2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.09.13 (Thu)

RockerRoom7周年記念ライブ!ザ(略)&POUSSE-CAFE’

来生さんのライブの余韻が残るうちに
もう次のライブがやってきました。
今回はお世話になってるライブハウスRockerRoomの7周年記念。
オープニングはRYUMEIさん参加のTYPE-Ⅱのメンバーによるトリオのライブ。
その後でPOUSSE-CAFE’のライブ。
その後で食べて飲んでわいわいやってのParty。

いや~、POUSSE-CAFE’ワールドを堪能してきましたよ。
1時間圧しで(笑)
ライブが終わってからは時計を気にしながら軽食をかきこむようにしていただき
時間がなくてもおなじみのイケメンたちとちゃんと話をし、
じゃあねえ!でぶっ飛んで帰りました。

レポは簡単なものになると思いますが(あまりメモ取ってないのだ)
おいおいアップします。

明日はでも全米オープンの準決勝を2本見なきゃー!
頑張れマレー!
レポはそのあと!

***********************

気がつけば、次のライブがもうすぐです!
なんとかレポ間に合わせました~。

いつもと違う編成で聴くRYUMEIさんの声とギター。
どんな形でも魅力満載です。

2012-09-08.jpg

【More・・・】


RockerRoomも7周年を迎えました。
私がお世話になったのはRYUMEIさんがここでライブを始めてからなので
もう3年半くらいになるのかな?ホントか・・・。
ほぼ毎月のように通ったこの居心地のいい空間も、
今年いっぱいで閉めることが決まっています。
その後のことはまだ未定。
続けてやりたいという人が何人か手を上げているという話です。

そんな中での最後の周年の記念日。
これは行かねばなるまいな、で大阪のKazuhiさんと一緒に出かけてきました。

今回はいつものRYUMEIさんのライブとは違って
メインはPOUSSE-CAFE’
なのでちょっと遅れて入場しました。
どんな出足なのか分からないし、
いつも見ているファンの方たちに良い席で見てほしいからね~。

壁際のソファ席で見るのって初めてのような気がする。
終わってそこで飲むことはあっても。
真横から見るといういつもと違うアングルです。

時間になってオープニングの3人が入ってきました。

私の位置から見て奥から
エレキギター:阿美 創士
フォークギター:RYMEI
エレキベース:与那嶺 圭
RYUMEIさんはちょっと陰になって見えにくいけど
ちらちらと見えるのもドキリとしてイイ(笑)

3本の弦がハードなイントロを響かせる。

「MONKEY MAGIC」:ゴダイゴ

おおっ、この曲だったとは!
ちゃんとエレキG・フォーク・ベースの音がくっきりと。
それぞれの音が絡んで男前なサウンドに。
リズムもパキパキして気持イイ!
ズバズバ体に響き揺さぶる弦の音。
RYUMEIさんのヴォーカルも、最初からキレがあってカッコイイ!
コーラスは創士さんも加わって。
シャウト気味の「MONKEY MAGIC!」の連続技にシビレル。
編成が違うだけで、RYUMEIさんのいろいろな持ち味が出てくるのが嬉しい。

「よくぞ!いらしてくださいました!」
ヴォーカルもMCもRYUMEIさんがメインのようで。
創士さん「今日のユニット名はまだ聞いてないんだよね」
圭さん「さっきRYUMEIさんが考えてあるって言ってたけどね」
で、おもむろにユニット名を発表するRYUMEIさん。
「ユニット名は、ザ! ザ・黒いシャツの男たちズ!」
言われてみれば全員黒のトップです。まんまや。
「ザ・くろす?」
「ザ、って2回言うの?」とか突っ込まれてます。
この3人でやるのはクリスマスの時以来らしく
その時のユニット名もなんかやたら長かったみたい。
「メン イン ブラック、とも言えるんだけどね!そういうのは好きじゃないんで」
そんな感じでもないしねw
この長いユニット名をどう縮めたらいいんだ!で
結局「ザ」に落ち着きそうな勢い。縮めすぎ。

「今日はサクサク行きますよー。
次はザ・ビ!」

「We Can Work It Out」:The Beatles

あ、いいなあコレ。
RYUMEIさんのヴォーカルは高く甘く強く響いていく。
ゆったりめの、足踏みするようなリズムなのにカッコイイ。
3人の音に温かさがあっていい実に雰囲気。
RYUMEIさんのビートルズって大好きだ!
なんだろ、声が合うのかなあ。
サビは強くキレのある音で。おっとこまえ~。

この3人はTYPE-Ⅱの所属アーチストで、
隈さんのWILD-Gにも参加しています。
WILD-GだとRYUMEIさんはキーボードだよね?
今日はPOUSSE-CAFE’スタイルで、同じ楽器、同じ配置で並んで演奏。
「次はみんな知ってる曲なんで、手拍子あったらイイナー」

「Oh, Pretty Woman」:Roy Orbison

ほほ~、この曲を!
すぐにパッとわかるイントロをRYUMEIさんのフォークで。シブく。
3人揃うとこれがまた、あったかで柔らかで、
それでいて男らしいサウンド。
いいなあエレキ・フォーク・ベースの絡み合いって。
この曲ってあまりフルで聴かないよね?
あー途中ってこんなだっけ、なんて思いつつ手拍子しながら楽しんだ。

「これ駿河に行った時(大阪ライブのあとにスタッフで立ち寄った旅行先)
スーパーで流れてるようなメロディだけのプリティウーマンがかかってて、
そんでこれやろっかな、って決まりました」

うわー。
思い出した。
昔スーパーでバイトしてた時、開店何分か前になるとこれがかかってた。
品出ししながら聞いてたなあー。すっかり忘れてたよ。

そこからちらっと映画の話に。
RYUMEIさんのお勧めは「それはちょっと教えられないな」
とかイミフな焦らしを入れつつw
「5つの銅貨」だそうです。
昔のミュージカル映画で、ものすごくイイらしい。
音楽もジャズとかが使われてて。へ~。

「今日なんか静かじゃない?
POUSSE-CAFE’を待ち焦がれているお客さんたちだから?」
「そういうことですね。早く終われと」
「帰れと」
言ってないw

「次は創士と圭がやりたいっていうんで」

「ハメルーン」

あら♪まさかのRYUMEIオリジナル。
エレキの創士さんが、ボトルネックを付けてあのイントロを弾く。
プワァ~ンとした音がCDのオリジナルを思い出させる。
ベースが入ってさらに音に厚み。
う~んイイねえ。
やっぱ耳に、体にメロディーがなじみまくっている。
気持ち早いテンポは曲の雰囲気が締まって面白い。
トリオバージョンになれば、その中でいい味わいを見せるRYUMEIさんの曲。
RYUMEIさんのフォークは、ジャカジャカ響きつつ
甘く柔らかな響きが同時に。
この音がたまらなくRYUMEIさん。
ヴォーカルは余裕で伸びやか。
少しハードでキリリとしたテンポ。
時折ジャジャンと響くフォークの音を感じて全身が喜んでます。
あーこの時間がずっと続いてほしい~~。

創士さん「いい曲ですね。誰の曲でしたっけ?」
圭さん「ワザとらしい(笑)」
創士さん「せっかく上げてるのに、落としてどうするんだよ!」
RYUMEIさん「ワタクシの曲です」
で創士さんとRYUMEIさんで
「やりずら~い」「からみずら~い」「分かりやすくボケたのに~」
圭さん、さんざん突っ込まれてます。

「Eight Days a Week」:The Beatles

続いてもビートルズから。
RYUMEIさんのギターのイントロでシンプルに始まり
続いてエレキとベースが加わる。
ホップするリズムと3つの弦が気持ちいい!!
RYUMEIさんと創士さんのコーラスがまたいいんだよお~。
力強くて元気なのに甘さのある演奏。たまらない。
RYUMEIさんの声は高くて、少年のような雰囲気。
そしてビートルズの曲は短い!
あっちゅうまに終わり!えーっ(涙)

と思う間に、
創士さん拍手で促して、曲はそのまま続けて次へ。

「Crazy Little Thing Called Love」:Queen

おお~、聴いたことあるぞ。
でもこの辺のは私はタイトルもアーチストもさっぱりなのだ。
あとでRYUMEIさんに聞かないと。(↑聞いたので書けました)
今メモ見たら分からないくせに「クイーン?」とか書いてんの。プ。あってたけど。

お客さんはハンドクラップ。
RYUMEIさんの低いヴォーカルが珍しくも楽しい。
ギターのボディを叩きつつ、男前な音で。
今日の3人の演奏はハードで洒落てて、甘さや温かさ爽やかさも含んでて
めったやたらとカッコイイ。
ノリのいい曲ばかりなのもRYUMEIさんのライブとは違った味わいかも(笑)

ハンドクラップのみの中アカペラで歌い、
「次はPOUSSE-CAFE’のライブです。お楽しみに~~!
ザ・黒いシャツの男たちズでした!」
↑後ろ噛んでます。言えてませんw
「また来週ぅ~~~!!」
来週?(笑)
あ、考えてみたらまた来週だ!

上機嫌な音楽を山盛り演奏して、
ザ(以下略)のライブは盛り上がって惜しまれつつも終了~。
楽しかったあああああ♪


さてお次はメインのPOUSSE-CAFE’
ほどなく3人がふらっと現れステージへ。
奥から
エレキギター:内海 利勝(元キャロル)
フォークギター:隈 富太郎
エレキベース:大土井 裕二(元チェッカーズ)

ワタクシの音楽シーンの中に、
キャロルも永ちゃんもチェッカーズも入っていないので
このありがたみが分からないのが正直ごめんなさいです。

で。
POUSSE-CAFE’のライブに入ってから、
私はほっとんどメモを取ってなくて、
ただただ聴いてうっとり、聞いて爆笑な時間を過ごしていたので
大したことは書けません。
隈さんのライブは何度か聴いたことがありますが、
やっぱりというか、トークが長くて(笑)面白い。
3人とも最初から「いつもの」芋水などを摂取しつつ、煙草をくゆらせ
なんともゆるくまったりとした雰囲気。

この日の前に、
矢沢永吉デビュー40周年ライブに内海さんサプライズ出演!なニュースがあって
その時の話などイロイロと。
隈さんが永ちゃんの1ファンになってるのがオカシイ(笑)
この時期に革ジャン・革パン・革のブーツでの演奏は死ぬそうです。やるもんじゃないと。
6万人の観客はむしろ多すぎて緊張しないとか。
裕二さんも
「見えるのは前の何列かだけ。あとは壁ですよ。
こういう場所の方が見られてる感があってよっぽど緊張する」

POUSSE-CAFE’はそれぞれが詞を書き、曲を作り、歌う。
内海さんの詞、隈さんの曲、歌うのは裕二さん、とか。
いろいろな組み合わせがあるみたい。

楽曲はまったりシンプルだったり、ちょっと爽やかだったり、
男前なロックだったり渋いブルースだったり。
どれも余裕のある大人なオトコの楽曲です。
演奏も声も、どの組み合わせでも独特な世界。
酒飲みながら演奏し、酒飲みながら聴くのにちょうどいい感じ。
3人の声も低めのシブイ歌声なのもあってます。
隈さんのブルースがとにかくカッコイイです。
あまりこういうの聴かないから新鮮だし。
間違いのない3人の、間違いのない音を
ゆるく楽しみまくりました。

「そろそろこの並びも変えたいんだけど」という隈さんに、
両サイドの二人は「これで良い」と。
「隈はヴォーカル出身じゃない。
俺らは楽器出身だから、端にいる方が落ち着くんだよ。
だいたいアンプはステージの中央にはないし」確かにw
「だから俺がアンプは運んでやるから!」
「だいたいセンターってのは争って獲得するもんだけどね」
「俺たちは譲り合い」
「どうぞどうぞどうぞ」
「上島竜兵か!」

酔ったら記憶がなくなるか?な話の時に、
内海さんは酔うと寝てしまうそうで、
ある日も近所のコンビニの軒下で寝ていて、
その日は雨が降っていて、屋根の下の体半分だけ乾いていて
外に出ていた半分は濡れていた、な話には爆笑しました。

ステージの3人は芋水などをおかわりしてましたが
こちらはなかなかおかわり出来ず(笑)
この雰囲気の中で飲みたいなーと思いつつ楽しんでました。
時間はチラッと見ると、ま、予想してたことですが
ぜんぜん21時半Partyなんて出来そうにもない感じです。
22時も余裕で回り、最後に続けて3曲やって、
アンコール、に入ってまたトーク(笑)
いえ、これはこれで楽しいんですが。

終わって時計見て、Kazuhiさんと電車とバスの時間を確認する。
「えーと、じゃあ22:50には出る!つもりで!」
飲兵衛は慌ててビールを買いに行く(笑)
カウンターのところで、ジョナサンベルのコウイチさん発見!
やっぱ遊びに来たんだ~。
「こないだはどうも!」コウイチさんが嬉しそうに挨拶してくれる。ワーイ。
ステージの合間にちらっとアッコさんらしき人を見かけたので聞いたら
やっぱり来ていたそうで。
彼女は次のライブを見に行くから挨拶しておいて~ともう出たそうです。忙しいな(笑)
席に戻ってコウイチさんも呼んであれこれと話していたら
ゴハンが出てきたようなのでまた慌てて取りに行き、
気づくとカクロウさんも遊びに来てるのを見つけたので呼んで。
軽食をかきこみつつおしゃべり。
RYUMEIさんは会場の機材の片づけやらで忙しそう。
隈さんもちょっと挨拶するくらいで、あちこち移動して忙しそうだ。
ようやくRYUMEIさんがやってきて、イケメン3人そろい踏み。
来週の「みんなのうた」のことは、まだなーんにも考えてないみたいで。
コウイチさんもその日は途中から来れるので
「参加しちゃえばいいのに」と言うと
「どうする?入れる?bieNに」RYUMEIさん
「どうしようかね~」カクロウさん
コウイチさんは入れてもらえるんでしょうか(笑)

な話をしつつ、時間は容赦なく過ぎるのです。
「もおおお帰らなきゃー」でバタバタ撤収です。
Partyはきっとこれからが本番。
遅れてやってきたアーチストの方たちもちょこちょこいるらしい中、
セッションやったりいろいろあるのかな~と思いつつ
私は7周年のお祝いは出来たんだかどうだか微妙ですが
気持ちだけは置いて帰ってきました。
ああもっとここで飲んでいたかった。残念無念。
そうそう、空いたお皿やコップをカウンターに下げに行ったら、
美味しそうなカレーの匂いが。
あああああカレーもあったのかあああ(涙)

な感じでいろいろ名残惜しいままライブハウスを後に。
ま、次はまた来週あるしね。
今度も楽しいイベント「みんなのうた vol.3」
何が聴けるか楽しみです!!

9月15日(土)
「みんなのうた VOL.3」80年代洋楽シバリ。
OPEN/18:30 START・19:00
キャストはbieN、宮濱天翔、chee、bow orchestra。
¥2000+D

ライブは常に1度きり!
興味のある方は是非。
居心地のいいRockerRoomへ、気軽にお越しくださいませ。
あとから「行っておけばよかった」とか言うなよ!!
スポンサーサイト

タグ : 小田木隆明 RYUMEI POUSSE-CAFE’

22:39  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

Comment

のもんさん、昨日はありがとうございました!
時間が無くてバタバタでしたが、楽しかったですね♪
本当に行って良かったです!

15日には「みんなのうた」がありますし
ライブレポ、大変ですよね…。
でも、2週続けてRYUMEIさんに会えるなんて
本当に嬉しいです!!
kazuhi |  2012.09.09(日) 21:08 | URL |  【編集】

Kazuhiさん

こちらこそ、ありがとうございました。
行こうかどうか迷ってたんで、メールもらって思い切りぐらつきました。

しかし最後はバタバタでしたね~。楽しかったけど。
バスに無事に乗れたようで良かったです。

そしてあっという間に「みんなのうた」
bieNは何を仕掛けてくるでしょうか~。
のもん |  2012.09.09(日) 23:55 | URL |  【編集】

いいなあ~イケメンに囲まれて…|( ̄3 ̄)|
バースデーライブには行きたい!のですが、あいにく息子の運動会の日…
夫は「行け~」と言ってくれているのですが、早朝から弁当を作ってそのあと校庭で日光にさらされて、体力が残ってるかどうかがわかりません。
いこいこ |  2012.09.12(水) 18:20 | URL |  【編集】

いこいこさん

バースデーライブいらっさいよ~。
旦那様が行け~と言ってくれるなんて、
その言葉にのらないでどうする!
体力はね、くれば回復します。大丈夫!
次の日寝てればいいじゃん♪
RockerRoomでできるバースデーライブは今回限りかもしんないんだよ~。

今週末は「みんなのうた」もあるよん。
のもん |  2012.09.12(水) 23:02 | URL |  【編集】

のもんさん、また素敵な時間を過ごされたようで、よかったですねぇ~(´∀`)

手拍子があったり、ノリのいい曲ばかりで楽しかったみたいで、RYUMEIさんもいつものようにかっこよかったようで・・・
行けなかったけど、のもんさんのレポでウキウキしてきましたよ。

明日は行きます! すごく楽しみです。
よろしくお願いしますね。
POPO |  2012.09.14(金) 23:45 | URL |  【編集】

RYUMEIさんのバラードのないライブってのも珍しいかも。
元気で男らしい音に囲まれたライブでしたよ~。
ではまたのちほど!
のもん |  2012.09.15(土) 15:58 | URL |  【編集】

レポありがとうございます!

昨日のライブ、みんなのうたの興奮が
未だ覚め遣らぬ私ですが(笑)、
7周年記念ライブレポを読んであの日の
興奮が甦ってきました(笑)

RYUMEIさんにGtの創士さん、Bassの圭さんが
加わることによってRYUMEIさんの魅力が倍増!
めっちゃカッコ良かったですね!!
是非またこの三人でやって欲しいな~♪
衣装の黒いシャツもカッコ良かったー。

POUSSE-CAFE’の隈さん、裕二さんのライブは
経験済みですが、内海さんは初めてです。
ちょっと怖そうな感じ?って勝手に思ってたんですが
全然違ってて、ソフトで優しくておまけにちょっと
とぼけた感じで(すみません…汗)、びっくりしました。
無口なのかと思ってたらそんな事もなく(笑)、
お話しも面白かったですよね。
隈さんは相変わらず、歌は男前、MCは面白過ぎて爆笑、爆笑。。。
裕二さんはあぶらまつりの時と同じでとぼけた感じで
ひょうひょうと…。でも歌は爽やかですよね~。

ライブが終わって時計を見てビックリ!?
今からパーティがあるのに、もうこんな時間…。
タイムリミットまで20分位でしたっけ?
焦りましたね~。
でも久しぶりに会えた確郎さん、ジョナサンベルの
コウイチさんとも少しお話し出来たし良かったです。
コウイチさんってもっと無口なイメージが
あったんですけど、そんな事なかったですね。
MCの印象が強かったからかな(笑)
RYUMEIさんはホント忙しそうでしたね~。
あまりゆっくりお話し出来なくて残念。。。
でも少しだけでもお話し出来て嬉しかったです。
ホント行って良かったですね!

私は今回の事で、隈さんのライブは予定よりも
大幅に遅くなるという事を学習したので(笑)、
10/6のWILD-Gライブは東京に一泊する事にしました。
一人だし、気付くとタイムリミットを過ぎてしまっていた
という事が大いに考えられますので(笑)
もし早く終わってもバスの時とは違って時間を
気にせず帰れますし。。。
kazuhi |  2012.09.17(月) 00:02 | URL |  【編集】

Kazuhiさん

レポに追加ありがとうございます。
つい1週間ほど前に聴いたものなんですよね。
ああなんて贅沢な。

この3人の編成、カッコよかったですよね。
また機会があったら聴きたいです。

Kazuhiさんはあぶらまつりのときに裕二さんのライブも見てるんですよね。
またあの時とは違う距離感、雰囲気で、ライブってのは面白いですね。

MCはねえ、面白すぎです。
まあ3曲しか歌わなかった!なレベルじゃなくて良かったです。
曲だって素敵なんだからたっぷり聴かせてもらえてよかった。

ライブ終了後の時間はあまりにも短かったですが
最低限のノルマは果たして帰ったような感じでしたね。
あ、カレー食べてない!

6日のWILD-Gは私は行けませんが、
楽しんできてください。
時間、読めませんからね~。泊まりにするのはアリかもしれません。
また報告待ってますね。
のもん |  2012.09.17(月) 22:33 | URL |  【編集】

そうなんですよ!
あぶらまつりでWILD-G、アブラーズの3人(享さん、
裕二さん、尚之さん)のソロライブを見てるんです。
あの時は結構前の方で見たにもかかわらず
ステージとの距離を感じました。
考えたらこんな近距離で見れるなんて本当に贅沢で
幸せな事なんですよね~。

カレーは私、全然知りませんでした。
匂いにも全然気付かなかったです。
食べたかったな~残念。。。
あぶらまつりでも食べられなかったし…。

そうそう、コウイチさん、確郎さんの椅子が無くて
二人が立ったままで私たちだけ座ってお話しを
していたのが申し訳なかったですね(汗)
RYUMEIさんも「何で立ってんの?」って言いながら
一緒に立ったままお話ししてたのが
何かおかしかったです(笑)

WILD-Gライブ、楽しんできます!
報告は…がんばります(笑)
kazuhi |  2012.09.18(火) 22:10 | URL |  【編集】

遅くなりました。いつもスミマセン。

ライブハウスの距離感は尋常じゃありません。
大きなステージでやっている人でも、
ライブハウスってのはまた違う魅力があるでしょうね。

カレーは、カウンターにコップなどを下げに行ったら
いい香りがしたんですよー。
最初に食べ物取って戻る時に、
そういえば炊飯ジャーがテーブルに運ばれてった気がする。
ああその時気が付いていれば。

聞いたところ、
あぶらまつりの時の混雑は藤井尚之氏とともに移動していたそうです。
なので彼のいない時は、食べ物もラクに買えたようですよ。
って知らないよねえ(笑)
いろいろ技があるんですね。

>「なんで立ってんの?」
そうですよね。なんで?って思うわなー。
だって椅子がないんだもーん。
のもん |  2012.09.21(金) 22:42 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2165-a2bbc474

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |