2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2014.02.11 (Tue)

乳がん記録3:高額な健康診断

やっぱり長くなるのもんさんの文章。
記録3でございます。

実は、
手術が17日に決まっています。
入院するのは16日です。
なわけで、現在さらにバタバタした状態になっています。
雪のおかげで予定ズレまくりよ。

【More・・・】

14.01.27

午前中だけ仕事をして病院へ。
腹部超音波とCT造影の2本立てのため、朝8時以降何も食べれず。
予約の時間よりかなり早く着いたので、
最上階の患者用図書館とレストランを見学に行く。
うーむ、やはり私が読みそうなタイプの本は置いてない。
はいいのだが、
最大の楽しみであったネットが
「PC修理中の為、しばらく使えません」
ってなんだおよおおおお。
レストランのランチは格安で、そこそこおいしそうだった。

検査室に行くと、まだ早い時間ながらもとっとと呼ばれた。
腹部超音波は、結構念入りに見ていた気がする。
何も言わないので気になるが、画像を見ても何も分かんない。

続いて人生初のCT造影検査。
こちらは他にもかなり待っている人がいたけど、
予約時間より15分すぎたくらいで呼ばれた。
着替えの部屋で待っていると、その前の人の検査の様子が聴こえてくる。
検査の概要を書いたボードには、10分くらいと書いてある。
えーそんなあっという間に出来るんだ。
部屋に入って横になり、最初に生理食塩水の点滴。
機械を動かして呼吸などの予行演習ののち、
造影剤を入れて実際の検査に。
おおおお~右の手先から頭へ足先へと熱いものが流れていくのが分かる。
こんなに早く移動していくのか身体の中を!!
うわー、と思いつつ息を吸ったり止めたりしてあっという間に本番終了。

別室へ移動し、残りの食塩水を入れ終わるまで待ってこの日の検査は終わり。
まれに数日後に副作用が出る可能性もあるとのこと。
じんましんはもう出ているので、区別がつくかどうか。

本日のお会計は9200円也。
私は、いつもニコニコ現金払いの人だが
さすがにあったまくるのでカード払いにして
ちまちまポイントをためることにする。

今日は、もう普段通りに生活していいらしいので
16:00に遅い昼食、というかもう夕食のあと
カーディオキックボクシングに行くことにする。

ポストに、月子さんからの郵便が。
いわきまでの往復バス乗車券が入ってた。感謝。

明日は骨の検査です。早起き必須。

14.01.28

今日は8:30に受付しないといけないので、
いつもよりも早く家を出ないといけない。
天気が良いので、自転車で行く。
こっち方面に来るのは超久々で時間が分からなかったが
8:00にはもう着いてしまった。正味20分か。
でももうすでに病院の中には人がたくさん。
こんだけ早く起きて来れるんだから、みなさんそうとう元気だと思うよ?

骨シンチグラフィー検査の前準備で薬剤を注射する。
なんか「骨の検査」というので
注射も背中とかヘンなところに刺すのかと思ってたが
普通に右腕にやった。
薬が骨全体に回るまで時間がかかるらしく、実際の検査は12:00から。
その間、普通に飲食していいらしい。
薬が流れるのを促すため、1時間後くらいから水分は多めに取るようにとのこと。
最上階で持参した本『身体の言いなり』を読んでヒマを潰す。
飽きたので10:30ごろ近所にある図書館にチャリで移動して、
またそこで本を読んでいた。
リリー・フランキーの『マムシのanan』が面白い。続きをいつ読もう。

検査は、昨日のCTのように、
台の上に横になってる間に機械が動いて検査するもの。
身体が動かないように固定された状態で、
目の前に平らな板が触れる直前まで迫ってくる感じの検査で
圧迫感はあるけど目を閉じて寝ていれば痛くもかゆくもない検査だった。
ほのかにBGMに女子十二楽坊がかかっていた。
部屋に入って着替えて終わって出るまで、正味1時間くらいか。

二日とも、他の部位への転移を調べてるんだろうとは思うが、
それ以上のことはよく分からない。
なんでMRIはやらないのかなあ、とか。
まあたいした負担もなく、体のことを調べてもらえるのはありがたい。

日ごろ抱えている身体の不調とかがほぼ何もないので
今現在も「高額な健康診断」を受けてるだけのような感覚でしかない。
つか逆にこんなに早期に見つかって何かあるような状態だったら、
半年に1度受けてる定期健診の意味ないじゃんね。

胸を切ったその日から、
私はきっと病人になるんだろうなー。
石灰化のある右の胸も時限爆弾だと思うし、
切ったその後の再発・転移もずっと不気味で不安だ。
薬の副作用も心配。
でも今考えてもしょうがない。

最上階のレストランに移動して、フライ定食を食べる。
残念ながら富士山は見えず。
BGMにオルゴールの前向きソングが流れていたが、まあ文句は言うまい。

本日のお会計は16650円也。
当初25000円くらいと聞いていたので、ちょっと得した気分。
騙されてるな。
とくに身体がだるいということもないので
夜はマーシャルワークアウトへ。

病院から持ってきた『乳がんのおはなし』という小冊子を読む。
術後の薬や副作用の話を読んでいると気がめいる。
検査の結果とともに外科の説明があるのは金曜日。

14.01.29

私の同僚のパートさんの口が堅いので(笑)
なんとなくうわさが広がる、というようなことがなく、
自分からまた他のパートさんたちに話さねばいかんのかとストレスがかかる。
「のもんさん、乳がんなの?」
「実はそうなんですよ~」のほうが話しやすいんだが。

徐々に知識が増えてくると、
以前のように能天気に「大丈夫」などと思えなくなっているのが困る。
手術はそれほど難しくはなくても、
術後の治療となると話は別。
がんの自覚症状がないだけに、
むしろ薬を体内に入れて副作用という病気になるような気分だ。
しかも「微小転移」などという
「どんな検査でもひっかからない目に見えないほどの初期の転移」が
数か月~3年の間に起こる可能性がある、
なんてことを読んで怖がらないやつはいないよ!
目に見えない、自覚のない、知らない間に勝手に活動してくる相手も不安だが
これまで何の問題もなかった身体に起こるさまざまな副作用もコワイ。
それに何年も付き合わなければいけないんだからなあ。
本当に、気持ちを強く乗り越えて行けるんでしょうか。

などと今日はかなりマイナーな気分になっています。

つづく。
スポンサーサイト

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん

23:31  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2372-40ce6ac6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |