2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2014.02.17 (Mon)

乳がん記録5:リンパをめぐる悩み

こっからはタイマー投稿になってます。
今頃ワタシは病院のベッドで寝てるのか覚めているのか。
このほかにもう一つ、タイマーで入れてあります。

のもんさんの携帯のアドレスを知ってる方は
応援メッセージを送ろう!
知らない方は、コメントでもPCメールでもくれると
帰って来てから喜びます。

【More・・・】

14.01.31

なんかしゃっきりしない。
リンパ節に転移してたらどうしよう。
考えてもしょうがないけど、考えないではいられない。
何とか自分を納得させるように気持を切り替えようとしている。

仕事をしていて、
直属の役席Iさんが、どーも私の病気のことを聞いていないような気がするので
最初に話をした副支店長に「Iさんに話、しましたか?」と聞くと
「あっ、してない!」
し て く だ さ い
話したのいつだよ!どんだけやる気ないんだよ!!(怒)
私がいちいち全員に言って回らなくて済むように、
仕方なくオマエに話をしたんだろうが!イライライライラ。

明日はいわきへプチ旅行。

14.02.01~02

いわきに月子さんに会いに行く。
元気な今の状態で会っておきたかったの。
終日、有能いわきコンシェルジュのガイドであちこち連れてってもらう。

癌の話は、いわきに行くことを伝えた時にメールで話してあった。
直接会って、その辺の話などをいろいろして、
自分の中でも整理がついて行く感じ。
今は、手術をしなければ分からない状態にあるのだから
じたばたしたところでどうにもならない。
おいしいものを食べて飲んで笑ってあっという間の2日間でした。
ありがとう!!

14.02.03

先週末あんだけ言ったのに、
ぜったい副支店長は役席のIさんに話をしてない!と思ったので
ズバリ問い詰めるとやっぱりしていなかったのでブチキレる。
「私が帰ったら、今日絶対に話をしてください!」
こんなつまらんことでストレス溜まってるなんてくだらねえ!!

14.02.04

仕事の合間を見て、こっそりIさんに「聞きましたか?」と言うと
「大変なことになったね」と。
あー良かった。
クソ忙しい中を別室に呼び出さねばいけないのかと思ったよ。
とりあえず、上司はこの人がちゃんと分かっていればいい。
あとは適当に口伝えで広まってくれるとラクなんだけどね。

無性に気になって、家に帰って夕飯の支度が終わってから、
リンパ節を取らない可能性について調べ始める。
雪が降っているので、ジムに行くのは諦める。

あちこちサイトを検索して、ちょっと落ち着いたところで、
外の雪がやんでいたのでマーシャルワークアウトへ急いで行く。
なんか来期(4月)から、他の格闘系エクササイズの団体と提携して
プログラムもちょっと面白く変わりそうだという話。
いいなあ~絶対やりたいよなあ~(涙)

ジムの後、またパソで次から次へとリンクを辿って
腋窩リンパ節郭清(えきかりんぱせつかくせい)を行う場合について調べていく。
2011年発表の米国の報告では、
ある条件下のもとにある患者について、
リンパ節に微小転移があっても、
郭清するグループとしないグループに分けて経過を観察したところ
予後にはっきりとした差が出なかった、とする記事があった。
→ 一部の早期乳癌ではセンチネルリンパ節転移陽性でもリンパ節郭清不要@がんナビ

術前の薬物治療をしていない、しこりが小さい、乳房温存手術である。
術後に放射線治療と薬物治療を行う。
などと、私も当てはまりそうな条件なだけに、ぐるぐると揺れる。

身体の機能として必要なものを取ってしまうこと、
取った後におこる機能的な問題を考えると、
「転移してました→取りましょう」
と言われるままに処置を受けるのがどうにも耐えられない。
前回、説明を聞いた時は「仕方ないのか」と思ったが
それでもやっぱりジタバタくらいしたいのだ。

今まで読んでいた、乳がんにかかった人が書いた本は、
運よく腋窩リンパ節郭清にまで至らないケースばかりだったが
調べついでにブログなどで、
腋窩リンパ節郭清を行った人の経験談などを見ていると
やはりリンパ浮腫やいつまでも消えない痛みの問題など、ちらちらと出てくるのだ。
(ついでに、転移とか再発とか、実はもう亡くなっていたとかも目に入る)

乳癌は、患者がどんな生活をしたいか、どんな希望を持っているかで
治療方針に選ぶ余地のある病気だ。
だから、患者は自分を守るためにも情報を調べ、学んでいく必要がある、
と分かってはいるが、
調べても調べなくても、
その時の自分のコンディションで頭が振り回されてしまう。

がん患者の相談支援グループがいくつかあるようなので
明日、電話してみようかと思う。

14.02.05

朝から、昨日の続きで
センチネルリンパ節生検や腋窩リンパ節郭清について調べる。
昨日見つけた米国のケースも、
検査状況を調べると単純に「やる必要なし」と言いきれないようだ、
なブログを見てまたグラグラ。
→ 腋窩リンパ節郭清は不要?@乳癌を正しく理解するために

頭が煮えてきたところで、
F橋市の病院に設置されているがん相談支援センターへ電話してみた。
電話の相手は医師ではないが、治療のことなど一般的なことにも応えてくれる。
今抱えている腋窩リンパ節郭清への疑問や不安などをあれこれ話す。
やはり「転移していたら、郭清する」のが標準的な処置であると。
うーん、そうなんだけどさ。
まあ医師の側も、不要に広範囲のリンパ節を取りたいとは思っていないので
患者にあった最善の方法を考えて処理するのだと。
私が行っている病院にも、乳腺専門看護師がいるので、
そちらでも話をしてみるといいですよ、と言われる。

で、今度はS病院へ電話してその旨を伝えると、
治療に関することなので、
次の予約の時に直接先生に聞いた方がいいのではと言われる。
それまで待つのがイヤだから電話してんのに、と思ったら泣けてきた。
さすがに、自分の中でも
そろそろ平静なばかりでいられなくなってきたようだ。
電話の相手も察したのか、慌てて外来でこれるかと聞いてきた。
今日しかないんだよ、平日に休めるのは。
スケジュールを確認したところ、
ここまで担当してくれた先生がいるというので
急ぎ自転車で病院へ向かう。
こないだ20分で着けるのが分かったから、今から行っても大丈夫だろう。

外来受付終了間際に飛び込んで、2時間くらい待つ覚悟でいたが
1時間ほどで呼ばれる。
短い時間だけど、もう一度自分のがんの状態について確認する。
今は乳管の外に浸潤して、しこりが分かる程度にまでなっているのだと。
やっぱ浸潤してたんじゃん。
そうなると、さすがに転移という話も出てくるよなあ。
今は検査でリンパが腫れているのが分かるだけ。
それが転移によるものなのかは、やはり手術の際に、
センチネルリンパ節生検をしないと分からない。
この段階で、転移なしとなればその後の郭清は行わない。

センチネルリンパ節生検は、切る範囲がごく小さいので、
術後の影響があまり出ないのだ。
腋窩リンパ節郭清にはレベルがⅠ~Ⅲまであり、
数字が大きいほど切除する範囲が大きくなる。
通常、転移があって郭清となるとレベルⅡまで取るものらしい。うーむ。
もし胸の方にまで広がっていればⅢになる。
そーなると、術後のリハビリ、普段の生活への影響、
合併症のリスク諸々も増えていく。

医師側からすれば、考えられる最悪の状態まで含めて、
患者に説明するのだろう。
先生の話を聞いていると
「転移してたら、そんなこと言ってられないでしょう」な雰囲気がある。

私はテニスと格闘系エクササイズと洋裁が趣味で、
なおかつ手荒れが酷いので身体のコンディションが悪いとエライことになる。
腋窩リンパ節郭清した人にお勧めしない行為として、
激しい運動、洋裁編み物など針を使う趣味、蚊にさされたり傷を負うこと、などがある。
リンパ浮腫など副次的に起こる不具合を軽減するため、
それをやるなと言われても困る。
先の見えない癌の再発・転移は本当に不安だが、
日常のあたりまえの生活にすら戻れないのかと思うと、
さすがにうんざりする。
激しい運動って、そもそもどの程度なんだよ?
(一部ネットの記事に、遠心力を伴う運動とあって、
ハンマー投げしか浮かばなかった)

これはあくまでも、無視できない転移があった場合のこと。
そして腋窩リンパ節郭清をしても、
不具合が出ない人も多数いるし、
それはその人による。


結局、納得するしかないのだ。今は。

一通り話をしおわったら、先生が
「手術の日程、17日になると思います」
えっ。
こないだ言っていた日よりも、1週間早い。
に、人間ドックの予約が。
「それはさすがに、術後1ヶ月とか過ぎてからですかね」
面倒。
早いに越したことはないのだろうが、ちょっと焦る。
いろいろなことを前倒しで準備しなければ。
のんきにサッカーとか見てる場合でも気分でもないよもう。
↑と言いつつ、ちょっとでも見る自分。

手術の日程も決まってしまったので
もういい加減、ウラで書いていた日記をアップしてしまおうかと思い、
四の五の考えずにアップした。

14.02.06

なんかこう、思い切り
職場で言いそびれてる状態なんですが。

副支店長が2週間放置するという、ありえないやる気のなさを発揮
& 同僚パートさんの口がカタイ
のW攻撃で、
未だに、おそらく都合4名しかこの話を知らないのでは
と思われる状況になっている。
なんだよもう。

さすがに、このところの心の状態と、手術の日程が見えたことで
以前ほど能天気に
カミングアウトしたり、相手の質問に答えたり、
私自身、出来るような感じじゃなくなってきてるので、
このままなし崩しにお休みに入ってしまいたいような気分になっている。

でも復帰した時はさらに面倒だろうなああああ。
ああもうめんどくせー。

19日に予定していた人間ドックは、日程を来週に変更しなければ。

ブログにアップしたことで、コメントやメールやメッセージをもらう。
ううう、
みなさん本当にありがとう。

つづく。
スポンサーサイト

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん

16:00  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

Comment

元気そうに見えても、心は乱れて当然だろうし、
選択を要することには、悩み迷うだろうし、
もしも自分がその立場になったらと思うと、
のもんさん、つらいだろうなぁー

もう目覚めてダーリンとの面会もできたでしょうか。

どうかどうかと、、、祈るばかりです。
月子 |  2014.02.17(月) 20:08 | URL |  【編集】

ごめんね

手術の日におかしなメールを送ってしまいました。

17日(今日)は 母の心不全の検査結果があって 
頭の中がゴチャついてました。。。

気が付いたときは もう今日だった。。。と 続けてメール。。。
ごめんね。。。

リンパ取ったのでしょうか?
「?」の場合は 残さない方針だということなのでしょうね。
最善の処置を先生が選んでくれたと信じてます。


空 |  2014.02.17(月) 22:46 | URL |  【編集】

第一報が届きました!

携帯メールのお返事が、今日の午後1時頃に届きました。
手術は無事終わり、痛みもなく、昼ご飯は完食したそうです!
とりあえずひと安心です。。。

ベッドの上で、RYUMEIさん聴いてるって。(笑)
何よりのお薬、元気の素だね♪
月子 |  2014.02.18(火) 20:10 | URL |  【編集】

麻酔が覚めたら痛いんじゃないか、吐き気がするんじゃないかと心配していましたが、お昼完食ということで安心しました(^o^)

これからは未知の世界ではあるけど、RYUMEIさんの音楽や皆の思いも手伝って きっと越えて行けると思います。

引き続き 念 を送るよ~!!
カノン |  2014.02.18(火) 23:06 | URL |  【編集】

月子さん

選択していいものが、意外に多くてそれが困りものなんですよね~。
こっちは乳がんの素人なので、
センセが良いと思う選択肢と理由を教えてくれればそれでいいんだけどね。
ま、自分のことなんだからちゃんと考えなさいということかもしれません。

入院中の報告、ありがとうございました!
なーんもないとみんな心配しちゃうからね。
感謝です!

空さん

メール、ぜんぜん気にしなくていいですよ~。
入院中もいろいろ遊んでくれてありがとうございました。

カノンさん

手術後はさすがに痛いだろうとビクビクしてたんですが、
思いのほか大丈夫でした。
次もこの勢いで頑張ります。
念はいつでも受付中!
のもん |  2014.03.02(日) 22:00 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/2374-848788c5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |