2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.11.06 (Sun)

1112BL#12 レバークーゼン対HSV

スタメンは今組めるベストメンバーと言う気がするな。
珍しく書いてみる。
レノ
カストロ・マヌー・トプラク・カドレツ
ベンダー・ロルフェス
サム・バラック・シュールレ
キースリンク
ベンチで出番がありそうなのはライナーツとデルディヨクとシュバーブ。
バリッチュは最近使われなくなっている。
スタメンでこのメンバーをそろえると、切るカードが少なくなるバイヤー。
難しいもんだ。
それでもバラックやロルフェスがベンチにいるよりは良いと思う。
レナトとバルネッタの復帰が待ち遠しい。

HSVは現在ドンジリから抜けているとはいえ油断ならない状況。
立ち上がりは双方バタバタと落ち着かない感じ。
ゴールキーパーのミスキックを拾ったサムが相手に倒されてフリーキック4分。
シュールレの蹴ったボールは壁の選手の頭に当たって方向が変わりゴールへ吸い込まれた。
運がないとはこのことだ。

前節フライブルク戦は早々に入ったゴールがあだになり、
最後はひいひい言いながら逃げ切るような試合になってしまった。
今回はこのリードを集中して守って行けるのか。
HSVの攻撃をかわしてのカウンターは
今日もバイヤーはハマりそうな雰囲気を持っている。
バラックがいい位置にいてボールを右に左に中央に捌いて落ち着かせる。
CLの手痛い敗戦の後だけど、選手たちは元気みたい。
ポジションにとらわれず中央から前は流れるように動きパスを回す。
ベンダーが敵陣ライン際まで攻め込むのももう2回も。
エッケでペナ内に入ったバイヤーの選手たちの撹拌したような動きが面白すぎて笑う。
どの選手も動きにキレがあるな。
まだHSVは序盤の失点のショックを引きずっているようだ。
この流れの中でバイヤーは追加点を入れておきたい。
シュールレがだいぶバイヤー的な動きに慣れてきたようで
走りまわってぶっ飛ばしている。
調子こいてるとあとで死ぬからペース配分も考えてくれよ。
監督がアナタを下げることはほぼ無いのだから。

いいリズム、いいテンポ、後は確実にゴールを狙うだけ。
最終ラインのカストロ、カドレツは普段と同じように前に仕掛け攻撃参加。
今日のマヌーは集中力が高く、はっきりとした守備で安定感がある。

ここでベンダーが2点目を決めた。
後方からバラックにパスを出したのは誰だったか。ロルか?
バラックが左寄りからシュートを打つもキーパーに弾かれ、
それをシュールレが拾って左ライン際からクロスを入れる。
手前に飛び込んだキースはDFもろとも潰れたが
その後ろにいたベンダーが押し込んでゴールゲット!
何人もの選手が絡んだ素晴らしいゴールだった!
この流れがレバークーゼンなんだよ!
2点目のゴールは20分。
HSVにはまだシュートが1本もない。
ハイコの辛そうな表情を見ると胸が痛む。うううううう。

ここから相手にも流れが行きそうになるも、
バイヤーは集中して跳ね返し攻撃を続ける。
ゴールになりそうな惜しいシーンも何度か。

ゴール前に入り込んだゲレーロがボールを触るよりも前から
トプラクがコンタクトしすぎてファウルをもらう。
遠めだったがフリーキックをハイコがしっかり合わせて1点を返された。
ハイコはマークを上手く外して入り込んでた。
オフサイドも取れなかった。
ちょっと涙出そうになってしまった。

バイヤーは相手に流れを渡しきらないように、続けて攻撃をしかける。
上手く気持を切り替えられているようで見ていて危なげがない。
仕掛けが失敗した後も、別の選手がボールを拾ってすぐに繋げていく。
HSVのカウンターに対しても戻りが早い。
相手も今の勢いをもっとチャンスにつなげようと必死に狙ってくるが
ギリギリのバランスでミスもまだ出てしまう。
バイヤー裏を取られて、HSVが粘りに粘ってシュートまで持っていくが大きく枠の上。
しかしその後のプレーで選手の動きについて行けずに同点弾を入れられた!
と思ったらオフサイドだった。
スローで見ると、確かにヤンセンの戻りオフサイドではあるが
ボールが出てから彼が実際に触るまでちょっとした時間があったので、
よく線審見てたなあと。助かった。
どうも裏を取られた後に、攻撃をたたみかけられると、
あわあわして危険な雰囲気がある。
修正しきれない隙を狙われて崩されそうな感じ。
トップのゲレーロは裏を取るだけでなく、
ジャンプしてマヌーの上からボールに触れてるし。
油断してると入れられそうだな。

ベンダーが相手との1:1の中で妙な倒れ方をしたのか
倒れて一度外に出された。
接触したわけではないので、力が変なところにかかったのか?
今やすっかりヴィダルの抜けた穴を埋めたベンダー。
彼がいなくなったらバイヤーはキツイ。
ここまでも使いまくっているので、
疲労がたまらないように上手くケアして
だましだましでも長く試合に出られる状態をキープしてほしい。
ベンダーはほどなく戻って来れて安堵。

圧されるシーンもあったがなんとか前半逃げ切る。
今日はとても良い試合だ。
ハーフタイムにピッチサイドに大きなテーブルを出し、
実況解説陣が討論会。
メルクさんも来てて、主審もやりづらかろうよ。
バイヤーの2点目、キースがオフサイドじゃね?な話をしてるのだろうか。
ハーフタイムだというのに4人ともでかい声で激論してます。

後半開始。
いきなり攻め込まれているバイヤー。
ライナーツがサムに替わって入っているようだ。
どういう布陣になるの!?
おわっマヌーがミスってゲレーロに攻め込まれる。
カストロがぴったりついて自由にさせず、ロルフェスが後ろからボールを奪う!
もらったライナーツが左サイドからドフリーで中央へ出したパスが
思いっきりミスで、
スタジアムのお客さんからすかさずブーイングを受けている。
こういうところがあるバイヤーサポ。
ダメと思われると容赦ないし辛抱もしない。
ま私もこの大きなチャンス台無しプレーにはイラっとしたがな。

じわじわと迫ってくるHSV。
バイヤーも堪えどころ。
絶え間ない攻撃から抜け出せず必死でしのぎまくる。
ようやくボールが左に流れ、今度はライナーツ落ち着いて相手をかわして抜き、
冷静にバラックへマイナスのクロスを出す。
バラック、フリーでシュートを打つもコース甘くGKに弾かれた。
キースはこぼれ球に反応したがオフサイド。
ここはバラック決めなきゃいけない所だった。

攻撃が行ったり来たり。
慌ただしい流れの奪い合い。
落ち着く暇がないが浮足立たないようにしたい。
次の1点がどっちに入るかで、試合が決まってしまいそうだ。
バイヤーは集中して相手にプレスをかけることでミスを誘う。
微妙なバランスのまま試合が続く。
カストロ、ボールの回転に合わせられず裏を取られ、
カバーに入ったマヌーが足を高く上げたプレーでファウルを取られる。
ここは何とか壁が飛び出してカットした。
その後のバイヤーの攻撃時だったか、
シュールレからバラックへのパスが合わず相手に取られる。
ロルフェスもカバーしきれずループのパスを通され反撃される。
トプラクが残っていてオフサイドは取れず、カストロも止めきれず、
バタバタしている間にやられてしまった。
マヌーもスピード勝負になるとちょっと辛い。
60分になる前に、バイヤーは2点のリードを追い付かれてしまった。

さてどうする。

バラックにこの微妙なピッチの空気を収めてほしい。
今はHSVの方がボールコントロール、ツヴァイカンプで優勢だ。

ええええええロル下げるんだああ。
ってもうそれしか出来ないのかなあ。うーん。
入ってきたのはデルディヨク。
これでボランチを1枚削ってツートップにするのだろうか。
しかしここまで来ても後半途中から入ってきたライナーツの位置が
さっぱりわからないんだけど。

一瞬バイヤーのテンポのいい攻撃が見られたが長く続かず
また状況は五分に。
バイヤーのセットプレーが跳ね返された後、
こぼれ球の対応で後ろに残っている選手が競り合いで負けて
カウンターを食らいそうになるがなんとか押さえた。
こないだそれで失点してるのに、同じことをやるシュールレは
もっとフィジカルを鍛えなさい。
物理的に勝てなければ守れない。
点を取っても失点につながる守備をしていては意味がない。

バラックからのスーパー極まりないパスを
デルディヨクがあっさりシュートミス。
どうしようもねえ。
ライナーツってどこにいるんだろう。ゴール前?
今度はシュールレが右からクロスをデルディヨクへ入れるも
勢い届かず手前の相手選手のところで落ちる。
怒るデル。
さっき決めてないのに切り替え早い。FWかくあるべし、なのか?

ベンダーが左から中に切れ込んで仕掛けてペナ内で倒される。
PKは取られなかった。
バラックが猛抗議するも判定はそのまま。
スローで見ると、ちょっと取るのは難しい感じに見える。
お互い攻撃しつつも精度にかける感じだ。
ゲレーロが左から仕掛けるところで足を滑らせ
詰めたトプラクとカドレツに襲われて倒れる。
あららららら、長く倒れていると思ったら、こめかみを切ってるみたいだ(大汗)
ちょっと最近また流血が多くないか~。
ゲレーロは倒れたまま治療を受け、
ぐったりと全身の力が抜けたようになって歩いて外に出た。
だ、大丈夫か。

バイヤーの攻撃はフィニッシュの精度にかかっている。
カストロのクロスに合わせられないトプラク、
枠を外しまくるシュールレ、
なんでか黄色をもらっているデルディヨク、
右からの大きなサイドチェンジを受け、
高い位置まで上がったカドレツからのマイナスのクロスを
いい加減に上へぶっ放すデルディヨク。
さっきのバラックと同じコースで入ってきてるのに、やる気ないのかよ!!
黄色をもらったことがまだ残っているのか、まったく集中できてないし。
それでもバイヤーは他の選手が休まずに流れるような攻撃を続ける。
最後だけ、最後だけなんだよ!!
しかしライナーツがどこにいるのかさっぱりわからない。
右かと思うとシュールレだったり、中央かと思うとベンダーだったり。
バラックがカドレツのミスをカバーして気合いで奪い前へとグンと加速する。
バイヤーは波状攻撃を続けるも
またライナーツが雑なプレーでパスだかシュートだか分かんない中途半端なボールを
相手に当てて跳ね返ってそれがピンチに転じる、
って出てきたと思ったらコレかよ!!
もうね、せっかくもうひと踏ん張り気力で盛り返そう、って味方の流れを
あっさりと台無しにするような淡白なプレーにはうんざりだよ!
そんでまた「ああ・・・・」な顔が抜かれてのもんさんさらに激怒。

あと10分。
攻め切れるかバイヤー。
残るカードはあと1枚。
でもシュバーブやヨルゲンセンで何とかなる状況ではない。
(どうせハンノは使わないんでしょ)
ミスをしたらそこで大ダメージを食らいそうなパターンだ。
今度はボランチにいるライナーツ。
ボールコントロールを誤って遅れて入ったプレーでファウル&黄色。
本当に、キミはゲームに入れてないな。
このSPをしのいで反撃に入り、カストロが右からクロスを出すが
これもまた合わせられずに枠を大きく外すデルディヨク。
もおおおおおおおおおおオマエラいい加減にしろおおおおおおおおお(怒)

さすがに走り疲れてきた選手たち。
ボールが味方に渡せなくなってきてる。
逆にHSVもミスが出てきてるが。
むしろ読めない状況になってきた。
跳ね返すだけのプレー。
その場限りの対応に追われる。
シュールレは一体どこに消えてしまったのだろうか。
ホント、彼も試合の後半になるとさっぱりだ。
バイヤー、ボールを拾うのもおぼつかなくなってきた。
ここへきてヤンセンが怖いのなんの。
何度も右を突破して仕掛けてくる。
今のチーム状況、今の試合展開をビリビリ感じて、
最後の力を絞りだしてくる。
ベンダーももうさすがにヨレヨレになってきた。
相手は時間稼ぎも含めて選手交代。
バイヤーは今更時間稼ぎにしかならない交代をしてもしょうがないところまで
動かずに来てしまった。
ここから先、こんな状況腐るほどあると思う。
今まだ前半戦で、そんなに追い詰められていない時期で、
1試合の中のみ考えればいいのにこれでは先が思いやられるぞ。
しかもホームなんですけど。
ロスタイムは2分と短いが、双方ギリギリのプレーで跳ね返し放り込む。
前でボールを収めきれなかったデルディヨクが、
時間がないのに取られたボールを奪い返しに行かない。終わっとる。
最後はヤンセンの気力に押しまくられ、
ロスタイムが過ぎているのに最後のプレーでエッケをくらい
ここを必死で耐えしのんで、なんとか勝ち点1を死守。
というか死守するだけで精いっぱいだった。
もしかしてシュールレって選手交代してたっけ?
とキッカーを確認しようかと思ったらアップになった。
いたのかピッチに。

なんかもう、腹立たしいよ。
動いている選手と、試合に入れない選手と、途中で失速する選手。
選手交代が何を変化させたのかまったくわからない。
最後までライナーツの位置が把握できなかった。
キースとデルの両方を残したのにツートップ的な動きも見られなかった。
キースは体をはりまくってボロボロだし、
バラックもロルもカストロもカドレツもベンダーも(途中までは)シュールレも
あんなに頑張りまくってるのに、途中で入った選手が助けにならない。
これじゃ後半戦に入った時に確実に失速するだろう。
それは前シーズンを除いた、それ以前のバイヤーのここ数年の流れと同様だ。

HSVとしても、逆転の可能性すらあったような試合の流れの中で
決めきれなかったのは痛いだろう。
ポイント1だって大事だが、3が取れたかもしれない試合だった。
ヤンセンがインタビューに応えてる。
久々にまじまじとヤンセンを見たが、すっかりシャープになって大人になって
頼もしい存在感を持った選手になったんだなー。
ぽわっとした感じがなくなった。まあそんなチーム状況でもあるが。

ベンダーもインタビューを受けていた。
もしかしてあのPKになりそうなシーンのことを言われたのかもしれないが
不満を隠さない強気な表情が嬉しい。
キミは怒る資格が十分にあるよ。
あとはもうちょっと愛嬌があると良いんだがなあ(笑)

ピッチサイドのおじさまたちは口角泡を飛ばして激論中。
楽しそうだがうるさそう。
メルクさん、おいしい仕事だなあ。

えーと、次は代表戦が入るんだっけか。
カドレツは大一番が控えているはず。
ユーロの切符を取ってまたバイヤーに戻ってくるのを待ってるぞ!

(すぐ書けると思ったのにえらい時間がかかってしまった。
フライブルク戦についてはまた後日・・・ってホントかよ)
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン HSV

13:31  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1976-4b67d717

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |