2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.11.24 (Sat)

ミムン、テレビ出演!の動画

明日、カイザースはFSVフランクフルトとアウエーで対戦です。
ミムンは全体練習にも参加していて、
ようやくキッカーの予想フォーメーションの怪我人リストからも名前が消えました。
スタメンこそ難しいかもしれませんが、途中交代は十分にありえます。

30歳の誕生日を迎え、
怪我も治り、次節はミムンがキャリアをスタートさせたチームとの対戦。
なところで、マインツにあるテレビ局から出演オファー。
9分弱の動画がアップされておりました!
放送されたのは11月18日(日)

Mimoun Azaouagh (1.FC Kaiserslautern): "Ich gebe Gas und hoffe, dass ich gegen Frankfurt im Kader bin"

チェックのシャツにタイトなジーンズのシンプルな私服。
一時期よりは落ちたかもしれないけど、
ムキムキの体のラインがめっちゃカッコいいです。
そして息を抜きながら話す、低い声なのに高く出す感じの声が
ああミムンだ~とたまらなくなる。
最初に司会から、30歳の誕生日はどうやって過ごしたの?なことを聞かれて
ファンや家族と一緒に祝った、ようなことを笑顔で答えた。

こうやって呼ばれはしても、
ミムンが今季試合に出たのはわずかに3試合。
ミムンも分かっているから、最初から表情はどこか暗く、
話す調子も静かなのが切ない。ううう。

本当に、ミムンは気持がモロに顔や仕草に現れるので
こんなミムンを見ているのは胸が痛む。
ドイツ語のインタビューはところどころしか分からないが
やはり、ずっと試合に出ていないこと、
これまでのキャリアの中で所属したチームで何度となく長い怪我で離脱したこと、
カイザースは調子が良く、そこでは若い力が台頭してきていること、
なんかをいろいろと聞かれていた。
そのたびに、ミムンはきちんと真正面から答えて、
自分の現状を受け止め、持ち前の前向きさでリハビリや練習に励んでいることを話し、
家族に支えられて、どんな時も闘ってきたこと、
そしてチームやチームメイトの素晴らしさを認めていた、ようだ。
彼の言葉に、ギャラリーからは何度か拍手が起こった。
次の対戦相手の話をする前に、司会が2枚のサインカードを手渡した。
ミムンのパパと弟。
家族のことを話す時は、前よりもずっと笑顔が増えて少しほっとした。

もっと試合に出ていて、もっとチームの為に力になっていて
気持が充実していたら、ミムンはもっと強い表情と明るい笑顔で話をしてただろうな
と思ったら、画面を見ながら涙が出そうになってしまった。
今季、私は以前のようにミムンのことを追えていないけど、
やっぱりミムンのことが一番好きなんだよな。
そして(わけもなく)自信たっぷりで前向きなミムンが
クルクルした瞳で勢いを持って話す姿を見たいのだ。
こんなふうに、言葉だけ前向きで表情の暗いミムンを見てるのは辛い。

明日の試合、ミムンに出番が回ってきますように。
ミムンは「スタメンで出たい」と言いきっています。
私もそれを願ってる。
ミムンが大好きなサッカーを、ピッチの上で思い切りさせてあげたいよ。

この動画、保存できないでやんの。キー。
なのでキャプったのを貼る。

1213-11-18TV5.jpg
1213-11-18TV4.jpg
1213-11-18TV3.jpg
1213-11-18TV6.jpg
1213-11-18TV7.jpg
1213-11-18TV1.jpg

こうしてみると、ミムンも大人になったな~なんて感慨深い。
23歳の時はガリガリのバンビちゃんだったのよねー。

明日の試合、お願いしますよ監督!
ユニ買わないとなー。クリスマスカードも書かないとなー。
自称日本一のミムンのファンがサボり過ぎだっての。反省。
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ミムン・アザウアク カイザース・ラウテルン

00:40  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2212-9d19913f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |