2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.10.24 (Mon)

1112-2BL#12 カールスルーエ対ボーフム

前後してますが、金曜ゲームちゃんと見ましたよ。

ボーフムの試合を見るのは2試合ぶりだ。
ベルクマン体勢になってインゴルシュタット戦では派手なスコアで勝ち、
フランクフルト戦は点が取れずに負けた。
どちらも見ていないのだが、reisさんの感触ではかなりボーフム、イイらしい。

今日も仮眠をとったがちゃんと目覚ましかけて起きた。
ミムンが膝を怪我していて出れないことは分かっていた。

立ち上がりはバタバタとして、
守備面でもおよそ改善されているようには見えなかったが、
開始5分までに決定機が3つと、
攻撃面ではこれまで見られなかったシャープさが出てきている。
右、左からのクロスの制度も、今までにない鋭さと正確さ。
あと僅かだっただけに決めておきたいところだった。

ボーフム、徐々にリズムが出てきた。
攻撃時のテンポの良さや、走りだす位置の良さ、
選手の散らばり方や連動性に驚く。
普通にサッカーしてんじゃん。
いや、ちょっと前までは、これくらいの試合、いい時はしてたよな。
やっと混乱から脱したという感じか。

フライヤ、試合開始直後の接触によるダメージがかなり大きかったようで
早々に交代になった。
うう好調を維持しているフライヤがいなくなるのはでかい。
(結局、右足のSprunggelenkの裂傷のようで長くかかるみたい。おおおおい)
13分にギンチェクが入る。
ワントップからツートップ気味になったのかな。
乾選手が真ん中から左に移ったように見える。

ボーフムのバックパスが多いのは相変わらずなんだが、
ボールスピードとはっきりしたプレーで、
以前よりは危ない雰囲気が減ってるようだ。
やっぱり変わったなあ。
不景気で不安げでおどおどと自信のないぼんやりした雰囲気が
なくなっただけでかなり違う。

カールスルーエのミスも多いが、双方それなりに試合として見られるレベル。
カールスルーエには私がちょっと気になっているクレブスと言う選手がいる。
以前はハノーファーにいて、ボーフムとの試合で初めて見て、
ミムンに似た目を引くプレーをしてたのだ。
その後はこのチームに移ってなかなか試合で見る機会がなかった。
最初はコーナーを蹴る時くらいしか分からなかったが、
気付くと前線に絡むプレーをしているみたい。
もう一人、見覚えのあるのはヤシビリ。
この人はいつも病院から抜け出してきたような感じなんだよねー。
白いユニだとなお一層、そうとしか見えなくなる。
でもプレーはかなり危険。ボーフムの痛いところをガシガシ攻めてくる。

1011-2-12-2.jpg

クラマー、ボランチの位置でぐんぐん表情が力強くなっている。
頼もしいな。
カバーする範囲も広いし、ヨハンソンよりもずっといいじゃん。

1112-2-12-3.jpg

驚いたことに、マルも心なしか輪郭がシャープになっている。
ダメダメな時のマルは膨張して見えるんだよね。
今日のマルはピシッとして、前季の力強さを思い出す雰囲気だ。

フェデリコが続けてスタメンを取れているのも、納得できるようなプレー。
こんなにキレがある選手だったっけ?
大きなサイドチェンジのパスが華麗に通った時は目を疑ってしまった。

ここまでの闘いは一体何だったんだと思うくらい、
まともなボーフム。
いや初戦はこれくらいやってたか?

しかーし。
ボーフム決定機が山ほどあるのに、
あとほんの僅かのところで決めきれない!!!!
開始の3つの決定機の後も、テセのミドルシュート、
ダブロのこぼれ球からのシュート、
どれも決まっていていいものばかり。

相手へ与えるコーナーの多さが気になるが、
今のところは、こぼれ球からピンチになるようなシーンは無い。
オフサイドも、まこれはたまたま取れたという感じが多い。
前半終了間際の相手の波状攻撃でバタつくも、
ボールへの意識を切らさずに最後まで集中して冷静に対応。
今までだったらパニクってやたらに動いてピンチを招くやつと
動けないでピンチを防げないヤツが、
ルーテの前で邪魔をしている、という状況だったのに。
何をどうするとこんなに変わるんでしょね。
ルーテも今日はいつもほどの忙しさは無いが
ここぞという場面でがっちり反応。ホントにエライ。

前半終了、クラマーちゃんがオトコらしい素敵な表情で下がる。
バイヤーにいたら、ロルの後がまでベンダーとコンビが組めたかもナア。

後半、乾は真ん中にポジション移したか?
サイドよりボール触る回数が増えるし、やりやすいんだろうな。
ボーフムでこんなシーン久しぶり、
つかこんなにキッカーの位置に集まってることなんてあったか?(笑)

1011-2-12-1.jpg

こんなにサッカーらしいチャンスが増えているなんて、
変われば変わるもんだ。
相変わらず右からの攻撃が多いのはなんでだろうか。
あとは結果が欲しい~~。
互角なだけに、この試合はモノにしなくちゃいけないだろう。
テセにしても、今までより格段にチャンスは増えているはず。
頼むから決めてくれ。
71分ごろか、乾に続いてテセと、
どうしてそれが決められないんだ!な最大の決定機を
2人続けてキーパーに止められる。
こんな大チャンスを無駄にしたらあとで泣くぞ!

ダブロに替えて、トスキ投入。
彼も怪我しててずっと出れなかったもんなー。
久々の実戦でまだ体は動いてなさそうだ。
遅れてファウルになるシーンも多いが、徐々にフィットさせてってほしい。

残り15分になって相手がまた盛り返してきた。
が、ミスや決定機の精度の甘さで助かっている。
ただ紙がかなり出てるのでファウルには気を付けないと。
双方ギリギリの攻防が続く。
ミスしたら終わりな緊張感。
プレーがファウルで止まることが増えている。
ボーフム、ここまでで一番のピンチ!!
決まって同然のチャンスに外してくれて助かった!
監督も全身で地面に突っ伏している。
ってクレブスかよーーー!
うううクレブスもこういうところで決めきれないから伸び悩んでるんだろうなあ。

あと5分。
そろそろ3ポイントより現実的に1ポイントをもちかえることを
考えないといけないのかも。
乾選手ここでアウト。ってシンキが戻ってきたー。
どこに入るんだろう、不安だなあ、って言ってる間に絡んできて何だか危ない。
絶対このノリにシンキ入って行けないと思う。

お互いピンチとチャンスがありながら、
そのまま試合終了。
山ほどあった超決定機を確実に決められなかったのが痛すぎる。
勝てた試合だよ!
って向こうも思ってるんだろうなあ。

なんにしても、
ボーフムは確実にイイ方向へ向かっているということだけははっきり分かった。
いや、もともとこれくらいはできるんだよ。
フンケルの何やりたいのか分かんないサッカーで
方向を見失って自信を喪失して、
でたらめばかりやっててお客さんにも逃げられた。
今シーズン、昇格することは難しいと思うけど、
こういうサッカーをしていれば、
少なくともお客さんは戻ってくると思うのよ。

とはいえ
フライヤーの長期離脱は大きな痛手だ。
少なくとも、ここまでボーフムのダメージを最小限に留め、
上昇の軌道に乗せるように引っ張っていったのは
フライヤーの力も大きい。
若い子ばかりになったボーフムにあって経験値の高さもチームを助けてると思う。

怪我人がジミに行ったり来たりしてる中で、
ボーフムがここからどこまで這いあがれるか、
前向きな気持ちでまだまだ応援していくよ。
ミムンも頑張れー!!!

明日の夜はポカールの2回戦。
相手チームの監督は、降格したシーズンに監督をやってたヘアリッヒ。
へアリッヒも若手を優先して起用し、自分の頭の策にこだわって、
ボーフムの流れを読み間違い、立て直すどころかでたらめ采配で
さらにボーフムを追い込んだ監督だった。
ミムンのような読めない選手は使い方が難しいので使わないで干した。
そういうことは執念深く覚えてるんですの。
リーグ戦への弾みをつけるために、
この試合もしっかり使ってチームの力を上げてってほしい。
頼むよベルクマン!
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ボーフム カールスルーエ

21:40  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

Comment

カールスルーエって、見れる時にちゃんと見てなくって、後悔してるチームの中でも1番のチーム。
95年くらいだったかな?
当時、ブンデスリーガをBS-2で放送してて、結構見てたんだけど、
当時のカールスルーエってトーマス・ヘスラーが所属してたから、一番のお気に入りだったんだけど
今ほど、情報もなかったし、自分もサッカー見始めてすぐだったから、知識全然なくって
ヘスラー以外知らないんだよなぁ・・・
その当時、サッカー見てたって記憶はあるんだけど、見てた以外の記憶がほとんどない(´Д` )

で、次にブンデス見た時には、すでに2部に居たしorz

そんなわけで、もっとも1部復帰してほしいチームなんだけど、それは当分先のようだね(´Д` )

って、毎度毎度、自分の話ばっかりでごめんなさい(´Д` )
かめ。 |  2011.10.25(火) 00:13 | URL |  【編集】

こんにちは。この試合は現地で見てました。ボーフムは前半の早い時間に相手が混乱しているうちに先制したかったですね。両チームの選手の中で乾のうまさは際立って見えましたが、なぜシュートが決まらないのでしょう。前の試合でも決定機をのがしていた気がします。ちょっと残念です。
reis |  2011.10.25(火) 00:16 | URL |  【編集】

かめ。さん

ブンデスBSでやってたんですね。
そういう私が知らない時のことを聞くのは楽しいですよ。
へスラーは現役の最後の方を僅かに見ただけなので、
全盛期のプレーを見てみたい選手です。
こないだドイツ代表の試合前セレモニーで、
キルステンやマテウスと一緒に出てましたよね?

カールスルーエ、ハイナルがいた時は面白かったような記憶が。
でもまた戻ってくるのはまだ先かもしれませんね。
私はあそこのイノシシのマスコットがお気に入りです。

reisさん

わー嬉しい!!
ドイツからコメントありがとうございます!
まだまだ満喫中ですよね。

この試合、勝ちたかったですね。
あれだけの決定機を逃すなんて、もったいなさすぎます。
でも内容としては面白かったんじゃないでしょうか。
次のアーヘン戦も観戦予定ですか?

帰って来てからのレポ楽しみにしてます~!
のもん |  2011.10.26(水) 00:08 | URL |  【編集】

前・前々節の試合の流れから、そして相手は下位ということもあり、この試合に「快勝」ぐらいのものを期待してたので、私はのもんさんとは逆に、観終えて結構落胆してしまいました。「相変わらず精度は低いし、連携も『なっていない』」と思いました。クラーマとマルトリッツ以外は4点以下をあげたいです(自社比)。特に決定機を外した東洋のツートップは「戦犯」扱いされてもおかしくないでしょう。テセ選手はゴールへの意識が強く周りが見えていなかった、のか分かりませんが、パスという選択肢をとらなかったのは残念に思いました。乾選手は・・・、考えたのですが、乾選手は足元?やパスはうまくても1対1の場面などで相手をドリブルなどで抜くのは苦手なのかな、と。或いは足があまり早くなく、切り返したら追いつかれる、とか判断したのでしょうか。うまい選手が立て続けに素直に打って止められたために、すごく不思議に感じました。
コプリンは(贔屓にしてる選手なので全力で擁護したいのですが)・・・、まあ可もなく不可もなく、でもどちらかといえば不可のほうが多い、そんな感じでした(笑)。フライヤーのプレーが見れなくなるのは少々寂しいですね。相性の良い乾選手のプレーに悪い影響がなければいいのですが。
二度ほどあったPA近くのFKの場面で、テセ選手を除き、「そのシチュエーション」ではあまり見慣れない面々が蹴る気満々(を装う?)なのを見て、少しおかしさが込みあげてきました(笑)。
昨シーズンに無敗を続けてた時も、このような試合を幾多かして、しかし試合終了直前にゴールを決めたりなんかして、勝ちを拾っていた記憶があるのですが、今シーズンは風向きが違うのか、なかなか勝ち点を伸ばせません。まあ、悪いときはこんなものなんでしょうね
そして昨晩のカップ戦。久々の快勝でしたね。テセ、ギンチェクと試合全般を通してあまりいいところのなかった両ストライカーがゴールを決めれてよかったです。特にテセ選手は最後にやっとという感じで、これで肩の荷も少々取れたのではないか、と思っています。
そしてなんといってもコプリンです(笑)。久々に得点に絡めて、嬉しいったらありません。「もしかして初ゴール見れちゃうの!?」ぐらいの勢いでしたが、まあアシストでも充分に嬉しかったです。あのプレーからアグレッシヴさも戻ったように見えて、感涙にむせぶほど(形容)嬉しかったです。
最後に試合がある度に律儀なまでに「コメント」して、少々ウザいかなと心配してたのですが(爆)、レポを楽しみにしてると仰っていただいてホッとしています。木にも登る想いですが、なかなか日本語が上達せず、読み辛くてすみません(生粋の日本人ですが/爆)。私の文章力が上がるか、ボーフムの順位が上がるか、競争ですね。
(だんだんカオティックになってるのでこの辺で終わりにします/笑)。
masa |  2011.10.26(水) 23:03 | URL |  【編集】

masaさん

お返事遅れてすみません。
毎度masaさんにしか書けない文章、堪能しておりますよ。
休まず続けて見ていたmasaさんからすれば、
むしろこの試合は取ってしかるべきものだったんでしょう。
本当に、ボーフムは他にどこで取ったらいいのやら。
(今日は落とせない)
テセと乾の決定機は、たしかに戦犯モノでした(涙)
あんな状況に辿りつくまで、
ボーフムは他のチームよりもよっぽど努力と運が重ならなければありえないのに。
「次」なんて永遠に来ないくらいの気合いで決めてくれないと困りますね。
コプリンは、いい意味で図太い感じがするので、
きっとマイペースに調子を整えていくのではと思っています。
だてにバイエルンユース出身ではないはず。

ポカルは2時という時間にひるんで寝てしまいました。
masaさんエライ。
翌日スコアを見て、ギンとテセがゴールしたのを知り、
二人とも練習試合と勘違いしたんじゃなかろうかと。
この勢いが次に続くかどうかは未知数ですが、
(テセのハットの勢いはそのままどこへ行ってしまったの)
アーヘン相手に落としていたら、
本気でまた降格を心配する羽目になりそうなので、
きっちり勝ち点3をモノにしてほしいです。

で。
ボーフムが1時で、バイヤーが3時半って今日になって気がつくワタシ。
しかも両方とも監督古巣対決。
どうしろと。
のもん |  2011.10.28(金) 21:46 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1959-ccb84225

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |