2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.06.30 (Sat)

2012EURO:準決勝ドイツ対イタリア

決勝の片方がスペインに決まった段階で
みじんもドイツに勝ってほしいと思わなくなった。
だってスペインになんて勝てないもん。
決勝で腰の引けたサッカーなんて見たくないし。

でも今回の面白いイタリア代表相手に、善戦して惜敗してほしいとは思っていた。

なんだあの試合はっ。

立ち上がりのドイツの攻撃を見て、
これは良くも悪くも90分で決着するなと思った。
ラッシュをかけている時に、点が取れないと、
焦って手がなくて自滅するのは毎度のことの様な気がする。
ブンデスのリーグ戦であれば、あんだけ攻めまくれば、
いずれ強引に点をもぎ取ることは出来ても、
相手は今大会で一番面白いイタリアなので、
同じようなことをやっててもどうにもならない。
あれ?
こんなのCLチェルシー戦でもやってなかった?主力の皆さんは。

自分たちのサッカーをやるだけだ、という言葉は
自信に満ちて耳にとても心地がイイものだが
それが通用しなかった時に、じゃあどうするのの策が未だにないのはなんなんだ。
やるだけ、ってそれしか出来ないんでしょ巻男は。

煙たいだけのうるさいベテランを排除して
自分の言うことを聞くしつけの良い子たちばかりを集めて
イケイケの時はなんとかなっても
どうにかしなきゃいけない時に、
周りを引っ張っていけるだけの肝の据わったやつがいない。
シュバがそうなるんだろうと思ってたのに、
今大会のシュバはいるのかいないのかさっぱりわからない。
ラームはハナからそういうキャラじゃないし。
オーバーエイジでミロだけ入れときゃいいってもんでもないし。
さすがにもうミロにも頼れないんだな、ってことも分かってしまった。

ケディラが一番、効いてたと思う。
やっぱレアルにいてモウ様の指導を受けてトップクラスの選手と一緒にプレーしてて
まあ相手はひとチームを除けば実際大したことはないのかもしんないけど
そこでレギュラーとして働いた実績が、
ピッチを縦横に走り守って攻めて諦めなかったプレーにちゃんと現れてたと思う。
エジルも同じ立場ですが、より守備的なポジションのケディラの方がずっと
何かあった時の責任が重い場所を担当してるだけ、
粘り強かったと思うよ。

すごく走ってるように見えたケディラでさえ、
イタリアの上から5番目の選手の方が、より長い距離を走ってたのだ。
これはもう一度、きちんとイタリア目線で試合を(楽しく)見直さなきゃなと思った。

イタリアはバロテッリがキチンと2ゴール。
やっぱ彼は愛嬌のあるFWだなー。嬉しい。
ドイツの守備がユルかったので、スーパーゴールと言うよりも
しっかり丁寧に仕事をした結果のゴールでした。

つかドイツはグループリーグの方が、
ずっとずっと緊張感があって気合いの入った守備をしてたのに。
なんでここで、平凡なリーグ戦のような迂闊な守備をしてるんですか。
2失点目なんて、準決勝でやるプレーじゃないよ。



あ、最後の映像がオチなのかも。
この試合中継の一番最後に、
グリーンの大きな旗をカメラに向かって見せた陽気なファンがいたのだ。

「100%WERDER」

あの一瞬の半笑いな脱力感と言ったら。
ブンデスファンはみなずっこけたであろう。

しかし、これは偶然映りこんだ真実なのかもしれない。

そうなんだよ、
やたらなチームがバルサ(のようなエンタテイメントサッカー)を目指すと、
失敗してただのブレーメンになってしまうのだ!!
恐ろしい!!
攻撃的で楽しいサッカー愉快なサッカーなんて寝言言ってると
それが丁寧な技術と堅実な守備とポジショニングを成り立たせるスタミナに
裏打ちされていることを見過ごしてしまうのだ。

今日のピッチにヴェルダーの選手は一人もいなかったが
そのスピリットだけは、一緒に闘っていたのかもしれない。(余分)

でもさあ。
イタリアはちゃんと、その肝のところを押さえて、華麗に変身してみせたよね。

まいいや。
ドイツはここで負けてしまったが、悔しいとかそんなのはじぇんじぇんない。
今朝、DFBから「荷物はもう送ったからね♪」なメールが来ていた。
私のドイツはベンダーのスタメンとベンダーのTORで十分に結果を出し
お祝いのユニを買って完結したので思い残すことはない。

あとはイタリアがスペインを倒すのを願うのみ。
ヒリツクような緊張感にあふれた好ゲームを期待します。
閉幕のセレモニーも超楽しみ~。
スポンサーサイト

タグ : EURO2012 ドイツ イタリア

00:09  |  2012・EURO  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2120-6c65e9a4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |