2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.11.24 (Thu)

1112CL#5 レバークーゼン対チェルシー

信じられないっ。
チェルシー相手にホームで逆転勝利!
決勝トーナメント進出です!

メモ取らずに見てたんで(生ではないです)
もういちいち書くのもめんどっちいというか、
ま、今回くらいあまり文句言うなよって言われそうですね。はは。

マヌーのCL初得点で決勝トーナメント進出ってのが
もうそれだけで今季のハイライトな気がします。
若くないというだけで勝手に構想から外され、
時にピント外れな途中出場の屈辱を受けつつ耐えに耐えた結果、
実力でスタメンの座を奪い取り、
バイヤーをさらに上のステージに連れていく、大きな仕事をやってのけた。
この日を待ってたよマヌー!!

今日の采配は結果オーライ的なところもありましたね。
デルディヨクはボロニンと同じで10回のうち9回外して1回決めるようなタイプ。
しかもボロニンほど守備で走りまわってはくれません。
今回はちょうど10回目の決定機に当たったんでしょう。
ここからまたしばらくの間は超簡単ゴールを惜しげもなく外すかもしれないけど
しょうがない。我慢します。

シュールレがスタメンでないので入れたシュバーブが交代するのは分かるけど
カドレツ下げた時はどうすんのか分からなかった。
スタジアムも同様だったらしく、
しばらく動揺とともにざわついていた感じが見ものでしたね。
しかも少しの間、左サイドバック不在だったしな。
2バックかと思ったよ。
まあ実質2バックな時は多々あるけど、相手チェルシーですがな。
ここで失点したら、即効クビでいいと思った。
サムとキースの空いてる方が下がってくるとは思わなんだよ。
ここも何故か結果的にはサムがフリーでデルのパスを左で受け、
そのまま右のファーに逃げたデルへクロスを上げ、
これをデルがきちんと枠に飛ばして同点という、
とんでもない大当たりに繋がったのだから分からない。
たまたまだな。

チェルシーの交代も効果があったのかなかったのか分からないが、
むしろ審判のジャッジに救われまくったような気がする。
ベンダーのスライディングはPKでもおかしくないし、
ドログバにかじりついて止めたトプラクのプレーもファウルじゃないっておかしすぎ。
前半のホームに厳しい笛の帳尻合わせにしては、おつりがくるようなジャッジでした。
クラッキーも言ってたが、笛をどこかに忘れてきたんでしょうね。

前半はバラックが後ろに下がってボールを捌かないと、
拮抗できないという力関係で、キースはひたすら一人で体を張るという
厳しく辛い仕事を頑張ってやってくれたと思います。
カドレツの上がる左サイドは形になっても、
まだそこまでの力のないシュバーブのいる右の方は、
なかなか前に人数割くほどの動きは出来ない。
バラックを前に出すと、チェルシー相手ではさすがに厳しい。
2,3回あったバイヤーの決定機を決めきれなかったのはもったいなかったが
前半はよく耐えたと思います。
緊張でミスもそこそこあったし、動きの固い面もあった中では上出来だと。

トプラクが以前よりも落ち着いているのは後ろにレノ、横にマヌー、
前にベンダーやロルがいるという安心感もあると思います。
最後のこり10分を切ったあたりかな、
ドログバが長く痛んでいたシーンで、
バラックがトプラクに直接話をしていたのが印象に残りました。
この最後の踏ん張りどころで、もう一度緊張感と集中力をキープさせるために
釘をさしに行ったようで。
実際、ちょっとバイヤーの守備が雑になりだしていたところだったしね。
こういう試合の流れを体で知っている選手から、
しっかりケアされてるのもトプラクにとって大きいでしょう。

ベンダーは日々、すごい勢いで成長していて嬉しい限り。
PKくらってもおかしくない所で、
いったい何が起ったのか分からない!な泣き顔を見せるあたりがちょっとズルい。
ヴィダルだったらPKだったかもしんない(笑)
ワタクシ、ユニ欲しい率が急上昇しています。
ベンダーのユニが欲しいなんて、なんか女子っぽくて恥ずかしいんだが。
別に双子だからとか金髪で若くて可愛からとか、
これっぽっちもカンケーないんですっ!

うだうだと時系列無視して語りましたが。
今日の試合に関してはもうこれくらいでいいかなと。
多少危ないシーンもあったけど、
概ね守備面ではちゃんと人数かけたカバーと、
危険な場所での落ち着いたプレーと、
大きな問題なくやれてたと思います。
しつこいようだがチェルシー相手ですよ。
笛にかなり助けられたところはあるけどね。

ドゥットのドヤ顔だけが、超ムカツク~~。
だいたいこんなにメンドーなシーズンになったのは
オマエが夢見がちだからだろ!!!
キチンと選手の力と試合の流れという現実に目を向けていれば
もっと早い段階で上手く行ってるはずなんだよ。

とりあえず決勝トーナメント進出という、
必須にして最低限の仕事はしてもらったので
私としては、もういつさようならになってもじぇんじぇん構いません。
お疲れさまーっていつでも言ってやるっ。


今日はもう祝杯しちゃおーっと。
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : CL レバークーゼン チェルシー

11:52  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

遅レスですが、この試合、現地観戦してきました(速報コメ、↓)。
http://www.euronavi.net/de/liga/forum.cgi

レヴァークーゼンのオッちゃん達、大人しいのが多かったんで私が大阪弁、英語、ドイツ語でヤジ、檄を飛ばしてました(汗)。列車移動中にはなんと、トッテナムのシニアスカウトと相席なんて有り得ないようなハプニングも体験。企業秘密のウォッチしている選手リストも見ちゃいました。いろいろ山あり谷ありの7試合、欧州観戦旅行でしたよ!
ブンデスファン |  2011.12.05(月) 08:48 | URL |  【編集】

ブンデスファンさん

お帰りなさい!来てくれるのを待ってましたー!
ユロナビでちゃんと旅行レポのアップできるといいですね。
他の試合のことももりもり興味ありますよ。
7試合も見たんですか!うらやますい~。

トッテナムのシニアスカウトと相席とは!
シニアスカウトってのは、スカウトの人がシニアなの?
それともシニア専門にスカウトしてるの?(無知)
つかレバークーゼンの誰を見に行くんだ~。
スパーズなら許しちゃうかも~。

バイヤーのCLのこの試合を見れたってのは
物凄い幸運だと思います。
見る試合は選べても、結果は選べない。
良かったですね。
のもん |  2011.12.05(月) 22:08 | URL |  【編集】

>7試合も見たんですか!うらやますい~。
無理やり詰め込んだんでヨレヨレになって帰ってきましたが・・・。

>トッテナムの”シニア”スカウト・・・
たぶん階級でしょうね。部長級、課長級、係長級とか。歳は喰ってましたけど。外人だから外見だけでは判りませんが、どう見ても50以上。60前後じゃないかと。ちゃんと聞いたわけではなく、スタジアムに入るときプレスのように首からぶら下げる社員証を見せて貰っただけなので。但しスカウトといっても、読売ジャイアンツみたいにウン十億とカネを注ぎ込んで、役に立たない外人拾ってくる球団もありますから、このトッテナムスカウトが腕利きかどうか、見る目のない節穴か。別に香川や長友ファンではないですが、欧州のスカウトが注目もしていない日本人プレーヤーを数千万円で契約してウン十億円でビッククラブへ売り飛ばせるのが腕利きスカウトでしょうからね。

>つかレバークーゼンの誰を見に行くんだ~。
2、3名程、チェックリストに印が付いてました。スカウトの氏名、選手名等々、個人情報保護法(英国、ドイツも?)、企業秘密もあるでしょうから・・・。まあ、ここらへんも今回のサッカー観戦、オマケの、予想だにしなかった個人旅行の醍醐味ですかね(笑)。

>バイヤーのCLのこの試合を見れたってのは ・・・
レアルを3:0で粉砕したのが横綱級だとすれば、こいつは小結、関脇級ってとこですかね。まあ、それでも、まだ、”ジャイアントキリング”の歴史は残っていたと。7試合の中で一番、内容が面白かったですね。ドイツVSオランダは練習試合でしかも、ロッベン、ファンぺルシーがいないんじゃ、野球の3,4,5番打者のうち2人いないようなもん。バルサVSサラゴサは木下サーカス?他のカードも30~40試合ある国内リーグ戦でまだシーズン中盤でしたし。それでも、試合内容がどうこうより、旅行と同じで計画、情報収集が楽しかったのはエール・デヴィジでしたね。なにせオランダ、初観戦でしたし、一応、フーリガン対策で会員証がないとチケットが買えないと言われていましたから。行ってから「売らないよ!」と言われたら困るんで、日本出発前に球団と交渉、事前予約、購入すべく七転八倒。HP上は会員証必要ながら、日本人である旨、交渉すると対Ajax, Feye, PSV戦以外なら売るよと言われたのがAZ。或いは調べてみると、HP上で○×vs△□の対戦カードは会員証不要と正式に書いてあったのがNAC、それもオランダ語で!翻訳機使いながら・・・。一番、困ったのがドイツの球団みたいにHPからクレカ決済(ここ一番重要!)ができない地方球団。私が見たAZvsUtrecht, NACvsHeerenveenがそうでした。Ajax, Feye, PSVはクレカ決済できるんですが。どうしろと?オランダ人はオランダ国内金融機関の口座から引き落とし。外人ちゃんは海外銀行送金だと!15~40ユーロのチケット買うのに、郵便局だと2500円。民間銀行だと4~5千円。オマケに日本の金融機関に手数料取られるだけじゃなく、送ったユーロ建て送金額からなんとオランダ側金融機関もいくらか判らんけど、手数料取るらしい。これじゃ、カネも掛かるし、正確な金額送れない!ここで使った手は?書留・速達郵便でした。直接、ユーロ紙幣を封筒に入れて送ると。かなり危険な賭けでしたが上手く行きました。これがAZ。NACのほうは予約してくれて、現地で現金とチケットを直接、引換え。このへんもオランダ、球団ごとに対応が違うのでまさに手探り、手作りの旅と。

ブンデス、CL、国際親善試合以外にも、ここらへん、オランダ、エールデヴィジ、謎の多いチケット購入方法なんかも纏めてマニュアル化して写真付き観戦記を投稿したいのですが、ユーロナビさん、音信不通、梨のつぶてですは。サッカー関連の出版、報道関係の専門家が運営しているわけではなく、個人の方が善意でやっているサイトみたいなんで文句は言えないのですがね・・・。

ではでは
ブンデスファン |  2011.12.06(火) 01:56 | URL |  【編集】

あ、階級か(笑)
スパーズのスカウトは腕利きかどうかはともかく
目利きだと思いますよ。
私が好きな選手ばかり集まってきますもん。

リスト見ちゃったんですね。すごい企業秘密を。
もし移籍が実現した選手がいたら、
あとで「この選手は入ってました」ってネタばらしして下さい(笑)

レアルを粉砕した時は、終始ミラクルな雰囲気だったじゃないですか。
でもこの試合は耐えて耐えて最後にドーンと大きな花火が上がったようで、
また違う濃さがありますよね。

7試合もすごいですが、
国をまたいでというのがすごい。
オランダってそんなに大変なんですね!!!
いまどき試合見るのにそこまで手のかかるところがあるなんて新鮮な驚きです。
よく最後までやり通しましたねー。
読んでるだけでくじけます。
当日行ってすぐ見れないかもってだけでも萎えますね。

ブンデスファンさんのレポ、ユロナビでちゃんと残したいですよね。
実際に行こうと思ってる人にとって、
手配に関する具体的な話ってものすごく貴重ですもん。
苦労してる分だけ、参考になることもたくさんあります。
とはいえ個人サイトですからねー。
でもなるべく多くの人に見てもらいたいですね。
(まずその段階で拙サイトはお役にたてずにスミマセン・・・)
のもん |  2011.12.07(水) 00:58 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1986-f72c82d2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |