2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2013.05.30 (Thu)

RYUMEIの小部屋・男唄@F/R~正解のない道

オールリクエストの「RYUMEIの小部屋」も通算5回目!
今回は男唄になります。
集まったリクエストの数はどんくらいになったのやら。
レコーディング作業と並行して、
今もなおライブに向けた準備は続いているのではないでしょうか。
頑張れRYUMEIさーん!

前回は来れなかった方も、
今回初めて来る方も、
毎度毎度来る方も、
F/Rはお客さんの熱い期待でいっぱいになるでしょう。

RYUMEIさんの口から「嵐に楽曲提供」の話もいよいよ聞けますね!!
みんなで大いにお祝いしましょう~!

いつもは読んでいるだけの人も、
気になったらふらっと参加してください!
男性参加歓迎!!
5月25日(土)池尻大橋 F/R
OPEN.19:00 START.19:30
¥2500 + D

コメントは行く前からでもお好きなように。

********************

行ってきました!
今日はいろいろな人が一度にやってきて
いつも以上ににぎやかになりました。
地域、年代、ファン歴、ライブ歴、それぞれ異なっていても
同じ小部屋の空間で、RYUMEIさんの生の声とギターにうっとりメロメロ。
ライブ後の打ち上げは、プチサプライズもあって
何だかもう「ライブ」の一言では言い表せないような楽しすぎる時間でした。

おなじみの方も、お初の方も、覗いてるけどまだ足を踏み入れたことない方も、
コメントくれると嬉しいです。
ライブの記憶は熱いうちに!瞬間フリーズドライで鮮度を保ちましょう。

次回は「みんなのうた」vol.7 6月22日(土)
タイトルに"雨”がつく曲シバリです!新機軸。

********************

ちょっと時間かかってしまいました。
昨日は思いがけず「Magic hour」が聴けちゃったもんだから
予定ズレまくりw
またも自分の尺度で思うさま書いてますが、楽しんでいただければ幸いです。
コメントもお待ちしております。
一緒に思い出して盛り上がりましょう。

【More・・・】

2週間前に女唄があったばかりなのに、もう今日は男唄!!

今日は久々にプロントに顔出すことにした。
駅でばったりKazuhiさんと会い、
プロント行ったらすでに空さんとご友人がおしゃべり中。
空さんが誘ってくれた道子さんは、今日のライブのことはよく分かっていないが
それでも興味を持って来てくれるのが嬉しい。
住んでるところも、ここから近いようで、
気に入ってくれたら気軽に遊びに来てくれるかもしれない。ワーイ。
しばらくして、知った顔がちょこちょこと集まってきた。
みんなワクワク嬉しそうな顔をしてます。
YUKAさんも、また初参加の方を連れて来てくれました。ありがたい~。
ライブを見るのは久々らしいTちゃん。
予習はしているものの、どんな感じなのかあまりよく分からないそうなので
「壺を売ったり、みんなで一斉に歌ったりとかしないから心配しないでください」
と言っておきました。
でも雰囲気から「とても楽しみにしてる」というのがにじみ出ていて、
大丈夫だなと一安心。嬉しい。

KYOKOさんが、今日の仕込みを持ってきてくれました。
RYUMEIさんの楽曲提供をみんなでお祝いしたい!クラッカー鳴らすとか!」
と数日前にメールがあって
私は「今から周知するのも準備するのも大変だよー。
そんな器用にクラッカー隠して持っておけないよ。
タイミングとか合わせんの難しいよ」
とかさんざんな返事を返したのですが(ヒドイ)
ちゃんとKYOKOさんはクラッカーとくす球を用意してきて
「のもんさんが音頭取って!」と言うので
しゃあねえなあ、でどのタイミングでやるか、あれこれ打ち合わせ。
とりあえずそこにいた人たちにクラッカーを配布。
ライブ後の打ち上げで、ちゃんとみんなに分かるタイミングでやるので、
隠し持っておくように指示w
くす球はとりあえず、ミドリちゃんが手で持って引いてもらうことにした。
さて、どんな感じで切り出しましょうかねえ。


今日も会場は小部屋シフト。
ステージを囲むようにテーブルがセッティングされています。
私はとっとといつもの席へ。
みんなうろうろどうしようか迷っております。
小部屋になるといきなり遠慮するやつ続出w
なかば強引に名古屋のHさんを隣に連れてきました。
久々に来たんだし、前はこのへんで見てたんだから遠慮したってもったいないじゃん。

仕事だった人たちも、今日は始まる前に来れたみたいです。安堵。
ようやく各自ポジションも定まったようで、
時間が来るまであちこちでおしゃべり。
女の人って集まるとちょっと圧力になるので
蛸足と関係なく見に来ている人達が、
参加しにくい雰囲気にならないといいなーと思いつつ。
でも最初はみんな一人客みたいなもんだったのが
顔見知りになってのこの状態だもんね。

おしゃべりしてる間に、開演時間が近づいてきました。
そっと入ってきたRYUMEIさん。
今日もみんなで拍手でお迎え。

椅子に座り、ちょっと鳴らしたその音で、忘れてないのに気づく。

「小部屋テーマソング」

ジャッと鳴らすギターの響き。
今日も音はイイ感じだ~。
手拍子の中であたたかなスタート。
テーマソングも(多分)毎回バージョンアップしてる気がする。
こんな歌詞あったっけ?と思いつつ聴く。

「今日も忘れずに歌いましたテーマソング。
もうやりきった感満載ですよ!
小部屋もVOL.5で、また今回もバタバタする中でやってたんですが
みなさんのリクエストに応えられるように、やってみたつもりです!」

「今宵の月のように」:エレファントカシマシ
→ 今宵の月のように@YouTube ライブ版にしてみました。

曲名を言わなくても、イントロから分かる曲。
やっぱエレカシはこれですかねえ。
私も以前、エレカシでリクエストした曲はあって、
でもこの曲は外したんでございます。
ドラマの主題歌でもあったしメジャーではあるけど、
もっと好きな曲が他にあってさー。
とはいえ、人気のある曲なんだろうなと思っていても、
聴かない人にとっては知る機会がないですもんね。
こういうの難しいんですよリクエストって。

なことを片隅に思いつつ、
ギターの多層に彩のある響きを気持よく聴く。
やっぱこの曲テンション上がるなあ~♪
ヴォーカルもいいけど、
ギターから出てくる複雑な音の絡まりにうっとりしてしまう。
嬉しいなー。
他の人が出したリクエストでも、自分の耳になじんだ曲は
自分がもらったもののように嬉しく楽しい。
これが小部屋なんだと思う。
ヴォーカルはサビのシャウト具合にヤられ、
サビではない所のギターが素晴らしすぎて、
エレカシとRYUMEIさんてハマルだろうなと思って
ほんとにハマってて。
リズムにヨユーがあるんだよねえ。
メモには一定の間隔を置いて「嬉しい」とやたら書いてあって笑う。
エンディングはかっとばした感じで、フットステップもノリノリ。

いやーいきなりイイもん聴きました。
そんでやっぱ男唄!って感じですね。
次はもっともっと男っぽい曲も聴きたいーーっ!

「今のはエレファントカシマシ(←カツゼツ意識してカクカク言ってますw)の
今宵の月のように、で始まりましたRYUMEIの小部屋です。
ラジオ風に言ってみました」
ささやくように言って、顔は嬉しそうにニヤニヤしてます。

「今日もみなさんのリクエストに否が応にも応えるんですが、
また昭和の香りにつつまれた小部屋になるでしょう。
邦楽が多くなってるんだけどね、僕の自然な感情でそうなってしまうというか。
別に洋楽をやりたくないってわけではないんですけどね。
今回は5:00まで、にはならなかったけど
昨日まであと2曲決まんない~って状況で」

「今回の選曲はね、レンジがね、広いんですよ。
上から下まで声を使うんで、はりきって歌わなきゃいけないんです」

「次はね、H2O、おもいでがいつぱいですね。
最近、CMでも使われたりね。
アニメのテーマソングでしたっけ?みゆきとかタッチとか。
小部屋なんでねー、ブツブツ言ったりしていいんですよ。
フレンドリーにまったり、お酒飲みながら、
ぼんやりしながらでも寝ながらでも」
何回、小部屋やったら、お客さんがその境地にまで辿りつけるやら。

「想い出がいっぱい」:H2O

いやー、ベタですねえ~。
毎度思うが、このころの歌って、記憶を引きずりだしてくるよね。
この曲自体というよりも、この曲が流れていた時の空気が、
一緒にふわーっと立ち上る。
高校時代に部活でシャカリキになってたこととかさー。恥ずかしいねえ。
この曲は、私の中では来生さんの「官能少女」と同じくくりです。

指で弾く、しっとりとしたイントロ。
ぐっとスローペースでシンプルだけど、ヴォーカルは歌いあげるように。
伸びやかさと余裕のある、力を秘めたヴォーカル。
ギターは添えるような音で。
サビの高い声は、どこまでも甘く、やさしく。
弦の1本1本を丁寧に弾くようなギター。
もうこれ以上はないくらい、相応しくベタなアレンジ。
最後のサビは、ギターも少しジャカジャカと音を響かせて
すっと引いてアカペラに近いようなヴォーカルで締めた。

「なんか声ガラッとしてませんか?
1曲目に高いヴォーカル出したせいかなー。
さっき元気づけに卵入りトロロ蕎麦食べて、
ビタミンドリンクも飲んだんですよ。カチカチマックス。
カチカチマックス!
って言いたくなるよね」
なにそれ、下ネタ?(教育的指導(o゚Д゚)=◯)`3゜)∵ )

「今日も元気な曲あり、しっとりしたのあり、難しいんですよ。
毎回初挑戦ですしね、今日もほぼ80パーセントはやったことない曲で。
これをどう処理しようか、処理じゃヘンだな、消化しようかって。
でもこれが僕の挑戦なんですねェーーー」
こういう時のRYUMEIさんて、ほんと嬉しそう。

「今日はリクエストも1曲多かったからね、サクサクやらないと」
チューニングしつつ
「昨日はものすごく暑かったでしょう。
で今日は寒くて。
こういう時にノドをやられるんですよ。
みなさんも気を付けてくださいね」

今日は、お客さんの身じろぎしない感じが、
すごい伝わってくるんだけど。
こっちも緊張してくるようなw

「次はね、とても短いんですけど、いい曲でね。
知ってる人もいると思うんですが」

「IF」:BREAD

If - Bread@YouTUBE
ちょっと広告がウザいですけど。
凄い衣装着てるんだよね。

これは私のリクエストです。
以前、TYPE-2ブログで創士さんが紹介していた
「The Guiter Songs」というオムニバスCDがあって
たまたま、すぐのタイミングでコレを図書館でみつけて借りたんですよね。
これまでRYUMEIさんのライブで聴いたカバー曲も何曲か入ってて
広いジャンルのメジャーな名曲が聴ける2枚組お得CD。
その中に入ってた1曲です。
RYUMEIさんがやったら、イイ感じになりそうだな~と。

シンプルで温かなギターの音。
甘くて空気を震わすようなやさしいヴォーカル。
あー、期待したものが、期待以上で出てきた~。
あるかなきかのギターの音と、
ささやくような甘いヴォーカル。
もともとゆーったりとぽわーんとした曲が
ちゃんと雰囲気そのままに、RYUMEIさんの声とギターで色を添える。
聴いてる間中、ずっとドキドキしっぱなし。
思い描いたものを目の前で見る。
それを実際に体験できることはそうない。

今日もありがとう、RYUMEIさん!!

「今度、内海さんの60歳の記念のライブがあるんですが、
僕も、キャロル・クールス・チェッカーズのメンバーと一緒に
鍵盤をがしがし弾きます。
他にもとても豪華なメンバーが集まって
ものすごいことになりそうなので、僕も今から楽しみなんですよ。
内海さんがどんなことになってしまうのか。
果たして赤いチャンチャンコを着せられてしまうのか!」

スミマセン、うっかりしててこのライブの情報を載せてなかったのですが、
元CAROLの内海利勝さんの還暦記念ライブが、渋谷のClubasiaにて行われます。
いやもう行われました、ぐらいのタイミングの情報ですね(汗)
告知で載せているゲストだけでも十分豪華ですが
載せていないゲストもものすごいみたいです。
そんでステージの上に立たないまでも、
お客さんとしてまた凄い人が来ちゃう可能性も十分にありますね。
そう考えたら、非常にオトクなんじゃない?なライブと言えます。

TYPE-ⅡWEB(LIVEのメニューより確認してください)
Clubasiaのライブ詳細ページ

「次はゴローさんです。
ゴロー・ノグチ。刑事ゴロンボですね」

脳内にちょっと間があって、思い出して爆笑してしまいました。
カックラキン大放送かよ!!

「カックラキン、知ってる人は知ってますね」
で、さらりとそんときのテーマソングを弾いて
「あ、これGOだ」違うじゃん!

「結構ね、好きなんですよ野口五郎。
ギター上手いし。サンタナの曲とかやったりしてね。
これからやるのは筒美京平さんの曲なんですが。
いろいろ逸話がありまして。
曲の説明は終わってからでいいかな。
譜面3枚あるんでね、どうするか」
3枚?ムカシの曲だよね?と気になる伏線。

「19:00の街」:野口五郎
→ 19:00の街 野口五郎@YouTube(空さんへのサービスだなこの映像は)

強く響かせるイントロ。
うわーーーなっつかしいいいいい。
そうか、こういう曲も歌ってたんだ。
野口五郎、って段階でもう
ネタにされてるような曲しか思い浮かばなかったけど。
いやーイイねえ~。
記憶の奥底に沈んで埃をかぶっていたものが
うっかり出てきちゃった感じです。
なんだけど、RYUMEIさんのヴォーカルがまた、この曲にすんごく合うのだ。
単体で、良さがポンと取り出される感じ。
まさに小部屋ミラクルです。
音楽って、時代や記憶を引きずるものでありながら
そんなもの関係なく、イイと認めさせる力がありますね。
で、リズムが変化して、英語の歌詞が出てくる。
ん~?
これはまた、例の「同じだからくっつけちゃった」シリーズか~?
だから譜面3枚にもなるんだな。
うまいタイミングでパッと譜面をめくるRYUMEIさん。
再び歌詞は日本語に戻り、
最初のヴォーカルがちょっと野口五郎っぽくて笑ってしまった。
サビの伸びやかなヴォーカルがカッコイイ~!!
でまた英語歌詞にスライドして、1度で2度おいしいRYUMEIカバーでした。

「前にナカガワさんと元ネタがある曲特集をやろうかなって話をしてて。
これはBarbra Streisandの「Woman in Love」の
早い話がパクリ曲なんですよね。コード進行が一緒で。
これ(Woman in Love)をプロデュースしたのがBee GeesのBarry Gibbで、
「19:00の街」の「ハァーーー」って入るコーラスがビージーズ風で。
だから確信犯なんですよ。
僕は好意的に見てるんですけどね。
パクリって言い方じゃなくて、オマージュ?」
インスパイアとかね。
「これにもう一つ「愛の言霊」を入れて三大鉄板パクリ曲」

あわせて聴きたい→ Woman in Love - Barbra Streisand@YouTube

「初めてきた人には分からないかもしれないけど、
前にジュリーの「酒場でDABADA」と「およげ!たいやきくん」のコードが一緒だと分かって
途中にそっくり入れたことがあったんだよね。
今回はさらにそれがエスカレートして
1曲に2曲を入れるという荒技をやってみました。
筒美先生、ゴメンナサイ。へへ」

蛸足的プチ情報
スカパのアンテナお持ちの方、CSボタンを押すと映る方、
6月1日~10日までスカパー無料開放デーです。(見れない番組・チャンネルもあります)
で、
日テレプラスにて、カックラキン大放送、
セレクションやら通常放送やらやってました。
日テレプラス カックラキン大放送!!
なっつかしーー!見ちゃおっかな。
私がまさにこの曲に聴き覚えがあるのだって、
きっとこの番組で見てたからに違いないよ。

「次はマーチン、鈴木雅之さんですね。
元は大滝詠一作詞作曲で、吉田美奈子ver.をずっと好きで聴いてて
ラッツ&スターのは聴いたことなかった。
今日は男唄なので、鈴木雅之で。
これもサビが繰り返し出てくるんですよね」

「夢で逢えたら」:鈴木雅之

なんかこの曲って古い洋楽のスタンダードナンバーみたいだよね。
大滝詠一なんだー。
ギターは控えめに、ヴォーカルは最初からマックス。
やさしくて、少し低めの甘いヴォーカル。
その場の空気を一新する。
ギターも何とも洒落た響き。強く弱くメリハリを持たせ。
すぐ近くで聴かせてもらってるみたい。

いや、十分近いけどさ。はは。

こんなにやさしい歌声を聴いてると、
自分までやさしい人になっていくような気がする。
気のせいですかそうですか。
目じり下がりっぱなしで、筋肉痛になりそう。
RYUMEIさんのライブでは、
たまにニヤニヤしすぎて顔が疲れることがある。幸せですね。

しっとり甘くやさしく歌い終わった後に
「おやすみなさい」
とやさしい一言。
ははは。まさにそんな雰囲気!
こんな状態で眠れたら、一生目覚めなくてもいいんじゃないか。

RYUMEIさんは煙草を取り出し。
「曲順が難しいんですよ」
ここまで聴いてても、そうだろうなあ。
「リューメイ、曲順、ムズカシイデス(←誰)
リハからも入れ替えたしね」
ギターを下しておもむろにジャケットを脱ぐ。
自分の椅子にかけようとして、
「ここにかけると背中がイタイ」
で脇に置くw
「さて何の話をしましょうかね」

そしておもむろに、みんなが気になるあの話題へ。

「寝耳に水だったんですよ。すっかり忘れてて。
1,2年前に共作で何曲か書いたうちの1曲で。
コンペに出してたんですが音沙汰がなくて
てっきり没になったんだろうと。
すっかり忘れてたら「このたび」って知らせが。
え~~~今?って。
実感ないわけですよ。
へえーーーーーっ感じ。
ヤッターって感じじゃなく。
まあ誰に書いてもスタンスは変わらないですが。
次に繋がればいいなと。
これからどんな風になるのか楽しみですよ」

へえーそんな感じだったんですねえ。
意外な話のなりゆきと、RYUMEIさんの淡々とした話し方で
温度感が分かるような感じですが
そうは言っても、国民的スターですからね。
これをきっかけに、何かが動いていけば面白いと思うし。

「すっかり話すモードになってますよね。
次の歌に行こうかな。
これからは元気のいい歌が続きますよ、あ続かない」
譜面めくって即撤回。

「Good Riddance」:Green Day

私はグループ名もなんも知らないですが、
カントリーっぽいギターが気持ちイイ。
テンポも良くて、軽く元気な弾き方があってる。
ヴォーカルはRYUMEIさんにちょうど合うような。
フットステップでノリノリに弾いてくれます。
曲はキャッチーな分かりやすい感じではないけれど
じわじわと良さが染み込むようなイイ曲ですね。
シメはスッとシンプルに。

「Green Dayってほとんど聴いたことなかったんですよ。
もちろん名前は知ってて。
リクエストもらって聴いてみたら良い曲だったので
歌っちゃいまあしたーー」

こういうのがあるからねー、RYUMEIさんは面白いしスゴイ。

「次は南佳孝で、モンローウォーク」
あああ、そうだよね、そうでした。
言われてみれば、王道じゃないか。
リクエストする人が増えれば、
自分がまだチェックしきれていないものが、他の人によって補完されたり、
あえて出さずにいたものも、あえて出してくる人がいたりして、
それをまたRYUMEIさんが選ぶという作業があって、
いろいろな思惑、駆け引きなんかが交錯して面白い。
そして選ばれた後に出てくるものは、もうこちらの想像を超えている。

「さて、どういうアレンジで行こうかな?」
ヨユーな笑み。
RYUMEIさんの頭の中には、どんだけの選択肢が用意されてんの?

「モンローウォーク」:南佳孝(作詞は来生えつこ姉さまです)

始まったイントロは、ペキペキと弾くようなギターで。
「I Saw the Light」のRYUMEIアレンジを一瞬思い浮かべる。
足をふみならしながら強く弾くギター。
すんごいカッコイイ!!
しっぶいラテンな感じです。
ジャマイカあたりのステップじゃなくてスパニッシュな雰囲気。
ヴォーカルも伸びやかではなく、畳みかけるようなリズム。
緊張感の中、シャウトするヴォーカル、ささやくようなヴォーカル。
カッコよくて色気があって、余裕なんですよ。
RYUEMIさんの持つセンスとアレンジ力とそれを実行するだけの技量。
表現力があって本人も楽しんでるのも分かる。

見に来てほしい!!!!

私がここに書いてることなんて
ほんの数パーセントしか汲み取れないものだ。
小部屋は特に、自分の中にあったモノが生まれ変わって、
こっから先はコレがスタンダード!くらいの転換がある。
その驚き、楽しさを、自分で体感できるライブなのだ。
RYUMEIさんのライブに来ると、
自分の中の小さな物差しが変わるような経験ができる。
生活基盤が揺らぐとか、これまでの価値観が通用しなくなるとか、
そんな面倒な変化でなく、
思い出しては日々が楽しくなるような変化。
自分の感受性が一皮むて新しくなるような気分を味わえる。

なんてメンドーなことを
その場で考えてるワケもなく。
ただただ「コレハスゴイ」と
生まれてくる音にドキドキするばかりなんだけど。

「ノリだけ決めて歌える曲って楽しいですね。
マイナーな曲はやりやすいんですよ」

「さてライブも終盤ですかね、でもないか。
次は本日のハイライトー。
平井堅の「瞳をとじて」です。
これは低いところから高いところまで、ものすごい大変なんですよ。
でも頑張りますよー」

「瞳をとじて」:平井堅

ギターはシンプルなところから。
低めの声であたたかに、ささやくように丸く。
ここから先に向かう助走。
ヴォーカルはRYUMEI節全開です!!
一つ一つの歌い方のクセが、耳を喜ばせます。
いよいよなサビも、ちゃんと出てます!
前フリでレンジの広さのことなんて言わなかったら
分かんないでうっとり聴いちゃってたかも。
ギターや声の強弱のメリハリで、じっくりと惹きつけるRYUMEI流バラード。
ステージ上にお客さんの意識が集中し、大事に大事に噛みしめて聴く。

「むーずかしーーーー!
チクショー!」

そ、そんな感じですか。

「まあね、1回きりのライブでもったいないって話もあるけど、
機会があればね、やるかもしれないし。
やらない方が多いかもしれないけどね(え~)
今の曲はこーやって唄だけやりたい」
腕をゆっくり動かすアクション。

「こっからはー、もう元気な曲だね。
盛り上がっていきましょー。

質問コーナーーーー!!

はい、質問あるひといませんかー」
でぐるっと見渡すRYUMEIさん。
「またオレがやるんでしょ。ひとり質問ターイム。

えー、RYUMEIさんは、どんなギターを持ってたんですか。

フォークはこれがメインですが、
エレキはいろんなの使いました。
今はフェンダーのストラトキャスターですが。
フェンダーとギブソンってエレキの2大メーカーがあって
巨人と阪神みたいな、
って野球に詳しくないのに野球に例えちゃった!!(RYUMEIさんてば)
アコースティックもいろいろあって、
ライブ用には使い勝手のいいタカミネを使うんですが、
RECの時はまた違うのを使ったりね。

エレアコってここにジャックを繋げてね、音を大きくしてるんですよ。
以前はマイクを直接ココに(ギターに)向けてね、
生音を拾っていたんですが、音もあまり良くなくて、
マイクを付けるとハウるんですよ。
今は便利な世の中になりまして、
改良の末こういう素敵な音のするギターが発明されたわけですよ。
万歳!

一人質問コーナー、おわり~。
みんな考えてって言ったのに!!」ブツブツ。

「さすらい」:奥田民生

おお~、RYUMEIさんで奥田民生!
ちょっと面白いかも。
ジャカジャカと元気なギターは爽やかに。
どこかキュートな雰囲気も。
ヴォーカルがまたちょっと民生風で。ははは。
乾いて少年ぽさのあるギターの響きが気持イイのなんの!
イイね~イイね~と心でつぶやきつつニヤニヤしてしまう。
ヴォーカルが、「その場で出してる声」って感じでね、
歌いっぱなしというか。
この曲らしさが出てるのだ。
いやーこんなのもアリなんだRYUMEIさん。
ギターからは、いろいろな味わいのある音が重なって。この音大好きだー。

「銀河鉄道999」:ゴダイゴ

間を置かず、続けて。
私が聴くのは2度目ですね。
記念すべき「小部屋」1回目の最初の曲がそうでした。
先程の曲に継いで、少年ぽさのある爽やかなアレンジ。
余裕の弾き語りっすよ。
ギターの刻むリズムもハッキリと。
路上のような、ほこりっぽくざわめきのある飲み屋の一角で歌っているような
そんな雰囲気が面白い。
ギター一つで生まれる、捉えきれない山ほどの音が全身を喜ばす。
最後はジャアンとストロークでキメた。

「小部屋も最後の1曲になりました。
みなさん自分のリクエストは歌っていただけましたでしょうか、
ん?すごい上から目線だな、
聴けましたでしょうか?
リクエストが増えれば増えただけ、曲数が増えて行くわけですよ!!
今までは同じ人から2曲歌うこともあったけど、
この先は落ちる可能性もあるんですよね。
思い出思い出!!」
まあね、これ以上曲数を増やすのは難しいし、
12人を超えるリクエストが集まるならその方がいいような気がする。

「ミス・ブランニュー・デイ」:サザンオールスターズ

これも以前、聴いたかな。
RYUMEIさんのルーツを探る回で、
初めて買ったEPとか、そういう話でしたね。
その時のアレンジなんて、今は遠い記憶のかなたですが。

今日は迫りくるような強弱のあるイントロから。
力強く、キレのあるギターの音。
ゆっくりとしたテンポも気持よく。
音一つ一つをはっきり力強く聴かせるようなリズム。
ヴォーカルが合うなあ~。
伸びやかでありつつ、地に足のついた骨太な声。
間奏のギターがカッコよすぎるーー!
フットステップもノリノリに。
時に間引いたギターも面白く。
肌触りのあるヴォーカルが体に響く。
体を揺らせノリノリに弾くRYUMEIさん。
初挑戦の緊張感もイイけど、子供のころから聴いている曲を
ばっちりこなして歌うのもイイのだ!
今日も、色々なRYUMEIさんの持ち味をやまもりに見れた気がする。

アンコールの熱い拍手。熱気が凄いです。

チューニングをしつつ
「予定調和的なアンコールでいいのか
そのまま12曲やって終わった方がいいのか、
考えるんですよね。
催促してるみたいな気もしちゃうし」
予定調和でも、アンコールの拍手はしたいなあ。
熱い拍手を2度送りたい、って気持もあるし。
一度深いタメイキとともに余韻を感じつつ、
またもう一度上がっていく感じも嬉しいじゃん。

「最後の方は歌ったことのある曲が続いてますね。
最後も、以前やったことありますが、
小部屋らしくちかーい感じで。

終わったらまた乾杯して、反省会、
ん?それじゃオレがダメ出しされる感じ?
飲んで打ち上げしましょう」

「青春の影」:チューリップ

懐かしいなあ、何年前だろう。
まだ新宿でやってた頃だな。ライブに行きはじめたころ。
その時も、わあこれやるんだー!と凄く嬉しかったのだ。
シンプルなギターの温かい音。
丸く柔らかに響く。
ヴォーカルはささやくようだけど強く、訴えるような。
ギターよりも声の方が熱い。
2番に入って、歌声はさらに生っぽく。
崩しを入れながら、ムキダシの声。
やさしく小部屋を包む。


今日も盛りだくさんの小部屋ライブ。
初めて聴く曲も、もう一度聴きたかった曲も、
知らない曲も、全部覚えている曲も、
一人のRYUMEIさんというアーチストを通して、
新しく生まれ変わる。
ここにいる人だけが、その瞬間を見ることができる。


さてっ。
新しいビールを追加して、
その間にテーブルは小部屋打ち上げ状態にセッティングされ
各自思い思いのココロの距離感で席に着きます。
私?隣ですよ。空いてたし。
ようやく乾杯用のドリンクも行き渡って、
RYUMEIさんの掛け声でカンパイ!!
広いテーブルを回ってRYUMEIさんがカチカチとグラスをぶつけに行脚。
戻ってきたところで、次のイベントへ移ります。
「えーRYUMEIさん的には実感ないかもしれませんが~、
私たちファンとしては、やっぱりこの機会にお祝いしたい!」
いきなりしゃべりだしたので、
隣でRYUMEIさんが「何?」ってびっくりしてるのが分かるw
みんなもニコニコしつつ用意したクラッカーを出して。
「RYUMEIさん、嵐に楽曲提供おめでとう!
RYUMEIさんの新しい曲が、話題になりますように!!」
でクラッカーを一斉にならす。パパーン!!
大きな音とともに、キラキラしたテープが飛び出した。
うわっ。音だけじゃなかったんだ!!
「ええええええ~~~~!!!」
もうRYUMEIさん驚きまくりです!!!
そして続けざまに、隣からミドリちゃんがくす球を差しだし
RYUMEIさんが引くと、パカッと「おめでとう」の幕が!
これもテープとかキラキラしてて
思ったよりも上出来のおめでたいモノが出てきて笑ってしまった。
みんなで拍手拍手ー!!
プチサプライズとお祝い大成功です。
ありがとうね、KYOKOちゃん!!
こういうのって1回きりなので、ホント面白いです。
私のつれない返事にもめげず、ちゃんと用意してきてくれたおかげです。

そして恒例の答え合わせです。
前回初参加のYちゃんも、今回初参加のTちゃんも、
ちゃんとリクエストしてるのが楽しい。

「今回は曲順決めるの大変だったんじゃないですか?」
「ほんとにそう!同じような雰囲気でまとめた方がいいのか、バラけた方がいいのかとか。
リハでやったのとも変えたしね!
リハでは「今宵の月のように」を一番最後にしてたんだけど、
最初にガツンとやろうかな、って変えたんだよね」
いやー私はまさにその最初のガツンでテンション上がったもんな~。
「何が正解ってないものね」
「そうなんだよね。
リクエストが増えると、構成も難しくなってね」
ただリクエストに順番に答えればいいってものでもなく、
演目としてちゃんと計算しないと、
それ以上のライブにはならないものね。
小部屋はやるたびにいろいろ発見があるなあ。
RYUMEIさん自身にもファンにも。

空さんの友人の道子さんも
満足そうな笑顔でした。
30日の内海さん還暦ライブのチケットも買った!というので驚いてしまった。
フットワークが軽くていいなあ。
「このクラブ、いつも前を通って気になってたんだけど。
この機会に入ってみようと思って」
そうそう、ライブハウスとか、機会があると新しい場所に行けるのが面白いよね。
豪華ゲスト満載で、盛りだくさんのライブになると思うので
ぜひぜひ楽しんできてくださいませ。
YUKAさんも行くそうなので、こちらで感想聞かせてもらえると嬉しいです。

「こっから先も忙しいんですよ!
RECが終わったら、今度はレコ初ライブとかね。
WILD-Gもあるし、福島のナイトパイレーツのライブにWILD-Gで行きますよ。
(月子さん、ぜひ行ってくれー!!!)
シンユウのライブではバンマスやるんですよ。
こないだ遊びに来てたTSU・KA・SAさんも、
これからレコーディングして、その後ライブで俺も出るし。
11月は大阪に、隈の世界でまた行きます!」
いやー聞いてるだけで目が回りそう。
だけど7月も楽しいから小部屋!(笑)
私はまあ、残念ながらそんな回数は行けないけども
KazuhiさんはRYUMEIさん出るとなったらほぼ全部迷う対象になるから大変だわなー。

しかし休む暇もないですねRYUMEIさん。
ライブもRECも、その時だけの話じゃないからね。
そこに辿りつくまでの準備その他で、
頭も体も常に新鮮な状態で使いまくらなきゃならない。
いいものを作り、喜んでもらうために努力は惜しまず!
カッコイイですRYUMEIさん。

その後も飲んだり食べたりおしゃべりしたり。
RYUMEIさんもあちこち移動。
今日のBGMは70年代でちょっと古いので、
それをネタに話が盛り上がったり。
久々に「かけめぐる青春」とか聴いて死ぬかと思った。

最後はせっかくなので記念撮影。
オーナーの仙海さんにシャッター押してもらいました。
ありがとうございます。
それぞれクラッカーもったりRYUMEIさんにはくす球を持たせるし、
「なんか小部屋、ライブというよりイベントみたいになってきた~」RYUMEIさん
RYUMEIさんのファンはみんな明るく健康的でございます。

もうそろそろ帰ろうかな、な時間に
RYUMEIさんがふいにカウンターに入って、
BGMを変える。
始まったのは「Add Some Music」ハメルーンのイントロ!
うわーーーっ。
どうもライブ初めての人たちと話をしてて、
こういうオリジナルを作ってるな話になったみたいです。
ああやっぱいい曲だなあ~。
すみずみまで楽しい。
天井のスピーカーから流れてくるのを聴くとまた違う味わいで新鮮。
前のCD発売記念ライブを思い出してしまった。
あの時は、ライブ終了後に、すぐBGMでかけてくれたんだよね。
「みんなで最初に聴きたかったから」って。
懐かしい。つかやっぱ聴いてるだけで幸せになる。
帰れんだろ!!

今日もまた、こんなに長くいてもなお寂しいと思いつつ帰る。
RYUMEIさんのライブは毎回ものすごい密度。
帰る道、同級生のYUKIさんとしゃべりながらがんがん歩いてて、
うっかり名古屋のHさんとあいさつするのを忘れて改札まで入ってしまいました。
スミマセン。
彼女は次は名古屋の来生さんのライブ。
RYUMEIさんのライブも、なかなか続けては来れないけれど
また遊びに来てくださいませ!!


「RYUMEIの小部屋」と銘打ってますが、
5回が5回とも、その時だけのスペシャル出来たてほやほやライブです。
ギター1本だけで、あらゆるリクエストに応え、
これだけ楽しませてくれるRYUMEIさんは本当に凄いです!!
ミドリちゃんが、
「小部屋は知ってる曲のカバーだから、
よりとっつきやすいのかも」な話をしてました。
それもあるかもしれないけど、
ほとんど聴いたこともない人のカバー聴くのって、フツーはもっと辛いんじゃないかな。
ま、カバーでもオリジナルでも、RYUMEIさんのライブを目の前で聴けば
タダモノではないと思うはず。
その後に待っている、気負いのないトークも含めてね。

次回のマンスリーは「みんなのうた」
6月22日(土)OPEN:18:30 START.19:00
小部屋の時より、30分早いスタートになっています。
¥2000+D
テーマは「タイトルに雨がつく歌シバリ」

7月の小部屋はまだ仮ですが
13日(土)と27日(土)の2回。
RYUMEIさん、超多忙なのでリクエストはお早めに。
一応、選べるように3曲以上のご用意を。
そんでRYUMEIさんへの質問も受付中!!

自分名義のライブ以外にもサポート出演いろいろ!
詳しくはRockerRoomのスケジュールやTYPE-2のWEBサイトへ!

RYUMEIさんのことがよく分からなくても
1回でどーんとトリコにさせましょう。
ご参加お待ちしております。
スポンサーサイト

タグ : 小田木隆明 RYUMEI

10:30  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

Comment

盛り上がりましたね!!!

のもんさん&みなさま

昨夜もありがとうございましたあああ!!!
もう、毎回毎回同じ感想言ってますが。。。

楽しかったあ☆☆☆

もうこの一言に尽きまっす。

ライブそのものは、もちろん聴き応え120点満点☆バラエティに富んだ選曲で、
様々な男唄をRYUMEIくんボーカルで堪能させて頂きました!!!
そして、打ち上げでは『RYUMEIくん嵐に楽曲提供』のプチお祝いも皆さまで出来、
Rくんともお喋りに華が咲き。。。
特に今回はホリーさんが名古屋から&空さんも無事参戦!!
そして新しいお客さまもいっぱいいて、色々お喋りすることが出来て、テンション上がりまくり!!!

個人的にはF/Rの”鶏肉のグリーンカレー”がめちゃくちゃ美味しくて、
りピ確定☆だったり、と~笑

本当にモロモロ楽しい時間でした♪♪♪

ライブの細かい感想はまたおいおいしたいと思いますが、
この夜の私的No.1は、ホリーさんリクエスト、マーチンの『夢で逢えたら』だったかなあ~♡
ふんわり毛布に包まれているような、心地よさで。。。夢の中にいるようでした。
フィンガースナップも、ステキでしたよねー☆
最後Rくんに「おやすみ」と言われ、ホント!そのまま眠りにつきたくなりましたよぉ~。

それとラストの『銀河鉄道999』と『ミス・ブランニューディ』!!
この2曲は以前、蛸足レポでRくん歌ったことあるのを知っていて、いつか聴いてみたいなあ~と思っていたので、今回聴けてすっごく嬉しかったデス。
リクエストしてくれた初参加のTちゃん、そしてYUKAさん、ありがとううう!!!

取り急ぎのコメントまで。
また来ますねー☆
KYOKO |  2013.05.26(日) 18:32 | URL |  【編集】

はぁ~い!

無事 参戦いたしました~! 楽しかった~~~!!!
ありがとうございました~~~ \(^o^)/

みんなで共感できる場所があるって すごいことなんだ!と、またまた再確認しました。

一緒に初参加の道子さんも 30日のチケット買ってたし
次回も「来る」そうです。。。。

「19:00の街」 知らなかった曲のウラ事情も聞けたり おもしろかった。
もう一度 五郎ちゃんの聴きなおして バックのビージーズっぽいコーラスを確認しましょ。

そして 次のリクエスト曲を探しましょ!

次回の「小部屋」では タコライス食べようかなぁ~
ユカさんもキョーコさんも おいしそうだったから。。。

ではでは レポ楽しみにしています。



空 |  2013.05.26(日) 22:23 | URL |  【編集】

同じくです!!!

のもんさん、みなさま、こんばんは。
昨日はありがとうございました!!!
KYOKOさんと同じく、楽しかったあ☆☆☆の思いでいっぱいです~!!!
みなさんと『RYUMEIさん嵐に楽曲提供』のプチお祝いが出来き♪、みんさんといろいろとお話しすることが出来き♪、ほんと楽しかったです!!!ありがとうございました~!!!
RYUMEIさんのライブは時間の過ぎるのが早いです!もう1時間も過ぎました?、もうラストの曲ですか?心地良くてもっといろいろ聞きたくなってしまいます!
どの曲も、ほ~んと素敵だったのですが…
私は、『銀河鉄道999』から『ミス・ブランニューディ』の所は、ここはどこ?東京ドームですか?、最高過ぎて、自分がどこにいるのかわからなく感じるくらいでした~。小部屋、凄すぎ~!!!でした!
友人Tちゃんもとても楽しかったようです!
ではまたコメントさせてください!






YUKA |  2013.05.26(日) 23:22 | URL |  【編集】

コメントのお返事、ようやくです。

KYOKOさん

いつも素早いコメント、ありがとうございます!
無事にお家に帰れましたか?

サプライズ&お祝い大成功でした。
KYOKOさんのおかげですよ。
初めての人も、日の浅い人も、
またこのライブ、雰囲気が楽しくなったんじゃないかなー。

女の人は美味しいゴハンがあるとテンションあがりますよね。
F/Rになってから、誰かしら美味しそうな匂いをさせていて、いいことだと思います。
私はビールで貢献します。

>最後Rくんに「おやすみ」と言われ、ホント!そのまま眠りにつきたくなりましたよぉ~。

ホント。
聴きながら寝れるようになったら、
小部屋も究極まで行きついたと思います。

読むだけで想像するだけだったカバーを聴けて良かったですね。
まあそれが同じアレンジかどうかは、
RYUMEIさんも、一度聴いたことのあるファンにも分からないけど(笑)
でも、今回も、他にはないアレンジのカバーで素敵でした。

空さん

風邪気味だったけど、無事に参加できて良かったです。
そして新しいお客さんを連れてきてくれてありがとう!
次回はまたちょっと違う雰囲気で、楽しんでもらえると思います。

まさかの五郎ちゃん。
まさかの2倍アレンジ。
これがあるから小部屋って凄いわー。

YUKAさん

時間、あっという間ですよね。
短い曲ってこともないのに、もうそんな?って何度も思います。

>私は、『銀河鉄道999』から『ミス・ブランニューディ』の所は、ここはどこ?東京ドームですか?、最高過ぎて、自分がどこにいるのかわからなく感じるくらいでした~。小部屋、凄すぎ~!!!でした!

そうそう!!そうなんです!
RYUMEIさんの歌声を聴いていると、
自分がもっと大きな広い会場で聴いているような錯覚を起こします!!
なんだろうね。

今日は内海さんのライブですね。
小部屋と対極な感じですが、めいっぱい楽しんできてください!

レポも出来上がったので、
コメントでも伝言でも構わないので(笑)感想聞かせてくださいませ。

のもん |  2013.05.30(木) 10:47 | URL |  【編集】

のもんペンが走る~~~

レポ拝読しましたあ!!!!
今回も、のもんメモが!のもんペンが!走ってるうう~~~。
その文才、冴え捲っていらっしゃいます!!!読み応えたっぷり☆☆☆
ありがとうございます!!!

ライブの感動が蘇るですねえ~☆
骨太ロケロR、さわやか癒し系R、色っぺーR、甘く切なくR、風来坊な旅人R、etc…12曲12色♪歌ってくれた曲すべて!!!とびっきり素敵なRYUMEIカラーに染め上げ歌い上げてくれていましたよね!!!


>「壺を売ったり、みんなで一斉に歌ったりとかしないから心配しないでください」

あははーッ!!!のもんさん、プロントでTちゃんにそんなアドバイス?!を。壺!に入りましたよ~。
ですねぇー、お友達と一緒とは言え、誘われて初めての場所、それもライブハウスに行くって、
キンチョーしますよね。
けど、初参加の方々皆さん、RYUMEIライブの虜になって、リピーターとなって下さってて☆
嬉しい限りです。

会場入り後。いつもの常連さんwの他に、見慣れないお客さん方が後方に3.4人…。顔見知りでワイのワイのやってたから、入りにくい雰囲気作っちゃってましたか、ね?もっと、気にかけなくちゃいけなかったかな。

ライブスタート!
小部屋テーマソング♪ありましたね!!確かに、前回こんな歌詞あったかな?と思う節はありましたが(笑)ま、楽しい時間が始まるよー♪なサウンドで、私たちの気持ちをより高揚させてくれるテーマソングであることに間違いありませんっ☆

以下印象に残ったところを主に~。

『想い出がいっぱい』
あああ~懐かしい。あだち充の漫画、中学生の時読んでた&見てたよー。
うふ♪甘酸っぱい季節。なんだか、くすぐったい気持ちになりましたね~♪

>伸びやかさと余裕のある、力を秘めたヴォーカル。
サビの高い声は、どこまでも甘く、やさしく。

うわあ~スゴイ!!のもんさんの言の葉。Rボーカルを的確に表現されてますね!!!

『IF』
聞いたことありますぅ~。なんとも、心にじんわり染み入る、エエ曲だ♪♪♪
うんうん、このタイプの曲。Rくんはそこにある空気をも彩って、美しく歌い上げてくれるんですよね~☆のもんさんリクエストに、さすがのRくん!期待した以上のパフォーマンスでしたね!!!

『モンローウォーク』
これも観たい&聴きたいの、妖艶な演奏でしたねぇ☆
この曲はヒロミ・ゴーのカバーverしか知らなかったのですが、かっこよかったーっ!
「どうやってやろうかな~」って言いながらギター弾き始めたRくん☆
その場でアレンジ考えて演奏するって、スゴ過ぎるーーー!!!

『さすらい』
曲紹介なく、いきなり始まったのでビックリしましたーっ!お~民生を選んでくれたかぁーっと。
雰囲気がトラヴェリンマンぽくって好きな曲。のもんさんレポの通り、気負いのないその場で出してるボーカル感が、新鮮☆

そのまま『銀河鉄道999』につながる演出も、シビれましたよお☆☆☆
2曲続けて、Journeyシリーズだああ~~♪♪さあ!旅に出よーう!!!

アンコールの『青春の影』も、古き良き青春の曲って感じで、ステキだったなあ☆☆☆
POPOさん、私も涙出そうになりましたよーっ。


MCで、「曲順が難しいーっ」て、Rくん言ってましたね。
一人ひとりのリクエストから、まず一曲を選ぶ。その段階では、Rくんのツボに入った曲をセレクトすれば良いんでしょうが、同時に、全曲出揃った時の全体のバランスも考えなきゃいけないから…曲のアレンジ以前に、大変な作業なんでしょうね。
そこから、また曲順を決めて、ライブ全体の演出や構成を考えて、と。

その結果、毎回!必ず!Rくんのライブには”感動”が盛り込まれてる☆☆☆

本当にスゴイ!Rの小部屋にお邪魔出来てる私たち。。。シアワセもんですね♪♪♪


打ち上げも盛り上がって楽しかったなあ。
プチお祝い、Rくんビックリ喜んでくれて、私たちも嬉しかったですね♪
ご本人は楽曲提供の実感が湧いてない~、って言ってたから、
ファンの間ではこんなに盛り上がってますよ!!!ってことも伝えられて、お祝いに華を添えられたでしょうか~。

と、まだまだ思い出して書きたいこといっぱいなのですが、皆さんのコメント見ながらまたおいおいお喋りさせて下さい。


おとといの内海さん60thaniversaryライブ☆どうだったかなー?盛り上がったみたいですね!!
KYOKO |  2013.06.01(土) 09:37 | URL |  【編集】

楽しかった~♡♡♡

のもんさん、みなさま、こんばんは~!
のもんさん、レポ、ありがとうございます!!!
タイトルの「正解のない道」で、すでに感動し…(早っ)、のもんさん、みなさん、小部屋、RYUMEIさん、ありがとうございます~って思いながら、読ませて頂きました!
どんなに、楽しくて最高のライブでも、私の足りない脳ミソでは、すぐに記憶があやふやになり…、素敵なことも消化不良になってしまっているのに…
のもんさんの愛のあるレポを読むことによって、あの時のライブの感動が蘇り、いろいろな気持ちを整理出来ているような気がします!のもんさん、どうもありがとうございます!
今回の小部屋は、楽しかった~♡♡♡です。
もちろん、今までも楽しかったのですが、
今回は、プロントで、「RYUMEIさんのプチお祝い会」の話をみんなでしている時点で楽しくて、それにだいぶ(もう充分?!)小部屋に慣れてきて、かんなりリラックスして、歌を聞く事ができました~!
KYOKOさ~ん!!!
「プチお祝い会」発案、ありがとうございます~!
くす玉かわいかったですね!クラッカーもキラキラが出てかわいかったですね!!RYUMEIさんに私たちの気持ち伝えられて良かったですね!!!
KYOKOさんの愛は偉大です~♡♡♡
そして、初参加の友人Tちゃん
RYUMEIさんの歌う、平井堅の「瞳をとじて」を聞くTちゃんの目には、涙が…、胸にくるものがあったのね…と私も感動しました♡(Tちゃん、ペラペラしゃべっちゃってごめ~んね)
そして、RYUMEIさんの歌声やさしいね、癒し系だね、22日のみんなのうたも気になる、とのコメント頂きました~♡
私をはじめ、友人のCちゃんにTちゃん、
もちろんRYUMEIさんの歌が好きで、また来たいと思うのですが、ライブ全部の温かい雰囲気が好きなのもあるんだろうな~と思います!みなさま、ありがとうございます!
それで…内海利勝さんの60年目の風の感想も書こうと思ったのですが(まだ書くのなんて言わないでくださ~い)、
いったん締めさせていただきま~す!



YUKA |  2013.06.02(日) 21:31 | URL |  【編集】

内海利勝さん60年目の風ライブ!

「マジアワ」発売日翌日の5/30に、内海利勝さんの60年目の風ライブに、チロちゃん(言い間違えるので、本人了承済です)と、渋谷 club asiaに行ってまいりました~!
渋谷 club asiaに着きますと、RYUMEIさんファンも熱いですが、それ以上に熱いのでは!?と思われる熱くて気合いの入ったファンの方達が、今日の主役である内海利勝さんの登場を待っておられました!
私とチロちゃん、つい来ちゃいました~感が強く、正直、内海利勝さんのことをあまり知らないで行ってしまってちょっとドキドキもあったのですが、、、
ライブが始まり、内海利勝さんが登場すると、もうそんなのぜんぜ~んっ!関係ありませんでした!!!
内海利勝さん、と~~っても素敵な方でした~!!!
私…、キザな感じの方なのかと勝手に想像していたのですが、とってもあったか、そんでもって面白くて、誰もかれもみんなニコニコのライブだったんですよ~!!!
もちろん、ギターも音楽もすごいんですよね!!!
みなさんに、愛されているんだな~というのがすごい伝わってきました~!
お客さんもとってもあたたか~でした!
そして、出てくる人み~んな、音楽を愛して生きたんだとキラキラしていて、安心して身を任せて聞いていられる~という感じでした!
会場いっぱい、内海利勝さん色に染まって、とっても素敵な時間でした~!!!
私、紙テープ投げちゃいました~♪
帰り、チロちゃんと
あんな風にキラキラと年を重ねたいね(自分なりの…)、素敵なひと時を過ごせたね、楽しかったね、やっぱりRYUMEIさんが言うのは間違いないね、な~んて、ずっと余韻に浸りながら、帰りました♪♪♪
素敵な時間を、ありがとうございました~!!!






YUKA |  2013.06.02(日) 23:57 | URL |  【編集】

ありがとう!!!

YUKAさん☆

内海さんライブレポート、ありがとうございます~~~!!!
ライブの感動、興奮、熱い雰囲気が、手に取るように伝わってきましたよ☆

素敵な時間を過ごせたようで、良かった!!!
行って良かったねぇ☆☆☆

ほぼ初対面のYUKAさんにも、内海さんの人柄の良さがわかるライブだったんですねー。
確かに、元キャロルの方って聞くと、キザなロッケンローラーなのかな?ってイメージするよねぇ。
豪華ゲスト陣に中には、チロさんが好きなアーティストの方もいたのでは??

紙テープ投げちゃったって!!!
YUKAさんもチロさんもノリノリじゃないですかぁーーッ!!!

ホントね~私たちもキラキラ年を重ねたいものですね。
疲れた疲れた、ばかり言ってられませ~ん。
KYOKO |  2013.06.03(月) 22:48 | URL |  【編集】

YUKAさん

お返事遅れてすみません。
レポ楽しんでもらえたようで嬉しいです!
タイトルから感動って、慌て過ぎですw

今回は始まる前から盛りだくさんでしたね。
私も途中で「ライブこれからじゃん」と思いました。
小部屋、ちょっとずつ「慣れ」の個人差が出てきたような気がします。
でもライブ中に話しかけたり、寝ころんで聴くにはまだまだですよねー。

Tちゃんも気に入ってくれたようですね。
今月の「みんなのうた」にもぜひぜひ!
小部屋とはまた違う雰囲気も味わってほしいです。
オリジナルも聴かないと!

内海さんのライブの様子もありがとうございます!
自分が行かないライブのことは、
教えてもらえなければ分からないのでありがたいです!
内海さんのことがよく分からなくても、
その場の雰囲気が温かで愛がいっぱいで、
周りのお客さんやゲストアーチストたちが楽しそうだったら、
もう十分に素敵なライブですよね。
もちろん、誰もかれも名だたるアーチストばかりで、
クオリティも保証付きですし。

紙テープ!!どういう状況で投げたんだか気になるじゃないですか!
スターですねえ!!

みんなから愛されてるカッコイイ先輩がいたら、
頼もしいし目標にしちゃいますよね。
内海さんのみならず、素敵でやんちゃなオトナたちがたくさんいて、
まだまだこっちも頑張んなきゃなーって思いますね。

嬉しくなるような報告、ありがとうございました!
のもん |  2013.06.05(水) 00:23 | URL |  【編集】

さらに遅れたお返事

KYOKOさん

返事飛ばしてました。
なんか忘れてる、と思ってたんだよ(汗)

レポ後の感想もありがとうございます!
RYUMEIさんのギターアレンジは言うまでもなく、
歌声一つとっても、様々な色がありますよね。
このライブ、アーチストの方々にも見ていただきたいですねえ。
どんだけ大変なことをサラリと(なのか?)やってるのか、
私たち以上に深いところで驚けると思います。

初参加の方でRYUMEIさんの事前情報がほとんどないと、
こんだけ女性が集まって熱くなってるのを見て
「大丈夫か?」と思うんじゃないかと。
YUKAさんにも「すごい勢いで誘ったんでしょ!」とか突っ込んだりw

私たちの数がこんなになる前から、
お客さんとして来ていた方たちもいて、
私もさすがに全ての方を把握しているわけではないので、
今の状態はちょっと怖いかしらんと思ったりしてます。
とはいえ、そんだけで何もできませんけどね。

KYOKOさんは「セクシーユー」しか聴いたことなかったんですね。
ぜったいえつこさんの歌詞が冴えまくっている「モンローウォーク」の方が
カッコイイですよん。
RYUMEIアレンジもピッタリでした!!

曲順を決める作業は、ライブ全体をアレンジする作業です。
ワタクシごとですが、ガクセー時代は硬派な漫画ちゃんだったので、
本の編集を思い出しました。
何通りもある組み合わせから選んで形を決めて行く醍醐味。
なんてRYUMEIさんはほぼその場でガンガン変更してくんだから凄いです。

朝ドラも懐メロモードだし、
小部屋とシンクロしてなんだかいろいろなことを思い出しますねえ。

打ち上げ、楽しかったですね。
誕生日以来のサプライズでした。
用意してくれてありがとうね。
こういうのは言いだしっぺが動いた方が面白いんすよ。
のもん |  2013.06.05(水) 13:38 | URL |  【編集】

大変、大変、大変、遅くなりましたが・・・
レポ、読みましたー。
RYUMEIさんのライブの日程が変更になって、ちょっと寂しい感じだったのですが、のもんさんのレポであの素敵な時間を思い出しています。

「夢で逢えたら」と「モンローウォーク」でもう幸せな気分になっていましたぁ。今も思い出してうっとりしています。聴きたいと思っていたのですがリクエストしなかったので、聴けてよかった♪

RYUMEIさんが歌っているのを聴いているうち、自分がリクエストした曲を忘れていて、アンコールでRYUMEIさんが「青春の影」と言ったのを聞いて急にドキドキしたのを思い出しましたぁ~ 高校生の時の思い出がいっぱいの曲です。RYUMEIさんに歌ってもらえて、今まで以上に素敵な思い出となりました。

あぁ~次はいつRYUMEIさんの歌が聴けるのでしょう???
POPO |  2013.06.16(日) 19:30 | URL |  【編集】

POPOさん

遅くなってもコメントくれてありがとう~。
RYUMEIさんのライブの日程、まだ決まってないんですねー。
「みんなのうた」だと他のアーチストとの兼ね合いもあるし、いろいろ難しいのかな。

聞きたいと思っていた曲が、
思いがけず他の方からリクエストされてると、
トクした気分になりますね。
今回は、かつてRYUMEIさんがライブでやったことのある曲もいくつかあったけど、
その時のことを知らないのにリクエストが届くというのも、
RYUMEIさんは面白く感じてるかもしれません。
好きなものが共通してるのはお互い嬉しいよね。
のもん |  2013.06.17(月) 22:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2293-e4c4cb42

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |