2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.02.19 (Sun)

1112-2BL#22 ボーフム対ウニオン・ベルリン

ボーフムハーフタイム速報

ただいまウニオン・ベルリン戦観戦中。
乾のドリブル突破がPKを誘い、
ミムンがきちっとタイミングをずらしたシュートでボーフム先制です!
ミムン、連続TORおめでとおおおおおお!

今日はこの先制点をしっかり守りきってくれ!

****************

試合終了しました。
安定感のかけらも無く、それでも何故か4-2で勝ちました。
1発レッドで相手が一人減ってPKで2点目。
そのあとなんで同点にされるのか、胸倉つかんで聞きたい気分ですが
そのあとでなんでか2点を追加しました。
久々にスタジアムも大騒ぎ。

誤算だったのはミムンの負傷退場。
ボールを取りに行ったデルーラと同じタイミングで蹴ってしまい
衝撃をくらって足を痛め、そのまま結局退場しました。
一応自分の足で歩いてはいたけれど。
大事ないといいんだけど。ううう。
せっかく3試合連続でスタメン出場してるのに、
またこんなところで怪我なんてやだよー。

こまいレポはまたあとで、のつもり。
このあとバイヤーの試合とニュルンベルクの試合を並行して見なければ。

思った以上にデルーラとゲラシビリのニューフェイスは力になりそうです。

****************

レポです。

土曜の21:00という見やすい時間帯のゲームです。
ミムンは今日もスタメン出場。
ボランチのフォクツにいや~な予感がしつつ。
なんでクラマーちゃん使わないのかね。
クラマーちゃんだと動きまわってしまうから
ミムンと一緒に使うのが難しいのか?

立ち上がりは攻め込まれるものの、
しばらくしてボーフムも落ち着いてプレーをし出す。
自陣ゴール前で敵が接触で倒れてるのにプレーを続けるなんざ
ボーフムもようやく集中してきたか。

ちらっとミムンと乾の間のコンビネーションも見えたり。
時間をかけてお互いの動きを分かるようになってほしいもの。
この試合の乾選手は、ボールが触れなくてたまに降りてくることもあったが
前節よりはチャンスにつながるドリブル突破などの動きが増えてた気がする。
後半はちょっと消えちゃったけどな。
いつものような決定機もいくつかあって、
またそれをトラップミスだったり枠を外したりと、
逃しまくっているのが辛い。
しばらくゴールから遠ざかってますな。
辛抱して丁寧なプレーを!

相手もロングボールどかん攻撃など、
ボーフムには厳しい攻めを見せてくる。
自陣に人数かけて来られると、場当たり的な対応で、
運に左右される守備をするボーフム
何度も肝を冷やす場面が。
フォクツがボールを受けた後ぼけっとして後ろからかっさらわれ
ルーテが1:1の状況に追い込まれた時は
あのボケ後ろからスリッパで叩いてやりたくなった。
クラマーちゃん!ピッチに戻って来て!

相手の方は早々に2人が負傷退場するなど不運もあった。
ボーフムの方もダブロが接触から痛んで、
前節よりも早い時間にデルーラ投入となった。

ボーフムはそれなりにセットプレーなどのチャンスもあるが
イマイチ決めきれず。
乾のゴール前への切れ込みも一瞬早くキーパーがキャッチ。
セットプレーのこぼれ球をフォクツが打ったシュートは枠を大きく外す。
18分の、乾のパスを受けたゲラシビリのシュートは、
キーパーと交錯しつつもゴールへ向かい
バーに当たって外にこぼれるという運の無さ!
あれは入っててもおかしくないコースだった。
デルーラの強烈ミドルもキーパーが弾き、
乾の反応も一歩およばずと際どいシーンが続く。

ピンチもなんとか切り抜けつつ、
乾が左からドリブルで突破、
3人目をかわそうとしたところで足をかけられPKの判定。
キッカーはミムン。
静かにボールを置いて、一瞬のタメを入れてゆるりと蹴ったボールは
しっかりとゴールへ。
40分、ボーフム先制です!
ミムン前節に続き連続TOR!今季2点目です。

1112-2-22-8.jpg
1112-2-22-9.jpg

ガッツポーズで天を仰いだミムンが、
その後で膝まづいて顔を手でおおった。
何か帰するものがあったのかと、
ミムンの静かにこみ上げるような感じに
こちらの涙腺も緩んでしまう。ううう~。

1112-2-22-5.jpg
1112-2-22-3.jpg

フェデリコの表情が素敵。
「どうしたんだよ~泣くなよ~」な笑顔。
トスキも乾もよしよししてくれてます(涙)

1112-2-22-11.jpg
1112-2-22-12.jpg

思わず画像を貼り倒してしまった。

さて何とか相手の攻撃をかわしつつ前半を終了。

後半、どんくさいプレーでファンの心を凍らせたフォクツを下げて
クラマーちゃん投入。
立ち上がりの攻撃のチャンスに、ミムンは乾から受けたパスを、
何が見えたのやら後ろに下げて、
誰もいない場所からボールはラインを割って外に出てしまう。
こらっぼけっとして入るな!

先制してるのに、また微妙な入り方をするボーフムにドキドキしつつ、
デルーラが今度は遠目から低い弾道のシュートを狙う。
惜しくも僅かに枠の外。
デルーラは右サイドにポジションを置いたようで、
試合の中でどんどんと中にクロスを入れてくるのだが
これが結構、勝負できる鋭くてちょうどいい高さのボールを蹴るんである。
コプリンの大雑把なクロスとは大違い。
これはコプリン上がんなくても良いかもよ。
まあ黙って守備だけしてるコじゃないけど(笑)

ミムンにも左からのシュートチャンス。

1112-2-22-1.jpg

巻き気味に右のファーを狙ったシュートは僅かに枠を外した。おしいいいい。

その後、アクシデントが。
こぼれ球を拾おうとして、前からミムンが戻り、後ろからデルーラが上がり
同じボールを蹴ってしまい、ミムンが吹っ飛ぶ。
倒れたあと腕を振り、ベンチにアピール。
ああああああああああああ。
せっかくここまで順調に、スタメンでプレー出来てたのに!

1112-2-22-14.jpg

ミムンって痛いと頭を触るんだよねえ。ドキッとする。

ミムンが外に出ている間にピッチの上ではゲラシビリが後ろから倒され
ボーフムに2つ目のPK。
そして相手が1発レッドで退場になる。
今度のキッカーはフェデリコ。
目が泳いでて大丈夫なんかと心配になったが
きっちりと決めてくれた。
63分、ボーフムに2点目が入る。
たくもうっ外すんじゃないかと思っただろ!!

結局ミムンは元に戻れず、アイディンとの交代。
もうボーフムに切れるカードはない。
でも、一応相手は一人減ってるし、2点先制してるし。

その2点が持ちこたえられないのがボーフムなんだよなあああ。

失点はあっという間だった。
どうも相手キーパーのロングフィードに、ヘッドで競り合いで負け、
そのまま縦パスを出され、ラインが揃ってないからオフサイドも取れず、
裏を取られて流し込まれる。

まあそれで相手が畳みかけるわけでもないのだが、
そこそこ時間が過ぎたところで、
今度は左から力技で抜かれた。
体を必死に寄せて絡めているにもかかわらず、
コーナーで2人が置き去りにされ
結局ペナ内で相手が倒れてPK.
どこ見てんじゃ主審!足なんてひとっつもかかってないぞ!

ルーテの飛ぶ方向が合っていれば止められたようなシュートで、
結局同点にされる。
どういうことだ!!!

その後も、乾が持ちすぎて取られたり、
トスキがかる~くぶっちぎられて、ルーテが神セーブでしのいだり。

な中で。
セットプレーから、アイディンがダイビングヘッドでボーフムに3点目。
わあ驚いた!
キッカーはデルーラ。
これが低い弾道の良いボールを入れてきた。デルーラ使えますよ!!
で、中継がリプレイ流してる間に
もう自陣でピンチなのがボーフム流。
おちおち喜んでもいられないっつーの。
セットプレーはなんとか跳ね返したが危ない危ない。

後半のボーフムの中継がじつに不安定なので、
あまり試合展開がよく分からないのだが
何でか知らんが、ボーフムに4点目が入った。
エッケのボールが反対サイドに渡り、デルーラが落としたところで
フェデリコが遠目からダイレクトでシュート!
ふかさず、スピードにのったシュートがゴールネットへ。
わあああああ、何年か前のフェデリコだったら考えられないような
力の乗ったズーパーなゴールだ!

さすがにスタジアムは大騒ぎ。
ガラガラなのにゴール裏の歌声が響きまくる。
さすがに落ち着いてきたボーフム(笑)
つかここまで来ないと落ち着かないのか。
なおもデルーラの勝負できるボールにゲラシビリがダイビングヘッド。
これは惜しくも枠に当たって入らず!
乾にもまたチャンス!と思ったらトラップミスして結局フェデリコへ落とす。
フェデリコ今度はふかしてしまった。

スタジアムには「SIEG!」の響き。うおおおおお~。

そして試合終了。
なんだかよく分かんないが、4-2で勝った!
ポイントはついに30に。
こっから先は、フュルト・ドレスデン・パタボーンと
上位、あるいは順位の近いチームとの試合が続く。
プレーオフ獲得は現実的ではないかもしれないけれど
ここで勝って行ければなんか期待が持てちゃうかも。
と、勝った時は逃さずうわーっと調子こいておくに限ります。
あ、でもここで落とすと逆に危ないわけですが。

ミムンの怪我だけが心配ですっ。
おそらく大事ないだろう、との向きもありますが
「過去の足首の怪我が再発しちゃったら」とドクターも少し懸念している模様。
どうかどうか、大きな影響がありませんように!
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ボーフム ミムン・アザウアク

17:13  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

ケビン・フォクツに、シンキヴィッツの影を観た・・。ということでゲームを観終わって一番感じたのは、まず「私自身が疲れた」ということでした(爆)。
ボーフムというチームは1点取っても追いつかれるし2点取ってもあっという間に追いつかれるし、さらに10人相手のチームに逆転される勢いだったし・・。あそこから盛り返して2点差勝利を収めたことが、のもんさんが仰るように本当に不思議でした。
不思議といえば乾選手の決定機を外す怪現象も続いてます。もう移籍先が決まってボーフムから心が離れてしまっているのでしょうか。
アザウアック選手のケガの具合も心配ですね。こともあろうに味方選手との接触でという、なんともやるせない事態でしたが、軽傷であることを願うばかりです。アザ選手も今季限りで契約が切れるみたいですがどうするのでしょうね。ファンとしては残ってほしいところですが。
フュルト・パタボーン・フランクフルトといずれもアウェーで対戦と、なかなか厳しそうな戦いが待っていますね。直近の相手フュルトはFWのオシアンが攻撃力抜群で要注意ですね、前回ホームでの大差敗戦の再現もおおいにありえますが、まあ、相手の不調を願うばかりです(他力本願)。(ボーフムはもう今季は捨てて、来季に向けて準備をし始めているという話もありますが/爆)。
話は変わりますが、(ボーフムでも微妙だった)オスチョレックがさっそく先発で使われてましたね。あと中東に行ってたヤヒアさんがいつの間にかドイツに帰国していて、カイザースの一員としてプレーしてるのを目撃してしまいました(爆)。
mas |  2012.02.19(日) 21:10 | URL |  【編集】

masさん

毎度爆笑モノのコメントをありがとうございます。
腹いてェ(涙)

なんであんな内容なのに、結果が大勝なのかさっぱりわかりません。
毎節見てるのに。
乾選手の怪現象は、お祓いレベルですね。
どうにかしたいです。

マティアスは、前節ニュルンベルクと対戦した時に出てきたんですよ。
選手が一人早い時間に怪我してしまって、思わぬ登場でした。
まさか今週も続けてスタメンとは思わず。
1部の他の選手たちと対戦できる貴重な経験を、
この半期の間にたくさん重ねてほしいですね。
多分、来季はボーフムと対戦することになると思うので。
ヤヒアさんがカイザースに!!ひいえーーっ
まったく知りませんでした。
そのうち目撃する機会があるだろうか。

ミムン、契約が今季まででしたか。
そうだったんか(汗)
このままチームに残留の方向で、
両者手を取り合って円満に契約を更新してほしいところです。
のもん |  2012.02.21(火) 18:53 | URL |  【編集】

アザウアク選手の契約のことはボーフム公式のインタビューに載ってましたね。引退する前にもう一度1部でプレーするところを観たいですね(もちろんボーフムで)。
ボーフムの最近のモヤモヤした試合を観てると、昔の「引いて守ってカウンター」のほうがストレスは少ないなと思ってしまいます(苦笑)。
mas |  2012.02.21(火) 23:51 | URL |  【編集】

ばたばたしてる間にまた時間がたってしまいました(汗)

監督のカラーが出てるのか出てないのか、
イマイチ判断しかねるんですが
それでも勝つことが増えたんだからいいのかなあ、なんて。
今日の試合もストレスの少ないものになるといいですね。
いや結果も大事だけど。

今日のキッカーのスタメン予想では、
ミムンはまたいつもの怪我っぽいですなあ(涙)
のもん |  2012.02.25(土) 12:45 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2043-ccf70aac

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |