2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.10.16 (Sun)

1112BL#9 BMG対レバークーゼン

あぶねえあぶねえ。
また監督の妄想采配で
試合を台無しにされるとこだったよ。


追いついただけ、最低限の結果を残せてよかったよ。

ぼやぼやの画面、何度も途切れる中継で
なかなか試合全体、選手の流れを追うのは難しかった。
前半は面白くないながらもそれなりに拮抗した出来だったと思う。
でもシュートはぜんぜん打ててないよね。
相手の方が決定的な場面は多かった。
シュートミスとレノの好セーブでしのぎ切った。
裏を取られ過ぎなんだよ。軽いし。
BMGは組織としてちゃんとチーム全体が合意の下で動いているのが分かる。
今の成績はフロックじゃないし、しっかりした継続性がある。

トプラクはグリッペだと実況が言っていた。
そしてチョイスするのは若いシュバーブなのね。
2週間前は、残り数分でも機会をもらっていたマヌーを
この状況で使わないというのは正直ショックだった。
じゃあ一体いつ、どこで、どういう時に使うんだろう?
さすがに、このチームに、ではなくこの監督の下にいるのは
良くないかもという気持になったが
多分、監督の方が早くいなくなると思うのでっ、
短気を起こさないでいただきたい。
でも我慢しろってのもそろそろ限界かもね。うう。

私はいつだって、いい試合をしたら自分のこれまでの意見なんて
まるっと撤回してかまわないと思ってる。
フジのネガティブ解説コンビじゃあるまいし、
自分の考えを補足するようなシーンのみをことさら取り上げて
「ほら言ったとおりでしょう」なんて自説の正しさを主張しようなんて思ってない。

でもっ。

やっぱ私はドゥットの妄想にこれ以上つきあうのはイヤ!

伏線はすでに張られていたのだ。
前半の終了間際にバラックがイエローをもらったことで。
これでさらに好都合な理由が出来ちゃったなと。

後半が始まって、ものの10分の間に、
いったいどんな劇的な状況が、
ピッチの上で起こっていたというのだろう。
わずか1点の差で勝っているアウエーのチームが、
相手より先に動かねばいけない理由は何だろう。
同じポジションの選手を入れ替えて、
いったいこの先の展開をどうしようと思っているんだろう。

ピッチサイドにいて、試合の空気や匂いを嗅ぎとる感覚がないのなら
家でプレステでもやってろっての。

CLの日程は変わらないし、
バラックの年齢が35歳であるという事実も変わらない。
その二つをポンと入れてチンすれば、バラックは60分で交代の出来上がりだ。

でも今やフィールドプレイヤーで35歳なんて、
節制の仕方、メンテ一つで
ぜんぜん現役として問題ない年齢であるということは
今季のいろいろなリーグで、いろいろな選手が
体で証明しているじゃないか。

60分という、あらかじめ決められている時間に
試合の流れとリンクしない選手交代をすることは
交代させられる二人の選手に対しても、
ピッチにいる選手たちに対しても、
もやもやとした釈然としない思いを残すのではないだろうか。
意味を持たない采配でも、試合は生モノだから、
何かしらの影響は受けてしまう。

そしてこれは以前もう学習済みのはずだと思っていたが
ピッチの中央で広い視野でボールを捌き選手を動かしていた選手が
特に理由もなく下げられたあとに、
バイヤーは追いつかれ、さらに引き離された。

これって下げられたバラックにも
代わって入ってきたロルフェスにも
すっごく失礼じゃない?

監督は自分の采配について、試合のない日にどういう説明をしているんだろう。
メッセージ性のない交代が、選手に与える影響ってなんだろう。
それでも、それが当たったのであれば
自分の持っている知識を超えた、
深い戦術眼に基づいた采配なのだと一目置かれて、
信じて動こうということになるかもしれないが、
裏目に出た日には、どうしたらいいの。
対応できない選手が悪いって言われても
受け入れなければならないの?

ピッチサイドで大きな声を出していても、
あなたが何を思って、どう違うから苛立っているのかが、
私にはさっぱり分からない。
守りたいのか攻撃したいのか、それすらも。

幸い、シュールレの個人技に近いようなゴールで
バイヤーは終盤に追いつくことが出来た。
できればガッツポーズなんてしてないで
とっととボールを拾ってセンターサークルに戻ってほしかったが
ピッチに下げられたバラックがいち早く飛び出して
シュールレとがっちり喜んだという絵がカメラでちゃんと抜かれたので
良しとしましょう。

今あらためてキッカーのティッカーを見てみたら
知らん間にカストロがレッドで退場になっていた。
シュタルクの野郎~。
頼むからもう笛を吹きに来ないでくれ。

また文句ばっかりになっちゃった。
ベンダーの成長が私の今の楽しみ。
彼くらいボールに対して執念深く絡んでいく粘り強さが
センターの二人に欲しいと思う。
なんであんたたちは自分の脇を通り過ぎたらもうおしまいなんだよ。
ボールがゴールに入っていない以上、仕事は終わっちゃいないんだ。
あ、またやっぱり怒ってしまった。
こんな風に試合見てても面白くないよ!!!
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン ミヒャエル・バラック

01:44  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1953-c08bc215

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |