2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.06.10 (Sun)

2012EURO・グループB初戦

オランダデンマーク

シュートを山ほど打っても枠に飛ばねば意味がない。
デンマークは8本打って8本枠に飛ばし、そのうちの1本をゴールに入れた。
オランダがよく分からない。
個々に力を持っているのは分かるけど、組織として何やりたいのか見えない。
スナイデルとかカイトなら、チームの為にプレーしていると分かるんだけど。
この時点でダーティになるほど追いつめられてもいないし。
ロッベンってやっぱ入れとかないといけないんだろうか。
デンマークの落ち着いた守備が目立ってた。
ケアーがここまでやるとは思わずビックリ。
ドイツにいた時はへっぽこDFだったはずなのに。
双方ミスはあるけれど、基本的なボールさばきがちゃんとしているので
試合としてはとても見ごたえがあった。

ドイツポルトガル

入場前のホールにいたドイツの選手たちはみんな白いウィンドブレーカーを着ていたが
ゴメスが着てるとバスローブにしか見えなかった。
黒く濡れた髪と悩ましい青い瞳。ドイツ代表唯一のお色気担当。
スタジアムでバスローブ着てるのはカズとゴメスくらいだな。

ベンチにベンダーが一人しかいないことと、
ギュンドアンが選ばれているのを見て、
スヴェンの方は怪我でもしたのかと思ってたが
もしかして最初から選ばれなかったんでしょうか。
ま、私は両方選ばれても、どっちか見分けのつく自信がある。
腹黒そうなのが私の好きな方のラース・ベンダーです。

ピッチは見事なまでにドイツ代表Aチーム。
バイエルン関係者と、バイエルンよりも格上のチームに所属している二人。
エジルがやりたいアイディアが凄すぎて周りがついていけてないのかしら
と思うほどドイツの選手の連携がマズイ。
でも他の選手はほとんど同じチームなのに何やってんだか。
一番効いてたのはケディラかな。

しかしこの試合の主審、笛が多すぎだ。
ロシア対チェコの時のウエブも、オランダ戦の主審も、
流し方がとても上手かったので試合がテンポよく進んでいたが、
このフランスの主審はファウルの基準が厳しいし、アドバンテージを見るセンスが悪い。

ま主審の笛のみならず、ポルトガルもドイツもパスの精度が悪すぎて
試合そのものがブツブツ切れているのもあるんだが。
さっきまでオランダデンマークを見ていた目に、
ドイツのアバウトすぎるパスやトラップは、あまりにも異質だ。
ゴール前で勢いよくぶっぱなすポルディを見て、
これがブンデスでは当たり前なことに今さらのようにがっかりする。

優勝候補の呼び声高い、チームとして成熟し始めたドイツ、
という雰囲気はみじんも感じられない試合だったなあ。
グループリーグの初戦なんてマジメにやるわけないってか。
そして自分がドイツ代表に対して、毛ほども興味がないことに改めて気づく。
面白かったらきっとフツーに面白いっていうレベル。
ベンダーが出てきたらスイッチ入るかも。
3戦目が消化試合になったら出てくるんでしょ。
ユーロは3位決定戦が無いから、出場機会の無い選手がいっぱい出そうですね。

ポルトガルは、ロナウドがキャプテンになると責任感が出過ぎて
自分から決めて行こうとするよりも、ゲームを作ろうという動きが増えて
全体に威力が薄まってしまうような感じがした。
もっと面白いチームになっても良いんだけどな。
メイレレスさんが潔くボウズにしてきましたね。
半端に延ばしてるとプレー以外のところで注目されちゃうからな。
おかげでメイレレスがピッチのどこにいるのか分からなくて困ってしまった。
ペペは相変わらずいい仕事。あのゴールが入ってしまえばよかったのに。
スポンサーサイト

タグ : EURO2012 ドイツ ポルトガル オランダ デンマーク

12:36  |  2012・EURO  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2103-8f2420c1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |