2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.12.07 (Wed)

1112BL#15 レバークーゼン対ホッフェンハイム

最近、見ながら書いているメモが消失しています。
何でじゃー。

なわけで、
今やすっかり記憶のかなたのこの試合。

金曜の試合でしたが、ホッフェンハイムはわりと分がイイ印象があったので、
きっと勝つだろう、じゃあ起きてみなきゃ、で起きました。
ちゃんと勝ちましたね。
途中で眠くなりそうなほど、危なげなかったと思います。
そしてホッフェンハイムは1部に上がってだいぶ経つのに、
監督も違う人になっているのに、
やはり失点して焦ってくると地が出るというか。
荒っぽく雑になるのが相変わらずだなと思いました。
ホッフェンハイムは野心とエネルギーを持っている若い選手、というのが
人選の基本にあるようで、
監督はその荒々しい力を正しい方向に向かわせるのが仕事、って感じがする。
サーカスの調教みたい。
ま、怪我人が出なくて良かったよ。

バイヤーの監督の方は、
バラックをようやく「休ませる」という采配を覚えたみたいです。
次からこのパターンが連続して出てくるかも。

おおそうだ。
一つ覚えてるのは、
キースがとてもとても前向きで充実した感じだったこと。
デルとのツートップで、キースはやっぱり汚れ役の方だったんだけど、
いつものように相手DFに削られ倒され踏まれて泥だらけになっても
拍手でパスをくれた味方に応じる姿が何度も。
普段はもっと不満を溜めこんでイラついているのに、
この試合は、倒されることを仕事と割り切って、
どんどんパス出せ!と頼もしく見えた。
チームの雰囲気が良いんだろうなと思った。
みんな仲良く和気あいあいとかじゃなくて、
勝負にこだわる、勝つということに対してのチームの意識が
ちょっとは変わったのかも、なんて私は思ったんですがね。どうでしょう。

残念ながらこれ以上、今思い出せません。
1点目が入ってから、次が決まるまでが長くて、
その間にバラック下げちゃって一瞬不安になったけど、
でも順当に勝ったと思います。

さてこれからバイヤーのCL6戦目を見ます。
まだ見てないもんだから、このリーグ戦の内容について
公式確認したりキッカー見たり出来ないんだよ。
間違ってるところもあるかもしんないけど、
どっちにしてもこれ以上は書けないので、
このままアップしてオワリです。いい加減だなオイ。
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン ホッフェンハイム

16:43  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1997-925fc9b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |