2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.10.29 (Mon)

1213UEL#3 ラピド・ウィーン対レバークーゼン

レバークーゼンの試合をちゃんと見るのはものすごく久しぶりです。
ベンダーとトプラクをベンチに、萌ちゃんとマヌーがスタメンです。
まさか萌ちゃんにボランチで出場する機会が、
バイヤーで回ってくるとは思わなかったなあ。
どうもライナーツが怪我しているようです。
ニュースをまったく見ていないので、状況は分かりません。
怪我はしないでほしいものですが、
その陰で出番が回ってくる選手がいることも確か。
手放しで喜ぶのは品がありませんが、
まあ掴んだチャンスは最大限いかさなければね。
立ち上がりから結構イイ感じにボールに触っていた萌ちゃんですが
カドレツが早々に負傷退場したために
温存するはずのベンダーを出し、悪いけどまた左サイドバックやってくれる?で
ポジションチェンジです。
でもそっちにまわっても、前半はわりと攻守に絡んでたように思うけどね。
後半はさっぱりでしたけど。
左サイドバックはバイヤーは手薄なポジションなので
できる選手が増えるのはありがたいです。

このところ、テレビでやってる面白そうな試合を中心に見てるので
久々に見たUELの試合は、まあビックリするほどテンポが悪い。
そんなもんかなああ。
バイヤー、持ってどうするか迷ってるし。
周りの動きと意識が連動してないのが分かる。
分からないから持って遅くなる。
分からないから早く出すと合わない。
そんな状況が続いて、わけもなく時間がかかって無駄に手間のかかる試合運び。
バイヤーはボール持てる選手が多いしね。
早く放せばもっと大きくなるチャンスを、
持ちすぎて狭めているようなシーンが多かった。
視野が狭いというか。

あとやっぱなあ。
若い子多いせいかもしらんけど、
体が軽すぎます。
体型だけじゃないんだよ。
ロルフェスなんて、あんな細い体なのに、
今やちょっとやそっとじゃビクともしない逞しさだというのに。
般若君もベララビも、キープはいいけど、
囲まれても踏ん張れる強さがないと困るんだけどなあ。
それがあればもっと、自分のプレーが無駄にならないのにね。

ラピド・ウィーンのことはまったく分からないので
相手がどうだというところまで意識が回らない。
まあ試合中に巨大人文字作って盛り上がる突然さにはビックリしたが。
オーストリアリーグなんて知らないから彼らの常識が分かんないw

でもやっぱ他のチーム、リーグの試合を見続けた後で
バイヤーのサッカーは、レベルがひとつ落ちる感じだ。
もっとできるよね?
今季ほとんど見てないから何とも言えないけど
こんなサッカーしてても上には行けないぞ。

らしい動きが出てきたのは3点目が入ってからのような気がする。
テンポよく動きも良く、ボールがよく回っていく。
迷いが減った分、ミスも減った。
相手がもう3失点で意気消沈しているのかもしれないけど。
でもこれくらいのレベルのサッカーが常時出来ないといけないんじゃないのかな。

余談。
3点目が入った時に、カストロが笑っててスゲー驚いた。
自分で決めた2点目だって、首から上は喜んじゃいなかったのに。
なに?思い出し笑い?

次の試合も放送してくれるみたいです。
スカパーさんありがとう♪
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : レバークーゼン

13:08  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2190-6c58fa76

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |