2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.10.29 (Sat)

1112-2BL#13 ボーフム対アーヘン

EXトレーナー・フンケルとの対戦です。
下位に沈むアーヘン相手に落とすわけにはいきません。
アウアーはもしドリッテに落ちたらどうするのだろうか。

開始早々、ゴール前まで突っ込んでいくコプリン。
今日も彼は強気のマイペース。
マティアスがドンちゃん(ここにいたのねオドンコール)との接触で
いつまでも起きずに慌てたが無事にピッチに戻って来た。良かった。
ベニヒがまだ怪我をしてるので、欠くわけにはいかんのよ。
双方、まっすぐぶつかるだけのような試合展開。
大味な試合ではあるが、選手の表情は緊張感がある。

1112-2-13-1.jpg

マルの目がはっきり見えるし、顔つきもシャープ。
こういう時は大丈夫なんだよねえ。

今日もネットの中継は、決定的なシーンになると止まる。
乾とダブロが重なったのか、
お互い何か言いあったシーンもちょうどその瞬間が止まっており、
何があったのかさっぱり分かんなかった。

ボーフムはカウンター狙いが一番効きそうな感じだ。
アーヘンの方が攻め込んできているがボーフムは落ち着いて対応している。
相変わらず攻撃が右に偏っているのは、ホントどうしてそうなるのかなあ。
チャンスはそれなりにできているのだが
最後をもっと丁寧にやれば活かせるのに、そこで粘りが足りないのだ。
トラップが一つ余分だったり、競り合いで負けたり。
乾選手がだいぶ下がった位置にまで戻ってボールをもらいにきているようだ。
何度目かのアーヘンの攻撃をしのぎ、こちらも何度目かのカウンター。
自陣からのパスを受けて乾がドリブルで仕掛ける。
相手を上手くかわして抜けるところまではバッチリだったのに、
最後のシュートで枠を外す。
おいおいおいおいおい!!!!もう何度目だよ!
こういうところで外すからコーチに一言いわれちゃうんだよー!

1112-2-13-2.jpg

と叫んでいたら次のチャンスでゴールを決めた。
もちろんこのゴールシーンは映像が止まって見れなかったがな!!
何度目かのハイライトでようやく確認できたところ、
中央の渋滞した中でうまいことギンが体をいなしながらボールを落としてるんだよね。
そこへ後方から走り込んだ乾がワントラップしてドカンとシュート。
これが綺麗に決まった。
さっきの決定機のダメージを引きずる前に無かったことにして良かったよ!!!

1112-2-13-7.jpg

あとから別の中継のハイライトで出たガッツポーズの映像。
なんでか右にパウリのドクロマークw

1112-2-13-10.jpg

直後の相手の攻撃を何とかかわし、やっと息をついて後ろでボールを回すボーフム
たまに縦パス、それがカットされてもまたボールを自分たちで取れている。
が、終了直前にロングで放り込まれたボールからのアーヘンの攻撃は、
ギリギリのオフサイドで助かった。
その後またボーフムは人数を厚くして攻める。
乾がフリーで受けているのに、ミドルシュートを淡白に上にぶっぱなす。
何だそれは。集中してないなあ。

なんとか前半、そのままのスコアで逃げ切る。

後半開始。
後方からテセにぴたりと合ったボールを、相手と競り合いつつもモノにできない。
フリーでいつでもボールが来るなんてことはないのだから、
1:1の状況で何とか踏ん張ってほしいんだよなあ。
そのプレーが頭に残っていたのか、
今度は守備でボールをこねすぎて相手に奪われカウンターをくらう。
ルーテのセーブで何とかなったが危なすぎる。

依然として相手の方がチャンスは多い気がするが、
ボーフムはクリアしたボールもちゃんと味方が受けられていて、
昔のようなただいい加減に蹴り飛ばして相手に渡すようなシーンは本当に減った。
それだけのことで、試合を落ち着かせることはできるのだ。

乾選手はかなり下がった位置でボールを受けてる感じ。
ボランチはクラマーとダブロといるんだけど、
プレッシャーのあまりかからない位置にうまく入って、
視野の広いボールを出せているように見える。
ボーフム、今日はスルーパスを出す確率がとても高くてドキドキする。
上手く通ればかなり大きなチャンスになりそうなのだ。
やろうとしている形は間違ってない。

しかしボーフムの守備がちょっと遅れてきているような気がする。
目測を誤ったり、あと1歩の寄せが足りなかったり。
ルーテがにわかに忙しくなってきて味方に怒りだす。
何とかこの状態の中で、ボーフムは追加点が欲しいんだけど。
根競べのような胃の痛くなる展開だ。
60分あたりからはメモもあぶねえあぶねえばかり連続してる。
フェデリコに替えてアイディン。
フェデリコもよく絡んではいたと思うが、前のリーグ戦の方が動きがよかった気がする。
アイディンもかなり下がってもらいに来る。
裏を抜けたアーヘンの選手と1:1の状況は、
ルーテがいち早く飛び出して丁寧にカットした。
あああああぶうううねえええええ。
乾もよくついてカバーに入ってた。

今日は絶対勝たないとまずいのに。
いい加減、追加点入れてくれよ。
ボーフムはやみくもに蹴るのでなく、
ちゃんと周りを見て確認してから出すようになってミスが減ってる。
ってこんなことをことさら言わねばならないほど、
前のボーフムはでたらめでしたのよ。
コプリンは今日はもう前に後ろに動く動く。
ちょっとスタメン取れないでいた時期もあったけど
堂々としたプレーだ。
きっと彼は図太いんだと思う。

77分、ギンが交代で、ミムンが入ってきた!!!
ミムン、ベンチに入ってたのか!
直前のキッカーの予想には、膝の怪我でベンチ入りもないと書いてあったのだ。
でもきっとまだまだ微妙なんだろうな。
短い時間の中で、フィットさせつつ、少しでも力になる動きが見せられればいいが。
たまにボールを触ってもまだ動きは固そうだ。
球離れもあまり良くなくて、テンポを少し乱してしまうようだ。
それでも広範囲を動くようにしているみたい。
1度ワンツーを試みるも、相手にカットされて通らず。
残ったテセも意地を見せようとしてるんだろうが、
結局囲まれて奪われる、というシーンが多い。
ボーフムはテセに替えてシンキ。
さらにデンジャーな交代です。あまり絡まないでもいいからねシンキ。
クラマーちゃんは疲れているようだが、最後まで粘って守備に頑張っている。
全体にボーフムは運動量が落ちて、足が止まりだしているようだ。
ルーテが味方に激を飛ばすシーンが増えまくっている。
ここを踏ん張らないと勝てないぞ!でスタジアムの声援が厚くなる。
逃げ切ってくれ頼むから!
フィニッシュまで行けなくても、時間をかけて相手を追いまわすしかない。
ボーフムはゴール前で接触を受けたのか、一人倒れている。
ボールは一時相手陣内に向かうも、また戻って来る。
主審は試合を止めず、一番マズイ状況。
ボーフムってこうやって転がってる選手がいると、
そっちが気になって集中が切れるんだよ!!
案の定、攻め込む相手に遅れて入ったルーテの足が当たって、
この期に及んでPKだ。
もう絶望的な展開。
ロスタイムにこれかよ!!!

いくらなんでも、とガクリとしていたが
これをルーテ、ちゃんと止めたのだ。
弾いてエッケに。
うそだああああああああ。
止めたルーテのこのどや顔。
どうよおれ、どうよ。いや、まあ、ねえ・・・。

1112-2-13-3.jpg

続くエッケもなんとかクリア!
カウンターは上手くいかなかったが慌てず時間を使ってほしいボーフム。

試合終了。
1-0で勝利!!
もおおおおおお本当にボーフムの試合は寿命が縮まる!!!

1112-2-13-5.jpg

やれやれ。

味方達で勝利を喜びあい、監督コーチと抱き合って、
久々にホームはとてもいい雰囲気。
そんで、しばらく他の中継をさがしていたらこんなシーンが。
ボーフムの選手たちが次々、フンケルと笑顔でハグしてんだよね。
チームは最悪の状態だったけど、選手たちと監督の間はいい関係があったんだな。
なんかグッと来てしまったよ。

1112-2-13-6.jpg

そして久しぶりにゴール裏の熱いサポたちに挨拶。
ルーテは呼ばれて金網によじ登って答えていた。
サポに向き合って一列に並んでる映像も、しばらく見ていなかったなあ。
マルは子供たちを連れてきてたみたい。みんな女の子か?

1112-2-13-8.jpg

そういやちょっと前の試合でフライヤーが子供たち連れてきてた画像があったんだよね。
5人姉妹なの。笑っちゃったよー。

子だくさん
(今日の試合と関係ありません)

インタビューを受けてたアウアー。

1112-2-13-9.jpg

カッコいいじゃないのキャプテン。
ミムンと言葉は交わしただろうか。

最後はMOMの活躍だったルーテさんの表情で〆ます。

1112-2-13-11.jpg

やーまいったまいった。
ってこっちもだよ!
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ボーフム ミムン・アザウアク 乾貴士 アーヘン

17:22  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

フライヤー選手の画像、かわい過ぎです

残り5分で何かが起きるボーフム劇場、今回は初めてバッドエンディングになるのかと思いました。ルーテのPK阻止率は「異常」で、でも今回はさすがにダメだろうと、そして「雰囲気的」にもフンケルとの古巣対決ということで、痛み分けが一番ありがちなパターンだと思い、心の準備をしていた、いや、あまりにもモッタイナさ過ぎて準備も出来ず、祈る気にもなれず、ただただゴールマウスがあけられるのを眺めていたのですが・・、いやはや「ルーテ、お前って奴は」って感じでした。「どや顔」してる間にCKで点決められたらどうしようかと思いましたが(笑)。
しかし、それよりも何よりも選手の変化・成長が見てとれ、チームが確実に進化を遂げているのを見て、私は興奮・感動してしまいました。先制してからも気持ちが守りに入ってなかったし浮き足立つこともなかった。間違いなく今季ベストゲームであったし、「面白さ」という点では私がボーフムの試合を観初めて以来一番でした(※個人の感想です)。なのでのもんさんが普段と変わらず素でレポートしてるのを見て、けっこう温度差を感じてしまいました(笑)。
オスチョレック、いままでは守りのプレーに終始していた感がありましたが、積極的にクロスをあげたりしていて良かったです。その姿勢からまた何かを得るはずです。コプリンは完全に復調した感じですね。落ち着き・闘志・集中力の高さを感じました。ギンチェクとのワンツーでうまく抜け出せていれば得点のチャンスという惜しいシーンもありました。
ダブロはいつの間にか前線の危険な選手と化していましたね(笑)。ただ慣れてないせいか、ギンチェクにパスしてれば1点ものを自分で打ってしまいましたが(爆)。テセ選手は自分で打っても決まらないし、ならばパスしようと横をチラッと見た瞬間に相手に追いつかれるしで、体育座りしてる背中に哀愁を感じました(笑)。ただ表情は明るかっただけに大丈夫だと思います(何が)。
アイディンとシンキが入った場面、良かったフェデリコを替えるなど正直不安を感じましたが(「今のボーフムは君達が出てた時とレベルが違うぞ?大丈夫か?」みたいな/笑)二人とも無難にこなしていてよかったです。
審判もシミュレーションを取らずに流しててすごく良かったと思います。ただ乾選手へのイエローは侮辱行為と取ったのか、少々厳しかったと思ったのと、最後のほうで乾選手が起き上がれず倒れてた場面でタイミングを逸して試合を止めなかったのはマイナスでした。あ、乾選手とダブロの件は、お互いの意図が違っていただけですね。ダブロがパスしたところに乾選手は居なかったという。
相手のアーヘンもミスも少ないし、降格するようなことはない、いいチームだと思いました。少なくともインゴルやスルーエよりかは(爆)。私はフンケルに悪い感情は何もないし、ボーフムのチーム力が上がったのは、乾選手の加入とレギュラー陣が戻ってきた、そのタイミングに偶々監督か変わったからであって、フンケルのせいではないと思ってます。ただ策がなかったのは多少同意しますが(笑)。
masa |  2011.10.30(日) 23:46 | URL |  【編集】

masaさん

いやもうまさかPK止めて勝つとは思いませんでしたよ。
私もその後でエッケでヤラれて叩き落とされるパターンだと覚悟しました。
大丈夫だったのが不思議だ。
ルーテのおかげで、ボーフムはまた前向きな自信を少し取り戻せたかもしれません。

コプリンは元に戻りましたね。
私がかつて半年サボっていたあとで
最初に見たボーフムの試合で驚いたのがコプリンだったのを思い出しました。
最終ラインでボールを持っているのにテンパっていないなんて、ボーフムでは奇跡でした。
彼はまたここからグンと伸びる軌道に乗っていくでしょう。今度こそ。
マティアスも頑張れ!

>「今のボーフムは君達が出てた時とレベルが違うぞ?大丈夫か?」みたいな/笑

鋭いな(笑)
シンキはちょっと怪我してる間にまったく違うチームになっちゃいましたよね。
ミスしたらマズイ、チームで浮く、くらい真剣に焦ってほしいですね。

フンケルに悪い感情がないのは、いいんじゃないでしょうか。
彼だって力があるからこそ、すぐに次の就職先が決まったんだと思います。
まあ私は彼の顔が好きなので、その分だけ憎みきれません(笑)
チームの調子とタイミングで、割を食う監督というのはいますからね。
フンケルはアーヘンを降格させない程度に頑張ってほしいと思います。
アウアーが泣くのはイヤなの。

フライヤーの画像いいでしょう。
みんなで並んでくれないかなあ。
きっと同じ顔が6つ並ぶんでしょうね。
女の子なのに。
のもん |  2011.11.02(水) 01:52 | URL |  【編集】

この試合、私はバックスタンドで見ていたのですが、周りの人たち熱かったですね。ゴール裏以外はスカスカなイメージを想像していたらそうでもなかったです。メインと反対側のゴール裏はほとんど人がいませんでしたが。
試合を見ていて感じたのは、フェデリコがシーズン開幕した頃と見違えるほど機能していたということ。乾をサイドに置くのはやはり難しいのではないかということ。あと、アウアーは敵にするといやらしい動きをする選手だなということでしょうか。この試合は私がはじめてボーフムの試合を見たときのような感動を得られた試合で、本当に見に行ってよかったなと思いました。
reis |  2011.11.03(木) 02:26 | URL |  【編集】

reisさん

いい試合を見れましたね。
最初の感動を思い出したなんて、最高の感想じゃないですか!
ネットで追いながら、現地はどんな雰囲気なのかとじーんとしていました。
ゴール裏でジャンプする選手たちを生で見れたんですよねー。
お客さん、戻ってきてますか。
やはり試合内容が以前よりもずっといいですからね。
もっと増えていくといいですね。

フェデリコ、まったく違う選手みたいです。
今は試合の中にしっかり組み込まれているように見えます。
乾選手はやはりセンターの方が生きますね。
この試合はかなり下がり目でしたけど、
それくらい極端になっても自分のエリアを確保すれば、
パスやドリブルに余裕が出来て、気の効いたプレーが出る機会も増えているように見えます。
あとは前がしっかり決めることかな。
のもん |  2011.11.03(木) 23:58 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1963-ab86fd6f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |