2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.04.14 (Sun)

WILD-G・LIVE@RUIDO K2~骨太男前スカと大家族ロケンロー

本日は、RYUMEIさんがキーボード&コーラスでサポート参加してる
WILD-Gのライブです!
私は初めて参加。
大所帯、大人のロケンローに期待マックスです。
たぶんじっとして聴いてるようなものではないんでしょうね。
オールスタンディング(であろう)で最初から聴いてると
WILD-Gのころには腰が痛くなりそうなので(おい)
テキトーにフラフラでかけるつもりです。
他のバンドも気になるんだけどね。

終わってからはF/Rにて打ち上げがあります!

コメントは随時受け付けです。

*******************

行って来ましたー!
ろくすっぽ電車の時間を調べずに行ったらあちこちで足止め食って
なんとか20時に到着。
ビールを飲んで一息ついたところで始まったのが THE MAN のライブ!
やった!!これが聴きたかったんだよ、グットタイミング!
大いに楽しんだところで、WILD-Gへ!
こちらも負けず大所帯!大迫力のロケンローでした。
私も慣れないスタンディングの中、赤上げて白上げてやってきましたよ。

メモもろくすっぽありませんので、超ざっくりレポになりますが
記憶のあるうち早めにアップする予定です。

*******************

できましたー。
個別に曲のことなんて書けないので、
ライブの雰囲気を伝えるだけですが、
楽しんでもらえたら幸いです。
ハコが変わればライブも変わる。
つかのまスペシャルな時間に吹っ飛べるライブって、やっぱイイです。

2013-04-13.jpg

コメントもお待ちしてますよ。
行った人、行けなかった人、どなた様もお気軽に。

【More・・・】

事前にRYUMEIさんから出番は8時20分くらいと聞いてはいたが
今回は出演アーチストが5組いるので、それが何番目なのか調べようと
いろいろ検索をかけてみた。
したらその途中で「THE MAN」というグループが、
実は元・東京スカパラダイスオーケストラのメンバーがいるバンドというのを知り
俄然興味がわいてきた。
スカパラはそんなたくさん聴いたわけではなく、個体認識もさっぱりできないが
好きな曲はいっぱいあるのだ。
結局、全部のちゃんとした出演順も時間も見つけられなかったが
とりあえず4番目の出演のWILD-Gに合わせて、おそーく家を出た。
渋谷に着くまでいろいろ手間取ったがライブハウスはすぐに発見!
入ると受付にひろみさんがいて安堵。
「あとで打ち上げありますよ!」「行きまーす!」

ホールに入る大きな扉をあける前に手荷物整理して、一呼吸。
前、下北沢ERAに行った時はいきなりドカーンと大音量でビビったからな。
ちょうど音が途切れたところだったのか、
扉を開けてもひっくり返るようなことはなかった。ほっ。
左手は黒いカーテンで仕切られ関係者用となっていた。
(ここがライブハウスのHPにあった2階席にあたるんでしょうね)
右手の鉄の階段を降りていくと、各段にも人が座って待ってたり。
初めてのライブハウスは物珍しくて面白い。
下のフロアはぎっしり満員。ステージの人の肩から上くらいは見れそう。
とりあえずバーに行ってビールと早々に交換。
そのすぐ近くで、人の隙間からステージを見る。
見覚えのある感じの人たちがいるなと思い、始まった音でおっ!と驚く。
ビンゴ!
これぜったい「THE MAN」だよ!
いやー分からないなりに辿りついたら、いきなりジャストなタイミング。超ラッキー!
黒づくめで男前な面々が繰り出す大迫力のスカ。
ひゃー!聴けて良かったあああ!!!
ライブハウスなんて至近距離で
こんなに贅沢なモノ聴いちゃっていいんだろうか。
この位置からだとステージがどうなってんのかさっぱりだが
大きなフォーンをグワン!と動かして前へ飛び出すかのようなの演奏に、
花道でもあるんじゃないかと思ってしまう。
次々休みなく演奏される曲はバラエティに富んで、
イントロでもう身体が嬉しい。
このリズムだよ~。自然と音に合わせて揺れる揺れる。
そんでどっか懐かしいようなニオイのするメロがたまんない。
すげーカッコイイ~~~!!!!
トロンボーンの増井朗人さんが、
またミョーに男くさい色気があるんだよねえ。
見えるのは前にいるメンバーだけだが、ドラムもキーボードも聴こえる。
これはWILD-Gになったら、ちゃんと前の方行かないと見れないな。
ぎっしりのお客さんたちが思い思いに身体を揺らす。
決まりきった形がなくて、こちらもフツーに楽しめる。
時間は30分くらいなのかな?
考える間もなく続いた演奏が終わって、
ヴォーカル(というのか)の冷牟田さんが今後のライブの告知などをする。
最後、話す声も息切れ気味だったのにほほえましくなってしまった。
そこらのガキでは出せない、オトナで骨太な音をめいっぱい堪能しました。
こんな機会でも無かったら聴けなかった!
大 満 足。

人がゆっくりと入れ替わりだしたので、
私もフロアの方へ移動する。
先に来てたいつものメンツを見つける。
みんなステージの最前列へと移動して行くのでついてって、
適当に中央にあるテーブルに近い、ちょっと後ろ目に立つ。
みんなに前で見ろ前で見ろとせっつかれるが、
慣れないスタンディングだから、一番前とか照れくさいじゃん。
荷物はステージ真下の空いてるスペースへ置いた。
これで両手開放。身軽身軽。
ステージ上には薄い幕が下ろされ、
モニター代わりにビートルズの映像が映し出されている。
みんな下から覗きこんで、楽器の配置を確認したりしてるのがオカシイ。
「キーボードどこ?」「右の奥みたい」

大所帯バンドが入れ替わるライブは、撤収もセッティングも時間がかかる。
おすだろうなとは思ってたけど、今の時点で9時くらいかな?
モニターの幕の後ろからはいろいろな楽器のチューニングの音が聞こえる。
しばらくして幕が上がり、
バットマンのテーマソングとともにメンバーが登場。
見慣れたメンバーが、いつもと違う装いでカッコよくステージ上に現れて
なんだかおかしくてたまらない。ぷぷ。
オープニングから元気よく、カッコイイ曲。
バンドの音がどじゃーんとハデハデで素晴らしい。
このメンバーで1ヶ月近くリハ重ねてるんだもんねえ。
みんな楽しそう、嬉しそうな、キラキラのイイ顔してるんである。
RockerRoomではこうまで大音量で、
ドラムもズバズバ叩いてってわけにはいかんのだ。
遠慮なくハジけるWILD-Gの音が、でかいスピーカーからどかんどかん溢れて全身に響く。
な中でも、ちゃんとRYUMEIさんの弾く力強いキーボードの音も聴こえてくるし。
コーラスも、RYUMEIさんは声が高いのでちゃんと分かるんだよね。
ロケンローなので、みんな革ジャンだの革パンだの着てるんだが、
これってそうとう暑いんだそうですよ。
お洒落はガマンですね。
ナカガワさんも髪を後ろで縛って、黒い革でキメているので
別人のように見えるのが不思議。こんなのもカッコイイっすよ。
THE MANは最後になるまでしゃべんなかったが、
隈さんのWILD-Gはちゃんと合間にMCが入る。
そんな時のメンバーの顔がまた、いつもの顔がのぞくというか。
カッコよくキメキメになりきれないところがらしいというか。
この距離、このステージってのが、まだ自分の中に違和感があって。
スター然としてキラキラしてるのが、カッコよくも不思議で。
やっぱ笑っちゃう。
曲は、途中キャロルのカバーなんかも入りつつ、
(4月13日はキャロルの解散日なんだそうですよ)
でも私はキャロルもまったく分からないので
どこまでカバーなのかオリジナルなのか?な状態で聴いてたけど、
どれも男前だったりあったかだったりメロウだったり、
味わいのある曲とサウンドが続いた。
サビで「ランナウェイ」って入ってた曲、もっとじっくり聴きたいなあ。
フォーン入るとハデになっていいよねえ。ゴージャスで。
耳慣れた洒落たサックスではなくて、
飛び出すような広げるような、温かさと楽しさのある迫力が出る。
後ろでタイコ叩いてるボスは、キラキラぴかぴかしちゃって、
若い子ってそんだけでカッコいいわねーなんて嬉しくなっちゃう。ほほほ。
構成世代も広いぞWILD-G
家族でやってます!といっても通りそう。
全部で何曲やったやら。もう覚えちゃいないが、
最後はコール&レスポンスもあって(笑)
ロケンローなライブは大盛り上がりのうちに終了。
いやいや楽しかったよWILD-G

さて次は打ち上げに移動。
外に出て、風邪気味だと言うYUKAさんとヤマチャンとはそこでお別れ。
池尻大橋は首都高沿いに歩いてまっすぐ先なので、
その車線にあるタクシーを捕まえて4人でとっとと移動。
打ち上げが盛り上がるのはかなり遅くなってからになるだろうけど
とりあえずパパっと行って1杯引っかけて、
メンバーに挨拶して帰ればいいか、くらいのノリ。
どーせまた来週来るもんね。
F/Rに一番乗り。
打ち上げってちゃんと打ち上げなのね。フードも用意されててビックリ。
席についた時点で22時くらいだったから、
とにかく食べて飲んでおしゃべり。急げ急げ。
ぱらぱらとお客さんたちも到着し、
WILD-Gの面々がついた時にはもう22時半くらいだったかな。
入ってきたRYUMEIさんに遠くから軽く手を振って、
気がついた時の嬉しそうな笑顔が見れただけで
もうココに来たモト取った感じです。フフフ。

人でごった返す中、
ひととおりグラスが手元に行き渡ったところでお疲れ様の乾杯!
みんなニコニコとイイ顔しております。
RYUMEIさんもしばらくしてお皿持って遊びに来てくれました。
一仕事終えた感ありありのRYUMEIさんです。
でもまだまだこれからたっぷりと忙しいみたいですよ。
「明日中にまず隈の世界の作業しなきゃ!」
「明日中って、もうすぐ明日になっちゃうよ」
隈の世界に、みんなのうた、ほかにもレコーディングが山盛り。
「そんで小部屋が」
「もうウワーって感じですよ!!」
その日だけってわけじゃないもんね。
その日に向かって、まいんちまいんち頭の中をフル回転させて
考えて作って実際やっての繰り返し。
一つだっていい加減に済ませていいものはないわけで。
「次、ビートルズで良かったね」
ほんっとそうですよ!!(超力説)」
とりあえず、血肉になるほど知ってる曲から選ぶんだからね。

ライブで隈さんが言ってたが、
今年は自分がプロデュースしてるアーチストも含め、
6枚のアルバムを作らなきゃならないらしい。
てことは、当然RYUMEIさんだって関わって作業するんだろうし、
こりゃ忙しくなりそうですね~。
WILD-Gのライブも次は8月の「あぶらまつりファイナル」が予定されてる。
今年もライブの他にカレー作ったり屋台やったり写真売ったり、あるんでしょうね。

RYUMEIさんと話をしながら、
かきこむようにゴハンを食べて、もうタイムアウトです!
「また来週来るから!」で、帰る前にもういちどナカガワさんとボスに挨拶。
ボスにも「Myqpも見に来てくださいよ!」って嬉しいお誘いをもらったんだけど
「19日でしょ!!WILD-Gなかったら行くつもりだったんだよ~!!
でもさすがに3回は抜けらんないっ。
また必ず見に行くから。
次のステージ、ぜったい良いものになるから頑張ってね!」
くう~本当に心残りだ。
ここで「行く行く!」って言って、ボスを喜ばせたかったよ~。
御大が絡んで下北沢で何度かライブをやるようになって、
満を持しての東京初!ワンマンなんだもん。
ぜえったいに印象に残るいいライブになるはずなのだ。
誰か見に行け!!
扉のところでRYUMEIさんにも「Myqpは?」って聞かれて
「ううう~~(涙)行けないぃー。また来週!」

旦那の会社の歓送迎会は、別の日にあるようで。
くそーひそかにこの日にならないかと期待してたんだがなあ。

な感じで。
POPOさんと二人、いつもよりも一つ遅い電車にギリギリ乗って、
「また来週来るなんておかしいよね」
と言いつつ家に帰りました。
あっという間の1日だったけど、
充実のライブ2本と、みんなの山盛りの笑顔が見れてたっぷり楽しみました!
ありがとう~!!

さて、
次はまた馴染みのRockerRoom。
RYUMEIさんのマンスリーライブ「みんなのうた」です。
子供のころから吸収しまくったビートルズの世界。
まったりbieNワールドをお楽しみください。
興味を持った方は、そく参加!
迷った方は応相談。メールフォームからどうぞ。
スポンサーサイト

タグ : RYUMEI 小田木隆明 WILD-G

22:12  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

Comment

ロケンロー♪♪♪

のもんさん、みなさま、こんばんは~!
昨日のWILD-Gライブありがとうございました!!!
今回WILD-G初参戦で、しかもロケンロー!ということで、ドキドキだったのですが…、かっこよくて楽しかったですね~♪♪♪
WILD-Gが歌もトークも、そしてバンドの雰囲気も一番カッコ良くて素敵だったな~と思います!!!
隈さん、かっこい~ですね。周りの方たちもノリノリで味があって素敵で。そしてピアノを弾きながらシャウトするRYUMEIさんもやっぱりカッコよくて♡♡♡
もう、かっこいー人ばかりでした~♪♪♪
どんどん楽しみが増えて…うれしいです。
4月は残念ながら行けないのですが…(涙)、また5月にライブに行くのが楽しみです。みなさんに会えるのが楽しみです~!!!


YUKA |  2013.04.14(日) 22:33 | URL |  【編集】

ワイルドですね

のもんさん、皆様、昨日はお会い出来て嬉しかったです。打ち上げ行きたかったなぁ。ワイルド爺様、なんか色気があって、不良っぽくて、カッコ良かったですね!ワイルドだろうーって感じでみんなの唄は、仕事帰りに間に合えば行きたいですリュウメイさんって見た目年齢若いですよね
ヤマチャン |  2013.04.14(日) 23:31 | URL |  【編集】

YUKAさん

どもども!
「かっこいい」の大盤振る舞いコメントですね~。
でも何度でも言いたくなるくらい、なんもかんもカッコよかったです。

昨日はイベントの最初からの参加でしたが大丈夫でしたか?
ちゃんとRYUMEIさんにメッセージ伝えておきましたよー。
次は残念ですが、
5月の小部屋まで、気持ちを高めててください。

ヤマチャン

わーい、コメントありがとう!
打ち上げはバタバタでしたよ。
ゆっくりできたら、きっともっと面白いことがあったかもしれませんが、
時間厳守で心をオニにして帰りました。

ワイルド爺様!!!ひー(爆笑)
確かに、カッコいいんだけど
同時に「ワイルドだろう?」ってスギちゃん的な雰囲気もあるんですよね。

>リュウメイさんって見た目年齢若いですよね

ぷっ。
確かに年齢的には若いとか言えなく・・・ごほごほ。
のもん |  2013.04.15(月) 00:17 | URL |  【編集】

カッケーーッ!!!

のもんさん、YUKAさん、ヤマチャン。

ライブレポ、ありがとうございました☆☆☆
楽しく拝読しました。

ロケローなオトコマエライブ!!!
Wild-Gメンバー×客席のファンの方たちが大迫力の音楽とともに一体となり、
熱い時間・空間が作られていた様子が、ビンビン伝わって来ましたよお~~☆☆☆

隈さんも、RYUMEIくんも、ナカガワさんも、Myqpのボスも!!
メンバー皆カッコ良かったんですね☆☆☆
見たかったなあ~!!!
次の機会にぜひ私も、Wild-Gの音楽を体感したいですッ。

音楽って、ホントにイイですねえええ!!!!
KYOKO |  2013.04.16(火) 08:37 | URL |  【編集】

KYOKOさん

今回は、その場にいた時の雰囲気だけしか書いてないようなもんで。
どんだけ個別性があるんだか、って内容でスミマセン。
ステージの上もステージの下も、温かな一体感がありました。
ロケンローだけど、どっかほのぼのもあり。
なんとも面白いライブでした。
のもん |  2013.04.16(火) 18:18 | URL |  【編集】

土曜日はありがとうございました!お疲れさまでした!
初めてのライブハウスだったし、あまり勝手が分からず
ドキドキ&ワクワクでしたが…いやぁー楽しかったですね♪♪
WILD-Gのみなさん、カッコ良かったーーー!
ホント輝いてましたよね~!

ライブ終了後のF/Rまでのタクシー大移動(って程の距離でもないけど、笑)も、
新鮮で楽しかったです。F/Rに着くと「やっぱりここが落ち着くなぁ」って思いました。
のもんさん、POPOさんが帰った後、「私もそろそろ帰る時間かな」って
思い始めた頃にメンバーがひとりずつ前に出て一言ずつのごあいさつが始まって…。
なんでこんな時間から!?帰るに帰れないいー!
絶対RYUMEIさんのだけは聞いて帰らなくては!でもなかなか順番が回ってこないんです(汗)やっとRYUMEIさんの番になった頃にはもうタイムリミットです(涙)
近くにいた隈さんにごあいさつをして、ドアの所にいたYathさんにもちょこっとごあいさつをして、RYUMEIさんにもちょこっとごあいさつをして後ろ髪を引かれる思いで帰りました。
もうギリギリだったのでめっちゃ必死で(笑)
なんとかバスには間に合ったので良かったです!疲れましたけど(笑)
kazuhi |  2013.04.16(火) 21:12 | URL |  【編集】

かっこいー祭り♪♪♪

のもんさん、みなさま、こんばんは!
しつこくてスミマセン~
今回、最初からの参戦だったので、勝手ながら、ど素人のつたないどーでも良い感想を書かせてください。
1組目:old led lamb(たぶんです)
最初だったので、大音量で始まったのでビックリしました。若者たちで歌のないバンドでした。私的には、歌のある方が好きかなと・・最後の方は眠たく…、生意気な事申しましてスミマセ~ン!
2組目:The outset Salys(たぶんです)
すごい勢いのドラムで始まり、ボーカルは斉藤和義風のミュージシャンって感じのソバージュ?の方で2人組のバンドでした。なかなか良かったです~、またまた生意気な事言ってスミマセン!!
3組目:THE MAN
のもんさんが書いていたように、みーんな男前の大迫力のスカでした!途中トロンボーンの方が客席に下りてきて目の前で演奏した時は迫力満点でした~♪
でも…、やはりWILD-Gの魅力には敵いませ~んね。
(本当にすみません。ど素人の感想ということでゆるしてください)
そして、WILD-Gです~♪
のもんさんやヤマチャンが書いていたように、
かっこよくて、温かくて楽しくてキラキラしていて、そんでもってワイルドで、かっこいー祭りでした~♪♪♪
のもんさん、メッセージ伝えて頂きありがとうございました~!!!
WILD-Gが一番かっこよかったです~


YUKA |  2013.04.16(火) 21:22 | URL |  【編集】

Kazuhiさん

18:00オープンの最初から立ちっぱなし、ご苦労様でした。
ライブ後のタクシー移動、新鮮で楽しかったですか。
そりゃ~連れてってもらう分には
「どうするんだろう」でお任せワクワクで楽しいかもしれないけど~。
一応ね、終わる時間、移動の時間、帰る時間、いろいろ考えてるんですよ。
近いと言ってもゆっくりする余裕はないだろうから。
前回のライブでRYUMEIさんが
「みんなでタクった方が早いよ」って言ってたのも良いアドバイスになって、
ルイードと池尻大橋の位置関係とか地図で調べて、
どこからタクシー拾えば早くて安くて分かりやすいか、とかね、
事前準備はそこそこしていたのです。
電車だったら無駄に時間ばかりかかっただろうし。
ま、私一人だったら、歩いて大失敗してたかもしれないけどっ。

腰を上げるタイミングって難しいですよね。
私とPOPOさんは23時になる前に出たけど、
やっぱあれだけの人が揃ったら、
一息ついたところで何かやることも十分考えられますよね。
セッションとかそんなのはないにしても。
やっぱその辺は、楽しくおしゃべりしつつも
人の動きとか注意深く見ておいた方がいいと思います。
何か始めそうな感じがするなーとか。
RYUMEIさんの挨拶を絶対聞きたい気持は分かるけど、
バス乗れなかったらシャレにならんですよ~!

で、RYUMEIさんはどんな挨拶したんでしょうか?

YUKAさん

他のアーチストの感想、ありがとうございます!
私がいない時間の様子が分かるのは嬉しいです。
生意気なこと、なんて遠慮なさらずどんどんどうぞ。

THE MANのトロンボーンの人は、客席に降りてきてたんですね。
人が密集してる中でトロンボーンて(汗)
伸びたり縮んだりするのにw
目の前で見たらすごい迫力でしょうな。
面白い経験でしたね。
のもん |  2013.04.18(木) 01:09 | URL |  【編集】

のもんさん、皆さん楽しかったですね~
「THE MAN」は入口でひろみさんに聞いて、ちょっと期待して中に入りました。
よかった~すごかったね~こんな近くで聴けるなんて!
YUKAさんと同じで、フロアで演奏したトロンボーンの方にはびっくりでしたけど、でもすごくカッコよかったですよ!とても得した感じです。

そして楽しみにしていたWILD-G!かっこよかったですね~
ステージの上のRYUMEIさん、見上げるといつも以上に「足が長い!!!」
キーボードを弾いている姿もカッコよかった~
声もスピーカーからではなく、直接聞こえてきて最前列はすごく楽しかったですよ♪
メンバー皆がニコニコして、素敵なライブでしたね~

打ち上げでは会いたかった次郎さんにご挨拶して、時間がもう少しあったらいろいろお話できたけど、声をかける事が出来ただけでも嬉しかった。
電車ギリギリでしたね~電車の時間を把握してないと危険ですね!

まだ思い出すと楽しくなるのに、明日またRYUMEIさんの唄が聴けるなんて贅沢ですね♪
明日もよろしくお願いします。
POPO |  2013.04.19(金) 21:52 | URL |  【編集】

POPOさん

THE MAN 良かったですよね。
WILD-Gは楽しかったけど、曲の好みで言えば私はTHE MANだなあ。
またどっかで聴ける機会があるでしょうか。
ライブハウスの距離って凄いですね。

RYUMEIさんをあの角度から見るってないですもんね。
スタンディングで大きな手を広げて
ガンガンにキーボード弾いてる姿がサマになってました。
POPOさんはスピーカーの隣で聴いてるような場所だったけど、
生声聴こえるってのもスゴイ。

フォーンの次郎さんと、短い時間でも話せてよかったですね!
打ち上げ参加したモトが取れましたね。

電車、思ったよりもギリギリでした。
九段下で、ほとんど待たずに乗り換えの電車に乗れて、
途中で下車する必要もなかったので、
個人的にベストと言えばベストなんだけど、
でもやっぱもう少し余裕ないと怖いです。

1週間しか経ってないのに、もう次のライブですよ。
RYUMEIさんも大変だー。

でも今日のMyqp、行きたかったよおおおおおおお!!!
のもん |  2013.04.19(金) 22:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2276-d129985a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |