2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2011.11.06 (Sun)

マラソンは途中離脱するも、完走

21時からボーフム、
23時半からニュルンベルク、はこのまま起きていると死にそうだったので
マーカスの交代とともに0時半ごろ仮眠へ突入。
2時半からバイヤー。
起きてニュルンベルクの結果を確認したら非常に悲しいことになっていました。
あのチームはいい試合をしながら、結果を残せず苦しんでいて切ない。

無事にバイヤーの試合を最後まで見て、
今は何というか大変腹立たしい状態になっており辛いです。
私も現地の堪え性の無いサポと一緒になって
ピッチに向かってブーイングしたい気分です。
交代で入ってきた二人の不景気な淡白さが私の神経を逆なでする!!!
私がベンダーだったら、デルディヨクを後ろから飛び蹴りで吹っ飛ばす。

なんでこう上手くいかないのかと、もやもやもやもやしっぱなしです。
90分集中して走りまわって体を張ってる選手の頑張りが報われなさすぎる。
スタメンでベストメンバーをそろえることが出来ても
それだけでは早晩失速することは目に見えている。
昨シーズン2位に入れたのは、
ハインケスが意識的にメンバーをローテーションしてきたからだ。
今の段階ですべて投入しているのに勝ちを拾えないのは痛すぎる。
幾度もあった決定機を無駄遣いして
いつか選手が足りなくなったり調子の悪い波が来たり疲労で頑張れなくなったりした時に
今日のドローが大きく響いてくるだろう。
つか今日みたいな試合で勝てないでどうするのだ。

バイヤーの試合を見ていて
ワクワクするシーンが前よりもグンと増えているのに
私の気になるところがそのままで、
毎回ケンカ売られてる気になって困る。
私だって文句言いながら見たくなんてないんだよ!

デルは決定機を淡白に潰すのなんとかしてくれ。
ライナーツは自信のないオーラをピッチ上に振りまくのをやめてくれ。
シュールレは90分走りきれるスタミナをつけてくれ。
監督は、最後のカードを残した意味を教えてくれ。

サムは何で交代になったんだろうか。
前半の動きは悪くなかったので、怪我とかだったりしたら困る。
ロルフェスを外すしかない戦術は、他に何かどうにかならないのだろうか。
ハインケスの時は「ローテーション」だと思える
ボランチの人の入れ替えが多くあった。
それは最終ラインの負担を同時に減らす効果があったと当時から思ってた。
今は意図や効果が見えないので、いちいち疑問を持ってしまうのかもしれないが。
じゃあどうしたらいいの、というところが私も分かんない。

さて頭が動かなくなってきました。
もう5時過ぎたので寝ます。
先週は目覚ましをかけたつもりがかけ間違えて、
気がついたら昼でした。ガクセーじゃあるまいし。
今日はそんなことのないよう気をつけよう。
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン

05:09  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1975-1e2efd62

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |