2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2013.03.17 (Sun)

1213BL#26 ニュルンベルク対シャルケ

スカパーを標準からe2に替えて良かったなと思うのは、
他の試合を録画しながら、重なってる別の試合が見れること。
昨日もエバートン戦を録画しつつ、ニュルンベルクは生で見ていました。
今日のコンビはしみずと河路さん。
河路さんもマジメであまり面白くないのでいきなりテンション下がります。
ニュルンベルクの試合は基本、フジで見るしかないので、
どうしてもしみずの話題がセットで付いてきてしまいます。

ニュルンベルクシャルケのファンの間にはとても友好的な関係がある。
詳しいことは私も失念したが。
スタジアムが赤とブルーに彩られて、
バナーには「ニュルンベルクシャルケは、ビールとソーセージのようなもの」
そして巨大なコレオには両サポーターが肩を組み合うようなほほえましい絵が。
青空の下のスタジアムの映像は、とても盛り上がってて素晴らしかった。

巨大コレオ

が。

フジ、ガン無視。

早くもしみずがぐちゃぐちゃと、
両チームがどんだけ悪い状況なのかを語りまくっているようだ。

両チームとも、前節にダービーがあり、
両チームとも、大きな勝利を収めた後のゲーム。
シャルケはミッドウィークに試合があり
しかもCL敗退という結果になった後のアウエーゲームで
フンテラール不在の中オバシにスタメンが回ってきている。
しみず、プッキにもちくちくいらんコメント入れてます。
こいつチームの区別ないっすからね。
調子の悪い方のチームを見つけて、
自分が思う調子の悪いところに、ムリヤリねじまげてまで延々と語ります。

ニュルンベルクはバタバタしてるけど、
でも今年に入ってホームで負けてないんす。
今は追いつくことができるチームになってるんです。
追いつかれてしまうこともあるけども。
まだまだミスはあるけれど、
それを必死でみんなでカバーしてるのが今のニュルンベルク
スタートのメンバーを替えても、大きな効果が出るわけでもないが、
負けてないことで、以前よりもずっと前向きなプレーができている。
その中で、調子の良さが微増しているチーム。
マーカスなんて、
前半戦ずーっとベンチで我慢して力を溜めてコンディションを維持していた結果
今はスタメンがっつり奪ってますからね。ふふん。

早い先制点はマーカスからでした。
もうううう大好き!!
ぺクハルトのポストから抜けだして出したパスは微妙にハンドくさかったし
マーカスの胸トラップも微妙にハンドくさかったけど
でもしっかりと振り抜いて決めたもんね。
ゴール直後のマーカスの、血管切れそうなほど力の入った表情が大好きだ。

マーカス1点目

私はどうしても両方のチームを均等に見れないので、
シャルケの調子があまり分からないけど
でもなんか収まらない感じがずっとあった気がする。
メンバーがぽろぽろ抜けてるからしょうがないけど。

あ、余談だがホルトビー君はスパーズに移って、
ちゃんとチャンスを与えられ、きちんと競争させられているが
競争に負けている状態です。
最初のころはワンタッチのパスとか、色の違うプレーを見せて期待を持たせていたが
フィジカル面や大一番での肝の据わり方で他の選手に比べると不安があるというか。
不動のベイルの位置(トップ下でピッチ全体を自由に動き回れる権利)に入れるはずもなく
デンプシー離脱の後はシグルドゥソンとのポジ争いで今のところ分がなく
たまにもらった出番で焦って盛大に空回っています。
プレミアの中にブンデス級のプレーが入るとすごい目立ちます。

さて。
ニュルンベルクは相変わらず中盤省略の大きなパスに頼るところもあるけれど
中盤での攻防でも、主に守備面で頑張っているんである。
キヨタケさんがボールに触れないのは、間を飛ばされているだけではなく、
触りに来ない、触れる位置にいないからでは。
だって同じような位置にいるマーカスなんてガンガン下りてきて体ぶつけまくって
前向けるとなったらゴリゴリ走ってシュートまで打つよ。
まずボールを取られない強い身体になるところが最初です。

しみずはしきりに「現実的な闘い方」とか文句言ってるけど
それのどこに問題が?
ポゼッションしてパスを回して自分たちで流れを構築して攻めなければ
認められないってなんなんでしょう。
実況が「流れの中から取りましたね」と言っても
自分たちで作ったわけではなく、相手のミスから出たものじゃないから違う、な感覚。
「チャンスのように見えるだけ」発言にはさすがにテレビを破壊したくなった。

それは「チャンス」でいいだろ。そうまでバカにするってなんなんだろうか。

ぼやきながら笑いながら解説する人は、他にもいろいろいるけど
それなりのキャラがあって、応対する実況にもそれなりの度量があって
ちゃんとコミュニケーションしながら、
ただ褒めるだけでは見えてこないものを視聴者に見させる芸なわけですよ。
イヤな人にとってはイヤかもしれないが。
川勝さん(個人的にはすごい好きな解説者)とか粕谷さんとか、永井さんですら、
クサしていても、ちゃんと愛や冗談や憤りが感じられる。

でもしみずにはブンデスに対する愛も冗談も正当な憤りや新情報もないんだよ。
「本当はやりたくないんでしょ?」な気さえする、
今日はしゃべり方もえらく投げやりだった。

ニュルンベルクがそこそこ頑張って、
少ないチャンスからじわじわと点を積み上げていると
(しみずにとっては「少ないチャンス」がまた気にいらないポイント)
今度はシャルケ側に視線を移して、どんだけシャルケが酷いのかを
また半笑いの状態で語りまくる。
今日いちばん快活に笑い、まっすぐな話し方をしてた時の話題が
「シャルケが最悪」
ってのはどうなんだろう。
しみず、何度も言うが、笑うところが間違ってる。
とにかく失礼。とにかく不快。
ファンでなくても、試合を見ていて面白いという気持にならないだろう。

私がニュルンベルクを応援しているからではなくても、
実況・解説次第で、今日のこの試合はもっともっと面白く見れるはずなのだ。
あのメタメタなサッカーをしていたニュルンベルクが
最近は持ち前の粘りも復活して、荒削りながらも踏ん張るサッカーで
スター選手も、コレという軸になる選手も不在の中で、
ここまで順位を上げてきてるのだ。
マーカスだけでなく、
フランツの頑張りっぷり走りっぷりだってもっと評価されていいし
エスヴァインだって、ようやく熱い気持ちがプレーの精度に現れ始めて効果的になってきてるし
クローゼの孤軍奮闘ぶりは毎試合触れてしかるべきポイントでしょう。
キヨタケさんだって、この数試合では守備にも頑張るようになってきたし。

ニュルンベルクが、最後の最後にダメ押しの3点目を入れた時
ようやく私も気分がハレバレとなった。
ここはキヨタケのパスが素晴らしかったと思うし
フランツの1:1での冷静なプレーも見事だったもん。

エスヴァイン2点目
エスヴァインの2点目!
フランツ3点目
フランツの3点目!

シャルケ相手に、ニュルンベルクが完封で3点取ってんだよ。
普段1点取るのにひいひい言ってるチームが。
フツーに考えたら、すごいことでしょう?

でもフジ見てて、そういう試合とはぜんぜん思えないんだよ。
ずーっとネガティブな口調でネガティブな部分だけに固執して
目の前のプレーも状況も、
自分のネガティブ発言を裏付ける時にしか利用しない。
少なくとも、ブンデスのサッカーを見ようと思って
お金払ってちゃんと自分の意思で見ている人に対し、
ブンデスの面白さや見どころを伝えようという意識はみじんも感じられない。
最悪なのはお前だ。

なわけで
もっと清々しくなってもいい試合なのに
微妙にココロに重い石が残っているような心境ですが
マーカスが今季4点目の意味のある大きなゴールを決めて
チームも快勝。
降格圏もはるかかなただ。
こっからさらに気持を緩ませず、今の調子、今の気持の張り方で
残り試合も闘ってくれい!

マーカス&フランツ

試合が終われば、こんなに弛緩したカワイイ笑顔を見せるのだ。マーカス~


と、とりあえず気分を吐き出したところで
バイヤーの試合を見ようかね。
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ マーカス・フォルナー ニュルンベルク シャルケ

12:27  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2265-8a125183

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |