2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.06.23 (Sat)

2012EURO:準々決勝ドイツ対ギリシャ

さすがに連日3:30は疲れたので、22時に寝て6時半起き。
録画したのを見ました。
他の試合もレポ書きたいな~と思いつつ、機を逸するとずるずると過ぎてしまいますね。


ドイツは前線を一新。クローゼのワントップに般若君とロイス。
ミロはともかくシュールレとロイスには驚いた。
しかもバイヤーの選手が2試合続けてスタメンってのは
予想だにしなかったな。

前ゴールを決めたのにベンダー使わないの?なんてことは私は思わない。
突破の決まっていない第3戦に出れたなんて最強に運があったと思ってる。
そしてそれが終わったら元のメンバーに戻るだろうと。

準々決勝とはいえ、まあギリシャだし、
元気なベンチメンバーを使うならココしかないかもしれない。
ギリシャはカラグニスが累積で休み。助かった。
こいつが一番厄介だもんな~。見てる分には面白いんだけど。
まあサマラスとサルピンギリスがいるだけでも十分脅威です。

立ち上がりのドイツのチャンスメイクと、対するギリシャのあっぷあっぷ感。
この数分にゴールを決めていれば一気に楽になったはず。
でもサマラスがシュバを削ったりキーパーが倒れて苦しんだりスローインに時間をかけたり
試合をブツブツ切り刻むことで、
ドイツの流れるような攻撃の雰囲気をギリシャは見事に絶った。
そしてなし崩しに、気がつくとギリシャのペースに持って行かれていた。
試合巧者とはこういうのを言うんでしょうか。

ドイツはポゼッションしてゴールを狙うが
パスばっか回して手数が多いし、打っても枠に飛ばない。
なまじスルーパスが通っちゃうだけに、
しかもミロだから、ポストでしっかり収まって流れが続くだけに、
しかもエジルとケディラがフットワーク軽くあちこち動くだけに、
みんな中央を狙ってドン詰まってるようにも見えた。
いいからもっと早めからシュート打てよ。
引いたギリシャを崩すのは容易ではないし、
波状攻撃で次々前線に人が集まったところでミスったら、
ポストプレーで威力を発揮するサマラスと
抜け目ないサルピンギリスの二人で形に持って行ってしまう。

ロイスがかなり良いプレーをしてたと思う。
遠慮なく緊張もなく良いコースに入り込んでパスを受け出していた。
シュートだって何度も狙う。
いいねいいね~。
般若君(蛸足でのシュールレの愛称)に求められているのは
極端な話チームプレーではなく個人での突破からのゴールだと思ってるので
みんなのパス回しに参加して
せっかくの突破のチャンスを強引に活かさないのがもどかしい。
あとね、彼はまだやっぱフィジカルが弱い。
競り合ってここで取られたらヤバイ!って1:1の状況において
抵抗むなしく負けてしまうことが多い。
顔は怖いが体はまだひょろいのだ。
いやひょろくても強い選手は普通にいる。
シュールレは守備に入ると体のバランス悪いよなあ。
バイヤーでもよく見たが、
やっぱり代表でも同じように取られてて泣く。
私はバイヤーのファンではあるが、別に全部の選手均等にラブではないので
フツーに般若君にカラい。
フツーじゃないか。私くらいです般若君に厳しいのはきっと。
なので後半入ってやっぱもどかしい守備をしてるの見て
早くポルディでも入れないだろうかと思って見てた。
ミロとコンビにした方が可能性が上がるだろうと。
ミュラーを入れてロイスを左に回したのにはちょっとビックリ。
そしてそこからロイスがしっかり決めたんだからエライわねー。
4点目なんてあまりプレッシャーがないところかもしれないが
あの場所であの勢いで、枠を捉えていることに驚いた。
伊達に点取ってないんだなと。

話は前後しまくってしまったが
前半に取れなかったらドイツは自分で自分の首を絞めるなーと
30分ごろからの猛攻を見てて思う。
こんだけ人数かけてリスクを追って攻めてるんだから決めないと。
したらラームが、彼のけものみちを通ってゴールを決めた。
なんか懐かしいゴールを見たような気がする。

前半はなんとかそのままのスコアをキープして後半。
ギリシャが早々に動いてきたのにビックリ。
グループ序盤怪我人でカードを使わざるを得なかったのに、2枚替えって凄いわね。
ここで追いついたら分からない。
のらりくらりとドイツをかわしていれば、いずれ何かが起こるかもしれない。
ギリシャってのはそういうチームなので怖いのだ。

ギリシャの同点弾は早かった。
般若君のパスミスをついてカウンター。
ファウルで止める隙も与えないスピードで、
最後はサルピンギリスのピンポイントクロスと
ボールが来るのを信じて走り続けたサマラスが、
しっかり枠に飛ぶシュートを決めてヤラれた。
チャンスが来た時に、ちゃんと決めれば、なんの問題もない。
絵にかいたようなギリシャの得点。まー仕方ないわな~。

でもケディラの追加点が早かったのが助かった。
一瞬で立ち位置を変え、その場でジャンプして正面ループ。欽ちゃんか!
これが天上に収まるんだから大したもんです。
さすがに今回のギリシャが2点目を取るのが想像できない。
ここからはドイツペースでしたね。
ミロによーやく得点が生まれたのも良かった。
ポストややさしいパスなど、
彼が見せたプレーは十分にドイツの中でキーになってたけど
点取らないと、何か足りない感じだもんね。
取った後のプレーで、こぼれ球に反応した時の鋭い走りも痺れた。
追加点決めてもおかしくなかったな。

終わってみれば4-2。まあギリシャはPK失敗もチャラにできたし。
ドイツはドルトムントの選手も入れられたしな。
(私の中でフンメルスはドルトムントではなく元バイヤンカテゴリー)
シャルケの選手はいつ使うんでしょうか。

次の相手はイングランドかイタリア。
イングランドはつい2年前の、疑惑のゴールがあった試合が記憶にあるので
できればまだ闘いたくはない。
今の攻撃性を持ったイタリアと、ドイツがガチでやったらどうなるのか、
私はそのカードを希望しますね~。

で、先の話で勝手な設定ですが、
もしドイツがスペインと当たる、なんてことが繰り返された時は
レブがどれだけチキン体質を克服できたかが試される試合になると思います。
スペインに送り込んだエジルとケディラが、
アレルギーを少しは緩和する働きをしたのかどうか。

でもやっぱカード的には見飽きた感があるので
ここは決勝スペイン対イタリアの再戦であってほしいと思います。
スポンサーサイト

タグ : EURO2012 ドイツ ギリシャ

12:38  |  2012・EURO  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2116-5b08c1d1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |