2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.10.24 (Mon)

1112BL#10 レバークーゼン対シャルケ

ネットでバイヤー対シャルケ見てました。
うっしーなんで怪我なんてしてんだよっ。←八当たり

なんなのあの審判っ。
どうでもいい笛は吹くくせに、
状況が変わりそうなところで流すってどういうの。
せっかく拮抗したいい試合だったのに。
笛を吹いてぶち壊しにしたくないなんてチキンな対応が
笛を吹かないことでぶち壊しにしていることに気が付けよ!

であっても。
コーナーキックでかなりの人数が敵陣に集まっているところで
こぼれ球の競り合いで負けて取られてカウンターってもう
誰だよ転んでるやつはっ。
そこは何があっても相手を行かせちゃいけないところなのに。
ボーフムがよくやるようなまぬけな失点。
ジョーンズに2枚目が出なくて平常心が保てない状況だったとはいえ、
その一番危ない瞬間に勝てないようなメンタルとフィジカルではイカン。

今日の課題は完封だったんだけどな。私の中では。

マヌーがスタメンで(前の試合見てれば当たり前だよな)
バイヤーの守備もかなり安定してて
バラック、ベンダー、ロルフェスが今日もいい仕事してて
キースがトップで体を張って、
(ジョーンズに壊されるかと思った)
今日は普通に試合楽しめそう、でメモも取らずに
不安定な中継を探しながら集中して見てたんだよね。
シュートチャンスの少なさから、もしかしたら勝てないかもしれないとは思ったが
でも負けるとは思ってなかったんだよっ。

むかつくー。

気になったのは、采配ですね。
バラック60分で交代のいつもの戦術を封印されると
この監督は他に打つ手がないのか?
マヌーをスタメンにして、特に問題が何もないので替える必然性はないし。
確かに拮抗していて動きにくいというのはあるかもしれないが
残り10分になったら、いい加減なんかしらアクションを起こしてくれないと、
何考えてんのか分かんない。
え、もしかして何も考えてないの?とかと思っちゃう。
バレンシア戦ではウナイ・エメリに対抗してあんなに暴れていたのに、
今日は随分大人しかったなあ。
せめて主審に対して文句言うくらいのパフォーマンスがあってもいいんでは。
まデルが怪我しててカストロは謹慎で、
自分がやりたいことに対応する選手がいないのかもしんないが
ベンチの選手も負けてる状況で使ってもらえないと
信頼されてないのかと思わないかしらん。

なんだかなー、最後にすごい消化不良で終わってしまった。

来週はミッドウィークにポカールの2回戦があるんだよね。
バイヤーは関係ないから
いっぱい練習していっぱいコミュニケーションを取って
次の試合はちゃんと勝てよなっ。
(あっ古巣対決だ!)
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン シャルケ

01:12  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1960-633e1608

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |