2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2013.09.11 (Wed)

渋谷ルイードK2まで(追記あり)

CD買いに行ってきます。

本日は渋谷ルイードK2にて、WILD-G新譜発売記念ライブです。
チケットは7月に、RYUMEIさんの手から買いました。
RYUMEIさんがキーボード、コーラスとして参加し、
サウンドアーキテクチャとして技術とセンスを遺憾なく発揮したCDは
やはり買わなければいけません。
渋谷のショップで御大のクリコンチケットを発券するという用事も組み入れました。
そのついでに、ライブを見てくるつもりです。

ライブの感想などのコメントがあったら、
ここに続けてくれて構いません。

開始時間が早いので、
それまでに全米オープン準決勝の2つの試合を見て行けるかどうか。
バブリンカ、どこまで頑張れるかなー。

*********************

バブリンカ、惜しかったなあー。でも最高に面白い試合を見せてくれました。
今は決勝をちまちま細切れで見ております。
一流同士のドキドキする展開です。

なこと言いつつ、
とりあえず、
軽い報告程度のことを書きましたので良かったらお読みください。

【More・・・】

帰りもメモ取ってないので、記憶にある分を覚書程度に。

千葉では軽かった雨も、渋谷ついたらどしゃ降り。
東京は雨ばっか降ってますね。
ひとまずプレイガイドで来生さんのクリコンチケットを発券。

地下を通って何とかルイードに近づけないかと探したけど、
西口の歩道橋からは外に出なくてはならず、
下は川のようだし、上からは首都高を走る車の水しぶきがドドド!と落ちてくるし
あっという間にびしゃびしゃです。
ただでさえ気持が下向きなところへいやがらせかよー。
駆けこむようにルイードに入ると、受付にひろみさんが。
わああーひろみさんだあ(涙)
「終わったら打ち上げありますよ」
と言っていただきました。いや、まあそれは。

スタート時間を回っていたけど、階段を下りる頃にチューニングの音が。
オープニングアクトのステージはこれからのようだ。
ビールを替えるより先にCDをゲットする。
今日ここに来たのはこれを買うためですので。
ドリンクの列に並んでいたらPOPOさん発見。
OAのステージはドリンクカウンターの近くで見てた。
おじさんたちの骨太ロケンロー。

5曲ほど演奏して、次のWILD-Gまでのハーフタイム。
とりあえずミドリちゃんとKazuhiさんに顔見せに行く。
二人とも最前列で気合入ってます。
2階席を見ると、道子さんがいたので挨拶に行く。
前回オールスタンディングのライブでしんどかったらしく、
それを知っていたひろみさんが席を用意してくれたのだとか。
やさしい心遣いです。

2階は関係者席のようなので下に戻る。
後ろの方で隠れて見るつもりだったんだけど
後ろの方が妙にぎゅうぎゅうで空いてるところが前の方しかないんだよ。
空いてるところを探して進んだら、
結局ステージから分かるような場所になってしまった。うーむ。

ほどなくステージが始まる。
フォーンが3人、ベース、エレキギター、ドラム、そして隈さん。
7人編成の大所帯。
ここで私、改めて気がついた。もう一人足りないことに。えっ。

ボス(WILD-Gでは悠平と呼ばれます)のドラムが力強いこと。
フォーン隊入ると華やかで、曲の雰囲気が盛り上がりますね。
カッコいいなあ。
ベースの音も耳が拾えるようになってきたかな。

前回4月に初めてWILD-Gを聴いて、その時気に入った曲がまた聴けた。
バラード調のものよりも、ドカンドカンと迫力のある曲の方が私は好きだ。
途中隈さんが抜けて、フォーンとドラムとベースで1曲、
そのあとエレキも加えて1曲やったのだけど、
この二つが個人的には好みですね。2曲目なんてスカっぽい感じもあって。
やっぱ私の体の中に、ロケンロー成分はあまりないんだよね。
中学生の頃、近所の友達が横浜銀蠅の大ファンで、
遊びに行くと毎回アルバムをエンドレスで聴かされていたので
私の原点は、意志とは関わりなくガンとしてそこになってしまう。
ロケンローな単語が出てくる歌詞はやっぱもぞもぞしちゃってな。
フォーンが入るとちょっとその色が拡散されて私好みの感じになるみたい。
つかスカのが好きなんだな、やっぱ。

ステージのメンバーはみんなキラキラと楽しそうで、
MCの時は、和気あいあいとした雰囲気で、
演奏もノッてくると、お客さんの方に乗り出して迫力のあるステージ。
この距離感がライブハウスだよなあ。
ステージの上と下で、お互い乗りだしながら手を伸ばしている様子は
テレビで見るようないかにもライブな映像の、シーンそのままだ。
次郎さんがカッコイイんですよ。
最初は丈の長い革ジャンがドカジャン風でもあり、
シリアスな表情はまるでクミの古株で、
抗争の時は最後に出てきてヤル時はヤル、な名脇役の雰囲気があって。
でもチームの中では癒し系。

楽しいですよ。
大音量でもしっかりとそれぞれの音が聴こえるし。
でもやっぱ、ステージの中央は見れないんです。
大きな蟠りがあるから。
ステージの上は、何かを乗り切ってハレバレと一つになっているようなんですが
こっちはあの日から一歩も先に進んでいないので
どうしたって頭から消えない。
人の動きに合わせて自分の立ち位置を微妙に変えながら、
ボスや次郎さんやナカガワさんたちの演奏を見ていました。

アンコールに入って、飛び入りで入ってきた二人がまた強烈に個性的でしたね。
蛇革ジャケット・山ほどピアスの男性は、とにかくカッコよくてセクシーでした。
歌も、ダンスも、笑顔も華やかで余裕の中にスルドサもあるようで。
50代くらいなのかなあ。
ガキには出せない大人の色気が満載で、ホレボレいたしました。

大いに盛り上がって、終わったのは21時頃かな。
これからF/Rで打ち上げがあるそうですが、
もうねえ、行く理由もないし。
POPOさんと二人で、このまま帰るのもナンなので呑みに行くことにしました。
私、基本サシ呑みのヒトなのです。
二人で刺身などつつきながら、あれこれと思うままに語りあいました。
いい時間になったので帰る支度をしながら
「POPOさんと話せてすっきりした!」
って言ったら
「すっきりした?してないでしょ」
とスルドイ突っ込み。
確かに!もやもやしたままだな!!!
でも話をしたことで、それだけでも多少は息が抜けました。
お付き合いありがとうね。楽しかったっす!
いやーでも短い時間だけど呑んでいろいろ話してさー、
「RYUMEIさんも、たまにこそっとでも近況報告してくれなかったら
次会う時にパンチしそう」
と二人で盛り上がったのでした。
次にPOPOさんに会うのはクリスマス?なんて気が遠くなったり。
来生さん、ちゃんとバンドでやるよね?
もういろいろなことが不安になる切ないファンでございます。

ゲットしたCDはまだ聴いてません。
いずれちゃんと時間を取って、集中して聴きます。

コメントなど、ご自由に。
でもあれこれ思いが渦巻きそうだったら
メールフォームをお気軽にご利用ください。
お待ちしています。
スポンサーサイト

タグ : RYUMEI 小田木隆明 WILD-G

00:19  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

のもんさん、会えますね~
うれしいで~すo(^▽^)o

では、渋谷で(^o^)/
POPO |  2013.09.08(日) 13:19 | URL |  【編集】

POPOさん

お付き合いありがとうございました~。
楽しかったですね。
のもん |  2013.09.11(水) 00:21 | URL |  【編集】

のもんさん、先週はお疲れ様でした~
行きはすごい雨でしたねぇ
ルイードに行く足取りも重くなりましたよね。

今回は現実を見て、聴いて…やっぱりいない…と確認するライブになってしまいました。知っていてもやっぱり寂しくなります。
この日は次郎さんの演奏を楽しみに行きました。
ホーン隊の演奏はカッコ良かったですね!次郎さんの演奏は機会があったらまた聴いてみたいなぁ~と思っていますよ。いろいろな所で活動されているので。

ライブ後、のもんさんと話してよかったですよ~
もやもやは残るけどねぇ。

>「RYUMEIさんも、たまにこそっとでも近況報告してく れなかったら次会う時にパンチしそう」

パンチされているRYUMEIさん、どんな顔してるだう?
それでもかっこいいだよね、きっと!

そして、のもんさんのすごい記憶力!
ギターの塚本史郎さん、「来生さんのバックにいた」と、言ってましたよね。
RYUMEIさんより若い人がいた時があったなぁ~と思い出し、たぶんのもんさんのレポにあると思って…ここで見つけました。

http://takoashiattack.blog8.fc2.com/blog-entry-1715.html

来生さんが若いって言ったので、「RYUMEIさんはもっと上なの?」とびっくりしたのを覚えています。その頃はまだRYUMEIさんの年齢を知らなかったから、もっと若いと思ってました。
そしてこの日にRYUMEIさんのCDを買ったのです。売り子さんの姿、近くで見るRYUMEIさんのかっこいいこと!そして握手をして、「頑張って下さい」なんて言ったのをはっきりと覚えています!そしてCDを聴いて、RYUMEIさんの音楽が好きになった日だったのですよ~ 
コーラスの時の声は以前から好きだったから、当然です。
ルイードに行ってよかった。史郎さんがいて、のもんさんが覚えていてくれたので、こんな素敵な日を思い出す事が出来ました~
レポをよんだら鮮明に思い出して涙、涙です(;_;)

私もまだCDを聴いていません。写真をずーっと見ていますよ。

この一週間とても長かった、そしてあれからまだ一ヶ月しか経っていない。
クリスマスまで・・・本当に気が遠くなる。
ぽっかりと空いた穴、楽しい事があってもそこだけ埋まらないんだよねぇ。
POPO |  2013.09.15(日) 23:35 | URL |  【編集】

POPOさん

ううう、コメント読みながら泣きそうになってしまった。

大迫力で大音量で大盛り上がりのライブ会場にいながら、
半分醒めているのがイヤでした。
だったらそんな前にいるなよって話だけど。
(他のやつがもっと前に行けばいいんだ)

フォーン隊、カッコよかったです。
次郎さんの他のライブもちょっと興味でてきましたよ。

そうそう、記事では書くの省いたのですが、
今回の出戻りギターの塚本さんは、
来生さんのクリスマスライブのサポートで1回来た方でした。
レポまで探してくれてありがとう!
久々に読み直して、私もいろいろなことを思い出しました。

そうかー、POPOさんはここで初めてRYUMEIさんの音楽に触れたんですね。
まだこの時は、POPOさんと私は見知らぬ間柄。
たくもう、来るの遅いよ!

CD、まだ私も聴いてないです。
時間がないし、初回だけは何もしないで集中して聴くようにしてんです。
さーていつになるんだか。

御大のライブ、やっぱり神奈川は行くのよすことにします。
RYUMEIさんのライブもないのに。
半分トークかと思うとチケット代も交通費も出すのが惜しい。

クリスマスまで生き延びられるのだろうか。
のもん |  2013.09.18(水) 21:30 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2333-389d5f05

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |