2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2013.08.07 (Wed)

本棚:『パチンコがアニメだらけになった理由』ほか

このところ本を読んだり借りに行ったりしている時間がないんですが
最近読んだ3冊は、なかなかヒットでした。

『オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より』
:岡田斗司夫FREEex(12.09)
朝日新聞に掲載の人生相談。
岡田斗司夫が担当した分の回答と、回答に至るまでの道筋。
毎度、岡田斗司夫の文章は明快だなと思う。
考える上でのテクニック、思考ツール、
その先にある(字数制限がある中での)文章作成。
そして一番大事なのは、相手の悩みに応える際のスタンスの重要さ。
自分が気持イイだけで終わらないための距離感と愛情。
私自身も含めて、ブログやツイッターで「うまいこと言う」ときの
自己満足の気持良さ(まさしくカラオケ)って物凄く大きい。
でもそれは相手の悩み(でも社会問題でもいい)を使って遊んでいるだけ。
その点をを押さえているか、いないかだけで、文章の色合いは大きく変わる。
自分が冷静になるために、相手のことを思いやるために、
まずこれだけのツールがあるよと教えてくれる。

『パチンコがアニメだらけになった理由』:安藤健二(11.01)
パチンコはやらないので、さっぱり分からないが、
街中に溢れるアニメ・オタク向けタイアップの激増はとても気になっていた。
子供の時にテレビを見ていた世代が、
今はパチンコを打つ世代としてターゲットになっているんだな、
などという単純な推測だけに収まらない、
現在のパチンコ業界の事情がわかる。
取材してみて見えてくる、予想外の様々な要因と因果関係。
ヘタな「つじつま合わせミステリ」よりもよっぽど面白い!
パチンコメーカー、アニメ制作サイド、パチンコ店舗、取り締まり管轄、客、
楽な方へ、生き残れる方へと、時間をかけて今の状態に流れ着いたパチンコ。
金だけが動いて、面白さのなくなったパチンコに
この先、楽しい展開・明るい未来が待っている、
ようには思えないところが凄い。
自分が知らない業界の事情をかいま見ることができる本って面白い!

『著作権の世紀ー変わる「情報の独占精度」』:福井建策(10.01)
すぐに答えを出していい問題ではないのに、
急速に変わり複雑化、多様化していく今の状況に、
どう対応していかなければならないのか、
少しでも早く考えていかなければならない問題。
グレーな部分をそのままにせず規則を決めてしてしまったら、
自らの首を絞めることにもなりかねない。
その中で、なんとなくな空気が、裏付けもなく説得力をもつような
「偽著作権」という、言ったもん勝ちが通っていく怖さもある。
利害関係の中からヨコシマなものを除きながら、
どう調整しまとめていくのか。
過去の作品が記憶から失われる、だけでなく
フィルムなどの物理的な破損から、再現できなくなるものもある。
クリエイターをどう守るか、
新しいものを生み出す力や土壌をどう繋ぎ育てていくか。
公開するしない以前に、消えていく文化の歴史をどのように残していくか。
この問題で、大事にしなければならないものはなんなのか、
を絶えず問いながら
絡み合った状況に道筋を与えなければならない。
なんて難しいんだ!
スポンサーサイト
23:33  |  蛸足図書室  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2316-326acb3a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |