2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2013.06.03 (Mon)

忘れかけている入れ替え戦

カイザースとホッフェンハイムの入れ替え戦
セカンドレグが行われたのは、もう随分と前の話です。
超満員のカイザースホームで、奇跡を祈っていましたが、
結局1-2で負け、来季も引き続きツヴァイテで闘うことになりました。

相手がホッフェンハイムになった時点で、
なんかヤだなと思ったんだよね。
しかもドルトムント相手に勝って順位を逆転させて権利をゲットしてきてるし。
まあしょうがないけど。
勢いに乗らせると嫌な相手です。

初戦の時にも思ったんだけど、
バウムヨハンとヴァイザーがいまいちだったんだよねえ。
そんなに試合見てないからいい加減な印象ですけど
たまに見る試合では、わりと良いプレーをしてたと思うんだけど
初戦はイマイチでした。
でも第2戦も、監督は両方使ったんだよね。
ヴァイザーは途中出場だったけど、
ここでミムンにしてほしかった。
ヴァイザー、良いとこほとんどなかったもん。

バウムヨハンは、カイザースに来る前もあまり印象がなくて
白ソーセージに呼ばれたこともあるから才能はあるんだろうけど、
このプレーオフの2試合は、ころんでばっかでヤんなった。
5等身だから、頭が重くて支えられないのかも。
ゆるキャラかと思うような動きで、
全身でばったばった倒れるんだよね。
倒れて何かを得ようとする動きなんだけど、
ファウルにならないことも多くて、
それが自陣だったりするとピンチに繋がるんだよ。
敵陣でも、倒れる分せっかくボールが繋がっても、
次にパスを受ける体勢にないんだよ。
時間かかっちゃって無駄なのだ。
そんならまだ機敏に動けるミムンの方がもっと使えるじゃんよ、と何度も思った。

ま、ミムンがそれだけの動きをみせられる気がしなかったから
監督も使わなかったんですよね。
そうでしょうよ。

カイザースは2部の試合の中では、
もっと落ち着いてサッカーらしい組み立てで、
1部に行っても遜色ないような試合をしてたと思ったんだけど
この2試合に関しては、焦って好機を逃してばっかりだったな。
普通の状況ではない試合だから仕方ないけど、
でも一人一人が焦ってバラバラで勝手にやって時間を浪費してた感じだ。
もったいない。
相手がホッフェンじゃなかったら、
もうちょいまともにやれたかもしれないな。

と、
時間がかなり経ったところで思い出して書けるのはこれくらいです。
来季もまた、2部の試合を気に掛けなければなりません。
その中で、まだミムンは監督の期待に応えられる選手として
インプットされ続けることができるかな。


CL決勝は、うっかり忘れて慌てて録画して見ました。
見る前に結果だけ分かってしまった。
大バカ者です。
でもCL決勝に相応しい内容だったと思います。
ドイツ同士で、こんな面白いものが見れるとはねえ。

ポカルはノーチェックです。
まあ目出度く3冠ですか。わが世の春ですね。どーでもいいけどね。

なんかWOWで、イスラエルでやるU21の大会、放送するんですって。
最近若い子のことなんてさっぱり分からないので、
ちょっと見てみようかしらね。
それが終わるといよいよコンフェデです。
こちらはかなり楽しみなんですが、いかんせんブラジル時間なのでね。
結果が先に分かってしまう可能性の方が大きいけど、
参加国が面白すぎるので、少しでも多く見ようと思ってます。

それと並行して行われるのがウィンブルドン。
マレーは全仏は腰の故障で欠場してるけど、
もしウィンブルドンに間に合わせてくるのであれば
合間を縫ってチェックしなけりゃならないわー。

以前よりもいろいろテンションは低い(というか一般的なレベルになってる)けど
そこそこまだ見たいものはあるのです。
頑張ろっと。

のもんさんはこんなペースですが、
毎日いそがしく楽しく暮らしています。
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク カイザースラウテルン

00:04  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2297-6ac2ebf6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |