2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.01.07 (Mon)

『八重の桜』特設ご歓談会場

*********************************

NHKの大河ドアラマ『八重の桜』が始まりましたので
私はあまり参加できるか分かりませんが
コメントがバラバラになるのも申し訳ないので
ここ使って1年間、好きなように盛り上がってください。
さすがに来生カテには入れないので、
直接そのカテにブクマしてる人で、ドラマの話もしたい人は
見失わないようにご注意を。

もちろん、ドラマに限定にしてるわけじゃないので
その話から派生しての脱線余談ぜんぜん問題ありません。

じゃ、月子さん、あとは任せたよん。

*********************************
スポンサーサイト

タグ : 八重の桜

08:27  |  ご歓談会場  |  トラックバック(0)  |  コメント(208)

Comment

期待以上

のもんさん、どうもお気遣いありがとうございます。
でも任せられても、どうしようかと汗。

昨夜は、2回見ました。(笑)
番宣番組が、さまざまにいくつも放映されてたので、
期待が高まり、待ち遠しくこの日を迎えました。

感想一言、“期待以上”
豪華な俳優さん達、好きな役者さんが勢揃い。
剛くんの容保公は、素敵でした。
清冽で凛々しくて、こんな素敵なお殿様、見たことない。
この殿のためならば、命をかけてもいい。(笑)

おそらく県内限定の番宣だと思うのですが、
剛くんと照姫役の稲森いずみさんが、現松平家ご当主様と面談して、
剛くんは撮影の様子を「正直、クタクタですよ」と言ってました。
成りきっていて「(容保公が)乗り移っているのかもしれませんね」と
ご当主様に言われてましたが、ドラマを観ていてもそう感じました。

ご当主様からは、容保公の秘話も紹介され、誠・忠孝の会津魂を感じました。
剛くん・稲森さんも感動したこの秘話はまたあらためて。
八重ちゃんもすごいかわいかったし、西田さんの西郷頼母もさすが!
初回は、藩祖保科公そして徳川家に対する会津の強い忠孝の想い、
文武に長けた会津の人々の、日頃からの精進の様子が描かれておりました。
磐梯山、会津の稔り、、、美しい風景や会津っぽ魂、
役者さん・製作スタッフの熱意が伝わってきて感動しました。

はゆさん、そうでしたね。
会津に関連した武士達は、立派な面々が揃っていますね。

ただ、私が生まれ育った海沿いの浜通り地方は、
気候も温暖で、会津とは気質が違うと言われます。
だから私は、会津に憧れるのかもしれません。
知れば知るほど、会津が好きになります。

県内では『会津の三泣き』と言います。
これは「会津に来たときはその閉鎖的な人間関係に泣き、
なじんでくると人情の深さに泣き、去るときは会津人の人情が忘れ難く泣く」
ということです。
「雪深く、夏は盆地特有の蒸し暑い会津に行くことを泣く」とも言われます。
私も、年に2~3回は会津に行くけど、真夏は行かないですね。(笑)
上から押さえつけられるような暑さだと言います。

来月あたり雪景色を見ながら、ロケ地めぐりをしてこようかと思ってます。
昨日の舞台のあちこちは、もう何度も訪れた場所ですが、でも何度行ってもいい所です。
皆さんも、ぜひこの機会に福島・会津を訪れていただけたらと思います。
月子 |  2013.01.07(月) 13:51 | URL |  【編集】

月子さん

とりあえず場所だけ用意しよう!で出かける前に突貫工事(笑)
いきなり振っちゃってゴメンなさい。
別にいつものようにコメントしてくれるんで構わないんですよー。

他の方にも、ここの使い方など。

大河ドラマの話を中心に、
歴史やイイ男たちやその他のドラマや音楽や美味しいものや風光明美な場所や、
思いつくままにいろいろな話が出てきて、
そのところどころで反応できる話題で続いて行ければいいなーと思ってます。
いつものコメント欄でやってるのと同じと思ってくれていいです。

ただ私が来生さんメインの記事をなかなか書かないし、
そこを転々としながらコメントがばらけるものなんだかもったいない。
なので、一応ココ使ったら分かりやすいよね?で用意したまでです。

他の記事のように私がお返事するようなことはないと思うんですが、
もちろん一緒に楽しむつもりです。

いや一応見たんすよ初回は。
ナニゲに録画も毎週設定しております。

綾野さんが、素敵すぎて困りました。
持ってる空気感がまるで違うなあと。
少ない動きと表情の中に、溢れる存在感がありました。

大河にありがちな、大根演技、耳に触るセリフ、微妙な設定など、
私がいちいち気になってしまうようなところがほとんど無かったなあと。
すんなり見れたと思います。
丁寧な作りですよね。
実力派の役者がそろってるのも大きいかも。
風吹ジュンさんとか、ものすごい演技を見せてくれそうな予感がします。
あーでもやっぱ最初の戦のシーンはなあ、胸が痛むよなあ。
ちょっと苦手なのモブ戦闘シーン。
のもん |  2013.01.08(火) 00:47 | URL |  【編集】

勉強しまーす!

なんだか素敵な場所が出来てびっくり(笑)
のもんさん、ありがとうございます♪

先ほどやっと録画したものを観ることができました(汗)
面白くなってきそうな予感ですね~
正直、幕末ものはちょっと苦手というか難しくて・・
どうしても龍馬とか西郷さんとかからの目線で観ることが今まで多かったので、
もっとちゃんと会津や戊辰戦争・会津戦争などの背景を知らなきゃいけないなと思いました。

もう一つ困ったことが・・
会津の方言が強くて何度かリピートかけてしまいました(>_<)
普段あまり耳にすることがないからでしょうか?
私だけかな~

月子さん・のもんさんの推しmen「綾野 剛」さんって私はあまりよく知らなくて(すみません)
朝ドラのカーネーションに出てたんですね。
見てなかったのでよくしらないけれど、容保公さま役にぴったりでしたね(^O^)
これからの悲劇が悲しい・・(T ^ T)

西田さんはどーーしても秀吉や徳川秀忠などお殿様のイメージが強いけれど
家臣(家老)役でも流石の存在感!これからどう演じられるか楽しみです♪
わたし的には覚馬役の西島さんがいいなぁと。

月子さん
「浜通り」って今でも地震速報が流れると表示されますね・・
震災当時はまだ「蛸足」の存在を知らなかったので、ここに書き込む前に
当時のコメントなどを読ませていただきました。
あらためて・・お体とお気持ちを大切になさってください。
そして今の現地の声もお聞かせください。
風化させないためにも・・
東海地区に住む私たちもいつ大地震に見舞われるか・・
「南海トラフ」が恐ろしいです。

「会津の三泣き」のお話、なるほど~

>来月あたり雪景色を見ながら、ロケ地めぐりをしてこようかと思ってます。

きっと想像を絶する雪深さなのでしょうね~
雪景色を見ながら露天風呂に入りたい!!
ロケ地めぐり行かれましたら是非感想をお聞かせください!

はゆ |  2013.01.09(水) 23:54 | URL |  【編集】

はゆさん

どもども。
良かったらこの場所もブクマしといて、
定期的に覗いてみてくださいませ。

会津の方言、字幕で見るという手もありますよ。
今度試してみてください。
その前に再放送してた「おしん」よりも、私は聞きやすかったかも。

いやー去年(おととしからか)の今頃はどっぷり「カーネーション」でした。
あの後ちょこちょこ綾野さんを見る機会がありますが、
見るほど知るほど魅力が増して、
これからすごい俳優さんになって行きそうで楽しみです。
今夜からフジで「最高の離婚」が始まりましたね。
あんまり期待してなかったけど、なんだか面白そうです。
丁寧に作ってるドラマは良いですね。
エンディングのオノマチは「疑惑」の時より色っぽかった。
あ、さっそくズレてきてます。ははは。

3.11のとき、月子さんのコメントがあるとほっとしつつも、
現地の大変さにいつも茫然としてました。
月子さんの強さはすごいです。私が到底及ぶところじゃないです。
でも強い人に頼って強いばかりにさせておいてはいけないんですよね。

雪景色の中のロケ地巡り、
文字で読むと風情があるけど、実際はけっこう大変そう。
お気をつけて!
のもん |  2013.01.11(金) 00:48 | URL |  【編集】

今夜は『アテルイ伝』

『八重の桜』はその後2回見たから、計4回見ました。
で、剛くんのシーンは数回ずつ巻き戻して見ちゃってる。(笑)
特に、追鳥狩で叱責を受ける八重達とのシーン
「それでよい」の声と表情は、素敵過ぎます、悶絶しそうだ。(笑)

「会津を背負っていけるだろうか」と不安に思う初々しさ、
でも会津を知っていく中で、背負っていく決意を抱いていく、
その存在感・品のあるたたずまいが、見事に伝わってきました。
だから、本当に冒頭の戦のシーンとか、つらいなぁー

言葉に関しては、会津もいわきも、今は方言は日常あまり使わないですね。
方言使うのは70歳代以上かな。私は、バイリンガル、かな。(笑)
お年寄りと話すときは、自然に出てきます。
若い世代は「・・・じゃん」とかね、TVの影響でしょうかね。
私もドラマを見ていて、懐かしい~と感じた言葉がいくつかありましたが、
他地域の人はわからないかもと、思った。字幕が必要ですね。(笑)
会津といわきは、かなり違うと思った。
いわきは、茨城や栃木など北関東の方言に近いかな。
会津は、政治的にも関係が深かった米沢の言葉に近いと感じました。

同じと思ったのは、
「にし にっしゃ」→「お主、お前」
「おっかない」→「怖い」
「さすけねぇ」→「大丈夫」
「たまげた」→「驚いた」
「だげんちょ」→「だけど」
違うのは、
語尾が会津は、「・・・くなんしょ」「・・・なし」
いわきは「だっぺ」「だべ」

市内でも、浜の方と山間部は違うように思う。
浜は早口で、キツいというか荒い。
映画『フラガール』でも、『八重の桜』でも、
方言は温かみがあって、その土地の空気が伝わると思いました。
はゆさん、もし今後わからない言葉があったら、お尋ねください。(笑)

はゆさん、私は直江兼続も大好きで、上杉の城下町米沢にも毎年行きます。
やはり、上杉と言えば、新潟~米沢というイメージですね。
米沢のことも、何度もここでも語らせてもらっていますが、
会津のように、質実剛健の土地柄。武家屋敷や上杉城址、
兼続夫妻の墓所、上杉家廟所など、何度行っても飽きません。
謙信や兼続、景勝の鎧や書状や着物、謙信が使っていた七宝焼の杯などなど、
見るたびに、胸がキュンキュン萌えます!(笑)
限られた日にしか公開されませんが、信長から送られた『国宝・洛中洛外図屏風』も
必見です。お食事・お茶は、“上杉伯爵邸”でいたせば、古の雰囲気が味わえます。

伊達氏も、米沢が発祥なんですよね。
福島にも領地があったし、会津にも入りましたね。
でもやはり、伊達氏は仙台のイメージです。
正宗の正室愛姫は、福島県三春町の出身で、三春といえば、滝桜、見事な桜ですよ。
三春近くには、滝根町という鍾乳洞で有名な町がありまして、
この大滝根山山頂から見る紅葉が、私は大好きで、春の三春、秋の滝根行きは恒例行事。
滝根町には、坂上田村麻呂の奥州征伐で勇敢に戦った大多鬼丸の伝説が残っています。

はい、今夜からはNHKBSで、大沢たかおさん主演で『アテルイ伝』ですね。
大多鬼丸同様、奥州征伐のために、朝廷の遣わした田村麻呂との戦い。
奥州征伐のことを私はよく知らないので、これも楽しみなのです。(笑)

私の好きな場所のひとつ、北茨城市華川町の山の中にある花園神社。
仙台の瑞鳳殿や大崎神宮のように色鮮やかな彫り物に飾られた朱塗りの見事な神社で、
杉や槇の大木や渓流に囲まれて、周りには他に何もなくひっそりと、
しかし威厳を持って建っているのです。何か“気”を感じるところです。
新緑や紅葉の季節によく訪れる所なんですが、
この神社は、坂上田村麻呂が奥州征伐をするにあたって、
戦勝祈願をするために建立したと、伝わっているそうです。

歴史は、まったく詳しく無いのですが、
好きな場所よく行く場所がつながっていくという面白さがあります。

というわけで、長い前説でした。
月子 |  2013.01.11(金) 17:37 | URL |  【編集】

今クールは見たいドラマが多すぎて困っています(^^;)
「八重の桜」「最高の離婚」はもちろんですが、「最高の離婚」の瑛太くんがいい味出していたので、彼のもうひとつのドラマ「まほろ駅前番外地」も録画予約してしまった!これには松田龍平くんも出るので、面白そうです。
「アテルイ伝」は、この時代を舞台にしたドラマはあまりないので、とても興味があってやはり予約です。
「とんび」も・・・内野聖陽さんが主演なので、見たいのですが、他の予約とぶつかってしまって(自分のテレビは同時にひとつの番組しか予約できないので)断念、、、
ふう、見るだけで大変です~

月子さんとは、好きな俳優がけっこう重なっているような気がするので、うれしいです(^O^)っていうか、ふたりとも気が多すぎるだけ!?

でも私が一番好きなのは大泉洋!(面食いじゃないのだ)、で、彼が出る「シェアハウスの恋人」を最優先で予約!正直、内容はあまり期待していないのですが見てるだけで美しい谷原章介さんも出るので、そこもポイントです。

はゆさん、私も字幕おすすめです。
セリフをしゃべり始めるタイミングで全部表示されてしまうので、ちょっと興ざめなところもありますが、、、私は時代劇・歴史もの・専門用語の多いドラマ(弁護士とか医療関係とか)は、内容をしっかり理解したいので、いつも字幕です。

月子さん、歴史詳しくないなんてご謙遜を~知識があってドラマを見ると、より楽しめるんでしょうねー私も勉強しなきゃ。。
いこいこ |  2013.01.12(土) 00:26 | URL |  【編集】

話がアチコチと飛びま~す(汗)

アドバイスありがとうございます♪
字幕で見る・・そんな手があったんですね~
でも録画したものはダメですよね?
二回目見たときに試したけど見れなかった(涙)
毎週オンタイムで見ることは難しい予感・・
明日も嵐のライブだし(笑)

私も「最高の離婚」見ました♪
確かに綾野剛さんって素敵な方ですね(^O^)
いろんな顔が見られてときめいてしまってます。

>「それでよい」の声と表情は、素敵過ぎます、悶絶しそうだ。(笑)

うんうん、わかります~
そのセリフの前のホッとした表情とか素敵ですよね♪

月子さん、早速ですが教えてください。
43分ごろのシーンでお仕置きに蔵に入れられた八重ちゃんが
涙ながらに「武士らしい・・・」と言うセリフが聞き取れません。
話の流れはわかるんですけど。

>直江兼続も大好きで、上杉の城下町米沢にも毎年行きます。
米沢には一度は行きたいと思っています。

阿部ちゃんの上杉謙信、妻夫木くんの兼続、・・あまりにも美形ばかりの
「天地人」は出来すぎ感がありますが、すっかり上杉一門に魅せられた私。
今持ってるスマホの裏には「毘」の旗印を貼っております(笑)

>信長から送られた『国宝・洛中洛外図屏風』
天地人でも出てきましたよね?見たい!
まさかの「直江状」もあったりします?

三春の桜は有名ですよね。母が昔「桜前線を追いかけて」というツアーで
見てきたときに一番感動したと言ってました(笑)
東京より北の地方って北海道以外は行ったことないんですよね。
こんなにすてきなところがたくさんあるなんて!!
いつか訪ねた時にはガイドさんしていただけます?

『アテルイ伝』は情報不足!知らなかった(涙)
見たかったですぅ・・次回から見よっと。
この日、名古屋フィルのニューイヤーコンサートを見てたんです
(当地だけかも?)
震災地復興支援を願って選曲されてました。
司会に布施明さんが出てましたが、なんだか来生さん同様にふっくらされてて
以前のすてきな布施さんはどこ??って感じでショック!
それに歌声も・・歌唱力抜群のはずなのに声が出てない(>_<)
オーケストラの伴奏だから歌い辛いのでしょうか?
でも、布施さんですよ~(涙)
一緒に錦織 健さんが歌ったけどさすがは声楽家!!見事でした。
今まで苦手だったNHKの復興ソング「花は咲く」ですが、
アレンジが素敵で、子供から大人までの合唱団の歌声、オケの演奏・・
心にジーーンと染みました。


いこいこさん
>私は時代劇・歴史もの・専門用語の多いドラマ(弁護士とか医療関係とか)は、
内容をしっかり理解したいので、いつも字幕です。

アドバイスありがとうございます!
私も歴史もの特に大好きです♪
私の場合は録画を見ながら停止ボタン押して、Wikiなどパソコン検索しつつ
見ています(笑)

私の住んでる岡崎市は徳川家康の出生地、愛知県は信長・秀吉・家康の三傑の地、
そして桶狭間の戦い・長篠の戦い・小牧長久手の戦い・・・
歴史を好きにならずにはいられません♪

はゆ |  2013.01.13(日) 00:21 | URL |  【編集】

アテルイ間に合うよ

はゆさん
NHKのドラマはほとんど必ず再放送があります。

アテルイは今日!1/13(日)の夜6:45から再放送しますよ!

再放送の方がゴールデンタイムを避けた時間帯なので、大河も再放送で録画してます。1週遅れになっちゃいますけどね。
うちのテレビは録画再生でも字幕が出るんですが、機種によって違うのかな?
いこいこ |  2013.01.13(日) 00:39 | URL |  【編集】

間に合った!

いこいこさん

ありがとう!!!!!!
録画予約完了しました(*゚▽゚*)
大沢たかおさん、素敵ですもんね♪
そういえば・・「JIN」も「八重の桜」同様に幕末ものだぁ~

録画するとき番組表をみてたら「裸にしたい男 綾野剛」発見♪
もちろん予約しちゃいました(笑)
はゆ |  2013.01.13(日) 01:15 | URL |  【編集】

春の賑わい。。。

月子さん
「八重の桜」始まりましたね。

私の今のところの推しメンwは佐久間象山の奥田瑛二。
この人、役に入り込むことで有名ですが、人相も似せて作り込んで来ていて象山の目のくぼみ具合など、メーク以外でも「おぅ」と思って観てます。
実は私、学生時代にモデル時代の奥田瑛二のファッション雑誌の切抜きを下敷きに入れていました。そんなことも懐かしがりつつ。。。仕草とか所作とか、セリフ以外のところでも時代劇ならではの楽しみを今後も期待出来そうな作品ですね。
「八重の桜」発信でまたまたいろいろなドラマや話題に波及しそうですね、まさに春の賑わい(笑)。大家さん(のもんさん)にお部屋を増設頂いて、正解でしたね。
鉄線花 |  2013.01.13(日) 15:36 | URL |  【編集】

ようやく第一話見ました

会津の春?初夏?の緑の美しさが印象的な映像でした。
昨年の「平清盛」の色合いが汚いだのさんざんな評判だったから、今回は美しくしているのかな~何にしろ、生まれ育った場所への愛があふれている、という感じがひしひしと迫ってきました。
綾野くんの若殿もすごく素敵だったけど、なんといっても西島秀俊さん!殿と故郷への敬愛、未知なものへのワクワクするような気持ち、きらきら輝いていました!
若武者というにはちょ~っと無理あるお年かとも感じたけど、目がきらきらしてたから、OK!
八重ちゃんの子役もすごかったですね~、。
いこいこ |  2013.01.14(月) 18:21 | URL |  【編集】

NHKがおもしろい

ちょっと忙しくて、ネットを見ずにいたら、話題が満載でついていけない。(笑)

いこいこさん、私も『とんび』!
これ、いつだったかNHKで堤真一さんとキョンキョンで放映済みなんだけど、
すごい感動したので、今回も期待してます。
私、生涯で一目惚れした俳優さんって、斉藤由貴ちゃんのNHK朝ドラ『はね駒』
それにすぐ続いてNHK大河『独眼竜正宗』に出演した渡辺謙さん、
松嶋菜々子ちゃんの『やまとなでしこ』で、堤真一さん、
『ふたりっ子』の棋士役、続けて『ミセスシンデレラ』の内野さん、
それに、剛くん! 
俳優さんでは無いけど、会津風雅堂でのツアー初日にRYUMEIくん。(笑)

今クールは、見たいドラマがたくさんで、やりくり大変。(笑)

はゆさん、米沢、いいですよ~ 私もう大好きだから!
行くとこは決まってて、林泉寺で直江夫婦のお位牌(本物!)とお墓参りは欠かしません。
兼続は、背が高くて眉目秀麗、文武に長けて、米沢の学問は兼続に始まったとのこと。
この時代に珍しく、側室は持たずに妻一筋だったそうです。
直江状は、写しをどこかで見た記憶がある。原本ではなかったと思う。
これってもともと真偽が不明なんですよね。
会津松平も上杉も、損を覚悟でも義を通すところが、好き。
領民にとっては、迷惑なことかもしれないけれど、
それでも敬われ続けているというのが、すごい。

『天地人』放映当時に、『天地人博』というのを米沢博物館(上杉神社のすぐ傍)で
開催してて、もちろん行ったのですが、
会津でも『大河ドラマ館』がオープンしました。行かなくちゃ。(笑)

「武士らしいと、言わっちゃ」と泣きながら言ってた八重ちゃん。
「武士らしいと言われた」という事ですね。
「殿様に恩返ししでぇ、そんだめにつよぐなりでぇ」
「殿様に恩返ししたい、そのために強くなりたい」
福島の言葉は、濁るのですね。

昨日は、『鶴瓶の家族に乾杯』で、はるかさんが会津を訪ねていました。
雪の鶴ヶ城がきれいでした。再放送が来週月曜の午後4時5分から~
後編が、同じく月曜夜8時から。
去年2月に会津に行ったときに、雪で真っ白になった鶴ヶ城見て、
なんて美しい城なんだろうと感激しました。
一昨年だったかな、瓦を創建当時の赤瓦に葺き替えて、その際、
1枚分2千円だったかな、寄付すると、瓦の裏側にメッセージとか自由に書けるのね、
で、私も1枚。自分の名前がこの先ずーっと、この屋根瓦のどこかに残っているって、
うれしい。『永遠に』と書きました。

鉄線花さん、
>学生時代にモデル時代の奥田瑛二のファッション雑誌の切抜きを下敷きに入れていました

鉄線花さん、かわいい~(笑)

小椋佳さん、見ました!
声がスーッと、楽に出ているのがすばらしい。
来月、いわきでコンサートです。楽しみです。

それに引き替え、はゆさんの聞いた布施さん、そうでしたか。意外ですね。

ニューイヤーコンサートといえば、昨年いわきで仙台フィルハーモニー管弦楽団のを聞きました。
アンコールの時に、指揮者の小泉和裕氏が「元気が出る曲です!」と演奏したのが
この『天地人のテーマ』、生のオーケストラの演奏するこの曲が素晴らしくて、涙しました。
その後、サントラCD買ってしまった。
この小泉氏が、放映時、NHK交響楽団を指揮していたのです。

来週は、いわきでNHK交響楽団の定期演奏会です。
正式名称「いわき芸術文化交流館 アリオス」は、
全国でも有数の音響の良さという事で、N響の定演会場になりました。
開催の度、必ず行っていますが、やはり素晴らしい音です。
昨年は、小曽根真氏との共演で『ラプソディーインブルー』だったのですが、
もう最高~素晴らしい名演で、拍手が鳴りやまなかった。
今年は、エレーヌ・グモーのピアノと共演です。

13日の夜のNHKスペシャルは
『空白の初期被ばく 消えたヨウ素131を追う』でした。
放射能の不安、壊れたままの原発の恐怖は、40K地点の我が市にとっては、
皆、常に意識から離れません。
やはり、いわきにも首都圏にも高濃度の放射能が流れてきたのだと、
あらためて認識せざるを得ませんでした。
再放送は、19日土曜日の午前1時30分からです。
月子 |  2013.01.15(火) 17:49 | URL |  【編集】

御薬園

西島さんは、私も好き。
暮れに、TBSとWOWOWの共同制作で『ダブルフェイス』というドラマ、
ご覧になりましたか。香川照之さんとの共演で、警察とヤクザが互いに潜入、
ハラハラドキドキ、おもしろかった! 
中山美穂さんとの映画『サヨナライツカ』も良かったですよ。
いまどきめずらしい情熱的な恋愛もの。何年前だろう?
この映画で、西島さんを素敵ないい役者さんだと思いました。

好きな俳優さんはたくさんいるけど、八重ちゃんのお父さん役の俳優さんもいい。
どんな役でも、うまい。こういう俳優さんの演技には、惹きつけられます。

今回の容保様と照姫様が紅葉を愛でていた庭園は、会津の御薬園です。
鶴ヶ城にもほど近い、会津藩主の別邸。何度か行きました。
小泉元総理が、会津にいらした時に、ここでお昼ご飯を食べたのよね。
ここはお抹茶と和菓子はあるけど、お食事は出ないので、
総理ご一行様には、仕出し料理でも用意したのかしらんと、
ニュースを見て、下世話なこと考えてました。(笑)

大きさはさ程でもないのですが、当時のままの建物や、松などの古木、
紅葉(もみじ)もありました。手入れの行き届いたお庭が、見事です。
当時も今も、薬草が栽培されていたので御薬園というのですね。
剛くんと稲森いずみさん(時代劇をやるとホントきれいですよね)が
ご当主様とお会いしてたのも、ここ御薬園でした。

月子 |  2013.01.15(火) 21:05 | URL |  【編集】

今夜も大変です

好きな俳優さんリストに、大切なヒトを忘れていました。
『セカンドバージン』の長谷川博己さんです。
今夜10時から、NHKBS『裸にしたい男』で長谷川さん後編です。
今夜10時、NHK地デジは『歴史秘話ヒストリア』が白虎隊&土方さん。
そして、大泉洋さんのドラマ初回でしょ、どうしたらよいのでしょう。(笑)

そうそう、はゆさん。
>スマホの裏には「毘」の旗印を貼っております(笑)

すごい(笑)
米沢城址跡は上杉神社となり、入り口には「毘」と「龍」の旗が掲げられてます。
神社の傍らには上杉家の宝物を収めた稽照殿(けいしょうでん)があり、
そこには、本物の「毘」の旗がありますよ! 兼続公の「愛」の兜も。ここは必見。

新潟で亡くなった謙信公の遺体は、鎧を着せられ甕棺に納められ、会津~米沢と移り、
鶴ヶ城のその跡には今も小さな赤い鳥居が、米沢城址のその跡には碑が残り、
謙信公の遺体は、今は米沢市内の杉木立に囲まれた厳粛な雰囲気の上杉廟所に、
歴代藩主の中央に埋葬されております。ここも必見ですね。
米沢は、小さな町なのでどこへでもすぐ行けます。

先に話した林泉寺は、新潟にあって謙信・景勝・兼続が教育を受けた所ですよね。
米沢には、上杉家と共に移った。新潟にも林泉寺は、まだあるとの事。
米沢林泉寺には、兼続など家臣や藩主夫人などのお墓もあり、
武田信玄の六女で上杉景勝の正室菊姫(甲州夫人)や、
その弟で信玄六男武田信清のお墓も立派にあります。
信玄亡き後、武田は上杉を頼り、また上杉も温かく迎えたとのことで、
昨日の敵は今日の友というか、本当に義に厚かったのでしょうね。
米沢三代目藩主綱勝の夫人は、会津松平藩始祖保科正之の娘(会津夫人)です。

保科正之は、徳川2代目秀忠の外腹の子、面倒を見たのが信玄の次女、などと聞くと、
当時どんな事が起きていたのか、どんな会話が交わされていたのか、、、
ロマンだな~タイムスリップして見に行きたいと思う。(笑)
月子 |  2013.01.16(水) 15:25 | URL |  【編集】

歴史って・・

月子さんの米沢・会津のお話を読ませていただき、ますます訪れてみたくなりました!

会津の御薬園・・もう絵になる!!素敵でしたね~
八重さんのはじめの旦那さんとなる「川崎尚之助」役の長谷川博己さんも
絵になります。

>若武者というにはちょ~っと無理あるお年かとも感じたけど、目がきらきらしてたから、OK!
 
いこいこさん、私も同感♪♪
西島さんはNHKの朝ドラ「純情きらり」で初めて見て好きになりました☆
あの時もたしか東北弁でのセリフでした。
あっ!「純情きらり」は岡崎が舞台となってました。
宮﨑あおいちゃんが自転車に乗って女学校へ登校するシーンが
我が家のすぐ前の川沿いでロケがありました。
岡崎城公園のあちこちにあおいちゃん・三浦友和さんなどの手形のモニュメントが
飾ってあります(ちょっと怖い感が・・笑)
当時はボランティアでスタッフ募集があってて、エキストラはもちろんですが
アスファルトを土で隠す作業とかも・・
私はできなかったけど、友人が参加して楽しかったと言ってました。

月子さんは「天地人」のテーマ曲を生でお聴きになったんですね、いいなぁ♪
この曲は結構歴史ものの番組(民放でも)などでBGMで流れてるのを耳にします
大河ドラマの曲はホント良い曲が多いですね。
演奏はN響ですしね。
この前TSUTAYAで「篤姫」までのテーマ曲をあつめた大河ドラマの二枚組CDを
見つけましたよ(笑)もちろんget!(笑)

それに大曽根さんの「ラプソディ・・」まで堪能されたとか!
もう羨ましすぎ!!
大曽根さんは原曲に忠実?アレンジ多め含む??

ニューイヤーコンサート絡みでもう一つ。
毎年元日のウィーンフィルのコンサートは欠かせません!
いつかあの会場(楽友協会ホール)でラデツキー行進曲に合わせて
手拍子をするのが夢の夢・・・
叶えられたら死んでもいいわ(笑)
大晦日のジルベスターコンサート(テレビ東京)も必見です。
ジャスト12時、新年に合わせて一曲を終わらせるというハラハラドキドキ!
今年は「威風堂堂」・・見事にバッチリ終わった瞬間には
来生さんのクリコンのようにパァーーーんと銀テープ!
年末年始の楽しみ♪


歴史って時の縦・横の流れがつながっていくと楽しくてもっともっと知りたくなります。

月子さんの歴史感やそれぞれの場所に寄せる愛情あふれるお話は
とても楽しいです(*゚▽゚*)

「八重の桜」を見ていく上でとても参考になります。
もっともっと聞かせてくださいね♪

はゆ |  2013.01.16(水) 19:52 | URL |  【編集】

クラシック

こんばんは。
それにしても前から思ってましたが、皆さんNHKが大好きなようですねー。

月子お姉様
N響ですか~。
それにしても美人なソリストさんで豪華なようですね~!
どうでもいいですが指揮者とか曲目も変に気になっちゃいました。(笑)

>小泉和裕氏
カラヤンのお弟子ですね。凄いな~!!
確か去年録画したな~。この指揮者のライブ映像。NHK-BSで。チャイコフスキーの4番でしたけど棒がカラヤンに似てたな。

ちなみに、僕は基本的にNHKは日曜の朝6:00~のBSとかしか観ません。大河も観ておりません。(^_^;)
去年はTryしてみましたが加藤あいが消えた途端に観なくなってしまいました。一年間見続けるというのはよほど歴史好きとかじゃないと無理ですね。

自分は2、3年くらい前に、チケットを頂いたので、フィリップ・アントルモンってピアニストのライブに行ったっきりですね。クラシックは。ミスタッチ有り過ぎでした。曲目はベートーヴェンの「熱情」とショパンの「幻想即興曲」しか覚えてないです。これらはピアノの曲では非常に好みなので覚えてるだけだと思いますが、やっぱ音的にも見た目的にもオーケストラにかなうもの無しでしょう!
終演後にショスタコーヴィチの交響曲第15番ってやつのピアノ2台ヴァージョンか連弾だったか忘れましたが、それのCDを1枚購入してサインを頂いてきました。(笑)(オーケストラの曲だからの購入の決断。)
「OH!ショスタコーヴィチ!」・・・とリアクション高いフィリップ・アントルモン氏でございました。

郡山だったでしょうか、去年から佐渡裕と東京シティ・フィルってもCMで流れてましたけど、僕は行く予定なしです。ベートーヴェン以上の編成だったら行った(行く?)かもしれません。たぶんベートーヴェン7番っては今までクラシックのライブで聴いた曲№1ですね。僕は。

長くなりました。
あ、NHK・・・自分好みの番組や芸能人が出たらたくさん観たいです。

では、お姉様お気を付けて。
Ordinary |  2013.01.17(木) 00:28 | URL |  【編集】

ホントに大変!

「歴史秘話ヒストリア」見ました。
容保様の写真(若い時の)なんだか綾野さんみたい(笑)
似てますね~
白虎隊と八重さん、新選組との関わりも興味深いですね。

年末の白虎隊のドラマは録画ボタンを何かの拍子に止めてしまい
最初の方しか録画されてなかった(涙)

二歳年下の従弟が幼稚園の学芸会の劇で「白虎隊」を演じたんですよ!
今考えると幼稚園児が演じる題目ではないように思いますが(笑)
それにそこは福岡県ですよ~地元でもないのに何故なんだろう??
今だに不思議!

私も当時は小学1年か2年生。全くストーリーはわからないまま見てたと
思うのです(汗)
ただ、白虎隊に扮した少年たちが銃?刀?を杖にして傷ついた体を支えながら
の山中をさまよう迫真の演技が子供ながらにも印象的でしっかり覚えてます。
大人たちは涙している人もいたんですよ。

だから白虎隊についてはいつかしっかり知りたいなとおもってました。
良い機会です、勉強しよっと♪

「八重の桜」ではどんな描かれ方をするのでしょうか・・
新選組は? 龍馬は出てくるのか??
歴史の横の流れがどこまで描かれるのか楽しみです♪


NHKも民放もホントに面白いドラマやドキュメンタリーが多くて
録画予約も大変! それを見るのも大変!!
それに仕事から帰ってきてからの夕方、こちらの再放送枠で「Drコトー」
「北の国から」まで始まってるから時間があっという間に過ぎちゃいます(汗)



はゆ |  2013.01.17(木) 00:49 | URL |  【編集】

白虎隊と・・・

昨夜は、三つの番組すべて見ました。睡眠不足(汗)

白虎隊といえば思い出したのですが(また長くなる・・・汗)
小田和正さんが、前々回ツアーin仙台の際にご当地紀行で訪れた
というので、ミーハーな私は輪王寺に行ったのです。
当時、蛸足に書かせていただいて、鉄線花さんにご縁のお寺だという事でしたが、
そこにあったのが、昨夜のTVでは取り上げられなかったけど、
やはり白虎隊生き残りの飯沼貞吉氏のお墓。
なんでここにと、驚きました。仙台に移り住んでいたのですね。
小田さんにというか、何かに導かれてここにたどり着いたのかな~と思ったものです。

飯盛山の白虎隊記念館と墓地にも、子供の頃から何度か行きましたが、行く度涙です。
白虎隊が逃れてきたという、水洞があってその水の流れに手を入れたら
夏だというのにすごく冷たくてこんな所を逃れてきたのかと、子供心にも衝撃でした。

白虎隊記念館には、新選組関係の品々も展示されていて、島田魁の肩章とか、
土方さんの鉢金や鎖帷子とかもありましたが、土方さんのこの2品は、
今は日野の土方歳三資料館にあります。どちらでも見た私。。。(笑)

朝ドラ『はね駒』では、小林稔持さんが斉藤由貴さんのお父さん役で、
白虎隊のように戊辰の役で戦った、二本松少年隊の生き残りという役どころでした。
頑固で実直で、心に生き残りのうしろめたさ傷を抱いた父親だったと記憶してます。
白虎隊ほど有名ではありませんが、二本松少年隊も激しい戦で果てたと伝えられ、
去年、私も二本松に行き少年隊の墓をお参りしてきました。(ホント、墓参り好き)

なぜ私は、二本松に行ったのか?
去年5月の小田さん東北ツアーin福島でのご当地紀行で、
小田さんが二本松城址にも行ったのです。
私は昔1度行ったけど、そんな印象に残る場所ではなかったのですが、
門が再建されていたのですね。その石垣が見事な箕輪門(みのわもん)への階段を、
小田さんが「立派だな~一番だな~」とか言いながら上って行く映像を見て、
私も行かねばならぬ!と(笑)、翌月には、早速行って、秋にもまた行きました。
一山丸ごと庭園のような造りで、四季折々の花木も見事。
山頂にあったという天守閣は、今はありません。残ってたら、絶景だったでしょう。
天守閣の石垣が震災で崩れて、修繕中でした。

高村光太郎の『智恵子抄』で歌われた「ほんとうの空」の舞台が、ここ二本松です。
小田さんは『智恵子抄』が好きなんですって~小田さんらしいな。
二本松には、造り酒屋だった智恵子の生家が残っています。
隣接された智恵子や光太郎の作品を展示した記念館も、必見です。

御薬園は、新政府軍に没収されたそうですが、白虎隊の碑同様、
市民が浄財を出し合い買い戻して、容保公にお返ししたそうです。
いかに容保公が、民に愛された主君であったかを察せられるエピソードですね。

照姫様とのシーン、剛くんの恥じらうような胸に秘めた恋心を感じさせるような
初々しい表情が素敵でした。剛くん、容保公に似てますよね。
月子 |  2013.01.17(木) 16:42 | URL |  【編集】

音楽のこと

Ordinaryさん、

>では、お姉様お気を付けて。

ありがと~♪ すごくうれしい。(笑)

>小泉和裕氏
カラヤンのお弟子ですね。

そうなんだ~さすがよくご存じ。
仙台フィルの首席客演指揮者だそうですよ。
この時は、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を聴きに行ったのですが、
『天地人』のテーマも大迫力で感激でした。

日曜朝のNHKBSは、クラシック番組ですね。素敵な趣味ですね♪

N響のいわき定期演奏会第1回は、2009年9月13日、
まさにそのベートーヴェンの交響曲第7番でした!
私、『のだめカンタービレ』で初めてこの曲聞いて、
カッコいいと思ってたので、うれしかったですね。
この日はすべてベートーヴェンで、他には、
序曲「コリオラン」
『ピアノ協奏曲第4番』
ピアニストは、クリスティアン・ベザイディンオート
指揮は、クリストファー・ホグウッド
でも、私はこの方達がどのような方なのか存じません。(汗)

今月20日のN響は、指揮デーヴィッド・ジンマン
プログラムは、
ブゾーニ 『悲しき子守歌~母の棺に寄せる男の子守歌』
シェーンベルク 『清められた夜』
ブラームス 『ピアノ協奏曲第2番』

どれも私には馴染みがない曲ですが、ピアノがグリモーだというので、
即行こうと決めました。

はゆさん、
小曽根さんの『ラプソディーインブルー』は、うんとジャズっぽくて、
カッコ良かったんですよ。アドリブの嵐のようでした。
N響の団員もすごく楽しそうに、ノリノリの演奏でした。

これは、2012年3月8日の「NHK交響楽団いわき特別演奏会」での演奏。
震災から1年という事で、まずバッハの『G線上のアリア』を献奏、
ラヴェルの組曲『マ・メール・ロワ』
次いで、小曽根氏との共演での『ラプソディー・・・』は、
拍手がまったくやまないので、予定にはなかったアンコール曲も。
休憩後に、ドヴォルザークの『新世界から』という充実のプログラムでした。

Ordinaryさんもご存じのいわき出身の指揮者小林研一郎氏は、
いわきで毎年のようにコンサートを行い、私もほぼ毎回聞きに行くのですが、
地元という事もあり人気でチケットが取れないこともあります。

先月12月には、無料ご招待に当たって「コバケンとその仲間たちオーケストラ」に
行くことが出来ました。倍率高かったので、当たってよかったです。
障がいのある人も参加してのオーケストラに、ボランティアで、国内のみならず
世界中から演奏家が集まってのオーケストラ、NHKで一昨年だったか放映されました。

多数の参加者の中には、「ベルサイユのばら」の作者池田理代子さんも、
マリー・アントワネットのような髪型と衣装でお美しく『私のお父さん』を独唱、
バリトンの村田考高さんとご一緒に『千の風になって』も歌いました。

地元の高校生や小中学生も参加しての盛りだくさんの内容でしたが、
アィーダの『凱旋行進曲』
シベリウス『フィンランディア』
モーツァルトの『レクイエム』
チャイコフスキーの『1812年』
など、鎮魂と復活を意識したようなプログラムでした。

コバケンさんの「突然に肉体を失い、魂となられた皆さま」と
おっしゃった言葉が、心に残っております。。。
月子 |  2013.01.17(木) 17:43 | URL |  【編集】

18日のNHK

何度もすみません。(汗)

今夜(明日)1時15分からNHKでSONGS小椋佳さん再放送。
来生さんにもご縁の星勝さんやキティ関係者も登場します。
小椋さんのお歌も素敵でしたので、見逃した方、ぜひ録画を。

明日朝8時15分からのあさイチは、話題の西島秀俊さんがご出演です。
月子 |  2013.01.17(木) 20:03 | URL |  【編集】

月子さん、ありがとう!!

西島さんがあさイチに出るんですね~!!録画予約しました!絶対見なきゃ!!
以前、たぶん西島さんが宮崎あおいちゃんと朝ドラに出ている時だと思いますが、スタジオパークに出ていたのを見ました。西島さん、かなり天然な感じですよ。最近のドラマの役どころは渋いのが多いですけどね。
私ももちろん「ダブルフェイス」見ました。まるで映画のような、重苦しい作りでしたね。見ごたえありました。
3年くらい前の香里奈ちゃん主演「リアルクローズ」での役は、微妙に天然ボケな上司役で、見ていてすごく面白かったです。たぶんご本人もあんな感じなのでは。
私と西島さんのおつきあいは長いですよー(^^)柴門ふみさん原作の「あすなろ白書」(1993年)からです。主人公(石田ひかり)の彼氏(掛居くん―筒井道隆)、つまり男相手に恋心を抱いてしまう医大生、という役でした。そのときの西島さんは細身でとてもハンサムで(今でも変わらず細身でハンサムですが)、少し生意気な感じの若い男の子でした。
そのあとテレビではあまり見かけなかったので、どうしたのかなと思っていたのですが、「純情きらり」から始まって最近のこのご活躍!本当にうれしいです。
明日のあさイチが楽しみです(^^)
いこいこ |  2013.01.17(木) 20:36 | URL |  【編集】

あさイチ

西島さんって、やはり意外と天然でしたね。かわいい。(笑)
ファンがさらに増えたかも♪
番宣番組で、常に背筋がピシっと伸びて二枚目な長谷川さんに比べて、
西島さんは三枚目丸出しで、はるかさんからも「兄ちゃん、うるさい!」とか
いじられっぱなしでした。でも陰の努力は惜しまない、素敵。

いこいこさん、ホント長い付き合いですね、私 知らない時代です。
『サヨナライツカ』と『ストロベリーナイト』あたりから注目したのかなー
『ストロベリーナイト』の竹内結子嬢を見守っている表情が素敵だったな~
と思いつつ、あれ、怖かったでしょ、
今でも“ストロベリーナイト”の映像がフラッシュバックして
ドキッゾゾッとなるのです、ああいうグロいシーンはホント苦手で、
映画版見たいような見たくないような、
でも大沢くんもカッコいいんですってよ~迷う。。。
月子 |  2013.01.18(金) 16:58 | URL |  【編集】

御薬園とオケと初字幕

>御薬園は、新政府軍に没収されたそうですが、白虎隊の碑同様、
 市民が浄財を出し合い買い戻して、容保公にお返ししたそうです。
 いかに容保公が、民に愛された主君であったかを察せられるエピソードですね。

素敵なお話です♪♪
先週、御薬園のシーンがありましたが設定は会津ではなく江戸のお屋敷なんですよね。
会津のお城のお庭という設定だとばかり思っていましたが、
二回目見て気づきました(笑)


民衆に愛されてるといえば、お話に出てきたコバケンこと小林研一郎氏。
本当に威張り気がなく気さくな方と思います。
小林氏は名古屋フィルの名誉指揮者でもあります。
コンサートでは自ら曲の解説をなさるので最初はびっくりしました(笑)
岡崎市民会館はとっても古くて音響も悪くて申し訳ないホールなのですが、
毎年、名フィルとともに来てくださいます。
岡崎市の文化事業の一環だそうで、チケット代金はなんと3500円!
「岡崎は文化的にとても発展してるのですが、ここのホールが新しくなると
もっといいですねぇ」と・・みんな爆笑!
新しいホールがなかなか建たないのが歯がゆいです。

コンサートといえば・・(私も長くなる(苦笑))
地方の音大に通っていた私。
演奏会で教授が作曲したオリジナルの曲をオケ演奏したのですよ。
その名も「組曲 吉田松陰」!!
おまけに曲に合わせて寸劇とナレーション入るのですが、
吉田松陰役に「山本 學」さんでした。
渋くてすごく松陰にぴったり。
学生中心のけして上手ではない(?)オケの演奏なのに、
リハから全力で演技されてて圧倒されました。
黒船に乗ることに失敗して捉えられる場面で「我、メリケンへゆかんと欲す!」と
何度も叫ぶのが耳に残ってます。

そのイメージが強かったから、小栗 旬くんの松陰は若いなぁと思ってましたが、
29歳で亡くなったことを思えば學さんよりも年格好は良いのですね。
でも松陰の肖像はかなり老けてますが(笑)

「八重の桜」今夜は初めてオンタイムで見られました!
初の字幕も体験、なるほど~よくわかる!
音楽だけが流れるところでは画面に「♫~」が表示されるんですね。
なぜか心が暖かくなりました。
今まで「あなた」のことを「ぬし」と聞こえてたのですが
「にし」なんですね、びっくりしました(笑)
で、録画したものをチェックしたんですが、やはり我が家のは録画したものでは
字幕が生きてこなかった(涙)

それにしても、西島さんはソフトなイメージでしたが
鍛えられたお体にはびっくりしました。

はゆ |  2013.01.20(日) 23:11 | URL |  【編集】

コバケンさん

はゆさん、音大卒なんですね。
だから、音楽の事お詳しいのですね。

山本学さんは、子供の頃から(笑)好きな俳優さん。
東芝日曜劇場で、池内淳子さんとよく共演なさってて今も記憶に残っています。
そう、松陰も新選組隊士も容保公も実際は若かったんですよね。
小栗旬くんも好きです~気が多い。オダギリジョーも楽しみです。(笑)

>鍛えられたお体にはびっくりしました。
「裸にしたい男」というタイトルが、頭に浮かんだ。(笑)
あさイチでも話題になっていたけど、ホントすごい鍛えてるんだ~と感動。(笑)

岡崎市は、コバケンさんともご縁があったのですね。
コバケンさんの柔らかな話し方、いいですよね。
2月に名古屋フィル、ありますね。

コバケンさんは、今もなお国内外で精力的に活動なさっています。
「72歳になりましたが、この年になってもたくさんの依頼をいただけて
ありがたいと思っています」とおっしゃっていました。

昨年、コバケンさんもご出演なさった『天心の譜』という映画の上映会と、
製作総指揮の細川佳代子さん(細川元総理夫人)と、小栗監督と
コバケンさんのトークショーがありました。

この映画は、細川さんがもう一つのオリンピックである知的障がい者のための
『スペシャルオリンピック』をずっと支援なさっていて、映画にしたものです。
細川夫人曰く「オリンピックは実は3つある、でも『スペシャルオリンピックス』のことは、
あまり知られていない、スペシャルオリンピックスでがんばっている人達を応援したくて
始めたことです」ということです。私も知らなかった。
世が世ならお姫様の佳代子さんは、美しく知的で品のある笑顔を絶やさぬ素敵な方でした。
細川元総理に雰囲気が似ていて、夫婦は似るものだな~と思って、
帰り際にお見送りしてくれた夫人に、ついそう言ってしまった、おしゃべりな私。(笑)

コバケンさんが、故郷いわきの津波で被災した中学校を訪れたときの様子、
仲間たちオーケストラの活動の様子なども描かれた映画です。
今も各地で上映会が催されているようなので、機会があったらぜひ。
http://cinema-d.com/  
予告編映像もご覧になれます。
予告編映像に映された海が、塩屋の岬、灯台がある私が大好きな所です。
でも、この地域はほとんどの家が流失し、たくさんの方が亡くなり、
いまだ瓦礫が山積みのままです。
独唱なさっているのが、ベルばらの池田理代子さん。

アリオス開館5周年記念ということで、
6月30日にコバケンさん指揮のコンサートがあります。
NHK交響楽団と小山実稚恵さんで、
ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番、ベルリオーズの幻想交響曲。
チケット取るの、がんばらないと。。。
月子 |  2013.01.21(月) 12:03 | URL |  【編集】

N響

こんばんは!

月子お姉様
お帰りなさいませ。
またあるんですね~!!N響。(笑)
今度は個人的にはけっこう魅力有り過ぎる曲です。メインのやつ。最後ら辺でどっからか鐘の音が聞こえてくる予感がします。お姉様チケットGET出来ますように。。。これは豪華です!

一回自分も「幻想交響曲」を聴きに行きました。オケは日フィルだったかハンガリーだったか、、、すいません(^_^;)

福島県の指揮者は小林研一郎氏が一番印象強いですが、次に有名(?)な方は本名徹次氏でしょう。ご実家は月子お姉さまはご存知だと思いますが、あの“柏屋”です!
この前、っていうか去年のクリスマスライブは差し入れに“スイーツまんじゅう”とやらを差し入れにと思って持って行きました。あれ、来生さん召し上がってくれただろうか???実を言うともしかしたらえつこさんにも遭遇するかも(^_^;)と思って2つ持参で行きました。。。結局各氏に遭遇することはありませんでしたけど。
ちなみに自分はこのカラフルな“スイーツまんじゅう”とやらを今のところ食ったことはございません。“薄皮饅頭”とか三万石の“ままどおる”っては自分で買って食べるものではない!というイメージが子供の時から変な定着があり多分我が家では自分らが食べる目的で買ったことは内容な気がします。・・・頂いたらありがたくいただくという。(^_^;)

※来生さんに痩せろと書き込んでいながらこのようなものを持参してしまい申し訳ありません。急に思い立ったもので。

あ、NHK交響楽団。一番最初っては印象深く残ると思いますが、自分にとって初めての初N響っては初生「新世界より」だったな~。ドヴォルザークのこの交響曲も何度でも歓迎したくなる名曲ですね。どうでもいいですけど、そん時の指揮者は外山雄三氏でございました。はい。

では~。
Ordinary |  2013.01.22(火) 23:55 | URL |  【編集】

柏屋とアリオスのこと

本名さんは、やはり柏屋のご子息でしたか。
姓がそうだからそうかな~と思ってた。優秀なご家系なんですね。

クリコン、来生さん&えつこさんに、お土産持参だったのですね。
福島の人は、律義なんですよね。(笑)
渡さずに持ち帰ったのですか? 受付に渡したのですか?
柏屋のフルーツ饅頭は、けっこう人気あるみたいですよ。
でも私は、あんこはあんこ、フルーツはフルーツと、分けたい派。
だから、普通の薄皮まんじゅうが好きです。(笑)
平にも柏屋の大きな店舗があって、やはり贈答用につかいますが、
私は試食しまくり、サービスのコーヒーをいただいて帰ります。
それでお腹いっぱい。(笑)

私は、来生さんに三万石のままどおるをよくお持ちしました。
なぜなら、(はるか昔の)学生時代から、東京の友人達に好評だったから。
東京の人は、ままどおるが好きなのかな~と思って。(笑)

昨年5月の小田さん福島ライブのご当地紀行(またしてもの話題ですが)、
小田さんが郡山の柏屋本店にフラっと立ち寄り、お店の人に
「小田が、昔お世話になったとお伝えください」と。
何をお世話したんだろう?スポンサーにでもなったのか?と、気になった。(笑)
あと、郡山では幸楽苑のラーメンと餃子を食べていました。
いわきでは揚げたてのコロッケ、塩釜神社では団子、庶民的な小田さん♪

『新世界から』
私もこの曲が好きで・・・ 重くて、昔は毛嫌いしていたのですが、今はすごく好きです。
高校3年生の時に、あれがコバケンさんのいわきでの初公演だったのかな~凱旋公演。
はるか昔の平市民会館(今は、アリオス)で、たまたま誘われて行ったのでした。
これが私の、初オーケストラ体験でした。同じ『新世界から』でしたね。(笑)
今思えば貴重な経験でしたが、当時は眠かったなぁ~と、それだけの記憶。(汗)
この数年間では、コバケンさんで2回(日フィルと、仲間たちオーケストラ)
N響でも、聴きました。私もやはり、何度でも聴きたい『新世界から』
Ordinaryさん、N響聴きに来てください♪

佐渡裕さんは、市民会館時代にシエナウインドオーケストラの指揮を聴きました。
佐渡さんは、バーンスタインのお弟子さんですよね。
この頃は、佐渡さんもまだそれほど有名ではなかったかもだけど、
その情熱的な指揮を見て聴いて、この人はきっと名を成すに違いないと思いました。
アリオスでは辻井伸行さんのコンサートもあります、これもチケット取るの大変そう。
2月には小椋佳さん、MISIAさん、3月にはきみまろさんという、多趣味な私です。(笑)

昨日『東京家族』見てきました。笑って泣いてよかったけど、今イチかなぁー
『レ・ミゼラブル』がよかった~ もう一度観たい、というか聴きたい!
全部の会話が、音楽~歌っている。それが違和感なく聴き入ってしまうという。
RYUMEIさんが、まいさんとデュエットしたよね? 
月子 |  2013.01.23(水) 17:03 | URL |  【編集】

天心の譜と名曲たち

月子さん

いろいろな情報ありがとうございます。
予告編見ました。
確かに細川夫人のお顔に元総理が見えました(笑)
もうひとつのオリンピック・・知らなかったです。
素敵な活動をされていたんですね。

私の友人のご実家(ご両親は既に他界されて空家だったのですが)が
津波で流されたそうです。
すぐに駆けつけて戻ってきた彼女が言ってた言葉で
深く印象的だったのは
「海がねこんなに近かったんだって思った」って。
何もなくなってすぐそこに海があったのに驚いたそうです。
生まれ育ったところなのにね~って。
予告編を見て彼女の言葉を思い出しました。

そして、なんとタイムリーなのでしょう!
「天心の譜」が現在名古屋で上映中だそうです♪
ただ2月1日までなので今週末になんとか行けると良いのですが・・
予告編いきなり「1812年」が流れ、私のハートをガッチリ(^^;
この曲、好きだなぁ~
音楽を生業にしていた頃、シンセ20台+打楽器でシンセオケで演奏したことがあるんですよ。
やはり自身で演奏した曲は、とことん楽譜に向き合いCDを聴き込み弾き込みしたので
思い入れひとしおです。
いつかリアル大砲で聴きたい!

「新世界」は私もコバケンさん+名フィルで聞きました♪
これはどの楽章も魅力的☆
そういえば先にお話した岡崎市民コンサートでは好んで「ボレロ」をラストに演奏されます。
で、コバケンさんのちょっとしたイタズラなのでしょうか、
曲の演奏前のお話で「この曲は各楽器が同じメロディを奏でてゆきます。
特にオーボエ・ファゴットはリードの扱いが難しいので演奏者にとってはプレッシャーです(笑)」と。
これを受けた楽団員は緊張ものですよねぇ。
一度、かなりやばかった演奏がありました(汗)

佐渡裕さん+シエナウインドオーケストラといえば・・
数年前のこと、人気のチケットですから発売が約1年前だったんですよ、
なんとかgetしたものの、すっかり忘れてて演奏会おわってしまってた・・
という悲しい思い出があります(涙)
今年もありますが、あれ以来佐渡さんとは縁が繋がらないようです(^^;
今年はウィーンフィルが来る!!
チケ代が・・(;_;)

N響チケ、頑張ってくださいね。
P協奏曲4番、カデンツア部分が楽しみでしょうか?
一度生で聴いてみたいです。

月子さんんもOrdinaryさんも音楽にとってもお詳しい!
私など足元にも及びませんです。
きっと演奏会に足を運んでらっしゃる回数も多いのでしょうね。

月子さんはたて続けにコンサートなんですね、羨ましいなぁ~
さださんもですよね?

いろんなコンサート、お一人で行かれるんですか?
はゆ |  2013.01.23(水) 23:27 | URL |  【編集】

はゆさん、偶然というかこれも何かの縁と思って『天心の譜』をぜひ。
いわきでも、2月にまた上映されるので見ようと思ってます。
『1812年』は、知らない方のためにコバケンさんの解説を引用すると、
ナポレオンの侵攻~ロシアの反撃~勝利を描いた曲ということで、
「ラ・マルセイエーズ」や大砲の音も聴こえてくる、ドラマチックでカッコいい曲です。

コバケンさんの『ボレロ』は聴いたことなかったと思う~羨ましいです。
私はアリオスで、西本智実さんの指揮でウクライナのオケだったかな、
やはりカッコよかった! だんだん楽器が増えてくるのが楽しかったし、
同じリズムをずっと刻むのって、実はすごく難しいと思うけど、見事な演奏でした。
でも、私は全くの素人で、ただ聴くことが好きなだけですが、
素敵なホールが近くに出来たお蔭で、いろいろな音楽に触れる機会が増えたことに
感謝して、また新たな音楽との出会いを楽しみたいと願っています。
はゆさん、いろいろ教えてくださいね。

>音楽を生業にしていた頃、シンセ20台+打楽器でシンセオケで演奏したことがあるんですよ。

すご~い! 

私は四姉妹なんですが、皆エンタメ好きというか、それぞれにお気に入りがあって、
で、その中で共通しているのが、小田さんとクラシック、あと広島カープです。(笑)
妹達には、それに歌舞伎が加わります。(私はほんのちょっと触る程度)
皆それぞれ仕事も忙しいのですが、連絡取り合って一緒に行けるときは一緒。
でも、皆一人で、どこへでも行ってしまいます、沖縄でも九州でも。私には無理ですが。

私も、映画でもコンサートでも、仕事の切れ間にそれっと飛んでいく感じです。
だから、人と待ち合わせたりとかって、苦手で・・・だいたいいつも待たせてしまう。(汗)
最近、映画で冒頭の「東宝」とか「松竹」とかのマークとほぼ同時に入場という事が続いて、
ある意味「私ってすごい。いつもギリギリだけどセーフだ」と思ったりしてたのですが(笑)
ついに『東京家族』では、もう始まっていて(おそらく1分位)、
でもこの1分が大事なのだと、昨夜の『最高の離婚』で言っていたので、笑ってしまった。
昨夜の剛くん、出番がいっぱい、素敵でした♪
月子 |  2013.01.25(金) 17:26 | URL |  【編集】

ウィーンフィル

はゆさん、書きもらしました。
ウィーンフィルは、妹四女が2010年だったか、サントリーホールに行きました。
その感想は「あの音聞いたら、もう他の音が聴けなくなる」
そうかもね。(笑)
月子 |  2013.01.25(金) 18:23 | URL |  【編集】

みなさん、遅れて参加もありです!

ぜんぜんコメ入れなくてごめんなさい。
でもこの場所作ってよかったー!
予測通り、ドラマの話のみならず広がる広がる。
思わぬ隠れた話も飛び出して興味深いです。
はゆさんてば音大卒だったんですね。
言われて納得。
自分がかつて弾いた曲をホールで聴くって、
やっぱり聴きどころが人よりもずっと多くて贅沢で楽しい経験だと思います。
私は音楽はやらないので、そういう話を聞くだけでゾクゾクしてしまう。
これからもバンバン語ってください!!

私はクラシックのことはもう皆目わからないので、
へーと思うばかり。
いつかここで見た単語に「おお!」と思う日が来るのかな。
みなさんの熱い語りを嬉しく読んでます。

以下今さらなことをちょこちょこつまみつつ私も参加。

八重の桜、3回ちゃんと見てますよ。
言いつつ、毎回ドキドキなんですけど。
まだ序盤だからしんどいことはないんだけどさー。

>「それでよい」の声と表情は、素敵過ぎます、悶絶しそうだ。(笑)

もー、まさにこの笑い方が綾野剛ですよね。
私も「出たー」と思ってひっくり返った。
そんで3回目の西嶋さんの脱ぎっぷり。
月子さん情報でなにげにあさイチ録画して出かけて、そんな話題も出ていたけど、まさかあんなすごい体だったとは。
胸筋があれくらいの人はいても、あのあばらには驚きました。
そんなとこばっか反応するな!
いや西嶋さんて私はほっとんど知りませんでしたが、あの年齢の男性のシャイな笑顔はマズイですね。

NHKだと、あさイチもそうだけど、スタパや土スタなどチェックしなきゃいけないところが山盛り。
雑誌のステラとかね。
見かけた人は即一報!!

私は「最高の離婚」にハマっております。
一人で夜中にセリフ一つも聞き洩らさないように見てますよ。
録画したのも消せずに取ってる。
出てくる役者が上手いし、セリフや演技がとにかく自然で、ストーリーも重層的で面白い~。
ここの綾野さんがまたまったく違うキャラだよね。
フワフワした捉えどころのなさが凄い。
オノマチのセリフが、たまに私が言いそうなそのまんまなのでドキッとしたり。
3話目の瑛太も上手かったな~。
まさに私が読んでる穂村弘のエッセイのまんま。
「見えないスタンプ」「未来の小さな死の待ち伏せ」が
あの瞬間に一気に来ちゃって、今になってはまったく覚えがなくて、
そりゃ戸惑うわなー。
来週は綾野剛のエピソードが語られますね。
EDのダンスも楽しみだー!
のもん |  2013.01.26(土) 11:49 | URL |  【編集】

土スタ

今日の土スタは、西田さんとB作さんの福島出身コンビ。
濃い福島弁に笑った~二本松少年隊の話題もチラリと出て、
よかった~白虎隊の陰に隠れて、語られることが少ないけれど、
実は本当に勇敢に闘った少年たちの事を、知って欲しい。

やはり私達は、子供の頃から白虎隊・少年隊のことを、
あたり前に伝えられて育ったのだと、いまさらに気づきました。
「ならぬことはならぬ」とか、言われたなぁー
幼稚園保育園では、お遊戯会で年長男子の白虎隊の演舞は定番でした。

番組チェックもだけど、県内ではイベントも収録もあるようなので、
それもチェックしなければ。
最近では、はるかさん参加イベントが、福島市であったようです。
今日の土スタの公開録画も後から知った。

私と歴史好き妹二女が今から気にかけているイベントが、
毎年9月23日前後に会津若松市で行われる、会津藩公祭り。
昨年の様子が、こちら
http://www.aizukanko.com/event/95/

会津藩、それに親藩だった長岡藩、桑名藩、
日野市や千葉県流山市などの新選組隊士達(愛好者達)も参加の
行列があるのですが、毎年、ゆかりの有名人なども参加し、
大河で『新選組!』をやっていた年には、
あの土方歳三役山本耕史さんと島田魁役照英さんが、参加しました。
当時私は、この土方さんに夢中でしたから(笑)、もちろん行ってきました。
私は土方役は、耕史くんが一番だと思っていますが、
妹は私も知らない、すごく古い俳優さんの名を挙げます。
さすが、小学生の頃からの、元祖歴女な妹です。
土方さん役は、本人が一番素敵なので困ります。(笑)

で、今年は誰だろう? 
「容保様でしょう」いや「覚馬じゃないかな」などなど、
まだ先のことですが、楽しみです。行かねばならぬ。
でも、頼母様なら行かないかも。(笑)

のもんさんも『最高の離婚』はまりましたか。
瑛太さんの役どころも、なんだか胸が痛くなる~ドキドキの展開ですな。

先のコメント、訂正があります。西本智実さんが指揮したのは、
ウクライナではなくて、リトアニア国立交響楽団でした。
『新世界から』ではなくて、『新世界より』ですよね~失礼しました。

さぁ、今夜は『ストロベリーナイト』で、はにかんだ笑顔が素敵な西嶋さんを見ます。
裏でNHKのドラマを録画して、先週面白かった『はらちゃん』も見なくては。(多忙)
月子 |  2013.01.26(土) 20:36 | URL |  【編集】

剛くん情報

明朝、めざましTVに剛くんコメント出演だそうです。
http://www.tristone.co.jp/ayano/

こちらも、
http://www.tristone.co.jp/ayano/documentary/
剛くんの不思議な魅力が伝わってきます。

今、店頭に並んでいる週刊朝日の表紙とグラビアに剛くん。
こういう衣装が、似合うんだよね。
この週刊朝日には、新島襄・八重夫妻の同志社大学や邸宅などの写真も。
月子 |  2013.01.27(日) 20:39 | URL |  【編集】

ありがとう~

月子さんありがとう。
普段は見ない「めざましテレビ」
興味のない話題ばかりなので、いつ出るのかな、もう出たのかなと
朝の支度の合間にリモコンちょこちょこいじってたら、途中から見れた!!
なにあの寿司を食べてるときの高校生のような可愛らしさは~~。
色気があるのに、あんな笑い方もするんだから反則だよねえ。参った。
番宣がらみでちょっとだけ出るのかと思ったら、
単独で取り上げられてたのね。
朝から気持が潤った♪
のもん |  2013.01.28(月) 23:58 | URL |  【編集】

天心の譜

月子さんお薦めの「天心の譜」、先週末見てきました!
名古屋でも夕方から雪が降りだし、今年一番の寒い日でしたが、
心が温かくなる映画でした。
19:10からという上映時間のせいなのか、観客は私たち夫婦二人と
年配のあばさまの計三人(^^;
定員50人の小さな劇場。こういう劇場で見るのは初めての経験で何やらドキドキ(笑)
前日に劇場に電話して行き方など尋ねたのですが、
対応がとても丁寧で心がほんわか♪
さらに上映前には係りのかたが注意事項などを
スクリーン前にて、これまた丁寧な言葉使いでお話され心がほんわか( ´ ▽ ` )

障害者の演奏者も加わったオーケストラ、まとめていかれたコバケンさんってすごい!
だんだん熱が入ってきて、プロだとか障害者だとかの隔たりなく、音にこだわっていかれる姿、
叱責できる強さ・・すごいです。
ここまででいいや~という曖昧さを持たずコバケンの音に作り上げていく姿に感動!
それに答えたオケメンバーに拍手♪です。
映像を撮り続けたクルーもみな障害者だということを
忘れてしまいました。

スペシャルオリンピックって知らなかったけれど、
TVとかメディアで取り上げられてるのでしょうか?
もっと世の中に知れ渡るといいですね。

素敵な映画教えていただいてありがとうございました。

・・・・次の日から風邪ひいてしまいやっとご報告できました(笑)
「八重の桜」「最高の・・」まだ見れてません(T ^ T)
見終わったらまたおじゃましまーーーす。

はゆ |  2013.01.29(火) 18:43 | URL |  【編集】

八重の桜

「八重の桜」やっと妖霊星の回を見終えました。
時代がめまぐるしく動いていきますね~
幕末って難しい~
誰が倒幕派?攘夷派?佐幕派?
勉強しなきゃ(。-_-。)
「井伊直弼」って安政の大獄を行った残酷な人ってイメージがあります。
が、戒名まで用意してたとは・・
それに容保さまと親戚だったとは知らなかったです。
容保さまとのお茶室でのシーン、お点前をする井伊直弼が茶せんを思い切り
前に差し出す仕草にちょっと笑えたんですけど、ちゃんとしたナントカ流の
作法なんでしょうね。初めて見ました(^^;
容保さまのお茶を飲む仕草は美しかったですね♪

そのあと妖霊星を見てる八重さんたち・・
ナレーションでコロリ(コレラ)が流行してるってとこで
「それはペニシリンです!」というセリフを思い出してしまった(^^;

来週はいよいよ松陰さまが・・(涙)
「親思う心にまさる親心 けふの音づれ何ときくらん」
萩の松下村塾(ホントに小さな建物)の入口のところに掲げてありました。
初めて見たのは高校生のころだったけれど、すごく好きになった歌です。

坂本龍一氏のテーマ曲も耳慣れてきました。
やはり良いですね♪
今回、オープニングの衣装がその時代の着物ではないですね、目新しい!
後半の傘が開いていくところのメロディがなぜか「ほたるの光」に聴こえてしまう(笑)
所詮音大出たといってもこの程度です(^^;

「最高の離婚」は・・おっと~二週前から見てないのに気がついた(汗)
のもんさんがハマってらっしゃるみたいなんで早く追いつきたいけど・・
なかなかテレビが空かない(涙)




はゆ |  2013.01.30(水) 01:35 | URL |  【編集】

さださん「うたうDAY」

のもんさん、私もちょうどTVを見たときに始まりました。
加藤アナが「女性の皆さん、お待たせしました」「待ってたよ!」(笑)
お寿司食べる剛くん、かわいかったね♪
「感性を鋭くするために、感性を取り込むために食す」って、凄過ぎ。
土スタでも2人の家老が、殿の演技を誉めてた。
ちょっと今までにいないタイプの俳優さんかも。

昨日は、東京暖かでしたね。
おねーさんのお墓参り~築地で買い出し~そして、両国の江戸東京博物館で
ちょうど開催中の『尾張徳川家の至宝展』を見ました。
さすが徳川のお宝はすっごい! 感激しました。
国宝の源氏物語絵巻、初音の調度、その他甲冑・刀剣・茶道具・香道具・能面など
すごい品々に感服で眼福。
水戸徳川家の博物館は行ったことありますが(ここにも家康の形見の品がある)
名古屋の徳川博物館は、さらにお宝揃いなんでしょうね。

その後の東京フォーラムでのさださんコンサートは、ホント感動でした。
TVやCD以上に、さださんの声量・音域の広さ、歌のうまさを感じました。
心のこもった歌唱、それを表現出来るのは、確かな技術・力量があればこそ。
「うまい!」と、何度も感じたボーカルでした。
演奏陣も素晴らしくて、倉田さんのGピアノでの『秋桜』の繊細な美しさ(感涙)。
ギターは田代さんではなくて石川鷹彦氏でしたが、アコギもエレキも「うまい!」
他に、フルート・パーカッション・ドラム・ベース、コーラス3名の8人編成、
『風に立つライオン』の演奏は、オーケストラ並みの大迫力でした。

しゃべるのは少なめといっても、十分しゃべってたかな。(笑)
次々衣装を変えて踊ったり歌ったりのコーナーもあって、おもしろ過ぎ。
さだまさしの履歴書と銘打ったコーナーでは、ヒット曲代表曲のメドレーで、
『精霊流し』から始まって、『無縁坂』『道化師のソネット』などなど・・・
当時の思い出がよみがえって懐かしくて、あの頃に戻りたいと思った。(涙)
『北の国から』も初生歌で聴けた! 私にとっても『北の国から』は、
バイブルのように、ずーっと何回も繰り返し見ていたドラマ、感激でした。

同じ会場で「しゃべるDAY(数曲は歌ったらしい)」「うたうDAY」の2夜連続は、
初めての試みだそうですが、「しゃべるだけも歌うだけも、すごく疲れた、
もう2度とやらない、皆さんも今までの方がいいでしょ? また戻します」とのこと。

最後に、来生さんもやったように、上から色とりどりの風船が落ちてきて、
でも、私の2階席には1つも飛んでこなかった。
たくさんの風船を持って、床に座り込んで空気抜きをしていたご婦人に
「一つ譲っていただけませんか?」とお願いしたら
「黄色だったら、2つあるからいいですよ」といただくことが出来ました。
「40th anniversary さだまさし since1973」と書かれた黄色い風船♪

8月23日、東京芸術劇場で日本フィルハーモニー交響楽団 
プロデュース・指揮 渡辺俊幸氏、ゲストさださんだそうです。

はゆさん『天心の譜』 喜んでいただけたようで幸いです。
風邪、大丈夫ですか。
つい先日の朝日新聞の地方欄に「スペシャルオリンピック冬季大会県代表決まる」
と、小さな記事だったのですが、今までは私が気が付かなかっただけなのか、
あるいは、今までは記事にならなかったのか、でもこういう事があると知っただけでも
この映画を見た甲斐があったかな、と。2月に当地で再上演があります。また見たいです。
月子 |  2013.01.30(水) 20:49 | URL |  【編集】

「八重の桜」4回目にして、すでについて行けなそうです。
ドラマの展開で苦しい思いをする以前に、
基礎知識のところで躓いております。
私は歴史にとことん疎いのだ!!
日本史は漢字がたくさんあって覚えらないー。(子供か)

月子さん

綾野さん、寿司食べてる時の子供のよううな無邪気な喜びようと、
言ってることの哲学的な深さにすごいギャップがありますが、
こういうことを考えて芝居をしてるんだなというのが伝わって、いつも唸ってしまいます。
こんなタイプの役者はそういないでしょうね。

さださんライブの報告ありがとうございます!
ライブの前にもおでかけスポット盛りだくさんなのはお約束ですね。
40周年か~。
来生さんも先輩がたくさんいるから励みや刺激になりますね。
頑張らないとね。

はゆさん

「最高の離婚」録画してますか?
出来れば最初から見てほしいドラマではあります。

いやー4回目を見終わったところですが、一気に加速しましたね。
胸が震えております。

最初の財布出すシーンで爆笑。
そしてオノマチの泣きの演技の素晴らしいこと。
糸子が見せた山ほどの涙のシーンのどれとも違う、
また別の引き出しを見せてもらいました。
こちらもどんどん引き込まれじわじわと涙が。
灯里が諒のブーツを揃えるシーンにカーネーションのシーンがオーバーラップ。
この脚本家は確信犯です!
最後のダンス、こちらの高い期待に見ごとに応える綾野剛の流し目。しにました。パタリ。

のもん |  2013.02.01(金) 00:29 | URL |  【編集】

明日も剛くん

『王様のブランチ』にコメント出演だそうです。
すごい売れっ子ぶり。

『最高の離婚』、回を重ねるごとにおもしろくなってくる。
あのダンスシーン、剛くんだけを凝視している私です。。。(笑)
月子 |  2013.02.01(金) 20:27 | URL |  【編集】

月子さんありがとう、ブランチってTBSだよね。
何の用事で出るんだろ?
つか私その時間は出かけてるなあ。

「最高の離婚」一筋縄ではいきませんね。
こんな凄いドラマとは、まったくの予想外。
ダンスシーン、見比べるとオノマチが意外とヘタなのが可笑しい。
真木ようこさんが妖艶だからな。
キャラにあってるとも言えます。
剛君のあのキャラは捉えどころがなくて演じるのが大変なんじゃないかな。
4回は、「カーネーション」で本妻の影が見える感じがダブってきました。

公式サイトに綾野さんのインタビューアップされてました。
http://www.fujitv.co.jp/saikouno_rikon/interview/index03.html
他の出演者のもめっさ面白いです。

さらにニュース!
「カーネーション」2013年4月8日から、
BSプレミアムで再放送開始ですーー!!!
お見逃しなく!
のもん |  2013.02.02(土) 00:04 | URL |  【編集】

剛くんの写真集

ブランチとZIP!で、剛くんのインタビューがありました。

写真集『綾野剛 2009 2013』の話題です。

「本屋さんに積んであったら、何となくいじってみてください。
そしたら愛着がわいて持ち帰ってやろうかなって気分になれるかなと
思うんで。おもしろがってください。かっこ悪い部分もかっこいい部分も
みっともない所も すべてそれが全部なのでおもしろがってください」
とのことでした。言葉が光っている人だなぁー

3年前から8人のカメラマンが撮っていたそうですが、
3年前には、3年後の自分がどうなっているのかって、わからなかった、
だから、今、本が売れて評価されてカメラマンやスタイリストさんにお返しが
できた、という事を喜んでいるようでした。
ロングインタビューや綾野語録、剛くんが撮った写真などもあるそうです。

本屋さんに行って、いじってこようかな。
2100円もするので、お持ち帰りするかどうかはわからないけど。(笑)

『カーネション』再放送、待ってました!
私は、のもんさんに教えられて途中から見たので、楽しみです。

『最高の離婚』のHP、見た! ダンスシーンも見れてうれしい。
月子 |  2013.02.06(水) 19:41 | URL |  【編集】

さださんレポ、ありがとうございます!

剛さん、ホントに多忙な日々をお過ごしのことですね。
時間的なこともあり、ブランチもZIPも見れてませんが、
月子さんのコメントでうかがい知ることができありがとうございます。

そうそう、月子さん!
さださんのコンサートレポもありがとうございます(^O^)
いいなぁ~
「北の国から」も聴けたとか。
今、夕方BSフジで再放送してるのを見てますが、
やっぱり良いドラマです。
明日は最終回なんですけどね。
ベタですが、10年ほど前に富良野へ「北野の国から」のロケ地を巡る旅にも行きました。

コンサートで衣装を変えたり、踊ったりなんて楽しそう~
さださんの曲も私たち夫婦揃って大好きです♪
残念ながらコンサートには私は一度も行けてない(涙)
一度は行きたいな~
NHK「今夜はさだまさし」も楽しみのひとつ。
前回の番組中で『風に立つライオン』を歌われてました。
カラオケで歌うのは初めて!だとか。
ちょっとドギマギぽかった(笑)

コンサートでのあの楽しいおしゃべりも直に聞いてみたい!
我が家にはライブのトーク集のアルバム全集があります(笑)

さださんの曲は高校時代に出会って、やたらと歌詞をノートに移した思い出があります。
「胡桃」「檸檬」「女郎花」・・難しい漢字に惹かれたなぁ~

「心字池にかかる 三つの赤い橋は・・」の飛梅は今回聴けました?
この曲の舞台、福岡・太宰府天満宮。
学問の神様、菅原道真が祀られているので受験期は大賑わいです。
私も、高校・大学受験の時はお参りに行きました。
でも・・縁切りでも有名なのでデートには不向きだとか。
主人とは行きましたけど(笑)
おいちの茶屋で梅が枝餅もいただきました。

コンサート前には徳川のお宝も堪能されたとか。
こういうのは見てると時間を忘れますよね。
名古屋は「徳川美術館」があります。
ちょうどお雛様を来月に控えてますから今頃は代々のお雛様が所狭しと
並んでいると思います。
見ごたえ充分!
また行ってみようかな♪
はゆ |  2013.02.07(木) 00:15 | URL |  【編集】

さださんのこと:続き

はゆさん、なんだか私&妹達と共通点が多くて、親近感なんですけど!(笑)

富良野、行きましたよぉ~(笑)
独身時代には友人と、その後長男3歳の頃に母と姉妹とで。
もちろん、北の国からのロケ地めぐり。
初めて住んだ廃屋や丸太小屋、草太さんの牧場、北時計、分校、中畑材木店、
ついでに遠くから倉本先生のご自宅を眺めたり。(笑)
2回目の時は、富良野駅前からロケバスに乗り込む五郎さん(田中邦衛さん)に遭遇。

震災後、倉本先生が新聞紙上で『北の国から』のその後を語ってた。
「蛍と正吉はいわきに移り住み、正吉は原発作業員となり、津波で亡くなる。
蛍は看護師をしながら子供を育てている」…実際にドラマ化されたらいいのに。
前にも書きましたが、倉本先生は、昨年震災一周忌の祈りの為にいわきを訪れ、
その後、アリオスで『明日、悲別で』を無料で公演してくださり、
私は憧れの先生にお会いすることが出来て、泣いてしまったほどに感激したのでした。
今でも『北の国から』のストーリーや倉本先生のことを思うだけで、ウルッとなります。
私の前世は、会津から土方さんと一緒に北海道に渡ったのかなと思ったり。(笑)

さださんは、NHK「生さだ」や佐渡さんとの共演のステージ、今回のツアーでも、
いつも東北や被災した人達のことを語り、さまざまな支援活動なさっている。
ホールのロビーには、さださんと倉田さんのメッセージと、募金箱や振込用紙がありました。
まだまだ故郷に帰れない人が、たっくさんいるのです。
先日の「生さだ」でもさださん強調してたけど、復興なんてまだまだだから。
さださんが、「次は41周年だけど、1センチでも1ミリでも上がっていけるよう
さらに高い所を目指してがんばろうと思います」とおっしゃった言葉が心に残りました。
今回は『飛梅』は歌わなかったけれど、妹次女はチャゲアスの大ファンで、
福岡まで何度かコンサートに行き、その都度梅が枝餅をお土産に。美味しいですよね。

今回の楽曲で印象に残ったのは『主人公』でした。
これって、お茶の水の光景? 学生時代、いつも一緒だった3人組で地下鉄に乗って
聖橋を渡って、茶水の喫茶店、マロニエやレモンやラドリオに行った。
あの頃の私たちの笑顔が甦る。楽しくて楽しくて、毎日が輝いていた。
でも、富良野にも一緒に行った親友は事故で早逝し、今この曲を聴くと泣けてたまりません。

のもんさんの本棚から:
>ネガティブなことをいじくりまわして不満を言ってるなんてもったいない。
>成瀬氏の言葉でとても印象的だったのは
>「楽しい走馬灯を見るために毎日楽しいことをする」
>もう超共感。

私も超共感!
1日たりとも無駄にしたくない~
やりたいこと、やらなきゃならないことがいっぱいあるんだもの。
月子 |  2013.02.07(木) 20:54 | URL |  【編集】

〝しんじいけ”ってこういう字なんだぁ(当時は〝しんちいけ”だと思ってたけど)。さださんの曲は結構知ってるのに何で文字が浮かばないんだろうと思ったら、自分でLPを買ったわけではなく、テープにダビングしてもらったのを聴いて覚えたからだと判明。それにしても二十歳前後に体に染みついた曲は覚えてますねぇ~。「飛梅」も「胡桃」も「檸檬」もほとんど歌えてしまうわ。来生さんの『浅い夢』から『Ordinary』までのも。

私はドラマを見ないので役者としてどうこうは全くわかりませんが、以前綾野剛さんがトーク番組に出ているのを見たとき、不思議な雰囲気のある人だなぁと思いました。目で語れる人だなとも。「あやのごう」って響きもいいじゃない?

はゆさ~ん、徳川美術館はうちから車で20分ぐらいです~(だからどうってことはないんですが(^^ゞ)徳川家の姫様のお雛様観たいなぁ。明後日からですって。

井戸端会議みたいな話ですみません<m(__)m>
カノン |  2013.02.07(木) 21:15 | URL |  【編集】

檸檬

さださんの『檸檬』という楽曲は、来生さん同様、
梶井基次郎の小説から触発されて創ったものだそうです。
さださんの『檸檬』は、これは(も?)お茶の水が舞台ですが、
きらめいていた『主人公』とは違って、
「この街は青春達の姥捨て山みたいだ」と言ったり
「食べかけの夢を聖橋から放る」とか、重くて暗いつらい歌詞です。

同じ茶水が舞台で、この差は何!?って、思う。
これも井戸端会議みたいな話ですみません。(笑)

江戸東京博物館で、名古屋の徳川博物館のお雛様展のチラシもらってきました。
近い人、ぜひ見てきてください。
月子 |  2013.02.07(木) 21:22 | URL |  【編集】

井戸端会議(^^;

うふっ♪
月子さん、前々から私も共通点多いなぁ~って。
来生さんを通じてさださんやクラシックや歴史やドラマやら・・
ホントに親近感沸々状態!
今後も楽しいお話のお付き合いよろしくお願いします。

私も独身時代&娘10才の時に二度北海道です(ほらまたまたカブった(笑))
美瑛のパッチワークの丘やケンメリ・セブンスターの木々、
拾ってきた家、五郎さんがクマと出会った小道などなどもありましたよね。
ロケバスに乗り込む五郎さんに遭遇なんてすごい!
どのスペシャル版だったのでしょうか?
私が訪れた時(二回目)は、すでに「遺言」も終わってしまったあとでしたから
五郎さんや純・蛍のありがとうのメッセージが掲示されていました。

>「蛍と正吉はいわきに移り住み、正吉は原発作業員となり、津波で亡くなる。
蛍は看護師をしながら子供を育てている」…

これって実際にドラマになると信じてました(^^; 違うんだ~残念。

妹さんはチャゲアスファンなんですね、今回復活するみたいでさぞお喜びでしょうか。
いわきから福岡まで・・すごい!パワフルですね。
太宰府の近くの西鉄五条駅前(チャゲアスの二人が通ってた大学の近く)の
喫茶店(名前忘れた!)にはまだデビュー間もないお二人のサインがテーブルに残ってました。
今ではその喫茶店があるかどうかは不明ですが。


「主人公」!!!!!
ファンの人気投票で一位にもなった曲ですね。
♪自分の人生の中では 誰もがみな主人公・・・
「檸檬」と「主人公」、同じ御茶ノ水が舞台だったんですね、
今頃気づきました(^^;

本当に奇遇としか・・
私の親友もやはり病気で早逝しました。
彼女がカラオケでよく歌っていたのが「シルエット・ロマンス」でした。
しばらくこの曲聴けなかったです。

カノンさ~ん、カノンさんもさださんお好きでしたよね。
そうそう、あの頃の曲はすぐに歌い出せますね。
映像が見えてくるような「フレディもしくは三教街」「異邦人」泣けます。
来生さんのもそうですね~「Ordinary」までは自分の好みではない曲でも
確かに歌えます!

徳川美術館、すごい近所ですなんですね。
ぜひぜひ見に行ってくださいませませ(さださん的?(^-^))
素敵ですよ~
そういえば、先日岐阜城に行ったんですがその時にカノンさんの住まれてる●●●市を
通過しましたよ。
1時間かからなかったです!!その内に・・ウフっ♪

遅い時間の井戸端会議参加ですみません(笑)
はゆ |  2013.02.08(金) 01:16 | URL |  【編集】

またまた、さださん話題ですみません

はゆさん、私もさださんの『フレディもしくは三教街』が、大好きなんです!
物語~映像が浮かんでくるような楽曲ですよね、静かなる反戦歌。

グレープはやはり『精霊流し』が好きでした。
多感な年頃に(笑)、例の3人組で涙しながら聴いたものでした。
アルバム『コミュニケーション』を買ったのは、もう30年以上前になる!?
いまだに聴き続けているLPレコードですが『朝刊』『フレディ~』『無縁坂』など名曲揃い。

でも、その後来生さんひと筋になった私には、さださんとの縁は遠のいていたのですが、
NHKの生さだを見たり、たまたま見た徹子の部屋で「声を維持するのに、苦労してるんです」
というのを聴いて興味を持ち、その時に宣伝していたアルバム『美しい朝』を買って、
それ以来、ベスト盤や新譜を少しずつ買ってハマりつつあるというところです。
さださんの作品集はたくさんあるようですが、トーク集というのがあるんですね~。
はゆさん、お持ちなんですね~おもしろそう。

新作のCD&DVDを、コンサート記念に買いました。
『大変なンすからもォ。きだまきしとTake It All JAPAN
                 ~テキトー・ジャパン~』
さださんとピアノの倉田さん、パーカッションの木村誠さん達が、
トークと昭和歌謡のパロディーソングで綴る、ラジオ番組風CD、
これが抱腹絶倒のおもしろさで、車の運転しながら聴いたら、危険です!(笑)

その中の1曲『東新町ブルース 鶴舞まさしと中京サカエチカ』って、
名古屋のこと? ♪忘れたいのに 覚えられない♪って詞が、
耳について離れない、忘れられない。(笑)
加山さん風・矢沢エイちゃん風など、このアルバムをステージで再現したのが、
次々着替えて歌ったり踊ったりのコーナーだったのでした。パワフル!

同時に発売になったアルバム『もう来る頃…』の中から
『あなたへ』『SMILE AGAIN』を、コンサートの最後に歌って、
今の私達へのエールのような楽曲で、私も周りも涙涙でした。
亡きお父上のことを歌った『かすてぃら』もいい。

でも、さださんの楽曲は多過ぎて、全部を揃えたり聴くことはもう無理かな。
『異邦人』は知らなかった、ネットで探して聴きました、良い曲ですね。
お薦め楽曲があったら、教えてください。

『北の国から』の五郎さん、あの服装のままにバスに乗り込んだので、
私達は「五郎さんだ!」と、驚きました。いつの時だったろう?
丸太小屋が火事で燃えたあとだったのは確か。
丸太小屋は燃えずに麓郷の森に残っていた、燃えたのはセットだったと
知った、そんな記憶があります。

明日、会津に行ってきます~程よい雪だといいけど、降り過ぎは困るな。

RYUMEIさんライブに行く皆さま、行ってらっしゃい~soraさんもね♪
月子 |  2013.02.08(金) 17:39 | URL |  【編集】

会津は・・

月子さん、会津はいかがでしたか?
雪はどうでしたか?
いろんなところ回られたことでしょうか(^-^)
会津は「八重の桜」で盛り上がっているのでしょうね。
またお話聞かせてくださいね。

ところで『東新町ブルース 鶴舞まさしと中京サカエチカ』ってタイトルすごっ!
(*゚▽゚*)
まさしく名古屋ですな。
鶴舞は素敵な公園があるところです。
サカエチカは名古屋の中心地、グルメもファッションも盛りだくさん♪
どんな曲なのかな~聞いてみたい!
『SMILE AGAIN』は最初聞いたとき、さださんに珍しく英語のタイトルだな~
って思ってましたが良い曲ですよね。

今週の「八重の桜」はテレビはつけてたものの、しっかり見ておらず(;o;)
でも、容保さまがたくさん出てたような・・
苦渋の決断をする大事な場面ですよね。
明日にでもじっくり見てみます。
のもんさんもおっしゃってましたが、幕末の基礎知識が乏しい私も話が見えない所や
理解できないところがでてきてそう(>_<)

月子さ~ん、解説よろしくお願いしますm(_ _)m

はゆ |  2013.02.11(月) 23:11 | URL |  【編集】

会津

どーも~
三連休の会津は、お客様がいっぱい。雪もいっぱい。
『八重の桜』のポスターや幟旗もたくさんで、にぎやかに盛り上がっていました。

ロケの裏話や、ためになるお話もたくさん聞いてきました。
八重さんも覚馬も、山川家(秋吉久美子の家)子供達も偉い! すごい!

今は漢字がいっぱいの『八重の桜』ですが、
間もなく京都に舞台が移れば、カタカナが増えるのではないかと。(笑)

遊んできた分、仕事がたまってしまって、、、またゆっくりとお邪魔します。
月子 |  2013.02.12(火) 17:10 | URL |  【編集】

会津のこと。

NHKのHPに、とてもわかりやすく解説がありました。
http://www9.nhk.or.jp/yaenosakura/special/history01/

スクロールしていくと、剛くんの素敵だけれどつらい表情が。。。

容保公が涙ながらの決断をする場面、スタッフも思わず涙だったそうです。
先の試練をわかりながらも苦渋の決断をせざるを得なかった、
会津の悲劇の始まりです。

(会津には)先見の目がなかったとか、情報を得ることを怠ったからだとか、
後世言われましたが、容保公が藩祖保科公が残した家訓を何よりも大切にした思いは、
初回、家訓を読み上げるシーンで、容保公が座を降り伏してそれを聴いたことからも
察することが出来ました。家訓は絶対なものだったのですね。

剛くんが容保公を演ずるにあたり「愚直に行こうと思いました」と、
ご当主の保久氏(なんと、NHKプロデューサー)に話したところ
「それでいいと思います。容保公は、愚かなほどに真っ直ぐな人だった」と。
これを読んだとたん、私は涙があふれてしまいました。

容保公は、養子として会津に入った、実子だったらまた違ったかも知れませんが
養子だからこそ、会津を守る気持ち=藩祖に従う気持ちが、
さらに強かったのかもと、これは私の推測です。

黒船以前に、北方にもロシアの脅威があり、会津はその警備をしていたそうです。
会津が去った後には、ごみ一つ落ちていなかった、礼儀正しく勤勉で、
さすが会津武士と評判になった、そんなこともあって京都守護職に任ぜられたのではと
今回行った日新館の資料に書かれていました。

会津藩校日新館は初めて行きましたが、ここは観光施設として作られたものなので、
作り物だからと、今までは行きたいとも思わずにいたのですが、
今回ロケがあったので行ってみたのです。そしたら、思った以上に立派で驚きました。
当時のままに再現したそうですが、規模も造作も立派でした。
常時1000名もの子供達が、武士の子だけではなく教育を受けていたとのことで、
天文台、弓道場、水練場(プール)などもあり、日本でも有数の藩校だったと。

スタッフの男性にお尋ねしたところ、剛くんが孔子像にお参りしたシーン、
あの立派な孔子像も実際にあるのですが、あそこは5秒ほどのシーンだったのですが、
10日も前から準備をし、水練場の2秒ほどのシーンのために1月も前から準備をしたと。
ロケは1日がかりだったと。「NHKさんのこだわりは、半端じゃなかったです」と。

日新館では、八重さんの資料が同志社大から今も次々と送られてきているとのことで、
写真とか展示されていたのですが、茶道の師範もされていたそうでお茶会の写真も。
皇后さまに単独で拝謁することが出来たほど、信頼されていたと。
「知れば知るほど、八重さんがきわめて優れた女性だとわかります。
男尊女卑の時代に、あれだけの働きをした女性がいたことがすごい」とその男性。

今回、今までとは違う感じで会津を見ることが出来ました。
今までは、面で感じていた人々が、立体として感じられたというか。
TVの影響でしょうが、資料を見ていると声や表情を想像してしまう。(笑)

覚馬の写真は晩年のものなのですが、西島さんに雰囲気が似ていると思ったし、
剛くんのロケを見た女性に「素敵でしたか?」と尋ねたら、
「容保公のあの写真(陣羽織を着たあの写真、でわかりますか?)は、
容保公が29歳の時のですが、綾野さんも今同じ位の年ですよね、
似ていると思いました」・・・確かに。

続きはまた。
月子 |  2013.02.14(木) 21:08 | URL |  【編集】

明日の夕方NHK

2月16日(土) 午後5:15~午後5:25(10分)
綾瀬はるか、西島秀俊、長谷川博己の3人が、会津若松市内を歩きます。
楽しい番組でしたので、忘れないように予約しておいてください。

以前、東北限定番組で60分番組として放映されたものを、
今 3つに分けて全国放映しているようです。

もうひとつは、柳沢信吾さんと剛力彩芽さんが白河を歩きました。
白河の小峰城は、新選組と会津藩が新政府軍と激しく争い落城しました。
今は復元された天守閣があります。2回行ったことがあります。お城大好き。
キムタクの映画『武士の一分』でチラリ映されました。
白河も古い城下町、美味しいお蕎麦屋さん、今は白河ラーメンが有名です。

もうひとつが綾野剛さんと稲森いずみさんが、登場。
殿と姫、二人そろってのお城への入城シーンは、雰囲気がありました。

会津若松市内東山温泉入口・松平家墓所近くのお秀茶屋という江戸時代から続く、
松平家お薦めグルメの田楽屋さんで炭火で焼いた田楽を食しながら、
ご当主様と会談。今回、私もここに行って食べてきました。
江戸時代、この向かいの河原は処刑場だったそうです。
処刑前に茶屋の田楽と清水を罪人に食べさせたということです。

次いで御薬園で、松平家の家宝をお披露目。
忠孝の武士として、孝明天皇から褒め称えられた書状です。
ただ、容保はこの書状を他人には見せず(政治的に利用されることを畏れた?)
錦の布に包んで、入浴以外は肌身離さずに抱き続けていた。
この事は死後明らかになったとの、ご当主様からのお話。
お二人とも感動の面持ちでした。この回は、ぜひご覧いただきたいです。

容保公が陣羽織を着ている写真、あの陣羽織の緋色の布は、
孝明天皇から下賜されたもので(滅多に無いことだそうです)、
それを陣羽織に仕立てて写真を撮り、照姫にお見せし照姫は喜んだと。
それほど天皇にも幕府にも、忠義に使えた会津が、突然朝敵とされた、
その悔しさ無念は、どれほどのものかと。

孝明天皇が突然亡くなった、これは毒殺されたとも言われてます。
真偽は定かではないし、私が読んだり聞いたりしている話は、どうしても
会津寄りになってしまうのですが、それは仕方ないと思ってください。(笑)

御薬園は、雪に埋もれて真っ白で、それはそれで趣がありました。
出演の皆さんがここを訪れた時、西島さんは気さくでお話しやすかった、
長谷川さんと綾野さんは、二人とも背が高くてスラーッとしてて、
あまりにも素敵過ぎて近寄りがたかったけど、
綾野さんはお若いのにものすごく礼儀正しかったとのことでした
月子 |  2013.02.15(金) 17:55 | URL |  【編集】

えつこさんと剛くんの話題です。

今夜のTV、BSジャパン
22:55~23:00
23:30~24:00

剛くん出演の映画『横道世之介』の宣伝番組があります。

今日、コンビニで立ち読みしてたのですが(汗)
週刊現代で、
「『八重の桜』特別対談西島秀俊×山本むつみ マッチョな肉体について」
を読んでたら、思いがけずに見つけた。
「日本で一番歌がうまいのはこの人だ」というランキングを決める記事の
選者の中に、えつこさん!
立ち読みだから、ザザッと目を通しただけですが、
えつこさんが選んでコメントを寄せていたのが、男性1位の桑田さん。
他に尾崎紀世彦氏と、徳永英明さん。
女性で一番になったのは、ひばりさんでした。
興味のある方、立ち読みして来てください。

ついでに、ananで表紙とグラビアの剛くんを見る。(笑)

剛くんの魅力は、あの透明感かな。。。
『最高の離婚』がだんだんシリアスになってきて、思いもかけない展開に。

月子 |  2013.02.16(土) 17:30 | URL |  【編集】

またまた外野で楽しんでました。
ここは井戸端会議用の場所なので、
心おきなく気になったことをアレコレ語ってください。
入れる話題があったら、いつでもどなたでもご参加くださいませ!

なところで遅れて反応コメントです。
「北の国から」はリアルタイムでは見てなくて、
後からビデオでまとめて見ました。
最初の連続ドラマの方は面白いなーと思ったんだが、
スペシャル版は途中でどんどん切なくなってなあ。
ドラマが増えただけ、辛い事件が起こるでしょ。
夜逃げしたり中絶したり家が燃えたり。
ドラマがなければみんなこんな辛い思いしないのにーと、
スペシャルが増えるたびに憂鬱な気分になってました。

さださんは私は範疇外なのですが
トーク集アルバムなんてあるんですね。
さすが。

八重の桜は、1週遅れで見ています。
容保公の決断のシーン、重くて良かったですね。
脇を固める西田さんはじめ俳優陣の、
ゴツゴツした味のある面々の表情がまたいいんだー。
まだ始まったばかりなのに、半端ない緊張感があって怖いくらいです。

このドラマ、光の使い方がとても印象深いです。
部屋に差し込むキツイくらいの日の光が闇を際立たせてて、
かなり意識的にコントラストを強くしてますよね。
暗い中に大勢の人が行き来して、ほこりが見えそうな光の使い方もうまいなーと。

しかし今週のあの入浴シーンは。
視聴者サービスですね。
↑まだちゃんと見てないがそこだけ思わず反応。
余計におカネを払うとネットでスペシャル映像が見れるとか。ないか。

「最高の離婚」は展開が予想できず、でも無理がなくて凄いです。
4人のキャラクターが一筋縄ではいかず
「ここはイイけど、ここはナイよな」が共存してるところがリアルで。
4人とも目だけで演技できるので、一瞬たりとも見逃せません。
シリアスな中にも「ショックで、ジョギングしてるんですよ!」とかもう爆笑。
綾野さんがまた大河と真逆なしゃべりかたでねー。
かっこいいけど、かっこよくなくも映れるところがさすがです。

月子さん

いつも情報ありがとう!!
NHKの福島ツアーはまた土曜日にやるのかな。
初回は録画いたしました。
雪の会津は美しいだろうなー。
空気が冴えてて。でも寒そう。
美女のツーショット、送ってくれてありがとうね♪
のもん |  2013.02.17(日) 22:30 | URL |  【編集】

会津は・・

わぁ~ん(T ^ T)
ちょっと忙しくてお邪魔できずにいたら月子さんからの情報・・
>2月16日(土) 午後5:15~午後5:25(10分)
 綾瀬はるか、西島秀俊、長谷川博己の3人が、会津若松市内を歩きます。

見逃したです。
三回に分けて放映されてるのなら残り二回分は見られるのかな。

気分を変えて・・月子さん、ご旅行は楽しかったようですね。
美味しいものも堪能されたご様子(^O^)
いろんなお話、ありがとうございます。

会津は「八重の桜」三昧のようで羨ましい限り。
文字だけで知識を得るよりも、その場所に行き、触れ、感じることは素直に
頭に心の中に落ちてきますよね。
もっとも月子さんはかなりの知識お持ちだし、さらに深く感じられたでしょうね♪

私も行ってみたい!会津がもっと近ければ~と思います。

会津が最終的に朝敵と言われたこと、こんなに悲しいいきさつがあったと
「八重の桜」で初めて知りました。
HPはとてもわかりやすく解説されてましたね。
恥ずかしながら、今までは幕末においての会津の立場がよく理解できなかったです。
こんなにまっすぐに生きている人々が悲しい運命に陥るとは・・
これからドラマを見るたびに辛くなるのでしょうか(涙)
それでもちゃんと見たいと思っていますが。

のもんさんは「光の使い方」が印象深いとか。
さすが!気づかなかったです(汗)
今度意識して見てみます。
私は「音」なんですよ~
特に衣擦れの音といいましょうか、立ち振る舞いの時になにげに入る「シュッ!」と
した音が・・上質の裃なんだろうなって。
特に小泉くんの慶喜公とか容保様とか位の高い人の時に聴こえてきました。
それが心地よくて(笑)
「目」と「耳」と・・面白いですね♪

「最高の離婚」はやっと追いつきましたよ~!
もう「最高」に面白い展開。
噂のダンスシーンも毎回楽しい(*゚▽゚*)
ちょっときわどいかったりユーモラスだったり。
毎回違うから、ダンスシーン撮るだけでも時間がかかったでしょうね~

ドラマの展開・・どうなるのやら??
容保さまキャラとは全く違う剛くんも素敵♪

「八重の桜」今回分はまだこれから見なきゃ!
「入浴シーン」あるんですね、わぉ、楽しみ?!

はゆ |  2013.02.19(火) 02:09 | URL |  【編集】

今夜のNHK

22:00~2210、剛くんと稲森いずみさんが、ご当主様にお会いします。必見!

深夜2:50~3:00は、再放送です、はるかさんと西島さんと長谷川さんです。

NHKBSでは、午後2時から「裸にしたい男」再放送です。
長谷川さんと剛くん。

今日は私、小椋佳さんのコンサートなんですが、
仕事が立て込んでいて超多忙なんですけどぉー(今も仕事中)

ではまたあとでゆっくりお邪魔します。
月子 |  2013.02.23(土) 10:13 | URL |  【編集】

八重の桜とさださん

今日の「八重の桜ツアー」はちゃんと見ました(笑)
容保様の写真が出てきたけど、やっぱり容保さまに剛くんは似てますね~
田楽のお店でのご当主さまとの会談も興味深くて
容保公の曾孫さまだそうですね。
世が世ならばお殿様なのですね。

稲森さんとのお散歩の姿、まさに殿と姫に重なりますね。

月子さんのレポートを読み返し、今日の映像で重なり
自分も行った気になれました(*゚▽゚*)

深夜のツアーも予約完了!

「今夜も生さだ」が始まりました♪
今日は最後まで見れるかな~寝そうです(>_<)

明日は久々に奈良まで行きます!
ついさっき主人と「行こうか!」と思い立ちました(笑)
もちろん日帰りですので早起きしないと・・
若草山からの景色とそこにいる鹿が大好きで癒されます。
奈良公園の鹿は・・こわっ!なんですよ。

「鹿男あおによし」にハマって以来、奈良が大好きになった私たちです。
主人は京都の方が好きみたいですがね(^-^)
はゆ |  2013.02.24(日) 00:20 | URL |  【編集】

会津紀行 

怒涛のように忙しかった~今日は久しぶりにゆっくり家で仕事してました。

さて、『八重の桜』は、ますますつらい展開になってきて、
もうこれは済んだことで、変えられない事とわかっていてもつらいですね。
「薩長土許すまじ」と、今も会津で言われ続けている気持ちがわかる。涙涙

荒れ果てた鶴ヶ城を、新政府は見せしめのようにあのまま放置していた。
のちに買い受けて松平家に献上したのが、元会津藩士であった七十七銀行の頭取です。

前々回で、山川家にいた気弱な小さな男の子、山川健次郎が将来東大総長となります。
前回、種痘を怖がっていたその妹は、のちに津田梅子(津田塾大創立者)と共に
アメリカに留学し、その後、会津に攻め込んできた薩摩藩士大川巌(反町隆史が)と
めぐりあい結婚をし、その美貌と教養で鹿鳴館の華として女子教育や外交に活躍をします。

山本家のお母さんが聡明な方で会津に種痘を普及させたと読んだばかりだったので
このドラマは、小さなエピソードも大事に取り上げているなぁ~と、思いました。

湯川(東山温泉)での露天風呂のシーン、
土方歳三が傷の療養をしたという露天風呂がここかな?
http://www.yukoyuko.net/onsen/area02/pre07/onsen0116/rekishi

しかし、土方さん役のあの俳優さん、私はイヤです。。。
お正月のテレビ東京のドラマ『白虎隊』では、岸谷五郎さんが土方役でした。
嫌いな俳優さんではないけど、合わない! 
土方さんは、もっと色白で肌がきれいですぅ(泣)
ドラマでは、西郷頼母の妹と恋に落ちて『流れる…』のような悲しい別れをしたけど
これはウソだ~!(笑)

白虎隊記念館にも、久しぶりに行ってきました。
ここは、個人の方が設立した所で、建物も設備もそう立派なものではありませんが、
熱意は伝わってきます! 白虎隊士自刃の刀とかあったりして、涙を誘われます。
会津藩士子孫からの寄贈品が多いようです。秋篠宮妃紀子様のご先祖も、会津藩士。
紀子様のおばあさまの紀子(いとこ)さんが、ご成婚をご先祖様にお伝えするために
会津を訪れた際のお写真も展示されていて、そうだったなと思いだしました。
秩父宮様の妃に容保公の孫にあたる勢津子様がお決まりになった時には、
会津逆賊の汚名が晴れたと、会津の人達も八重さんもたいそう喜んだと書いてあり、
勢津子様紀子様と、会津の子孫がお二人も皇族に嫁がれた。
もし紀子様のお子様が天皇になられたら・・・と想像してしまいますね。

館長さんが熱心に説明していました。
「覚馬は京都の府政を創り上げた。しかし会津藩士とは言えないので、
新島襄の友人としていた。ドラマは、あくまでも作りもの、
すべてが事実ではありませんからね」とおっしゃっていたけど、
『八重の桜』は、かなり史実に近いのではないかと、私は思っています。
容保公や照姫の着物や書状なども、さりげなくぎっしりと展示されていて、
今までは何気なく見ていたけど、今回はそりゃもう熱心に見てきました。(笑)

『大河ドラマ館』は、お城の近くに設営されていました。
3連休のせいか混んでいて、駐車場がいっぱいで誘導されたのが、会津風雅堂。
2007年9月19日来生さんカルテットツアー初日、RYUMEIさんツアーデビューのホール。
うれしく懐かしく思いました。ライブが終わって外に出たら月がきれいだった思い出が。

風雅堂の駐車場から雪道を転ばないようにゆっくり5分程歩くと、ドラマ館でした。
山本家の鉄砲制作の部屋の復元セットや、鉄砲を打つ体験を私もしたりして、
出演者の衣装も展示されていて、触りたい~もちろん、ダメです。
サイン色紙にそれぞれのメッセージ、
剛くんのサインは、判読不能(笑) 写真撮りたかったけど、やはりダメです。

ドラマ館限定の、メイキング映像も映されています。
出演者の映像でのメッセージも。
剛くんは「わっぱめし(木で作った曲げわっぱといわれるお弁当箱のようなものに
ご飯と具材をのせて蒸した丼もの=西田さんにごちそうになったそうです)が
美味しかったです。ソースかつ丼も食べました。お米が美味しいですね。
(食べることにこだわる人だな~と思った)
 福島の皆さんに元気になってもらえるようがんばります」
この映像を2回見てきましたが(笑)、また見に行きたいです。来年1月14日までです。
500円ですがこのチケットの半券で、他の観光施設の入場料が割引になりますのでお得。

会津に入るのに、高速道路だともちろん早いのですが、私は遠回りして郡山の先、
磐梯熱海で降りて、温泉街の反対側、右方の山道をくねくね登って行きます。
人家も無い山道ですが、除雪されているのでスタッドレスタイヤなら、走れます。
雪景色を楽しみながら、戊辰戦場跡の母成峠を通ります。
戦場跡の慰霊碑が建っています。いつもここで手を合わせます。
山道を降りて行くと、途中中ノ沢の温泉街を経て磐梯山のふもと猪苗代に着きます。
さらに西に国道49号線を猪苗代湖沿いに進むと、やはり戦場となった十六橋、
白虎隊が出陣した戸の口原。直進すると国道から会津の町に入れますが、
ここ強清水で脇道を左に入ると、旧道である滝沢峠。
また山道を降りていきますが、車も滅多に通りません。
わざわざこんな山道を通るのは、物好きです。(笑)
でも、四季折々風情がある道です。今回、雪の中を、キジが歩いているのを発見。
そしてこの辺りが、八重が父親と猟に行ったシーンのロケ地だったのです。
本当に、キジがいた~ビックリ~吉兆かな?(笑)
さらに峠を下ると、ある時突然景色が開いて、城下を一望に見渡す所に出ます。
その瞬間は、いつもうれしく心が弾みます。
昔の人は、ここを歩いたり馬に乗ってきたわけでしょ、
きっとここで「帰ってきたな」と実感して、喜んだのではないかと思うのです。

そして降りきったところ右手に、白虎隊が出陣し容保公や新選組も立ち寄った
滝沢本陣が、当時のままの姿で残っています。
その先を右に進むと、タイトルバックの桜『石部桜』があるというので、
行こうとしましたが道路工事中で進入禁止でした。残念、次回のお楽しみです。

左が、飯盛山です。飯盛山中腹に白虎隊記念館、頂上が隊士の墓地です。
飯盛山から東山まで、山並みが続きますが、途中に容保公が土方に命じて造らせた
近藤勇の墓と、土方の碑があります。戒名は容保公がつけました。
容保公が新選組を思う気持ちにも、胸打たれます。
さらに進み左手東山入口に、松平家の墓所があります。
立派ですが簡素で、会津武士らしい墓所だと思います。
容保公のお墓が、やや離れて小さくて、、、悲しいですね。

この先に、あのお秀茶屋がありました。ちょっとお味噌がしょっぱかったかな。(笑)

というわけで、長くなりましたが、会津紀行でした。

はゆさん、私も『鹿男…』大好きでした!
月子 |  2013.02.25(月) 17:41 | URL |  【編集】

月子さん、読みごたえのある旅行話ありがとうー!
またあとでコメントしに来ます。

本日のスマスマ、ビストロスマップは
「最高の離婚」のダブルヒロインが登場でございます。
スマスマなんて見るの何年ぶり、っつーくらい見てないぞ。
のもん |  2013.02.25(月) 18:29 | URL |  【編集】

追記

スマスマ情報ありがと~知らなかったよー(汗)

追記です。
松平家墓所の手前に、今回紹介された武家屋敷があります。
西郷頼母家を模した観光施設ですが、日新館同様、立派ですよ。

飯盛山から東山にかけての道を、夢街道と称しています。
その途中、近藤のお墓の向かい側辺りに、
私が会津に行く度に、いつも立ち寄る蕎麦屋「桐屋夢見亭」があります。
奥会津の古民家を移築した建物も立派です。
手打ちのみずみずしいお蕎麦も美味ですが、
こづゆや餅、鰊・スルメ・朝鮮人参・饅頭など会津ならではの天ぷらなど、
会津の郷土料理も美味しい。春先は山菜の天ぷらが楽しみです。
わっぱめしやソースかつ丼、田楽など、会津の名物料理はたくさんあるし
有名店もあるけど、ついいつも桐屋のお蕎麦になってしまう。(笑)

その先の分かれ道を左に行くと、武家屋敷や東山。右に行くと鶴ヶ城。

八重さんたちがいつも着ている縞模様の着物が、会津木綿です。
質素な会津の人達は、絹ではなくて実用的な木綿を着用していたと。
今も会津木綿を売るお店があって、行く度にエプロンや眼鏡入れなど、
小物を一つずつ揃えることも楽しみです。
渋みの入った色合いがきれいで、ドラマを見ながら縞模様も鑑賞してます。

会津漆器や陶器や絵蝋燭、織物などなど、
会津は昔から手仕事産業が盛んで、
その中には上杉家が越後から持ち込んだ産業もあったそうですよ。
そして何よりも、会津のお酒はコクがあって本当に美味しい。(笑)
月子 |  2013.02.25(月) 20:19 | URL |  【編集】

切ない・・

会津紀行、ありがとうございます(^-^)
月子さんには会津の深い知識と実際に行かれた風景があってドラマを見ていく上でも
理解されること多いでしょうね~
一話ごとにネットでいろいろ調べながら進んでいく私は今ひとつ勉強不足を感じております(^^;
それにしてもなんて切ないのでしょうか・・・
こんなに切ない大河ドラマは初めてのような気がします。
剛くん演じる容保公がまさに容保公であり、切ないです。

「最高の離婚」も剛くんも切ない・・(涙)
どうなるんだろう~

孝明天皇からいただいき仕立て直した陣羽織の緋色が美しかったですね。
とっても剛くんにお似合いでした♪
孝明天皇役の染五郎さんも素敵です☆
今回、天皇からいただいた書状と、桜ツアーでご当主さまが家宝だと言われてた書状は
違うの??

紀子さまと会津の繋がり・・そうなんだぁ~
ご成婚の時にやっと汚名が晴れたと感じられたとは会津の心って・・

ドラマのロケ地やセット巡り、食にお酒に歴史に触れるドライブと
本当に素敵な旅ですね。
これだけめぐるのに何日かかるのでしょうか?
参考に教えてくださいませ。
「八重の桜をめぐるツアー」なるものも各旅行社から出てますよね、
とりあえずパンフをもらってこようかな~

奈良には日帰りで数回行っています。
京都ほど人が多くないのも気に入ってますし、
古都の風情と歴史の深さが充分感じられるから好きです。

「鹿男・・」のロケ地はほとんど行きました。
中でも若草山からの景色はは本当に素敵です。
「悩みがあるときにここからの景色を見てると、今悩んでることが10年先には
悩みではなくなっていると思う・・」と言う綾瀬はるかちゃんのセリフが大好きです。

私にも鹿が話しかけてくれないかなぁ~と思いつつ鹿さんとお話してます(笑)
でもね、そうすると「ぎゅー」とか「くぅー」と鳴いてくれます(^O^)

そしてレプリカですが「三角縁神獣鏡」の展示されている黒塚古墳は神秘的です。
ロケ地で行ってないのは「石舞台古墳」の飛鳥地方かな。
次回のお楽しみです。

あら・・本日2月27日は「新選組の日」ですって!


はゆ |  2013.02.27(水) 18:22 | URL |  【編集】

明日3月7日は!

『笑っていいとも』テレホンゲスト、綾野剛さんです!
本日が玉置さんだったので見ていたら! ラッキー(笑)

明日夜8時からのNHKBS歴史館は、新島八重。
この歴史館、渡辺真理さんの司会で、
その人に詳しい或いはその人を好きなゲスト3名が大いに語り合う番組で、
ヘェーというようなコアな話が聴けて、毎回楽しいです。よかったらぜひ。

深夜1時15分からは、SONGS再放送安全地帯です。
土曜夜のを見たら、『メロディー』を歌っていました。
この曲、RYUMEIさんの声・歌い方に、ホント合うと思う。
聴きたいなぁー
冒頭のライブシーンでは、帽子をかぶった松田さんのお姿も!

ここでリクエストしちゃうと、RYUMEIさんに歌ってもらいたい女唄は、
MISIAの『EVERYTHING』

今日も忙しいので、後日ゆっくりとお邪魔します。
月子 |  2013.03.06(水) 14:23 | URL |  【編集】

月子さん

ありがと、いいとも録画したよん。
えらい久々に見たけど、今はゲストを呼ぶって形になってたのね。
玉置さんからどう繋がんの?と思ってた。

しかし相変わらず、くったくなく自分を出す人ですねー。
いつも本当に楽しそうにしてるよね。

「最高の離婚」9話でまた新たなレベルに入りましたね。
毎回思うが、セリフが本当にリアル。
内容というよりも、話す感じが。
自分だけが分かってて、いや自分もよく分かってないけど、思いつくまま話していて、相手からしたら何言ってんのか分かんない感じ。
いやーまるで私が書いてる文章みたいだなーと。

解決してるんだかわからないけどなんとなく収まっていく雰囲気とか。
見ていても、すっきりしないで心がもぞもぞしたまま過ぎていく。
パーツをはめ込んでいくような、すっきり整合性のあるドラマとははっきりと違います。

説明セリフじゃない分、覚えるの大変そうですね。
こんな生のセリフの積み重ねで、ドラマを浮かび上がらせるって凄い力です。

「八重の桜」も毎回緊張感があるなあ。
穏やかなシーンの中にも、キリリとした雰囲気があります。
辛いシーンや明るいシーンもどこか冷静で、見ていても気持いいです。
いつもの大河とぜんぜん違います。
もっといろいろ書きたいんだが、また遅い時間になってしまったので。寝ないと。

あ、「カーネーション」再放送見送りになったらしいです。
出演者の一人がなんか事件を起こしてたらしく。
さして重要な登場人物ではないのだけど
それが影響してるのかもしれないです。
あーあー。
のもん |  2013.03.08(金) 00:56 | URL |  【編集】

また剛くんのドラマ♪

ご無沙汰でした。
本年度も無事乗り切り、今日はホッと一息であります。

さて、『最高の離婚』も終わり、淋しいなと思っているあなたや私。
4月14日から、また剛くん主演のドラマが始まりますよ!
TBS9時からの日曜劇場『空飛ぶ広報室』
ブルーインパルスですって!

先日のNHK『サラメシ』総集編で、
ブルーインパルスメンバーの昼飯風景を見たのですが、
ブルーインパルスメンバーの、揃いも揃ってのイケメンぶりに感動したばかり。
なんで優秀なオトコは、何もかもカッコいいんだろう。。。
のもんさんが言っていた、江田島の幹部候補生は顔で選ぶという話を思い出しました。(笑)

このドラマもきっと自衛隊の全面協力で、ブルーインパルスの飛行シーンもバンバン見れそう♪

先だって、明日30日(土)18:30からのTBSオールスター感謝祭という番組にご出演。
こういう番宣というかバタバタ番組は好きではないけど、剛くんが出るなら見ようかと。(笑)

剛くんのお友達の直史くんチのお米、ひとめぼれが美味しかったのでまた注文しました。
のもんさんにも少しだけどおすそ分け送ったので、食べてみて。
月子 |  2013.03.29(金) 15:28 | URL |  【編集】

月子さん

年度末、お疲れさまでした~!!

『最高の離婚』、最後まで面白かったです。
こまかなところまで見ごたえのあるドラマでした。
光生の両親出てきた時は死ぬほど笑った。

で、綾野さん主演!?知らんかったー。忙しいねえ。
ブルーインパルスってどんななんだ。
日曜劇場・・・って録画かぶりそうだなあ。調整せんと。
TBSなら王様のブランチでキャスト勢ぞろいで出てくる、とかありそうですね。

お米、色々な銘柄作ってるんですね。
こないだのも美味しかったよー。
ちゃんと特別扱いして土鍋で炊いた♪
楽しみに待ってます。ワーイ。
のもん |  2013.03.29(金) 22:33 | URL |  【編集】

4月5日夜11時~

TBSです。たのしみです♪
http://www.tbs.co.jp/A-Studio/

昨夜の川崎尚之助様、素敵でした。
長谷川博己さんも、やはりいい役者さんだなぁ~

『八重の桜ツアー』では、黒木メイサさんと白羽ゆりさんが二本松少年隊の史跡を
訪ねていました。メイサさん、出産したとは思えぬスタイルと美しさ。
少年隊のエピソードに涙するメイサさんとゆりさん。涙なしには見れません。
再放送4月7日(日)午後4:30~からの予定です。

今週末は上京して、谷村さん国立劇場でのリサイタルを見ます。
リサイタルという響きが懐かしい。
ついでに、江戸東京博物館で開催中の『八重の桜展』を見てこようかなと。
月子 |  2013.04.01(月) 16:30 | URL |  【編集】

大傑作☆☆☆

遅ればせながら私も…
『最高の離婚』、最終回まで観終わりましたぁ。

いや~~~
視聴者の心を、こんなにもグラグラ揺さぶるドラマ、近年なかったっ!!!
大傑作☆☆☆でした。

ゲラゲラ、くすくす笑わされたかと思えば、
切なくって切なくって、放心状態にさせられて。
セリフじゃない、感情丸出し&本音全開のストレートな会話の数々に、
何度も心臓鷲掴みにされましたよ。

自分の親たちも、ダメダメ夫婦なんだってわかったのが、最終的によりを戻す引き金になったのも、このドラマらしく。。。笑
最後、二人が歩いて自宅に戻ったのが、すごくヨカッタ♪
これからもお互い言いたい放題!!いっぱい喧嘩するんだろうけど、
この夫婦は大丈夫ですね、きっと。

剛くんカップルは、この先もちと心配だ~
(浮気クセは…そう簡単には治らないと思う。。。)


月子さん、今週末は都内で芸術三昧なんですね。
楽しんで来てください♪♪♪
KYOKO |  2013.04.01(月) 19:02 | URL |  【編集】

月子さん

お、トーク番組ですね。また新たな綾野剛が見れるかも。
ちゃんと録画予約入れました。ありがとー。

「八重の桜」1週遅れで見ています。
やはり光の使い方にハッとします。
まだ4月だというのに緊張感が凄い。
そして惜しげもなく(?)いい役者さんたちが亡くなっていく。うう。

あと、いつも八重ちゃんが、温かいピンク色を身につけてるのが好きだなあ。
みんなの会津木綿の着物も大好き。
月子さんにいただいたカレンダー、4月は鶴ヶ城なんだよね。
しかも空がほんのりピンク色なの。
素敵な版画です。

お米届きました。
「ひとめぼれ」という名前がイイではないですか。
また土鍋ご飯して食べます♪

リサイタルって言葉、久々に聞いたわ。
コンサートとどう違うんだっけ?
毎度盛りだくさんですね。めいっぱい楽しんでください。
月子さんが来るなら、東京の雨はやむかもね。

KYOKOさん

「最高の離婚」良かったよねえ。
あらゆるポイントがリアルで、細部まで丁寧に作ってあって、大満足。
最後の収まり方も、その時だけの「めでたしめでたし」じゃなくて、
その先も同じようにずっと続くんだよ、な終わり方で。
うーんどこまでもリアルでしたねえ。
またゆっくり見なおそうっと。

ホントなら4月から「カーネーション」再び~だったのにいいい。
のもん |  2013.04.01(月) 22:35 | URL |  【編集】

朝ドラ

昨日からの朝ドラ「あまちゃん」が、おもしろい!
三陸が舞台というのもいいな。
のもんさんのごひいき蟹江敬三さんも出るらしい。

『八重の桜』
長州勢に土方さんにふさわしいイケメン俳優がいたよねー(悔し涙)

『ひとめぼれ』、知らない!?
福島の代表的な米の品種です。
『ひとめぼれ』か『コシヒカリ』が、一般的かな。
幸せ感じるうまさです♪ (食べ過ぎ注意!)
 
金曜夜に放映された『SP』劇場編に、剛くんがちょい役で出てました。
怪しい人の役だったけど、やはり視線とか仕草とか、
ちょい役でも存在感があって素敵だったと思うのは、ひいき目か?(笑)

そうそう、リサイタルって、昔は一般的だったのよね。
今はコンサートとかライブと言うのがほとんどですよね。
小田さんも「昔は、オフコースリサイタルって言ったんだよね」って
話題にしたけど、今は滅多に聞かない、死語かも。
懐かしい響き、“音楽会”というイメージが強いですかね。
あえて“リサイタル”と名付けた谷村さんのこだわりと、
国立劇場での開催というので、行く気になりました。場所は重要。
谷村さんも久しぶりだけど、いつも超完璧なステージなので楽しみです♪
月子 |  2013.04.02(火) 17:39 | URL |  【編集】

月子さん

新しい朝ドラ始まりましたねー。
私にとっては時計代わりですが、
蟹江さんが出たので一瞬釘づけに。
ってもう死んでる設定かーい!
最初から字幕付きってのがおかしすぎる。

「ひとめぼれ」知ってるよー。食べたことはないと思う。
やっぱ千葉のお米を選んでしまうかも。
剛くん繋がりだから、そっちの名前の方がらしくてイイなと思ったの。

谷村さんなら、全方向油断のない、素晴らしいステージを見せてくれるでしょうね。
こういう機会がないと訪れないホールとかあるものね。
音も良いんだろうなあ。
楽しんできてね~。
報告もまってるよー。
のもん |  2013.04.02(火) 23:31 | URL |  【編集】

>長州勢に土方さんにふさわしいイケメン俳優がいたよねー(悔し涙)

きっとあのイケメンね?「カーネーション」で勘助のお兄さんで大工さん役だった俳優さんじゃないですか?最後は自害してしまって…ああもったいない。
いこいこ |  2013.04.03(水) 16:32 | URL |  【編集】

イケメン

いこいこさん

私も同じ人だと思う。
泰蔵兄ちゃんですね。須賀さん。
月子さんはカーネーションを後半になってから見たからあまり知らないかな。
火の粉が舞う中でのスローモーションの映像がとてもキレイでした。
視聴者サービス~。
でももう見れなーい。ほんともったいない。
のもん |  2013.04.03(水) 18:40 | URL |  【編集】

そうそう!泰蔵にいちゃん!
いい男は話もすぐ通じてラクですね。「あのイケメンよ」「ああ、あの人ね」でわかるから。
月子さんがおっしゃるとおり、長谷川博己さんも素敵ですね~。民放の「鈴木先生」や「家政婦のミタ」でちょっととぼけた役が続いたけど、長谷川さんは端正な2枚目役が絶対似合う!見惚れちゃいます。
「八重の桜」はいい男がザックザク出てきて、楽しいです~。大蔵さんもいいです。八重への気持ちはずっと秘めたままなのかしら。
いこいこ |  2013.04.04(木) 00:29 | URL |  【編集】

ひとめぼれ

>いい男は話もすぐ通じてラクですね。

いこいこさん、おもしろ~い、その通り!(笑)

そうそう、久坂玄瑞役の須賀貴匡さん!
ホント、死なせるには惜しいイケメンだった。
一目見て「この人が土方さんでしょーが!」と叫んだ私。
『カーネーション』 ますます見たくなった。やらないのかなー

『鈴木先生』 私も見てた、おもしろかった。
『八重の桜』 先週のは、長谷川さんを繰り返し見てた。

我ながら、気が多い。でも、皆そうだよね?(笑)
月子 |  2013.04.04(木) 17:13 | URL |  【編集】

今週の長谷川さんは反則ですね。
あんな真顔で何度もクドくな~!
八重の桜はイイ男祭りです。
若くてキレイとかだけじゃなく、雰囲気のある男まで品ぞろえも豊富。
だんだん一人じゃないと見れなくなってきました。ぷぷ。

みんな演技力があるから安心して見てられます。
大河ってたまに「ここは大根畑か!」と思う時とかあるからなあ。

歴史モノってどっちに視点を持つかですごく変わるけど、
血なまぐさくてヤバい新撰組ってのも新鮮ですね。
のもん |  2013.04.05(金) 22:25 | URL |  【編集】

話がそれますが、今「女信長」を見ております。
いーかげん「女なんとか」には飽きて来る頃ではありますが、このドラマ配役が豪華すぎる~。内野聖陽さんや佐藤浩市氏が脇役!
そして私のお気に入りの大蔵様こと玉山鉄二くんが、信長が恋をする相手:浅井長政役です。
ほかにも藤木直人さま、伊勢谷友介さまと、テンコ盛りでございます。
いこいこ |  2013.04.06(土) 00:27 | URL |  【編集】

女信長

私も見ておりました!
確かにイケメン揃いでしたねぇ~

でも私の一押しは・・・なんといっても天海祐希さんです☆
かっこよかった・・
でも天海さんのラブシーンはあまりピンと来ないな。

ドラマの「大奥」(家光編/堺 雅人・多部未華子のもの)ほどではなかったかな
(あくまでも個人的な意見ですが)
天海さんでなければ途中で見るのをやめたかも(^^;

明日は「八重の桜」ですね!
楽しんで見ておりますが、歴史の背景・知識が追いつかず、長州?薩摩?朝廷?幕府???
図書館で幕末ものの本を三冊借りてきました。
その内二冊はマンガですけどね(笑)
はゆ |  2013.04.07(日) 00:53 | URL |  【編集】

うんうん、はゆさん、天海さんかっこよかったですね~。女性が武将を演じるのはとても大変だと思いますが、視線の使い方といい声の出し方といい、歩き方から何から、さすが男役トップスター!天海さんだからできる役だったなあ~(*^_^*)
でも、あんなにいい俳優さんを揃えていたのに、なんというか、深みに欠ける作りだったような・・・伊勢谷さんとか内野聖陽さんとか西田敏行さんとか、たっくさん出ていても、皆さんあまり存在感がなかった感じです。存在感って、出番の長さとは関係ないと思うのですけれど。
脚本がいまひとつだったのか、演出なのか、素人にはわかりませんが・・・
人物設定が徹底していなかったのか・・・
私も、天海さんでなかったらやめてたような気がします。

その点、『最高の離婚』はキャラクターがしっかり作りこまれていて、セリフもすごく練られているという感じでしたね。
いこいこ |  2013.04.07(日) 17:36 | URL |  【編集】

いこいこさん、「女信長」同感です!
存在感がもっとあっても良い俳優陣を揃えてたのにもったいない・・
歴史の流れさえも「あれ??」というところもありましたしね。

ところで、今日の「八重の桜」の長谷川さんは素敵でした☆☆
「あなたはあなたであれば良い!」って・・素敵な言葉ですね~
会津の悲しい運命が背景にある中でほっとできる八重と尚之助さまの微笑ましいワンショットです。

そういえば、タイトルバックが一ヶ月ごとに変わっているのですね。
今までの大河ではなかったような・・前半と後半で変わることはあっても。
「最高の離婚」も毎回エンディングのダンスシーンが変わっていたのも楽しみでしたよね!

はゆ |  2013.04.08(月) 00:13 | URL |  【編集】

「女信長」ぜんぜん知りませんでした。
そんな豪華な俳優陣を揃えてたのにイマイチって残念ですね。
確かに、存在感って時間の長さじゃないですよねー。
ほんの一瞬でもぱっと匂い立つような雰囲気ってありますもんね。

はゆさん

私も「八重の桜」見てても歴史背景の基本的なところが分かってないので、
緊迫感のあるところでも置いてけぼりな感じです(汗)
知ってて当然の歴史の基礎知識なんだろうなあ、と思いつつ見てます。

>「あなたはあなたであれば良い!」って・・素敵な言葉ですね~

わははははは。
それって昔の少女漫画の黄金律ですよ。(今もそうなのかな)
「今のままのキミが好き」ってやつですね。
まだ今週のは見てないけど、つかの間ほんわかしそうな回ですね。

いこいこさん

「最高の離婚」のセリフは、どれも人の言った感じがありましたね。
くどいところも、相手に通じない自分だけ分かってる感じも、
説明しようとしてもちゃんと上手い言葉があてはまらないところも、
そういう丁寧なリアルさがありました。
やっぱ他のドラマを流し見してて、
謎解きでもないのに理路整然と話してるのを見ると違和感ありありですもん。
謎解きモノとなると、どんだけムリヤリな設定でも
細部にわたってツジツマあってりゃ良いんだろ?な強引なモノが多くてぐったりだし。
のもん |  2013.04.08(月) 14:59 | URL |  【編集】

剛くん主演のTBSドラマのナビ番組です。
■『空飛ぶ広報室』 & 『確証~警視庁捜査3課』 ナビ
4月11日(木)24:28~24:58放送

■『確証~警視庁捜査3課』 & 『TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~』 ナビ
4月13日(土)14:00~15:24放送

■『空飛ぶ広報室』 & 『潜入探偵トカゲ』 ナビ
4月14日(日)15:30~16:54放送

はゆさん、今夜のNHK10時から歴史秘話ヒストリアは、直江兼続&前田慶次ですよ。


谷村さんリサイタルの土曜日は、悪天候の予報で「不要不急のお出かけは控えてください」
とまで言ってるし、どーしよう~と不安でしたが、やはり私は晴れ女♪
大丈夫でした。4時開演でしたので、雨がひどくなる前に無事電車で帰って来れました。
その後深夜に大雨となり、当地でも久しぶりに被害が出てしまうほどでした。

谷村さんは、やはりダンディーで素敵。
仕立ての良さがわかる素敵なスーツ姿で、終始ハンドマイクを持って、
ステップを踏むがごとくに美しい立ち姿でステージを歩きながら
今も変わらぬ美声で、丁寧に丁寧に歌う。

0田さんやK生さんは歌詞間違いなど、よくあることですが(笑)
谷村さんは、いつも一糸乱れぬ完璧な歌唱。素晴らしい。
谷村さんの歌唱のニュアンス感が好き。高音の美しさに惚れ惚れします。
トークもダンディーで、お話する声にも酔ってしまいそう。
昔は、年を重ねてこんなに素敵になるとは、思わなかったなぁー

30年以上前に大好きだった『都わすれ』『蜩』『終止符』の3曲を続けて
聴けたときには、来た甲斐があった~と、すっごくうれしかったです。
特に前2曲を聴けたことは、一生の思い出というか生きててよかったというか。
この2曲、ご存じの方お好きな方、いらっしゃいますか? 良い曲です。

『群青』も好きな曲です。
イントロのピアノ演奏が、すごいドラマチックで泣けてしまうのですが、
松田さんが参加したツアーで、松田さんの『群青』のピアノが素晴らしいと、
谷村さんファンに絶賛されてたんですよ。
松田さんの『群青』をまた聴きたいと、強く思いました。

「月曜日からは、アリスになります」とのことでした。
早速メディアに登場していますが、アリスの谷村さんはジーンズファッション。
スタイルがいいからこちらもお似合い。やはり日頃から鍛えてるんでしょうね。

江戸東京博物館での『八重の桜』展も、楽しかったです。
まさかの、孝明天皇直筆の「ご宸翰」「御製」
それらを収め、容保が肌身離さず身に着けていたという、
葵の御紋が織り込まれている錦布の袋も展示されていました。涙涙
保科正之が戦陣用にこしらえた太刀を、容保が儀式用に作り替えて、
宮中に携えていたという太刀も。襄のスーツや、京都で使っていた家具調度なども。
この展覧会は、今後会津や京都も巡回するそうです。

保科正之の正室は、我が「磐城平藩(いわきたいら)」出身です。
平城は、伊達政宗も「美しい」と褒めたという天守閣のあるお城だったそうですが
やはり戊辰戦争で幕府方として戦い、落城しました。
今はわずかに石垣が残るのみですが、お城跡は桜の名所で、私の通った高校もこの辺り。
だからかな、戊辰戦争は、いつの間にか自然と身近に感じるようになりました。
これから先、もっともっとつらくなるんだよ~もうすでに胸が痛くなり泣きそうです。
でも、その逆境から立ち上がる会津の人達の姿を、ぜひとも見たいと思います。

金曜土曜の『女信長』を録画しといて、日曜午後に一気に見ました。
内野さんがやはり素敵。『とんび』のとき、うまいなぁ~としみじみ感じました。
『女信長』は、ありえないだろ?!
少女マンガのようなストーリーで、イマイチでしたね。お濃がかわいそ過ぎ!
月子 |  2013.04.10(水) 21:06 | URL |  【編集】

福島の美味!

月子さん 
 
たくさんの情報ありがとうございます!
見逃すところだった~ヒストリア
二分前にここに来て、月子さんのコメント見て慌てて見ましたよ(笑)
「天地人」では前田慶次って登場しなかった気がするのですが・・
そういえば、「八重の桜」にも坂本龍馬は出てこないみたいですね。
主役が誰かわからなくなるから??

谷村さんの「リサイタル」も素敵だたようですね☆
「終止符」「群青」は私も大好き♪
でも、『都わすれ』『蜩』は知らないです。
あとでさがしてみようっと。
松田さんが参加されてた時のツアーに行きたかったなぁ~
アリスの曲は高校時代よく聴きました。
「遠くで汽笛を聞きながら」とか好きだったな。

今、名古屋のデパートで「福島の物産展」が開催されてるそうです。
テレビで見ましたが、美味しそうなものたくさんですね!
喜多方ラーメン・なみえ焼きそば・あげかまぼこ
特にわっぱ飯とウロコジュウ(うにの貝焼き)は食べてみたい!!

「ふくしま八重隊」なるものも登場してました。
容保様の兄上は尾張藩主なんですね、会津と愛知は縁が深いとか。
ますます興味深くなります。

図書館で借りてきた歴史もの、マンガなのにやっぱり難しい(T ^ T)
歴史って主役・視点が違うと理解に苦しみますよね(わかってるんだけど)
ますますこんがらがってきた(^^;;

「八重の桜」って本編はもちろんですが、最初のタイトル部分が好きです。
光(のもんさんお薦め!)と黒と色と坂本龍一さまの音楽と・・
4パターンを見比べて楽しんでまーーす(*^_^*)
はゆ |  2013.04.11(木) 18:25 | URL |  【編集】

長い話ですが。。。

ヒストリアで紹介された前田慶次は「花の慶次」と言われて、
歴女に人気だそうですよ。パチンコにもあったかも。
『天地人』には、出てこなかったと思います。
米沢の宮坂考古館という博物館に、慶次の甲冑があります。
上杉神社脇の上杉家の宝物殿である稽照殿(けいしょうでん)には、
兼続の愛の甲冑、そして仙台市博物館には政宗の甲冑があります。
仙台市博物館には秀吉の甲冑や家康の書状などもあり、見応えあります。
この番組で紹介された甲冑3点すべて幾度も見たことある私って、
なんなんだろう? 好きだな~と、自分でも笑ってしまった。

『天地人』にも『女信長』にも登場した、五大老が豊臣家を守っていくという
誓文の原本も稽照殿に展示されています。家康・景勝らの署名や花押に胸がときめきます。

先週のヒストリアは、家康の孫娘千姫でした。
鎌倉東慶寺と千姫の縁、縁切り寺となったわけなど、興味深いお話でした。
来週のヒストリアは、政宗です、楽しみ。
ヒストリアは、会津藩所縁のお話が続いているようです。

はゆさん、うにの貝焼は超美味です。いわきの名物でした。
朝採って貝に詰めて蒸し焼きにしたものを、昼に浜のお母さん達が家に届けてくれます。
焼き立てはほのかに温かくて、中がトロリ半熟で香りが強くて本当に美味しかった。
朝「これから持ってくよ」と電話があると、白いご飯を炊いて待っていたものでした。
でも、その地域すべて津波で壊滅状態、さらに放射能で、まだ漁は再開できません。
そろそろ操業しようとしたところで、今また原発の水漏れ騒ぎ。この先どうなることか?(怒)
今 市販されている物は、いわき産ではありませんので、味の保証は致しかねますが(笑)
オーブントースターで軽く焼き、お醤油をほんの少し垂らしてご飯にのせて食べると美味。
炊き込みご飯にしても美味しいですよ。それを海苔でくるんだおにぎりも美味しい。

会津の桜もそろそろですが、今年は八重の桜の人気もあって、観光のお客様も多そうです。
会津はこじんまりとした街ではありますが、見所は多くて、
私はもう何十回と行っていますが、まだまだ観きれておりません。
食べるものも美味しいし、何度行っても楽しい。私は前世が会津だったと思う位大好きです。
遠くから観光に来るのでしたら、やはりお城と武家屋敷・日新館でしょうか。

七日通りは、古い家並みが残っていて、観光客のそぞろ歩きに楽しい所です。
八重の桜ツアーで、はるかさん長谷川さん西島さんが歩いていたのがこの通り。
昔ながらの商家渋川問屋は、今旅館とお食事処となり、三人が「こづゆ」などの
郷土料理を食べていましたが、私も一度行ったことがある、美味しかったですよ。
造り酒屋や古くからのお店が並んでいます。お菓子の太郎庵も蔵造りの店舗です。
交差して野口英世青春通りと呼ばれる通りがあり、英世が手の手術を受けた医院が
残っています。土方歳三や吉田松陰が滞在した清水屋旅館跡も七日町です。

七日町駅の駅カフェには、会津の雑貨や地元産の食べ物などが揃っていて、
私はいつもここであれこれ買い求め、その向かい側の阿弥陀寺で、
新選組隊士斉藤一の墓参りをします。
斉藤一は、八重の幼馴染の時尾と結婚して、会津に骨を埋めました。
新選組一の剣の達人とも言われた斉藤一、大河の『新選組!』では、
オダギリジョーが演じましたね。カッコよかったな。
今回演じているのは、古谷一行さんの息子のDRAGON ASHの降谷健志さん。

他、古い茅葺屋根の家並みが続く宿場町だった大内宿や(蕎麦が有名)
猪苗代湖畔の高台にある、皇室の有栖川宮別邸「天鏡閣」も人気スポットです。
白亜の和洋折衷の建物で、大正天皇昭和天皇も静養に訪れていたという別荘です。
今は県所有となり一般公開されていて、映画などのロケにも使われていますが、
英国製の暖炉とか、家具調度も素敵です。

はゆさん、
美濃高須藩というのは、尾張徳川家の支藩で、尾張徳川家に後継ぎがいない時に、
養子を送るための藩なんだそうです。という事は、藩主の務めは子づくり?(笑)
で、容保のお兄さんが尾張に、弟が桑名藩に養子にいってます。

先日のA-Studioでは、剛くんのお友達の猪苗代の直史くんが鶴瓶さんに、
お米をお土産に渡していました。美味しいお米、もっと頼もうとHP見たら売切れてた。
この時の剛くんもすごく魅力的だったわ~何度も見返してる。(笑)

さらに!
長谷川博己さんは、渡辺淳一先生原作の『雲の階段』ですって!
これは、淳一先生の中でもとびきり好きな作品です、いやらしくないですよ。(笑)
楽しみ~ 昨夜は思いがけずに、「ゴチになります」に出ているのを途中で見つけて、
カッコいい~かわいい~と、ひとりニタニタ笑いながら見てしまった。。。(笑)
月子 |  2013.04.12(金) 17:01 | URL |  【編集】

月子さん、毎度ためになるお話ありがとうございます。
本当にいろんなもの見聞されてて羨ましいし、その内容をしっかりと記憶の中に
留められてることに尊敬!!
まだまだいろいろ教えてくださいね。

前田慶次は人気ありますよね(*^_^*)
名古屋城に出没している「武将隊」の初代前田慶次役の人がかっこよくて
大人気でした(笑)
「利家とまつ」の時にはミッチーこと及川光博さんが見事に“かぶきもの“を
演じてましたね。
この時は利家の甥だということに焦点が置かれて描かれ兼続とのつながりには
触れてなかったですね。
「ヒストリア」での直江兼続とのつながり、興味深く見ました。

先週の「八重の桜」、後姿と西郷さんのセリフでチラっと坂本龍馬が登場?!
ドラマって視点が違うと面白いですね~
特にこの時代ってやっぱりよくわからない・・(T ^ T)
「龍馬伝」「翔ぶが如く」「篤姫」「新選組」などなど「八重の桜」の視点とは
違ったものを見てきたせいかな。
みんな世の中・日本を良くしたい一心なのにね。

ところで福島の桜は見頃ですか?
新幹線を使えば最速で三時間半で行ける距離なんですよね~
今年中には行きたいなと思ってます。
その時はぜひ本物の「ウニの貝焼き」食べたい!!

さぁ今夜は戦国時代から江戸初期にタイムスリップ、「独眼竜政宗」ですね!
ドキドキ・・(*^_^*)

はゆ |  2013.04.17(水) 15:59 | URL |  【編集】

会津に行くよ~

GWは郡山→会津→新潟コースになりました。3泊4日。
ゆうべ宿も取ったもんね。
さすがに会津はもう安い宿がなくて、
観光して夜は新潟入りすることにしました。
鶴ヶ城のライトアップ、
「八重の桜ツアー」のメイサちゃんたちの回のラストに出てきて、ちょっと見てみたかった。
月子さんが書いてくれた観光スポットや穴場など予習して出かけるつもりです。
会津はきっとロケ地巡りの人たちで賑わってるでしょうね。
久々に新潟の弥彦山に行きたいのだー。
郡山と新潟の飲み屋を調べなくては。

最近は「あまちゃん」を朝の忙しい時間にじっくり見てます。
その間何もしないのは「カーネーション」以来です。
クドカンのセリフがいいのかな。間の取り方とか。
(言うほどクドカンのドラマ見てないが)
セリフがどれもやさしくて聞いてて心地いい。
出演者の雰囲気も丸くて気持イイし。
いつまでもひたっていたいような感じなんですよね。
小池徹平クンもきゃわいい~。

のもん |  2013.04.18(木) 23:02 | URL |  【編集】

リアスとアリス

おぉ~、のもんさんいらっさいまっせ!(笑)
猪苗代の風景、見てきてね。剛くんが走った風景だよ~。
会津は今、桜が見頃らしくて、かなり混んでいるという情報です。
ドラマのオープニングの石部桜が今満開で、鶴ヶ城がもうすぐ満開だって。
八重桜は、GW後でも咲いているかも。
明日明後日は、会津では雪が降るかもしれないって。
いわきも今日は寒くて、ストーブと炬燵です。

私は明日、散り始めたという三春の滝桜に行く予定です。
ハラハラ落ちる桜もまたいいものだけど、混んでるだろな。
あと、5月のGWの後の空いた頃に、また会津。
あちこちお墓参りしてくるつもり。
はゆさんも、いつか来てくださいね。

あまちゃん、毎日2回見てる。セリフの一つ一つがおもしろいし、
うまい役者揃いで、安心して見ていられる。毎回、笑いどころがいっぱい。
今日のあのうちわ、「祝女」の無限男子のだったよ~大笑い。

そのあと、あさイチがアリスだったでしょ、
あまちゃん見ながら新聞のTV欄眺めてたら「リアスの3人集結」と見えたのね、
渡辺えりさん等熟女海女軍団かな、琥珀のおじさんかな、おもしろそう~と。
そしたら、谷村さん達の「アリス」だった。(笑)

月子 |  2013.04.19(金) 20:36 | URL |  【編集】

会津は今が見ごろなんですね。
今年はこっちも桜が早かったからなー。
混んでるかもしれないけど、たくさんのお客さんが来る方がありがたいよね。
いろいろ楽しんできます。

あまちゃん、セリフがいいよねえ。
役者も上手いし。
ほんと安心して落ち着いて見れますね。
私も2回見ちゃうことある。
あのうちわ、私はぜんぜん分かんなかったんだけど、
こういう小ネタがあちこちあるよね。
「猫の免許証」には死ぬほど笑った。

アリス、出てきたねえ。
月子さん見てるかなと思った。
「リアスの3人」で海女軍団だったら怖いよ!朝から濃すぎるよ!

テニスルックのまま、
超ショートパンツで太腿むきだしでステージで歌ってる谷村さんに爆笑しました。
残念ながら仕事に出たので途中までしか見てない。
のもん |  2013.04.19(金) 22:00 | URL |  【編集】

旅レポまってまーーす!

のもんさん

GWの旅行、なんて素敵な行程なんでしょう!
ぜひぜひレポートお願いします(*^_^*)

月子さんのお話を見る限り、会津だけでも3泊4日は必要な感じ?!
私の会津行きはいつになりますやら・・(^^;;
六月下旬に名古屋で「八重の桜」全国巡回展があるらしいので、
まずはそれに行ってきます(笑)

今、「八重の桜」で気になるのは「神保修理」さま。
伏見・鳥羽の戦いの後、敗戦の責任を負わされて切腹させられる悲しい運命だそうですね(涙)
容保さまは修理様や兵も見捨てて慶喜公とともに江戸に逃走するらしいけど、
えぇ~何故??
なんだかショック・・
どんな風にドラマで描かれるんだろう・・
月子さん、解説お願いしますm(_ _)m
&お墓参りレポも♪

はゆ |  2013.04.22(月) 01:28 | URL |  【編集】

私見ですが・・・

のもんさん、
会津の資料、手持ちの物をいくつか送りましたので、プランニングの参考にして。

先週末辺りから、会津の桜も見頃を迎えたようですが、21日の日曜日はまさかの雪。
GWも混みそうですが、お気をつけていらしてくださいね。

私は20日の土曜日に三春に行きましたが、梅・桃・桜が一緒に咲くから三春という。
滝桜はもちろんですが、丘陵の町があちらもこちらもピンクに染まっているようで
花に酔いそうなほど花真っ盛りの三春。桃源郷のような美しい町でした。
伊達政宗夫人愛姫の故郷です。花の寺としても有名な福聚寺では、
住職で作家の玄侑宗久さんにバッタリ。ツーショットしていただきうれしかった。
玄侑さん、イケメンです。(笑)

昨夜の歴史秘話ヒストリアは、新選組の斉藤一でした。ご覧になりましたか。
京都から会津へ~容保との絆や晩年まで、わかりやすく、おもしろかったです。
見逃した方、再放送が4月30日(火曜)深夜1時45分からです。

はゆさん
>容保さまは修理様や兵も見捨てて慶喜公とともに江戸に逃走するらしい

慶喜は、「二枚舌」「百才あって一誠足らず」と言われたとか。
今までの展開でも、つかみどころのない人に思えますね。
言う事がしょっちゅう変わるし、見ててイラっとします。(笑)

一橋慶喜といいますが、実は水戸藩主の息子で一橋家に養子に行った。
水戸家6代藩主治保の、容保がひ孫、慶喜が玄孫に当たるのかな、
とはいえ、慶喜と容保は、ほぼ同年齢です。
水戸藩も、2代目光圀公の時代から水戸学と言われる文武が盛んな所でした。
会津藩始祖保科正之と光圀は従兄弟だったし、
小説と映画『天地明察』でも、暦を作るために共に尽力していました。

来生さんも読んだという半藤一利作『幕末史』によると、

 錦の御旗の知らせが届いた途端に「私は江戸に帰る」と言いだし、
 容保と定敬(容保の弟で桑名藩主)は仰天し「戦争はまだこれからなのに
 いかなる故に逃げださなくてはいけないのでござりますか」と聞くと
 慶喜は「江戸で再挙を図るために」と答えたといいます。

慶喜は、頭の良い人だったそうですが、なぜに退いたのか?
諸説ありますので、ドラマではどのように展開するのかわかりませんが、
一人で逃げるのが怖くて、容保達に守ってもらおうとしたのか?
一人だけ臆病者裏切り者と言われるのが嫌で、道連れにしたのか?
親戚なので容保達をも守ってあげようと、一緒に逃げたのか?
本当に江戸で再挙を図るつもりだったのか? 
慶喜は、悪く言われることが多いようですが最近再評価されているとか。
興味のあるところです。
明治以降の日本史は、薩長が自分に都合の良いように作ったともいわれてます。

小泉孝太郎君が、凛とした風格で似合っている。さすが総理の子?(笑)

修理の切腹は、会津保守派の陰謀というか。。。
秋月も北方に左遷させられたり、鉄砲を下に見たり(竹子の言葉でもわかる)
尚之助がなかなか仕官出来なかったり、会津は頑固で保守的な所があったようです。

しかし、昨夜のヒストリアでも言われてましたが、
会津と新選組は、容保を中心に最後まで戦った。誠と義のために。
なぜ突然に、朝敵・逆賊とされたのか? これからドラマで語られると思います。

司馬遼太郎氏が「この会津があったからこそ、我々は日本人をちょいと信用できる」
「会津こそ本当のサムライである」と語ったその言葉に真実があると、
私は確信しています。だからこそ、新選組も会津もいまだに人気があるのでは?

といっても、私はただ新選組大好き、会津大好きなミーハー的ファンであって、
歴史的なこと日本史的なことは、不得手でございます。(笑)
月子 |  2013.04.25(木) 17:48 | URL |  【編集】

はゆさん

会津に行く時はホント3泊くらいした方がいいと思います。
見どころも市内だけでなく、
ちょっと足を延ばしたところにもたくさんあります。
美味しいものも目白押し。
朝昼晩だけでなく合間につまみたいお菓子やら晩酌にいただきたいお酒やら、
確実に太りますね。

短い時間にどんだけ回れるか分かんないけど、
のもん家流の旅レポをアップするつもりです~。

月子さん

郵便でたくさんの会津・福島関連のパンフレットや雑誌、ありがとうございます!!
昨日にポストに入ってた時もびっくりしたけど、
今日また入っててさらにビックリ!!
やっぱり地元が作っているガイドが一番詳しくて情報も間違いなくていいよね。
いや~見どころ多すぎて悩ましいです。

会津や猪苗代は、以前行ったことがあるんだけど、
前過ぎて記憶が部分部分しかありません。
さざえ堂と、野口英世記念館の裏のコスモス畑と、
民家を利用した居酒屋(靴ぬいで家にあがってタタミ、ちゃぶ台、なところで飲むの)とか。

月子さんが書いてくれた詳しいルートを参考に、
パンフをじっくり読んで、混雑を交わしながら、あちこち遊んでこようと思います。
以前、月子さんのコメントにあった磐梯熱海からの山道を行ってみようかと思ったけど、
余裕なさそうだったら次の楽しみにとっておくかもなあ。
サクラはもう見ごろを終えているでしょうが、
藤が咲いてないかなと期待しています。

先程、ようやく「八重の桜」の今週分を見たところ。
うらさんの着てる格子のキモノがとても素敵。あんな布が欲しい。
つか、みんなの着てる着物の質感がどれも素晴らしい。
質素な物も高価なものも、味わいがあってうっとりして見ています。
パリッとした厚みと張りが素敵なんだよね。
うー触ってみたい。

>小泉孝太郎君が、凛とした風格で似合っている。さすが総理の子?(笑)

あのふらふらとした食えない感じを、
政治家の息子がやっている、というのが面白いです。
というか、いつのまに孝太郎君はそんなフクザツな役ができるようになってたんだー。

メイサちゃんも出てきましたね。凛として美しい~。
マスカラもアイラインもつけまもいらないよ!!
のもん |  2013.04.26(金) 22:58 | URL |  【編集】

会津

七日町通りに、会津木綿の専門店があったはず。
七日町の駅カフェは、会津のアンテナショップでもあるので、
木綿の雑貨もありますが、
のもんさんは、木綿屋さんで生地買って何か作ってみたら。
色合いとか、素敵ですよね。

駅カフェで買った、ご飯茶碗・会津塗のお箸・お猪口は、私の愛用品。
どれも品があってかわいくて、日々幸せな気持ちになれます。

いわきは今、山藤が咲き始めたところ。
のもんさん、会津に行ったことあるんですね。
今日夕方のニュースでも、会津混んでいましたよ。
八重桜や山桜は、まだ見れるのではと思います。
どうぞ、楽しんできてくださいね。
今日もまた資料送りました。
月子 |  2013.04.27(土) 19:49 | URL |  【編集】

徳川260年の・・

GWが終わりました♪
連休中は遠出はせずに近場で過ごしました(^^;;
お天気が良かったので、岡崎城まで約30分の道のりを
最近メタボに拍車がかかってる主人を促しお散歩。
「藤まつり」が開催されてて藤棚が綺麗でした☆

岡崎城は徳川家康が生まれたお城、
産湯に使用したという三つ葉葵入りの井戸も残っています。

岡崎は家康ゆかりの地。
お城から直線上に位置する「大樹寺」は徳川氏(松平氏)の菩提寺、
家康はじめ歴代将軍の位牌が安置されてます。
桶狭間の戦いで今川軍が敗走、家康公は大樹寺に逃げ帰り先祖の墓前で
自害しようとしたけれど、住職に諭されて思い止まったそうです。
安置されてるお位牌はそれぞれの将軍の身長と同じだとか。
みなさま160センチ以下なんですよね。
暴れん坊将軍でも155.5センチですって!

この大樹寺の山門からは岡崎城が眺望できるんですよ。
この二つを結ぶ直線上(ビスタライン)にはマンションなどの高層建築物を建ててはいけないと
決まってます。

15代将軍、慶喜公だけはこちらにお位牌がないそうです。
将軍職を退いたあとも存命であったこと、臨終に際し自らを赦免し爵位まで
与えた明治天皇に対する恩義から神式で葬れれることを遺言したためとか。
・・うーーん、律儀な面もあるのか?!

家康が開いた江戸幕府・・
260年の歴史はこの慶喜をもって終わってしまうんですね。
「篤姫」のときも思ったのですが、今まで存在していた「幕府」がなくなってしまう
って・・その時代に生きていた様々な人たちはどんな思いをしたんでしょう。

これからの「八重の桜」は辛くて悲しい場面が次々と出てきそうですね。
落城寸前の鶴ヶ城の写真・・今までにはない想いになってる私がいます。
会津戦争の激しさを番組HPの予告で見ましたが、そのシーンよりも
無言の鶴ヶ城が数倍辛いです。


のもんさんはご旅行から無事に到着されたことでしょうね。
「おかえりなさーーーい!」
会津のお話をはじめたくさんのおみやげ話、レポが待ち遠しいです(^O^)


はゆ |  2013.05.06(月) 23:26 | URL |  【編集】

5月1日は、アリオスで布袋寅泰さんのライブでした。
特にファンと言うわけでもなかったのだけど、
以前小名浜の花火大会で聴いたインスト曲がカッコ良かったのと、
剛くんも出演したロックオペラね、そんな興味で妹と行ったのですが、
超絶技巧のギターテクニックと、魂のこもった演奏に、
2人ともすっかり魅了されてしまった。
思わず「うまい!」「カッコいい!」と、唸ってしまった。

布袋さんと吉川晃司さんは、いわきの子供達のためにと、
チャリティーで集めた7500万円もの大金を寄付してくださったそうです。
自分で言ったんじゃないですよ、お金のことは翌日の新聞で知った。

「子供達の未来のために、出来ることがあれば何でもしたい」
「音楽で夢や希望を伝えられたらと、相棒のギターに魂を込めて頑張りたい」
「世界中の人に自分のギターを聴いてもらいたいという夢を叶えるためにロンドンに行く」
とか、シンプルだけど熱いメッセージ。その強い思いが伝わってくるステージでした。

お客さんの男性率が高かったのが、意外でした。
しかも「いわきにこんなカッコいい男がいたっけ? しかもこんなにたくさん」な
オシャレな中年男性がいっぱい。うーん、県外からのお客さんかな?(笑)
その男性達が「ほてい!」「ほていさーん!」と、野太い歓声がすごかった。

布袋さん、50歳になったそうだけど、踊るがごとく軽やかに体を動かしながら
歌いながら、ほとんど休み無し、早業の衣装替え3着(どれもオシャレ)
MCは合計10分程で、3時間近くも激しくギターを弾き続ける(しかも超絶テク)
あの体力・パワーは何!?と、驚きでした。やはり日頃の鍛錬なのでしょうか。
カッコいい布袋さんのツアー最終日の模様が、WOWOWで生放送されるそうで、
楽しみにしています。5月19日(日) 午後5時からです。


はゆさん、岡崎レポートありがとうございます。
行ってみたいな、名古屋方面。大阪城も見たい、妹が言うには石垣がすごいと。

「慶喜、しっかりしなさい!」と、叱咤激励したくなります。
『幕末史』によると、水戸家も天皇に対する忠誠心が強かったそうです。
慶喜の孫の喜久子様は高松宮妃になられたし、やはり名家の血筋というか
会津・水戸と、天皇家との強い絆なのでしょうか。
月子 |  2013.05.07(火) 17:16 | URL |  【編集】

じぇじぇじぇ!

月子さん

布袋さんのライブに行かれたとか(゚O゚)
守備範囲広いですねぇ~
まさにじぇじぇじぇです(笑)
でもホントギタリスト布袋寅泰さんはかっこいいと思います。
キル・ビルのテーマとか生で聴きたい♪

ビジュアルちょっと怖いけど・・・(^^;;
ハードな曲も多いけれど、今井美樹さんに提供されてる曲などはとてもロマンティックで優しくて☆

ギタリストといえば・・私の青春は「高中正義」様であります(^O^)
今でも夏になると聴いております♪♪

月子さんもいつか中部地方へお越しくださいませ。
戦国の世が堪能できますよ!
この夏には思い切って「関ヶ原」へ行こうかと思っております。
「取り憑かれるよ〜」と尻込みしてたけれど・・(ーー;)
頑張ってみます!
はゆ |  2013.05.09(木) 01:33 | URL |  【編集】

はゆさん、そうそう、布袋さんって怖そうですよね。(笑)
でも、MCがとても優しい言葉で温かい語り口で、カッケェ~(笑)

4月には、葉加瀬太郎さんの超絶技巧のバイオリン聴いてきました。
こちらもカッケェかったです。
多趣味というか、、、心地よく感じる音楽ならば、何でもいいんです。(笑)

NHKドラマ『第2楽章』は、エンディングの達郎さんの歌も素敵で、
めっちゃ甘いラブソング、この年齢でこの楽曲はすごいぞ~と思います。
(ドラマのストーリーは、私はあまり好みではないのですが)

ここだけの話ですが・・・(汗)
布袋さんと美樹さん、葉加瀬さんと高田万由子さん、達郎さんとまりやさん、
どちらも美女と野獣ですよね。。。(すいません!)
でも、きっと顔だけじゃないんですよね。(今朝のあまちゃんみたいな話だ)
三人とも雰囲気がすごくカッコいい、素敵ですよね。

高中さんって、来生さん作曲の曲がありましたよね。

関ヶ原、ぜひ行ってみてください!
取りつかれるんですか・・・怖っ でも、おもしろそう!(笑)

月子 |  2013.05.09(木) 16:08 | URL |  【編集】

明日夜8時から、
BS日テレ『日本百巡礼』 会津の旅 後編です。

先週の前編では、いつも行く蕎麦屋の桐屋さんも紹介されていました。
今週は飯盛山が紹介されるようです。

先週末の会津墓参りツアーは、精力的にあちこち見て回り、
「やはり大好き、会津&新撰組」との思いを、さらにを強めてきました。

でも、帰宅早々から体調壊して通院&安静中です。
また後日ね。

月子 |  2013.05.14(火) 19:58 | URL |  【編集】

月子さん、はゆさん

旅行から帰ってきて、なかなかアップするところまで辿りつけません。
うまくまとまんなくて。
もうちょいお待ちを。

お天気だけはやたらと良かったので、あちこちで素敵な景色を見てきました。
帰って来てから見た「八重の桜・尚之助との旅」は、
まさに訪れた場所がシンクロする回で不思議な感じでした。

布袋さんのライブか~。
そりゃ男性がたくさん行くでしょうねえ。
お客さんまでカッコイイお洒落な人が多くて何よりです。
生でギター聴いたら凄いでしょうね。
WOWOW録画しようかな。

って、やっぱり月子さんてば会津に行ってたんですね。
メールを読みつつ「ん?」と思ってたんですが。
通院&安静中って、ダイジョブですか(汗)
お大事にしてくださいませ。
のもん |  2013.05.15(水) 22:02 | URL |  【編集】

桜と涙の会津旅 その1

思いがけずに「帯状疱疹」とやらになってしまい、日曜夜から激痛。
痛くて痛くて泣いてしまう程で、でも今は薬が効いてきてだいぶ楽になりました。
昨年の肺炎といい、免疫力が弱ってきたのかな~と、落ち込んでしまった。

のもんさんが行った先々週は、お天気も良くて、桜もまだ見頃だったのでは?
私が行った先週の土曜日は、天気予報が午後から雨で、でも午前中は薄曇り、
磐越道の周りはまだ桜を見ることが出来、まずまずのお天気でのスタートでした。
天気予報が雨でも、RYUMEIさんライブもあるし、私もお出かけだから、
お天気持つかも?と期待しましたが、やはり午後に降られてしまいました。

今回は猪苗代のインターで降りて、国道49号線で猪苗代湖に沿って行きましたが、
右手に磐梯山、左手に猪苗代湖~対岸の霞む山並みの美しさ、何度見ても感激です。

お天気の良い夕方、夕陽に照らされた湖と山々は、神の聖域かと思うような絶景です。

会津に入る手前で右折し、戊辰の激戦地である十六橋に寄り道。いつも寄ります。
お地蔵さんの祠、いくつもの碑、古い洋館、煉瓦造りの水門、趣きのある光景です。

国道に戻ってすぐ、蕎麦屋が並ぶ強清水で左折して、滝沢峠を降りて行き、
容保様や白虎隊、新選組も立ち寄った滝沢本陣に寄りました。
何度か行きましたが、お殿様も使ったというお風呂やトイレがね、興味津々(笑)
刀傷や銃弾跡など、当時のままです。古い道具や家具なども珍しいです。

次は、『八重の桜』のオープニングを飾る石部桜(石部邸にあったから、石部桜)
初めて行きましたが、何と、いつも通っていた滝沢峠道のすぐ下。
今まで気がつきませんでしたね~峠道の終わる頃に「ここに車を停めないでください」
という新しい看板が何枚も立てられていて、何だろと周りを見たら、道の下に桜が!
ここに車を停めて土手を下れば、桜はすぐそこだったんですね~知らなかった。
でもここから近道して行っては、ダメだって(笑) 

人はもう、さ程出ていませんでしたが、飯盛付近あちこちに『石部桜駐車場』の
看板がありました。警備員さんも多数出ていて、今年最高の人出は、1日4千人。
写真が朝日新聞の1面を飾った「4月21日雪に埋もれた満開の石部桜」の時も2千人。
今までこんなことは無かった、さすがNHK大河の影響はすごいと警備員さんと話した。

で、私が行ったこの日、すっかり葉桜になりながらも江戸彼岸桜の小さく可憐な花が
まだ10輪ほど残っていまして「私が来るのを待っててくれたのね」とうれしかった。
石部桜は周りが田畑で日当たりが良くて、会津の中でも開花が早いのだそうです。

この石部桜、NHKのおそらく福島限定放映だったと思うのですが、
坂本龍一氏が曲想を得るために取材に訪れたという番組で、紹介されていました。
何本もの木が集まっているように見えるが、実は1本の木。
枝が、雪の重みで土に着き、そこから根を伸ばしてさらに上に伸びて行ったと。
本当に、逆境に負けずに強く生きて行った八重や会津の人を象徴するような桜だと。
花が咲いていたらまた見事だろうけど、葉桜であってもその古い幹の力強さに感動。

次、飯盛山。
前回は雪のために白虎隊記念館までしか行きませんでしたが、今回はさらに上の
隊士のお墓や自刃の地、さざえ堂 戸の口洞口など、お参りしたり見て歩きました。
ここに来ると、自然に涙が出てしまいますね。遠くにお城が見えます。
ただ一人生き残り、仙台輪王寺に墓がある飯沼貞吉氏の墓が、ここにもあります。

飯盛山を降りて、妙国寺へ。
戊辰で降伏後、容保と養子の喜徳(のち養子縁組解消。会津の系譜は容保の実子容大
が継承)が謹慎していた寺であり、自刃した白虎隊士が仮埋葬されていた寺です。

薩長土軍は、戦死した会津軍や白虎隊士の埋葬を、禁止しました。
見せしめのためだったのでしょう。
鳥獣につつかれ朽ちていく屍を見守るしかなかった会津の人々の強い怨念が
「薩長土許すまじ」と、今に至るまで言い伝えられているのです。

しかし少年達を哀れに思った地域の人々が、夜の闇にまぎれてこの寺に運んで仮埋葬し、
許されたのちに飯盛山に移して埋葬したという事です。
ただ一人生き残っていた飯沼貞吉氏は、農民が助け出したのちに、若松郊外の塩川村の
醸造業者が匿い、村の医者と長岡藩の医者の手当てを受けさせて生き延びたとのことで、
農民も商人も医者も、会津の民すべてが一丸となって戦った戦だったのですね。(涙)
妙国寺は八重桜が満開でした。

次、飯盛山下の通称夢街道を数分走ると、山本家の墓がある大龍寺。
ここも何度も通過してたけど、今回初めて寄りました。
古い大きな由緒あるお寺で、山本家や作法で有名な小笠原家のお墓もありました。
八重が書いた石碑のある山本家のお墓にお参り。ここにも大きな江戸彼岸桜があり満開。
江戸彼岸桜は、市内のあちこちで見頃でした。小さな花がびっしりとついた枝垂桜。

ここのお寺には「鶴瓶の家族に乾杯」で、はるかさんが訪ねていました。
お寺の話好きなおもしろい奥様が、はるかさんといろいろ話してましたが、
桐屋の奥様によると「話が面白い会津の三大女将」の一人だそうです。
「桐屋さんは?」と言ったら「私なんてまだまだ」と、笑ってました。
あとの二人は、やはりはるかさん達が行った畳屋さんと、お菓子の長門屋の奥様。
そのせいか? 大龍寺には小さなテーブルの上に小さな甕が置いてあって
「梅干し うめぇ~ぞぉ~ ご自由にどうぞ」と書いてあった。
人柄が想像できますね。せっかくだからと一つ食べた、うめがった。(笑)

2時近くなったので、いつも行く蕎麦屋桐屋夢見亭へ。大龍寺から車で2~3分。
時間が時間なので、空いていました。ここ、土日のお昼は、順番待ちなんです。
だから私は早めか遅めに行くのですが、のもんさんにも伝えとけばよかったね。

TVで見たばかりだった、荒木由美子さんが食べていたのと同じメニューを注文。
3種の手打ち蕎麦、山菜とニシンの天ぷら・こづゆ・あんこ餅・ニシン漬け等、
会津の郷土料理のセットです。
由美子さんも絹のようになめらかなお餅を絶賛していましたが、
本当にここでしか食べられない、つき立ての美味しいお餅。
もちろん蕎麦も天ぷらも美味しかった~今もまたすぐにでも食べたい気持ち。(笑)

こちらの奥様も、いつも愛想のよい感じの良い方で「TV見ましたよ~」と話したら
「由美子さん、すごくかわいかったんですよ。お餅をとても喜んでくださって・・・」と、
ご主人と由美子さんの2ショットと「BS日テレ日本100巡礼」の案内をくださいました。

ここを出た辺りから、雨が落ち始め、天寧寺では傘の出番。桐屋から車で5分足らず。
狭い山道を登って近藤勇の墓と土方さんの碑に向かいます。雨なのに次々と人が訪れる。
何度目だろう、、、行くたびについつい泣きじゃくってしまう。

容保公が土方に命じて建てさせた墓には、近藤の首あるいは毛髪があると言われ、
墓を作る傍らに「首が入る程の箱を持って立っていた背の高いお侍」の姿を見たという
農民の証言が残っているのだそうです。
大河の「新選組!」では、容保が斉藤一に「京から首を持ち帰れ」と命を下して
終わりましたから、首が埋葬されているとの設定だったと思うのですが、実際は?

容保公がつけた戒名、いつも花や供物が絶えず、ここから木々を通してお城が見えます。
「あなたたちを想い慕っている人達が、今もこんなにたくさんいます。ご立派でした。
これからも会津と福島を守ってください」と心から祈って備え付けのノートに書き残し涙。
天寧寺には、萱野権兵衛(柳沢慎吾さん)親子、会津を愛した作家早乙女貢氏のお墓も。

雨がひどくなってきたので、松平家墓所をあきらめて会津武家屋敷へ。
日新館同様、近年建てられた観光施設ですが、立派な造りで見事。
ドラマのロケもここで行なわれました。
武家屋敷裏には、竜馬を暗殺をしたといわれる佐々木只三郎のお墓がありました。

ここで初日はおしまい。いつも行くお料理が美味しい磐梯熱海の旅館に移動。
翌日はお天気も良くなったので、いつもより早起きして早めに会津に戻りました。
長くなったので、また今度。
月子 |  2013.05.17(金) 17:48 | URL |  【編集】

ボリュームたっぷり!

月子さん

「帯状疱疹」ってすごい痛いやつじゃないですか?
免疫力が落ちてると症状が出るんでしょうか。
ゆっくり体を休めてくださいませ~。

お返事書く前に、レポをアップしました。
月子さんも、まさか次の週に行ってたとは!
確かにあの週末はお天気が怪しかったんですよねー。

花は、ところどころでまだ咲いてましたね。
ふんわりと山を彩る山桜も素敵でした。

「石部桜」NHKでもGW前のニュースで取り上げてました。
もう花は終わりかかってたけど迫力があって。
私も車で地図を見ながら、こんな近くに!と思いました。
見たかったけど今回は断念~。

猪苗代湖を背にしての、磐梯山の眺めは本当に素敵ですよね。
国道を離れて農道に入って、車止めてじっくり眺めてしまいます。
今度機会があったら、南から湖沿いのルートも走ってみてください。オススメ。

月子さんは風景一つ、建物一つもいろいろな過去の歴史を重ねて見ているんですよね。
きっとそういう熱い思いを持った人が多く訪れているんでしょう。

続きも待ってます!
のもん |  2013.05.19(日) 23:48 | URL |  【編集】

読み応えたっぷり!!

ちょっと忙しくしているうちに、月子さん・のもんさんの会津レポがたっぷりと・・・!!
おまけにRYUUMEIさんが嵐に楽曲提供?!!の文字が・・・
えーーーん、どこから読もうかと嬉しい悲鳴です(^O^)
まずはやはりこちらから・・

月子さん、帯状疱疹は良くなってますか?
痛いですよね・・私も経験あります。
昔は体を一回りすると命が取られる!とか言われてたくらいの恐ろしい病気ですね。
ゆっくりと体力回復に努めてくださいね。
お大事に。
・・・でもこんなに濃い旅レポをお書きくださってるから少し安心です(^O^)

何度訪ねても魅力は尽きないのですね、会津。
地名とか施設名とか、読んでて頭の中ですぐにリンクできればいいのになぁ・・
最近はNHKとかBSとか(「BS日テレ日本100巡礼」みました!)会津の出番多いので
見るようにしてるのだけれど、なかなか繋がらないです(涙)
やっぱ行くしかないですよね。

遅ればせながら「のもんさん、おかえりなさーーーーい!!!」
のもんさんのレポもチラっと前半見てみましたが、写真もたくさんあるようで、
イメージがふくらませそうです♪
ちゃんとじーーっくり読んでからコメします。

月子さん・のもんさん、お二人のレポを読むときは地図を準備しようっと(^O^)

全く関係ないけれど、週末に富士の芝桜まつりに行きました。
ピークは過ぎてたけれど80万株の芝桜は綺麗でしたよ~
芝桜の向こうには偉大なる富士山が・・・・・・
晴れてたけれど霞んでて富士山が見えず(;_;)
会場のスタッフさんが「河口湖まで行けば見えるとおもいますよ」って。
頑張って足を伸ばしました(半ば意地です)
河口湖沿いの天上山(昔話のカチカチ山ですって)、
ロープウェイで登ったら・・見事に見えました(*゚▽゚*)
見事に裾野まで。
「世界遺産、6月登録オメデトーー」です。
・・にしても富士山見ると妙に嬉しくなる、日本人だなぁと思った瞬間でした(笑)
はゆ |  2013.05.20(月) 23:55 | URL |  【編集】

桜と涙の会津旅 その2

あまりの痛みに、身動きできない・息も出来ない・涙がにじむ、
帯状疱疹あなどれません。今はもう大丈夫ですが、神経に痛みが残ると
大変だそうです。早めの受診と診断そして服薬が、大事だそうです。
単なる湿疹だと思ったのですが、すぐに皮膚科に行ってよかった。(涙)

さて、会津二日目はすっきりと快晴で、磐梯山も雲一つ無くすっきり見えて
「会津へ帰ろう 磐梯山が見守る、ふるさとへ」
容保公の言葉を思い出して、ジーンとなります。

まず目指したのが、上杉家が城を築こうとした神指(こうざし)。
家康に不審に思われて、米沢に移されるきっかけになったという次第で、
土塁だけがわずかに残るだけなのですが、『天地人』放映時には、
たくさんの人が押し寄せたそうです。
市街からやや離れた田んぼに囲まれた地域で、道路も狭いし駐車スペースも無く
当時はさぞかし混乱したであろう、今の石部桜のようにと、察せられました。

神指城跡には、国の天然記念物にもなっている大きなケヤキの木があります。
このケヤキの樹形が、ドラマの始まった頃、八重がいつも腰かけていた木の形に
似ていて、このケヤキでロケした?とさえ思ってたら、あの木は作り物の桜で、
磐梯山は合成、栃木の那須でロケしてたという事でした。
今回、本物の神指のケヤキを見て、やはり腰かけるにちょうどいい樹形だと。
隣接してある古いお堂は、観光マップにも載っていないけど、
手の込んだ見事な彫り物が施されていて、見応えありました。
地域の人に大切に守られているようで、仏都会津の仏教文化の深さが伺えました。

車で少し移動すると、「如来堂」新選組奮戦の地であります。
ここも古い小さなお堂ですが、この地の戦で新選組のほとんどが亡くなったという。
碑と、新選組と書かれた提灯が一つ。
さらに車で数分、街の方に移動すると「中野竹子殉節の地」です。
会津でもっとも有名な女性は、今まで竹子だったと思います。今は八重ですが。
銅像歌碑が建ち傍らの八重桜が満開で、会津の人達が戊辰の犠牲者を悼む気持ちが
市内のあちらこちらに残っていること、その思いに胸が熱くなりました。

七日町通りを通り抜けて、東山方面に向かい、昨日あきらめた松平家墓所へ。
ここも何度か行ったけれど、石が敷かれた山道をかなり上ります。
深い森に囲まれて『熊目撃地 注意』という看板があったりして怖いけど、
今まで行った時は誰もいなかったのに、今回はさすがに何組もの人がいました。
足元がすごく悪くて息が切れました。前は平気だったのに、年のせいかな(汗)

会津の殿様のお墓は、代々大きな石造りの亀の上に碑文が建ち、
後方に埋葬されて鎮石が置かれていますが、こちらは立ち入り禁止です。
亀の頭は、猪苗代の土津神社の初代保科正行公の墓を向いているそうです。
質実剛健な、いかにも会津武士らしい雰囲気が漂っていて、立派です。
何度来ても胸がときめくほどに、好きな場所です。

容保公の墓は、やや離れて小さくて、亀もありません。
財政が厳しかったのか、引け目を感じて小さく作ったのか、その両方でしょう。
今でも、松平家の墓地として引き継がれているように見えました。
照姫様も、後にここに埋葬されたと書かれていました。

照姫様と容保は、同じ養子養女の立場で血のつながりは無かったのですが、
実際はどのような関係だったのでしょうか。
照姫が容保のことを、たいそう案じて力になっていたとは伝わっているようです。

正妻の同じく養女だった敏姫が早くに亡くなり、その後容保は正妻は持たずに
側室二人が容保の子を産み、容保のお傍に最期まで仕えていたという事です。

で、苦労して上ってきた山道ですが、帰りはズルして側方の出口から降りると
すぐに道路です。しかも立派な広い車もゆうに停められる道路です。
あの苦労は何だったの?と思う程、あっ気なく道路です。(笑)
でも、山の雰囲気を感じながら石が敷かれた山道を登ることに意義があるのだと
思います。この脇道の入り口の看板には「ここは墓地管理用の入り口です。
墓所には正面からお入りください」と書かれています。
しかし、剛くん達が撮影で行った時は、きっとこの脇道から入ったと思うな。
剛くんがしたと同じように、容保公のお墓に手を添えてきました。(笑)

この脇道から出た辺りが、最近の『八重の桜』で話題になってる、背炙山山中で
この道を上れば背炙山山頂まで行けそうなので、次回行ってみたいなと。
はたして、山頂から猪苗代湖が見えるのでしょうか?

では続きはまたあとで。
月子 |  2013.05.21(火) 17:31 | URL |  【編集】

桜と涙の会津旅 その3

松平家墓所から、西郷頼母の墓がある善龍寺へ。
途中、尚之助が気にかけている小田山を通ります。
尚之助が心配していた通り、この小田山から西軍の攻撃を受けることとなった。
小田山には、芦名家墓所もあるので寄りたかったのですが、次回のお楽しみ。

善龍寺付近は住宅地になっていて、ナビを頼っても入り口がわからず狭い道を
ウロウロ。やっとたどり着けたのですが、ここの門が見たかったのです。
雑誌の写真で見て、ぜひ本物をと思って行ったのですが、戦禍をくぐり抜け
往時のままの姿で建っている竜宮門。竜宮城のような白い漆喰の下部、
細かな造作の施された上部の門、付近の桜も満開で、見応えありました。

墓地内に入ると、西郷頼母夫人千恵子の辞世の歌碑が大きく建っています。

「なよたけの風にまかする身ながらも たわまぬ節はありとこそきけ」

ネットで見つけた訳文ですが、
「しなる竹のように風にまかせる身ではあるが、
         決してたわまない節があるとこそ聞きなさい」

頼母の一族は、戊辰戦争時、足手まといになったり敵に捕らえられて辱めを
受けるくらいならと頼母の母・妹・妻・幼い子供も含む女性21名が屋敷にて自害。
頼母はその時戦陣に出ていて、その後も生き延びましたが。
善龍寺にはその「二十一名の墓」と「西郷頼母 西郷千恵子」の墓があります。
保科家から連なる西郷家の墓の中で、西郷夫妻の墓石だけがとても小さくて。
遠慮をして小さく造ったのだそうです。容保と同じだなと思いました。(涙)
養子で甥の西郷四郎は、姿三四郎のモデルだそうです。

この寺の墓地は山肌に沿ってあるのですが、古い墓石がたくさんあって、
元禄や明暦享保など、おそらくもう無縁仏になっているであろう墓が
そのまま傾いたりしながらも多数残っていて、普通無縁になると
一ヵ所に集めて整理されているので、ここは珍しいと思いました。合掌。
ふと気がつくと、この寺からもお城が見えて、頼母達もいつもお城を見てる
んだな~と思ったとたん、涙がどっとあふれ、この旅で何度涙しただろう。

先程寄った中野竹子の殉難の地には、竹子の辞世
「武士の猛きこころにくらふれは 数にも入らぬ我が身なからも」
の碑があり、千恵子と竹子の辞世は、ともに有名です。
どちらにも、会津の女性の芯の強さが感じられます。

次、御薬園へ。
二月に行ったときは雪に覆われていましたが、この日は快晴でお客もたくさん。
園内のレトロな建物「重陽閣」で、遅めのランチを食べました。
重陽閣とは、松平家別荘だった東山温泉新滝旅館から御薬園へ移築した建物で、
勢津子様縁りの品々や写真が展示されています。(この旅館の温泉で土方が療養)
二階がティールームになっていて、優雅な雰囲気の中で勢津子様が好んだという
英国紅茶やお菓子、ガレットのランチをいただけます。
窓からは御薬園の緑が眺められ、普段滅多に味わえない優雅なひとときに感動。
しかし、この辺りからなんだか頭痛を感じて痛み止め飲んだり、普通だったら
絶対飲む生ビールも飲む気にもなれず、体調が悪くなりつつあったんだよねー

太郎庵会津総本店で、会津の天神様(さくら・チーズ・抹茶の詰め合わせ)
どら焼き・豆大福などを買い込み、3時頃会津を出発して5時頃帰宅。
夕飯の食欲も無く、翌朝から激痛が始まったのでした。(涙)

先週のケンミンショーで、山口県民が松陰先生のことを熱く語っていました。
高知県民は龍馬を語るだろうし好きだろうし、それでいいのだと思います。
皆、故郷の英雄を想い語り、それでいいのです。

ケンミンショーでも言われましたが、山口と会津と、姉妹都市の話や和解の話が
何度かあったそうですが、会津の方がどうしても「うん」と言わなかったとか。
「まだ150年しか経っていないではないか」という言葉には、しびれました。

大震災後、会津は浜通りの津波の被害者や原発の避難者を多数受け入れて支援して
くれました。いわきからもたくさんの人や企業が避難しました。(我が社も)
会津は放射能がほとんどないのに、風評被害で観光客が激減し大変でした。
そんな中、震災後すぐの4月2日に山口県萩市から、義援金2200万円とたくさんの物資、
観光客も多数引き連れて来てくれたとのニュース! 明るい気持ちになりました。
ニュースがまだネットに残っていました。

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104020272.html
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/06/07/kiji/K20110607000973970.html

これでいよいよ和解となるのでしょうか。。。

さて昨日、いわき市美術館でいわきの殿様『安藤信正展』を見てきました。
信正公は、篤姫の時に老中を務め戊辰では奥羽越列藩同盟に加わり戦い負けた殿様です。
信正公は老中職にあった時、当時のプロイセン王国今のドイツ連邦共和国と通商条約を
締結し、外交に尽力したそうで、(あ~そうだったのと、今回知った次第ですが)
「日独交流150年記念 オイレンブルク家(当時の外交官)との交流
 安藤家コレクション」という展示会でありました。

安藤家は、代々「御家流」という安藤家独特の茶道と香道が伝えられていたそうで、
そのお道具や書、掛け軸などが展示されていて、さらに信正公作の書や絵画、
しかし、昔の殿様は皆 書も絵画も上手~優れている、なぜ? 資質があるのか
学ぶのか? 抹茶椀や蒔絵の箪笥や香炉など素晴らしい品々をとても楽しく拝見して
いたら、現れたそのお人。肖像画や城址公園の銅像の安藤公によく似た70代位の男性、
スタッフの方にそっと尋ねた。「あの方はもしかして?」「そうです、ご当主様です」
運が良かった~ 世が世なら磐城平藩のお殿様! 今は横浜にお住まいだそう。
茶道香道の教授をなさっているとのこと。毅然とした品格あるやさしげなお方でした。
八重の桜連動かもしれませんが、いわきでも安藤家を取り上げる機会が増えてきました。
声をかけたかったけど、勇気がありませんでした。スーツ姿でしたが、殿様の風格です。
でも私にとっては、お見かけしただけでもとてもうれしく胸がときめくことでした。
思いがけずに、会津とも縁の深かった我が藩のお殿様にお目に書かれて、
この旅の記録を締めることができたのも、何かの縁だったのでしょうか。

長々と失礼いたしました。
月子 |  2013.05.23(木) 17:41 | URL |  【編集】

宮藤官九郎×葉加瀬太郎

月子さん、渾身の会津レポありがとうございます!!
またゆっくりお返事させていただきます。
こんなの読めちゃうなんてすごいんだけどー。

さて。
今日のあさいちはプレミアムトークにクドカンさんが出演されてましたねー。
私は録画してまだちゃんと見てないです。
もしかして話題に出てるかもしれないけど、
明日土曜日、22:00~23:00Eテレで対談番組が。
→ http://www4.nhk.or.jp/switch-int/x/2013-05-25/31/18294/

SWITCHインタビュー。ゲストは宮藤官九郎×葉加瀬太郎。
なんか蛸足的にも旬な感じ!?

愛娘がバイオリンを習うきっかけ、
ってかんぱちゃん(仮)もそんな年になったのか~!!
以前読んだ、クドカンさんの子育てエッセイ、おすすめです!!
面白すぎて外では読めない!
『俺だって子供だ!』・宮藤官九郎(08.10初版)
のもん |  2013.05.25(土) 00:11 | URL |  【編集】

修理様が・・・

月子さん

その後、体調はいかがでしょうか?
旅行の後半には痛みが出てきて大変だったようですね。
たーっぷりのレポ、楽しく読ませていただきました。
本当に見所いっぱいなんですね(*゚▽゚*)
月子さん、歴史の知識がものすごくて見るもの聞くものたのしいでしょうね!
のもんさんのレポと合わせて読んでるとますます想いは募ります。行きたい!!!!

さて、2週間分の「八重の桜」やっと見終えました、
一言・・・悲しいです(;_;)
修理様が・・ついに切腹でしたね。
でも、史実では容保さまにお目通り叶うことなく、申し開きも与えられずに切腹と。
ドラマでは最後に容保公に会えて言葉を交わせて良かった・・
それにしても、慶喜公はやっぱり好きになれないな。
一途に徳川を守らんとする容保公にまたしても「家訓」を持ち出すなんて・・
慶喜公も徳川を守りたかったのかと温かい目で見ようとするけれど、
やっぱ「保身」のみでしょ?と言いたくなりました。
その証拠に江戸から会津が追われてしまうんですもの・・
なんて哀しい(T ^ T)

そういえばドラマではすでに竹子さんの詠んだ歌がドラマの中で出てきましたが、
月子さんレポによると辞世の句だとか・・
昔の人って上手に綺麗に言葉を使われますね。
ずーーっと歴史をさかのぼってもいろんな武将たち・公家たち・女性たち、素敵な歌を読まれてますよね。

今はお正月に宮中で皇室の方々などや一般から選出された歌を歌会始めなどで聞いたりするけれど・・
昔は当たり前のように詠んでいたんですよね?
いつごろから詠まなくなったんだろう・・
貴族とかが廃止になって「一般人」が多くなったから??
まぁどちらにしてもまったく私はそのへんの教養がないです(^_^;)

東海地方はそろそろ梅雨入りしそうです、鬱陶しい季節です。
みなさま体調ますますお気を付けてくださいませ。


はゆ |  2013.05.28(火) 00:13 | URL |  【編集】

理不尽

はゆさん、先週の『八重の桜』は、切なかったですね。
ホント、つらくてつらくて。。。
会津は『会津魂』が強すぎたのかな~とさえ思ってしまう。
新選組もそうだけど『武士道』というか、そこに惹かれるのですが。

NHKHPによると、「修理を“演じる”のではなく、”生きて”いました」
斉藤工さんのこの言葉、しびれます。本当に素晴らしい演技でした~拍手。
容保との別れのシーン、朝まで身じろぎもせずに待っていた容保、
剛さんも熱演でした。二人の若い役者さんに、感動させられました。
のもんさんも書いていましたが、慶喜役の孝太郎さんも、
微妙な表情をうまく演じていますね。皆、役になりきってて素晴らしい。

竹子は、あの辞世を布に書いて薙刀に結び付けて戦ったのだそうです。
竹子が戦死した辺りは「涙橋」というのです。
本当に会津は、婦女子も含めて必死に闘った。
しかし、天皇や都や徳川家を最後まで守っていた会津が、
なぜこれほどひどい目に遭わなければならなかったのか?

薩摩や長州は、密貿易で多額の財産を持っていた。
長州は、祇園で一晩に千両も使う程だったとか。
会津は、木綿の着物を着て汚れが目立たぬように紺や黒の足袋を履いて、
地道に生きていたのに。理不尽です。

薩長や公家は偽勅(偽の天皇の文書)や、有りもしない錦の御旗を作り、
『勝てば官軍』の言葉通り、いつの間にやら勝手に官軍を名乗り
徳川・会津を追い詰め、さらに徳川は会津を人身御供に差し出したも同然。
会津のどこが悪かった? 
今も“薩長許すまじ”という会津の気持ち、理解できます。

前述の長州・萩市からの支援に対して、後日会津若松市長は萩市を訪ねて
お礼を伝えたのですが「でもこれは、和解とか許すということではない」
ということだったそうで、真の和解には遠い?(苦笑)
戊辰後、会津はさらに苦難の道をたどったのですから。


話は変わりますが、明日は福島市で小田和正さんのコンサートです。
昨年に引き続き、宮城・岩手・福島でのコンサート。
昨年は万人規模のアリーナ、今年は小田さんには珍しく2千人程のホール。
イベンターのサイトにネットでの申し込み、そして抽選でした。
私も妹達も運よく当たりましたが、座席指定券は当日身分証明書を見せての
引き換えという厳しさです。「住所を考慮したうえで抽選」という案内でした。
一人申込み優先(だから妹達もそれぞれ申し込んだ)転売防止のための本人確認、
そこまでやっても、ネットを見ると、実際には県外の人が多数当選している。
反面、地元の人が多数落選、「昨年はまだ行ける状態ではなかったが、今年やっと
落ち着いたので小田さんを聴きたかった」なんて声を聴くと、
被害の少なかった私が行ってもいいのだろうかと、気持ちが落ち着かない。

オークションでは10万15万で落札されてるし(健康保険証も貸すんだって)
県外の人が申し込んではいけないとは書いてなかったけど「住所を考慮」という
意味を考えて、ファンの中にはあえて申し込まなかった人も多かったようなので
申し込んだ者勝ちみたいな結果で、なんだかねー
小田さんの「歌いに行きます、君のふるさとへ」というメッセージを、
イベンターはどう受け取ったのだろうかと思う。理不尽だ。

体は元気になり、明日は小田さん、土日はまた福島で東北六魂祭を見てきます。
ブルーインパルスも登場する予定なので、お天気になるといいな。。。
月子 |  2013.05.29(水) 17:42 | URL |  【編集】

小田さん@福島

福島に通っておりました。(笑)

まず30日、雨男の小田さん~福島は午後から雨でした。
『その日が来るまで』
仙台・岩手・福島と2回ずつ6回の、昨年に引き続いての東北ツアー、
「僕には歌うことしかできないけど」・・・その思いがいっぱい伝わってきました。
東北桜プロジェクト応援のコンサート。
「桜を植えたって、被災した人の役には立たないとわかっているけど
20年30年先に、満開の桜を眺めて笑顔になれたら素敵だなと思って」
「ここにいる皆は被災地の人が多いだろうけど、そういう人からかっさらってね、
そっちに回します(笑)」というコンサートでした。
チャリティーに、私も一口協力するつもりです。
http://www.sakulalala.org/

この日の小田さんは、珍しく椅子に座ってギターを弾きながら歌うことが多く、
オフコース時代の懐かしい曲をたくさん歌いました。
言葉を大切にした丁寧な温かい歌声、高音がきれいに響き『ワインの匂い』など、
語尾のニュアンス感がゾクッとするほどにうまかった。
いつもと違って小さなホールだからこんなによく聴こえるのかしらんとか
考えていたのですが、『その日が来るまで』(震災後に作った曲)で、
昨年に引き続き、小田さん涙で歌えなくなってしまい、後半は顔を手で覆い
代わりにバンドメンバーやお客さんの涙の合唱となってしまったのですが、
「今日は気持ちよく歌わせてもらって、自分でもこんなに歌うまかったっけ
と思ってたのですが、こんな風に(歌えなく)なってしまってすみません」
自分でもわかるほどにうまく歌えていたんだな、やはり。(笑)
小田さん聴くようになって、10年。
コンサートごとに声が良くなっていくように感じるのは気のせいでしょうか。

皆、笑顔で涙で聴いたコンサートでした。
小田さん、来てくれて歌ってくれてありがとうと心から思いました。

幸い席もよくて、小田さん時折目の前だったし(筋肉質のスリムなボディ)
65才だっけ? 近くで見ても40代にしか思えぬ。(笑)

帰り、駅まで徒歩30分だし雨だしで、ホール前のTAX待つ列に並んでいたら
係りの人が「この位置から前には出ないで、大きな声は出さないでください」とか
いうんで、えっ何?と皆ざわめく、、、そしたらワゴンタクシーから小田さんが
窓を開けて手を振りながら去って行った~小田さんの出待ちなんて考えたことも
なかったけど(畏れ多くて)、周りも「小田さんの出待ちなんて初めて~」とか
キャーキャー騒いでいました。(笑)
「また来ます」と言ってた小田さん、、、待っています♪
月子 |  2013.06.03(月) 16:57 | URL |  【編集】

東北六魂祭@福島

家で一泊して(笑)、1日朝にはまた福島へ出発しました。
東北六魂祭。震災後東北6県の復興と絆を祈って始まったイベントです。
青森ねぶた、秋田竿灯、岩手さんさ踊り、山形花笠踊り、福島わらじ祭り
宮城七夕飾りとすずめ踊り。

一昨年仙台(勾当台公園&定禅寺通り=光のページェントの会場)
で始まったけど、あまりの混雑で、たった15分で中止になったという。
その時も行きたかったけど(バスツアーも出たし)、行かなくてよかった。
昨年岩手、そして今年福島。
見たことのない東北6県のお祭りを一度に見られるのなら、ぜひ行きたいと、
日程がわかった1月下旬にすぐネットでホテルを探し、しかしこの時点で、
もう福島市内は無かったので、電車で25分程の二本松のホテルを取り、
でも、車でもバスでも福島市内に入るのは混雑するだろうから、
二本松から電車の方が良いのではと考えたのだけど、大正解でした。

車で二本松に行き、ホテルの駐車場に停めさせてもらって、
電車に乗ろうとしたら、郡山方面から来た電車はすでに満員に近い。
早目に並んでいたので何とか乗れたけど、この時点で乗れなかった人多数。
福島までいくつか駅を経るが、どんなに詰めても、もう乗れない。

福島市内は、車通行止め。人があふれ、会場目指してかなり歩く。
前夜(31日)もコンサートだった小田さんは、まだいるかな?もう帰ったかな?
いくつかのイベント会場をのぞきながら、メインステージ会場へ到着。
そしたらなんと自衛隊のブース!『空飛ぶ広報室』のポスターも展示されていた。

この日、ブルーインパルスが飛ぶのです、空井くんのインパルスです!(違う)
長い列が出来ていたので「何?」と尋ねたら、インパルスパイロットのサイン会!
でも、もうサインをしてくれるパンフレットは品切れだそうで(泣)
サインをする彼らを撮らせてもらいました~キリリとしててカッコいい。

メインステージでの各県の挨拶や踊り、ハワイアンズのフラガールなどを見てから、
再度自衛隊ブースをのぞいたら、サイン会は終わり片付けをしていたその二人の制服
見たことある!広報室の椀証してる!剛くん達がいつもかぶっているのと同じ帽子!
思わず「広報室の方ですね! 一緒に写真お願いできますか?!」
「いいですよ~」と気持ちの良い返事、『空飛ぶ広報室』ポスターの前で私真ん中で、
両脇に広報官~超うれしぃ~(笑)

「今、話題ですね」「有川さん(原作者)のお陰です」
「毎週見てますよ~皆さんもあそこにいる人達みたい」「いやいや(笑)」
いやしかし、二人ともスリムでキビキビした動き、イケメン。
柴田恭平さんとムロツヨシさんのようなお二人で、俳優さんみたいにカッコよかった。
しかも感じいいし。市ヶ谷から来たそうです。それって、あそこよね?(笑)

食べ物とビールを調達して、パレード会場へ行ったら開始2時間前だというのに
もう人であふれていて、歩道の後方に何とか場所確保して持参のシートを敷いて昼食、
その後ちょっと離れた仮設トイレに行ったら長蛇の列で、なんと40分も待った。
インパルスショーが間に合わないよ~と焦ったけど、なんとか5分前に済み席に戻り、
すぐにインパルスのショーが始まり、青空のもと、6機のインパルスによる素晴らしい
航空ショー。アナウンスで「西の空を見てください」とか言うんですが、
その時は何も見えない、しばらくすると遠くに点が見え、それがグングン迫ってきて
上空で信じられないアクロバットな飛行をする~興奮と感動のひと時でした。
『空飛ぶ広報室』が毎週ホント楽しみで♪ 先週は猪苗代だっていうし。(笑)

次いでメインイベントのパレード。
まず竿灯の演技が始まりました。竿灯は、数年前ののもんさんの旅日記を読んで以来
見たいと思い続けていました。昼間なので提灯に明かりがつかないのが残念でしたが、
ホント、肩や腰や手のひらであの大きな竿灯を支える! 見事!
時々風にあおられたり、バランスを崩して倒れたりするのもスリリングでした。(笑)

その後、踊りの列が続きましたが、皆上手だし笑顔だし、御囃子や太鼓もにぎやかで、
見ているだけでも十分楽しかったです。最後にねぶた。東北の明るいパワー、
竿灯やねぶたに書かれていた「がんばろう東北」…本当にそう思いました。

で、帰り、駅の周りは電車を待つとんでもない人々であふれていました。
でも、駅員さんの適切な指示に従い、方面ごとに整然と並び、混雑はしておらず、
ここでもプロの仕事と、日本人のマナーの良さを感じました。素晴らしい。
落ち着くまでと夕飯を済ませてから列に並んで、二本松に戻りました。
予定では翌日も六魂祭に行くつもりでしたが、あの混雑~インパルスも飛ばないし、
そうだ会津へ行こうと。その続きはまた。
月子 |  2013.06.04(火) 16:46 | URL |  【編集】

月子さんの会津レポは、
ちゃんとした本を読んでるみたいですよ。
この雑多なブログの中のコメントに置いておくには
もったいないほどです。
会津の歴史と、
実際歩いた距離感とか佇まいとかが絡み合ってて、
そこにドラマのエピソードが加わって、
多層に味わえる充実した内容です。
グルメ情報も入ってるし。
最後にご当主様に会うくだりなんて、
運があると言うだけでは言い表せない。
出来過ぎです!!
これNHKに教えてあげたいわー。

「八重の桜」まだ今週の分見てません。
修理様の最後の回まで見ました。
どんな場所にも力のある役者さんを揃えて、
このドラマに賭けるNHKの本気度が伺えますね。
綾野さん、この役は消耗するだろうなあと思いつつ、
鬼気迫る演技を見ています。凄すぎる。
この時代の所作がみんな綺麗で、
昔はこういう動きをあたりまえにやってたんだろうなとホレボレしてしまいます。

しかし会津を真正面から捉えた今回の大河は、
今後にまた同じような時代の大河を見る時に、
何かしら影響を与えるんじゃないかなと思ったり。
歴史って視点一つでぜんぜん変わって見えますよね。

******

小田さんのライブ、
東北ツアーに今年も月子さんが無事に参加できて本当に良かったと思います。
今年はかなり規模の小さな場所でやったんですね!!

しかしなー、
「復興のため、被災した人たちのため」に行われるイベントとして
ライブの形式を取っているだけ、であるのに、
その趣旨を知りながら、無関係なファンが申し込んでいる、
というのが結構ショックだったりします。
小田さんの曲を聴いてて、小田さんの人柄を愛していて、
なんでそんなことできんのかねえ?
小田さんが、ステージ上で流す涙を、
どんな気持ちで見るんだろう。

それでも見たい鬼のような自称ファンと、
金の動くところに群がる人たちと、
なんだか気持の悪い話ですね。
健康保険証じゃ身分証明にならないよ。
顔写真付きの免許証とか住基カードじゃないとダメっすね。

とはいえ、
小田さん本人は、目の前の大切なファンのために、
気持ちのこもったライブをやってくれるんですよね。

>コンサートごとに声が良くなっていくように感じるのは気のせいでしょうか。

気のせいでも、そう思わせるのは凄すぎます。
見た目にも気を使って、清潔感もあるし、
アーチストの鏡だ。

最後に偶然小田さんと遭遇するところも、やっぱ月子さんは持ってますね。

そしてまだまだレポは続く!
これがまた面白いし!
月子さんは精力的ですねー。
そちらのコメントはまた次回にでも!

のもん |  2013.06.05(水) 00:33 | URL |  【編集】

今都内の地下鉄通路などに、BeeTVのどかーんと大きい広告が出ています。新作ドラマの広告で、主演する小出恵介くん・向井理くん・そして我らが斎藤工くんのどアップ巨大写真!
現代に戻ってきた修理様が、いつものウェービーヘアで微笑んでいます。cossamiライブの帰りに表参道駅で見て、はあ~ためいき。
斉藤工くんかっこよすぎて、以前NHKのドラマでコンビニの店員役しているのを見ても「似合わないなあ」、大河への出演も、時代劇にフィットするの~~!?なんて思っていたのですが、殿をそばでささえる聡明な修理様、気の利いた表現できないけど、とてもよかったです。殿への忠誠心にあふれていて。
すいません、こんなコメントで。つい、地下鉄の広告に触発されまして。ではまた。
いこいこ |  2013.06.10(月) 17:02 | URL |  【編集】

続き

いこいこさん、お久しぶりです。
斉藤工さん、NHKのドラマでコンビニ店員=パフォーマー役やってたでしょ。
その時から好感を持って見てましたよ♪

昨日は映画のハシゴ、「県庁おもてなし課」=錦戸亮くん
「図書館戦争」=岡田准一くん。どちらも欠かさず見る好きな俳優さん、
そしてどちらも「空飛ぶ広報室」の有川浩さんの原作でした。(笑)
図書館戦争には種市先輩も重要な役で出ていました。かっこいい!

さて、小田さんのコンサートが行われた福島県文化センターは、
福島県歴史資料館も兼ねていて、資料の収集と展示もしているのですが、
ちょうど今、「八重の時代の人々」展を開催していました。
早めに行って、大ホールロビーを経由して資料館に向かったのですが、
ホールからかすかに漏れる、小田さんリハーサルの歌声、ラッキー♪
小田さん大好きな妹をロビーに残して、私は資料館に行きました。

展示数は、さほどでは無かったのですが、貴重なものがいくつか。
まず、明治2年に若松県が作成した「旧会津戦死名簿」原本です。
写真では見たことあったけど、本物は初めて。
分厚い冊子、細かな筆字でイロハ順に書かれた名簿は、ヤ行欄が開かれていて
「山本権八 三郎」の名が記されていました。“現実”を感じました。

明治21年に磐梯山噴火、その義捐人名簿に松平容保の名前。
当時のお金で200円、今なら800万円もの大金だそうです。
当時容保は、日光東照宮宮司と東京府香典講究所監督を兼務し東京に住んでいて
喜多方に出向いて納入したとの事。
戊辰後生活に困窮した容保に、藩士達がお金を出し合って生活を支えたそうです。
京都で重職に就いていた覚馬も、遺言で財産の一部を「会津松平家に呈すべし」
と言い残したそうです。

山川浩(大蔵)ら、在京の会津人が集めた磐梯山噴火義捐金名簿もありました。
こちらは539人で391円38銭。1500万円程でしょうか。
いずれにしても大金で、故郷を思う気持ちが伝わってきます。

容保の長男容大は、八重や襄の世話になって同志社に入学(その後学習院に進学)
という事で、殿と藩士、会津との縁は、ずっと続いていたのだなと感じました。
そんな文書資料が展示されていて、本やネットではわからなかったことも、
こうした展示会をこまめに見ていると、知ることが出来ておもしろいです。

そんなわけで、会津若松市鶴ヶ城近くの福島県立博物館で開催中の
「2013年NHK大河ドラマ特別展八重の桜」をまた見たいと思った次第です。
同展は、4月に東京の江戸東京博物館で見てきたのですが、
ドラマの進行に合わせて興味もさらに増して、ゆっくりと見てきました。
覚馬の遺言の下書きや建白書(今、まさに覚馬が口述している!)
奥羽越列藩同盟の旗や、孝明天皇の肖像画、照姫の歌、新選組関係など、貴重な品々。

今回特に興味を惹かれたのは、戦の責任を取って切腹させられる萱野権兵衛に対する
容保と照姫の書状でした。萱野は、容保公の存命に尽力し、自らが責を負うのです。
それに対する容保と照姫の、無念や感謝やねぎらいなどの思いが込められた書状と歌は、
先日の修理様切腹のシーンを思い起こされて、切なさがこみ上げてきました。

隣接する鶴ヶ城のお堀周りや石垣や門などを歩きながら眺めて(中には入らず)から、
いつもの蕎麦屋に行って、絹のようになめらかなお餅や蕎麦を食べ(頑固蕎麦=共食い)
と、思い出し笑いをしてしまった。(笑) 私は権現蕎麦が好みかな。

その後、前回の心残りだった小田山へ。
小田山は、松平家墓所がある山と向い合うように、道路を挟んで南西側にある小高い山。
室町時代から伊達政宗に滅ぼされるまで四百年間、会津を治めた葦名家の墓所もある山。
頂上には、日新館を建てたり会津藩政の礎を築いたという名家老田中玄宰の墓もあります。

そして、これから始まる会津戦争で西軍が大砲をしつらえて攻撃を仕掛けるその場所です。
登ってみると、お城がよく見えるのです。内通者が西軍にこの場所を教えたのだそうです。
上から大砲を落とせば威力は増すし、会津には不利な戦いとなったことがよくわかります。
右手を見ると磐梯山が近くに見えるし、正面はお城だし、葦名家や田中玄宰がここにお墓を
築いたわけもわかります。この山も『熊注意』の看板があるし(怖)、
お天気の良い暑過ぎる日でしたが、結構観光客がいたのもドラマの影響でしょうか。(笑)
会津では、あちこちにその場所の縁りやエピソードが掲示されているので、勉強になります。

すべての俳優・女優さんが迫真の演技で、毎回ドラマの世界にドップリ入り込んで見てます。
先日のあさイチで、佐藤健くんの時に、剛くんが赤い陣羽織姿でコメントを寄せてましたが、
まぁ本当に戦のさなか憔悴しているご様子で、、、涙。

来月日帰りバスツアーで、また会津方面に行く予定です。(笑)
月子 |  2013.06.12(水) 17:32 | URL |  【編集】

続きの続き

NHK出版から「NHK大河ドラマストーリー 八重の桜 後編」
が発売になりました。ムック版で1100円です。
俳優さん達のお写真とコメントもたっぷりで、ストーリーもくわしく
書かれているので、ドラマの理解にもかなり役立ちます。

剛くんのコメントがすごいんです。
容保が慶喜から江戸立ち退きを命じられたシーンで、茫然自失の表情で
ぼそぼそと御家訓をつぶやいたシーン、私は剛くんの演技に、演技を超えた
鬼気迫るものを感じたのですが、このシーンのことを剛くんが語っています。
「あまりにも茫然として、台本にはなかったんですが『大君の儀、一心大切に
忠勤を存すべし…』と御家訓をぼそぼそつぶやいていたんです。モニターで
その表情を見て、これはとてつもないことになっているなと自分でも思うほど
異様でした。」とのこと。
これを読んでこの回を再度見たら、それを受けての藩士達がまた迫真の演技。
「容保でいると、役につぶされるんじゃないかと思うぐらいきついんです」
ホント、そうなんだろうと思う。
だから、見ているだけでもつらいけど、容保や会津の人達のことを考えたら、
どんなにつらいことだって乗り越えられる、がんばれると思う。
(私の悩みなんて比べものにならないことは、重々承知ですが)

この本、新聞広告で後編発売と知り「旅行から帰ったらすぐ買おう」と思ってたら
博物館の売店で売っていました。蕎麦屋で読んでいたら、お店の女性が
「後編出たんですね。待ってたんです。買わなくちゃ」
「博物館で今買ってきたんですよ」と言いながら『八重の桜展』の図録も見せたら
「博物館で何やってるんですか!? 知らなかった、地元なのに!」
「知らなかったんですか!? すぐそこなのに!」な会話、おかしかった。(笑)
月子 |  2013.06.12(水) 19:43 | URL |  【編集】

お先に♪

ご無沙汰です(^_^;)
公私ともに忙しくてずーっと読者でおりました(汗)
月子さんのレポは本当に勉強になります。
会津観光大使に任命されてもおかしくないですよ!
これからも深いお話お願いします。

今日もこんな時間になってしましました(^_^;)
いろいろ書きたいのですが、また日を改めます。

気が付けばもう今日です、来生さんの名古屋ライブ!!
あーーーーーーーーなんにも予習してない・・準備してない・・・
とりあえず初日、楽しんできまーーす(^O^)

はゆ |  2013.06.15(土) 00:45 | URL |  【編集】

はゆさん、カノンさん、来生さん@名古屋を楽しまれたようで何より♪

昨夜は『八重の桜』『空飛ぶ広報室』と、至福の日曜日でした。
覚馬もいいですね~あのつぶれた声と澄みきった瞳~胸が締め付けられる。(涙)

さて、14日金曜日夜にNHKBSで放映された『新日本風土記』 会津でした。
この番組は音楽もナレーションも素敵で、よく見る番組ですが、
会津の魅力が凝縮された、とても良い内容でしたので(さすがNHK)、
見逃した方、19日(水)朝8時からBSで再放送があるので、ぜひ録画を。

会津の凛とした高校生、ご当主様と市民との絆、松平家墓所、土津神社、
御薬園、竜宮門の善龍寺となよ竹の碑、大好きな版画家斉藤清画伯、桜、
会津の風土や気質が、よくわかると思います。

http://www.nhk.or.jp/fudoki/


金曜日は、地元で辻井伸行さんのピアノコンサートでした。
アリオスでチケット取るのに、こんなに苦労したことなかった。
先行が無くて、プレイガイドとアリオスで一斉に発売開始だったのですが、
電話もネットも全然つながらなくて、やっとアリオスのネットにつながったのが15分後、
座席を指定して予約できるシステムなのですが、その時点でほんの数席しか残ってなくて
しかもみるみる消えていく、焦って空いてたところをクリックして2座席確保したとこで
SOLDOUT、本当はもう1席欲しかったのですが、開始から20分程で完売。
とりあえずは取れたので、よかった。1時間後にやっとつながったがもう無かったとか
取れなかったという人が多数で、やはり私はチケット運だけは、いいのかも。(笑)

コンサートはドビュッシーとショパンが中心で、華やかでピュアな音に癒されました。
ジャパンツアーの最終日だったとの事で、遠くからのお客様も多かったようでした。
鳴り止まぬ拍手~「皆さん、けっしてあきらめないでください」とのメッセージが
心に響きました。アンコールの『それでも、生きてゆく』『花は咲く』
皆、涙ながらに聴きました。辻井くんのオリジナル曲も好きです。
月子 |  2013.06.17(月) 14:35 | URL |  【編集】

私はSOLD OUT・・

月子さん、すごい!!
辻井さんのコンサート行かれたんですね、いいなぁ~
間一髪でチケットゲットとは・・なんてラッキーなんでしょう(*゚▽゚*)

もしかして辻井さんと佐渡さんのコンサートもGETですか?
私は全くダメでした(;_;)
ウィーンフィルもSOLD OUTだったし・・
電話がつながる人って何かテクがあるのかな~

29日にはベルリン・フィルの先行と例の岡崎市民コンサート、コバケンさん&名フィルの発売が
重なってしまいました(>_<)
コバケンさんのはチャコ1だから絶対に行きたい!!
市内3ヶ所で発売なので並びながらベルリン・フィルを携帯でチャレンジするつもりです。

「八重の桜」・・・昨夜は二本松少年隊の悲劇でしたね。
月子さんのお話で覚悟はしていたものの、あまりの悲惨さに涙が止まりませんでした。

どうしてこんなに会津をいじめるのーーーって言いたい。
剛くんの演技は魂を感じます。
本当に苦しそう・・

覚馬といえば・・ちょっと前に山ピーの「白虎隊」を見たのですが、
その時の覚馬さん役が、「八重の桜」での覚馬の父君「松重 豊」さんだったのにびっくりしました(笑)

はゆ |  2013.06.17(月) 17:18 | URL |  【編集】

はゆさん、辻井さんとアシュケナージ指揮のコンサートが名古屋であります。
チケット各地ほぼ完売ですが、名古屋はまだ残っているかも。
http://avex.jp/classics/tsujii-oek2013/

30日、いよいよアリオスでコバケンさんとN響です。
23日は、加山雄三さん。こちらも楽しみ(笑)
最近お出かけが過ぎるので、佐渡さんと辻井さんのも
アシュケナージのも、興味はありましたが、あきらめました。

今夜、NHK10時から歴史秘話ヒストリア、西郷頼母とその家族のお話です。

山Pの白虎隊は見たけど、松重さんが覚馬だったとは知らない!
もう一度、見たいな。松重さんのお父さん、いいよね~
月子 |  2013.06.19(水) 17:20 | URL |  【編集】

月子さん、ありがとうございます!
うん、名古屋はまだ残ってる様子です、ぴあで確かめた(^O^)
ちょっと日にちがビミョ~なんですよね・・・
なんとか都合をつけたいと思います。
ショパンpコン2番、ベト7だなんて素敵☆

ヒストリアも見ました。
なんとも・・・悲し過ぎます、会津・・

剛くんのあの演技はもはや演技ではないですね。
容保公そのもの・・「乗っとられてます」です。

だけど今朝録画するの忘れた・・・(涙)
はゆ |  2013.06.20(木) 00:37 | URL |  【編集】

遅いにもほどがあるお返事

ものすごい遡ってまいります。

「東北六魂祭」って、全県の祭りを集めるってアイディアは面白いけど、
全部見れるとなったら混雑も相当ですよね。
15分で中止ってどんだけ。

宿の確保も交通渋滞もトイレの行列も、
分かっていてもそれでも見たい人たちがたくさん集まって、
賑わってていいことだと思うけど、
いやー大変ですね(汗)

ブルーインパルスにフラガールに各県の有名な祭り。
めいっぱい楽しんでる月子さんはパワフルです。
私よりずっと体力あるよね~。
花笠に自衛隊チームは出てなかったのかな。
私がたまたま出張時に見た時、
トリの自衛隊が異様にキビキビ、揃った動きですんごい面白かったんですよ。

竿灯も面白いでしょ。
技を見るには明るい方がいいかも。
あんな大きいのが倒れてくるのはビビるよね。
いつか秋田のお祭りにも出かけてくださいませ。

****

コンサートと八重の桜展を一緒に楽しむのも、
スペシャルな取り合わせです。
ドラマとこれまでの知識を動員すれば、
難しい史料も情報の宝庫になりますね。
しかもそれを蛸足で、タイムリーにコンパクに紹介してもらえる。
この場所作って本当に良かったと思います。
読んで楽しみにしているの方も
たくさん(といっても蛸足なので微々たるもんですが)いるはず。

八重の桜も、たったいま放送した分はまだだけど、
二本松少年隊のところまで見ました。
分かっていても動かせない事実を前に、
それでもみんな最悪の事態を回避しようと必死に行動していたんだと思って
切なすぎて辛かったです。
恭順の意を示しているもの、戦場に行くには不似合いな幼い子供たち、
一個人で考えたら普通におかしいと理解できる判断でも、
その状況でどんどんと突破されていく非情さ。
動かせない事実の重さを感じつつ見ていました。

*****

辻井さんのコンサートも行ってきたんですね。
NHKのニュースで流れていたのはいわきの会場でしょうか。
月子さんはどんな状況でもチケット運は全開ですね。
おかげで貴重な話を聞くことができます。
おでかけ出来る時は、じゃんじゃん出かけた方がイイですよ。
ライブは生もの、そこにいた人にしか味わえない時間です。
加山雄三さんも!!今頃はもう堪能したところかな。
ちなみに私が好きなのは「蒼い星屑」

いこいこさん

イケメンの名前はスラスラ出てきますね。
修理様は斎藤工さんって名前なんだ。
私が思ってる以上に、
今回の大河は名のある豪華なイケメンを惜しげもなく投入してるんですねー。
いずれ種市先輩もその列に連なるはず。ふふふ。

はゆさん

月子さんのレポや会津の話は読み応えがありすぎて、
読んでるだけなのに大満足でお腹いっぱいになりますよね。
ありがたくて嬉しいことです!
クラシックな話は私は全く門外漢なので、
どんどん盛り上がってくれると嬉しいです。

来生さんのライブも、日本橋が終わったら大いに語り合いましょう。
のもん |  2013.06.23(日) 22:26 | URL |  【編集】

はゆさん、
アシュケナージ&辻井さん@名古屋のオーケストラ・アンサンブル金沢は
来生さんと共演したことありますね。プログラムも魅力的ですね。

来生さんも、以前はしばしばオーケストラと共演してましたね。
私は残念ながら聴いたことありませんが、名曲がさらに引き立つでしょうね。

加山雄三さん、えつこさんもファンだったそうで自宅をのぞきに行ったとか。
来生さんも、FM東京ホールマンスリーライブで「恋は紅いバラ」を歌いました。
今回は、復興支援という事でチケット3150円(65歳以上は2100円)、ありがたい。
ホールは、ジジババ、いえおにいさんおねえさんでいっぱいでした。

加山さん、声量や声の伸び、歌 うまーい! パワフルでビックリしました。
懐かしい曲の数々で、自然にニコニコ笑顔になれた、楽しいコンサートでした。
のもんさんは「蒼い星屑」ですか。いいですよね。
私は他にも「夜空を仰いで」とか「海 その愛」「美しいヴィーナス」とか
加山さんも海を歌ったロマンチックな曲が多くて、私はそういう歌が好きなんだと
今回あらためて確信しました。ベスト盤、かなり昔から持ってるし。(笑)
MCでは、大震災~被災地~海への思いなど、真摯なメッセージに共感と感謝の
大きな拍手がわきました。魅力的な人柄にも好感です。

ギター3本に、キーボード、パーカッション&ドラムのバンド演奏も、うまい!
あれ?あのギタリストは、小田さんのバンドをずーっとしている稲ピーじゃん!
というサプライズもありましたが、聴きごたえがあるピアノとギターでした。

加山さん、76歳ですってよ~ でも、背がピンと伸びてるし動きも若々しいし、
お話もパキパキとしてて、素敵。おじいちゃんなんて言葉が似合わない、若大将。
何であんなに若いんだろう? このツアー、21カ所周るんですってよ。
「目標を持って生きる、それが若さの秘訣」だそうです。
三浦雄一郎さんとNHKEテレで対談をしたそうですが、80歳と76歳~すごい(驚)
放送は7月6日だったかな? 夜10時~と言ってたかな? 未確認です。(汗)

2月に聴いた小椋佳さんも72歳、でも声も良くて歌もすごく上手だし、
シニア世代でも、元気な人は元気、見習いたいものです。

私のお出かけ好きは、病気みたいなもので(汗)、決して暇なわけではないけど、
仕事や家事の合間を見つけては、それっと出かけてしまう。
先週は、また会津までドライブ。
母成峠を通って、裏磐梯の美術館で岡本太郎とダリ観てきました。二人とも天才だ! 
お天気がよくて、緑がきれいでした。
あと、目的のひとつが、昨年の小田さんご当地紀行で小田さんが行った毘沙門沼。
小田さんが立った場所で記念撮影~大満足(笑)
帰り、太郎庵猪苗代店で天神様を購入。桜はもうなくて、今は夏ミカンと抹茶です。
こんなお楽しみが、私の元気の源かな。ダラダラボーっとしてるのは耐えられない。

空井くんのドラマが終わってしまって、淋しいです。。。
でも、ハッピーエンドでよかった♪ インパルスもカッコよかった!(萌!)
月子 |  2013.06.25(火) 16:56 | URL |  【編集】

何だかバタバタしていて開店休業状態です。
ブログ書かないと、生きてるんだか何だか分かんないですよね。
相変わらずマイペースに遊んでいます。
コンフェデ(サッカー)とウィンブルドン(テニス)が
並行開催してるので忙しいのなんの。

月子さん

来生さんのオーケストラとの競演は見てないんですか。
そのころはまだ子育てやらで忙しかった時期ですかね。
来生さんの曲だと、ストリングスやオーケストラが映えるんですよね。
またそんなライブが見たいと思いますよ。
以前のサントリーホールは1.3曲くらいしか聴けてないですし。

来生さんの神奈川ソロもチケット一般発売始まってるんですよね~。
こちらは日本橋を見てから買おうかな、
などとまたいい加減な態度でおります。

加山さんて76歳なんですか!!ひぃえー。
大所帯抱えて21か所ライブって、体だけじゃなく気持も相当強いですよね。
みんな見習いたくなる前向きな明るさとパワーです。素晴らしい。

広報室のドラマ、結局初回くらいしか見なかったなあ。
綾野さんは見たいけど、あの相手の女性の設定やらセリフがもうダメでしたね。

さて今日は八重の桜もクライマックスですね。
私はまだ1週遅れでようやく白虎隊のところまで見たところです。
はあはあ。苦しくて切ないです。
のもん |  2013.06.30(日) 22:17 | URL |  【編集】

話がコロコロ・・

今週末は三井ホールでのライブですね~
いいなぁ・・もう一度行きたい!!
行かれる皆さま、楽しんできてくださいね~
終了後のレポ、楽しみに待っております(笑)
そうそう、長崎の前日に福岡でのライブが決定したようです。里帰りしたい!!!!

コンサートといえば、ベルリン・フィルはやはりダメでした(涙)
つながった時にはsold out・・
でも、コバケンさん+名フィルはgetできました!
チャコ1と悲愴なので楽しみです。

話がコロコロ変わります(^_^;)
先週、鎌倉へ行ってきました。
紫陽花を楽しんできました、綺麗でしたよ~
湘南の海・江ノ島を見ながら、加山さんの曲やサザンの曲が頭の中でくるくる回っておりました。
月子さんは加山さんのコンサートに行かれたそうで・・
「海・その愛」大好きです♪♪

サザンも復活!!
こちらでも豊田スタジアム2daysです。
チケット困難でしょうがtryしてみます(笑)

名古屋での「八重の桜展」は今日(7/1)まででした。
はぁ・・結局時間が取れず行けなかった・・

今週の「八重の桜」・・戦いの場面、西郷一家、白虎隊、ご家老様の自刃と悲しすぎる回でした。
悲し過ぎます(涙)

白虎隊が飯盛山から見た光景・・「お城」ではなく「城下」だと言ってましたね。
今までにはなかったのでは??

ご家老二人の刺し違えて命を絶たれるところも。
今までは切腹のシーンが多かったような・・
最後のお二人の会話がなぜかほのぼのと感じられて、さすがベテランの役者さんですね。
さりげなく後ろに介錯の武士が立ってるところがなんとも悲しい・・

西郷家の女性たちの覚悟、すごいです。
その他にも200人もの女子供が自ら命を絶ったとは・・
強くて悲しい覚悟です。

今回はBS・総合TVと二回見て、さらに第一回まで見てしまいました(^O^)
ここでやっと第一回の冒頭のシーンとつながった!

会津のこと、こうしてちゃんと知る前は「板垣退助」や「西郷隆盛」など、
漠然と「英雄」と認識していたけれど、わからなくなりました。

それにしても八重さんの冷静で勇敢なこと!
まさに「ジャンヌ・ダルク」ですね。
こんなに会津を愛してやまないのに何故京都に??
歴史に疎い私です(^_^;)
月子さん、またご指南くださいませ!!
はゆ |  2013.07.02(火) 00:35 | URL |  【編集】

会津~愛

7月2日に、日帰りバスツアーで会津に行ってきました。
バスツアーは、寝ててもあちこち連れて行ってくれて安いので好き。

今回は、小田さんが今年5月のご当地で行った猪苗代ハーブ園
県立博物館の「八重の桜展」
会津の神様伊佐須見神社のあやめ祭り見物(容保様の歌碑発見)
江戸時代そのままに残っている、茅葺屋根の宿場町大内宿など
てんこ盛りの内容でした。会津郷土食の昼夕の2食付だったし。

ハーブ園には、小田さんとスタッフの方達との写真が貼られていて、
それを見つけて喜ぶ相変わらずミーハーな私。(笑)

「八重の桜展」は、東京も含めて3度目でしたが、
何度見ても飽きない、興味深い内容でした。
同志社大学が、覚馬や八重の功績を大切に残しているのです。
松平家からも家宝ともいえる貴重な品々が出品されていて、眼福でありました。
この展示会は、次 京都にて7月~9月に開催されます。

http://www.bunpaku.or.jp/exhi_special.html#works

はゆさん、
覚馬は、西郷に建白書(管見)が認められて(これも、展示されていました。
同志社にて所有しているそうです)この後京都でかなりの活躍をするのです。
薩摩屋敷も買い上げて襄に譲り、ここに同志社を建てたのです。
襄と共に同志社を創立したり、京都の教育・経済・政治を創り上げていきます。
蛤御門の変で、会津は京都を焼き払ってしまった、その償いもこめて。

八重達は戊辰戦争後に、米沢に行きます。
やがて覚馬に呼ばれて京都に行くのですが、山本家にはさらに波乱が起こります。
私が今気になっているのは、尚之助の今後がどのように描かれるのかです。
長谷川さん演じる尚之助、素敵ですよね~ちょっとした表情やしぐさに惚れ惚れ。
何度も巻き戻して見てるけど、先週の大砲のシーンの表情の凛々しくて素敵なこと♪
そんな素敵な尚之助様ですが、この先苦難の道が待っているのです。(涙)

尚之助も、会津と山本家を、心から愛していたと思うのです。
尊敬する覚馬の妹である八重や家族を、全力で守ろうとしたのだと思います。
だから、砲術で縁があった米沢の内藤家に預けて、尚之助は会津藩士として斗南藩に移り、
不慣れな土地で苦しむ藩のために尽力した。
ただ、不運が続きます。だから、八重に累が及ばぬようにと離縁した。
後に東京で、八重と襄にも会う機会があったらしい。
その時にどんな会話が交わされたのか、、、知りたいですね。
尚之助も襄も、覚馬を通して知り合ったということも、縁だったのでしょうか。
私は、薩摩はともかく(その後西郷がなぜ西南戦争を起こしたのかを考え合わせて)
長州は、嫌ですね。許せないな~と思う。

30日の、小林研一郎指揮NHK交響楽団コンサートも素晴らしいものでした。
「幻想交響曲」をオケで聴いたのは初めてでしたが、ドラマチックな曲~
確かな演奏~いつしか惹きこまれて夢中で聴いてしまいました。
コバケンさんも「すごい演奏でした。振っていて、身の毛が立ってしまいました」
と笑顔でした。はゆさんも、お楽しみくださいね。
 
ブルーインパルスにすっかり魅せられた私。
8月に宮城県松島で、インパルスをまた見ようかと計画中。混むのかな。。。
月子 |  2013.07.05(金) 17:36 | URL |  【編集】

TVっ子

今夜TBS夜11時からの「情熱大陸」
<変幻自在な姿で見る者を魅了する役者・綾野剛>さんです。

今夜からの堺雅人くんのドラマもおもしろそうだし、
NHKBSのさだまさし自伝的ドラマ「かすてぃら」も始まるし、
WOWOW連ドラ「震える牛」も見たいし、どうしようー
月子 |  2013.07.07(日) 09:05 | URL |  【編集】

わーありがとう!
慌てて予約しました。マレーの決勝戦とW碌だー!
のもん |  2013.07.07(日) 10:18 | URL |  【編集】

八重の桜・・・

月子さんはまたまた会津に行かれたそうで羨ましいなぁ(*゚▽゚*)
その魅力を肌で感じたいです。

尚之助さまと八重さん、本当に素敵なご夫婦だと思うので、別れてしまうなんて悲しい・・
長谷川さんがすてきだからよけいにそう思うのかな~
でも新島襄とも素敵な夫婦だったんですよね?
うーーーん。

さて、今週の八重の桜をやっと見終えました
尚之助さまがコンパスで小田山からの距離を計算したりして軍議に参加してるところも素敵♪
よそから来たのに会津のために尽力してる。
すごいな~

いろんな不幸な出来事が次々と起こり、これでもかというくらい会津が攻め込まれていく・・
そんな中で「彼岸獅子」での無血入城は小気味良かったですね(笑)
大蔵さまのドヤ顔が笑えた!

本当に気づかれずに全員が入城できたのかな?

あの小松会津彼岸獅子の人たちは皆さん子孫だそうですね。
功績を称えられて会津葵の御紋の使用も許されてるとか・・

見事に敵を欺いて入城した山川大蔵さまの母上、秋吉久美子さん。
奔放なイメージが強いけれど、今回はきちんとした役どころで意外です(笑)

中野竹子さま、珠里様の奥方ゆきさま
悲しくそしてご立派な最期でした・・・
昔の女性ってすごいですね。
考えただけでも自刃するって怖くてできない(涙)
珠里様も最期に「雪・・」ってつぶやき、雪さまも最後に「旦那様、お側に・・・」と。
美しい夫婦愛です。

そして頼母さま・・
切腹したくてもできない苦しみが悲しいです。
会津への深い愛を胸に抱きながら会津を去っていかなくてはいけない悲しい運命・・
容保公を恨んではなかったのでしょうか。


月子さんのお話のおかげで難しい幕末の歴史が少しづつわかってきました。
きっと月子さんの解説がなければ、途中で挫折してたかも(^_^;)
ありがとうございます!
これからもよろしくおねがいしまーーーすm(_ _)m
はゆ |  2013.07.11(木) 23:10 | URL |  【編集】

いわきです

今夜8時からのNHK「八重の桜ツアー ただいま、東北」は、
我が街いわきです。「美女と野獣がめぐる福島いわき」ということで
吉川晃司さん中村獅童さん草笛光子さんが、いわきを旅するそうです。
ロケがあったことも知らなかった、どんな内容になるのか楽しみです。

吉川さんは、布袋寅泰さんとユニット組んでチャリティーで資金集めて
大金をいわき市に寄付してくださり、その資金で震災で孤児になった子達の
施設を建設することとなりました。本当にありがたいことです。
そんなこともあって、吉川さん素敵♪と好感を抱いております。(笑)

とはいえ、今夜明日と2夜連続でさだまさしさんの武道館コンサートを
スカパー!のCSフジで生中継、行きたかったけどチケット取れなかったのです。
CSの2週間お試しを申し込めば今夜からでも見れるかも? TELしてみます。
6時から10時までの4時間ものコンサートだというのがすごい。
2夜連続とは、もしかして内容違う? お申し込みは 0120-27-6767

今、コンサートといえばどなたも2時間半から3時間が当たり前です。
歌う曲も20~30曲、おしゃべりは楽曲の紹介やエピソードなどほどほどで、
長いおしゃべりの時間をあえてとるというのは、私が見た多数の中で来生さんだけです。
さださんは、しゃべるDAYでも「けっこう歌った」そうです。
4時間はさすがに長いけど(笑) 来生さん、2時間弱14~5曲のライブは淋しいですよ。


はゆさん、山Pの『白虎隊』レンタルで見ました~。放映時にももちろん見ましたが、
あらためて見たら、八重さんの友人役のメイサさんが鉄砲の練習をしてたので、
前回の『八重の桜』での竹子「八重さんに鉄砲を教えてもらいましょう」というセリフが
かぶりました。役者さんもいろいろ演じられて、おもしろいものですね。
『八重の桜』も山場ですね。容保様の声も低くなり貫録も加わりました。

22日には、いわきでプロ野球オールスター戦が行われます。
オールスターなんて、滅多に見られるものではないので、妹や子供達と行きます。
併せて、球場のある公園では21~22日と復興祭が催され、中村雅俊さん達のライブも!
無料だし、ぜひ行きたいと考えています。混むだろうけど。「甘い言葉で…」歌うかな。
月子 |  2013.07.17(水) 09:20 | URL |  【編集】

さださん生中継

CSスカパーカスタマーセンターに電話しましたが、
アンテナが非対応で、見られません~残念。

あきらめて、今夜はNHKで楽しみます。小堺くんも出るようです。

獅童さんの佐川官兵衛も、迫力あってカッコいいです。
しかし、大事なところで寝過ごすなんて!
会津は、悪い方悪い方へと転がっていくようで、
こういうことって、例えば会社とか個人でもあるよな~と、しみじみ思う。
月子 |  2013.07.17(水) 13:54 | URL |  【編集】

おはようございます

昨夜の八重の桜いわきツアーは、今までのツアーと違って
ドラマとは全然関係のない内容でした。
ご覧になった方、な~んだとガッカリしたかも。ごめんなさい。

CSのさださん生放送は、仕事部屋のTV&HDD&DVDで見れ&録れました。
7時半頃、何気にCSにしてみたら見れた。左下に手続きをするようにとの
メッセージが映りこんでいたが、明日手続きしようととりあえず録画しておいた。
今、録画を見ながらネット手続きしようとしたら、録画ではメッセージが消えてる!
そういえばBSやCSの「手続きをしてください」なメッセージは、
録画すると消えると、電器屋のおじさんが言ってたっけ。これで問題解決。よかった。
月子 |  2013.07.18(木) 06:18 | URL |  【編集】

あれやこれやと

月子さん

さださんのライブ、見れて良かったです。
今はいろんな設定のテレビがあるので、
何が見れて何が見れないんだか、把握するのも大変ですよね。
テレビは見れても、今度はデッキに予約できないとか、
理解するのに必死です。
うちはスカパーのアンテナ取り替えましたよ。

そうそう、メッセージは録画すると消えてるんですよ。
なんでか分かんないけど、助かるよね。

「八重の桜ツアー」は録画しました。
そのうちゴハン食べながら見よっと。
ドラマと関係なくてもいわきが見れるから楽しみだよん。

「八重の桜」こないだようやく見るの追いついたのに、
また今週分がたまってしまった。
自ら死を選ぶことが、普通に覚悟の中にあるという時代と風土の前提が凄いです。
佐藤B作さんらが刺し違える形で自害するところなんて、
武士としてそういうものなのかもしれないけど、
ただでさえ今の会津は戦力が乏しいのに無駄に死なないでくれー、
とかいろいろ考えちゃいますね。

大量殺人大流行の昨今の映画とか小説とか考えると、
こういうの見てもっと考えろよと思ったり。

あと私が歴史で名前を知っている人物って、
やはり英雄、偉人として通ってるから知ってるんだろうけど、
このドラマ見てると、そうではない描かれ方をしてるのが面白いなあと。
どういう視点で見るかで、
印象はまるっきり変わるんだということを改めて感じます。

丁寧に冷静に作っているから、そんなことにも気が付けるんだなーと。

そうそう、以前「あさいち」に綾瀬はるかちゃんが出た時、
一緒に出てたネタバレ歴女はなんなんでしょうか。
これから戊辰戦争だっていう回の直前のタイミングで、
その後の話を嬉々として話して最悪でした。
そんな話はネットでやってろ!

長いついでに。
「あまちゃん」ついに鈴鹿ひろみの映画の歌を歌ってたのは
キョンキョンだったー!な展開が。
来生ファンなら、だいぶ前からうすうす感じていた筋書きではないかしらん。
来生さんの場合は影武者ではなく、
直前で主題歌を歌う権利をかっさらわれたわけで、
その後自分でもちゃんとヒットさせたので
今となっては思い出のネタの一つですけど。

そこまで元ネタにしての薬師丸ひろ子のキャスティングなのか?
それともクドカンと以前仕事してたというだけの繋がりなのか?
ちょっと興味深いところです。

来生さん、やっぱしゃべり過ぎだよねえ。
月子さんが見ているのが、
年齢問わずファンから大人気のアーチストたちが多い、としても、
毎度の曲をゆっくり歌って13曲、
同じだけの時間しゃべってやっと2時間弱てのは、
マイペースにしてもほどがありますよ。
神奈川県民、考えちゃうなあ。

22日も楽しんできてくださいませ。
熱中症に注意してねー。
のもん |  2013.07.18(木) 11:06 | URL |  【編集】

八重の桜ツアーとさださん

いつも見逃してしまう「八重の桜ツアー ただいま、東北」、今回はちゃんと最初から最後まで見ましたよ~(^O^)

確かにドラマとの関わりはあまりなかったけれど、月子さんの地元だァ~って思ったら見るもの全て楽しかったです(*゚▽゚*)
オープニングでなぜか「鹿男あおによし」のテーマ曲が流れてきて、変にテンション上がってしまいました(笑)
いわき市も昔は石炭の町だったそうですね。
私の地元も同じく石炭の町・・「青春の門」「東京タワー」の舞台となったところ・・
親近感が湧きました。

BEAST二人組・・すごい画ですよね(笑)
でもお二人共お優しい~♪
始め吉川さんが「悪役ですみません・・・」みたいなこと言われて小さくなってるのが可愛かった☆
もし鹿児島に行ったら堂々と胸張っていられるのでしょうが(^_^;)
獅童さんも官兵衛の迫力はどこへ??
ラーメン麺を茹でるところなんか可愛かったですね。
BGMに「キル・ビル」のテーマ曲が流れてたのは、吉川さんつながり??

スパリゾート・ハワイアン、浜岡商店街、久之浜、小名浜、アンモナイトセンター・・
震災からの立ち上がっていく姿に胸が熱くなりました。
まだまだあちこちに爪あとは深く残ってるんだと再認識。
遠い記憶にならないためにも、今回はドラマと違うところからの視点で良かったです。

ちょうど始まって30分くらい経った時に、グラッと揺れたんですよ(-.-;)
震度1か2くらいだったけれど、久しぶりでした。
偶然でしょうが、不思議です。

Sea級グルメの「カジキメンチ」食べてみたい!!

月子さんは「白虎隊」再鑑賞されたんですね。
おとっつぁまの覚馬はちょっと年くってませんでした?(^_^;)
私はずっと避けてた香取くんの「新選組」を見始めました。
幕末の歴史がよくわからなかった頃は「新選組」って残酷で怖いというイメージで・・
池田屋事件でも、「龍馬伝」でも龍馬を追いかけててすごく怖く描かれてたし、
なぜこの人たちを「英雄」といわれてるのか理解できず・・(^_^;)
今、33話くらいかな、少しずつお勉強してます。
ちなみに山南敬助さまが素敵♪  でも次回切腹なのです(涙)

獅童さんは、官兵衛さまとは真逆の頼りなくいい加減な滝本捨助を、
池内博之さんは久坂玄瑞→会津藩の梶原平馬さまを演じられてますね。
そういえば・・頼母さまもかつては西郷隆盛だった(^_^;)
面白いですね~

のもんさんがおっしゃるように、歴史ものって視点がちがうと出来事も、人物も
変わってくるから頭がくしゃくしゃ、こんがらがってくる~(^_^;)
だから面白いのかな?

私も長いついでに。
もうひとつ、さださんライブ、残念ながら見れませんでした(泣)
ファンのリクエストに応えての演奏だと聞いてました。
そのためリハもないとか??
「主人公が7回出てきたらどうしよう~」って言ってたとか(笑)
そのへんどうだったんでしょうか?
良かったら教えてくださいませ。





はゆ |  2013.07.18(木) 23:15 | URL |  【編集】

長くてごめんね

先週の「八重の桜」・・・ついに鶴ヶ城落城、涙涙涙で見ました。
役者さん達の熱演、皆さん素晴らしかった。
もう3~4回見ましたが、その都度泣いてしまう。

あの白旗、なぜあんなつぎはぎの降参旗となったのか。
負傷者の手当てのために着物さえも裂いて使い切り、白布がなかった。
で、汚れていない部分を切りとって縫いつないだわけですが、
縫いながらどうしても涙してしまうじゃないですか。それを年長者が
「泣いてはならぬ。涙の跡を敵に見せるのは恥だ」と諌めたというから、
会津の女子(おなご)の魂の強さに感服です。

21日22日、家の近くで開催されたふくしま復興祭に行ってきました。
「食のオールスターゲーム」と称して、
全国48種類ほどのB級グルメコンテストも、同時開催されました。
我が家はこういうの大好きなので、2日間とも昼夜ここで食す覚悟で行きました(笑)

で、その中にいわきのグルメで出店したのが「ジャンボカジキメンチバーガー」
「TVでやってたあれ?」と尋ねたら「そう、獅童さん達が食べてたあれです」(笑)
メンチも大きかったけど、人気のパン屋のふんわりした大きな丸パンにソース代わりか
焼きそばもたっぷりはさまれてて、直径15センチ以上はあるパンに焼きそばと、
カリッと揚げた熱々のカジキメンチ、どこからどうやってかじればいいの?な
厚くてビッグなバーガー、めっちゃうまかったです。ビールにピッタリ♪  
大き過ぎて食べきれず、半分はあとから冷めたのを食べたけど、冷めても美味しかった。

その他、皆で食べたのが、広島のお好み焼き、秋田横手の目玉焼き乗せ焼きそば
青森八戸ラーメン、北海道ザンギ(鳥の唐揚)、博多すぅぷ唐揚、郡山グリーンカレー
Jヴィレッジのレストラン=サッカー日本代表のお抱えシェフ作の冷製トマトパスタ
ケンミンショーで見た岩手の餅いりハムカツなどなど、カロリー高そうなものばかり、
でも、どれも美味しくて珍しくて、感動でした。(笑)
割り箸で投票した結果、優勝はいわきのジャンボカジキメンチバーガーでした。
皆さん、各地のイベントで見かけたら、ぜひ召し上がってくださいね。

ただ、カジキは石巻産だそうです。いわきは、原発の影響でまだ漁が出来ません。
試験操業しようとした矢先に、原発から高濃度の汚染水が海に流失していると
発表されました。5月からわかっていたことを、参院選の翌日に発表って何よ!?
怒り心頭、本当に、ストレスのたまる毎日です。。。 
福島を苦しめることを「昔 薩長 今 東電」とどなたかが言いましたが、
私はさらに「嘘をつく人 昔 薩長 今 東電」と付け加えたい。

そんな怒りと不安にストレスを感じる毎日を和らげて、心から楽しめるような
イベントやライブなどを、たくさんしていただいて、感謝してます。
21日には、箭内道彦氏や中村雅俊さん達東北出身者のライブ、2列目の席確保。
雅俊さん、やはり素敵でした。歌もギターもお話も、うまい!
ギタリスト二人従えて、自身もギターを抱えての、3本のギターでの演奏でしたが、
俳優さんの片手間仕事とは思えぬ、とても素敵なライブでした。
「甘い言葉で・・・」が無かったのが私には残念でしたが。

翌22日はオールスターゲーム。同じ会場にて前日ライブがあったステージでは、
12球団のマスコットキャラやチアリーダーのショー、フラガールのショーなど。
見ながら食べながら、野球が始まるのを待ちました。
チアリーダー達のかわいくて上手なことにビックリ。皆スタイルもいいし、美女揃い。
アキちゃん達のようにがんばってるんだろうな~と母のような気持ちになりました。(笑)

時間になり、球場に入場して野球開始を待ったのですが、県内の野球少年4000人もが
招待され、県北や会津など遠くからもバスに乗って、次々とやってきました。
TV放映前にも、ホームラン合戦や少年達とのキャッチボールなどのイベント
サプライズで、F4戦闘機だったかな、ブルーではなかったけれど、自衛隊機の飛行!
5機がV字飛行~もうビックリ~うれしくてキャーキャー騒いでしまいました。
始球式のバッターが宇宙飛行士の野口さんだったし、大谷くんがタイムリー打つし、
カープファンの我が家は逆転されて残念だったけど、面白いゲームで大満足の内容。
マー君や前ケンなど、人気の選手は出場しなくてもあちこちに登場して姿を見せてくれ、
選手や監督が、野球少年達に温かな言葉やまなざしをかけてくれたこともうれしかった。
交替時にはチアリーディングやキャラやフラガールが登場し、猪苗代湖ズのライブもあり、
さらに終了後には豪華な花火、BGMは八重の桜のテーマ曲♪
私の好きなものをどっさり堪能した、楽しい2日間でした。
皆も喜んだと思います。いわきでオールスターゲームを開催してくれてありがとうと
心から思いました。終わった頃から大雨になり、びしょ濡れになって帰りましたが、
少年達は、無事帰宅できたのだろうかと、その後大雨で被害が出たので心配です。
その後連日、涼しいのを通り越して寒いくらいです。かと思うと猛暑だったり
水不足だったり、不思議な天気ですね。地震も続いているし、不安です。
皆さま、体調に気を付けて楽しい夏を♪
月子 |  2013.07.25(木) 17:16 | URL |  【編集】

本日のお奨め♪

本日、午後6時30分からのBS朝日
『題名のない音楽会』は、ガーシュインの『ラプソディー・イン・ブルー』
来生さんの歌詞にも出てきますね。

佐渡裕氏指揮、シエナ・ウインド・オーケストラ、
そしてピアノは、小曽根真氏。

地上波で日曜に放映されたそうですが、私 見逃してました。
昨日の新聞に、見た方の絶賛の感想文が載っていてわかりました。
BSの再放送には間に合った、ホッ。すっごい楽しみです。
はゆさ~ん、この書き込みがお目に留まって、間に合うといいけど・・・

そうそう、さださんのコンサート生放送は、4時間×2の番組ですからね、
仕事の合間に断片的に見ていて、まだ全部見ていませんので、感想文はまた後で。

月子 |  2013.07.27(土) 07:02 | URL |  【編集】

見ました!

月子さん、ありがとうございます。
実は日曜日の放送、見てました。
すごーーーーーく良かったですよね。
大曽根さんのテクニック・フィーリング素晴らしい!!
特に後半のカデンツァ(アドリブ)から管が入ってくるところなんか涙が出てきましたもん♪
そして改めてシエナ・ウインド・オーケストラの各々の技術の高さにため息。
日本のオケって管楽器が弱い感があるけれど、見事でした。
ガーシュイン聴いた中で最高でした。
これを実際に聞くことができれば・・・
画面に佐渡さんと大曽根さんのチャットが出てたのも面白かった(^O^)
こんなふうに解説入れてくれると楽しさ倍増ですね!

話は変わりますが・・・
「新選組」見終わりました。
また別方向から幕末を勉強した感じです。
そしてますます混乱してます(-.-;)
単純に、お札や銅像になった人たちが英雄だったと思っていた私・・
今までと同じ感情で彼らを見られなくなっています。

明日の八重の桜・・どんな展開になるのでしょうか。

新選組を見ながらいろいろ調べていたら発見!
なんと近藤勇の首塚がここ岡崎の法蔵寺にもあるということです。もっとも首は見つかってはないらしいけれど。
立派なお寺のようです。そのうち訪れてみます。

はゆ |  2013.07.28(日) 01:35 | URL |  【編集】

はゆさん、ご覧になったのですね。
ホント、素晴らしい演奏でめっちゃカッコよかったですね。
毎日、BGM代わりに聴いていますが、字幕解説会話?も
おもしろくて、つい仕事の手が停まって見入ってしまいます。
映像で残せてよかった。

大河の『新選組!』ご覧になったのですね。おもしろかったでしょ。
私は当時欠かさず見てたし、東京都日野市の土方歳三のお墓、生家、
井上源三郎のお墓、生家にも行きました。
どちらの生家にも資料館が併設されていて、遺品などが展示されています。
「会津公から賜った刀」もありました。

新選組が多数小説映画ドラマなどとなり、熱烈にファンに愛され続けているのは、
やはりその「誠」「義」の心だと思います。

大河の『龍馬伝』では、近藤・土方・沖田の3人が龍馬を追って京の町を
駆け回っていましたが、トップのこの3人が揃ってそんなことするわけない。
新選組に追われていることを強調するための演出だったのでしょうが、あり得ない。

あり得ないと言えば、前回の「八重の桜」で土方が函館で絶命したのですが、
「違う!」と、思わず叫んでしまった、土方は馬上で撃たれたんでしょうが!
このドラマで唯一不満だったのが、土方役。最期の様子まで違うとは、ひどい!
お写真を額に入れて、毎日見ているほど大好きなのに、ガッカリでした。

会津はこれからもまだまだ苦難の道を歩むのですが、
これからの世は学問だと励み、多数の逸材を輩出します。
のちに東京帝国大総長になった健次郎。「明治の知性」と言われたそうです。
秋月も教師となり、京都帝国大総長も会津藩士の子がなりました。

紀子様の曾祖父 池上四郎は大阪市長になります。
戦のさなかに味方を鼓舞し、敵にはまだ余裕があることを見せつけるために、
凧を揚げた少年の一人だそうです。大阪の公園に銅像が建っているそうです。

それから、映画『バルトの楽園』に描かれた鳴門・坂東俘虜収容所所長・松江豊寿も
会津藩士の子。映画では松平健さんが演じています。阿部寛さんが会津出身の部下役。
ドイツ人俘虜に対して人道的に接し、住民との交流~ドイツの土木や製菓製パン技術を
教わり、さらには楽器を作り、日本で最初にベートベンの第九を演奏するという映画です。
その中でも会津の苦渋の様子が描かれています。
もし機会がありましたら、ぜひご覧ください。お薦めします。
映画の中で音森県庁となった建物が、猪苗代湖畔に建つ皇族の別荘天鏡閣です。

政治の実権を握った長州勢は、その後私利私欲に走り贅沢にふけり、
西郷が「こんなことのために世の中を変えたのではない」と、袂を分かち、
西南戦争へと進みます。前回の西郷がつぶやきが、印象に残りました。
今後の伏線となる言葉だなと。
月子 |  2013.07.31(水) 15:09 | URL |  【編集】

遅くなりました

月子さん

鶴ヶ城の落城の回は辛かったです。
今までの闘い抜く心から、負けを受け入れる際にも誇りを失わない心へと、
会津の人々の強さがしっかりと描かれていたなと思います。
白旗、つぎはぎだったんだ。うう(涙)
城を出る際に廊下を磨きあげるシーンも素晴らしかったです。
こういう精神を持っていなけりゃいけないんだよねえ、
と反省してしまいますね。

その一方で、
以前は格子柄の着物はうねさんだけ着てた気がするのに、
このあたりの回では、みんな格子柄着用率が高い!
会津に遊びに行った時は縦縞しか見かけなかったのに~と、
素敵な着物に目が釘付けでした。

>食のオールスター

カジキメンチだけでも凄いボリュームだったのに、さらにバーガーに!
く~おいしいでしょうね~。
いつかちゃんと地のものでご当地グルメとして出したいですよね。
みんな頑張って工夫して盛り上げていこうとしてるのに・・・。

イベントは盛りだくさんでしたねー。
まさか自衛隊の飛行まで見れるとは。
グルメにスポーツにライブに花火も!
ホント、月子さんの好きなモノが詰め込まれてましたね。

クラシックのお話は、
はゆさんが打てば響く感じで、読んで楽しませていただいてます。

さださん、4時間×2ですか。
いくらトークが好きで多くても、
4時間あったら歌だってたっぷり歌いますよね~。
ね~。
と遠くを見つめてみました。
のもん |  2013.08.06(火) 23:26 | URL |  【編集】

スタジオパーク

昨夜の『八重の桜』は、泣きじゃくりでした。
やつれ果てた尚之助様との別れ、尚之助様の言葉・表情、
長谷川さんは、うまい! 素敵過ぎてクラクラしちゃう。(笑)
昨夜は『半沢直樹』がお休みだったので、
続けて2度見て2度とも泣いてしまった。つらいなぁー

「貧困と失意の中で病死した」と聞いていたのですが、
キラキラと優秀だった尚之助様がなぜあんな風になってしまったのかと、
誰か助けてあげられなかったのかと、
今さら私が気を揉んでも仕様の無いことなのだけど。。。

気を取り直して・・・
いよいよ8月26日、NHKスタジオパークに綾野剛さまご出演です♪
28日は、福士蒼太くんね♪
月子 |  2013.08.19(月) 16:40 | URL |  【編集】

月子さん

どもども、スタジオパークはばっちり予約入れました!!
あまちゃんのHPは、ちょっと関連番組情報が弱いですねー。
綾野さんがプレミアムトークに出ないのは、
有働サンが暴挙に出そうで危ないからでしょうか。

福士蒼太くんとして見るのは初めてかも。
標準語でコスプレじゃないとどんななんだろ。
「種市先輩」カッコよすぎて、挙動が可愛すぎてたまんないです。
ラブラブなシーンなのにいつも南部ダイバーのアレンジ曲がバックにかかるのがたまんないです。

いやー長谷川さん、女性のココロ鷲掴みな感じですね。
あんな素敵な旦那さま像はないっ。
全国のオクサマが羨ましいと思っているはず。
二人の別れのシーンも、美しすぎました。
辛いとか切ないとかを超えて、
名シーンだなあとじっくり鑑賞してしまった。

会津の着物が見れなくなって寂しいー。
うらさんてまた出てくるのかなあ。
行かないと決めた時の回は涙涙でした。
覚馬ももうちょい気にかけろやー!
のもん |  2013.08.22(木) 11:17 | URL |  【編集】

スタジオパーク、録画しました!まだ見ていませんが(^^)
それより今日のあまちゃん!(あまちゃんも録画してみるようになってしまいました)
健次郎さんが出てましたねえ!びっくり!
あまちゃんって出演陣豪華だなあ、意外な顔がぽろっと出てきて、驚きます。
腰振りがすごかったですが、今一つはじけきれていなかったようにも・・・それとも、私が健次郎さんと重ねて見ちゃったから?
思わず最初に戻って出演者名を確認したら、勝地涼さんが単独クレジットで紹介されていて、おお、大河効果か、すごいなあと思いました。

TOSHIYAのマネージャー役が、サラリーマンNEOに出ていた女優さんでしたね。そういえばアキちゃんがスタジオパーク(?)に出演した時の司会の人も、サラリーマンNEOでキャスター役やってた人だし。脇役も楽しいです。

「八重の桜」長谷川博己さんよかったです~~(涙)もうあれで出番は終わりかと思ったら、予告にちらっと・・・
あの端正なお顔は、やっぱり薄幸の美男子が似合う。

長谷川さんは八重の桜がらみでスタジオパークに出られないのかしら。素の姿を見たいです。
「セカンドバージン」でスタジオパークに出たときは、まだ全然テレビ慣れしていなくて、「僕」と言わなきゃいけないのについつい「俺」と言ってしまい、言い直しが番組の最後まで続いていました。
今はこれだけ人気俳優さんになって、すこし変わっているのかも。。。もういちど見たいです。
ミーハー(死語)いこいこ
いこいこ |  2013.08.27(火) 14:56 | URL |  【編集】

ミーハー月子

いこいこさん、私も目を疑った、あれ涼くんに間違いないよね?と、
2回目見たときにクレジット確認した。(笑)

あまちゃん、最近はBSと総合とで2回見ちゃうなぁ~
種市先輩、かっこいいんだもん。
(でも、星男は見てない、広〇きらいだから。汗)
NEOの俳優さんが思わぬところで出てくるのもおもしろいね!

長谷川さんのスタパの時も、すごいときめきました(爆笑)
私服(?)姿もオシャレで、ホント素敵でした~王子様♪
やつれた姿も胸キュンで、私 あの時代に行ってお世話してあげたいと思う。(涙)

NHK火曜10時のドラマは、毎回衝撃的で楽しみなのですが、
今度は修理様~斉藤工さんですってよ、楽しみです。

ホント、『八重の桜』や『あまちゃん』の出演者達が、
次々とドラマやCMで活躍しているのを見ると、私も楽しみです。
月子 |  2013.08.27(火) 20:31 | URL |  【編集】

あまちゃんCD

今朝のあまちゃんもおもしろかったですね。
おもしろいだけではなくて、しみじみと奥深い。

あまちゃんのCDが3枚発売されたようです。
昨日の朝日新聞に、1面カラー広告載ってました。
まず「あまちゃん 歌のアルバム」
『潮騒のメロディー』や『南部ダイバー』『いつでも夢を』など。
『南部ダイバー』を歌う種市くんの表情がよかったな~
福士くんは、まだ20才なんですね~さわやか好青年、かわいい。

CDはさらに「春子の部屋」というものも2種発売されて、
80'Sのヒット曲が満載です。
ひろ子さんの『 セーラー服と機関銃 』も収録されています!
来生さん、よかったね。印税でお洋服買ってください。

アマゾンで「あまちゃん」で検索してね。
月子 |  2013.08.29(木) 08:37 | URL |  【編集】

月子さん
あまちゃんのCDの予告、新聞で見ました。
すごい人気ですね。この間CDショップに行ったとき、「潮騒のメモリー」がエンドレスで流れていました。きっと今回のCDも売れるでしょう。
そっか、来生さんにも印税たくさん入るのね。よかったねー。

「印税でお洋服買ってください。 」って!(^^)!あはは~!
でも、来生さんのお召し物も、ひところに比べたらずいぶんよくなったのではないでしょうか。

あまちゃんCDのジャケ写にもなった、春子さんの若かりし頃を演じた女優さん(名前なんていうのかな)、「星男くん」にも出てましたよ~。前半の方で1回だけ見たんですけどね。あの聖子ちゃんカットのまま、出てました。
星男くんのほうの福士くんは、コミカルな部分が少ない分さらにかっこいいです~~(^^)ドラマ自体はコメディですけどね。でもあまり面白くなかったので、それっきり見ていませんが・・・

NHKドラマの情報ありがとうございます!
HPを見ましたが、なんともベタベタなドラマですね。
でも井川さんの美しさと修理さまのカッコよさを期待して、見る予定です。
でもでも、藤本隆宏さんって私より年下ですよ!(1970年生まれ43歳)。修理さまと親子っていうのは少し無理があるかなあ。。。。と思います。
いこいこ |  2013.08.29(木) 21:29 | URL |  【編集】

前髪クネ男大人気

なんと、今ネット上で、勝地涼くんが演じた「前髪クネ男」が話題になっているそうです。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130830-00000002-rnijugo-ent

たった1回の登場で圧倒的な話題をさらったTOSHIYA、と書かれています。
また出てこないかな~~。。
でも、「あまちゃん」もあと1か月で終りですもんね。もう無理かな。

映画「潮騒のメモリー」の公開が「2011年3月5日」に決まって、これからラストに向かってどういう展開になるのだろう、と複雑な気持ちです。
いこいこ |  2013.08.30(金) 14:15 | URL |  【編集】

月子さんのおかげでスタジオパークちゃんと見れました。
福士くん、可愛すぎですね。
まだ20なんだー。どーりで胸板が薄いわけだよ(変態)
これからっすねー。ふふふ。
東京出身と言いながら、言葉に微妙に訛りが漂ってる感じとか、
考え方がしっかりしていて、ちょっと硬派で、
お母様方にも受けが良さそうなところとか、
「そうあったらいいなあ。ないだろうけどなあ」が、
本当にそうだったので驚くやら嬉しいやら。
ただのカッコイイ役じゃなくて、
この先いろいろなクセのある役をやってほしいなー。

>前髪クネ男

先にあまちゃん見て、いこいこさんのコメント読んで、
誰だかすぐに分からなくて。
で、その後に大河の録画してたやつを見たので
「あ、前髪クネ男だ」と思いました。
その順番で見てはイケナイ。
いこいこさんのイイ男データには頭が下がります。さすが。

たった1回でツイートされまくりって、
それだけその辺の世代が見てるってことですよね。
いや、朝ドラ見るような世代も
今はスマフォ持ってるってことでもありますね。
そういやカーネーションやってた時は「周防さん」が検索ワードでぶっちぎり、なんてこともありましたなー。

>「春子の部屋」

ちゃんとここでは「セーラー服」が入るんですね。良かったよかった。
本人が出てる以上、番組内でこの曲がかかる可能性はないからね~。
80年代の歌謡曲を集めた、なんてちょっとRYUMEIの小部屋を思い出します。

今週はしみじみとするシーンが多かったですね。(まだあと1回あるけど)
試写も終わって、公開日ももう決まってて、
八重の桜ではないけれど、動かせない事実がこの先の展開に出てきます。
でもあと1ヶ月あるのだから、きっと良かったと思うエンディングが待ってるだろうと信じています。
この大事なエピソードが始まる前に、
全国で朝ドラに縁のなかった人も含めて、
たくさんの人が毎日見ている環境ができていてよかったなとも思いますよ。

あーあと1ヶ月で終わっちゃうなんて寂しいなあ。
土曜日の朝早く起きれなくなりそう。
のもん |  2013.08.30(金) 18:44 | URL |  【編集】

お久です(^_^;)

あれよあれよと忙しい日々に翻弄され続け、気が付けば9月になりました。
みなさまお元気でしたか?

溜まりまくってた「八重の桜」もようやく追いつくことができ、なんと今日はリアルタイムで見ました。

あーーー尚之助さまぁぁ~(涙)
悲しすぎるご最期でした・・
会津のためにここまで尽くして尽くして、ひっそりと一人でこの世をさられたのですね・・
ご冥福お祈りせずにはいられません。

斎藤一さまと新島襄さまの二人のシーンは不思議な感じ(゚o゚;;
よく考えれば「斎藤一」が二人いる!!!
そう、「新選組!」の新島襄はオダギリくんでしたもの(笑)

容保様のお久しぶりのご登場・・
無精ひげのお殿様も不思議~
山川さまも、官兵衛さまもみなさん穏やかなお顔ですね。
でも、みなさん尚之助さまのこと少しは気にかけてくださっていたのかな・・

実は~
先週、京都で開催されてた「八重の桜展」行ってきました!!
大雨の予報が出てたので渋る主人を「私が運転するから!」と説き伏せて(^_^;)
主人は「ゆーーーくり見たいだろうから」と会場で私を降ろしてくれて、一人貴船の方へ散策に。
おかげで(?)ゆーーーくり時間かけて見れました(笑)

場内に入ってすぐにあの痛々しい姿の「鶴ヶ城」の写真が壁一面に・・
いきなり涙が溢れてきて慌ててしまいました。

容保公のお写真・覚馬の管見・照姫様の和歌・尚之助さまの訴状etc・・
月子さんがいろいろお話して下ってた貴重な展示の数々をせっかくだからちゃんと見たくて、初めて解説の聞けるヘッドフォーン(なんていうのかな?)を借りました。
これまたテーマ曲と草笛光子さんのお声が聞こえてきて、思わず涙・・

会津時代・京都時代、精一杯生きた会津の人々と八重さんに触れた時間でした。
その後、主人と合流して感謝の印(?)に主人の愛する「いずう」の鯖寿司をおご馳走させていただきました(^O^)

「あまちゃん」は見てないのですが、面白いようですね。オンデマンドで見ようかな~

はゆ |  2013.09.01(日) 22:18 | URL |  【編集】

安堵しました

はゆさん、お久しぶりでした。
しばらくご無沙汰でしたので、心配してました。お元気で何より。
京都、行ってらしたのですね。素晴らしい行動力!(拍手)
この場を通して会津に興味を持っていただけて、うれしく思います。

興味深い展示品の数々ですよね、
彼らが生きた時代が伝わってくるようで、感動しました。
もう一度見たいです。私もナレーション聞きました!
お優しいご主人ですね。私もマイペースでゆっくり見たい派(笑)

昨夜の『八重の桜』には、日本中が涙したと思います。
「自分を責めておいでなのです」
会津のために尽力して、責を一身に背負い、立派過ぎる。
報われない人生だったな~と、泣きじゃくりました。
せめてもの救いは、出身の出石が江戸の面影が残る美しい町だったこと、
顕彰碑が建てられて業績を讃えられていたことに、安堵しました。
長谷川さん演じた尚之助さまは、本当に素敵でした。

斉藤一あらため藤田五郎の結婚にも安堵しました。
あのシーンにも涙でした。「命を懸けて戦った京都を見せたかった」
うんうん、そうだよね。仲間はほとんど亡くなってしまったのだもの。(涙)
9月22日、会津七日町駅前阿弥陀寺で「斉藤一 墓前祭」が行われます。
うーん、行きたいなぁ~ 
翌23日が会津祭りで藩公行列なのですが、今年のゲストがまだ未発表。
特別ゲストは無いかも?
春のお祭りの行列が、人出が多すぎて危険だと中止になったくらいだし。

オダギリジョーさんの襄も、魅力的ですね。
斉藤一を演じた時も素敵だったし、そうですね昨夜は二人が揃った!(笑)

で、土曜日のあまちゃんでは、皆さま不吉な予感を覚えませんでしたか?
いよいよのその時、もしかしたらゆいちゃんが?と、
もう胸が痛くなってしまい、土日と不安な気持ちで過ごしました。
親のために夢を断たれて、そしてまた? ゆいちゃんかわいそう過ぎる!と、
今朝の放送が怖かったのですが、とりあえずは安堵しました。
あさイチのウケでも話題になっていましたが、ホントドキドキでした。
はゆさん、ぜひ見てください!

いこいこさん、涼くんは「学問を究める」はずが、
前髪クネ男になってしまい、イ・イメージが~と心配しましたが
好評だったようで、こちらも安堵しました。(笑)

ゆいちゃんと剛くんがデートしてたと報じられましたが、
私、ゆいちゃんなら許す!(笑)
剛くん31才愛さん17才だけど、愛さんは賢そうだしお似合いです。
この先どうなることやらわからないけど、お幸せに。

娘がネットで見つけて教えてくれた東京ガスのCMですが、おもしろい。
ちょっと下にスクロールして、ぜひ動画を見てね。

http://home.tokyo-gas.co.jp/valuelease_sp/

「アヤノコウジ と アヤノゴウ どっちも母さんの好きな人だね」
どっちも好きだけど、好きの意味がうーんと違うよ。(笑)
月子 |  2013.09.02(月) 17:21 | URL |  【編集】

見ました、東京ガスのCM。おもしろいです~。剛くんのしゃべり方もいかにもいい男風で、綾小路さんはいかにお綾小路さんで対比がばっちり。
残念、うちコンロ買い換えたばっかりなんだよな。

はゆさんお久しぶりです(^^)京都まで「八重の桜展」を見に行ったのですね。名古屋から京都ってけっこう遠いんでしょうね。でも、行ったかいがあったんですねー。

私はほんとに歴史にはうとくて、幕末から明治にかけての会津のいきさつは全く知りませんでした(恥)。新撰組も名前しか知らなくて・・・
今回のドラマでそのいきさつを知ることができて、勉強になりました。
これから八重さんが新しい時代に向かって新しい志を持ってがんばっていく姿を見ていきたいと思います。
綾瀬さんってすごい。八重さんが覚馬さんを背負って廊下を歩くシーンが、ちっとも不自然に見えません。あれだけ男勝りに戦ってきた人だから、お兄さんくらいひょいっと背負って当たり前って思っちゃいます。女優さんってすごいですね。

覚馬さんといえば、今BSで朝ドラの「純情きらり」を再放送していて、今週から見始めました(もうほとんど終わりみたいなんですが)。今よりちょっと若い西島さんが津軽弁をしゃべっていますが、私には会津の言葉も津軽弁も違いがわかりません。西島さん、素敵ですよ。

以前にも書きましたが、私が西島さんを初めて見たのが1993年のあすなろ白書。
西島さんかわいいですよー。ぜひこちらを見てみて下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=El0cWQa75tg&list=PLLBkFmMvkz38eRyDuJHWfhLxojjwGUg5W&index=13

長い動画ですが、1分50秒頃から出てきて、3分20秒頃にアップです。
ぜひ月子さんの感想を聞きたいな~(^^)

さあ、前回の八重の桜を見なくては!
見るものがたくさんあって大変です。。今日から修理さま(斉藤工くん)のドラマも始まるし。
いこいこ |  2013.09.03(火) 14:48 | URL |  【編集】

私もいこいこさん同様、幕末については??ばかりでした(^_^;)
薩長やら土佐やら会津やら、幕府や新政府やとどれが正義??と
頭の中で全く整理がつかず・・幕末ものは避けていました。
「龍馬伝」ですこしだけ幕末に興味が湧きまして・・

一番の水先案内人は月子さん♪
月子さんの詳しすぎる解説(笑)のおかげで、絡まっていた糸が段々ほぐれていってます。
それまでの「会津」とは全く見方が変わり、歴史を真正面から見ているような気がします。
尚之助様ではないけれど、私も会津で育ったわけでも暮らしてるわけでもないのに、このころの会津のことを考えると胸がキュンと痛みます、涙が出てきます。

それぞれの藩や幕府・新政府に関わってきた人々をちゃんと見なければと感じます。
ドラマの中でも言われますが「立場が変われば・・」ですよね。
戊辰戦争の後半の戦い(土方が戦死した北海道)、新政府での西郷・大久保・岩倉などの立ち位置とこれから起こる「西南の役」
このあたりがまだまだ靄の中です(^_^;)
またご指南くださいね!

名古屋から京都市内まではナビでは2時間15分、新名神高速が渋滞しなければ近いものです。
主人が京都好きなのでけっこう気軽に身軽に行きますよ(^O^)
この前は本当にナビ通りに会場に到着。
9:20だったので開館してなかったのですよ。
でも歩いて数分のところに「本能寺」発見!!
お寺は9時からOKなのでもちろん私だけ車を降りて拝観。

ちょうど「信長展」の最中!
思いがけずラッキーでした。
境内にある立派なお墓にもお参り、戦国に思いを馳せました。

「純情きらり」も岡崎が舞台だったのでずーーーと見てました。
西島さんを知ったのはこのときです。
素敵な俳優さんだなぁ~って。

「あすなろ白書」の動画見ました♪
1分50秒頃の横顔?斜め顔?一瞬、剛くんに見えたのは気のせいかな?
はゆ |  2013.09.03(火) 17:35 | URL |  【編集】

そうそうあまちゃん!

月子さん、私も先週の土曜の終わり方で、もしやゆいちゃんは!?と心配になりました~~ドキドキ…
不安になって夫に「とうとう地震がきたよ~それでね、ゆいちゃんがね…」と言ったら、「まだ見てないから言わないで!!」と一喝(最近自分の部屋のチューナーで録画を始めたらしい)
でもゆいちゃんも電車も無事で、とりあえずよかったです。
それと、うざったさ200%の大吉っちゃんが初めてかっこよく見えた!

八重の桜も見ました。尚之助さまの回想シーンにうっとりしてたら、最後に"あなたは新しい時代を生きる人だ"って声が…泣けました。尚之助さま~…帰ってきて~(T_T)
いこいこ |  2013.09.03(火) 23:41 | URL |  【編集】

TVっ子

いこいこさん、「あすなろ白書」見てきました。
西島さん、端正な2枚目で!
私が西島さんを意識したのは、中山美穂さんの映画「サヨナライツカ」です。
濃厚な恋愛映画でしたが、ミポリン見たさに行ったら、西島さんが素敵だった♪
この時西島さんの友人役で加藤雅也さんが出てて、今また『八重の桜』で共演
してますね。エキゾチックな2枚目♪

子育てなどでしばらくお休みしていたドラマをどっぷり見るようになったのは、
菜々子ちゃんの『氷の世界』やミポリンと金城武くんの『2千年の恋』辺りから。
それ以前のことにはとんと疎くて、音楽もその時代のはスッポリ抜けてます。

「あまちゃん歌のアルバム」、オリコンで1位ですって。
「春子の部屋」も上位です。
「あまちゃん歌のアルバム」は、買いました。毎日朝晩聞いてます。(笑)
『潮騒のメモリー』『地元へ帰ろう』『南部ダイバー』…大好きです♪
毎朝あのテーマソング聞きながら海の映像見ると、気持ちが晴れて元気になれる。
キョンキョンとひろ子さんがやはり素敵~TV界の歴史に残る名作ですな。
作曲の大友さんが先日のスタパに出てましたが、福島に所縁の方だそうで。

会津のこと、皆さんはあまりご存じないとの事で、あっそういうものなのかと。
我が家では、子供の頃から「会津の人は偉かった」とよく聞かされていたし
白虎隊のドラマがあると必ず見せられていたし、飯盛山にも連れていかれたし、
自然に身近に感じていました。福島の人はきっと皆そうだと思います。
このドラマで「会津の言い分を伝えてもらえてよかった」と副市長が言ってたそうで
震災で激減した観光のお客様も戻ってきたようだし、よかったと思います。
『八重の桜』は細かいエピソードもきちんと描かれていることが、素晴らしいと思います。

ドラマの時代考証を務めている会津の野口先生も講師を務める市民講座が
いわきで始まったのですが、私抽選で外れました。(泣)
申し込み多数だったそうですが、あきらめきれない。
別の市民講座を申し込んで、抽選結果待ち中です。
他の地域もそうだと思うのですが、会津もいわきも地元の史学研究家というか
そういう方が多くて公民館などで講座があるのですが、子育てが終わった女性や
退職した男性達でいっぱいです。

私、歴史は詳しくないけど、その時その時の物語として楽しめばいいのかなと思ってます。
会津や新選組を書いた小説や映画はかなり多いのですが、
特に好きなのは浅田次郎作『壬生義士伝』です。
映画にもドラマにもなり、涙グショグショでボックスティッシュが必要です。
浅田次郎さんの講演会も9月22日に会津であるのです、行きたいけど無理かな。
会津までは車で2時間位かな~日帰りでも行けるけどあわただしいですね。
はゆさん、京都まで日帰りできるなんてすごいうらやましいです。
本能寺、いいなぁー 私、新選組の壬生や会津所縁の京都を見に行きたい。

昨夜の『ガラスの家』も濃厚でしたね。井川遥さんのなんと美しいこと!
衣装やセットもセレブ感がリアルで、さすがNHK~これからの展開が楽しみです。
月子 |  2013.09.04(水) 16:58 | URL |  【編集】

昨日は名古屋ですごい雨だったようですが、はゆさん大丈夫だったかしら…
いこいこ |  2013.09.05(木) 18:12 | URL |  【編集】

台風一過

三連休と台風が去り秋晴れの良いお天気が続いています。
台風、皆様のところは被害はなかったですか?

いこいこさん
台風前の豪雨の時のご心配いただきありがと♪
おかげさまで無事です!!

あまちゃんは既に終わりに近づいてるようで、オンデマンドで追いつくことも諦めました(^_^;)
断片的にチラチラ見たことはありますが、やっぱりよくわかんない(当たり前か!?)
ただ、某有名作詞家A氏に模したあのプロデューサーさんはインパクトあり過ぎ(笑)
「地元へ帰ろう」「潮騒のメロディ」は一度聴いたら耳に残りますね。
カラオケでもいけそう!

月子さん
>会津のこと、皆さんはあまりご存じないとの事で、あっそういうものなのかと・・

今、「翔ぶが如く」を見てるんです。
西郷さん・薩摩からみた幕末・会津はどうなんだろうと思って。

まだ「薩長同盟」のところまでしか進んでませんが、
すでに起きていた「八月十八日の変」「禁門の変」はホントにさらりと触れていただけで、会津藩士の一人も出てこず・・新選組の「池田屋事件」さえも。
その代わり「寺田屋事件」の細かいこと(*゚▽゚*)

「新選組」はその存在自体「ドラマ」なのですよね~
でも、「新選組」」見た時でさえも「会津」の印象があまり残らなかった(ごめんなさい!)

「八重の桜」見てなかったら一方通行の見方してたんだろうな・・

薩摩にも「九ヶ条之掟」「造士館」があるそうです。

台風で京都に多大な被害が出ました。
あの渡月橋をテレビで見たときには泣きました(;_;)
壬生の方は大丈夫だったのかな。
はゆ |  2013.09.18(水) 15:09 | URL |  【編集】

月子さん
昨夜また大きな地震が起こったみたいですが大丈夫でいたか?
はゆ |  2013.09.20(金) 08:44 | URL |  【編集】

はゆさん、ご心配ありがとうございます。
夜中でしたが、かなりゴーッという感じでグラグラっと揺れました。
ギャーッと叫んで飛び起きました~久しぶりの大きな揺れで怖かった。
幸い、我が家は飾り物が倒れたり落ちたりした程度でしたが、
周囲では、食器が割れた、商品が落ちたとか聞きました。

まず私が心配したのが、原発が大丈夫かということで、
すぐにTV付けて、しばらく見ていました。

竜巻・大雨と各地で災害が続いて、いつどこで何が起きるかわからない。
原発の後始末は本当に厄介で、困ったものです。
こんなんでオリンピック出来るんだろか?と不安でたまりません。

これ以上の災いが起きませんようにと、祈るばかりです。。。
月子 |  2013.09.20(金) 19:48 | URL |  【編集】

今夜のTV

今夜10時から、BSフジ「美しき酒呑みたち」という番組、
剛くんと新井浩文さんが鹿児島で飲むそうです。
おもしろそう…(笑)
月子 |  2013.09.28(土) 17:46 | URL |  【編集】

わお!月子さんありがとう!
新井浩文さんはNHKBSの「開拓者たち」というドラマで初めて見て、その寡黙な日本男性のたたずまいに惹かれたのですが、スタパではぶっとんでいてビックリ!ギャップが面白い役者さんです。
録画予約しました!
いこいこ |  2013.09.28(土) 18:40 | URL |  【編集】

あっ

美しき酒呑みたちは、9時からでした!(汗)
新井浩文さんも個性的な俳優さんですね。
「開拓者たち」、私も見てましたよ~(笑)

二人ともすごい呑みっぷり~ほんのり赤くなっているのが好ましく、
美味しそうな酒と肴~楽しい番組でした。
アルバイトのさつまおごじょも、可愛らしくて。
あとから外に追いかけてきて握手求めたでしょ、
迷ったんだろうね~よかったね~と、微笑ましく羨ましく。(笑)

明日からあまちゃんに会えない~淋しいなぁー
月子 |  2013.09.29(日) 14:09 | URL |  【編集】

リクエスト?!

気づけば10月になっております。
またまたご無沙汰でした(^_^;)

「八重の桜」は舞台が京都になり時代も明治へと変わり、これはこれで興味深く拝見してますが、やはり会津編が良すぎた!

月子さん
会津祭りは行かれたのでしょうか?
ツイッターで今のお殿様が馬に乗ってるのを見ました♪
もし良ければお祭りの様子、レポしてくださーーーい!
はゆ |  2013.10.03(木) 00:46 | URL |  【編集】

会津祭り

はゆさん、こんにちは。
早いもので、あっという間に今年も残りわずか3ヶ月ですね。(焦)
会津祭りは、ギリギリまで行きたいとバスの時刻とか調べていたのですが
(車ではきっと混む&駐車場が無い)
金曜日に、閉会間近の福島市の県立美術館の伊藤若冲展(2回目)
に行ってしまったので、土日の会津祭りはあきらめました。

どちらに行こうか、かなり迷ったのですが、1回目に行ったとき混んでて
思うように見れなくて、もう二度と見れないであろう若冲の繊細な絵画を、
しっかりと目に焼き付けておきたいと、こちらを選んでしまった。
早めに着いて、空いているうちに見ることが出来てよかったのですが。

今年の会津祭りはお天気も良く、最高の人出だったようです。
注目のゲストは、こちらもギリギリ2~3日前の発表だったのですが、
梶原平馬役の池内博之さんとみね役の若い女優さんでした。
当日の夕方~夜は、ニュースを追いかけて見てました。
やはり行けばよかったかな~と激しく後悔。
来年こそは、きちんと計画を立てて行きたいと思います。

「八重の桜大河ドラマ館」も、京都編に合わせて内容を変えたそうなので、
また行きたいとは思っているのですが。

今、会津藩士の子であり陸軍大将になった『ある明治人の記録 柴五郎の遺書』(中央公論社 中公新書)を読んでいて、会津落城~斗南藩での過酷な日々~
東京での日々=会津藩士達のその後など、興味深い内容です。
何よりも会津人の強い心=武士魂に感服です。

この前には『幕末の悲劇の会津藩主 松平容保』(新人物文庫)おもしろかったです。
照姫や二人の側室の写真もあって、古いのではっきりは見えないけれど
驚き&うれしい。
容保の東京での住まいが文京区小日向で、私が居た小石川の近くだったとわかり!
さらに言えば、小石川に慶喜邸跡があったのは案内板があり知っていたのですが、
容保邸と慶喜邸は、通りを挟んで隣り合わせの町内だったようです。
でも住んだ時期は入れ違いになり、ここで2人が一緒になったことはなかったようです。
容保は、東京で亡くなり新宿にあった会津藩江戸邸の墓に葬られたその寺は、
何と新宿厚生年金会館のすぐ近くだそうで。
厚生年金には何度も行ったのに~でももう行かないだろうな。
容保と照姫が会津の松平家墓所に移ったのは大正になってからで、
今新宿の寺には、容保のお世話をし墓守も務めた家臣の墓が残っているとか。

八重の桜も会津時代が懐かしいですね。吉川さんの西郷は素敵だったけど。
赤西仁くんの弟さんが生徒役で出ています。似てるかな?

弟といえば『ガラスの家』に瑛太さんの弟さんが弟役で出ているけど、
いかにも弟という感じで、好感。

いこいこさんのお好きな井浦新さんね、NHKの土曜ドラマ『チェイス』で初めて見て、
その時から雰囲気のある俳優さんで、注目してました。

あぁ~しかし、あまロスというのか、毎朝毎日この淋しさ、なに?
キラキラしたアキちゃんやその周りのみんなに会いたいよ~
いまだに録画を繰り返し見ている。(涙)
ひろ子さんは、やはり歌うまかったね~(笑)
とうとうサントラ盤2枚も買ってしまって、このドラマは音楽も楽しかった。
ジオラマや一つ一つの小道具や言葉にも意味があって、
何度見ても新たな発見があって飽きないし、皆魅力的な人達でした。
まもなく総集編があるそうなので、楽しみにしてます。


月子 |  2013.10.03(木) 16:43 | URL |  【編集】

月子さん、あまロスから抜け出して、次にいきましょう!私もまだ次を見つけていませんが、、
今朝のあさイチ、長谷川博己さんでしたね〜きゃ〜
話し方もすっかり大人っぽくなって、俳優さんらしくなったなあ、と。
録画してまだほとんど見てません。さ、見るぞ。
いこいこ |  2013.10.04(金) 23:56 | URL |  【編集】

やばい、どんだけ参加してなかったんだ。

今日のプレミアムトーク、私も慌てて録画しました。
見るのはまだまだ先になりそうですが。
月子さんもいこいこさんもちゃんと録画できましたか。

「八重の桜」は京都編に入り、途中から録画が溜まりだしてどないしようかと。
サッカー始まるとなかなか、じっくり見る系のドラマは後回しになります。

あまちゃんも終わってしまって残念です。
いそいそとテレビの前に座っていた朝の時間が懐かしい。
まだ街中歩いてると「潮騒のメモリー」あちこちでかかってますね。

イノッチが言ってたけど、セーラー服と歌詞がかぶってるの、やっと分かった。
「再び会うための 約束もしないで」のところね。
NHKの公式サイトの演出家のインタの中に
「来てよ その火を飛び越えて」が「その日」とかけてある、な話があって、
そうだったのか!と終わってから気づいたり。
小ネタはパロディや懐かしネタに留まらず、いろいろな意味をもって仕掛けられてます。

「カーネーション」の時は毎朝、感情を大きく揺さぶられながら濃い時間を過ごしてたけど、
「あまちゃん」はいつでも笑って楽しくて気持が軽くなるドラマでした。
でも大団円に向かう最終週は涙なくして見れなかったなー。

あまロスの埋め合わせになるのかどうか、
「カーネーション」で盛り上がっていた時に、
同じくらい面白いと言う噂のあった「ちりとてちん」をBSでやるので
とりあえず見てみようかと思ってます。
あと、同じクドカンの「タイガー&ドラゴン」の再放送を見てます。
ずっと見たいと思ってたのだ。
バカバカしくて、でもしっかりした脚本で楽しいです。

井浦さんね、ここで続けるけど(笑)
ドラマと映画で、演じる人物のギャップが凄そうですね。
私は「ピンポン」のイケメンの次が
(同じ人と知らずに)「蛇とピアス」のスキンヘッドで全身タトゥーの彫士ですからね。
その次が三島由紀夫。
素直に「カッコイイ」とは言えない役ばかり。
スゴイ俳優さんですね。

窪塚さんは、復帰してから随分たつので、
どの作品が復帰前なのやら自分でも分かんなくなってますが、
最近は宮本亜門氏の舞台でイサム・ノグチを演じているとNHKで取り上げてました。
綾瀬はるかちゃん主演の「ICHI」で出てた窪塚さんが良かったなあ。
ラスト近くに、すごい忘れられない表情があってねえ、
上手いなあと思ったの。
まあ彼は作品によって、与えられる役にアタリハズレがあるかも。

さてさて。
地震や大雨、台風と、いつどこでどんな災害があるのやら不安ですが、
みなさんの地域で何事もないように願っています。
季節の変わり目、体調にもお気を付け下さいね。
のもん |  2013.10.05(土) 00:43 | URL |  【編集】

ヒロキ

昨日の長谷川さん、私も直前に気がついてあわてて録画しました、ホッ

いこいこさん、
>話し方もすっかり大人っぽくなって、俳優さんらしくなったなあ

そうそう(笑)
「俺」と「僕」とどちらも、と言うとこで笑ってしまった。

ホント、仕ぐさや表情がいちいち美しい人だ、ウットリ。
靴底にLVマーク、 高いんだろうねぇー
スーツもビシッと似合ってて、完璧に素敵でした。
月子 |  2013.10.05(土) 09:21 | URL |  【編集】

突然スミマセン!
ヒロキさんネタ、絡ませて下さぁいーー。

昨日のあさイチ、見逃しました涙涙涙
というか!気づいた時には、個性全開の(!!)
芸術家ご夫婦のコーナーになっていた。。。

長谷川さんトーク部分、どんな内容だったか、
よかったら、教えてください☆☆☆
KYOKO |  2013.10.05(土) 12:43 | URL |  【編集】

KYOKOさん

まだデッキに残ってるので、良かったら焼いて持って行きましょうか?
のもん |  2013.10.05(土) 20:21 | URL |  【編集】

のもんさん☆

すっ、すみません&お心遣いありがとうございます!!!
そこまでして頂くほど、コアなファンではなくて(^_^;)
気になる俳優さん、ってくらいなんです~♡

月子さんがおっしゃる通り、仕ぐさや表情が本当に美しいですよね。
背筋正しく、手足から指からスラッと長くて。。。

これからも色々な役柄を演じて頂きたいですね☆
KYOKO |  2013.10.06(日) 15:34 | URL |  【編集】

週刊文春

朝日新聞でも「あまネタ」が続いてて、「あまロス対処法」とやらは、
「急に断つと、体に悪い。録画や関連記事などで『あまちゃん成分』を
摂取しながら、時間がたつのを待つしかなさそうです」と書いてあった、
それしかないな~(涙) 最終回はもう10回以上は見たな~(涙)

そんな私は、今日はスーパーへの買い出しのついでに週刊文春を立ち読み。
あまちゃん記事がドッサリなのでした。そのなかに!

「薬師丸ひろ子“最強アイドルの証明” あまちゃんで人気再燃」

鈴鹿ひろ美の歌唱が、やはり大好評だったようですね。
そして! なんと来生さんと多賀さんのコメントも!
現在発売中の10月10日号です。
あまちゃんブームで、ついに御大も登場!?
月子 |  2013.10.06(日) 16:59 | URL |  【編集】

ハセヒロ

KYOKOさん
長谷川博巳さんのあさイチ、私からとり急ぎお知らせしますね。
登場した瞬間、イノッチと有働さんが「いい匂いがします」(笑)
早速読み上げたファンからのFAXは
「今日はハセヒロだけを映してください。
有働さんやイノッチはいつも見ているからいいです」
「有働さんお願いです。彼を丸裸にしてください」
有働さんはいきなり「ヒロキ」と呼び捨てるし。(笑)
そんなこともあって、ヒロキはリラックスして“クールでユニークな素顔”
を見せたのかもしれません。

幼い頃から映画が大好きで、作る側になりたかったそうですが、
大学生の時に「そうだ 俳優 なろう」
(BGMとバックの映像が「京都に行こう」のCMパターン)

前夜は『八重の桜』の打ち上げで、ヒロキさんは2次会で帰ったそうですが
今朝6時までやっていたそうです。豪華メンバーで楽しそうですね。
はるかさんのヒロキ評は「色気がある」
西島さんも「所作の先生にいつも褒められていた。色気がある」
自分では意識していないそうですが
「昔から映画をたくさん見ていて、小学生の頃からおませな映画も見ていたから、
自然と頭の片隅にあるのかもしれませんね」
意識した俳優さんは森雅之さんだそうです。来生さんなら知っていそうな俳優さんかな。

欲しいということを聞いたのでと、足先までのせられるリラックス出来る椅子が出てきて、
「靴のまま座っていいですよ」と言われて、足を投げ出して座ったので靴底が見えた次第。
何十万もする高価な椅子だそうです。(イームスって言ってたかな)
有働さんがワインのような飲み物を渡して、照明を落として色っぽい寸劇を。
そこでイノッチ冷静に「長谷川さん、お母さんと一緒に住んでるの?」
有働さん「もうっ~ あと20秒やらせてくれてもいいじゃん!」 爆笑~

イノッチ「女性ディレクターが、長い脚で座ってる長谷川さんを見たくて用意した」
とのこと。ホント、皆を虜にする魅力があるよね~ウットリ。

しかし、剛くんもハセヒロも新作映画が封切りだというのに、当地では上映しません! 
残念無念。

『セカンドバージン』で共演した鈴木京香さんと熱愛の噂がありますが、
ドラマや映画のように美しいカップルでお似合いです。
京香さんといえば、前述の文春で「『リアル鈴鹿ひろ美』NHKの復興支援ソング
『花は咲く』で歌っていないのは、なぜか?」という記事もありました。

あさイチでは、長谷川さんが掃除機のCMで歌っていて、
音が揺れてるという話題も出ました。そのCM、知らない~探そうっと。
月子 |  2013.10.06(日) 20:42 | URL |  【編集】

月子さん☆

わああああ~月子さん☆☆☆

ヒロキ!のプレミアムトーク内容、詳しく教えて下さりありがとうございます~~!!!!
ヒロキさんの美しさと、イノッチ&有働さんコンビとの楽しいやりとりが目に浮かぶようですぅ♪♪

”クールでユニークな素顔”って最高ですね!!!
世間の女子代表!有働アナのイジリ甲斐もあるってもんでしょう~~♡
寸劇もウケる!有働さん、ウラヤマイ。
確かに西島さんが言うとおり、色気がありますよねー♡
それもプンプンジャラジャラとした飾り気のあるものじゃなくて、
清潔感のある、真っさらな色気があッ!!!

あ~~書いてて、私も相当ヒロキにハマってる?!と
自覚致しました。。。

ヒロキさんが掃除機かけながら歌歌ってるCMって、東京ガスのCMですかね?
時々流れるのを観ます~。
カーディガンを来た好青年風ヒロキさんが、電気ウナギイヌとコミカルなやりとりをしてますよ♪

月子さんもぜひご覧になって観て下さいね☆

ありがとうございました!!!!
KYOKO |  2013.10.07(月) 16:57 | URL |  【編集】

じぇじぇ♪

KYOKOさん、
ヒロキのCM、ネットで見ました! ありがとう!
剛くんときみまろさんのCMも、東京ガスでしたね。
東京ガスは、CMのグレードが高いぞ!(笑)
東京ガスのCMは、福島では見られません~ショボン
でも、ネットのお陰で見れました~ネットにも感謝♪

またしてもあまネタですが・・・
先週号の週刊ポストから。
   
  「『あまちゃん』超絶難解小ネタ集」

 『潮騒のメモリー』の歌詞には薬師丸の代表曲『セーラー服と機関銃』の
 オマージュ多数。「Aマイナーのアルペジオ」は同曲のイントロのコード。
 「再び会うための約束もしないで」は、同曲の「再び逢うまでの遠い約束」から。

ということで。歌詞は来生ファンなら超簡単でしょうが、
「Aマイナー~」って、皆さんはご存知でしたか。知らぬは私ばかりだった?(汗)
♪潮騒のメモリー 私はギター Aマイナーのアルペジオ 優しく♪
この詞ですが、きっとギターのコードだろうけど、どんな意味があるのだろうと
ずっと思ってて、ネットで調べようと思っていた矢先に、今日この記事を見つけて、
その後見たネットではGマイナーだという説もあり、手元の楽譜を見ればGもAも
書かれてあるけど、ちんぷんかんぷん。RYUMEI先生に教えていただきたいものです。

今日のいいともテレフォンは、能年ちゃんがゲスト。
あの間の取り方が、ハラハラしつつも微笑ましくてかわいいんだなぁ~
月子 |  2013.10.07(月) 20:30 | URL |  【編集】

あまちゃんネタに絡める~(笑)

「あまちゃん」を見逃した私にはみなさまのお話が??でしたが、「潮騒のメモリー」は知ってますよ~(*゚▽゚*)
スーパーとかいろんなところでよく耳にしますし、サビは一度聴いたら忘れないくらいのインパクトありますもん♪
歌詞も聴きながら笑っちゃいました!
聖子ちゃんや百恵ちゃん、いろんな「昭和」なアイドルのヒット曲に絡ませてて楽しいですよね。
山下達郎までチラリと見えちゃった(笑)
SMAPの「BANG!BANG!バカンス」も楽しい歌詞だったし、クドカンさんってすごいなぁ(^O^)

で、RYUMEI先生の代わりとはいきませんが私の思うところを・・
「Aマイナーのアルペジオ」とは「セーラー服と・・・」のイントロのコードと書いてありましたが、本来のコードは
Asus4(エーサスフォー)というとってもオシャレなコードなんですよ。

イントロの本当に始まりのところ・・
 ギターメインで 
  たたたーん たたたーん たたたーたたん×2time
 ⇒わかりづらくてすみませんm(_ _)m
  CDかけてすぐ聴こえるとこです。

♪ たたたーん たたたーん たたたーたたん
  ソレミー  ソレミー  ソレミーレソー とイントロが流れると思いますが

このようにコードの構成音を一音ずつ弾くことをアルペジオといいます。

なのでここの部分のことじゃないだろうかと推察いたしまする。
間違ってたらごめんなさいです(^_^;)

日付が変わったので昨日のハモネプで「シルエット・ロマンス」が歌われてました♪
テロップには「昭和の名曲・・」微妙な表現(>_<)
でも、あまちゃんといいもしかしてちょっと来生さんキテルのかも??

あ..月子さん、会津祭りのことリクエスト答えて下さりありがとうございました。
行かれなかったのは残念でしたけど、いつもながらの深い内容に感謝です。
また「八重の桜」のお話しましょう~(^O^)

 
はゆ |  2013.10.09(水) 01:13 | URL |  【編集】

感謝♪

はゆさん、くわしいご説明をありがとうございます!
すっきりしました♪
『潮騒のメモリー』の曲中に、Aマイナーのアルペジオがあったりしませんか? 
2つの曲のイントロが似てるように思えなくもないけど、どうでしょうか?

『あまちゃん』総集編★10/14(月・祝)総合
《前編》午前8:20~9:48 《後編》午前10:05~11:35  

連休は、あまちゃんにひたろう。。。
月子 |  2013.10.09(水) 19:57 | URL |  【編集】

プレミアムトーク、まだ見てないのだ。時間なくて。
KYOKOさんがヒロキ熱上がってるようなので、
消さずに焼きます。お楽しみに。

「あまちゃん」ネタ、さすがこの世代のピンポイントドラマだっただけに、
週刊誌にも取り上げられまくりですね。
電車の中吊りに「あまちゃん」の文字の多いことw

東京ガスのウナギ犬CM、福島では見られないんですね。
CMの中でも長谷川さんは丁寧なキャラだな~と思いつつ見てました。

能年ちゃん、いいともに出てたんだ。
確かにあの間の取り方は、生放送で見ててドキドキしますね。
今時珍しい、自分の間合いがあります。
ホントにキラキラしてて可愛いよねー。

>Aマイナーのアルペジオ

す、すごい。
月子さんもはゆさんも、ありがとう!
私は「そういう歌詞」以上の発想がなかった。
そーだよね、どんな音?って考えると
またいろいろ面白いネタが見つかるんだねえー。
RYUMEI先生にもご教授してもらえたら面白いけど、
RYUMEIさんは「あまちゃん」見てないって言ってたなー。

「総集編」って、ものすごく圧縮してあるので、
あのシーンがない!とか
余計にもどかしい気分になったりしますけど、
また見れるのは単純に嬉しい。
はゆさんもぜひぜひ、この機会に。

今週からBSで7:15から再放送してる
朝ドラ「ちりとてちん」にジミにハマりつつあります。
八重のお父さんが出てます。

あ、NHKで「小津の幻のドラマ、再放送!」ってニュースやってたね。
御大もワクテカしてることでしょう。
のもん |  2013.10.10(木) 10:29 | URL |  【編集】

三連休は如何お過ごしですか?
お天気がよくて気持ち良いですね~
お出かけしたいけれど、変にちょこちょこっと用事が入っていて、遠出は諦めてます(^_^;)

あまちゃんの総集編、あすなんですね。
よし!予約録画して見てみまーーーす♪
はゆ |  2013.10.13(日) 14:43 | URL |  【編集】

亀田音楽専門学校

一気に寒くなりましたがみなさまいかがお過ごしでしょうか。

Eテレってひそっと面白い番組やってるから侮れないです。
先日、たまたま番組スポットを見て
慌てて録画予約入れました。
「亀田音楽専門学校」
http://www4.nhk.or.jp/kameon/

こないだは「ヨナ抜き音階」と日本風サウンドの秘密。
まだ見てないけど、つい先日は「大人のコード学」。
JPOPを題材に、音楽の仕組みや面白さを解説してくれる番組です。
ゲスト講師に秦基博さんとかいろいろなアーチストが出てきて、
最後に1曲スタジオで歌ったり。
再放送がわりとランダムにあったりするようです。

わりと前に、ギターを弾くレッスン番組もあったんだよねえ。
講師・押尾コータローで。
気づいたのは最終回でした。もったいないことをした!

日曜は御大のソロ千秋楽ですね。
台風を足止めする雨男パワーには参りました。
とりあえず、抜けて行きそうですけど。
私はお留守番なので、れいさんちのレポでも楽しみにしたいと思います。
のもん |  2013.10.25(金) 23:13 | URL |  【編集】

おっはようございます!今、神奈川県民ホールに向かう途中で、腹ごしらえしてます。
亀田音楽専門学校、私もヨナ抜きから気づきました。その前を見逃した(T_T)
「函館の女」は、中学の音楽の授業で「民謡の音階だ」と習った記憶があります。今のJ-POPでも使われているテクニックとは、驚きでした。
さて、いってきます〜。
いこいこ |  2013.10.27(日) 11:56 | URL |  【編集】

磯野先生に会えました♪

台風も去って、お天気になってよかったですね。
亀田音楽専門学校、私も見てます。前回は今話題のコードのことでしたね。
勉強になりました。アンジェラ・アキさんの時は、ドラムが豊夢くんだったよ。

来生さんが横浜でライブをしている同じ時に、私もいわきでライブ鑑賞。
地元大学の学園祭で、中学の後輩でもあるミュージシャンの富澤タクさんと
(クドカンのバンドやリリー・フランキーさんのバンドなどに参加
クドカンの映画舞台ドラマの音楽も担当。声が素敵なイケメンギタリスト49歳)
と、なななんとあまちゃんの磯野先生役、おなじく地元小名浜出身、
皆川猿時さんのコラボライブでした。皆川さんもクドカンの劇団ですね。

私はタクさんの「予定 ○○に帰ったら」」という曲が好きなんですけど、
♪福島に帰ったら、ままどおる食べる~♪
♪宮城に帰ったら、ゴマ最中食べる~♪
♪岩手に帰ったら、宮古に行って三鉄乗って弁当食べる~♪
といったローカルな内容が延々と続くのですが、聞く度に涙する思い。
クドカンや中村雅俊さんなど、東北出身者もCDや各地で歌ってます。
http://www.youtube.com/watch?v=kgbGaE-021s
真っ先に歌っているのがタクさん。福島出身芸能人では一番のイケメンかも?
このライブ映像では、クドカンさんも宮城編を歌ってます。

今日はまずタクさんが数曲、で、いよいよ登場した猿時さん!
なんと、北の海女の格好で! 鉢巻とあの絣袢纏姿でした、爆笑~
白い半ズボンは、ピチピチきつそうで、ピンク系水玉のTバックパ○ツが見えるし
丸いお腹が丸見えで腹毛がむき出し、赤い鼻緒の草履、北の海女そのままの格好。
タクさんのギター伴奏で、生南部ダイバー聴けました~感涙(笑)

学生MCがいろんな質問をして、二人が答えていくというコーナーでは、
思いっきり地元ネタの連続。
いわきの方言の話題から飛び出した話で、タクさんが「皆、知ってる?」
と話した「しじゃっかぶとしぇながの話」、知ってる知ってる!
私も30年以上前に聞いた、地元では伝説的ネタですが、
某クイズ番組で、あと1問で全問正解ハワイ旅行という最後の問題
「身体の中で し から始まるところは?」「しじゃっかぶ!(膝)」
椅子が落ちていきながら「しぇなが かな?(背中)」

「あまちゃんで、一番印象に残ったシーンは?」というQで猿時さん、
「アキと種市がアキの部屋で初めてキスをしそうになって出来なかったというとこで
二人の頭の中に俺の顔が浮かぶ、というシーンも作ったけど、結局カットされて
放映されなかった。見たかったけど、幻のシーンになりました」ということでした。

最後、タクさんが作った『アンモナイト音頭』といういわき満載歌詞の曲を
二人で歌いました。盆踊り風の振り付けを猿時さんが指導してくれたのですが、
その口調が「立て! ちゃんと踊れ! 子供も踊れ! 踊れないなら帰れ!」と、
イソそのままの口調で怒鳴りながら?歌ったので、すごく盛り上がりました。
早めに行って最前列確保したのですが、学生よりもあまちゃんファンの老若男女が
多かったようで、待ってる間にもあま話題でおしゃべりしてました。

野外ステージで晴れてはいたけど、風が強くて猿時さん寒かっただろうな。
腰に下げた網袋から東京バな奈を客席に投げたり、サービス精神満点、
「今年は、あまちゃんで稼ぐぞ」(笑)
明日のフジTV月9ドラマ『海の上の診療所』にちょっとだけ出るそうです。

いまだに録画見たりあま本眺めたりの私。磯野先生に会えて、うれしい一日でした。
握手もサインもGETよ♪ 間近で見た磯野先生は、きれいな目をしていたので、
若い頃=やせていた頃は、スタパの写真の通り、イケメンだったかも。

今頃、来生さん横浜ライブご参加組は、カラオケ大会終えた頃かしらん。
来生さんのライブご報告に先駆けてのイソの報告で、すみません。(汗)
月子 |  2013.10.27(日) 18:00 | URL |  【編集】

いこいこさん

カラオケ楽しかったですか?
御大のトークはまた違う内容だったんでしょうか。
嬉しいお知らせとかなんかなかったですか?
れいさんちでもこちらでも、報告お待ちしておりますよ。

あ、「亀田」は3日にまた初回の再放送があるみたいですよー。

月子さん

爆笑レポをありがとうございます!
生イッソンに会ったとは!!
しかもピチピチ北の海女姿って、強烈過ぎるでしょ!
生南部ダイバーはうらやましいなあ。
ギター伴奏ってのが想像できないがw

クイズ番組の話、初めて聞いた!
椅子が落ちていきながらってのがポイント高い!腹いてえー(涙)

「アンモナイト音頭」ってもうタイトルだけで死にそうなんですけど。
しかも「踊れないなら帰れ!」って最高だなイッソン!
大学の学祭、濃すぎるぞー。
イッソンは瞳のキラキラ具合でいったら、
能年ちゃんといい勝負だと思います。

YouTubeも見ました。
タクさん確かにイケメンだ!声もイイ。
猿時さんとコラボってすごい取り合わせだなあ。同じ人類と思えない。
のもん |  2013.10.27(日) 23:19 | URL |  【編集】

あまちゃんとコバケンさま

あまちゃんの総集編を録画しててやっとやっと見れました(^_^;)
ホントにかなりの部分をすっ飛ばしての編集、人間関係がほとんど??の状態でしたが、たまーーにみてたので想像しながら見ましたよ(笑)
毎回見ていたみなさんには拍子抜けだったのでは?
おおきな疑問が・・
あきちゃんは東京から来たんですよね、あの話し方(方言?)はいつから使ってるの?
最初は標準語だったんですか?
変な質問ですみませんm(_ _)m

一番印象的だったのは、3/11の津波の時に、電車がトンネルの中に止まってて、大吉さんが線路を歩いてトンネルから出たときにその光景を見たときの、なんとも切なく悲しい表情・・ものすごく胸が締め付けられました。じわじわと瞳が潤んでて・・すごかったです。

話はコロっと変わりますが・・
昨日、コバケンさんと名古屋フィルの演奏会に行ってきました♪
プログラムはチャイコフスキーシリーズの第三回(最終回)ということで、大好きなpコンチェルト第1番と交響曲「悲愴」でした。
ピアノはコバケンさんのお嬢様、小林亜矢乃さん。しなやかで女性らしい演奏でした。
「悲愴」はラストが音が消えるように終わるのですが、息絶えるように音がなくなって会場全体がしばらく静寂に包まれ(誰も息をしていないよう・・)大歓声!
今まで聴いた中でも最高の「悲愴」でした。
ホールがかなり古くて音の響きも良くないのですが、
そんなハンデもなんのその!さすがは炎のマエストロでした!!

毎年この時期に行われる岡崎市主催のコンサートですが、残念なことに今年でファイナルだそうです(;_;)
ホールを建て替えるという話が市長が変わったせいで白紙になり、文化事業よりも広域をカバーする緊急医療体制の方へ予算がまわるとか・・。

アンコールの時に、コバケンさんのご挨拶で「みなさんの熱い想いを是非お手紙に書いて市長さんに届けてください!」「また我々もここに来て演奏したいです」とおっしゃってくださいました。
また「私の地元のいわき市でも20年かかって地元の皆様のお力添えで立派なホールが出来上がりました、素晴らしいホールです!
もっとも今から20年もかかってはもう指揮は振れないでしょうから(笑)早めにお願いします」と。

CDでは聴こえてこない音の重なりや、高音から低音への音の移り変わり(音のパンポット)は素晴らしい!
芸術の秋・・音楽を楽しみたいものです。

「亀田音楽専門学校」 ・・私も見てまーーーす♪
はゆ |  2013.10.28(月) 00:26 | URL |  【編集】

残念ながら・・・

のもんさん

報告遅くなりましたが、今年の嵐のチケットはすべて抽選に外れてしまいました(;_;)
リューメイさん提供の「Magic hour」が流れるのか?
どんな風に盛り上がるのか?
この目で耳で確かめることはできません(;_;)
当選した友人にその辺頼んでおきます!

・・・にしても行きたかったなぁ(´;ω;`)
はゆ |  2013.10.28(月) 01:30 | URL |  【編集】

御大のトークですか・・・

曲の構成に目新しさはなかったですが、お声の調子はよかったようです。また、ソロだとけっこう自由奔放なテンポが、今回はあまり早くなったり遅くなったりせず、安心して聴けました。

ただですねえ、、、、トークはですねえ、、、、まあ、いつもどおり長かったわけですが、アンコールの時に、とうとう行くところまで行ってしまいました。
れいさんが乙女だから書けない、と記していらっしゃいましたが、私も、とても字に残すことはできません。
はあ~~、ラストの曲「Good bye day」とアンコール「ステラ」の合間にあのトーク。本人はとても楽しそうだったし、なぜかお客さんにも受けてたけど、、、せっかくの素敵な曲が台無しになってしまった、くらいに、がーっくりくる内容で。。
来生さんも、話し終わったあとに「この話はもう忘れて下さい」と言っていたけど、そう言うくらいなら、そんな話しないでー!!と思いましたよ。
クリコンの時にお話ししますね。思想的な話とかそういうのではなくて、しょーもない話です。
いこいこ |  2013.10.28(月) 16:11 | URL |  【編集】

アンモナイト音頭

のもんさん、タクさんいいでしょう?
あれで49歳、じぇじぇじぇ! 美魔男だと思った!
猿時さんの方が、実はうんと若い。
タクさんにも握手していただいたのですが、指が長くてきれいな手で、
ギタリストって、皆 手がきれいなのかしらん。

『アンモナイト音頭』、探したらありました。
私、今まで知らなかったんですが、タクさん、猿時さんと、
あのヒビキ一郎役の村杉蝉一郎氏とで「いわき兄弟」という
“3人組ラグジュアリーフォークユニット”なんですってよ~(笑)
ボーカル猿時さん! 楽曲をじっくり聞くにはこちら。
じっくり聞いても詞は思いっきり地元ネタで???かもですが。
http://www.youtube.com/watch?v=tzYrZ2mNMKg
ヒビキ一郎も、私は好きなキャラだった。登場すると目が離せなかった。(笑)

こちらは、地元ニュースでの映像。
http://www.youtube.com/watch?v=b9YLU0tzJvE
コバケンさんも岡崎で言っていたいわきのホールアリオスでのライブ映像も。
そう、昨日もあのアンモナイトの被り物も付けて踊ってた!
インパクト強すぎて、♪アンモナイト アンモナイト♪と、頭の中で踊ってる状態(笑)
いわきはアンモナイトやフタバスズキリュウなど、化石の宝庫なのです。

はゆさん、アリオスは、いわきの誇りです。大好き、アリオス。
音もいいし、大ホール・中劇場・小劇場・小ホールがあり、隣接の公園も素敵です。
震災後は避難所にもなり、たくさんの復興支援イベントや慰霊祭も開催されて、
心の拠り所にもなりました。今もコンサート予定が目白押し、どれに行こうか迷います。
確かに限られた予算の中でというのはわかりますが、文化も大事ですよね。
署名や募金とかね、岡崎にホールを、応援しています。

3月3日には、アリオスでコバケンさんと娘さん&読売交響楽団のコンサートがあります。
行ってきますね。

『八重の桜』もまた会津に戻ってきたりで、涙涙です。やはりいいな~会津。

いこいこさん、そのしょーもない話って、気になるなぁー
でも、最近の来生さんの話は、私好きではない。

月子 |  2013.10.28(月) 17:36 | URL |  【編集】

たぶん月子お姉さまが聞いたら、怒るのではないかなあという内容です。たわいない内容なのでもったいつけるわけではないんですが、でもねえ、、はあ。
なんでも、今年のライブが始まる前にトークネタを考えているときに思いついた内容だそうですが。。。自分でも、これはライブで話すのはどうかな、と思ったそうです。でも今日が最後のソロライブだし、せっかくだから話します、ってことで、(話さなくていいのにー)。
いこいこ |  2013.10.28(月) 21:23 | URL |  【編集】

はゆさん

あまちゃん、見ましたか。
駆け足で半年分の放送を2回でやるんだから大変です。
アキちゃんが方言を話すようになったのは、どんくらいからだっけなあ。
私も最初のころは朝の支度をしながら見てたのではっきり分かんないや。

文化事業よりも緊急医療かあ。
どちらか、ではなく、どちらも大事だよね。
アーチストが来たいと思うハコを作るって、
先々意味があると思うんだけどな。

「亀田」ははゆさん的には、発見があるもの?
それとも「そうそう」って頷きながら見るものですか?
音楽ネタは音を聴きながら見ると新鮮で分かりやすくて楽しいです。

嵐のチケット、今回はダメでしたかー!
抽選ってのが厳しい。やっぱ国民的アイドルは大変だなあ~。
はゆさんからの報告が聞けなくて私も残念です!
ぜひご友人にそのへんの反応などを確かめてもらってください。

いこいこさん

おかえりなさい。
九州のライブを二つ終えたところで、
声の調子もイイ感じに整っていたんでしょうか。
安心して聴ける、ってなんかその感じ分かるw

書くのをためらうような、本人も話すのを考えるような内容のトークで、
お客さんも受けちゃだめだよねえ。
御大も、せっかくの曲の素晴らしさを、
自ら打ち消すようなことをしちゃアカンよ。
最後まで気持よく帰らせてほしいよね。

月子さん

タクさん49なの!??うそだー!
美魔男ですな。
イッソンとヒビキ一郎でラグジュアリー、ってどこから。
アンモナイトは脳内リピートしますね。
のもん |  2013.10.28(月) 23:04 | URL |  【編集】

あまちゃん

あまちゃんは、32回目から録画を残すようにしました。
だから、それまでのは残っていないけど、途中「今からでも追いつく
ダイジェスト版『朝まであまテレビ』」というのが3夜連続で放映され、
それは残してあります。ホント、あまちゃん大好き、DVDBOX
買いたいくらい。でも高いので、絶対再放送があるだろうから、
その時は、1回目から高画質で録画するつもり、一生の宝にする。(笑)

で、あまちゃんが方言を話すようになったのは、岩手に行ってすぐですね。
それまで東京で「地味で暗くて向上心も協調性も存在感も個性も華もない」
学校ではいじめられて内気で暗かったアキが、初めてママの実家北三陸に行き
おばあちゃんや海女クラブのおばさん達に出会った。
ばっぱに背中を押されて海に飛び込まされて「気持ちいい~」
その後、自分から飛び込んで「あたし、海女さんになりたい!」
そして、東京では見せなかった笑顔。「あの子にはここが合っているのかも」
パパとママが「あの子、あんなふうに笑うんだね。知らなかった」と言う。(涙)
「うにうめぇー」とか「かっけぇー」とか、そんな言葉絶対言わなかったのに。
北三陸で、アキは今までの自分を海の底に置いてきて変わったというのが1週目。
2週目からは「だべ」とか「んだ」とか、生き生きと話しているアキちゃん。
北三陸に来た日に海に行って海女さん達に会い「じぇじぇ」を知って、
方言に自然に親しんで口にするようになるまで、ほんの数日だったと思う。
「ここが好き、そしてここにいる自分が好き」
最初背中を押されて、次は自分の意思で飛び込んだ海、
♪三途の川のマーメイド♪…という歌詞は「川=海=生まれ変わったアキ」のこと?
方言は、アキにとって自分を変えるツールだったのかな?
アキちゃんの表情が明るく変わっていく、目が輝いていく。
春子もその変化に驚いているけど、見ている私もドキドキワクワクしながら、
その変化から目が離せない。そして、夏ばっぱの孫を愛しく思う気持ちにも感動。

その後上京して太巻プロデューサーから「なんなんだその方言は。わざとか、
ウケ狙いか」とキツイ口調で言われたとき「北三陸で、ばあちゃんや海女さん達と
話していて自然に覚えたんだ。ウケ狙いじゃねぇ!」と言い返すシーンがありました。
(セリフは私のうろ覚えですが、こんな感じのセリフだったと思う)

来生さんのお話は、犬の糞の話?
これ、ずいぶん前に来生さんのお家近くの東久留米のホールで聞いた話かな?
月子 |  2013.10.29(火) 14:34 | URL |  【編集】

今夜は「岡崎」

今夜8時からのBS-TBS
「美しい日本に出会う旅~勘九郎街道をゆく」は、
秋の愛知 岡崎~犬山だそうです。

今夜も熱戦続く日本シリーズ・楽天を応援観戦しますが、
録画して、はゆさんを思いながら拝見したいと思います。
月子 |  2013.10.30(水) 10:10 | URL |  【編集】

盛りだくさん!

あまちゃんの方言に関するご回答ありがとうございました!
>方言は、アキにとって自分を変えるツールだったのかな?
なるほどね~そう思えますね。

月子さん アリオスの3つのホールについてはコバケンさん絶賛されてました!!
そんな素敵なホールで聴けるなんて羨ましい♪

のもんさん
「亀田」は「そうそう!」て思ったり新たな発見があったり、思い違いを気付かされたりと、楽しいですよ。
すぐに音を出して聴けるところもわかりやすいですもんね(^O^)

来生さんのトークは最近ちょっと引くこと多いですよね。
もう少し楽曲を聴かせて欲しいな。
安室ちゃんみたいにトーク一切なし!というのも寂しいですが。
せめてその曲にまつわるようなことだったりすれば、続いての曲にすんなり気持ちも入っていけるのに・・

さて、「八重の桜」
月子さーーん、私の故郷は会津になったのかも?!
襄と八重が会津に戻って来た時、なんだかとてもとても懐かしくて一緒に泣いちゃいましたよ~
あーーでも襄さまが・・・悲しい(;_;)
オダギリジョーさんってこんなに素敵な俳優さんだったんですね、新島襄さんってきっとこんな人だったんだろうなって」思えます。
確か次回は殿もご出演ですね!!

さて今夜は忙しいです!
月子さん、情報ありがとうございます~是非見なきゃ!
犬山城は大好きなお城です♪
小さなお城ですが国宝に指定されています。
天守に登ると木曽川が眼下に見えて、遠くには岐阜城も。登る階段は当時のままで木の階段、すごくきつい角度です。当時の人は足腰強いよなぁ。

そのあと9時からはBS朝日で「城下町へ行こう」ですよ。
天下分け目の関ヶ原の二回目。これって再放送なんですよね。でも楽しい♪
一回目は岡崎がたくさん登場!岡崎城・大樹寺などなど。
二回目は関ヶ原中心だったような・・

お時間あればぜひご覧下さいませ~
はゆ |  2013.10.30(水) 16:35 | URL |  【編集】

月子さん

あまちゃんの方言の詳しい話をありがとう。
私も録画は4週目くらいから残してあるかな?
DVD高いんだよね~。
カーネーションの時買おうと思って、値段見てびっくり。
アマゾンでもまだ高い。
あまちゃん再放送が待たれる。(カーネーションは難しいかも~)

来生さんの話は、前にやった犬の糞の発展系ではないだろうか。
もうどうでもいいが。

トークと言えば、
先日、近所のホールのコンサート情報がダブロイド新聞に出ていて、
財津和夫さんだったので一瞬興味がわいたのですが、
タイトルに「トーク&ライブ」ってなってたんだよね。
この年代のアーチストはもうトーク込みなのかな?

はゆさん

「亀田」さきほど大人のコードの回を見ました。
いやー面白いけど難しいねえ!
秦さんが「中央フリーウェイ」を2つ歌い分けた時点で耳が追いつけません。
巻き戻して聴いても「ん?」
音楽やってる人の耳と頭の中って凄い。
コード編はまたこれからもあるみたいなので楽しみです。
しかし毎度、亀田さんがとんねるずのタカさんにしか見えない。

八重の桜は西南戦争までやっと見た。やばい。たまってる。
のもん |  2013.10.30(水) 21:33 | URL |  【編集】

「亀田音楽専門学校」
大人のコード、見ましたーーー!思いっきりツボですーーー!!

どうツボだったかというと、私、オフコースの「Yes-No」でコードを覚えたんです。今回の話、まさにどんぴしゃ!!!
私が中2か中3のときにこの曲が入ったアルバムが出て、一生懸命コードを覚えたもんです。
番組の中で秦さんの歌がイントロからmaj7で始まっているという話がありましたが、実は「Yes-No」もイントロのコード構成はサビと全く同じで、maj7開始。思いっきり高いテンションで始まるんですよー。

オフコースの曲はmaj7だけでなく、7-9、m7-5、sus4などなど、飾りのついたコードがてんこ盛り。「Yes-No」以外の曲も全てそうでした。
例えば
C―F―G―C
という、基本的なコード進行を
C9―Fmaj7―Dm7onG―Cmaj7
と弾いてみて下さい!
それだけで一気にオフコース風のコード進行になりますよ。

いやー!私も小野アナといっしょ、一気に青春に引き戻されました。

もうひとつのツボは、OriginalLoveの「接吻」。この曲はほんとに大人の歌で大好きなんですが、maj7多用形とは気付きませんでした。

そしてmaj7がメジャーコードの上にマイナーコードが乗っかっているとは、これまた気付かず。この説明にすごーく納得。

はあ、番組見ながらコーフンしちゃって、涙が出そうでした、ほんとに。

来生さんの曲にも、コードが印象的な曲はいろいろあります。「蟠り」のイントロの、2小節目のコードとかね。バンドアレンジの「Good bye day」のイントロのピアノの和音がただのマイナーではなくてm7なところとかね。

はゆさんも、来生さんの曲でコードがいい!っていうのがあったら、ぜひ教えて頂きたいですね(^^)

ちなみに「ヨナ抜き」も・・最近のソロの「Good bye day」の間奏が、わびしくてあまり好きじゃないんですが、あのメロディーを音符にしてみると、マイナー版「ヨナ抜き」なんですよね。
大宮のコンサートの時に、来生さんへの手紙に「間奏がわびしくて暗すぎて歌に合わないから、ぜひ変えて下さい!」って文句書いちゃった。その時は「ヨナ抜き」という言葉を知らなかったので、「函館の女」を引き合いに出して書きました。

わーい、こういう話大好きです。
いこいこ |  2013.10.31(木) 15:09 | URL |  【編集】

いこいこさん

コードのお話ありがとうございます♪
この回の亀田・・は見れなかったので。
今ね
> C―F―G―C
 という、基本的なコード進行を
 C9―Fmaj7―Dm7onG―Cmaj7
にして弾いてみた(*゚▽゚*)
なるほど~オフコースになりました(笑)

いこいこさんはオフコースでコードにおめざめされたんですね。
私は中学の頃にはビートルズ・フォークソングでコードを覚えたんですよ。
そう単純明快な三和音の世界。ダイアトニックコードで作られた世界。
時々はいってくるm7やM7にドキドキ☆

で、高校生ですよ、来生さんですよ。
私を4和音や借用和音の世界に誘ってくれたのは!
7-9、m7-5、sus4、そして欠かすことのできないdim!!
前にもどこかで書いたと思うのですが、「マイラグ」の
♪ものがたりは はじまったばかり・・ のはじまったばかりのところ。
CーF#dimーDm7ーG7の流れにメロメロです。
本来なら王道のⅠーⅥーⅡーⅤと進行するところでしょうが、これだとつまんない!
サビに入ってのテンションコードの連続には鳥肌もんです(^_^;)
さらに付け加えるならば、イントロがm7-5で始まり、歌いだし前の2小説でⅤsus4ーⅤーⅤ+5と流れてもったい付ける・・なんとテクニシャン♪

てなわけで私の中では「マイラグ」がBEST1songなんです☆

「八重の桜」・・良かった~まだ襄が生きてる!!
ありがとなし!

はゆ |  2013.11.06(水) 16:33 | URL |  【編集】

ハーメルン

RYUMEIさんの楽曲ではなくて、奥会津の昭和村が舞台の映画です。
西島秀俊さんが主演、静かで美しい気品ある作品でした。
http://www.hameln-film.jp/
この風景に、しばし癒されてください。

震災前から撮っていて、震災後に撮影再開されたということで、
西島さんは『ハーメルン』『八重の桜』と、続けて会津でロケだったのでしょうか。
西島さんは、県立博物館の職員の役ですが、博物館は鶴ヶ城の隣です。

昭和村に行って、この小学校に行きたい銀杏を見たいと思い、企画中。(笑)
本当に心が清められるような美しい映画でした。
全国一斉公開で無いようなのが残念ですが、お近くで機会があったらぜひお薦めします。

コードの話、チンプンカンプンですが、おもしろ~い!
前回のテンポの話もおもしろかった。

いこいこさん、来生さんのMCわかってきました。
美しい音楽聴いた後にあんな話聞いたら、私 怒ります。
私、ハートの目をして来生さんを見つめるなんて、もう出来ないだろうなー(涙)
月子 |  2013.11.06(水) 20:25 | URL |  【編集】

ごぶさたごぶさた

コメントのお返事、毎度放置しっぱなしでスミマセン。
ある程度、落ち着いた時間がないと、
この濃い内容へ続くコメントは書けないんだよ!
もう読んだ時から「うひゃー」とドキドキしてました。
いこいこさんもはゆさんも、
そういう耳で来生さんを楽しんでるなんて羨ましい!!

いこいこさん

オフコースの「Yes No」とヨナ抜きと「函館の人」と来生さんへのファンレターの内容と、
リンクしまくってますね!
人ごとながらこの連鎖には鳥肌もんでした。
だってファンレター書いたのは、亀田を見る前だよね?
「Yes NO」も「函館の人」も、どちらも音を聴き分けられる人には、
例としてあげるのに納得の選曲ってことなのかな。

>いやー!私も小野アナといっしょ、一気に青春に引き戻されました。

青春に引き戻される、って誰もが言う言葉だけど、
いこいこさんが引き戻されてる地点があまりにも凄すぎて、
これ番組宛に手紙書いても良いくらいだよね。

来生さんの曲のコードの話も、私には何だか分からないんだけど、
「ただのマイナーではなくてm7なところとかね。」
なんて聴き方ができるのが、めったやたらと羨ましいです。
いこいこさんとはゆさんを講師に、解説してほしいくらいだよ。
ピアノ助手付きで。誰か弾いて!
入場料取れるよ。

はゆさん

いこいこさんの話に打てば響く反応、素晴らしいです。
二人のやり取りを読んでるだけで得した気分。
二人とも中学の頃にコードの世界に目覚めてたとは~。
コードの構成上から来生さんの楽曲の魅力を味わうなんて、
何度も言うけどホント羨ましいですよ。
耳の感度とそれを捉える心の感度が良いんでしょうね。
私は小野アナと同じレベルで、
感覚的に捉えて言葉で形にしようとする感じですね。
感性(といえば聞こえがいいが錯覚と思いこみが多分に含まれる)だけで、
理論もへったくれもありません。
コードとか、今回の番組で取り上げている客観的な基準などの足がかりがあると、
音楽についての会話がちゃんと成り立つような気がしますね。
私のレポなんて妄想の産物だもんな。
もしコードを聴き分けられる耳があったら、
きっと私の好きな来生さんのコードってのが絶対あるような気がする。

テンポの話も、まさに来生さんのテンポについてのコメントが、
れいさんちで出ていたドンピシャのタイミングで、
ちょっと笑ってしまいました。
まあ内容としては来生さんとは関係ないんだけどね。
感じる速度と実際のテンポって、
単純に同じじゃないってのが印象に残りました。面白いねえ。

初回の「イントロ」やつい先日の「キメとブレイク」なんて話も、
来生さんだったらどの曲がそうだろう、なんて考えるのも楽しそうです。
「イントロ」なら「吐息の日々」かなあ。

来生さんも見ればいいのにー。
来年20か所でしゃべりまくるんでしょ。
MCのネタとしてご検討いただきたい。
大丈夫、私それだったら聞いても文章に起こせないから!
のもん |  2013.11.17(日) 23:37 | URL |  【編集】

美しいもの

行ってきました、映画『ハーメルン』の舞台、奥会津・福島県大沼郡昭和町喰丸小学校。
この週末は小春日和の快晴で、木造の小学校~校庭には銀杏の黄葉がハラハラと舞い落ち
黄色い絨毯となり、周りの山々も美しく色づいていて映画のシーンそのままの絶景でした。
遠い、辺鄙といえるような地なのに、映画を見たり関連のTVや雑誌を見たという人達が
次々と訪れていました。桃源郷のような美しい村でしたが、冬は雪が深いところです。

『八重の桜 大河ドラマ館』も、京都編に合わせて展示が一部変更になっていました。
お城や御薬園も紅葉真っ盛り、観光バスが次々と着いて混んでいました。
今年は『八重の桜』『あまちゃん』そして楽天優勝と、東北に元気をもらったと思います。

今年2月にアリオスでの小椋佳さんの「歌談の会」と銘打ったコンサートに行ったのですが、
1曲ごとにその歌のエピソードや思い出を語るという進行で、そのお話が楽しかったし
歌もとてもおじょうずだし、話も歌もたっぷりで満足感いっぱいのコンサートでした。
その時、小椋さんが最後に語ったことが今も心に残り、折に触れ思い出します。

「人間の欲望のなかには『美しいものを見たい』というものがあります。
美しい顔や景色、そして『美しい行ないを見たい』という、これは人間だけにある欲望」
といった内容だったと記憶しています。
確かに、音楽や絵など人間ならでの文化・芸術を発達させたのは
美しいものを見たい感じたいという欲望からなんだ~と、腑に落ちた次第です。
ただ、同時に美意識というものには個人差がある、とも思いましたが。。。

小椋さんの芸名「小椋」は、学生時代に滞在した会津のお宅の姓だったそうです。
そう言われれば、会津に多い名字でありました。
小椋さんが作詞して堀内孝雄さんが歌いヒットした’86のドラマ『白虎隊』の
テーマソング『愛しき日々』は、『八重の桜』を見ていても、いつも心に浮かびました。
「会津の心」が表現された詞だと、あらためて感じました。

いつも美しい行いをしたり美しい気持ちでいることは、難しいことだけど、
紅葉を見に行ったりコンサートに行くのは、美しいものを感じて心を潤したいからです。
トークも含めて「よかった~」と、心を満たされて帰りたいと願います。

月子 |  2013.11.18(月) 14:45 | URL |  【編集】

のもんさんがおっしゃるとおり、ここのコメントは片手間では書けず。。。

はゆさん、コードについてのレスありがとうございますm(__)mm(__)m
はゆさんが書いて下さってからすごく時間が経ってしまって(汗)
あと、オフコース風コードも試してくれて、ありがとう(^^)(^^)

はゆさんはビートルズからコードに入ったんですねえ。

「マイラグジュアリーナイト」のコード進行は、私も大好きです!
どれを取っても気を抜いたコードがない!!って感じで、ひとつひとつのコードにじっくり耳を傾けてその響きを味わっています。始まりから終わりまでとても美しい。

>♪ものがたりは はじまったばかり・・ のはじまったばかりのところ。
>CーF#dimーDm7ーG7の流れにメロメロです。

ホントですねー。
さらに、その後の「ふたーりのー」のところのコードがEm7-5ではないかと思うのですが(いこいこ調べ←違っていたらご指摘下さい)、これがまたドラマチックで美しい響きなんですよー。


「亀田音楽専門学校」、毎回秀逸な内容ですね。
テンポの話はタイムリーで、私も「ぷぷっ」って思いましたよ、のもんさん。
曲を作る人って、ちゃんと考えてテンポを決めているんだなあ、へえぇぇ、って思いました。
ちなみに神奈川県民ホールの後にメールでファンレターを送ったんですが、「来生さん亀田音楽専門学校の番組はご存知ですか!?」と書いておきました。読んでくれてるかしら。

来生さんの歌に関して言えば、ほら、前に飲み会で話したけど、徳永英明さんが「来生さんの歌はとても繊細で、譜割が難しい」ってご自身のブログに書いていたじゃないですか。
譜割ってわかるようなわからないような言葉。そして一体どう難しいのか。
これを来生さんが説明してくれたら、一生懸命聞いちゃいますね。

私は中3までピアノを習っていただけなので、専門的に勉強してお仕事でも音楽に携わっていらしたはゆさんとはレベルが全然違います。
はゆさんが「音楽学校」の講義をして下さったら、助手をさせてもらって、後ろでホワイトボード消したりフリップ出し入れしたりしますよ~~♪


月子さん
小椋さんのコンサート、素敵だったんですね(^^)歌もお話も、いいものを観客に提供しよう、っていう気持ちの表れですよね。

>紅葉を見に行ったりコンサートに行くのは、美しいものを感じて心を潤したいからです。
>トークも含めて「よかった~」と、心を満たされて帰りたいと願います。

うん!うん!
最近私は、来生さんのコンサートではトークが始まると脳が休憩時間。何を聞いてもがっくり来ないよう、心の中でひそかに予防線張っています。
でも先日のアンコールの暴走トークには予防線を突破されてしまいましたが。
だけど、クリコン行きましょうよ!RYUMEIさんも出るんだし!
いこいこ |  2013.11.18(月) 16:00 | URL |  【編集】

美しいもの・・・続き

いこいこさん
>小椋さんのコンサート、素敵だったんですね(^^)歌もお話も、
 いいものを観客に提供しよう、っていう気持ちの表れですよね。

まさに!
伴奏も、グランドピアノ(演奏の女性は、ディズニー映画の吹替で歌っている方だそうで
歌声が確かにベルでした)ヴァイオリン、ギターなどなどたくさんの楽器で豊かな音でした。
3時間近いライブで、たったの4500円、安ーい! お得感もいっぱいでした。(笑)

で、その翌日は同じくアリオスで、MISIAのライブでした。
MISIAは思っていたよりずっと小柄でかわいらしく、すごくパワフルなボーカルで、うまい!
終始大盛り上がりのライブでしたが、アンコール1曲目のバラードを歌い終わった時に、
突然泣き出して「もっと早く来ればよかった、ごめんね」と涙を指でぬぐいながら、
「3月11日のあと、皆に届け届けと願いながら書いた曲です。
ご飯が体の栄養になるように、音楽は心の栄養だと思うから。。。聴いてください」
と歌ったのが『明日へ』
私もだけど、周りのお父さんもお兄さんたちも皆、涙涙で聴きました。
私はこのMISIAの心が美しいな~と、前日の小椋さんの言葉を早速に実感したのでした。


今回の会津旅で、ぜひ行きたいと思っていたのが、七日町の阿弥陀寺。
もう何度も行きましたが、6月のNHKBS[新日本風土記」で取り上げられたのであらためて。
ここの塚には、戊辰戦争で戦死した人達の遺体が1300柱も埋葬されたそうです。
新政府は、戦死者の埋葬を禁じやっと許可が出て数か月後に埋葬できたのですが、
掘った穴に入りきれず盛り上がってしまい、高い塚になったとの事。
そしてその一画の下部に隣接して、新選組斉藤一あらため藤田五郎「藤田家」の墓地があり
夫人の時尾さんやご子孫も埋葬されています。
斉藤は東京で死去し子孫は今も東京ですが、本人の希望でこの寺に埋葬されたそうです。
藤田家の墓だけが、一般の墓所からやや離れて、戦死者の塚の一画にある。
一緒に戦ったんだものね、ここに皆と一緒に眠りたかったんだね~と、思わず涙。
このことでも、斉藤がどれほどに会津を愛していたのか、よくわかりますよね。
塚と藤田家の墓地の間には、大きな紅葉の木があって、ちょうど真っ赤に色づいていました。
ひたすら会津のために尽くした、その一生は美しいと思います。すばらしい。
http://www.aizukanko.com/spot/226/

阿弥陀寺の真ん前が、七日町駅カフェ。
会津の名産特産品が狭い店内にぎっしりと並んでいて、コーヒーも飲めます。
ここでお土産を買うのが楽しみ。
この七日町駅は只見線、絶景の渓谷や鉄橋、昭和村~奥会津に向かって走ります。

七日町通りは、古い家並みが続くので観光客がたくさん歩いていました。
今回、もう一つのお目当ては「会津新選組記念館」・・・嬉しい~興奮しました。(笑)
ここの館長さんが『八重の桜』の鉄砲指導をし、鉄砲や資料の提供をしたので、
ドラマ関連の資料も展示されていました。秘密の情報も?(笑)
月子 |  2013.11.21(木) 16:35 | URL |  【編集】

なんと!

mixiにもちょろっと書いたのですが、なんと今日斉藤工くんを見ることができました!

今日は20人のグループを引き連れてJALの整備場見学に行きました(要予約)。

モノレールの「新整備場」駅(地下)の階段を上って、広い歩道に出た途端、なんだか緊張した雰囲気。なんとドラマ「ミスパイロット」のロケをやっているじゃありませんか!?

歩道に設置されているベンチで、斉藤工くんと相武紗季ちゃんがスタッフ2人くらいと談笑。うひゃ~~!ふたりとも顔ちっちゃいー!
工くんは素敵な笑顔で相武さんと話していました。
テレビで見るのと同じ、背が高くて素敵・・・・

立ち止まったり写真撮ったりなんてとてもできない雰囲気だったので、横目で見ながら素通り・・・もっとゆっくり見たかったけど、しょうがないですね。
でも、サプライズ!なんだかご褒美をいただいた気分です。
いこいこ |  2013.11.24(日) 20:52 | URL |  【編集】

先にmixi見てきた。

やはり、ドラマのロケでしたか。いいなぁ~
俳優さんって、顔小さいよねー
月子 |  2013.11.25(月) 16:22 | URL |  【編集】

懐かしくて(?)ついつい・・

こんにちは。
週末、思い立って京都まで一泊で紅葉を見に行きました。
本当に急遽金曜日に決めて、ダメもとで探したらなんとかホテルも取れたという強運を追い風に行っちゃいましたよ(^O^)

一日目、東福寺・東本願寺・西本願寺・神護寺
二日目、南禅寺・永観堂
どこもものすごい人出&行列!!
でもやはり京都の紅葉はライトアップも含め見事でした。

東福寺の参道でアツアツの草餅を買うために並んでたときに、前にいた60代後半くらいのご夫婦の会話、聞きなれたお国訛りが・・
思わず「あの~もしかして会津のお方ですか?」と聞いてしまいました(笑)
もちろんピンポン♪  少し「八重の桜」や会津のことをお話させていただきました。

未だに訪れたことのない場所なのに、まるで自分のふるさとの人に出会ったような気になってしまいました(^_^;)

これも月子さんの会津話のおかげですよね!

帰りに河原町を散策していたら「池田屋騒動跡地」に遭遇!!
池田屋って書かれた大きな提灯が掲げてあるけれど、
居酒屋さんみたい・・なんと「はなの舞」でしたよ(笑)
ひょっこり出てきた店員さんは新選組の法被を着てました(*゚▽゚*)

いこいこさん
いいなぁ~修理さまに会えて!!
ミス・パイロット、面白いですよね~
これからどうなるのかな、楽しみですね♪
はゆ |  2013.11.25(月) 19:10 | URL |  【編集】

16~17日と23~24日の土日はお天気に恵まれて、絶好の紅葉見物日和でしたね。
本場京都! はゆさん、うらやましいです!きっとどこも混んでいたでしょうね。

>聞きなれたお国訛りが・・

素晴らしい~ はゆさん、すっかり会津弁が耳に馴染みましたね。うれしいです。
クリスマスコンサート、私は行かないのですが、のもんさんに「新日本風土記」の
DVDを託しましたので、受け取ってくださいね。この番組は、私はもう10回位見ました。
“会津の心”が、とても良く表現された傑作だと思います。お荷物になりますが、
ぜひ、はゆさんに見ていただきたいので、のもんさんに声をかけてくださいね。

会津・京都に限らず、日本全国素敵な所がたくさんありますよね。
BSの旅番組とか雑誌とか見ると、行きたい所がたくさん。
岡崎・犬山も風情のある素敵な所でしたね。
月子 |  2013.11.25(月) 19:55 | URL |  【編集】

絵ろうそく

『八重の桜』も、もう残りわずかとなっておりますが、
毎月変わるオープニング映像、11月の映像の中にチラッと映る
「御薬園絵ろうそく祭り~ゆきほたる~」を、お見逃しなく。
会津特産品のひとつ、手造りの絵ろうそくの灯りが幻想的で素敵な映像です。
http://www.aizukanko.com/event/83/

実際に見たことはないのですが、毎年2月鶴ヶ城と御薬園などで開催されているようです。
行きたいな~と思いつつ、寒そうだな~混みそうだな~と躊躇しております。
月子 |  2013.11.26(火) 15:49 | URL |  【編集】

来生さん三昧

月子さん
>「新日本風土記」のDVDを託しましたので、受け取ってくださいね。

きゃ~ん♪ 嬉しいです(*゚▽゚*)
ありがとうございます!!!!!!
クリコンの楽しみがまた一つ増えました。
会津・・本当にいつか訪れてみたいです。
七日町も良いところみたいですね~
いったい会津を堪能するには何泊すればいいんだろう(笑)

クリコンでお会いできないのが残念です。
お会いして会津のお話ききたかったなぁ・・
まだチケット残ってますよ~(笑)

そうそう、東福寺で出会ったご夫婦はいわき市のお方でしたよ。


今日、お休みでゆっくりしてまして、久しぶりに来生さんのCDを聴きました。
「try to remember」・・ライブ盤であまり聴いた記憶がない一枚。
されど!思いがけず聴き惚れてしまいました。
思わずれいさんちに行って、その記事を見つけてコメしちゃいました(笑)
お暇な方、れいさんちへGO!してみてくださいませ。

今はBGMに「ひたすらに」を聴きながら書き込んでいます。
あまり普段聴かないアルバムを聴くのも楽しいですね。
うふっ・・久々の来生さんdayでした♪
はゆ |  2013.11.27(水) 19:35 | URL |  【編集】

今夜のNHKBS

9時から、薬師丸ひろ子さんの35周年記念コンサートです。

月子 |  2013.11.29(金) 08:16 | URL |  【編集】

ああ、忘れてた!ありがとう、月子さん、録画予約しました。

・・・ところでクリコン行かれないのですか?久しぶりにお会いできると楽しみにしていたのに。残念(T_T)

はゆさん、会津のお国訛りがわかるなんて、すごいです~!
いこいこ |  2013.11.29(金) 17:16 | URL |  【編集】

ひろ子さんコンサート

ひろ子さんのライブ、ご覧になりました?
素敵でしたね~見惚れ聴き惚れました。
歌、うまーい! きっと、きちんとしたボイストレーニングを受けているのでしょうね。

『探偵物語』『メイン・テーマ』『WOMAN』など、今聞いても色褪せない名曲揃い。
『セーラー服と機関銃』は、武部さんのピアノもとても素敵でした。
リハーサル映像では『語りつぐ愛に』も、チラッと聞こえました。

「私の気持ちは、伝わったでしょうか」・・・歌い切った時のひろ子さんの言葉。
もちろん! ひろ子さんが伝えたい思いは、TVの前の私にも充分に伝わってきて、
ひろ子さんも涙目でしたが、私も胸がいっぱいになりました。
そうなんです、良いコンサートはアーティストの思いが、伝わってくるのです。
またコンサートがあったら、ぜひ行きたいと思いました。

最後に流れてきたのは、ひろ子さん主演のドラマ『ミセスシンデレラ』のテーマ。
このドラマも大好きだった~作曲家役の内野聖陽さんが、来生さんに似ていた。(涙)

12月7日のNHKSONGS、ひろ子さんです。

来生さんコンサートは行けませんが、12月5日、NHKホールでの
大友良英&あまちゃんスペシャルビッグバンドのコンサートに行きます。
今年は、あまちゃんにおぼれます。。。

月子 |  2013.12.01(日) 17:12 | URL |  【編集】

ひろ子さんのコンサートの番組、見ました(^^)
「あまちゃん」で潮騒のメモリーを唄ったときには感動!!何度も見てしまいましたが、コンサートでご本人の懐かしい曲の数々を聴いて、またまた感動~~素敵な曲が多いんですよね。

番組の中で語っていました。
自分の歌は何年も経つうちに聞いてくれている人のものになっている。
だから、その人たちのイメージを壊さないように、当時の雰囲気で当時のキーで歌うようにしている。
って。

そうですよねーーーー!!!!
そうなんですよー、CDの曲を何度も何度も何百回も聴いて、すっかり体に染みついているので、それが全く違った形で現れると・・・・あれ?どうして?って思うことのほうが多い。
やはり、オリジナルに近い形で聴きたい、と思います。

さすが、ひろ子さま。

でもSONGSの「セーラー服と機関銃」は新しいアレンジでしたが(^^)
いこいこ |  2013.12.10(火) 16:15 | URL |  【編集】

死ぬほど遅くなったお返事

どんだけ放置してんだよ!なコメントのお返事に
どの面下げてやってまいりました。
スミマセン、最近はパソの前にゆっくり座る時間もなく、
でもテレビの前には座ってんだろ!な生活です。
元気です。寝るの早くなりました。日付変わるまで持ちません。
前はヘーキで1時まで起きてたんだが。
いやそれが間違ってんだよな。

なところで。

月子さん

映画「ハーメルン」大画面で見たらすごく良さそうですね。
息をのむような美しい風景と西島さんのアップ。
あの廃校は佇まいがいいですね。実物のもつ凄味があります。
さすが晴れ女の月子さんは、
ちょうどスペシャルな季節に遊びに行けて良かったですね。

小椋さんも会津つながりとは。
好きなものが一緒になっていくのは嬉しいよね。
「談」もツアー名に冠するだけ、
ライブの中にきちんと組み込まれてお互いが演出になるような構成ですね。
人柄もあるのでしょうが、
聴いていて余計な心配もする必要なく、
ただ歌に話にじっくり浸れるいい時間だったんでしょうね。

3時間弱で4500円、太っ腹!
会場の音響も最高だしねえ。
続けて生MISIAとは、贅沢ですね。
いいなあ気持がたっぷり潤いますね。

両者とも福島を思う気持の優しさもちゃんと届いて、
その上に素晴らしいステージで、お客さんも大満足ですよね。
人それぞれに抱えてる問題、
身体の不調とか心配事とか、
ずっと離れず気持もふさいでしまうようなことも
たくさんあると思うんですよね。
でも音楽を聴いている、その場所に出かけたその時間くらい、
ただただ楽しく嬉しく気持よく、
お客さんとして過ごしたいと思うじゃないですか。
その気持に応えてくれるライブやイベントであってほしいと思います。

会津からのお土産、届きました。
素敵なもの、おいしいもの、いつもありがとう。
同封されていたモノはちゃんとクリコンの日に届けますので!

あ、ひろ子さんのライブは、
ちょーどオノマチのドラマの録画と重なってしまって見ていないのです。
が、あまちゃんの時のあの歌唱を聴けば、
自分のライブではさぞかそ。
ボイストレーニング、してますよ。
見目よくキレイでいる管理も。プロだもんねえ。

ビッグバンドコンサートも、
きっと愛情いっぱい温かないいステージだったでしょうね。

朝ドラといえば、
私はBSの「ちりとてちん」をしつこく見ていますが、
最近ちょっとしんどい。
ヒロインが暗すぎてなあ。
小ネタはあって笑えるところもあるが、
暗さのマイナスの振りが大きすぎて浮上できない。うう。
あまちゃんのはじける明るさとバカっぽさが恋しい。

いこいこさん

コード談義、音楽構造談義、また思いついた時にしてくださいよ。
聞くだけだけど、面白い。
「亀田」はJUJUの2回目からまだ見てないんだけど、
ほんと毎回発見が多くて楽しいです。
大サビはRYUMEIさんのLOVEの「僕より早く死なないでくれ~」が
モロそうだなーとか。
来生さんでも、パッと思いつかないのが情けないが、
探せば山とありそうです。
洋楽はさらに分からないからなんとも言えないけど、
これってJPOPならではなのかなあ。凄いことだ。

来生さんもこの番組見ててくれればいいのになあ。
もう年も年なので、
トークで死の話とか哲学の話は客層的にもアウトだと思うのね。
若い子と違って、もてあそぶようなネタではないと思うんだ。
と言って「僕の世代の懐かしネタ」になると私はついて行けないんですが。。。
どうしたら(涙)

いこいこさんはオリジナルで聴きたい派なんですね。
確かに自分の感覚と違うアレンジだと、違和感が先に来て、
馴染むまでに終わってしまうかもしれないですな。
「ねがえり」はオリジナルバージョン支持率が高くて私は驚いております。

ナマ斉藤工君にも会えたのですね。
って話題が行ったり来たりでスミマセン。
サプライズなのが余計に嬉しいですよね~。
望んでいると気まぐれにご褒美がやってくる♪

クリコンの時、月子さんから預かってるものがあるのでお楽しみにー。

はゆさん

京都の紅葉、人がすごそう。お疲れさまでした。
永観堂の長い廊下と紅葉は素晴らしいでしょうねえ~。
私的には「見返り阿弥陀」が懐かしい。
会津の方と京都で巡り合うご縁も素敵です。
旅のだいご味ですね。

月子さんからクリスマスプレゼント預かってますので、
クリコン当日お届けにあがります。
で、念のために連絡先を交換したいと思うので、
左にあるメールフォームから、
なんかしらメッセージを送ってもらっていいですか?
普通にメールとして届きますのでご安心を。

れいさんちの熱いレポ、読ませていただきました。
時間が経つと聴きどころも変化するのが面白いですよね。
私はDVD化された部分は飛ばして聴いてしまいますが。はは。
「逢瀬」は特に貴重な1曲だと思います。

来生さんのライブも、気が付くともう来週に迫っていますね。
そろそろ来生カテで何か書くか~。
のもん |  2013.12.12(木) 12:00 | URL |  【編集】

ついに終わってしまいました(;_;)

「八重の桜」ついに昨日最終回でしたね・・
BS・総合と二回見てしまいました。
今回の大河ドラマほどのめり込んだものはかつてなかったように思います。
歴史上、「敗者」の立場から描かれたものは初めて?だったところも新鮮だったのかもしれません。
が、一番はやはり月子さんのご当地ならではの解説・会津の人々の想いを代弁するかのような熱い思いが私を釘付けにしてくれました(^O^)
月子さん、本当にありがとうなし。

最終回は八重さんが40代後半くらいの設定でしたね。
少し駆け足で時間が流れて行ったのは仕方ないかな

印象的だったのは、それぞれの藩士や家臣の忠誠心・・
家老の山川兄弟の会津と殿の誇り・名誉回復にかける思い・・・
大山さん自身が結果的に手にかけてしまった西郷さんや大久保さんに馳せた思い・・
勝海舟は最後まで幕臣だったんだと思わせる最後の慶喜公との対話シーン・・

面白かったのは、道場で勇ましく剣をふるって恐れられてる斎藤一さまが、奥さんの時尾さんと二葉さんにやり込められるところは笑っちゃいました。

最終回はタイトルバックがエンドロールになりましたね。
12通りの素晴らしい映像が次々に流れて・・
そこが私の泣きのツボになってしまいました(^_^;)
そして・・晩年の八重さんの動画!少しでしたが本物の八重さん!!
きりっとしたお姿はまさに八重さんでした。

はぁ~なんだか寂しいなぁ・・
八重ロスになりそう・・
でも、さすけねぇ!50話分の録画があるべ!
さびしぐなっだらみんべ(*゚▽゚*)


  
はゆ |  2013.12.16(月) 17:25 | URL |  【編集】

のもんさん
メールは届きましたでしょうか?
よろしくおねがいします(^O^)
はゆ |  2013.12.16(月) 17:31 | URL |  【編集】

はゆさん

そろそろかと思っていましたが、最終回でしたか。
やばい、のもん家はやっと襄が会津に行ったところだよ。

メール、さきほど送りました。
当日お会いするのを楽しみにしています。
月子さんのクリスマスプレゼントで八重ロスを慰めてください。
のもん |  2013.12.16(月) 21:07 | URL |  【編集】

さびしいです(泣)

お久しぶりです~♪
すっかり、あまロス&八重ロスで淋しいぃーーーー
淋しさ紛らすために、掃除してます。BGMは、あまちゃんサントラ(笑)
掃除していると、余計な事考えずに集中できるじゃない?(泣)
あまちゃんライブの様子は、29日深夜のNHKで放送されます。
30日は、あまちゃん総集編。
NHK放送センタースタジオパークや、NHKホールロビーでは、
あまちゃんのセットや小道具衣装などが、たくさん展示されてて楽しかったです。

『八重の桜』は、視聴率よくなかったというけど、私はやはりよかったなぁー
福島では、2数%の高視聴率だったそうです。

「あきらめない」・・・いつも前向きだった八重さん~素晴らしい女性でしたね。
あんちゃまも尚之助も襄も山川大蔵も殿も、周りの男性が皆素敵だったし!
「会津魂」とか「頑固な会津」とか、県内ではよく言われているけど、
その根幹たるものが理解できました。
今も会津に伝わっている武士の魂とか誇りとか、凛とした美しさ、
このドラマを通して、ますます会津を好きになりました

この場を設けてくれたのもんさん、会津ファンになってくれたはゆさん、
イケメン俳優さんをみつけてくれたいこいこさん・・・皆さん、ありがとなし。

来年の大河は好きな岡田くんなので、また見るつもりです。
再来年が、吉田松陰の妹の話(イケメン久坂玄端の妻でもあった)とのことで、
今度は倍返しで、会津が逆賊としてひどく描かれるのではないかとハラハラ(苦笑)

のもんさん、
 
「でも音楽を聴いている、その場所に出かけたその時間くらい、
 ただただ楽しく嬉しく気持よく、
 お客さんとして過ごしたいと思うじゃないですか。
 その気持に応えてくれるライブやイベントであってほしいと思います。」

そうそう! その通りです!
無理して明るく盛り上げなくていいから(そういうタイプじゃないとわかってる)
わざわざ落ち込むようなこと言ってくれるな、と思う。
そして、なにより確かなボーカルを聞かせて欲しい。
素敵なコンサートになりますようにと願っております。
月子 |  2013.12.19(木) 16:40 | URL |  【編集】

月子さん

どもども、お久しぶり~。
あまロスに続き八重ロスが襲う年末。寂しいですね。
あ、私は半年RYUMIEロスだ。今年はなんかいろいろだなあ。

あまちゃんの30日の総集編ってちらっとCM見たけどすごい時間長いよね?
どうやって見たらいいんだ。

八重の桜ご歓談会場も、
月子さんたちのおかげで盛り上がって楽しかったです。
来年はまたパート2を用意しなきゃ。
コメント数が200超えてますからね(笑)

明日はいよいよライブでございます。
いつもと違ういろいろ複雑な心境です。ドキドキです。
のもん |  2013.12.19(木) 21:35 | URL |  【編集】

月子さん

月子さん、DVDのもんさんが持ってきてくれました。
小田さんの2012約束!ありがとうございます~!!見ますー!
今年の放送は25日ですね。なんと来生さんのトークでそのことを知りましたよー帰宅してすぐ予約しました。

レポで書いて頂けることと思いますが、来生さんが拓郎さんと小田さんのトークに関して、小田さんがタメ口聞いてたがあれはよくない、という話を長々長々~としていました。あの番組を見て「気になったこと」「共感したこと」「感服したこと」(だったかな)があって、全部話すと長くなるから、気になったことだけ話す・・・・って。。。。。

違うよー、感服したことを話してよー、拓郎さんはボイストレーニングしているってことを(あのカリスマが!)カミングアウトしてたし、小田さんはスポーツクラブで鍛えたり本番まで声を温存したり、ってことに「感服」して、「じゃあ自分も」って思ってほしかったんだけど・・・

内心そう思ってくれているといいんですけど。。ね。
いこいこ |  2013.12.22(日) 21:21 | URL |  【編集】

コメント打ち止めのお知らせ

えー2013年は、『八重の桜』ご歓談場をご愛顧ありがとうございました。
おかげさまでコメントも200を超えましたので
2014年版ご歓談場を設けました。
引き続きそちらをご利用くださいませ。

→ 持ち込み歓迎・ご歓談会場2
http://takoashiattack.blog8.fc2.com/blog-entry-2363.html
のもん |  2014.01.03(金) 11:38 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2234-30040f2c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |