2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.04.01 (Sun)

バイヤー、無策に4連敗中

CLも入れたら5連敗だぞ。
バルサ・ヴォルフスブルク・BMG・シャルケ・フライブルク
最初の一試合を除いて、落としていい試合なんて一つも無い。

フライブルク戦は頼りないネット中継で見ていた。
2失点目は中継が落ちてる間に入っており、ハイライトすら確認できていない。
後半はほとんど流れとして見ることが出来ず、最後は完全に見れなかった。

怪我人はいつまでも戻って来ない。
詳しいニュースを見ていないので、
誰がどれほどの怪我なのかもよく分からないが
増えるばかりで一向に戻ってくる気配がないのはどういうことだ。
ベンチには顔も名前もよく分からない若い子が増えていく。
今いるスタメンでどこまで引っ張れるかがカギかと思っているのに
後半入ってあっという間に3つの枠を使い切る。
中継が怪しい中で、次々投入されたフレッシュな力は
いったいどこへ向かって放たれたのやらさっぱりわからない。

どうせなら、徹底的に負けてしまえばいいのだ。
中途半端な敗戦でごまかしながら進むくらいなら
これ以上どうにもならないくらいの状況にまで追い込まれてしまえばいい。

唯一あったらしい監督のコダワリすら、今やいったいどこにあるのかすら
さっぱり分からないバイヤー。
このままではチームが壊されてしまう、と最初のころから危機感を持ってたが、
さすがにここまで酷くなるとは思わなかったぞ私は。
バイヤーらしさのかけらもない今のチームは、いったい何なんだ。

この試合を見ていて唯一救いだったのは
音声が怪しかったことくらいだ。
おかげでスタジアムがブーイングに包まれていたのか
イヤミな合唱が響いていたのか、分からなかったからな。
私だって現地で見てたら「とっとと失せやがれクソ野郎」くらいドイツ語で言う。
なんかウエーブしてたみたいだが、
きっとフライブルクから
ウエーブできるくらい山ほどのファンが来てたんだろうそうにちがいない。



昨日はダラダラ起きてたら、
ボーフムの試合時間が近づいてたので
仕方なくネットで半端に見ていたが
前半でどんどん失点を重ねていくのでうんざりして寝た。

今日はニュルンベルクの試合をバイヤーと並行して見ていたが
相手が相手なのであまり身が入らず、
耐えに耐えていたのにやっぱり終盤に失点してしまい
悲しくなってしまった。
でもまだニュルンベルクの方は、
無いのは運と決定力だけだからぜんぜんマシだよ。

バイヤーの続く試合は、降格の危険にさらされている3チームとの連戦だ。
これ以上難しい試合もないだろう。
今のチーム状況では、相手チームが気合いを入れて一つになって向かってきたら
簡単に吹っ飛ばされてしまうだろう。

ヨーロッパリーグに本気で行くつもりがあるのかどうか。
ヨーロッパに出ることを常の目標とするチームであることに
どれだけ自覚的なのか。
そのへん、ファンにそろそろはっきり見せてくれよ。
そんで選手個人個人の意識も、もっと見えても良いんじゃないのか。
チームは結局のところ、個人の集まりなのだから。

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン フライブルク

01:20  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2068-b68e9a7f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |