽井沢。。。想いでの数々はちゃんと変わらずそこにあったのですね。大切なモノって変わっている筈なのに人の想いが重なると変わらないでいてくれる不思議さ。お遊びは女の特効薬ですもの、鉄印もあやかりたいです。

12月のスケジュール、そろそろ出ますかね。
DVDも整ったら早めの告知が欲しいですね。告知が出れば発売まで焦らされても許せるし(笑)。
だってサントリーホール後すぐに「avantage」の再販。。。ビジネスの匂いがしますものね~(笑)。


鉄線花 |  2011.10.13(木) 19:42 | URL |  【編集】

陳謝。。。

のもんさん・・・皆さま

長いのが連打されてしまいました(スミマセン)。
送信がうまくいかず、戻って一行追加しての再送でこんなトンマなことに(爆汗)。申し訳ありませんでした。
鉄線花 |  2011.10.13(木) 19:45 | URL |  【編集】

鉄さんへ
とりあえず最初の方は消しときました(笑)

お返事はまたあとで~。
のもん |  2011.10.13(木) 19:57 | URL |  【編集】

感謝。。。

のもんさん
早速、ありがとうございました。感謝!
鉄線花 |  2011.10.15(土) 10:52 | URL |  【編集】

思い出

鉄線花さま

>大切なモノって変わっている筈なのに人の想いが重なると変わらないでいてくれる不思議さ。

しみじみと心に感じました。
この数年、過去の事・思い出が次々と、とても強くよみがえり、焦燥感さえ覚えるほどです。
これが、年を取るということなのかと。。。(苦笑)
月子 |  2011.10.15(土) 19:41 | URL |  【編集】

月子さん、斉藤さん情報ありがとうございます!復興支援ライブの時もメールでお知らせいただきました。いつもはまたクーポンの配信かな?と思ってほっとくんですが、あの時は何かに呼ばれた様にすっ飛んでって見たんです。おかげさまで最高の歌声を聴くことができました。すごく良かったよ~謝謝。「家政婦は見た」じゃなくて「家政婦のミタ」なのね、へえ~(笑)。今週見てみたいと思います。あいかわらずTV見ないっ子ですが、最近は新首相の顔をなかなか覚えられなくて、これはさすがにヤバいなあと思っております…。

鉄線花さん、財津さんもそんなに…先日オサリバンのライブを見ていた時、来生さんてやっぱり良くしゃべるんだなあと思いましたが。オサリバンは歌う合間にちょこっとだけでした。歌って歌って、で、ちょこっとだけおしゃべりして…てのが理想かなあ。
れい |  2011.10.16(日) 07:52 | URL |  【編集】

ようやくお返事

れいさん

ブラックならともかく、
毎回ミルクと砂糖を摂取してたらやっぱねえ、
体に影響するでしょう。

フットボールアワーの岩尾、好みですか。
以前テレビで海外ロケに行ったら、
現地の子供が顔を見て「WHY?」って言ったという人ですよね。
顔認識カメラが顔を認識しないとか。

世の中って上手く回ってるよなあと思います。
もちろん、人のことは言えません。

2つ目のコメントの話ですが、
やはり歌の合間にちょっとだけトークが理想ですよね。
でもそれで全体の時間が短くなったらまた文句言うかも(笑)
で、この話は結局「2時間歌でもたせる体力」ってところに
また落ち着いてしまうのかな。


月子さん

仕事と遊びに忙しくしていて何よりです。
月子さんとこから軽井沢って近いのやら遠いのやら。遠そうだけど。

来生さん、てっきり御子息と来るかと思ったのに、
一人で来たんですよね。
滞在時間は短かったけど、多分とても楽しかったと思いますよ。
そんな話、今度のライブでしてくれたらいいのにね。

SATOさん、そういえば前回は6キロやせたって言ってたんですよね。
今回さらに痩せたかどうかはきいてませんが、
でもすっきり美人でしたよ。
LB時代の映像はもっとイケイケで、
頭を激しくブンブン振りながらキーボードを弾いている姿がちらりと。

小田さんは節制してますよね。エライです。
ドームを駆け回る体力をちゃんと維持してるのはたいしたもんです。
花道近くの席ですかー。それは凄い!!
全方向から小田さんを確認できたわけですね。

ジムはねー行った方がいいよー。
普段動かさない所を動かすだけで、体はどんどん気持ちよくなります。
病院や整骨院に行くよりずっと安上がり。楽しいし。

9月でちょうど震災から半年ですものね。
実際にライブに行けても行けなくても、
今もなおメッセージを届けに来てくれる、
というのは大きな励みになりますね。

自分自身に影響しそうになると
知識よりも先にヒステリックに反応してしまう人が多いとなると、
どれだけ頑張ろうという言葉に気持がこもっているのかと懐疑的になります。
自分にとって力になるものだけを選んで、支えとしないとね。

鉄線花さん

青山のライブ、ファン以外の方もいたんですか?
ちょっと意外。
どういう客層がチケット買ったんだろ?

財津さん、トーク&ライブですか。
シンガーソングライターが「トーク」って入れるようになっちゃアカンでしょう~(涙)
財津さんのファンは、財津さんのトークもすごく楽しみなんだろうか?
来生さんもトーク率高くなりましたけど、
でもやっぱりなー少なくしてほしいと思いますもん。

12月以降のスケジュール、
そろそろ他にあるなら出てきていい頃ですよねえ。
って私まだ新宿のチケット買ってないではないか。やばい。


告知:

RYUMEIさんの次のマンスリーライブは3日(木)・文化の日です。
開場18:00、開演18:30ですのでご注意。
久々にカクロウさんとのユニット、bieNライブですぞ!
のもん |  2011.10.16(日) 15:35 | URL |  【編集】

雰囲気美人

て言うでしょ、自分の中ではあんな感じなのかなと(笑)。Whyですか、Whatじゃなくて?どんな意味なんでしょうね。その顔認識カメラ性能悪いから買わない方がいいですよ。

あのしゃべりを含めたボーヨーとした雰囲気が好きみたいでね、近くにいたなら惚れちゃいますね。でもいつだったかブ〇イクランキングに入った時に私はもちろんえ~!と思ったけど本人もっと驚いたらしいです。ご両親にかわいいかわいいって常に言われながら大事に育てられたらしく、自分は可愛いんだと疑わなかったんだって。
れい |  2011.10.17(月) 07:00 | URL |  【編集】

びっくり!

しばらくお邪魔できなかったのですが、久々にお邪魔したら
た~くさんのコメントにびっくりです!

みなさま、本当に熱いです(笑)
人の事言えませんが(汗)

れいさん、岩尾のファンなんですか!?
私も別に嫌いじゃないですけど。。。
みんなブサイク、ブサイクって言いますけどそんなに
めっちゃくちゃブサイクではないですよね。。。
でも好みと聞いてちょっとびっくり!(笑)

鉄さん、月子さん、私のあんなコメントを楽しく読んで頂けたようで
恐縮です(汗)
“来生さん目線で”と言っていたのにやっぱり“RYUMEIさん&確郎さん目線”
になってしまいました(笑)

のもんさん、次の11/3のライブはひっさしぶりの『bieN』でのライブなんですね!!
お知らせ頂いてありがとうございます。
今回は欠席しようと思っていたのですが、今、心はグラグラに揺れております(笑)
次の日一日がんばって行ったら会社は休みやしなぁ…。
のもんさんは行くんですよね?
私も多分行くと思います。。。行かないと後悔すると思うので。。。
またはっきり決めたら連絡します。。。
kazuhi |  2011.10.18(火) 21:29 | URL |  【編集】

れいさん

Whyですよ。なぜ?って。

岩尾のご両親は素晴らしいですね。
自分でカワイイと思ってたのか。
コンビのポジションがよくわからないわ。

Kazuhiさん

もう知ってるのかと思ってました。
メールしてみて良かったです。
木曜なので私はテニスやった後に行く予定です。
3日までまだ時間あるので考えてみてください。
他の参加者はいないかな~?
のもん |  2011.10.19(水) 17:03 | URL |  【編集】

ついったーにRYUMEIさんご出演の告知がありましたね(^_^)v
いこいこ |  2011.10.19(水) 22:26 | URL |  【編集】

22日(土)ですね。
中目黒から自由が丘に移転したお店です。
私はお留守番です~。
のもん |  2011.10.19(水) 23:05 | URL |  【編集】

決めました!

最近マメにネットサーフィン出来なくて、情報入手が
遅くなってしまってるんですよね~(汗)
いかん、いかん。。。
本当にメールしていただいて良かったです。
感謝、感謝です(笑)

で、やっぱり11/3のライブ、行くことに決めました♪
ライブの申し込みのメールもさっそく送りました。
そうと決めたら行動は早いんです(笑)

木曜日はテニスなんですか?
この日はライブのために体力を残しておいて
下さいね(笑)

では、時間などはまたメールしますので、
よろしくお願いします!
kazuhi |  2011.10.23(日) 20:22 | URL |  【編集】

Kazuhiさん

bieNライブですからね。
来ないと後悔します。
私はテニスの荷物(ラケットではなく洗濯物)持って行きます~。
のもん |  2011.10.25(火) 23:57 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1941-f4201288

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |